海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

20201230

海外事情 1221日号

 

日経新聞電子版を読んでいる。気に留まった記事はクリック一つで保存できる。スクラップブックを使わなくても済むようになった。

たまたま朝のラッシュ時に出かけることになってしまったので、“密”の公共交通機関を避けてタクシーの配車サービスを利用した。 スマホで予約した時間に、自宅の前まで迎えに来てくれる。代金の支払いもタッチレスの電子マネー決済で至極便利だ。

米国本社の10数年来の知人の、退職送別プレゼントの募金集めのメールが送られて来た。入社時からの彼のメンタリングに対する感謝を込めてPayPalを使ってドルで振り込んだ。個人間の送金には手数料はかからず瞬時に振込が完了する。銀行経由の外貨送金では、オンラインでもできるようになっているけれど、面倒な送金フォームに色々記入(入力)させられて、高い送金手数料を取られ、その上送金先への振込は数日後になる。銀行経由は少額の送金には全くもって不向きだ。

その日は、数週間前にアポイントメントを貰っていた旅行会社のWeb販売担当の人とZOOMした。必要な時は画面共有で資料をお互いに見せ合いながら会議をホストすることができた。手際よく話が運び、実際のフェイスツーフェイスの面談会議よりもかえって所用時間を短縮できたようだ。

孫のピアノの動画がDropboxに送られて来た。時節柄、クリスマスの曲を弾いている。随分上手になった。

夜は、Amazon Primeの映画をApple TVを使って楽しんだ。邦画、洋画、サスペンス、コメディー、ロマンスなんでも揃っている。

なんとも便利だ。「第四次産業革命」などと大袈裟な・・・、と今まで思っていた自分が、今では、コロナの巣篭もり生活も影響しているためか、全くその通り、これは革命だと一人合点している。

GAFAの競争法違反が問われているけれど、こんなに便利にしてくれているのだから、“御用だ! 御用だ!” と追いかけ回すのは少し可哀想じゃないか。便利にしてくれているのだから、それとの引き換えにある程度の個人情報は明け渡してもしょうがない。

 

今週号でもトラベルテックの話が多く並んだ。これらのテック記事の中から“ここが重要” と思った箇所を以下に抜粋する。

12. 航空会社変革への6つのトレンド

SITAはすでにセルフサービスの生体認証およびモバイル技術を実装しており、北京 やマイアミを含むいくつかの空港における出発旅客のハンドリングを自動化している。 これらは、乗客の顔が搭乗券となって、タクシーから飛行機まで流動的かつシームレスに歩くことができる ウォークスルー 空港体験を提供する。』

『今後数年間で、デジタルIDの開発が従来のパスポートに取って代わると予想している。』

それに加えて、健康状態を電子的に確認するHealth ETAElectronic Travel Authority)と、様々な業界プレイヤー間で情報を安全に共有することができるブロックチェーン テクノロジーの開発も準備されている。

15. Amazon Web Serviceの旅行ブランド回復支援

Amazonは、『我々は皆、この特定の環境でコストを節約しようとしている。 COVIDは、世界中の企業をクラウドに向けて推進していると思う』と言う。

『スターアライアンスは、・・・すべてのデータ、プラットフォーム、ビジネスクリティカルなアプリケーションをAmazon Web Serviceに移行し、データセンターを閉鎖することで、インフラストラクチャの総所要コストを25%削減する。』

17. プラットフォーム近代化、何故今必要

『パンデミックの結果として、2020年までに経験したデジタルの混乱の高まりに対応して、決済プラットフォームをグローバルにアップグレードおよび近代化する企業が大幅に増加している。』

2020年第1四半期のクラウド インフラストラクチャ サービスへの支出は290億ドル(約3兆円)に達し、昨年の同時期に比べて37%増加した。Gartnerによると、パンデミック後の必然的な景気後退にもかかわらず、クラウド支出は19%増加すると推定されている。』

19. 2021年のホテルテック

『テクノロジーは、2021年に旅行が再開して旅行者の信頼を得た時に、健康と安全の基準を強化するためのホスピタリティ業界が自由に使える最大のツールの1つになる。 今後数か月で重要性が増す2つの重要な要素には、非接触型決済の開発を継続するというホテル経営者の取り組みと、再開時にフルスタッフを呼び戻すことができなかったホテルを支援するための技術プラットフォームの使用が含まれる。』

22. 2020年を生きたスタータップの4人のCEO

4人のうちの一人、JourneraCEO Jeff KatzOrbitz創設CEOSwissairCEO )は、『フライト、地上輸送、宿泊施設など、旅行の個々の側面を1つの統合されたシームレスな旅にリンクさせるリアルタイムのデータ交換サービスを提供している。』

 

これらのトラベルテックの記事から浮かび上がって来るキーワードは、「繋がる」だと理解した。タビマエ ・タビナカ ・タビアトのトラベル・ジャーニーの全ての段階で、旅行者にサービスを提供しているプレイヤーたちが、その旅行者のデータを共有するために双方向に「繋がる」ことが必要だと言っている。そして、SITAの生体認証およびモバイル技術や、AmazonAWSや、新興企業のJourneraのリアルタイムのデータ交換サービスが、繋がるためのトラベルテックのインフラとなっている。

 

Booking HoldingsConnected Travel戦略しかり、Airbnbの総合旅行会社構想しかり、CASEしかり、MaaSしかり、それに航空会社のアンシラリーを販売する次世代航空会社リテーリングだって、関係を持つプレイヤーたちが繋がらなければ成立しない。協業(コラボレーション)・フレネミー・提携・協調の言葉が、この場合の同義語となるようだ。

