海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

海外事情 1025NEW

 

10. 都市モビリティ離陸、旅行ブランド計画必要」が、旅行業界はeVTOL(電気垂直離着陸航空機)による未来の都市交通UAMUrban Air Mobility = 都市型航空交通)の出現に今から準備しろと言っている。

 

KPMG201910月のリリースで「その成長は出張者や価格感度の低い顧客を対象に使用するルートで2030年頃より使用が始まり、2040年頃には富裕層中心のプレミアムモビリティ市場へ、そして2050年以降は都市間単距離市場へと拡大すると予測します。 UAMのサービスが整うであろうメガシティを割り出し、2050年までにUAMは年間4億人、世界の国内旅客輸送の4%を担うと分析します」と述べている。

 

2050年には、日本の人口は9,500万人に今から25%減少、その後も一途に減少して行くと予想されている。 そうなれば都市の道路の渋滞も解消されているだろう。 渋滞解消が売りのUAMの利用価値もそんなに大きいとは思われない。 ましてや旅行に大きな影響を及ぼすとは考え難いのでは無いだろうか・・・。

18. 社説:都市型航空交通、旅行展開拡大無理かも」に同感だ。

 

それどころか、“日本の2050年問題”と指摘されている通り、①少子高齢化、②環境問題、③AIをはじめとする技術革新による失業、などの大きな問題が予想されている。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 新豪華旅行の旅行者、業界回復に貢献するか?

2. (TJ) ジェットブルーバケーション、航空+クルーズPKG

  (TJ) トラベルジャーナル 1122日号を参照ください

 

3. ホテルの将来のためのマイクロサービステック PART 2

4. 健康データ共有のためのAPP利用増

5. Phocuswright Conference 2021 A Renaissance Is Here        閲覧第1位

6. 全ての道は旅行のSaaSに繋がる

7. プリンセスクルーズ社長、ブランドとテック改革推進

8. Phocuswright Conference 2021Peter Kernへの5つの質問

9. HopperPlacePass買収しT&Aに参入

10. 都市モビリティ離陸、旅行ブランド計画必要           閲覧第5位

11. 新興企業の舞台:Ultimate Travel Club

12. VIDEO: 究極的旅行小売のエクスペリエンス                  閲覧第3位

13. 空港AIとバイオメトリックスの大きな将来

14. Phocuswright会議、金融アナリストへの5つの質問

15, 短期レンタル市場、供給と休暇予約が急増

16. FlixMobility7,800万ドルでGreyhound買収

17. 法人旅行におけるPNR越え                                    閲覧第4位

18. 社説:都市型航空交通、旅行展開拡大無理かも

19. HoliduSpain-Holidfay買収

20. 休暇レンタルTravel Chapter上場計画

21. Viatorコミッション料率変更テスト、オペレータ懐疑的 閲覧第2位

22. 1025日の週の資金調達記事

 

 

3. ホテルの将来のためのマイクロサービステック PART 2

先週金曜日のPART 1では、レガシーのクライアントサーバーアーキテクチャの主な機能とその固有の制限について説明した。 PART 2では、Shiji GroupAnthony Huntが、マイクロサービスホテルのPMSアーキテクチャを使用する利点と機会について説明する。

モノリシックアーキテクチャからマイクロサービスアーキテクチャへ

From monolithic to microservice architecture 

ホテルのゲストは一定の期待を持っている。 携帯電話からチェックインしたり、アプリから夕食を注文したりしたい場合がある。 そしてホテルは、顧客満足がホスピタリティの基本であるため、これらのサービスを提供したいと考えている。 しかし、多くの場合、ホテルは、カスタマイズの各追加レイヤーをデータベースまたはクライアントアプリケーションにハードコーディングする必要があるため、古いシステムに新しい機能を統合する機能がないという理由だけで、ゲストに適切にサービスを提供できない。 ほとんどのホテルのソフトウェアは、大きくて乱雑なコードのチャンクで構成されており、各行(each line)は相互に依存しているため、システム全体を分解せずにイノベーションを行うことはほぼ不可能であるため、業界は新しい市場のニーズに適応できない。 対照的に、マイクロサービスアプローチでは、互いに完全に独立しているが、APIで記述されたルールによって相互にリンクされている複数の小さなプログラムがある。 したがって、APIのルールに従っている限り、マイクロサービスベースのシステムは、更新のたびにシステム全体を消滅させるリスクなしに、無期限に保守および改善できる。 運用上、バグのドミノ効果のリスクは、マイクロサービスアーキテクチャ自体の分散化によって抑制される。 つまり、1つのアプリケーションが更新されたりダウンしたりしても、構造全体に影響を与えることはない。 エコシステム全体が回復力を持ち、エラーを切り分けてシステム障害から回復するのがはるかに簡単になる。

APIの役割

The role of APIs

ホテル業界でのAPI採用率の向上は、モノリシックからマイクロサービスのホテルPMSアーキテクチャへの移行において重要な役割を果たしてきた。 APIは、プログラミングの操作を簡素化し、相互接続の可能性を高めるため、このより柔軟な分散型アプローチの中心である。 この独立性により、開発者はコアシステムに使用されるプログラミング言語を完全に理解する必要なしにコーディングの自由を得ることができる。 たとえば、サードパーティアプリケーションの単一の機能の統合に取り組んでいるプログラマーは、ファイルシステム全体、プログラミング構造、および言語を理解する必要はなく、特定の問題を解決するために特定の情報を取得することに集中できる。 マイクロサービスは機能を区分化し、モノリシックはそれらを一元化する。 言い換えると、マイクロサービスは潜在的な問題を区分化し、モノリシックはそれらを一元化する。

マイクロサービスホテルのPMSアーキテクチャとデータ保護

Microservice hotel PMS architecture and data protection

データ漏洩に関するニュースがない1日はほとんどない。 旅行業界は、(ほとんどの業界とは異なり)適切に機能するために膨大な量の顧客情報を収集する必要があり、そのデータの価値がホテルのサービス能力と相関しているため、常にデータ違反に対して脆弱である。 闇市場では、個人を特定できる情報は1つあたり約1ドルで販売されるが、CashShieldCEOであるJustin Lieによると、その価値は“追加された関連情報ごとに5倍になる”。 携帯電話番号、個人の電子メールアドレス、生年月日を元の盗まれたデータに追加すると、その価値は125ドルに急上昇する。 ホテルのデータベースは、たとえばWebブログやゲームアプリよりも完全で正確な個人プロファイルを保存しているため、ハッカーにとって文字通り金鉱であることを理解するのは難しくない。 ホテルは、電話番号、クレジットカードの詳細、そして最も重要なパスポートなど、非常に貴重なデータを収集する。 米国では、盗まれたパスポートにより、事実上誰でもオンラインで社会保障番号を要求し、その結果、クレジットカードやローンを申請することができる。 主な問題は、ほとんどのホテルソフトウェアのコア構造は、Webが登場する数十年前にコーディングされているため、オンラインのサイバー攻撃から身を守る準備ができていないことである。 フランスの哲学者Paul Virilioはかつて、「船を発明するとき、難破船も発明する」と述べた。 80年代と90年代の大部分では、インターネット接続がほとんどなく、Webハッキングの概念はまったく考慮されていなかった。 そのため、多くのホテルのソフトウェアシステムは、データ漏洩に関して非常に無防備である。 今日、マイクロサービスホテルのPMSアーキテクチャのおかげで、開発者は個人データ非個人データを分離し、実行する特定のタスクに基づいて1つまたは他のデータセットを中心に設計することを選択できる。 非個人データのみを中心に可能な限り構築するこの柔軟性は、マイクロサービスソフトウェアに非常に大きな利点をもたらす。 特に、市民の情報をローカルに保存することを求める特定の国のデータ保存制限に関してはそうである。 モノリシックアーキテクチャでは、データがいたるところに分散していることがよくある。 つまりロシアの顧客の個人データは合法的に自国に保存する必要がある。 ロシアとビジネスを行うには、システム全体を移動する必要があり、データにはキャッシュによってのみアクセスできるため、困難な(そして費用のかかる)複雑なサークルが作成される。

クラウドベースのシステム:お買い得な柔軟性

Cloud-based systems: flexibility at a bargain

誤解されることが多い(またはテクノロジー企業によって故意にねじれている)“クラウド”の主な利点は、ブラウザーからアプリケーションを実行できることとは関係がなく、コスト削減または総所有コスト(TCO)と関係がある点である。

システムをクラウドに展開するための直接的および間接的なコストは、従来のプラットフォームにシステムを維持するよりもはるかに低くなる。 まず、ホテルは高価なハードウェアを購入する必要がない(直接費用)。 さらに、アウトソーシングにより、ホテルは、サポートとメンテナンス(間接費)を社内の専門家だけに頼る必要がなく、問題が発生した場合にプロバイダーの専門知識とリソースから支援を得ることができる。 クラウドサービスプロバイダーは、多くの場合、自己管理型のレガシーシステムよりも高い稼働時間を保証し、潜在的な収益損失のリスクを劇的に減らす。 さらに、マイクロサービスアーキテクチャを使用すると、さまざまなテクノロジーのマージが飛躍的に容易になる。

一言で言えば、クラウドソリューション(ホテルのPMS および POSソリューション)は、法外な先行投資(ハードウェア、データセンターのセットアップ、インストールコストなど)の必要性を最小限に抑え、アプリケーションのライフサイクルを延長することで、あらゆる規模の企業のスケーラビリティ、成長、持続可能性を可能にする。

マイクロサービスホテルのPMSアーキテクチャの成長

The growth of microservice hotel PMS architecture

過去数年間で、NetflixGoogleAmazonなどの成功した企業がすべて、マイクロサービスを優先してモノリシックアーキテクチャから移行したのは当然のことである。 今日、新しいプライバシー法、さまざまな要件、より高速なテクノロジー、破壊的な支払いシステム、および拡大し続ける流通システムにより、モノリシックなアプローチが追いつかないことは明らかである。 さらに、プラグアンドプレイアプローチを使用することで、開発者は、他の誰かによってすでに解決されている問題を解決するために時間を無駄にする必要がない。 マイクロサービスホテルのPMSやその他のITアーキテクチャの採用による多くの影響は、一部の人にとっては圧倒的に聞こえるかもしれないが、最終的には、規模に関係なく、すべての企業が市場で入手可能なツールを選択し、他のツールに摩擦なく接続できるようになるはずである。 個人のスマートフォンにアプリケーションをインストールするのと同じである。 ホテルの場合、これは部屋の掃除の順序やメンテナンスの内部プロセスを変更するのと同じくらい簡単なことを意味する可能性がある。 テクノロジーは、ビジネスの管理と顧客またはゲストへのサービス提供を容易にする必要がある。 また、ホテルに関しては、基盤となるITインフラストラクチャの制限によって戦略を決定するのではなく、その柔軟性によって戦略を強化する必要がある。 ホスピタリティ業界がイノベーション、持続可能性、拡張性を受け入れる時が来た。 ホスピタリティ業界がマイクロサービスアーキテクチャを採用する時が来た。

