海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 1011日号 NEW

 

AirAsiaマレーシアが、大人の搭乗旅客にワクチン接種を求めている(「14. エアアジア、アプリでワクチン接種チェックイン」)。 ニュージーランド航空、カンタス航空、エアカナダも、同様の搭乗制限を計画しているという。

ワクチン接種を嫌っている旅客には、3日以内のPCR検査陰性証明により搭乗を許可するのだろうか?

これは、DISCRIMINATIONにも繋がりかねない難しい問題だ。 AirAsiaは、感染予防に加え同社の従業員を保護するためでもあると言っている。 AirAsia Groupのマレーシアの航空会社だけに限ってこの規則を導入しているところにこの難しさがあるのではないか・・・。

 

搭乗制限の話に加え、この記事から強く印象に残ったのは、コロナパンデミックがトラベルテックを急速に加速させていると言う点である。 AirAsiaは、ワクチン接種証明に加え、同社のスーパーアプリを介してチェックインすることを乗客に要求している。 どこでもかしこでも非接触テクノロジーの導入が急ピッチで進んでいる。

 

人と人との繋がりを基本とする観光に携わる企業が、実際のオペレーションで、

それと矛盾するとも考えられる非接触技術をセッセと導入している。 そしてCOVID感染対策とオペレーションの効率化に励んでいる。 AirAsiaのオンラインチェックインのように、空港旅客部門の無人化がますます進むだろう。 旅行会社のリアルのB&M販売店が無くなって行くように・・・。 新しいテクノロジーが仕事に取って代わってしまい、人間性溢れる“おもてなし” ができなくなってしまったならば、観光業は大変なことになってしまう。

 

19. デジタルファースト、ホスピタリティ人手不足へ対応」は、『2020に展開されたタッチレスのデジタル機能は、当初は安全性と社会的距離の対策に対応していたが、予期しない結果をもたらした。 それは、今日の消費者とより緊密に連携する、より優れたゲストエクスペリエンスと利便性である。 パンデミックは、インターネット以来、私たちの業界で最大のイノベーションの章になる』と言って、そのような懸念を吹っ飛ばす。 観光業に従事する企業は、このトラベルテック主導のニューノーマルに対応したビジネスモデルの構築を迫られている。

 

この他、「12. エアビー、エクスペリエンスへの限定的進出が貢献」が、Airbnb Experiencesは、ツアーやアクティビティ業界にはるかに大きな影響を与えた(ている)と言っている。 地元のホストたちが、熟知している地元のエクスペリエンスを自ら案内するのだから当たり前じゃないか。 これこそが、人のつながりのホスピタリティだと思う。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) Trainline、全列車チケットGoogle Mapsに統合

  (TJ) = トラベルジャーナル118日号参照ください

2. 期待される旅行と予約される旅行 ― 現時点の現実

3. Outdoorsy、グーグルクラウドで顧客獲得

4. VIDEO:新人CuddlyNestの事業規模拡大

5. ホテル2021年第4四半期、増収に懸命                       閲覧第1位

6. サイトマインダー、提携者プラグインでホテルダイレクト向上

7. パンデミック、旅行ロイヤルティプログラムには影響せず

8. グローバルOTA、マーケティングMIXで業績回復      閲覧第3

9. 航空会社と旅行会社のための仮想インターライン

10. 休暇旅行再開、マーケターの心得

11. グーグル、航空便検索に排ガスデータ追加

12. エアビー、エクスペリエンスへの限定的進出が貢献      閲覧第4

13. Hotel Engine、短期レンタルプロバイダSonder在庫販売

14. エアアジア、アプリでワクチン接種チェックイン

15. VIDEO:代替宿泊施設における全てで変化                   閲覧第2

16. WATCH:旅行回復、デジタル旅行増収

17. 社説:エアビーの全て成すことが主流となる

18. VIDEORV、代替宿泊施設のニッチな機会

19. デジタルファースト、ホスピタリティ人手不足へ対応

20. 104日の週の資金調達記事

 

 

2. 期待される旅行と予約される旅行 ― 現時点の現実

Phocuswrightの米国旅行市場レポート2020-2024は、旅行が再開されると、国内のレジャー旅行が最初に回復すると予測した。 消費者はこの予測を実証し、旅行者は2021年に大きな期待を寄せている。 Phocuswrightの最新の旅行調査レポート「米国の旅行者の行動:前進するためのマストハブ」によると、5人に3人はすでに国内旅行を計画しており、5人に1人は海外旅行を計画している。 しかし特に年配の旅行者など不確実性が続く中、4分の1は未定のままである。

期待対予約 Expected vs. booked

旅行者は、パンデミック前の時期と比較して、飛行に躊躇していることを示しているが、5人に2人以上が、2021年に飛行機で旅行することを期待している(下の図を参照)。 鉄道で旅行する旅行者の割合はパンデミック前のレベルに戻ると予想され、31%は自家用車で旅行する予定だ。

多くの旅行者がホテルを避け、代わりに個人的なスペースをより細かく制御し、他の人との接触を最小限に抑えた宿泊施設を求めたため、2020年に住宅やアパートの民間賃貸が後押しされた。 ホテルに戻る快適さは2021年に高まり、5人に3人以上の旅行者がホテル滞在の予約を計画している。 旅行者からのすべての前向きなシグナルにもかかわらず、10人に1人以上が彼らの旅行が何を伴うのかまだはっきりしていない。 世界がパンデミックを乗り越え続ける中、レジャー旅行は依然として複数の旅行者に求められ、高く評価されている。 旅行者は、さまざまな安全プロトコルとレクリエーションの制限を評価しながら、ケースバイケースで旅行の選択肢と実現可能性を検討している。 全体として、年齢層は旅行者の旅行方法で重要な役割を果たしており、高齢者は若い人よりも注意を払い、より高い基準を要求している。 一般的に、近い将来、より個別化された旅行が優先され、高い自己裁量が持続する。(10/4 https://bit.ly/3ixCZDz )

 

3. Outdoorsy、グーグルクラウドで顧客獲得

OutdoorsyGoogle Cloudと提携して、より多くの顧客を獲得し、グローバルの拡大を模索している。 このキャンピングカーとアウトドア旅行のプラットフォームは、キャンセルが急増した初期のパンデミックの経験に基づいて構築されており、わずか数か月後に記録的な予約を達成した。

米国を拠点とするOutdoorsyの共同創設者であるRyan Quinnは、「クラウドへの移行を以前の予想よりも早く行うことで、迅速なスケールアップを支援することを決定した。 パンデミックが始まったとき、キャンセル率は急上昇し、ウェブトラフィックは私たちのハイシーズン中に急落した。 これまでで最大のハイシーズンに向けて準備が整っていた状況から、現場で交通がない状態にすぐに移行した。 それから政府は人々に外に出るように勧め、そしてRVは車を借りてあなたの家族を訪ねる唯一の方法になった。 その時点から4,500%の成長を遂げた。 これらの数字は、マーケティング側からは本当に素晴らしいが、エンジニアリング側からは恐ろしい数字である」と述べている。

Outdoorsyは、プラットフォーム上でテクノロジーをホストするために使用されるGoogle Kuberneke Engineeringを含む多くのGoogle Cloud機能を活用している。 Quinnによると、同社は人工知能と機械学習機能も使用して、初めての賃貸人が最適な目的地オプションを見つけ、価格を設定できるようにしている。 「過去1年間のトラフィックの約90%は、経験がなく、どこに行けばよいかわからない初めての新規賃貸人である」と彼は言う。

Google Cloudの北米担当副社長であるJanet Kennedyは、「これは、Google Cloudが組織をどのように支援できるかを示す完璧な例である。 私たちは皆特別な瞬間を経験し、人々は旅行計画を完全に変えた」と述べている。 彼女は、このテクノロジーにより、企業は迅速にスケールアップおよびスケールダウンできると付け加える。 クラウドの移行について話し合うのは、AmadeusExpediaSabreなどの大量のトランザクションを持つ大企業であることがよくあるが、Kennedyは、クラウドのエンジニアリングおよび技術機能もスタートアップに必要であると述べる。Outdoorsyは、6月下旬に、拡張のための12,000万ドルのエクイティおよびデットファイナンスと、旅行者およびRV所有者向けのRoamly保険商品を発表した。(10/4 https://bit.ly/3oFDAXE )

 

4. VIDEO:新人CuddlyNestの事業規模拡大

世界的パンデミックが旅行、観光、ホスピタリティセクターの隅々にまで及ぶ前でさえ、2020年のバケーションレンタルのスタートアップとしては単純な航海ではなかった。 業界の巨人(ExpediaVrboAirbnbBooking.com)はすべて、活気に満ちた代替宿泊施設市場で注目を集めており競争は厳しかった。