 

ウィキペディアには、「IoT」すなわち “モノのインターネット” とは、様々な “モノ” がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みであると説明する。だからここで、ことさら(今さら)「繋がる」がキーワードなどと言うこと自体が無意味なことかもしれない。

(編集人)

 

 

目次

1. アコー、短期レンタルプラットフォーム立ち上げ

2. 欧州委員会、排ガス90%削減モビリティ戦略

3. パンデミック禍のOYO

4. VIDEO: Despegar CEO                                              12/14週 第4位閲覧

5. Webinar再現、2021年の回復のための旅行決済

6. スタータップステージ: WKND

7. TurismocityFareCompare買収

8. VIDEO: 旅行データから戦略と方向性を得る

9. 2020年のベスト「私の足跡エピソード」

10. ブッキングのダイバーシティ                               12/14週 第3位閲覧

11. 収益パーフォーマンスとゲストインテリジェンスの融合

12. 航空業界変革への6つのテクノロジートレンド

13. モダンなホテル宿泊客の理解

14. VIDEO: 新現実 Mount Sinai Health SystemDr. Erik Lium

15. アマゾンWebサービスの旅行ブランド回復支援           12/14週 第2位閲覧

16. Webinarリプレイ:空港非接触決済

17. プラットフォーム近代化、何故今必要

18. VIDEO: Vizergy

19. 2021年のホテルテック

20. WEXsNett買収が最終化

21. VIDEO:アジアは世界の旅行市場回復のモデルとなるか?

22. 2020年を生きたスタータップの4人のCEO

23. LHグループ、セーバーと新流通契約締結

24. InPhocusエピソード31 回復のための適切なシグナル

                                                                          12/14週 第5位閲覧

25. 直言:2020年の回顧

26. 2020年の新興企業への投資                                12/14週 第1位閲覧

27. 1214日の週の資金調達記事

 

 

1. アコー、短期レンタルプラットフォーム立ち上げ

Accorは、新しいApartmentsVillas予約プラットフォームの立ち上げにより、短期バケーションレンタルスペースでの存在感を強化している。  50,000を超えるアパートメント、ヴィラ、シャレーの在庫でデビューしたAccorApartmentsVillasサイトは、AdagioMantraHyde Livingのブランドを含む、同社の15の長期滞在型ホテルブランドの宿泊施設と、Raffles, Banyan Tree, Delano, Fairmont, SLSブランドなどのAccor'sが管理する個人所有のブランド住宅を統合している。 パンデミックの間ずっと拡張モードのままであったAccorのハイエンドOnefinestayブランドで利用可能なプライベートレンタルも、新しいプラットフォームで検索できる。 Accorは、2016年にOnefinestayを買収した。 声明の中で、AccorSavills International Development Consultancyからの報告を引用し、特にブランド住宅モデルがCovid-19危機の間に「非常に回復力があることが証明された」ことを示した。 同コンサルタントの責任者であるRiyan Itaniは、「消費者がよりプライバシーと自給自足を可能にし、追加の居住スペースや広々とした屋外スペースなどの機能を備えた宿泊施設を求めているため、住宅用の短期賃貸宿泊施設に対する需要が高まっていると見ている」と述べている。ApartmentsVillasプラットフォームを通じて予約された宿泊施設は、Accor Live Limitlessロイヤルティプログラムの特典の対象となる。 このサイトのデビューは、パンデミックが始まって以来、短期バケーションレンタルセグメントが回復の最前線でホテルを上回っている時と一致する。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された(12/14 https://bit.ly/2IO12Q6 )

 

 

2. 欧州委員会、排ガス90%削減モビリティ戦略

欧州委員会は、2050年までに排出量を90%削減することを目標に、大陸全体のモビリティに関する計画を発表した。 持続可能でスマートなモビリティ戦略は、委員会が今後4年間で取り組むと述べている82のイニシアチブの行動計画を詳述している。 この戦略には、2030年までに3,000万台のゼロエミッション車、高速鉄道の交通量の倍増、大規模な自動化されたモビリティの展開など、いくつかのマイルストーンが存在する。 欧州委員会は、2035年までに、ゼロエミッションの大型航空機が2035年までに“市場対応” になることを目指しており、2050年までに、マルチモーダルな欧州横断輸送ネットワークが整備される予定である。 82のイニシアチブは、ゼロエミッションの空港や港などの持続可能性に関する多くの取り組みや、健康的で持続可能な都市間および都市のモビリティを含む、行動のための10の主要分野にまとめられている。 さらに重要な分野は、マルチモーダルジャーニーのチケットを可能にし、データと人工知能の使用を促進するなどのスマートイニシアチブを対象としている。 (12/14 https://bit.ly/3gQCAua )

 

 

3. パンデミック禍のOYO

OYOは、2020年の最初の数か月でコロナウイルスのパンデミックが発生する前から、その戦略について少し考え直していた。インドに本拠を置くこの会社は、2019年後半に15億ドルの巨額の資金調達ラウンドを獲得し、2020年中に民間宿泊施設の世界的リーダーになりたい と述べていた。しかし、今年2月初旬にTUIのレンタルツアー運営事業を買収した後、2019年の損失は33,500万ドルに増加し、ホテル事業は一部の国(特に米国)で縮小されていた。 レンタル事業に参入するOYOの戦略( 20195月にヨーロッパのバケーションレンタルブランド@Leisure Group36,000万ユーロで買収する契約から開始 )は、パンデミックが落ち着くと、最終的には少しビジネスのライフラインになるかもしれない。 民間の宿泊施設は、ブロックアウトの制限が緩和され、消費者がホテル宿泊に神経質になったため、多くの国で傑出した業績を上げてきた。CEORitesh Agarwalは、11月のPhocuswright Conferenceで、PhocuswrightのアナリストであるChetan Kapoorと対談した。 (12/14 https://bit.ly/3abBJ5W)