著者: Anthony Hunt Shijiのグローバルビジネスチームの製品および戦略担当副社長。(10/18 https://bit.ly/3aO77X0)

 

4. 健康データ共有のためのAPP利用増

国境を越えた旅行が再開し続ける中、航空会社、ホスピタリティプロバイダー、その他の旅行サプライヤーは、デジタルソリューションが消費者と通信し、再び旅行することへの自信を高めることができるようにする必要がある。

Amadeusの最新の“Rebuild Travel Survey”によると、旅行者はアプリを使用して間際のキャンセルや払い戻しに関する不安を軽減し、個人の健康データを保存および共有する意欲が高まっている。 この調査は、フランス、ドイツ、インド、ロシア、シンガポール、スペイン、アラブ首長国連邦、英国、米国の9つの市場のそれぞれで1,000人の過去18か月に旅行したことがある旅行者から9月の最初の2週間に収集された回答をまとめたものである。 回答者の97%は、テクノロジーによって旅行への自信が高まると述べており、この比率は20202月の91%と9月の84%から増加している。 しかし、回答者の3分の1以上(35%)が、どこにどのように旅行するかについてのガイドラインが混乱しており、ビジネスやレジャー旅行を予約する可能性が低くなっていると述べている。 一方、旅行者は旅行のために個人の健康データを提供する意欲が高まっている。 全体の70%が、デジタルヘルスパスポートを使用して海外旅行に行くためにこの種の情報を提供する用意があり、国別にはスペインの回答者(78%)が最も多く、米国の回答者(58%)が最も少ない。 テクノロジーが旅行への自信を高める具体的な方法について尋ねられたとき、最も一般的な使用法は、旅行中の通知とアラートを提供するモバイルアプリケーションだ(44%)。 回答者がテクノロジーを使用したい他の方法には、セルフサービスチェックイン、非接触型モバイル決済、自動化された柔軟なキャンセルポリシー、モバイル搭乗などがある。

Amadeusはまた、旅行者に、業界の持続可能性を高めるのに役立つソリューションを尋ねた。 上位の回答には、グリーンな交通手段の利用可能性の向上(46%)、持続可能な旅行の費用対効果の向上(44%)、旅行会社の持続可能性ポリシーに関する透明性(41%)が含まれる。 「旅行業界はCOVID-19に照らして依然として多くの課題に直面しているが、制限が解除され、デジタル健康証明書の開発が世界中で続いているため、前向きな措置が講じられている。 この調査は、旅行への欲求が高まり続けていること、そして旅行者がタッチレステクノロジー、デジタルヘルス、持続可能な旅行などの分野での進歩を楽しみにしていることを示している。 今こそ、旅行者のニーズにさらに注意深く耳を傾け、旅行者に焦点を当て、回復力があり、持続可能な方法で業界を再構築できるようにするときである」とAmadeusの旅行社長Decius Valmorbidaは述べている。(10/18 https://bit.ly/2Z2iLuJ )

 

5. Phocuswright Conference 2021 A Renaissance Is Here

旅行、観光、ホスピタリティセクターが今後12か月の間に現代のルネッサンスを迎えることができると主張するのは誇張ではない。 そして今はそれが本物だ。

経済と生計を破壊し、500万人近くを殺した(そして更にCOVID-19後遺症の影響を数百万人に及ぼした)世界的な健康危機のほぼ2年後、回復のいくつかの初期の兆候がセクターの多くの隅に来ている。 しかし、ビジネスリーダーたちは現在、いくつかの選択肢を持っている。 これは、前向きな方法と基本的な方法の両方で、今後数年間の旅行を形作るのに役立つ決定と戦略の転換である。 それらの選択のいくつかは簡単ではなく、ブランドが現在どのように運営されているかを運営する人々の現状維持には受け入れられられない。 それでも、多くのインサイダー、業界アナリスト、深い思想家、そして過去20か月ほどを使ってどのようなセクターが必要かを評価した人々と話をし、今が変更の必要性を把握する機会がある。 旅行のスチュワードであることに加えて、業界を活気づけている人々や場所の世話をするという大きな責任がある。 顧客と環境のために正しいことをすることは、苦痛にするべきことではない。 物事は決して同じではないかもしれない、そして業界は何年もの間完全に回復しないかもしれない。 しかし、この間ずっと生き残った後、大胆な動きをすることを躊躇することはないはずだ。 シャットダウンとロックダウンの沈黙の中で、企業は再評価とアイデアを出すための十分な時間を持っている。 私たちのすべての経験 ― 満足または問題、計画または偶然 ― は私たちをこの瞬間にもたらした。

今は後ろ向きにループする時ではないが、先を見据えて、深く息を吸い込み、前進して欲しい。 私たちの対応を見て、おそらく私たちがそれに気付かないで起こった変化を見て欲しい。 私たちの考えや行動は異なる。 業界ははるかに賢明だ(またはそうなる可能性がある)・・・

適切な種類の変化を受け入れる4つの方法

(1). 持続可能な未来のための構築

気候危機は解消されておらず、その中での業界の役割は、地球が非常に迅速に直面する可能性のある問題がどれほどあるかを新しいレポートが示すたびに、さらに精査されるだけである。 カーボンオフセット、ポイントフォーツリー、その他のマイクロイニシアチブを超えて行動する時が来た。 メガリッチは、親友、有名人、その他の裕福な人々をほんの数分間宇宙に投げ込んでいる。 これは、正しい動機で何でも可能であるということを示している。 航空は口先で良いことを言うが、適切な動機があれば、大規模なバイオ燃料への移行を加速できるはずだ。 宿泊施設の提供者は、環境に最も関心のないサービスや施設をもはや提供できなくなった。 旅行プラットフォームは、何を販売し、どのように販売するかについて、より慎重に扱う必要がある。 そして目的地は、地元の人々や訪問者に対して、観光公害や旅行主導の汚染の副産物を確実に根絶する責任がある。

(2). すべての人のための公平性と機会

業界の上層部の巨大な層は、白人の老人によって率いられている。 ほとんど無いいくつかの例外を除いて、それは不快な真実である。 メディアは、不平等を強調し指摘するだけでこの問題は依然として業界に存在する。 ダイバーシティとインクルージョンが戦略とCスイートの中心に位置し、ブランドがより良く運営され、顧客をより代表するものになることを受け入れるのは、今やリーダーの責任である。 これが(カーペットの下に埋めようとするのではなく)以前の間違いを受け入れることを意味するのであれば、それはそのままで良い。 戦略と行動における過去の誤りに対する謙虚な認識は、現代の産業が現代の世界を反映しなければならないことを説明するのにいくらか役立つ可能性がある。

(3). 古いテクノロジーのオーバーホール、新しいプロセスの検討

現在、予約の大部分は、ほとんどの先進国でデジタルで行われているが、基盤となるテクノロジーの多くは数十年前のものである。 多くの人が同意するように、航空にはこの点で特別な問題があるが、多くのツアーやアクティビティの予約は昔ながらの方法(ExCelスプレッドシート、紙のチケットなど)の影響を受け、多くのホテルシステムはシームレスまたは効率的な方法で相互に通信できない。 インフラストラクチャへのこの遅れたアプローチは変化しつつあるが、最終的な利点はエンドユーザーを支援するより効率的なプロセスであるので、それは遥かに速いペースで発生する可能性がある。 さらに、すべての人の利益のために使用および適応させることができる新しいテクノロジー(“暗号” または “ブロック” という単語が付けられているからといって、自動的に回避する必要があるという意味ではなく、単なる一例である)の受け入れは、多くの場合、克服するための技術的なハードルではなく、精神的なハードルである。

(4). これまでにない方法でのコラボレーション

COVID-19のパンデミックにより、多くの人が自分たちの生存と顧客の利益のためにパートナーシップを築く方法を評価することを余儀なくされた。

資本主義経済における競争は、ブランドと組織が警戒を怠らないことを保証するが、それは最終的に業界と社会の利益のために働くコラボレーションの形態を確立する機会を妨げるべきではない。 業界が2年前よりも明らかに健康への懸念を認識している世界で運営する場合、新しいタイプのパートナーシップが必要になる可能性がある。

最終的に・・・

旅行は根本的な方法で変化する必要があるという考えを避けたり嘲笑したりする人はたくさんいるだろう。 しかし、好むと好まざるとにかかわらず、セクター全体で行う難しい決定があり、管理が難しく、現状を維持したいと考えている多くの人々に失望させられる。 旅行、観光、ホスピタリティ業界は、社会の肉体的健康と精神的健康において、良くも悪くも、果たすべき役割を担っている。

これらは前向きで、人々と地球に有益であり、そして長期的に受け入れられる挑戦と機会であるべきだ。 多くの人が気づかないでその後も受け入れないのは、これらの変更の多くは、とにかく、はるかに困難な条件で、業界に強制される可能性がある。 セクターは、取り残される前、または古い方法で苦しむ前に行動しなければならない。

Phocuswright Conference 2021イノベーションのための専用プログラム、Young Leadersなど、イベント、登録、会場の詳細https://bit.ly/3DWliWS をご覧ください。(10/18 https://bit.ly/3BYAS3t )

 

6. 全ての道は旅行のSaaSに繋がる

1990年代後半にインターネットが普及したときにオンライン旅行が普及して以来、業界は他の場所の変化(旅行者のトレンド、世界的なイベント、企業および消費者向けテクノロジーの進歩など)に合わせて進化してきた。 今日、進化の道はクラウドに到達した。 これは、業界の進化の次の段階であるクラウド対応のサブスクリプションベースの“サービスとしてのソフトウェア”(SaaS)をサポートすると信じている。

コンテクスト

Context

9/11、リーマンブラザーズ、アッシュクラウドなどのシステムへの一時的なショックはしばらくの間物事を揺るがしたが、旅行者は再編成され、業界は適応し次の段階に進化した。 COVIDは異なる – 旅行者の感情、政府の規制、ビジネスモデル、マクロ経済学、投資家の要求の変化は根深いものである。 結果として生じるパラダイムシフトが起こり始めている。 WBE.travelでは、テクノロジープロバイダーのレンズを通して旅行業界の進化を経験してきた。 私たちは2009年から独立した事業を行っている(その6年前からの経験がある)。