しかし、COVID-19の結果として生じた混乱を投げ込むと、顧客数が急減したため、戦略を維持するには勇敢な魂が必要になる。 バケーションレンタルやその他の宿泊施設のプラットフォームであるCuddlyNestが前進している。

サービス、差別化された製品、および顧客を正面玄関から導くその他の方法に重点を置いて、市場で現金が豊富な大手企業の実行可能な代替手段としての地位を確立することを余儀なくされている。 同社の最高執行責任者であるRitesh Rajは、最近のPhocusWire PulseRentals On The Riseオンラインイベントで、PhocusWireKevin Mayと話をした。 完全なインタビューはhttps://bit.ly/2Yl09pq に含まれている。(10/4 https://bit.ly/3lgG9xD )

 

5. ホテル2021年第4四半期、増収に懸命

"明日の百より今日の五十この賢明なことわざは、正当な理由で時の試練に耐えてきた。 それは、より高い価値があるがよりリスクの高いものを追いかけるのではなく、彼らがすでに持っているものを評価するように私たちの間で貪欲に警告する。 ホテルの客室需要が衰退し、交絡パターンで流れているため、ホテルのマーケターの間では慎重で、それほど慎重ではないものでさえ、この1年半を通してこの声明に耳を傾けている可能性がある。 過去の予測可能な旅行行動はもはやなくなり、ホテルのマーケターは、将来何かが悪化した場合に備えて、短期的に予約を引き付ける習慣を身に付けている。 その結果、従来の収益管理戦略は傍に追いやられている。

間際予約の新しいパターン

The new pattern of last-minute booking

旅行計画の古いパターンはなくなったが、いくつかの新しいパターンが出現している。 パンデミックの大部分を通じて一定しているそのようなパターンの1つは、直前予約への傾向である。 去年のホリデーシーズン、春休み、今年の夏は、すべて健全な間際市場を示した。 私は賭けをするような人ではないが、来たるホリデーシーズンには間際で予約をする人がたくさんいると確信している。 その理由はいくつか存在する。

l  人々はこの休日をどうするかを決めるのに時間がかかっている。 年配の人々は再び用心深くなり、ワクチン接種を受けていない若い人々から離れたいと思うかもしれない。 家族は何か大きなことを計画したいと思うかもしれないが、規則や制限が開かれるかどうかを見たいと思うかもしれない。 そして他の旅行者は、その間のほぼすべての他のシナリオに適合する。

l  子供は12月までに予防接種を受けることができる。 10月までに5歳、11月または12月にはさらに若い子供たちが摂取を開始するという噂がいくつかあるが、これにより他の方法では旅行をためらっていた家族からの予約が急増する可能性がある。

l  人々は間際の取引に慣れてきている。 一般的な収益管理の慣行がなければ、人々は旅行を計画する数週間または数日前に、良いホテルのお得な情報を見つけることができる。

私たち全員が再び「wait and see」ゲームに参加しているため、マーケターが制御できない多くの要因がある。 しかし、特に最後のポイントは、ホテルのマーケターがゲームを続け、このホリデーシーズンにいくつかの価格設定を行うことがいかに重要であるかを示している。 そうしないと、ホテルは旅行者に後で予約するように誤って訓練し、健康的な旅行期間中にうまく機能していた古いパターンを破壊させる。

少し貪欲になる時間

Time to be a little greedy

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなどの大打撃を受けた米国の都市でも、レジャー旅行者の間でホテルの予約が増え始めている。 もちろん、これはホテルにとって朗報だが、短期的な機会に集中しすぎないことが重要である。

ホテルのマーケターが今価格を低く抑えていると、間際の急増が始まる前に、部屋が低価格のブッカーでいっぱいになるリスクがある。 需要が増加し始めるときに価格を値上げする少々貪欲なマーケターは、その間際の波が定着するにつれて、11月と12月に報酬を獲得する可能性がある。 ニューヨーク市の高級ホテルを例にとれば、厳しい18か月後、スタッフのほぼ全員が、稼働率が50%から60%以上に上昇するのを見るのはエキサイティングである。 それらの初期の予約者をつかむために価格を低く保つことは魅力的である。 ただしそこでは、利用可能な部屋あたりの収益(RevPAR)を最大化するという最終的な目標は無視されている。 対照的に、通りの向かいにあるホテルがRevPARに重点を置いていると想像してみて欲しい。 彼らは、需要を利用するために到着日に近づくにつれて価格をより積極的に引き上げ、より多くを支払うことをいとわない間際の予約者を待っていたため、はるかに高いリターンを見るだろう。

旅行者は使うお金がある

Travelers have money to spend

パンデミック全体で見られた間際のパターンに加えて、このホリデーシーズンにサイコロを少し転がして快適に感じるもう1つの理由がある。 人々は遊ぶお金があり、彼らはそれをより高い価格のホテルに費やしている。 たとえば、初心者の旅行者(年に4回以下の旅行者)は、これまでよりもホテルの部屋や高級ブランドに1泊あたり400ドル以上を費やす可能性がはるかに高いことが分かった。 このグループも掘り出し物ではない。 彼らは行きたい場所に行きたいときに旅行に費やしている。 そして、これらの目的地はパンデミックの初期にハワイ、ラスベガス、オーランド、マイアミに向かう傾向があったが、大都市や他のより一般的な目的地がリストに戻ってきている。

それほど危険ではない賭け

A not-so-risky bet

予約が元に戻るのを長い間待った後、価格を上げて初期のプランナーを遠ざける収益管理戦略を実装するのは愚かだと感じるかもしれない。 しかし、出現したパターンと2021年に起こった実際の支出は、価格を待って引き上げることが賢明な策であることを示している。 ホテルのブランドも、トンネルの終わりで光が近づいていることを覚えておく必要がある。 2022年に旅行が復活する。 人々が低価格に慣れすぎると、市場全体に悪影響を与える可能性がある。 この休暇への参加にいくつかの障壁を作ることは、来年復活させるより通常の旅行マーケティング戦略への良い架け橋になる可能性がある。

著者:Carolyn Cordaは、Adaraの最高マーケティング責任者。

(10/4 https://bit.ly/2YtPjhk )

 

6. サイトマインダー、提携者プラグインでホテルダイレクト向上

SiteMinderは、デジタルマーケティングパートナーシップを通じて、ホテルの顧客向けの直接予約オプションを強化している。 オーストラリアを拠点とする同社は、予約エンジンにプラグインアプリを追加しており、顧客にさまざまなマーケティングパートナーを提供している。 SojernHiJiffyLaasieThe Hotels Networkなどのパートナーからのアプリケーションは、デジタルマーケティング、チャットボット、ロイヤルティ、ホテルへのアップセル機能を開く。

SiteMinderによると、予約エンジンの拡張により、ホテルは独自のテクノロジースタックを構築して、より直接的な予約を引き付けることができる。 同社によれば、パートナーシップは、2019年の同時期と比較して2021年上半期にSiteMinderのプラットフォームでの直接予約が33%増加した。

ホテル予約に対する旅行者の感情に関するSiteMinderからの最近のレポートによると、平均39%が2020年の36%をわずかに上回り、次の旅行のために宿泊施設プロバイダーに直接予約すると考えている。 SiteMinderのチーフプロダクトオフィサーであるInga Lathamは「プラグインアプリを通じて、ホテルは、高収益を提供し、ゲストの期待に応え、予約のすべての段階で摩擦を最小限に抑え、効率をもたらす最も関連性の高いテクノロジーソリューションを使用できるようになった。 彼らの既存のシステムとどのように統合するかを心配する必要はない」と語る。 同社は先月、7,400万ドルの新規資金調達を発表し、それを新規株式公開ラウンドとして位置付けた。(10/5 https://bit.ly/3uKpgOD )

 