 

 

4. VIDEO: Despegar CEO

ラテンアメリカ最大のオンライン旅行代理店であるDespegarCEOであるDamian Scokinは、パンデミックの早い段階での同社の迅速で断固たる行動が、旅行業界の回復に向けて強力な地位を維持するのに役立ったと述べている。 木曜日にオンラインで行われたPhocuswrightLatAm Talk EventでのPhocuswrightアナリストCarolina Sass de Haroとのインタビューで、Scokinは、同社は「回復のペースを考えると、非常に楽観的なムードで今年を締めくくる」と述べている。 彼は、その回復の一部は、会社が構造コストを45%削減することを可能にしたレイオフを含む早い段階で行われた困難な決定に起因すると考えている。「スピードは非常に価値があり、決定的であることも非常に価値があり、この文脈で意思決定を遅らせるほど、非常にコストがかかる」と語る。 同社は業務の合理化を行うと同時に、最近2つ買収したBestDayKoinを統合している。 第3四半期の決算で、Despegarは、2019年の第3四半期から91%減少した1,200万ドルの収益を報告した。 調整後EBITDA3,400万ドルの損失であり、第2四半期の6,600万ドルの赤字から改善した。 以下の完全なインタビューVIDEOをご覧ください。(12/14 https://bit.ly/37kBZxm)

 

 

5. Webinar再現、2021年の回復のための旅行決済

今年が旅行業界にとって最も困難な年の1つとして歴史に残ることは周知の事実である。 旅行会社がより強力な2021を計画しているので、Ingenicoの旅行支払いの専門家に加わって、より速くより強力な回復のためにグローバルな支払い戦略を再設計することについて貴重な洞察を得て欲しい。
我々の専門家が、このWebinarでカバーするのは:

·      優れた顧客体験の中心でタッチレス支払いを行う。

·      グローバルな支払い方法とローカルな支払い方法の適切な組み合わせを見つける。

·      2021年の支払いからより高い収入を達成する。

ウェビナーは20201214日月曜日に放送された。

スピーカー:

·      Ingenicoの旅行責任者、Eric Liebman

·      Xcaretのチーフe-ビジネスオフィサー、Sandra Weber

·      PhocusWireの編集長、Kevin May

* 202010月、IngenicoWorldlineファミリーに加わり、ヨーロッパでナンバーワンの決済サービス会社となり、世界で4番目に大きなプレーヤーになった。(12/14 https://bit.ly/3moP0dR )

 

 

6. スタータップステージ: WKND

WKNDは、地元の週末の冒険パッケージをインテリジェントにパーソナライズするオンデマンドの サービスとしてのリトリート プラットフォームである。 WKNDは、街から離れたいミレニアル世代が週末をユニークな生活体験で満たすのを支援する。 インテリジェントなプラットフォームは、旅行を容易にするシンプルで短いインタラクティブガイドの観光スポットのみを備えている。 WKNDを使用すると、ミレニアル世代は都市の外で自分の環境を理解する方法と、近くにあるもので創造的になる方法を学ぶことができる。

WKNDは現在、ニューヨーク市から3時間以内に30以上のWKNDゲッタウェイと400以上のWKND承認済み目的地を含むスマートWebアプリである。 WKNDが承認した目的地の80%以上は、オンライン旅行代理店を通じて予約できない。 当社のチームは、独自のアルゴリズムを使用して、WKNDが承認した各目的地を管理している。 WKNDのオンラインの旅は、Myers-Briggs の性格検査に触発された旅行の性格検査を完了することから始まる。次に、WKNDは、交通機関と宿泊施設、レストラン、アクティビティの予約をインテリジェントにパッケージ化して、すぐに利用して共有できる完璧なローカルの週末を作成する。 現在、公式の旅行パートナーには、Booking.comViator by TripadvisorGetawaySonderが含まれている。 拡張計画には、2021年春に同様の経験を持つ市外の最大3時間をカバーしたロサンゼルスが含まれる。オースティンとデンバーがそれに続く。 

ジェネレーションYとジェネレーションZが車を所有することはめったにない。 彼らは週末に一週間中働き、InstagramTikTokで経験を共有したいと考えている。 残念ながら、彼らは週末の脱出の計画と予約に費やすのに十分な空き時間を毎週持っていない。 健康的でアクティブなライフスタイルを促進する刺激的な、目立たない目的地とアクティビティで地元の週末の冒険を予約してナビゲートすることは難問である。 街の近くの地元の目的地を見つけるには、見つけて探索するのに何年もの努力が必要だ。 

車を使わない、仕事中毒でソーシャルメディア主導の世代は、生産性を最適化するために毎週末に充電、再起動、再活動(re-energize)するのが難しいと感じている。 研究によると、ポジティブなメンタルヘルスを促進するには、ワークライフバランスが不可欠であることが示されている。 ストレスや不安を管理することは簡単なことではなく、前向きな人生の変化に必要な時間と雰囲気を作り出すことは、習得するのに何年もかかることがある。

顧客獲得増加のために、Sierra ClubAdirondack Mountain ClubMeetupなどの屋外グループや、Soho HouseAssemblageWeWorkNeueHouseThe CollectiveSummitなどのコワーキングスペースやキュレーションされたコミュニティと提携することで、話題づくりに励んでいる。