当社の製品、サービス、ビジネスモデルはこの期間に進化し、今日では特に中小企業が持続可能な方法でビジネスを成長させるための在庫とソフトウェアへの費用対効果の高いアクセスを提供することで競争を支援している。 私たちは開発者としてスタートしたが、今後の変化を予想し、今では自分たちをSaaSスペシャリストと見なしている。 サブスクリプションベースのSaaSは、エンタープライズテクノロジーが向かっているところであり、旅行テクノロジーの次の大きな変化となるだろう。 今日、既存のクライアントや潜在的な見込み客と話すとき、そのコストと予算が支配的である。 旅行の停滞は残っている。 状況は改善しているが、長距離および法人旅行などの一部のセクターでは、量が少なくなっている。 旅行のマージンはタイトである これは物事が順調に進んでいるときでさえ当てはまる したがって、技術に資金を提供する方法、または資金を提供するかどうかの決定は、さらにビジネス上重要になる。 技術予算のある大企業の中には、ビジネスを維持するために、その現金を一般的な用途に転用しているところもある。 ほとんどの中小企業は、彼らのテックからの特定の運用要件のセットを持っているが、それらのすべては、即時、定期的、および長期的なコストに非常に注意が払われている。 コストに関する会話でさえ進化している。 現在の焦点は、特定の部門でのコスト削減だけでなく、ビジネス全体のコスト効率にも存在する。

開発 製品 サービス

Development > product > service

未来はクラウドにある。 クラウドは、サブスクリプションベースのSaaSがテクノロジーサプライヤーや旅行会社にとって最良のオプションであることを意味する。 クラウドの長所と短所は、PhocusWireの読者にはよく知られている。

ミッションクリティカルな技術の制御の喪失の認識、内部データと顧客データのセキュリティ移行管理の複雑さなど、初期の全体像の懸念は、クラウドベースの技術プロバイダーと旅行会社の間の初期の会話を支配していた。TravelportATPCO最近変換したように、より多くの主要なプレーヤーがクラウドプロバイダーにサインアップし続けている。 大手企業からのこの信頼の投票は、中小企業がクラウドで彼らのために何ができるかを検討することを奨励すると私たちは考えている。 2013年にWBE.travelが最初にクラウドに関与して以来、クラウド業界の運営方法にも進化が見られた。 これらの開発により、SaaSが主流になり、旅行会社にとってさらにアクセスしやすくなった。 WBE.travelは、クライアントと1回限りのオーダーメイドのプロジェクトを行う開発者として始まったが、APIが登場すると、状況が変化し始めた。 誰もがAPIを先に行く方法と見なし、市場投入までの時間を短縮し、以前の開発支出の一部をアウトソーシングし、それを統合にシフトした。 しかしすぐに、旅行会社は、APIを介して全員が同じ在庫と価格設定にアクセスできる場合に差別化する方法が必要であることが明らかになった。 開発から製品への移行が進行中であった。 テクノロジー企業は、すべて同じ場所からアクセスできる多数のAPIをまとめた製品の構築を開始した。 ただし、これらの製品は、レイヤーを上に追加できるように構築する必要もあった。 これらのレイヤーは、予約の旅の改善、リッチコンテンツの追加、ユーザーエクスペリエンスのアップグレード、ルックアンドフィールの向上など、旅行会社に差別化するチャンスをもたらした。 それに応じて、旅行技術会社のビジネスモデルの進化が現れ、クラウドによって可能になり、製品からサブスクリプションベースのSaaSへの移行が完了した。 1回限りの製品から離れることで、プロジェクト管理、プロセス変更、トレーニングなど、見過ごされがちなコストを含む開発費が削減された。 製品がほとんどの旅行会社の市場へのルートであったとき、それにはライセンスがあり、すべてが独自のサーバーでホストされていた。 このアプローチはまだ一部の企業で使用されているが、多くの場合、主要な製品開発やソフトウェアライセンス、および/またはオンプレミスホスティングのアイデアを維持するための意図的な戦略ではなくレガシーな考え方である。 しかし、クラウドがすべてのeコマースおよびテクノロジービジネスの主流になるにつれて、ビジネスの一部の領域をサードパーティに手放すことに対する不安が和らぎ始めている。 対照的に、アーリーアダプターの旅行会社は、テクノロジー会社が提供するサービスに加入するためにクラウドを使用することの利点を認識し始めている。 ライセンスは静的である傾向があるが、サブスクリプションはより動的である。 製品のバージョン2のライセンスを購入した場合、そのライセンスには必ずしもvs 2.1またはvs 3へのアップグレードが含まれるとは限らないが、サブスクリプションによってユーザー ― この場合は旅行会社 ― は最新の状態に保つのが簡単になる。

コスト、予算、投資収益率

Costs, budgets, return on investment

ほとんどの旅行会社は、パンデミックの間の生存をなんとかする以外に選択肢がなく、技術プロバイダーも同様の立場にあった。 WBE.travelでは、SaaSモデルがすでに注目されており、クラウドに配置する製品のコアコンテンツと機能を継続的に改善して、旅行量が増えたときにクライアントが必要とするものを入手できるようにすることを決意した。 そのため、より多くのAPIを統合してカバレッジを増やすことで在庫を増やす(そして重複排除とホテルの確認番号を回避するために必要なすべての作業を行う)だけでなく、クラウドが自由に使えるいくつかの追加サービスを採用し、そしてそれはサブスクライバーに提供したものの中核を改善した。 ただし、これらの新しいオプションにより、クラウドコストが増加した。 これは、私たちにとっては普通のことである。 正常ではなかったのは、収益が横ばいのときにコストが増加していたことである。

このような状況から、私たちは再びビジネスモデルを転換し、“成長に応じて支払う”という考えをクライアントに紹介した。 事業のコストが取引量と同期していることを確認したかったので、これを反映するように支払いスケジュールを考案した。 予約が多いほど料金が高くなる。 予約が少なくなると、クライアントの支払いも少なくなる。 当社の利用規約はこれを反映しており、時間の経過とともに進化していく。 この構造により、ボリュームが戻ったときに投資を取り戻し始めることがわかっているため、提供するサービスに投資することができる。 旅行会社は、市場の停止が終わったときに技術パートナーがすぐに一緒に行動する準備ができていることを知る必要がある。 それが、私たちがコア製品に投資している理由である。 旅行会社は、使用している技術とその支払い方法が2019年以降更新されていない場合、2022年に対応できなくなる。 サブスクリプションベースのSaaSマインドセットから生まれたこのペイアズグロー(pay as grow)アプローチは、私たちと私たちが協力している旅行会社にとって最適であると信じている。

結論

Conclusion

旅行業界は、クラウドと、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)がサプライヤーやディストリビューターにもたらすメリットに関しては、他の業界よりも遅いようである。 その理由は、製品の管理の喪失やコモディティ化などのマイナス面がメリットを上回っているという考えがまだ存在しているからだと思う。 旅行会社はお互いに違うことを望んでいる。 彼らは彼らのビジネスを彼らのビジネスの将来に強い発言権を持つであろうサードパーティの製品所有者の手に委ねることに神経質になっている。 これらは正当な懸念事項であり、このように考えている企業はたくさん存在する。 私たちはSaaS100%取り組んでおり、このモデルの旗を掲げる。 しかし、私たちは“正しい”または“間違った”決定について話しているのではない。 それは、あなたのビジネスのビジョンとあなたが運営するビジネスモデルに最も適したオプションに注目するか、またはあなたの旅行技術パートナーから警告を受けることである。 そこには多くのオプションがある すべてのSaaSプロバイダーが同じように作成されているわけではない そしてそれは旅行会社が必要に応じてコンサルタントの助けを借りて宿題をし、彼らがサインアップするものが彼らにとって正しいことを確認することの問題である。(10/18 https://bit.ly/3aZfbUV )

 

7. プリンセスクルーズ社長、ブランドとテック改革推進

Carnival Corp.は、そのチーフエクスペリエンスおよびイノベーション責任者であるJohn Padgettを、Princess Cruisesの社長に指名した。 Princess MedallionClassそれを可能にするOceanプラットフォームのキープレーヤーであるPadgettは、Walt Disney Parks and Resorts MagicBandFastPass +を作成したチームで18年間過ごした。 彼は、Travel Weeklyのニュース編集者であるJohanna Jainchillと、イノベーションがバケーションにどのように価値を付加するかについて話した。

Q: あなたが社長に指名されたことは、Princessでブランド革新を推進することへのコミットメントを示しているようだ。

そうだと思う。 私がイノベーションに焦点を当てているのは、全体的なゲストエクスペリエンスと、これらのインテリジェントなスマートシティを作成するための全体的なオペレーションである。 これにより、ゲストエクスペリエンスを向上させるための情報が増え、効率的な乗務員の操作が可能になる。 リーダーシップの移行はシームレスになる。 Jan Swartz [Holland America Groupの社長]と私は2015年からパートナーであり、MedallionClassを全てのフリートに提供している。 そこには素晴らしいビジネス関係がある。 

私たちは6年以上戦略に取り組んできたが、彼女はすべてのイノベーションに精通しており、私はすべての操作に精通している。 オペレーションとマーケティングおよび販売拠点を含むように私の見解を拡大することは、Princessを世界クラスのクルーズブランド、世界クラスの休暇ブランド、さらにはMedallionClassのエクスペリエンスさらに進展させるための私たちの努力の継続にすぎない。

Q: パーソナライズは未来であるとよく話すが、これは過去、大型船ではとらえどころのないことであった。 今はどうか?

私の使命は、エリートゲストサービスをすべての人に民主化することであった。MedallionClassは、その高度にパーソナライズされた手間のかからないサービスを大規模なゲストに提供することを目的としている。 パーソナライズされたサービスがクルーズのルーツだ。 そこからクルーズが始まっている。 しかし、船がどんどん大きくなるにつれて、船の体積の性質だけで明らかにそれを失い始めた。 それがMedallionの体験のすべて、つまり大規模なパーソナライズである。 Princessでの指導的地位を十分に発揮して、私たちがその軌道に乗り続ける。

Q: あなたは数年前にTravel Weeklyに「誰もが海を愛している。誰もがクルーズを愛しているわけではない」と語った。 これはあなたがクルーズの顧客でない人たちに売り込むかもしれない方法か?