7. パンデミック、旅行ロイヤルティプログラムには影響せず

新しい調査によると、消費者の4分の3は、COVID-19危機が旅行ブランドへのロイヤルティに影響を与えていないと主張している。 ValuePenguinのレポートによると、旅行者の14%がお気に入りのブランドにロイヤルになり、11%だけが反対のことを主張している。 現在、米国の消費者の4人に1人は旅行関連の特典プログラムに参加しており、レジャー旅行者の63%に対して、ビジネス旅行者の78%がパッケージのメンバーである。 消費者の4分の1は航空会社とホテルのプログラムのメンバーであり、わずか10%がレンタカーのブランドフロントのスキーム(rental brand-fronted scheme)に属している。 当然のことながら、プログラムに参加している旅行者の4人に3人は報酬を獲得するためにそうしており、50%は特別割引やセールへのアクセスを求めており、3分の1は会員限定のアメニティを求めている。 ValuePenguinSophia Mendelは、「パンデミックの間、多くの旅行ロイヤルティプログラムは、世界的な状況に適応し、旅行者がメンバーシップを維持することを奨励するために変更を加えた。 これらの変更には、ポイントの有効期限の延長、年会費とフライト変更料金の免除が含まれていた。 旅行が再びテーブルに戻った今、人々は、希望する航空会社やホテルのロイヤルティプログラムでポイントとマイルを燃やすことができてうれしい」と述べている。 調査では、特定のパッケージに対するロイヤルティにもかかわらず、旅行者はそれぞれのプログラムからより多くのものを求めていることが分かった。 たとえば、ほぼ半数(44%)が、1ドルの支出あたりより多くの報酬を得たいと考えており、例えば41%がサービスのアップグレードをさらに要求している。 約40%が、自分たちのプログラムはもっと特別な料金や特典を提供するべきだと感じている。 そして37%は、獲得した報酬を引き換える機会を増やしたいと考えている。(10/5 https://bit.ly/3uLKETR )

 

8. グローバルOTA、マーケティングMIXで業績回復

夏に旅行の回復が続く中、大手オンライン旅行大手は、第2四半期以降の勢いを利用し、業績を改善するためにマーケティング投資を精査した。 Booking HoldingsExpedia GroupAirbnbは、既存の顧客ベースの観点からすでに持っているものに目を向け、新しい旅行者を呼び込むために、マーケティング費用を慎重に他の場所にも投入し続けた。 これにより、Booking.comExpediaの慎重なパフォーマンスマーケティングへの投資と、新しいチャネルやキャンペーンを介したいくつかの実験が組み合わされた。 Airbnbは、伝統的にパフォーマンスマーケティングよりもPRと口コミに依存しており、大量の直接トラフィックを獲得しているが、今年2月に立ち上げた5年ぶりのマーケティングキャンペーンの効果が依然として継続している。 Airbnbは今年の初めにそのブランドについて喧伝していたが、Booking.comExpediaが第2四半期にそれを引き継いだようである。 Booking Holdings2021年第1四半期の46,100万ドルから、2四半期のマーケティング費用を2倍以上の98,800万ドルに増やした。 しかし2019年と比較して、このマーケティング費用は29%減少した。 これは、予約がより直接的なビジネスと有料チャネルへの投資収益率の向上に起因するものである。 投資が増加しているにもかかわらず、同社は引き続きGeniusロイヤルティプログラムの価値を高め、トラフィックの増加とブランド認知度の向上を目指して、デジタルやソーシャルなどの他のチャネルをテストしていると述べている。 また、4月に米国で、5月に英国で開始された「Back To Travel」イニシアチブと同様のキャンペーンを活用し、将来の滞在に旅行クレジットを提供する計画を再び発表している。 一方、Expediaは、第2四半期の予約数の増加に伴い、「積極的にマーケティングを推進した」と述べている。 その2四半期の収益レポートによると、この期間の調整後の販売およびマーケティング費用はほぼ12億ドルで、前年比で320% 増加した。 同社は、「ブランド認知度を高め、ブランドマーケティングにさらに力を入れ、顧客との長期的な関係を構築するという長期目標」の獲得について語り、パフォーマンスマーケティングは依然として不安定であると付け加えた。 その戦略の一環として、Expedia Groupは、5月にブランドの社長として加わったJon GieselmanAppleから任命したことを発表した。 Expedia Groupは、第3四半期を見据えて、パンデミック前のマーケティング支出のギャップをさらに埋めると考えているが、2019年の対応する期間に経験したのと同じレベルをはるかに下回っている。

キーワードの前のブランド

Brand before keywords

Booking.comExpediaがブランドについて話し合っているとき、Airbnbは第2四半期に拡大した「Made Possible By Hosts」キャンペーンの成功を引き続き享受した。 同社は、その結果として生じるトラフィック、新しいブッカー、および “ブランドの好感度” に勇気づけられたと述べた。 Airbnbの第2四半期の売上およびマーケティング投資は、2四半期の収益レポートによると、前年比175%増の31,500万ドルであった。 Airbnbの焦点は、潜在的な新しいホストの注目を集めることだけでなく、プラットフォームでの検索とホストのサインアップに関するテクノロジーの強化にもある。 同社は、5月末に向けて「これまでで最も包括的なアップデート」を発表し、100を超えるイノベーションとアップデートを宣伝した。 Airbnbは、予約者とホストの心や思いの掌握と、在庫をめぐる戦況を有利に展開するため、オンライン旅行のライバルたちと真正面からの戦いに取り組む必要がある。 ExpediaVrboは、先月、数千人がすでに参加していると主張するホスト向けのFastStartプログラムを拡張している。 米国を拠点とするオンライン旅行の巨人たちが再び国際的にマーケティング戦略を変更し始めたとき、Trip.com Groupは国内の機会に焦点を合わせ続けた。 同社の収益レポートによると、2四半期の調整後の販売およびマーケティング費用を需要の増加に合わせて、前年比112%増の21,700万ドルに増やした。 投資は2019年の同時期より34%低いままであった。

(10/5 https://bit.ly/3AhBmA5 )

 

9. 航空会社と旅行会社のための仮想インターライン

完全に接続された世界では、複数の航空会社間の接続を含む航空会社の旅程を作成して販売するのは簡単である。 たとえそれらがインターラインまたはコードシェア契約を結んでいない場合でもである。 もちろん、現実はそれほど単純ではない。 ただし、航空会社やオンライン旅行代理店(OTA)は、仮想インターライン(VI)を通じて、さまざまな旅程を販売する機会を見つけている。 これは、一部の業界オブザーバーによると、成長傾向にあるとのことである。

キャリア統合とVIプラットフォームを専門とする旅行テクノロジー企業TripStackCEO Gabor Tothは、「この市場機会は重要であり、成長を続けている」と述べる。 Tothは、格安航空会社(LCC)は、VIが提供できる機会に特に惹かれていると言う。 「TripStackは、VIが将来販売されるすべてのフライト予約の1215パーセントを占める可能性があると予測している。 これは、COVID以前の47億人の年間乗客に基づいて、年間5億人以上の乗客を表している」と彼は付け加える。 技術の進歩とLCCの成長は、VIの需要を刺激するのに役立っている。 The Future of Interlineと呼ばれる2019年のレポートで、国際航空運送協会はVIを「新しい」概念として特定したが、「新しいフレームワークでは、すべてのタッチポイントにおける顧客の責任が、インターラインパートナー間で明確に合意されるようにする必要がある。 そしてこれを顧客に明確に伝えることができなければいけない」と警告する。

実際、新しいビジネスコンセプトの成長には、サプライヤと消費者の両方の側で調整が必要だ。 VIは、パンデミック時代の課題から回復するための戦略を模索している航空会社やOTAからより多くの注目を集めているため、これは今ではさらに必要になる可能性がある。 Tothによると、そのため、仮想インターライン(VI)ソリューションは、収益の拡大を目指す航空会社やオンライン旅行代理店(OTA)にとってますます魅力的になっている。仮想インターラインの魅力は、航空会社、旅行小売業者、旅行者に同時に利益をもたらす能力にある。 「消費者は仮想インターライン運賃の最大の恩恵を受けている。 簡単に言えば、彼らはより多くのオプション、より安い航空会社の旅程を手に入れ、私たちの世界クラスのVI保証によってサポートされている」と彼は言う。  一方、航空会社や旅行小売業者は、販売可能なフライトコンテンツの範囲を拡大することで利益を上げている。