週末のリトリートをパートナーコミュニティが簡単に利用できるようにして、メンバーが街から脱出できるようにする。 ブランドの評判と牽引力は、戦略的パートナーとともに生み出される。 パートナーと協力して、プロダクトプレースメントや景品コンテストを備えた共同ブランドの週末の休暇ガイドを含むオムニチャネルソーシャルキャンペーンを行う。 また、ドメインオーソリティスコアの構築にも重点を置き、利用可能なすべての主要都市で、GoogleSEOランキングが高くなるようにする。 戦略的キーワードで強化される、ターゲットを絞った長編コンテンツを含むブログを立ち上げる予定である。 その後、シンジケーションネットワークを通じて配信される。 高品質で活発なコミュニティができたら、Google Ad WordsFacebook広告で有料広告キャンペーンを開始する。

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によると、2018年の世界の旅行および観光市場は8.8兆ドルであり、世界のGDP成長率を0.7%上回っている。Allied Market Researchによると、世界の冒険旅行市場は2016年には4,440億ドルで、2023年には1.3兆ドルに達すると予測されている。

Allied Market Researchによると、世界でオンライン販売された旅行は2018年に8,000億ドル、モバイルで2,700億ドルであり、2020年までに1.1兆ドルに成長すると予想されている。 Statistaによると、1829歳の米国成人の43%が、年に数回週末の休暇に出かける。 PSFKによると、ウェルネスツーリズムは2022年までに6,400億ドルから、年間12億回のウェルネストリップで9,190億ドルに達すると見込まれている。

Fast Companyによると、ウェルネスは“心身の健康を促進する活動の積極的な追求” と定義されており、旅行市場全体の約17%を占めている。 ミシガン大学によると、米国の人口の82%は都市部に住んでいる。 WKNDがサービス可能なアドレス可能な市場の10%を獲得することは可能だ。 コミッションとサービスサブスクリプションとしてのソフトウェアによる支出の2025%を獲得でき、米国だけで13,200万ドルのサービス可能で入手可能な市場を生み出す。 競合他社の間には、ストレスのない本格的でローカルな体験を提供するためのZ世代とY世代のニーズに対応していないギャップがいくつか存在する。 我々は、旅行の計画と国際および国内の場所へのフライトの予約の競争に重点を置いている。

WKNDは、この機会を利用して、車、ホテル、レストランの予約で、主要都市から地元の目的地で、アクティビティ、コンテキストイベントを倍増させる。 Airbnbの冒険に幾分似ているが、WKNDはよりパーソナライズされた地元の週末パッケージを提供し、地元のガイドを必要としない。 たとえば、WKND雨の日 の代替手段を提供する。

ユーザー主導の予約手数料、ユーザーPremiumサブスクリプション、エンタープライズサブスクリプション、およびB2B APIから収益を上げている。 車、ホテル、レストラン、アクティビティの予約プラットフォームは、予約されたパッケージを組み合わせるたびに、強力な消費者ブランドであるWKNDに手数料を支払う。 ユーザーは、WKNDPremiumサブスクリプションを月額5ドルまたは年額50ドルで購入できる。 Premiumサブスクリプションを使用すると、ユーザーはすべての旅行やアドベンチャーガイドにオフラインでアクセスしたり、さまざまな目的地に関する独自のインサイダーのヒントにアクセスしたり、利用可能なすべての休暇を表示したりできる。 ホテル、共同生活、コンシェルジュ、旅行会社は、WKNDで共同ブランドのプロがデザインしたゲッタウェイパッケージを購入できる。 たとえば、屋外パッケージは、WKNDと共同で “Designed By Brooklyn Boulders” にすることができる。 HotelTonightEquinoxClassPassSoulCycleなどの企業は、API呼び出し(API calls)を購入して、既存のユーザープロファイルデータを活用するモバイルアプリケーションに旅行発見を追加できる。1 28日に一般公開されてから、すでにWKND Premiumサブスクリプションから収益を上げている。 これから1年以内に、WKNDはロサンゼルス、オースティン、デンバーを含む5つの主要都市で発売する予定だ。 シアトルやアトランタなどの他の市場も検討している。 現在、ユーザーの社会歴(social history)、ロケーションチェックイン、プロフィールの興味に基づいて休暇を自動的に作成して予約できる人工知能システムを開発している。 現在、Google Reserveのようなサービスがあるが、アポイントメントを超えて予約する機能は非常に限られている。 Y世代とZ世代の需要を満たすサービスを提供することで、旅行テクノロジーの未来に取り組むことに興奮している。 我々の目標は、今後数年間で成長し、その後、我々のビジョンを実現し続けることができる、より大きな旅行、ホスピタリティ、またはテクノロジーのパートナーに買収されることである。 我々は、Z世代とY世代のストレスや不安を和らげる意欲を持っており、WKNDの使命を世界の新しい市場に拡大できるエクジットのためのパートナーを探している。(12/15 https://bit.ly/3oWKp42 )

 

 