その通り。 私にとって、それは消費者に焦点を当てることに結びついている。 クルーズ業界は実際には非常に小さく、個々のブランドはその中でさらに小さくなっている。 消費者には無制限のブランドの選択肢があり、毎日の1分ごとに、すべてのブランドが物理的およびデジタル空間で消費者の注目を集めている。 あなたが毎年、年に数回、あるいはおそらく2年ごとにクルーズしているなら、それはあなたの注意の気ををそらす。 私にとって、それはPrincessが広く消費者の心の最前線にいることを確認することであり、クルージングは一時的な休暇ではなく、彼らの自然なライフスタイルの一部になることである。 あなたは常にその選択セットにいなければならない、さもなければあなたは忘れられるかもしれない。

Q: DisneyPrincessで開発を支援したイノベーションは、行楽客に時間を返すことだとよく言われる。 なぜそんなに重要なのか?

時間は貴重である。 休暇の時間はさらに貴重である。 私の見解では、それは本当に簡単だ。 あなたのブランドでの休暇の経験でゲストに与えられる時間を彼らにとってより価値のあるものにするにはどうすれば良いか。 あなたが彼らの休暇時間を最大化することができれば、あなたは彼らの価値を最大化している。 あなたが彼らの価値を最大化しようとしているなら、彼らはあなたのブランドにコミットしてくれてリピーターになるだろう。

Q: Princessが旅行業界と共に働く方法を革新する方法はあるか?

間違いなくある。 目的地やブランドの選択肢が非常に多いため、旅行プランナーはクルーズ休暇の鍵となる。 旅行プランナーは、適切なゲストが適切なブランドを確実に利用できるようにするという素晴らしい仕事をしている。 旅行プランナーは取引ではなく、休暇の価値を最大化するためにゲストと相談する。 それは継続的な関係である。 私はあなたに売ります、そしてあなたはあなたが戻ったときにあなたがどう思うかを私に話す。 旅行プランナーは、そのブランドでのライフスタイルエンゲージメント全体の一部であり、その過程でその消費者を支援し、休暇の価値を最大化する。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(10/19 https://bit.ly/3vuSeCB )

 

8. Phocuswright Conference 2021Peter Kernへの5つの質問

Phocuswright会議は、スピーカー、イベントやネットワーキングのその通常の広いプログラムの編成により、1115日〜17日フロリダで開催される。

センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説する。 Peter Kern20204Expedia GroupCEOに昇進し2018年から副会長を務めている。 彼は、ExpediaVrboTravelocityHotels.comTrivagoOrbitzなどのブランドのポートフォリオのほか、Expedia Group Media SolutionsExpedia Group Partner Solutionsなどの多数のB2Bサービスを監督している。 Expedia Groupはニューヨーク証券取引所に公開会社として上場しており、その時価総額は約260億ドルである。

Peter Kernへの5つの質問:

     パンデミックの際、Googleとのパフォーマンスマーケティングを縮小したが、その後、回復が本格化している今、パンデミック以前のマーケティング戦略をどの程度まで再導入するのか?

     ツアーやアクティビティにおけるExpedia Groupの立場は、過去10年間で多くの紆余曲折を経てき。 今では、重要な役割を果たすことができるセクターではなく、旅行者のより広い計画における単なる補助的なアイテムと見なしているのか?

     今年初めに一部の人を驚かせたEgenciaAmerican Express Global Business Travelへのオフロードについて話してくれるか?

     グループの最近のロイヤルティ戦略の統合は理にかなっているが、他社が強く推進しているサブスクリプションへの取り組みが、おそらく十分に進んでいないことに同意するか?

     202010月の“世界で最高の旅行技術プラットフォーム”にする誓約のために行った3つのことを特定できるか?

Phocuswright Conference 2021

エグゼクティブインタビュー: Expedia Group-CEO兼副会長のPeter Kernをフィーチャー。 イノベーションのための専用プログラム、ヤングリーダーなど、イベント、登録、会場の詳細をご覧ください。(10/19 https://bit.ly/3lVjbMy)

 

9. HopperPlacePass買収しT&Aに参入

Hopperが、エクスペリエンスプラットフォームPlacePass買収により注目を集める新しいパートナーシップを獲得している。 PlacePassチームの10人のメンバーが、この買収の結果としてHopperに参加することを除いて、取引の条件は明らかにされていない。 この買収は、Hopperのツアー、アクティビティ、エクスペリエンスセクターへのデビューであり、2か月前のシリーズGへの17,500万ドルの投資に続くものである。 PlacePassには消費者向けの予約サービスであるが、同社はおそらくMarriottBonvoy Tours and Activitiesプラットフォームの背後にあるエンジンとして最もよく知られている。 このホテルチェーンは、2017年にPlacePassの株式を取得してゲストにエクスペリエスを提供する新しいサービスを開始した。 Hopperとの契約により、Bonvoyサービスを引き続き強化し、より幅広いHopperプラットフォームに統合する。 PlacePassは、航空会社、ホテル、オンライン旅行代理店、メタ検索エンジン、オフライン旅行代理店など、Hopper Cloudを介してサードパーティブランドが利用できるツールのポートフォリオの拡大にも対応する。 このサービスは今年3月に開始され、フィンテック製品、代理店コンテンツ、データサイエンス機能などのAPI対応ソリューションのB2Bスイートとなる。 Capital Oneは、その最初のクライアントであり、Amadeusは、今年7月に、Hopper Cloudの製品の一部をAmadeus Travel Platform通じて、クライアントに提供すると発表した。 Hopper20213月に17,000万ドルの資金を調達した。

(10/19 https://bit.ly/3jigt25 )

 

10. 都市モビリティ離陸、旅行ブランド計画必要

交通渋滞に巻き込まれ、高速道路で何時間も費やすのではなく、何とか空に持ち上げてくれて目的地まで数分で移動できることを望んでいたことは何回あるか? 良いニュースは、ゲームを変える可能性のある何かがこれらの線に沿って近づいているということである。 新興企業、航空宇宙企業、ベンチャーキャピタルからの急速な関心に後押しされて、電気垂直離着陸(eVTOL)航空機は、今後数年間で都市のモビリティを大幅に破壊させるように設定されている。

簡単に言えば、eVTOLは、大規模なアーバンエアモビリティ(UAM = 都市型航空交通)の可能性を提供する。 近い将来、これらの小型、高速、静粛性、持続性、低排出ガスの航空機の艦隊は“エアタクシー”として機能し、道路を迂回して、都市やその他の高密度地域を越えて、AからBまで乗客と商品を運ぶことができる。 今日の通勤者には想像を絶するような移動時間の交通である。

UAMテクノロジーの急速な進歩に加えて、メーカー、オペレーター、インフラストラクチャプロバイダーのエコシステムの成長のおかげで、eVTOL10年以内に大規模な実行可能な提案になる可能性がある。 そして、それは都市交通と交通渋滞をより良い方向に変え、UAMオペレーターとサプライヤーのための新しい数兆ドルの市場を生み出すだろう。

旅行会社はUAMにどのように備える必要があるか?

How should travel companies prepare for UAM?

UAMは、旅行業界全体に影響を及ぼす。 たとえば、航空会社は、エアタクシーサービスを自ら運営することを決定する場合もあれば、新興事業者と提携して運営することを決定する場合もある。 UAMサポートサービスは、航空会社にとって新しい収益源となる可能性もある。 メンテナンスサービス、乗務員とパイロットのトレーニング、飛行操作、空域管理などを考えてみろ。

特に、エアタクシーは、航空会社が都市と空港の間で、現在の道路や鉄道よりもはるかに速く乗客をUAMで運ぶことを可能にする可能性がある。 これは、エンドツーエンドの顧客体験を根本的に改善する可能性がある。 また、少なくとも飛行前と飛行後の段階で、乗客の旅の全体的な持続可能性を高めることができる。 これは、コアフライトの持続可能性を変革するのにかなり長い時間がかかる可能性がある場合に、グリーンクレデンシャルを強化する方法を必要としている航空会社にとって重要な考慮事項である。 ただし、長期的には、UAMが航空会社の収益を補完するのか、それともマイナスに影響するのかは明確ではない。 テクノロジーが向上するにつれて、eVTOLが動作できる範囲は長くなる。 また、航続距離が長くなると、UAMオペレーターは航空会社と直接競争するようになる。 都市内だけでなく、都市間で乗客を乗せることができるエアタクシーサービスは、非常に異なる提案だ。 航空会社はそれに応じて計画する必要がある。 たとえば、ニューヨーク市でeVTOLに飛び乗って、ワシントンD.C.またはボストンに90分で到達できると想像してみて欲しい。 それを、空港に出て、セキュリティを通過し、国内線に乗り、道路または鉄道で目的地の都市に入るという経験と比較して欲しい。 UAMがこれらの短い航空会社のシャトルタイプのルートの乗客を最終的に“盗む” 方法を理解するのは難しいことではない。 したがって、航空会社は、最終的にこの分野で競争するのか、新しいプレーヤーと提携するのか、eVTOLの競合他社から既存の短距離収益を保護するための行動を取るのかを慎重に検討する必要がある。

競争するか、補完するか、完全に無視するか?

Compete, complement or completely ignore?

しかし、旅行業界以外の他の部分はどうなるか? たとえばホテルは、UAMとはほとんど関係がないと考えたくなるかもしれない。 しかし、実際、それらは重要な役割を果たす可能性がある。 UAMインフラストラクチャを利用することができる。 UAMを大規模に運用するには、着陸、積み込み、再充電、離陸のための“vertiports”の大規模なネットワークが必要になる。 これらはすべて、アクセスしやすい都市部にある。 多くの主要な市内中心部のサイトを含む大きな不動産フットプリントを備えたホテルは、屋上、駐車場、または不動産の他の部分にあるかどうかにかかわらず、これらのUAM vertiportsにとって理想的な場所である可能性がある。 UAMオペレーターにとって、これは潜在的に説得力のある提案であり、必要なインフラストラクチャをはるかに迅速に起動できるようにすることができる。 また、ホテルオペレーターにとって、これは新しい収益源であり、客足を増やし、アップセルの機会を生み出し(vertiportUAM発着場の飲食やその他のサービスを考えて欲しい)、空港からの高速で直接的な移動を提供して、個々のホテルの望ましさを高める。

エアタクシーはまた、旅行の他の場所で新しい機会や課題を生み出す。 たとえば、クルーズオペレーターは、eVTOLを使用して、乗客の乗降をはるかに速くし、顧客体験を大幅に向上させることができる。 これにより、プレミアムを支払っている顧客からの収益が増加する。 一方、レンタカー会社は、重複する顧客ベースでUAMオペレーターと競争するか、UAM業界にサービスを提供することに重点を置くか(メンテナンスやバーティポート管理などの分野)について重要な決定に直面する。

UAMのフライトプランは何か?

What’s your flight plan for UAM?