航空会社の利点

The airline advantage

Tothによると、仮想インターラインは航空会社に「仮想ネットワーク」を作成する機能を提供し、より幅広い顧客ベースにアピールするためにその提供を拡大する。 航空会社の場合、VIは、他の方法では獲得できなかった可能性のある顧客にサービスを提供するためのさらなる機会を提供する。 「VIの旅程は、KayakSkyscannerなどのさまざまな旅行小売サイトやメタ検索エンジンですでに表示されているが、TripStackは、航空会社との協力が進んでおり、航空会社のWebサイトにもVI運賃を表示するようになっている。 TripStackのような技術プロバイダーは、フライトの在庫を他の選択されたパートナー航空会社または鉄道やバスを含む他の輸送モードと組み合わせることにより、航空会社がWebサイトのトラフィックを収益化するのを支援できる。 航空会社が自分のサイトにVIの旅程を簡単にリストできるようにすることは、トラフィックの多いWebサイト用に設計された、カスタマイズ可能なB2Cプラットフォームを航空会社に提供するTripStackのセルフコネクトソリューションの目標だ。 TripStackセルフコネクト[サービス]は、インターライン契約を結ばずに追加の目的地を提供することで、航空会社のリーチを拡大する簡単な方法を提供する。 プラットフォームは高度にカスタマイズ可能であり、航空会社は、ルート、航空会社のパートナー、最小/最大接続時間など、ソリューションを完全に調整できる。 最良の部分は、航空会社のゼロドルの所有コストである。 すべてのコストをカバーし、また、我々が各予約で獲得した収益の一部を航空会社に提供する。 航空会社は、ゼロコストでより多くの予約と新しい収益ストリームを取得する」とTothは説明する。 TripStackはまた、航空会社が追加のアンシラリー収入を生み出す機会を容易に拡大できるようにすることも目的としている。 ブランド運賃、座席選択、手荷物選択などのサービスに加えて、手荷物紛失保護、旅行保険、延長キャンセル保護なども提供できる。

旅行小売アングル

The travel retail angle

航空券の売り上げは急増し、2020年の同時期と比較して20216月、7月、8月に327%以上急増したとAirlines Reporting Corporationは述べている。 しかし、さらに振り返ってみると、オンライン旅行小売業者のフライト販売は何年にもわたって減少している。 Tothによれば、VIはその衰退を改善するための強力なツールになり得る。 オンライン旅行小売業者もVIの恩恵を受けるのに適した立場にあるとTothは言う。 「バーチャルインターラインは、過去20年間で収益と利益が減少しているセグメント つまりフライト販売 ― で追加の収益を提供するため、旅行小売業者にとって大きな変革をもたらす」と彼は言う。

「仮想インターラインにより、旅行小売業者は、ほとんどの競合他社が提供していない独自の運賃を提供し、消費者に真の価値を提供できる。 VIにより小売業者は、すべての航空路の40%以上でより多くの選択肢と低価格と、そして多くの場合、接続回数と全体的な所要時間の点で最良の接続である運賃を提供することにより、他のコンテンツプロバイダーとの差別化を図ることができる。

さらに、旅行小売業者は、より複雑な旅程を遂行するためにマークアップまたはサービス料金を請求することができるが、それでも乗客はVIなしで可能であったよりも安い航空運賃を見つけることができる。 理想的には、それはすべての関係者にとってお互いに有利なwin-winな状況となる。 旅行小売業者の中には、独自のVIコンテンツを作成しようとするものもいるが、複雑さを理解してパートナーを探し、VIパートナーを決定する前によく調査をするものもある。

これは、企業ごとに運営方法が異なり、仮想インターラインがまだ比較的新しい概念であるためだ。 VI製品が提供しなければならない特定の機能についての決まった規則や期待は存在しなのだ。 TripStackは、VIの場合と同様に、独自の違いを強調している。 「TripStackとその競合他社との主な違いは、VIの旅程が旅行小売クライアントによってどのように予約されるかである」とTothは言う。 「私たちはマークアップを追加しない。 可能な限り低い運賃を提供することを信じており、各小売業者は関連するマージンを追加できる。 私たちは透明性を最大化し、顧客の手に力を与えることを目指すテクノロジー企業である。

TripStackは、多数のコンテンツソースからのフライトの評価に基づいて、VI運賃を作成する。 旅程は、構成可能な接続時間や航空会社のパートナーなど、顧客の好みに基づいて作成される。 その後、予約プロセス中に、小売業者は独自の契約と全体的な価格設定を活用して作成された予約の各部分の場所を選択できる。 この違いにより、旅行小売パートナーは収益を最大化し、顧客と予約プロセスの所有権を維持できる」とTothは言う。

テクノロジーの活用

Leveraging technology

サプライヤが製品の作成、管理、販売の方法を洗練するために取り組んでいるため、新しいテクノロジーは仮想インターラインの進化において重要な役割を果たし続けている。 「TripStackVI運賃を提供した最初の旅行テクノロジー企業の1つであり、新機能、より多くのカスタマイズ、より良い、より安い運賃の構築により、製品の提供を拡大および改善し続けている」とTothは言う。 TripStackの仮想インターライン製品を使用して、同社は数十億のルートの組み合わせと価格ポイントを継続的に分析し、可能な限り低い価格で独自のフライト旅程を作成する。 「最良の航空会社の接続にアクセスするためには、グローバルな流通システム(GDS)、NDC / APIの価格は必須」とTothは言う。

「価格がないと、最良の旅程を作成することはできまない。 クライアントにとって、これは、TripStack APIを介した最良の旅程を意味する。それでも課題が存在する。 たとえば、今年Journal of Air Transport Managementに発表されたレポートでは、ヨーロッパ内のVIの調査結果が強調されており、ヨーロッパ内の非直航旅行のVIフライト旅程は従来の旅程よりも大幅に安価であることがわかった。 しかし、VIと直航便の従来の旅程を比較すると、結果はまちまちであった。 自己接続型(self-connected itineraries)の旅程の欠点の1つは、航空会社が相互に通信しないことである。 これにより、VIの旅程のいずれかの区間が中断された場合、乗客がチェックインしてある航空会社から別の航空会社への手荷物を自ら転送する責任があるため、乗客の潜在的な煩わしさが増す。

空港や機器メーカーは、リスクを最小限に抑えるのに役立つ。 たとえば、ロンドンのガトウィック空港は、2015年に独自のGatwickConnectプログラムを開始し、VIの手荷物転送サービスを提供することで、LCCと乗客の両方のプロセスを容易にした。 一方、手荷物取り扱い機器メーカーは、コードシェア便の場合と同様に、航空会社間の手荷物転送を自動化することで、VI接続のプロセスを簡素化することもできる。 VIの旅程にこのようなサービスを提供するには料金がかかる場合があるが、これによりOTAにさらに別の潜在的な収入源を提供することもできる。 旅行テクノロジー会社は、手荷物の問題や接続の失敗などの潜在的な「摩擦の原因」からOTAと旅行者を保護する上でも重要な役割を果たすことができる。たとえば、TripStackは顧客保証を提供する。

TripStackは、VIの各旅程で顧客に独自の接続保証を提供する」とTothは説明する。 「フライトのキャンセル、スケジュールの変更、接続ミス、または旅程が無効になる遅延が発生した場合、TripStackは、顧客が最終目的地にできるだけ早く到着するための有効な代替手段を確実に提供する。 税関や入国審査による遅延など、乗客の合理的な管理が及ばない状況にも対応する。 また、顧客がセルフコネクト空港で夜を過ごす必要がある場合は、私たちの利用規約に従って宿泊施設と無料の食事と飲料代の費用を提供する」とTothは言う。

グローバルリーチ

Global reach

VIコンセプトの成長は、2016年にトロントで設立されたTripStackのような企業の成長に反映されている。 2019年にeTraveli Groupを買収したことで、このブランドはグローバルなプレゼンスを拡大し続けることができた。 「2019年の買収により、TripStackの軌道は大きく変わった。 「私たちはもはや新興企業ではなく、世界最大のフライト販売業者の1つであるフライトコンテンツプロバイダーであり、eTraveli Groupが期待するレベルのサービスを提供するために、プラットフォームの品質を改善する必要があった」とTothは言う

Tothによると、この買収により世界中の多様な顧客にサービスを提供するTripStackの機能も拡張された。 「TripStackは、eTraveliグループ側で数十年にわたるソフトウェア開発を活用できる。 これには、競合他社よりも多くの点で優れている支払いのローカリゼーションが含まれる。 プラットフォームは本質的に真にグローバルであり、30以上の言語がサポートされ、40の通貨と19の支払い方法があり、LCCNDCVIの予約に関する豊富な経験を持つ24時間年中無休のカスタマーサポートがある」と彼は言う。

将来の成長

Future growth

VIは、航空業界で引き続き大きな役割を果たしている。 Tothは、より多くのマルチモーダル旅行オプションを含むように拡張すると予測する。 「パンデミックは、当面の間、航空会社の運営方法を変えた。 特定のヨーロッパ市場では、国営航空会社と国鉄航空会社(たとえば、エールフランスとSNCF)の間のコラボレーション、およびデルタとヨーロッパ国鉄の間のコラボレーションにより、優れたVIの組み合わせが提供されている。 マルチモーダルVIの未来は明るく、乗客にこれらのタイプの旅程を提供する旅行小売業者が増えている」と彼は言う。 航空会社とOTAがパンデミック後のリバウンドの戦略を立て続けているため、VIのコンセプトは、旅行者により良いサービスを提供しながら市場を拡大するためのタイムリーなソリューションを提供する態勢を整えている。 適切なアプローチにより、航空会社、旅行小売業者、および乗客は、VIが世界のより多くを効率的かつ経済的に接続する能力を拡大することを期待できる。