7. TurismocityFareCompare買収

ラテンアメリカに焦点を当てたブランドTurismocityは、2000年代からの米国のメタサーチシーンの根幹の1つであるFareCompareを買収した。 契約条件は非公開。 FareCompareは、2006年にRick SeaneyGraeme Wallaceによって設立され、KayakSideStepFareCast、およびその他の一連のメタサーチスタートアップと同時に米国市場に参入した。 アルゼンチンに本社を置くTurismocityは創立6年で、FareCompareと同じメタ検索の原則に基づいて運営されており、国内市場とブラジル、メキシコ、コロンビア、チリ、ペルーに焦点を当てている。 この買収は、Turismocityが、FareCompareの米国、カナダ、および世界中の他の場所の既存の市場から得られるより広い段階に拡大するための手段として予告されている。 FareCompareは、2019年の間に5,000万人以上のサイト訪問者がいると主張している。 SeaneyWallaceは、旅行データとインテリジェンスサービス3Victorsを作成するために2016年に事業を辞めた。 2つの会社の運営の類似点により、Turismocityはブランドとビジネスを未来へ長く前進させるのに最適である。 CEOAndres Malenkyは、「TurismocityFareCompareは、各ブランドが主要なプレーヤーである市場で直接の競争相手ではなく、それらのマーケティング戦略は同時に異なり補完的である。 TurismocityFareCompareエクスペリエンスを強化し、世界中のより多くの人々がより少ない費用で旅行できるようにすることで、大成功を収めることが証明される」と述べている。(12/15 https://bit.ly/3aaelpo)

 

 

8. VIDEO: 旅行データから戦略と方向性を得る

旅行会社は最近データの力に目覚め、データから意味のある洞察を引き出すための最善の方法を理解するようになった。 旅行データ分析のスペシャリストである3VictorsCEOであるRick Seaneyによると、良い出発点は、どのデータにどんな意味があるのか、何が欠けているのか、そして2つの間のギャップを埋める方法を理解することである。 Phocuswright Conference 2020オンラインイベントでのセッション中で、彼は、パンデミックのために過去のデータが今後の需要を予測するのにほとんど役に立たないことを考えると、今がリアルタイムデータに移行する適切な時期であるという彼の信念を共有する。 Seaneyによると、意味のあるものと欠けているもののギャップを埋めるのは信頼であり、大量の検証 が必要だと彼は信じている。

「機械学習の“L”は、あなたと機械が学習する時間を意味する。 それには時間がかかる。 彼はまた、旅行会社がデータを共有する必要性についても触れている。 Big Techは、「最終的には、必要になる可能性のある関連する旅行データのほとんどを所有および保管する」可能性があるためだ。 PhocuswrightアナリストConey DongreとのSeaneyの完全なインタビューを参照してください。(12/15 https://bit.ly/3adtiqz )

 

 

9. 2020年のベスト「私の足跡エピソード」

PhocusWireMozioは、2020年に毎週開催されるHow I Got Hereポッドキャストの32話を制作した。 数学が得意な人は、毎週のポッドキャストでその年にさらに20のエピソードが取り上げられるべきだったことに気付くだろう。 しかし、コロナウイルスのパンデミックの始まりは、ホスト(MozioDavid LitwakPhocusWireKevin May)と予定されていたゲストの注意をそらしてしまった。 How I Got Hereのシーズン2が完了し、ポッドキャストは20211月下旬に再開される。 3月から6月までの休憩前と休憩後の21のエピソードは、旅行および運輸部門の幅広い創設者と革新者を対象としている。 2020年からのエピソードのお気に入りは下にあります:

·      Tobias Ragge of HRS.

·      Brad Bao of Lime.

·      Nicolas Brusson of BlaBlaCar.

·      Rob Wiesenthal of Blade.

·      Bobby Healy of CarTrawler.

·      Ben Baldanza of Spirit Airlines.

·      Randy Petersen of FlyerTalk.

·      Adam Goldstein of Hipmunk.

(12/15 https://bit.ly/3npV5YC)

 

 

10. ブッキングのダイバーシティ

2020年は未知の領域の1つであった。 1世紀に一度のパンデミックは、世界中のあらゆるセクターを混乱させた。 特に旅行業界は、重大かつ根本的な課題に直面している。 今、我々はより大きな回復力で再建しなければならない。 そのためには、その特徴を体現するグループから教訓を得る必要がある。 パンデミックの影響を不均衡に受け、育児の責任の大部分を担い、失業率も男性より高い女性と働く母親たちである。

彼らの経験、および他のマイノリティグループの経験は、より包括的な産業の必要性についてより大きな目覚めを引き起こした。 しかし、重要な課題はまだ先にある。 私は旅行業界とテクノロジー業界で何十年も働いて来たが、何年にもわたって進歩を遂げてきたにもかかわらず、テクノロジー業界の女性は依然としてかなり過小評価されている。 AnitaB.orgの最近の報告書によれは、グローバルな労働力の大部分を構成しているにもかかわらず、女性は今日ハイテク労働人口の28.8%を占めるに過ぎず 産業間で、我々の現在のペースでジェンダーギャップを埋めるには99.5年がかかることが分かった。 そのギャップをもっと早く閉じなければならない。 平等が高貴な追求であるという理由だけでなく、多様性と包括性が今日のどの組織にとっても単なる賭け(table stakes)であるという理由ではない。 それは、本質的に、平等な代表を求めて戦うことは、我々の産業の回復のために戦うことを意味するからである そしてそれは我々の産業の将来にとって不可欠である。 以下が、旅行の精神が、より包摂的な産業の構築について、そして我々一人一人が独自の方法で多様性と包摂を促進する方法について我々に教えてくれると私が信じていることである。

 

旅行でインクルージョンについて皆に教えることができるもの

What travel can teach everyone about inclusion

私が旅行で気に入っているのは、自分たちの外にある他の文化やコミュニティを体験できることである。 つまり、世界についての新しい考え方に自分自身を開放することができる。 何度も 何度も、旅行は共感を高め、より革新的で認知的に柔軟な 地球市民を生み出すことが研究によって示されている。