重要なのは、すべての旅行会社が今、本格的なUAM戦略を必要としているということではない。 テクノロジーとエコシステムがどのように開発されるのか、そしていつ開発されるのかについては、まだ多くの未解決の質問がある。

ただし、UAMの破壊的な可能性は、旅行会社がその影響について考えることを待っている余裕などない。 最初のステップとして、収益と収益性への潜在的な影響を定量化し、必要に応じてパートナーを関与させ、時が来たときに市場に出すことができる提案を作成する必要がある。 最終的には、UAMが離陸するかどうかではなく、いつ離陸するかが問題であるという事実がすべてが示している。 旅行会社は、それが起こる前に、リスクと機会に完全に乗り込む必要がある。

著者:Scott Davidsonは、Accentureの旅行業界グループのマネージングディレクター。(10/19 https://bit.ly/3vt9kRm )

 

11. 新興企業の舞台:Ultimate Travel Club

Ultimate Travel Club(英)は、マークアップとコミッションを取り除き、消費者に最低価格を提供するサブスクリプションサービスである。 旅行者は月額19ポンドで、ホテル、ホリデーレンタル、フライト、レンタカー、クルーズ、テーマパーク、映画館、レストランなどの他のレジャーオプションを低価格で利用できる。 メンバーが取引価格で旅行を予約できるようにする。 加入者は、ホテル、休日、クルーズ、別荘などを最大40%節約できる。 他の旅行ウェブサイトとは異なり、メンバーが最低価格にアクセスできることを保証するために、マークアップと手数料を取り除く。 14の無料トライアルを提供し、最高の価格を保証する。 私たちは旅行を売ってお金を稼ぐのではなく、私たちの事業運営に支払うのはサブスクリプションのフィーとなる。 この方法で旅行を予約することで、英国だけで700万人以上が恩恵を受ける可能性があると推定されている。 従来のエージェントやメンバーシップスキームとは異なり、Ultimate Travel Clubは完全に独立しており、英国および世界中で本物の選択肢を提供することができる。 プライベートメンバーのステータスは、サブスクライバーが公開ポータルでは利用できない手数料無料の価格にアクセスできることを意味する。 すべて、業界をリードする価格保証と、ATOLおよびABTA保護に支えられている。

この方法で旅行を予約することでお金を節約できるというメッセージを英国の大衆に伝えることが重要だ。 現在、デジタルパフォーマンスチャネルとパートナーシップに重点を置いているが、2022年にいくつかのブランドマーケティングを実行する予定である。 潜在的なメンバーに14日間の無料トライアルを提供することで、他の場所で予約する前に価格を確認してもらうことができれば幸いである。 Ultimate Travel Clubのメンバーは、900,000のホテル、パッケージ旅行、クルーズ、レンタカー、別荘のレンタルで最大40%の節約に加えて、英国の食事、映画館、ゴルフ、休日やアトラクションの割引を受けることができる。 サブスクリプションモデルはいたるところにあり(家庭で調理する食事、化粧品、テレビ、さらには車)、人々はすでにそれらに慣れている。これは、機能する実証済みのモデルである。 このモデルを使用して、卸値で旅行へのアクセスを提供するのは私たちが初めて。 そして、私たちは旅行業界が大好きで、世界をもう一度探検したいという欲求があることを知っている。 そのため、このような困難な時期を経て、世界を再び立ち直らせることに参加することが重要である。 私たちの調査では、ミレニアル世代の週末旅行者、繁栄している家族、裕福な子供の養育から離れた親という、参加することで恩恵を受ける3つの主要な人口統計が示された。 諸経費は綿密に管理されているため、最初の取引年末までに利益を上げると予測している。(10/19 https://bit.ly/3B0lbrj )

 

12. VIDEO: 究極的旅行小売のエクスペリエンス

国境を越えた旅行が増加し、航空会社やチャネルが顧客をめぐって争う中、多くが顧客エクスペリエンスを近代化する取り組みを加速している。 そのためには、多くが、消費者が従来の小売ブランドに期待するのと同じ使いやすさ、透明性、パーソナライズを提供するショッピング環境の作成に注力している。 そのためには、テクノロジーとコンテンツ戦略を組み合わせる必要がある。 400を超える航空会社と100の販売チャネルが、ブランドのショッピングエクスペリエンスにATPCOのソリューションを使用している。 同社のElevate Summitで、PhocusWireのシニアレポーターであるMitra Sorrellsは、“究極の小売体験の探求 The quest for the ultimate retailing experience” に関するパネルを司会し、現在何が起こっているのか、そして将来何が起こっているのかを掘り下げた。 参加者には、Kayakの製品ディレクターであるAnthony SalomoneSouthwest AirlinesB2B戦略およびサービスのシニアディレクターであるRob Brown、およびAccelyaの製品戦略の副社長であるTye Radcliffeが含まれる。 彼らは、これらの企業がテクノロジーを使用してショッピング体験を改善する方法、小売業におけるNDCの役割、および今後の予定について話す。 次に、人工知能や自主的アイデンティティなどについて説明する。 完全なインタビューはhttps://bit.ly/30N25bKに含まれている。

(10/20 https://bit.ly/3B7dAY8 )

 

13. 空港AIとバイオメトリックスの大きな将来

TSAの最高イノベーション責任者であるDan McCoyは、存在すら知っている人はほとんどいない。 結局のところ、運輸保安局をイノベーションと関連付けるのは、すべての人ではない。 さらに言えば、それは、空港のチェックポイントをはるかに超えている。 しかし、過去16か月間このポストを務めてきたMcCoyは、COVID-19の期間中における迅速な連邦政府機関の技術調整にすでに参加している。 そして将来を見据えて、彼は空港スクリーニングの未来を想像しており、それは確かに一部の耳にはまったく過激に聞こえるだろう。

人工知能(AI)と多国籍情報の共有が相まって、運輸保安職員がスクリーニングステーションに持ち込まれたほとんどの機内持ち込み物手荷物の内容を見る必要がなくなる日が比較的早く来ると彼は言う。 モバイルIDの急増によって強化されたバイオメトリクスにより、従来のIDの携帯が乗客にとってオプションになる。 現在、あらゆる種類のスマートデバイスに組み込まれている豊富なセンサーにより、チェックポイントに到達する前に問題がある個人を特定する新しい方法が開かれる。 そしていつの日か、これらすべてのテクノロジーは、他のテクノロジーとともに、空港のセキュリティ専門家が “スピードでのスクリーニング” と呼ぶものの可能性を開く。 「私たちが開発しようとしているのは、未来のための長い仕事である」とMcCoyは言う。 そのようなビジョンと比較して、パンデミックを緩和し、COVID-19の蔓延からエージェントと一般市民の両方を保護するために講じたTSAの措置は明らかに魅力的ではない。

すでに使用されているテクノロジー

Technology already in use

それでも、ウイルスによって引き起こされた緊急性と相まって、チェックポイントトラフィックの減少により、エージェンシーは3D CTスキャナーの展開で以前よりもはるかに迅速に動いた。 医療分野で長い間使用されてきたのと同じCTテクノロジーに依存するスキャナーは、セキュリティスクリーナーに3D画像を提供する。 この画像を回転させて、旧世代のTSAスキャナーよりも徹底的な分析を行うことができる。 また、機内持ち込み手荷物に入れてはいけない爆発物、武器、その他のアイテムを検出するアルゴリズムもプログラムされている。 CTスキャナーを使用すると、古いスクリーニングテクノロジーと比較して、機内持ち込み物を手動でチェックする必要が生じる可能性が低くなり、エージェントと航空旅客の間のやり取りが減る。 当局はまた、パンデミックが始まった後、乗客の運転免許証の信憑性を確認する資格認証技術(CAT)ユニットの展開をスピードアップした。 ただし、McCoyは、TSAが行った特にローテクな動きを誇りに思っている。 チェックポイントエージェントがこれらのマシンを乗客の方に向けることを許可し、航空旅客がエージェントにIDを処理させるのではなく、独自のIDを挿入できるようにする。 McCoyによると、その手続き上の変更は、チェックポイントエージェントがパンデミックの初期に問題を提起した後に起こったという。 彼は、そのステップを、経営陣と最前線のエージェントの間のより強い信頼の文化を構築している兆候であると考えている。 「それは本当に良い人間中心のデザインストーリーだ」とMcCoyは付け加える。

次に何が来るのか?

What’s still to come?

しかし、もっと未来的な変化が近づいている。 McCoyによると、最初に、チェックポイントでの生体認証技術の広範な展開が予定されている。 「バイオメトリクスの増殖は間違いなく間近に迫っている」と彼は言う。 特に、航空旅客はそれほど遠くない将来に、増加しているモバイルに取り込んだ運転免許証とスタジアム、テーマパークを含む商業施設や病院のその他のIDの利用の代わりに、TSAチェックポイントでモバイルIDを提示できると期待できる。 モバイルIDを使用すると、航空旅客はチェックポイントで物理的なIDを提示する必要がまったくない。 McCoyによると、TSAが関心を持っているという事実自体が、プライベートモバイルID開発者によるイノベーションを推進する可能性がある。 「私たちが望んでいるのは、私たちがすでにここにいることを知って、ますます多くの市場がより速く発展し始めることである。 私たちは誰もが自分のIDを財布から取り出す大きな不便さを知っている」と彼は説明する。 McCoyはまた、AIの大きな未来を構想している。 「人工機械学習は、TSAで行うほとんどすべてのことを変えていくと思う」と彼は言う。 一例:昨年、TSAは世界中の空港セキュリティエンティティと協力して、空港セキュリティシステムのオープンアーキテクチャを推進した。 McCoyは、世界の空港セキュリティ業界が協力することで、AIと画像共有を使用して、測定可能なリスクを示すバッグのみを安全に特定するアルゴリズムを実現できると述べた。

このような技術により、TSAの職員は、個人的にチェックする危険なバッグについて警告を受けることができるが、これは燃え尽き症候群を防ぐのに役立つ変更である。 何千もの安全なバッグを一日中見る必要はもうないのだ。 エージェントはまた、アルゴリズムがフラグを立てるすべてのバッグからの結果を記録し、AIシステムが絶えずそれ自体を改善するために使用する継続的なデータストリームを提供する。 「今後数年以内に、最小限の実行可能なソリューションが試験的に導入されるようになると思う」とMcCoyは言う。 一例:McCoyは、チェックポイントの前に、スマートデバイスによって爆発物や麻薬などの脅威を検出することを予想する。 その後、当局は、潜在的な容疑者がスクリーニングに到達したときに、彼らに焦点を合わせることができる。 「今では、人を検査するという面倒なプロセスを行う代わりに、怪しいと思われる旅客を簡単に特定できる」と彼は言う。 スピードでのスクリーニングに関しては、それはすぐには来ない、とMcCoyは言う、しかしそれはおそらくいつか実現するだろう。 センサーベースのIPアドレスの追跡、バイオメトリクス、さらにはTSA PreCheckなどのTrusted Travelerプログラムによる昔ながらのデータ収集も、このような将来に役立つだろう。 例として、McCoyは、顧客がTargetストアに足を運び、携帯電話でアプリを検索すると、Targetアプリが提案されたアプリとして表示されると述べている。 「私たちはすでに、繰り返し処理できるこのような技術的な機能をたくさん持っている」と彼は主張する。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(10/21 https://bit.ly/3pqAJSU )

 

14. Phocuswright会議、金融アナリストへの5つの質問

Phocuswright会議は、スピーカー、イベントやネットワーキングのその通常の広い陣容で1115日〜17日までフロリダで開催される。

センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説している。

今年のStreet Talkパネルには、次のゲストが参加している。

  • CowenのマネージングディレクターHelane Becker 
  • Oppenheimer & Coの株式調査担当エグゼクティブ・ドクター、Jed Kelly
  • Evercoreのシニアマネージングディレクター、Mark Mahaney

金融アナリストへの5つの質問:

(1). 旅行、観光、ホスピタリティの分野でどのような形の回復(ULWJ字型など)を期待しているか?