詳細

バーチャルインターラインは、従来は連携していなかったさまざまな航空会社からのフライトを組み合わせて、ポイントAからポイントBC経由で移動するテクノロジーである。 これらのユニークな運賃は、エンドユーザーに大幅に安い価格を提供し、パートナーにはるかに高いフライトマージンを提供する。

10/6 https://bit.ly/2WMqdcM 

 

10. 休暇旅行再開、マーケターの心得

旅行業界はパンデミック後の回復を始めているが、まったく新しい形をとっている。 旅行者の需要の変化と次のことに備える方法についての4部構成のシリーズのこの第2部を読んで欲しい。 また、シリーズの最初の部分を見逃した場合は、「次世代」の旅行者に関する728日の記事 https://bit.ly/3muj7Tc を参照ください。 ホリデープランに影響を与えるDeltaバリアントの継続的な課題にもかかわらず、2021年のホリデーシーズンに旅行する計画の継続がまだ見られている。 消費者は依然として慎重だが、業界は1年前よりも良い場所にあり、ワクチン接種率が上昇し、旅行者が封鎖から抜け出すにつれて、旅行マーケターは多くのことを楽しみにしている。 この新しい調査によると、世界中の36%の人々が現在何らかの旅行活動に参加している。 そして、20211月以来休暇を17%削減するリスクが認識されているが、彼らは旅行が安全だと感じている。 旅行のリバウンドに伴い、マーケターは需要を満たすためにスクランブリングしている。 

旅行マーケターの67%は、今年の残りの期間にマーケティング予算が中程度から大幅に増加すると予想している。 ただし、73%は旅行者のニーズを満たす上での課題を認識しており、88%は、ビジネスの一部の領域がまだ顧客の期待に応える準備ができていないと報告している。 マーケターにとっての鍵は、COVID-19とデルタバリアントが消費者の優先順位にどのように影響したかを理解する(そしてそれに対応する)ことだ。 今年の休暇旅行に期待される3つの傾向とともに、旅行者の考え方のこの変化を見てみよう。

(1). 安全性と柔軟性への継続的な焦点

    Continued focus on safety and flexibility

パンデミックとデルタバリアントの蔓延の不確実性により、予約への信頼はこれまで以上に旅行者にとって重要になっている。 「自信は、[旅行者]が最高の価格を手に入れていること、安全な滞在ができること、柔軟性がある理由でキャンセルする必要があるかどうかを知ることから生まれた」とWyndham Hotel & ResortCMO Lisa ChecchioWyndhamのゲストデータを引用して説明する。 実際、予約とキャンセルの柔軟性は、価格、取引、割引に次いで、米国とEMEAでの消費者の休暇旅行の決定に影響を与える2番目に重要な要素としてランク付けされている。 CBS Newsによると、当然のことながら、キャンセル可能なチケットを購入する消費者は33%増加している。 一方APACでは、健康と安全が最も重要な要素としての価格を上回り、米国同様に柔軟性が2番目にランクされている。 Wyndhamのデータによると、ゲストは到着前にマスクポリシー、社会的距離、清掃プロトコルを考慮に入れており、安全性への懸念が引き続き優先されることを示すあらゆる兆候がある。

(2). 家の近くにこだわる

    Sticking close to home

ワクチンのパスポート、国境の閉鎖、強制的な検疫海外旅行にはまだ制限がある。 そのため、多くの旅行者がこのホリデーシーズンに自国に滞在することを選択している可能性がある。 休暇の旅行を計画しているもののうち、国内旅行を計画している割合は次のとおり。

  • 北米では40
  • EMEA40
  • APAC55
  • ラテンアメリカでは42 

さらに、今後3か月以内に旅行を計画している人の53%は、自分の州または県内のみを旅行する予定であり、55%は、自分の州または県の外であるが自国内を旅行する予定である。

(3). 旅行を確実にすることは意味がある

    Ensuring travel is meaningful

消費者は各旅行を最大限に活用しようとしているので、友人や家族を訪ねることがこのホリデーシーズンを旅行する最大の理由になる。 地域別に分類すると、次の割合で愛する人を訪問する予定である。

  • 北米では50
  • EMEA30
  • APAC27
  • ラテンアメリカでは29

旅行者はまた、環境にやさしい選択肢を探す際に自分たちの価値観を優先している。 旅行者の72%は、企業が持続可能な旅行の選択肢を提供すべきだと考えている。 しかし、多くの旅行マーケターは準備が整っていないと感じており、42%が、自社が今年持続可能なソリューションを提供する準備ができていないと述べている。 しかし、環境に配慮したサービスを提供している人にとって、持続可能性は、家族向けの旅行体験を提供するとともに、一歩先を行くことができるユニークなセールスポイントである。

休日の準備ができて

Holiday-ready

旅行者は、1年以上延期された計画の後、再び道路、鉄道、空に行きたがっている。 業界はキープアップするのに苦労しているが、消費者の調整された優先順位に焦点を当てることは、旅行マーケターが(彼らの)期待に応えるのに役立つ。

詳細・・・

このホリデー旅行シーズンに何が期待できるかについての詳細なデータと洞察については、Think with Googlehttps://bit.ly/3Dfldgv )のこの記事をご覧ください。(10/6 https://bit.ly/3iGWnhB )

 

11. グーグル、航空便検索に排ガスデータ追加

本日より、GoogleGoogle Flightsの検索結果にほぼすべてのフライトの炭素排出量の推定値を表示する。 GoogleAlphabet CEO Sundar Pichaiによると、これは「2022年までに10億人がより持続可能な選択を行えるよう支援する」という同社の取り組みの最新のステップである。 2週間前、Googleは、旅行に関連する他の2つの気候に優しいイニシアチブを発表した。 特定の持続可能性基準を満たすホテルを検索するためのバッジの追加と、飛行機やホテルの炭素排出量の計算と表示の基準の作成を支援するTravalyst連合への参加である。 これで、ユーザーがGoogleでフライトを検索すると、特定のフライトと特定の座席の両方の排出量の推定値が表示される。 「たとえば、新しい航空機は一般に古い航空機よりも汚染が少なく、プレミアムエコノミーやファーストクラスの座席では、より多くのスペースを占有し総排出量に占める割合が大きいため、排出量が増加する」とGoogleの旅行商品副社長Richard Holdenが、このイニシアチブを発表するブログ投稿で述べている。 数値推定の下で、Googleはまた、排出量がその飛行ルートの平均排出量より多いか、少ないか、または一致しているかどうかを示す。 ユーザーは結果を並べ替えて、最も環境に配慮したフライトを一番上に表示できる。 数値推定を計算するために、Googleは、航空機の種類、移動距離、座席のレイアウトについて、欧州環境庁や航空会社やその他のプロバイダーから提供されたデータを使用する。 同社はまた、アメリカン航空やルフトハンザなどの航空会社と協力して、飛行機が飛行中に使用する燃料の量に関するデータを収集し、見積もりをより正確にするように取り組んでいると述べている。 「顧客は旅行に関して持続可能性を優先している。 私たちもそうである。 顧客に選択を通知し、透明性をサポートするという共通の目標を掲げて、Googleのチームと協力して、顧客がフライトを検索するときに表示される炭素排出量に関する情報を磨く。 このコラボレーションを継続して、これらの推定をさらに改善することを楽しみにしている。 米国は、航空の低炭素の未来を見据えて、具体的な行動と一致する野心的な持続可能性の目標を設定した。 排出量と進歩の削減に取り組む中で、旅行者はこれらのネットゼロへの道のりと、取り組みの結果を時間の経過とともに見ることができると信じている」とアメリカン航空の環境、社会、ガバナンスのマネージングディレクターであるJill Blicksteinは述べる。 ルフトハンザの企業責任担当シニアバイスプレジデントであるAnnette Mannは、「そこで、カーボンフットプリントから始めて、環境基準に関する情報を体系的に追加することで、顧客がフライトに最適な選択肢を見つけるのをサポートすることにした。 これは、Google Flightsでも確認できるようになった。 その透明性に基づいて、顧客は、Lufthansa Groupと一緒に飛行するときは、持続可能な航空燃料または高品質のオフセットを選択することで、完全にカーボンニュートラルになることができる」と述べる。 フライト検索結果への炭素排出量データの追加に関するGoogleの発表は、サステナビリティの更新に関する幅広い発表の一部である。 他の新しいイニシアチブの中でも、Google Maps製品を更新して、燃料消費量の削減を最適化する「環境に優しいルーティング」を追加している。 ルートは、道路の傾斜や渋滞などの情報と、米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所からの洞察に基づく。 到着予定時刻が類似している場合、Google Mapsのデフォルトの選択は、より少ない燃料を使用するルートになる。 それが最速のルートでもない場合、ユーザーはタップして、2つのオプション間の相対的な燃料節約と時間差を確認できる。 環境にやさしいルーティングは、現在米国で実施されており、2022年にヨーロッパで開始される。 「この機能は、来年、20万台以上の車を道路から外すのと同じ影響があると考えている」とPichaiは言う。 また、今日、Googleは自転車とスクーターの共有情報を、ベルリン、ニューヨーク、サンパウロ、台北を含む300を超える都市に拡大した。