旅行業界は、他の文化について学び、これらの教訓を会社や役員室に持ち帰ることの利点を長い間知っていた。 平等を高め、男女格差を埋めるために皆の助けを求めるので、あらゆる種類のメンターシップの機会が多様で包括的な職場の中核であると強く信じている キャリアパスに関する異なる視点と味方を探すことは、個人レベルの女性にとって不可欠である。 特に旅行業界におけるリーダーシップと意思決定の役割の大部分は男性が担っているため、男性は重要な役割を果たす。 これにより、男性は包括性と変化の主要な潜在的促進剤として行動することができる。 最終的には、企業が多様性をビジネスの中核優先事項として保持し、会話を超えて、説明責任を確保し、集団行動につながるコミットメントに移行することが重要である。

 

DIは世界のさまざまな場所でユニークな機会を提供する

D&I presents unique opportunities in different corners of the world

多様性と機会が世界中のすべてのオフィスで同じように見えるわけではないことを認識することが重要である。 独特の社会的および経済的障壁と文化的規範は地域ごとに異なるため、性別、人種、その他の格差はターンキーソリューションでは対処できない。 DIへのグローバルなアプローチを継続する一方で、ローカルで考える ことを忘れないで欲しい。 具体的には、テクノロジーおよび旅行業界では、採用方法だけでなく、最初からより強力な人材パイプラインを構築する方法にもDIを浸透させることができる。 ヨーロッパでのMicrosoftの調査によると、女子は11歳でSTEM科目に興味を持つが、15歳になるまでに興味を失う。これは若い女性の興味を維持するための小さなウィンドウであり、行動を起こす必要がある。 たとえば、昨年5月わずか2日間であったがBooking.comはサンフランシスコでCode-a thonを主催し、テクノロジーに関心のある10人の若い女性を、コーディングクラス、メンターへのアクセス、スキルを磨くための実践的なトレーニングを含むイマージョンセッションに招待した。 このプログラムは、10人の若くて熱心な心をこの分野に興味を持ってもらうきっかけになる可能性がある。

さらに、Technology Playmaker Awardsは、テクノロジーの道を切り開く女性を表彰すると同時に、グローバルなテクノロジーセクター全体のあらゆる種類の多様性を称えることを目的として、3年前に開始された。 リーダーシップにおける女性の進歩の勢いと、過去数年間の我々の集合的な焦点は、我々が正しい方向に進んでいることを私に期待させる。 しかし、我々が再建する時 、我々は単に現状を目指すことはできない。 このパンデミック危機から私が学んだことがあれば、それは我々が社会の最も脆弱な人々に立ち向かわなければならないということである。 今年のほぼ毎日、我々は変化する世界の深く永続的な課題を目の当たりにして来た。しかし、我々はまた、これらの課題に対処するために上昇する人間の回復力を目の当たりにしている。 長期的に構築するということは、我々の職場やコミュニティに同じ回復力を反映し、お互いに支え合うことを意味する。 この瞬間を取り、それを勢いに変えよう すべての人にとってより包括的な世界を構築するために未来に目を向けよう。

著者:Gillian TansBooking.com女性会長。(12/15 https://bit.ly/2KpAhlw)

 

 

11. 収益パーフォーマンスとゲストインテリジェンスの融合

旅行業界の歴史の中で初めて、すべてが世界的に一時的に停止した。 パンデミックは、すべての本質的でないビジネスおよびレジャー旅行を止めた。

エンターテインメントと小売は事実上消費できるが、旅行に相当するオンラインはまだ存在しない。 人々は旅行をし、人とのつながりを切望するという本質的な必要性を持っている。 したがって、世界が地上停止(ground stopするのを見るのは、業界の多くの人にとって超現実的の経験であった。

幸いなことに、いくつかの希望が浮かび上がって来ている。 世界の特定の地域では、旅行が何らかの形で戻ってくるのをすでに見ることができる。 この進化する環境において、ここに我々が今日いる場所のいくつかの重要な観察がある:

 

旅行会社はより少ない費用でより多くのことをすることが期待されている

Travel companies are expected to do more with less

宿泊、飛行機、車、クルーズ、鉄道、アクティビティ、レストランのいずれのビジネスでも、我々は皆、パンデミックの影響を乗り越えている。 しかし、影響は全面的に同じではない。 パンデミックは、中小企業の所有者と運営者に実存的危機を引き起こした。 大企業は回復するまでの長期戦に対応しており、多くの場合、従業員を手放したり、追い詰めたりすることを意味する。 企業は、非常に不確実な時期にチームを関与させる方法をその場で学んでいる。 多くの旅行会社は、危機を乗り切るために学習し、賢くするために、冗長性のいくつかの必要な排除を経なければならなかったが、業界は依然として旅行に回復力があるという信念を持っている。 旅行の未来に備えるために、我々はテクノロジーへの投資、そして我々の人々への投資を倍増する必要がある。 最終的な目標は、旅行者を喜ばせ、エンゲージさせ、若返らせ、刺激し続ける方法である。

 

旅行会社はもはや従来の収益管理に頼ることができない

Travel companies can no longer rely on traditional revenue management

今日見られる需要と供給の間の動的で予測不可能なダンスを考えると、履歴データ、確立されたパターン、および在庫管理戦術に依存する従来の収益管理アプローチはもはや適切ではない。 リアルタイムの市場洞察とすべての人がアクセスできる将来を見据えた需要洞察に依存して、収益管理への将来を見据えたアプローチをとるケースがあったとしたら、それは今だ。 将来を見据えた旅行業界を構築するには、企業は収益パフォーマンスを進化させる必要がある。 これは、ジャストインタイムの洞察、リアルタイムのアラート、将来を見据えたミクロおよびマクロの需要指標を組み込んだ手法であり、商業的成果が事前に決定され、市場のコンテクストの中に存在する。 シナリオプランニングの戦術、共通の目標に基づいて測定およびインセンティブを与えられるまとまりのある商業チームと組み合わせることで、収益パフォーマンスは、これらの時代に非常に必要とされる敏捷性を制度化すると信じている。 計画サイクルはおそらくもっと長くなるが、収益パフォーマンスを推進するために今日必要な実行期間は間違いなく短くなる。 それは、はるかに短い。