(2). 財務的または戦略的な成長の観点から、他よりもあなたを興奮させている業界のセグメントを特定できるか?

(3). SPACは、旅行における2021年の金融商品のように見えるが、ツールとして固有の問題があることに同意するか、それともブランドを財政の進歩の次の段階に進めるための便利な方法にすぎないのか?

(4). COVID-19パンデミックからの回復以外に、旅行部門の将来を推進する可能性のある人またはものは何か?

(5.) 危機はしばしば、セクターの主要ブランドが関与するMA活動の増加をもたらす可能性がある。 これは2022年に出現するか、どこから来るのか。

(10/21 https://bit.ly/3E7tbIL )

 

15, 短期レンタル市場、供給と休暇予約が急増

8月の間にわずかに落ち込んだ後、短期賃貸需要は9月の2019年のレベルを上回り、有望な次のホリデーシーズンの到来を示している。 AirDNAの最新の市場レビューレポートによると、9月の米国の短期賃貸需要は2019年より4.7%高く、2020年のレベルと比較して33.7%高かった。 ただし、今月の稼働率は8月の66.7%から59%に低下した。 これは、この期間の典型的な稼働率の低下であるが、昨年から4.6%増加し、2019年から12.8%増加している。 AirDNAのデータによると、その59%は、9月に記録された過去最高の稼働率であった。 ビーチおよび山の目的地では、20219月の稼働率は2019年の同時期と比較して約30%高く、より柔軟に働くことを選択する人々が増えていることを示している。 都市部以外の需要が新たな供給の流入につながり、掲載件数がパンデミック前のレベルに戻ったと報告書は続けている。

「第3四半期には、主に小都市と地方で、毎日平均1,620件の新規リストがAirbnbVrboに追加掲載された。 賢明なレンタル経営者は、このセクターが投資家にもたらす機会を利用している」とAirDNACEOであるScott Shatfordは述べる。 都市部では、需要は2か月連続で減少し、2019年と比較して36.1%減少した。 一方、平均ADRは、2019年のレベルをはるかに上回り、24.6%上昇、9月の平均は253ドルであった。 AirDNAは、秋と冬に向かう米国全体の需要が高値を維持すると予測しており、ADR2021年の残りの期間で2020年のレベルよりも1015%高いペースで進んでいる。

見通し

Outlook

10月上旬の時点で、2021年の第4四半期に予約された宿泊数(nights booked)は、2019年の同時期と比較して12.9%高く、2020年と比較して52.6%高くなっている。 この増加は主に、感謝祭の週末に予約された旅行のレベルがはるかに高いことによるもの。 これは、2019年より31%高く、2020年より65%高いペースである。 一方、クリスマスと新年の週のペースは2020年より89%高くなっているが、2019年と比べると約4%しか高くない。 予約活動の増加により、旅行者が2019年に支払った料金よりも30%高い料金に押し上げられた。 全体として、ADRは感謝祭の週末で約346ドル、クリスマスから新年までの週で415ドルである。 「この秋と冬の強い需要と価格の上昇により、米国で短期賃貸物件を所有および運営する絶好の機会となっている。 良い時期がいつまで続くかを予測するのは難しいが、このセクターの前向きな傾向は2022年まで続くと予想される。 予約の質と利便性を体験し、短期賃貸に滞在する人が増えている。 過去18か月ぶりに、今後数年間は未来が明るく見える」とAirDNAレポートは述べている。(10/21 https://bit.ly/3C6KjxM )

 

16. FlixMobility7,800万ドルでGreyhound買収

FlixMobility(独)が、米国の長距離バスプロバイダーであるGreyhoundを約4,600万ドルで買収した。 スコットランドを拠点とするGreyhoundの所有者であるFirst Groupが、FlixMobilityを管理するNeptune Holdingとの条件に合意した。 これには、さらに3,200万ドルの繰延支払い(deferred consideration)が含まれる。 First Groupが提供する取引のさらなる条件は、COVID経済救済助成金からの1800万ドルと1,400万ドルの債務を含む17,200万ドルの取引総額を明らかにしている。 FlixMobilityは、この買収は「消費者に使いやすく、手頃な価格で、環境に優しい旅行を提供するというビジョン」の重要なステップであると述べている。  ドイツに本拠を置くこのモビリティテクノロジー企業は、今年6月に65,000万ドルを調達した後、最近30億ドルと評価された。 当時、FlixMobilityは、資金は米国でのFlixBusの拡大と、ヨーロッパでのFlixBusおよびFlixTrainネットワークの構築に向けられると述べていた。 買収に関する声明によると、FlixmobilityのテクノロジーとGreyhoundの “象徴的な全国的な存在感と経験” を組み合わせることで、都市間バスの旅行者のニーズによりよく応えることができる。 同社によれば、FlixBus Globalネットワークは米国以外の36か国で2,500以上の目的地にサービスを提供し、Greyhoundは北米全体で約2,400の目的地に接続し、年間約1,600万人の乗客を運んでいる。 FlixMobilityの共同創設者兼CEOであるAndré Schwämmleinは、「北米の消費者は、手頃な価格で快適、スマートで持続可能なモビリティソリューションをますます求めている。 魅力的なサービスにより、より多くの旅行者が自家用車から都市間バスの移動を共有するようになる」と述べている。
FlixBus
の共同創設者兼CEOであるJochen Engertは、「パートナーシップと買収によるサービスの継続的な拡大は、グローバルなプレゼンスを構築するための成長戦略の不可欠な部分である。 Greyhoundの買収は、米国における大きな前進である。 FlixBusチームとGreyhoundチームは、スマートで手頃な価格の持続可能なモビリティをすべての人が利用できるようにするという共通のビジョンを共有している」と述べている。

* 202010月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたEngertとのこのインタビューhttps://bit.ly/3B2pVNa を確認してください。

(10/21 https://bit.ly/3C7nUQS )

 

17. 法人旅行におけるPNR越え

より“プラグアンドプレイ”環境に移行した場合、法人旅行テクノロジーの展望は根本的に変化する可能性がある。 現在、プロセスは主にレガシーテクノロジーを中心に展開しているが、一部の専門家は、よりオープンなマイクロサービス環境がより大きなイノベーションにつながると述べている。 今月初めのBusiness Travel Show、旅行のバイヤーとマネージャー、そしてテクノロジーサプライヤーは、マイクロサービス戦略がどのようになるかを定義した。Cap Geminiの旅行および会議のグローバルカテゴリマネージャーであるKatherina Navarroは、これをプラグアンドプレイ環境として説明した。 これにより、購入者(buyers)はさまざまなコンテンツおよびテクノロジープロバイダーをこの環境にまとめ、旅行者向けのユーザーインターフェイスを追加できる。 「GDSNDCなど、変化する環境のすべての複雑さをバックグラウンドで管理し、ポリシーを最優先し、旅行者の前に好みと最良の選択を実際に配置して、彼が最高のコンテンツを取得するシステムを信頼できるようにすることができる。 外をチェックすることなく、何を予約すればよいかを知っている」とNavarroは言う。

彼女は、新しいコンテンツや機能が開発されたときに、「旅行者がパイプラインを変更しているのを気づかずにそれを追加できる」と付け加えた。

法人旅行で多くの役割を果たし、最近では法人旅行のスタートアップであるSpotnanaにパートナーシップと戦略の責任者として加わったJohnny Thorsen

は、2017年からマイクロサービス環境の必要性について語っている。

「(マイクロサービスの)その道を進み、それが何を意味するのかを考え始めると、旅行業界には時代遅れになる可能性のある製品がたくさんある。 最大のものはPNRだ。 この業界のすべての製品は、200行のフリーテキストを備えた非デジタル機能に基づいて構築されている。 フリーテキストがデジタルになると想像してみて欲しい。 これがマイクロサービスであり、買い手(a buyer)のために。アナログから離れてデジタル自動化と統合サービスの提供を可能にする」と語る。 Thorsenは、航空会社のPassenger Name RecordPNR)と非構造化データが、開発をどのように妨げているかについてさらに詳しく説明した。

「エコシステム全体は、PNRと呼ばれる静的な環境を中心に構築されている。 2年前のIATA会議で、ユナイテッドとルフトハンザの両方が、予約から搭乗までの生涯でPNRにアクセスした内部システムの数を調査し、それが70であると発表した。 人々の移動を維持するために70のシステムを維持していることになる。」 彼は、企業の旅行システムにサードパーティのテクノロジーが上に重なると、プロセス全体を “ひどく非効率的” であると説明し、旅行の購入者(travel buyers)とTMCは“新しい世界(new world)”への移行について決定を下したと述べた。 多くの同じ問題が、最近のCAPA Liveイベントで旧ブリティッシュ・エアウェイズの元ボスAlex Cruzにより指摘された。 彼は、「ソフトウェア数千の応急修手当が航空会社のシステムに追加されているために、時間をかけて信頼性が益々低下しセキュリティ侵害に対する脆弱性が発生している」と述べている。 一部の旅行管理スペシャリストは、現在のプロセスを回避する方法をすでに見つけている。