Google Mapsでは、ユーザーは近くで利用できる自転車や、自転車を返却するための駅を見つけることができる。 この取り組みは、米国のBird and Spin、ヨーロッパのDonkey RepublicTier and Voiなどのマイクロモビリティ企業とのパートナーシップによって作成された。(10/6 https://bit.ly/2WPkOSr )

 

12. エアビー、エクスペリエンスへの限定的進出が貢献

昨年末のAirbnbIPOは、旅行業界に非常に必要なショットを与えると予想されたイベントであり、いくつかの前向きなニュースがあった。 多くの点でそうであったが、エクスペリエンス部門にとっては、意図したとおりには起こらなかった。 AirbnbS-1ファイリング、またはIPO登録届出書にはエクスペリエンスが記載されていたが、詳細な情報がなく、代わりにいくつかの少ない説明があり、このビジネスについてはほとんど触れられていなかった。Airbnb2016年後半にExperiencesを立ち上げ、旅行を変革するという大きな期待と壮大なビジョンを持っている。 その新しい「Trips」部門には、交通機関、食事、エクスペリエンスのほか、Airbnbでしか見られない珍しい体験の宿泊施設が含まれる。 もちろん、この18か月かそこらの世界的パンデミックの最中では、この小さな問題は顧みられなかったが、5年後、Airbnbは約700万のアクティブな宿泊施設のリストと、50,000を少し超える経験を持つオンライン宿泊施設市場のままである。 2020年第4四半期に予約されたエクスペリエンスは13%増加したが、Airbnbはエクスペリエンスユニットの将来の方向性についていくつかの重要な疑問に直面している。 つまり、小さくてローカルでユニークなモデルに忠実でありながら、利益を上げることができるのだろうか。 それとも、より従来型のツアーやアトラクション製品に拡張する必要があるのか? ArivalのレポートによるとAirbnb Experiencesは、Airbnb自身のビジネスよりも、ツアーやアクティビティ業界にはるかに大きな影響を与えた。

長いゲーム

The long game

Airbnbとエクスペリエンスに関する限り将来は不確実だが、これが行ったことは、代替のエクスペリエンスを主流に持ち上げた。 企業は製品の設計とマーケティングへのアプローチを再考する必要があり、これは多くの新しい旅行業界が恩恵を受け始めている所である。 ヨーロッパ全体で政府の規制が解除された後、フェリー業界は回復の兆しを見せている。 多くの点で、これとエクスペリエンスビジネスの間で直接比較されている。 特に、(フェリーの)多くが旅行者の期待と乗客数を満たすためにデジタル操作に変換している。 彼らは、他のすべてのビジネスと同様に、販売量を分析し、どこで追加の収益を上げることができるかを検討する必要がある。 新しいタッチレス発券オプションと予約プロセスにより、フェリーはツアーやアクティビティをパッケージとして含む複数の製品を販売できるようになり、ForSeaのようなオペレーターは、エクスペリエンス業界で使用されるプラットフォームと連携できるシステムを備えているため、これらを主流のオペレーションに組み込み始めている。 ホテル業界は、価格でOTAとの厳しい競争を余儀なくされており、潜在的なゲストに製品の価値を伝える機会がほとんどない。 これに対抗するために、彼らはレートではなく「価値で売る(sell on value)」ので、効果的な商品戦略が必要である。 スパパッケージと劇場のオプションはうまく機能するが、マルチチャネルキャンペーンや季節限定キャンペーンで、プロパティのWebサイトの提供の一部として、地元のエクスペリエンスを追加することで大きな収入が得られる。 この直接オンラインチャネルは、ホテル経営者が目的地のチャンピオンとしてホテルを紹介する無限の機会を提供し、ゲストはその地域が提供するすべてのものを探索することができる。 これを強力なウェブサイトマーチャンダイジングプログラムとその価値提案(value proposition)と組み合わせることで、ホテルはエクスペリエンス業界のデジタル化からも恩恵を受けている。 AirbnbS-1ファイリングは、世界全体の市場が1.4兆ドルであると主張している。この数字は、調査会社Euromonitorからの経験市場レポートに基づいている。 Airbnbはツアー、アクティビティ、アトラクションセクターの市場の一部を獲得しており、最大のサブセクターは遊覧船、美術館、遊園地などのチケット付きアトラクションである。 アトラクションは全体の46%を占めているが、Airbnbはこれらの会場のいずれのチケットを販売していない(ただしTiqetsへの6,000万ドルの投資をリードした)。 Airbnbがエクスペリエンスセクターに与える影響が大きいことは間違いない。 特に、今日の市場で新しいプラットフォームや販売チャネルと競争するために必要な衝撃を業界に与えていることは言うまでもない。 この分野は、他の旅行会社が利用できるように広く開かれている。

著者:Yiannis Maglarasは、TicknovateCEO

(10/6 https://bit.ly/3By5adn

 

13. Hotel Engine、短期レンタルプロバイダSonder在庫販売

Hotel Engineは、短期賃貸プロバイダーのSonderの在庫を追加した。在庫は「202110月から」利用可能になるが、両社は詳細を述べていない。 両社は、PhocusWireの説明の要求を直ぐには返さなかった。

Sonderの追加により、メンバーが世界の主要都市のいくつかで旅行し、仕事にとどまる方法について、より多くの選択肢と柔軟性がもたらされる」と、サプライヤリレーションズのホテルエンジンVPであるAnwar Musaは声明で述べている。 Sonderは、5月に、特別買収会社Gores Metropoulos IIと合併して22億ドルの評価を得て公開する予定であると発表した後、7月に主要なグローバル流通システムに在庫を提供した。 契約なしで、無料で使用できる法人旅行予約および管理プラットフォームであるHotel Engineは、20199月に1,600万ドルの資金を調達した。 一般公示価格よりも最大60%低い料金を提供すると主張している。 同社によれば、Hotel Engineには、35,000の企業に550,000を超える個人会員がおり、185か国以上に700,000のホテルがある。 同社によれば、Sonderのポートフォリオには、9か国の35を超える都市に5,000戸の250物件が含まれている。

*この記事はもともとBTNに掲載された。(10/7 https://bit.ly/3iDtVwX )

 

14. エアアジア、アプリでワクチン接種チェックイン

AirAsiaは、大人の乗客が飛行する前に完全にワクチン接種を受ける必要があることを発表した最新の航空会社である。 ニュージーランド航空カンタス航空エアカナダは、ここ数週間で同様の計画を発表した。 ワクチン接種に加えて、この格安航空会社は現在、空港に到着したときや搭乗中の物理的な相互作用を最小限に抑えるために、AirAsiaスーパーアプリを介してチェックインすることを乗客に要求している。 チェックインは出発の14日前に開始でき、乗客は予防接種の証明をスキャンしてアプリにアップロードできる。 航空会社によると、身体の不自由なお客様、2歳未満の子供と一緒に旅行する旅客、および一人で旅行する若い旅客には、カウンターチェックインが引き続き許可される。 カウンターチェックインをご希望の場合は手数料がかかる。 「完全にワクチン接種されたゲストのみを搭乗に受け入れるという決定は、ゲストと従業員の安全上の最善の利益のために行われる。 すべてのフライトは、完全にワクチン接種されたパイロットとキャビンクルーのみが運航しており、これはすべての地上サービスにも当てはまる。 また、AirAsiaスーパーアプリを介して数多くのサービスの強化と統合を実施した。 ゲストは、スーパーアプリを介した便利でシームレスなセルフチェックインプロセスを楽しみにしている。 これにより、健康と予防接種のドキュメントを簡単にアップロードして即座に確認でき、FACES顔認識システムを介して非接触型決済が可能になる。 これらすべてにより、カウンターでの待ち行列や物理的な接触、空港での混雑を最小限に抑えることができる」とAirAsiaマレーシアのCEORiad Asmatは述べている。 ワクチン接種を受けていない、または部分的にしかワクチン接種されていない18歳未満のゲストは、完全にワクチン接種された親または保護者が同伴する場合、飛行が許可される。 航空会社は、モバイルチェックインに加えて、手荷物のタグ付けとドロップオフに非接触型キオスクを使用し、購入に非接触型決済オプションを使用することを乗客に奨励することで、人との接触を最小限に抑えようとしている。 エアアジアがワクチンとアプリの要件をタイ、フィリピン、インド、インドネシアなどの国の地域の通信事業者に拡大するかどうかは不明である。