 

旅行業界は変革に着手している

The travel industry is embarking on transformation

パンデミックの直後、我々の多くは国内旅行と地元旅行に焦点が移っている。人々が封鎖と検疫から抜け出すと、旅行への衝動が彼らを家に近い場所に連れて行った。 国立公園や地元のアトラクションは、人々が家の境界から逃れるために必死になっている実行可能な目的地として人気が急上昇した。 我々は、目的地なしの飛行便や、バーチャル旅行を体験することで、どこにも行かずに、旅行の必要性を満たした。 長期的には、我々は旅行へのさらなる障壁を打破する準備ができているようだ。 Hyperloopでの旅行はどのようになるか?  地球外旅行は究極のレジャー旅行となるか?

5Gネットワークの急増に伴い、テクノロジーと旅行は、我々のお気に入りの目的地の没入型拡張現実(AR)体験によってさらに絡み合うだろうか?

すべての旅行が裁量(discretionary)であり、ゲストの満足度が成功の唯一の本当の尺度であり、旅行が物理法則(laws of physics)に依存または拘束されていない場合、我々は業界としてどのように進化するか?  その場合に必要なのは、業界のリーダーと旅行者コミュニティが共同で旅行の未来を設計する、ある種の再発明である。

 

もうそこにいるか? Are we there yet?

パンデミックの継続的な影響を理解するために、我々は自分自身に問いかけた。 ホスピタリティと旅行業界はどのように回復できるのだろうか。これは、Expedia GroupSalesforceのパートナーコミュニティから学んだことのスナップショットだ。 分かりやすくするために、ゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスを次のように定義する。

·      収益パフォーマンス 市場と競争の文脈で将来を見据えた市場洞察と需要指標を使用して、需要を最大化し、したがって収益と収益性を最大化する。

·      ゲストインテリジェンス 段階的なタッチポイントで強化された進化的アプローチを使用した、ゲストの支出パターンと好みに関する包括的な知識と理解。 目的は、物理的およびデジタルタッチポイント中にゲストインテリジェンスを活用して、タビマエ ・タビナカ ・タビアトの経験を強化し、ゲストの満足度を高めるという全体的な目標を達成することである。

我々は、ゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスの分野を統合する必要性を強く信じている。 伝統的にこれらは並行して動作し共存していたが、合致していなかった。 市場の需要が成長軌道に乗っている時、豊富な財源、才能、歴史的洞察が存在する。 しかし今はそうではない。 世界の一部の地域で市場が再開しているため、企業はベースラインを再確立し、収益パフォーマンスとゲストインテリジェンスの両方の仮定を再検証する必要がある。 ゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスからの洞察を統合することで、回復を加速できる。 では、ゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスの統合された世界に向けてどのように移行するのだろうか。 これが我々の考えだ:

 

(1). 旅行者の最も熱心なサブセットを特定して関与する

   Identify and engage your most dedicated subset of travelers

熱心で忠実な過去の旅行者が最初に戻って来る。 これは、パンデミックによる障壁が間にないことを前提としている。 もしそうなら、熱心な旅行者の次のセット(next set of dedicated travelers)に移動する。これは多くの場合、価格に敏感である可能性が低く、ビジネスをより支援する旅行者のサブセットである。 したがって、ゲストインテリジェンスデータを深く掘り下げて、国内で最も頻繁に旅行する旅行者に連絡し、それらの関係を強化する。

 

(2).「ゲストから学ぶ」という考え方を確立する

   Establish a "Learn from the Guest" mindset

現在のビジネスの縮小により、これはチームが輝ける絶好の機会である。 チームを再教育し、ゲストの好みとパーソナライズに重点を置くことを繰り返す。 ゲストから学ぶ という考え方は、旅行者が積極的に旅行を検討していない場合でも、旅行者と有意義なつながりを持ち、つながりを維持することを意味する。 目的地のコンテンツ、プロパティの更新を使用して旅行者を引き付けるための複数のオプションがあり、今日の在宅勤務の現実からの 脱出 を提供する。旅行者があなたと一緒に予約されていないからといって、彼らが彼らを手に入れる ブランドとのエンゲージメントを切望しないという意味ではない。

 

(3). 高度のパーフォーマンスの商業チームと文化を発展させる

  Develop a high-performance commercial team and culture

ゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスの洞察がすべてに浸透し、包括的であることを保証するために取り組む必要がある。 持続可能な収益戦略とゲスト中心主義のバランスをとるように商業チームに思い出させることで、長期的な回復が確実になる。 チームが、タイムリーで正確なゲストインテリジェンスと収益パフォーマンスの洞察を得るのは良い第一歩である。 それが実行可能であり、日々の意思決定に組み込まれていることを確認することが究極の目標である。

 

(4). 収益のパフォーマンスはすべての人の責任

   Revenue performance is everyone's responsibility

収益パフォーマンスとゲストインテリジェンスは、同じコインの両面だ。 どちらも真空中では機能しない。チーム全体がゲストの満足度と収益の最大化という共通の目標に向かって集まると、それは機能を超えて組織のDNAの一部になる。

 

(5). 未来に備えながら、現在に焦点を当てる

  Focusing on the now, while preparing for the future

これは、旅行業界の多くの企業にとって現実である。 関連する履歴データと市場の洞察がない場合、誰もができる最善のことは、今、今日、今週の最適化に集中することである。 前述のように、プランニングサイクルとシナリオプランニングサイクルは長くする必要があるが、実行期間は短くなる。 我々は皆、刺激と興奮の機会として、毎日、そしてすべての旅行者との交流に取り組む必要がある。

 

結論 Conclusion

Covid-19の影響からの回復は予測不可能であり、我々が望むよりも時間がかかる可能性がある。 しかし、その回復がどのように見えるかを設計し、影響を管理する機会がある。 これは手の届くところにあり、我々の掌中に存在する。 問題は、我々の中で誰が集中し続け、自信を持って実行し、旅行者に夢中になり、反対側でより強くなるかということである。これはあなたのチームを説明しているか?