データ統合

Data integration

SalestripCEOであるManoj Ganapathy、予約エンジンは既存のインフラストラクチャ上に構築されているが、旅行者が何をしたかについて独自の記録を持っており、「構造化されておらず、何もできなかったため、独自の参照をPNR参照にマッピングするだけである」と述べた。 Ganapathyは、旅行はサイロではなく、企業内で使用されるエンタープライズシステムに統合されるべきであると考えている。 「会社にはさまざまなビジネス機能がある。 私たちの大多数は、旅行する、旅行だけをする特定のポータルに行く。 システム(OracleSalesforceSAP)にはすでに大量の情報があり、これらすべてのデータの集合体(conglomeration)が必要であると私は信じている。 私はそれを会社情報、財務データ、販売データ、マーケティングデータに戻そうとしている。 あなたはあなたの顧客が誰で、なぜ旅行しているのかを知っている。 なぜ旅行は1つのエンタープライズシステムのコンポーネントとして存在すべきではないのか。なぜそれを分離する必要があるのか?」と問う。

このパネルはまた、データプライバシーの懸念がマイクロサービスへの移行を加速させる可能性があるかどうかについても触れた。 Thorsenは「これは業界にとって最大の機会の領域の1つである。 今日、プロファイルデータが多くのレガシーシステムに振り回されるモデルがある。 それが、私たちがそれを構築した方法だからだ。 一歩離れて見ると、企業のバイヤーは、すぐにHRデータが家企業から外に出ることはないと言うだろう。 トークンにアクセスできる。 つまり、他のシステムに保存できるデジタルキーがあるため、プライバシーの問題は発生しない。 デジタルキーは、企業のHRの世界の外に存在する唯一のものであり、企業のIT部門がデータプライバシーを懸念することなくサービスのアクティブ化を許可できるからである」と述べている。 彼は、この開発は3年から5年先になる可能性があり、一部の企業はすでにそれを行っていると予想した。 Goodbye travel manager, hello business travel micro services engineerの完全なセッションはhttps://bit.ly/3BaKxD2 で見ることができる。

(10/21 https://bit.ly/3B91Unn )

 

18. 社説:都市型航空交通、旅行展開拡大無理かも

UAMの破壊的な可能性は、旅行会社がその影響について考えるのを待っている余裕などない」は、Accentureの旅行業界グループのマネージングディレクターであるScott Davidsonの、今週のPhocusWireの都市のエアモビリティ(UAM=都市型航空交通)に関する記事からの引用である。 我々は、UAMは愚か者だけが垂直離着陸機を通常の旅客輸送に適用することを想定していると思っている。 今週、Scott Davidsonが優れた意見記事を書いているが、UAMの出現についての彼の予測は信頼されるべきではないということではない。

UAMは、中長期的には旅行や輸送の世界である程度定着する可能性が高いことは間違いない。 その成長の程度は非常に疑わしいが、それが既存の輸送手段にもどのように影響するかは特に疑わしい。 新しい交通手段がどのように別の交通手段に変わったかを示す最も明白な例の1つは、ロンドンからパリへの高速鉄道サービスであるユーロスターの例である。 1994年の発足後、旅行者が市内中心部から市内中心部へのルート、乗客スペースの利便性を選択し、空港の煩わしさを回避したため、フランスと英国の首都間のかつて忙しかった航空ルートが高速鉄道に取って代わった。 ほぼ同時に格安航空会社が出現したとしても、航空ルートを主流に戻すことはできなかった。 このシフトは本物の規模であった。 毎日何千人もの飛行機の乗客が、同じルートで数十の900人乗りの列車を埋めることができた。 UAMは、その点で別の提案である。 さらに、都市、市街地、短距離空域がコントローラーによってどのように管理されるかについては、まだ詳細が存在しない。 少なくともこの段階では、何千台ものUAMタイプの車両が空を横切ることはないようだ。 これは、航空会社、公共交通機関、およびその他のタイプの旅行ブランドがUAMの必然的な上昇を無視する必要があるということではない ― それどころか、実際はその反対である。

彼らは、その可能性を活用し、サービスのプロバイダーと提携して顧客に利益をもたらす方法を検討する必要がある。 UAMは、現在空中または鉄道で運用されている一部のサービスに取って代わるが、その影響は、他の場所での輸送で見られるディスラプションの一部とは異なり、小規模であるように思われる。

(10/22 https://bit.ly/3puiPPa )

 

19. HoliduSpain-Holidfay買収

ミュンヘンを拠点とするバケーションレンタル検索エンジンおよびソフトウェアプロバイダーのHoliduは、スペインでのサービスを拡大するために、バケーションレンタルプラットフォームSpain-Holidayを買収した。 買収の条件は明らかにされていないが、取引の一環として、Spain-HolidayHoliduの子会社であるBookiplyと合併する。 Holiduによると、Spain-HolidayBookiply(賃貸住宅所有者向けの不動産管理ツール)の合併により、顧客ベースが大幅に拡大し、スペインの不動産の仲介と管理のマーケットリーダーになる。

HoliduSpain-Holidayの統合により、プラットフォームにリストされている休暇用住宅所有者は、すべての主要な予約ポータルでのマーケティング、カレンダーの同期、支払いの集中管理など、資産の管理においてより多くの可視性と追加の利点を得ることができる。 今年の5月にシリーズDの資金で4,500万ドルを調達したHoliduは、20205月以来利益を上げ、20218月と2019年の同時期を比較して2.6倍の成長を記録したと述べている。 2014年に設立されたHoliduは、世界中の13か所に300人以上の従業員を擁している。

(10/22 https://bit.ly/3C78L2h )

 

20. 休暇レンタルTravel Chapter上場計画

ホリデーレンタルのスペシャリストであるTravel Chapterは、ロンドンのAIM市場に上場することを計画している。 オンラインレンタルプラットフォームHolidayCottagesをブランドに含む同社は、近年、大幅な有機的成長と“bolt-on acquisition = 事業譲渡(資産買収)“による成長を遂げていると述べている。

ロンドン証券取引所の発表の中でTravel Chapterは、パンデミックは2020年に英国の素泊まりの休日の市場の価値の45%の減少を引き起こしながら、2021年には54%回復すると予想するPwCの調査を引用している。 そして2025年までは年間平均6%から7%の成長が見込まれていると付け加える。

HolidayCottagesブランドに加えて、Travel Chapterにはさらに33の小さなライフスタイルと地域のプラットフォームがあり、合計8,000の物件のポートフォリオが存在する。 英国市場で3番目に大きいと主張する同社は、オーガニック戦略といくつかの合併買収活動の両方を通じて成長するのに良い立場にあると信じている。(10/22 https://bit.ly/2Z82a93

 

21. Viatorコミッション料率変更テスト、オペレータ懐疑的

Tripadvisor所有するオンライン旅行代理店Viatorは、ツアーやアクティビティのコミュニティでいくつかの眉をひそめている新しいマーケティングプログラムを静かに試験運用している。 Accelerateと呼ばれるこのプログラムにより、オペレーターは手数料率を調整して、プラットフォーム上での製品の可視性を高めることができる。 このモデルは、Booking.comなどのサイトに掲載されているホテルでは一般的であり、エクスペリエンスのスペースではあまり見られないが、コンテンツターゲット広告を通じて同様の商品を購入する旅行者にとって多くの露出が提供されるように設計されている。 プラットフォームでgood”または“excellent”評価のアクティブな製品である必要がある参加製品は、プロモートエクスペリエンスバナーの下のViator全体の広告に表示される。

このプログラムは任意であり、オペレーターが露出をより細かく制御できるようにするためのものである。 オプトインする前に、オペレーターはViatorの“Visibility Score” ツールを使用して、可視性を競合他社のセットと比較し、手数料を調整することで配置をどのように高めることができるかを確認できる。

参加すると、オペレーターは、可視性スコア、予約、ページビューなどの分析を備えたダッシュボードにアクセスして、プログラムのパフォーマンスを評価できる。 Viatorによると、このプログラムは平均で最大15%の予約増加をもたらし、オペレーターはいつでもオプトインまたはオプトアウトを選択できる。

8月下旬に展開を開始したAccelerateは、現在、米国のさまざまなサイズの13の市場利用できる。 Viator35万を超える製品のうち、パイロットは現在数百の製品で利用できる。

解決策または“恥ずべき”?

Solution or "shameful"?

Accelerateプログラムは、一部のツアーやアクティビティオペレーター ― たとえば、ニューオーリンズのフードエクスペリエンスオペレーターDestination Kitchenではプログラムの30日間で予約数が228%増加した ― でいくつかの初期の成功を収めているが、他からの懸念が示されている。

Viatorは何年もの間、ブランドのランク付けを支援して地位とランクを向上させることはできないと述べていた。 すべては“レビューとキーワード”を組み合わせたアルゴリズムを介して行われ、製品を強化する唯一の方法は、技術的に高価な広告である[Viator親会社] Tripadvisorからクレジットを購入することであった。 「今、突然、なぜ彼らはオペレーターによって[製品をランク付けする]ようになり、手数料を増やしているのか? [Viator]が行っているのは、予算があまりない事業者をGoogleに押し付け、Googleに必要な料金を請求するためのより多くの力を与えるだけである。 Googleを使えば、少なくともいつの日か、あなたの投資が収益を増やすだけでなく、長期的には顧客があなたとあなたのブランドに戻ってくることを私たちは知っている」と英国ベースImagine Experiencesの共同創設者Ana Karina Araqueと言う。

Unexpected Virtual ToursUnexpected Atlanta ToursGiftsオーナーであるAkila McConnellは、Viatorがさまざまな手数料体系を試してきた歴史に不満を感じていると付け加える。 「彼らは最初に個別に手数料を交渉しようとし、次に標準化された手数料に移行し、次に製品の価格設定を管理する動的な手数料構造に移行し、現在はオペレーターが手数料を増やして可視性を高められるようにしようとしている。 彼らが手数料体系を絶えず変更している理由は明らかではないが、オペレーターの観点からは、混乱と不満の両方につながる」と言う。 とはいえ、「オペレーターの観点からは、オペレーターは何らかの形のマーケティングや広告を使用して顧客を呼び込む必要があるため、Viatorのアプローチについては特に懸念していない」が、McConnellは、このモデルによってViatorが知識豊富な消費者からの信頼を失う可能性があると考えている。

「最終的には、Tripadvisor / Viatorは、消費者、特に旅行の消費者がデジタル分析に非常に精通しているため、このアプローチを使用する上で最大の敗者になる可能性がある」と彼女は言う。 Christian WattsMagpie Travelの創設者兼最高経営責任者(CEO、「この戦略は消費者の選択のためには“何も”ならないない」と言う。 一方、ランキングのトップに立つために一生懸命働いた小規模なオペレーターは、すぐにポジショニングを失う可能性がある。 アトラクションなどの限界費用が低いオペレーターとおそらくショートカットを持っている低品質のオペレーターがおそらくトップになる」とWattsは言う。