(10/7 https://bit.ly/3Brbtz9 )

 

15. VIDEO:代替宿泊施設における全てで変化

COVID-19のパンデミックは、旅行、観光、ホスピタリティ業界の隅々を覆した。 多くの場合、2022年後半と2023年は、正常に戻るための現実的な目標だ。

世界的な金融危機後の2010年代に経験した業界の成長のこの一時停止は、特定のセクターがどこに向かっているのか、他のセクターが停滞する可能性があるのかについて、さまざまな議論を引き起こした。 言い換えれば、変化は、それに抵抗するのではなく、それを受け入れることをいとわない人々にとっての空気である。 代替宿泊施設は、昨年の外れ値(異常値)としてのすべての成長のために、当初の提案(proposition)に対して同様の調整が行われている。

それは間違いなく今や旅行者のための伝統的なホテルオプションと並んで主流の宿泊施設であるだけでなく、ホスピタリティとは何かに関する基本的な議論の中心となっているセクターであることが証明されている。 その人気は短期的な傾向か、それとも長期的な傾向か? デジタル遊牧民のトレンドはどのように大規模に適合するか? そして、ホテルはどのように競争または協力しているか? そして最後に、代替の宿泊施設ビジネスは、所有者とゲストがどのように異なる行動をとるか、または異なる行動を期待されるかに照らして、どのように独自のビジネスモデルを適応させることができるのか?

最近のPhocusWire PulseRentals On The Riseオンラインイベントで、Salesforce旅行とホスピタリティのシニア業界アドバイザーであるJacqueline Nunleyにこの問題などについて話を聞いたPhocusWireKevin Mayとの完全なインタビューはhttps://bit.ly/3Dpf6Ge に含まれている。

(10/7 https://bit.ly/3myVpFh )

 

16. WATCH:旅行回復、デジタル旅行増収

まだ業界全体で本格的な回復ではないが、上場しているデジタル旅行プロバイダーの第2四半期の収益の増加はかなりのものであった。 たとえば、Booking HoldingsExpedia Groupは、今年の4月から6月までの収益額が2020年の対応する四半期の少なくとも3倍であることに気づいた。 世界中の多くの主要な消費者市場で第1四半期の終わりに始まった封鎖制限の緩和を考えると、これは驚くべきことではない。 そして、そのような比較的活気のある四半期は、いくつかの公開会社、特に年の残りの期間に生ぬるい四半期を経験する会社の財政を安定させるのに役立つ。 PhocusWireは、201911月に数十年前にさかのぼるデジタル旅行会社の四半期収益の視覚化を最初に作成した。 チャートは1995年に始まる。(原文記事では、このチャートが1995年から2021Q2まで連続して表示する動画を見る事ができる。)

国際市場のいくつかの企業は、半年ベースでのみ収益を報告している。 つまり、チャート上の収益数は年に2回しか変化しない。 外貨は、当時の為替レートを使用して米ドルに換算された。(10/8 https://bit.ly/3uV5oIN )

 

17. 社説:エアビーの全て成すことが主流となる

Airbnbとエクスペリエンスに関する限り将来は不確かだが、この会社が行ったことは、代替(alternative)のエクスペリエンスを主流にしたことだ」と、TicknovateCEOであるYiannis Maglarasが、Airbnbのエクスペリエンス部門の状況に関する今週のPhocusWireに関する記事で語っている。 エクスペリエンスが印象を残すイベントとして定義されている場合、パンデミック中のAirbnbの仮想イベントへの切り替えは、多くのユーザーに影響を与えた可能性がある。 旅行者が家に閉じ込められたとき、カクテルのデモンストレーション、パスタ作り、音楽のレッスンは多くの人を楽しませ続け、外の世界への重要なつながりとして役立った。 しかし、世界が仮想化する前でさえ、Airbnbは着実にそのエクスペリエンスのコンテンツを構築していた。 Arivalの数字は、2016年の発売時の500のエクスペリエンスから、2019年の終わりには40,000のエクスペリエンスを示している。 目的地への訪問者に近くで見たり食べたりするのに最適な場所の感触を提供するツアーは、地元の人々に導かれ、地元の本格的なエクスペリエンスへのトレンドに取り入れられ、マスマーケットの「しなければならない(must do)」アトラクションから離れている。 2年早送りすると、パンデミックによって、地元のエクスペリエンスのアイデアが行き詰まり、良くも悪くもなった。 それは、世界最大のアトラクションがもはやバケットリストにないということではない。 それは、訪問者が目的地をもっと探索するのを助けるために、そこに大きな市場があることを意味する。 これに同意する。 それはすべて少し決まり文句に聞こえるが、忙しい街を観光した後、地元のレストランで居心地の良い夕食をしたくない人はいるのか? Airbnbは、同社のオフライン製品を開発するための新しいチームを率いるために、元ディズニーの幹部であるBruce Vaughnを任命したばかりで、それを真剣に受け止めている。 Airbnbは、代替エクスペリエンスを主流にすることで、それらを一般的かつデジタルでシームレスにアクセスできるようにした。 これは、断片化されたツアーやアクティビティ業界が長年取り組んできた概念である。 Airbnbの場合は10億人目のゲストを発表したばかりのこの種のプラットフォームの力に疑いの余地はない。(10/8 https://bit.ly/3loYg4i )

 

18. VIDEORV、代替宿泊施設のニッチな機会

旅行中の賃貸(rentals)または代替宿泊施設の概念は、ほとんど排他的に、家やアパートを指すために使用されていた。 しかし、近年、このセクターは他の多くのタイプの宿泊施設を含むように成長しており、パンデミックが始まって以来、最も人気のある種類の1つは、RV車として知られる宿泊施設輸送ソリューションである。 それが安全性とプライバシーへの懸念のためであろうと、あるいは封鎖から生じる冒険心の高まりのためであろうと、旅行者は記録的な数でRVを利用した。 RVShareは、この関心の高まりの恩恵を受けたピアツーピアRVレンタルマーケットプレイスの1つであり、202010月には記録的な予約数と1億ドルの資金調達ラウンドを実現した。 最新のPhocusWire PulseRentals On The Riseオンラインイベントでは、RVShareの製品担当副社長であるMelissa Fortenberryと話をし、同社がどのように在庫を増やしているか、流通と顧客獲得の戦略、そしてパートナーとどのように協力しているかについて話し合った。 PhocusWireMitra Sorrellsとの完全なインタビューはhttps://bit.ly/2Ysycwa のとおりです。(10/8 https://bit.ly/3uV7Mz8 )

 

19. デジタルファースト、ホスピタリティ人手不足へ対応

政府の支援の欠如、低賃金、そして学校に戻る子供たちはすべて、現在の労働危機のパンデミックと並行して非難される可能性がある。 しかし、ほとんどの業界幹部は、20203月以前にホスピタリティの方法で労働問題があったことに同意するだろう。 現在、米国で解雇された人々の3分の1は、ホスピタリティおよびレジャー業界にはまったく戻らないと述べている。 事態は非常に悪化したため、20205月のレジャーおよびホスピタリティ業界でのレイオフの急流により、米国経済は近代史上最悪の月の失業を経験した。 求職者の60%がホスピタリティの仕事に興味がないため、才能を見つけることが新たな危機となっている。 ボーナス、より高い賃金、柔軟なスケジュール、他のセクターからの人材の調達は、確かに安心を提供し、私たちの業界の差し迫ったニーズに応えることができる新しい慣行を生み出すことができる。 ただし、これらの解決策は、時間と将来の混乱の試練に耐えられない可能性がある。