Tourism Marketing Agency創設者兼ディレクターであるChris Torresは、Viatorが他の企業と同様にパンデミックに見舞われ、収益を増やす方法を模索していることを認めながら、この動きを“恥ずべき”と呼び、“もはや存続可能ではないため、オペレーターのための多くのOTAの死”を示唆している。 「Viator Accelerateは、ボリュームに取り組む大手のオペレーターに機能して、より多くのオペレーターの序列を押し下げるだけである。 残っている唯一のオプションは、FacebookまたはGoogleを通じて自社のビジネスを売り込むことである。 しかし、これらの大規模なボリュームベースの大手オペレーターでさえ、Viatorに支払う大きなコミッションはもはや費用効果が高くないことに気づき始めるかもしれない。 現在、Google広告をより安価で実行可能なオプションと見なす人もいるかもしれない。 これまで、OTAはより安価で “簡単な”オプションであるため、Viatorはここで墓穴をほる可能性がある。 これはもうすぐ変わるかもしれない」と彼は言う。 Viatorは、Accelerateは「エンパワーメント(能力向上)を中核として構築された」と主張し、競争の激しい市場での製品の可視性に対するより多くのオプションとより多くの制御をオペレーターに提供する。  ニューオーリンズを拠点とするAirboat Adventures事業開発マネージャーであるBrittany Perrinは、「私たちはすぐに乗り込み、Viatorチームはいつものことを行い並外れたパフォーマンスを発揮した。 過去30日間でほぼ即時の成功が見られたが、その数は嘘ではない」と述べている。 Perrinによると、過去30日間の予約は、過去30日間と比較して166%増加し、競合他社より2%以上増加した。 「そしてもちろん、私たちの見解は非常に高い。 これは実際に定量化できる成功であるが、このプログラムを他に十分に推奨することはできなかった」とPerrinは言う。 それでも、Torresは、ツアーやアクティビティの分野のその他の中で懐疑的なままである。 「この動きは、ツアーや活動の中で重要で否定的な動きであり、金持ちはより豊かになり、貧しい人々はより貧しくなるという滑りやすい坂の始まりだと思う」と言う。(10/22 https://bit.ly/30XoNy5 )

 

22. 1025日の週の資金調達記事

·        宿泊施設プロバイダ Zeus Living

宿泊施設プロバイダーZeus Living、それが使いやすさと柔軟性を約束するハウジングのカテゴリ“Flexliving”をサポートするために$ 55万ドルを調達している。 SIGは、Initialized CapitalCEASTI PlatformNFXOpendoorEric WuMirasの参加を得て、シリーズCラウンドを主導した。 特に注目すべきは、Airbnbが、COVID-19がリモートワークにスポットライトを当てる前に、201912月にZeus Livingの最後の資金調達ラウンドに5,500万ドルで参加したことである。 2015年に設立されたZeus Livingは、米国の96都市で最低30日間の長期滞在型住宅を提供している。 当初はビジネス旅行者を対象としていたが、現在、このプラットフォームは、賃貸契約を結ぶことなく住宅を探している人に家具付きの宿泊施設を提供している。 同社によれば、Zeus Living2021年に87%の稼働率に達し、2020年の82%、2019年の84%から上昇して過去最高を記録した。 住民はZeus140万泊以上を過ごし、そのうち811,562泊がパンデミックの最中だった。 サンフランシスコに本拠を置く同社は、平均129泊の滞在で、事前に決められた終了日なしで賃貸を予約する居住者が6倍に増加し、その居住者の25%が今後12ヶ月間で家具付き住宅に10ヶ月以上滞在する予定であると述べている。 Zeusプラットフォームの厳選された住宅の場合、パートナーの更新率は97%であると同社は述べている。 Zeusのプラットフォームには合計5,000の厳選された家がある。 Zeusはこの資金提供により、一戸建て所有者、集合住宅所有者、開発者などの所有者パートナーシップを拡大し、住宅ポートフォリオを拡大するとともに、高品質で、居住者、所有者、およびオペレーターのために国際的に設計されたオンラインプロダクトに投資する。

また、Zeusを“単なるプロパティではなく、居住者に合わせてカスタマイズおよび適応された生活を送る方法”として位置付けるために、厳選された一連のサービスを統合する。 「パンデミックは賃貸市場の新時代の到来を告げた。 そこでは、リモートワークによって人々が住む場所の柔軟性が高まり、テクノロジーによって住宅所有者が簡単にプロパティを借りることができるようになった。 [Zeus CEO Kulveer Taggar]Zeusチームは、今日の賃借人が本当に欲しいもの、つまり使いやすさと柔軟性、適正価格、美しいデザインを提供できる独自の立場にある」と、Initialized Capital創設者兼管理者のGarry Tanは述べる。(10/18 https://bit.ly/3DWZmLd )

 

·        ツアーとアクティビティの Rezdy

ツアーとアクティビティを予約するテクノロジースペシャリストのRezdyが、560万ドルの新たな資金を調達した。 投資は既存の投資家であるBailador Technology Investmentsが主導し、既存の株主も参加している。 新たな資金は、オーストラリアを拠点とするRezdyの成長、特に北米での成長、および製品とエンジニアリングへの投資に向けられる。 声明によると、Rezdyは“オーストラリアと北米市場に牽引されて、記録的な収益実績を再び見ている”。 Rezdyは、今回の資金調達の前に、北米でのプレゼンスを拡大するために2018年初頭に300万ドルを調達している。(10/19 https://bit.ly/3aUd2dl )

 

·        都市モビリティ HT Aero

中国の電気自動車メーカーXPengが支援するアーバンエアモビリティ(UAM)企業であるHT Aeroが 5億ドルを調達した。 IDG Capital5Y CapitalXPeng Inc.は、Sequoia ChinaEastern Bell CapitalGGV CapitalGL VenturesYunfeng Capitalの参加を得て、シリーズAラウンド(アジアの低高度空飛ぶ乗り物セクターでこれまでで最大のシングルトランシェ資金調達)を主導した。

HT Aeroの創設者兼社長であるDeli Zhaoは、この資金で、HT Aeroは研究開発に投資し、人材を雇用し、「耐空性と認証を取得し続ける」と述べている。 HT Aeroはまた、2024年に、空飛ぶ乗り物と自動車を完全に統合した、空と地上輸送に使える次世代の自動車モデルを正式に展開することを計画している。

HT Aeroは、ビジネスセクター向けのサービスを対象とする多くのeVTOL(電気垂直離着陸)企業と比較して、個人消費者向けの “3次元、スマート、持続可能な” UAMソリューションの開発に重点を置いていると述べている。

IDG CapitalのパートナーであるGuangfu Cuiは「HTAeroの実証済みの技術と洗練されたRD機能に深く根ざしたものは、空飛ぶ車の工業化を促進するのに役立つ。 私たちは、空飛ぶ乗り物セクターが1兆ドルの市場になると信じている。 バッテリー、自動運転、材料科学の急速な技術進化は、空飛ぶ車の新しいパラダイムを作成するために必要な相乗効果を提供する」と述べている。

Accentureの旅行業界グループのマネージングディレクターであるScott Davidsonによると、UAMテクノロジーの進歩は、航空から宿泊施設、クルーズまで、旅行業界のあらゆる分野に影響を与えるだろう。

UAMの破壊的な可能性は、旅行会社がその影響について考える余裕などがないようなものである。 結局のところ、すべては、UAMが離陸するかどうかではなく、いつ離陸するかという問題であるという事実を示している。 旅行会社は、それが起こる前に、リスクと機会に完全に取り込む必要がある」と、Davidsonは今週初めにPhocusWireに書いている。 エアタクシー業界での最近の活動には、ブラジルの航空会社Azul8月にドイツのeVTOLスタートアップLilium10億ドルの商業的および戦略的提携に署名し、20201月にJoby Aviationがトヨタ自動車株式会社主導の59,000万ドルの大規模投資受けた。 また、日本航空は航空機リース会社のAvolonと提携し、eVTOLライドシェアリング事業を日本に導入した。 この航空会社は、パートナーシップを通じて50機のeVTOL航空機を購入またはリースする権利と、さらに50機のオプションを持っている。(10/20 https://bit.ly/30LHjt3 )

 

·        ホームレンタル Wander

住宅賃貸プラットフォームWanderは、700万ドルの資金でローンチした。

このスタートアップは、タホ湖やバンドンデューンズなど、全米で所有するプロパティの初期ポートフォリオを立ち上げている。 投資はRedpoint Venturesが主導し、調達した資金は、プラットフォームの開発と住宅数の拡大に向けられる。 創設者のJohn Andrew Entwistle は、Wanderのブログ投稿で、家(homes)から予約、スマートホームテクノロジーに至るまで、エンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンス全体を所有することがWanderのモデルだと言っている。

彼は、パンデミックが人々の世界体験の仕方を変えたと信じているが、「それを探索するためのインフラストラクチャは、この新しい現実に追いついていない」と述べる。 Entwistleは、コロラドの客室の残念な旅行が彼を “仕事と遊びの間をシームレスに移行できるまったく新しい種類の旅行体験” としてWanderを立ち上げることに拍車をかけたと付け加えている。

多くの人が、パンデミックによってビジネスとレジャーの境界線がさらに曖昧になり、従業員はどこからでも仕事ができる環境を求めていると考えている。

さらに、都市から離れてより田舎のオープンスペースに入る傾向が、この地域の新興企業への関心を高めている。RVShareHarvest HostsRVesyなどの企業は、パンデミックの際に多額の資金を調達した。(10/21 https://bit.ly/3vB2Lwj )

 

·        ペットOKの Trusted Housesitters

Rockpool Investmentは、自分のペットや家の世話をしてくれる遊牧民を見つける旅行者のためのプラットフォームTrusted Housesitters$1,000万シリーズAのラウンドをリードしている。 シリーズAラウンドは、2010年に英国で創立されて以来、同社にとって最初の主要な財政的支援となる。 この投資は、特にカリフォルニアに拠点を置く旅行者を対象に、米国でのビジネスを拡大するために使用される。 Trusted Housesittersは、ペットを預ける計画を持つ旅行者を、宿泊施設と動物の両方を見てくれる他の旅行者に接続することで機能する。 この事業は世界130か国で活動しており、2019年の2倍の収益を上げていると主張している。 米国だけでも、ペットの世話や散歩のサービスに年間約80億ドルが費やされており、パンデミックの際に住宅所有者による新しいペットの数が増加した後、この数字は今後数年間で増加する可能性がある。

(10/22 https://bit.ly/3m1vhDX )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