「危機を無駄にしない」と言う人もいる。 このパンデミックは、インターネット以来、私たちの業界で最大のイノベーションの章になると私が信じていることへの道を無意識のうちに開いた。 現在、テクノロジーはホスピタリティの未来を大きく変える。 もちろん、テクノロジーへの取り組みは、より高い効率を生み出す。 しかし、それはさらに進んでいる。 それは、ゲストエクスペリエンスを向上させると同時に、これらの永続的な人員配置のプレッシャーを軽減する可能性を秘めている。 結局のところ、Tripadvisorのようなレビューサイトでの悪い体験についてゲストが不満を言っているように、人員配置の問題がカスタマーサービスの問題になることがよくある。 悪いレビューのあるホテルを埋めるのは難しく、優秀な人材を雇うのはさらに困難だ。

技術に目を向ける

Turn to tech

新しいホテルに宿泊するたびに、テクノロジーが旅行者に与えるプラスの効果を見ることができる。 それは、旅行者の旅の夢の段階から始まる。 ホテルでは、リピーターが誰であるか、以前の購入履歴がリアルタイムで自動的にわかる。 当ホテルでは、データを収集してゲストペルソナを構築し、チェックイン前、チェックイン中、チェックイン後の関連コンテンツとパーソナライズされたオファーを使用して、直感的で効率的なショッピング体験を提供できる。 2020展開されたタッチレスのデジタル機能は、当初は安全性と社会的距離の対策に対応していたが、予期しない結果をもたらした。 それは、今日の消費者とより緊密に連携する、より優れたゲストエクスペリエンスと利便性である。

環境の変化を探しているデジタル遊牧民のカップル、世代を超えた家族の集まり、または一人の冒険家を期待しているかどうかを理解するこの機能は、コンバージョンの可能性を高めるだけでなく、ゲストエクスペリエンスを劇的に向上させながらより多くの収益を獲得することもできる。 到着したゲストのフライトが午前6時に着陸することを知っているので、アーリーチェックインを提供したり、ティーンエイジャーのいる家族がコネクティングルームの恩恵を受けたり、レストランの予約を勧めるなどの通知を事前に予約して、食事の失望を避けることができる。 これらの例は、ホテルがコストを増やすことなく収益を増やすと同時に、ゲストエクスペリエンスを大幅に向上させ、レビューを増やす始まりにすぎない。

火花を灯す

Light the spark

このレベルのゲストエクスペリエンスを提供するには、タレントある人たちを採用するために、ホスピタリティに活気戻すという業界の主要な目的を振り返る必要がある。 旅行者の旅にデジタルアプローチを採用することで、私たちは必然的により多くのテクノロジーの仕事とより高い賃金の到来を告げ、日常的で反復的でしばしば苛立たしいゲスト体験をオンデマンドのパーソナライズされた対話に任せる。 その結果、サービスレベルを犠牲にすることなく、変動する需要に合わせてテクノロジーツールを提供および拡張できるようにすることで、現場のチームの雇用保障を強化する。 新しいテクノロジーが仕事に取って代わるのではないかと恐れる人もいるかもしれない。 この業界に20年以上携わってきた私は、ホスピタリティが人々の代名詞ではない世界を想像することはできない。 デジタル化は人に取って代わるものではない。 スタッフの役割を変革し、サービスの定義を高めて、真にパーソナライズされたゲストエクスペリエンスの“魔法”を新しくエキサイティングな方法で提供する。

著者:Lisa Barkerは、IBS Softwareのホスピタリティ担当副社長。

(10/8 https://bit.ly/3ApPNly )

 

20. 104日の週の資金調達記事

·        ホスピタリティテックJurny

ロサンゼルスを拠点とするホスピタリティテクノロジーのスタートアップJurnyは、Mucker Capitalが主導するラウンドで950万ドルを調達し、これまでに調達した総額は1,245万ドルになった。 20206月に設立されたJurnyは、独立したホテル、休暇、短期賃貸物件にSaaSおよびハードウェアソリューションを提供している。 同社は、資金の一部を使用して、チャネル管理、POS、部屋管理、施設管理、マーケティング、スマートホームソリューションを1つのシンプルなダッシュボードに接続するJurny Virtualのグローバル展開を加速すると述べている。 Jurny Virtualは、仮想コンシェルジュ、アクセス制御、ゲストスクリーニング、レビュー管理、経理、24時間年中無休の問い合わせサポートも提供している。 「私たちの使命は、中小規模のオペレーターとホテル所有者が、世界最大のホテルチェーンの一部でもまだ利用できない規模の経済のメリットを提供するプレミアムエコシステムにアクセスできるようにすることである。 Jurny Virtualは、先行投資を必要とせずに、時間も含めてはるかに低コストで最高のサービスを提供することにより、業界に革命をもたらしている」とJurnyCEO兼共同創設者のLuca Zambelloは述べている。 昨年、Jurnyは、プラットフォームを使用するユニット数が2倍以上になり、ロンドン、テルアビブ、サンミゲルデアジェンデを含む8つの都市で635ユニットになったと述べている。 「Jurnyのクラス最高のテクノロジーを使用しているオペレーターは、実装から30日以内に、平均して収益が20%増加し、間接費が50%減少し、純営業利益(NOI)が2倍になる。 これらの数字は業界で比類のないものであり、ジャーニーとその顧客が世界のホテル、短期およびバケーションレンタル管理市場を支配する立場にあることを示している」とMucker Capital の共同創設者兼マネージングパートナーのErik Rannalaは語る。

(10/5 https://bit.ly/3DeMrDN )

 

·        空港トランスファーSmartRyde

東京を拠点とする空港送迎サービスのマーケットプレイスであるSmartRydeは、シリーズAラウンドで160万ドルを調達した。 資金提供はAngelBridgeが主導し、SG IncubateYamaguchi CapitalSMBC Venture CapitalHiroshima Venture CapitalIyogin CapitalInventum Ventures、個人投資家およびシリアルアントレプレナーの児玉翔二、高橋信明、Optima Venturesが含まれている。 2017年に設立されたSmartRydeは、タクシーやその他の交通機関をオンライン旅行代理店に接続しているため、旅行者は航空券やホテルの予約時に地上サービスを予約できる。 同社は現在、150か国の700の空港で運営されている。 SmartRydeは、Booking.comExpediaTrip.comTravelokaDespegarなど、650を超える交通機関と25を超えるOTAと連携する。 SmartRydeCEOである木村宗太は、この資金を使ってOTA統合システムを強化し、オペレーター向けの予約管理システムを構築し、デジタル開発を継続すると述べる。 山口キャピタルの山口亮太マネージャーは、このような流れの中、旅行予約の出発点であるOTAを介した空港送迎サービスはさらに拡大すると考えて、「 『交通を通じて地域社会の持続可能な発展に貢献する』というSmartRydeのビジョンを実現するために、SmartRydeのグローバル展開と国内事業展開を支援していく」と述べている。(10/5 https://bit.ly/3uPeBSV )

 

·        ホテルのAIとチャットボットVouch

2021年のPhocusWire Hot 25 Startupであるシンガポールを拠点とするVouchは、Forge Venturesとエンジェル投資家が主導する110万ドルのシードラウンドを調達した。 Vouchは、ホテルに人工知能とチャットボットベースのソリューションを提供して、運用を合理化し、ゲストエクスペリエンスを向上させる。

ホテルのゲストは携帯電話でQRコードをスキャンして、チェックイン、食べ物や飲み物の注文、部屋のリクエスト、プールやジムの使用状況の予約、質問への回答を取得できる。 アプリをダウンロードしたり、対面の会話で顔を合わせたりする必要はない。 2016年に設立された同社によれば、現在、シンガポールの客室の25%を占めるホテルで使用されており、その中にはFrasers HospitalityPan Pacific GroupHyatt Hotelsなどのブランドが存在する。 同社はインドネシアと韓国でも事業を展開しており、現在はロンドンで事業を開始し、ヨーロッパ全体に拡大する計画である。 「ホテルが人員効率を改善するのに役立つソリューションが本当に必要であり、パンデミックがこの必要性を加速させている。 今年のvouchconcierge.comの計画は、香港、マカオ、韓国、英国など、私たちのような生産性プラットフォームから最も恩恵を受ける新しい市場に積極的に拡大することだ」と、Vouchの創設者兼CEOであるJoseph Lingは述べている。

ホテルに加えて、Vouchはその技術をアトラクションやショッピングモールにも提供している。 「世界は意味のある方法で構造的に変化したと信じている。 Vouchが市場にもたらすイノベーションは、顧客が新しい世界に適応し、繁栄するのに役立つと確信している」とForge Venturesの共同創設者兼パートナーであるTiang LimFooは述べている。(10/6 https://bit.ly/2ZTCRI6 )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