著者:Vivek Bhogarajuは、Expedia GroupTravel Partner Groupの収益パフォーマンスソリューションのゼネラルマネージャー。 Antonio Figueiredoは、Salesforceの旅行、輸送、ホスピタリティのシニアディレクター。

(12/16 https://bit.ly/2WzKOxv )

 

 

12. 航空業界変革への6つのテクノロジートレンド

2020年は、COVID-19の大流行により世界的に乗客数が大きく変動し、航空輸送業界でこれまでで最も激動の年となったと歴史書に載っている。 今年の前半に政府が課した旅行禁止と全国的なロックダウンの解除は、旅行者が一斉に空に戻ることを促すのに十分ではなかった。 SITAのデータによると、202011月末の世界の旅客輸送量は、北半球の夏の数か月にいくつかの前向きな兆候を示した後に、2019年前年比で48%落ち込んだ。 搭乗客の信頼を取り戻すことは、航空会社が進行中の経済的嵐を乗り切るための重要な要素になっている。

 

希望を抱く理由 Reasons to be hopeful

西側諸国では2020年のホリデーシーズンの旅行の見通しが暗いにもかかわらず、2021年に期待する理由が存在する。 過去10年間の業界の成長の間に傍観されていた二次的(fringe)および新興技術は、現在、重要なCOVID-19の課題を解決する上での有効性を評価するために、熱心に精査されている。 たとえば、入国時に乗客の健康状態を電子的に確認する必要があるHealth ETAElectronic Travel Authority)は、来年までには当たり前のように見えるだろう。 新しいCOVID-19ワクチンが2021年に利用可能になると、それらの使用法は標準化されるだろう。 

 

加速されたデジタル化 Accelerated digitization

停滞した経済とキャンセルされたイベントの代名詞であるにもかかわらず、2020年は航空輸送業界全体でテクノロジーの採用が加速した年であった。

これは、新技術を積極的に追求している世界中の顧客と緊密に連携しているためだ。 ヘッドマウント サーマルスキャン デバイスからテクノロジーがサポートする社会的距離測定まで、新しいテクノロジーが空港に浸透し、乗客の体験を変えた。 イノベーションの採用のそのペースは、今後数年間で急速な業界変革の舞台を設定する。 人と地球に適した、よりスマートで、より安全で、より持続可能な旅行業界がやってくる。 これが、この変容を支えるために設定された6つのテクノロジートレンドだ。

 

(1). 高度なセルフサービスとバイオメトリクス

  Advanced self-service and biometrics

デジタルで最適化された旅行者体験は、さまざまなセルフサービスデバイスに組み込まれた顔認識とタッチレステクノロジーを利用している。 自動化とバイオメトリクスは、今後数年間で世界の主要空港で例外ではなく標準になるだろう。 SITAはすでにセルフサービスの生体認証およびモバイル技術を実装しており、北京 やマイアミを含むいくつかの空港における出発乗客のハンドリングを自動化している。 これらは、乗客の顔が搭乗券となってタクシーから飛行機まで流動的かつシームレスに歩くことができる ウォークスルー 空港体験を提供する。 処理効率の向上は、列に並ぶ時間が減り、すべての乗客の社会的距離が広がることを意味する。 COVID-19時代の主な利点は、このプロセスによって空港の機器に触れる必要がなくなり、感染のリスクが大幅に軽減されることである。 空中にいると、乗客はますます Wi-Fiまたは4Gネットワークを介してサービスを提供され、非個人的なタッチポイント(シートバックの機内エンターテインメント画面など)を回避し社会的距離を尊重する。その結果、機内での信頼が 高まる。  搭乗旅客プロセッシングを改善するための生体認証と自動化だけでなく、SITA Smart Pathなどのテクノロジーを使用して、空港や航空会社の乗務員の効率と安全性を向上させる大きなチャンスがある。 

202011月、SITAは、顔認識技術を使用して乗務員を識別および認証し、チェックイン手順と、必須の飛行前の安全性とセキュリティの質問を自分のモバイルデバイスを介してデジタルで完了できるようにするEtihad航空の試験を発表した。 新しいイニシアチブは、乗組員が認証の形式としてスタッフIDカードを使用する必要があるキオスクベースのチェックインプロセスに取って代わった。

 

(2). COVID-19に対応したSDNイノベーションと進化する空港運営

   SDN innovation and evolving airport operations in response to COVID-19

SITA Airport Managementなどの乗客フロー管理テクノロジーは、空港全体の乗客の動きを理解および管理するために、空港にリアルタイムの乗客監視と実用的な洞察を提供する。 長期計画だけでなく、日常業務における群集密度や社会的距離を積極的に管理することが必要になる。 SITAInformation Display Systemなどのテクノロジーを利用して、空港は乗客にパーソナライズされたモバイルメッセージを送信できる。 この追加されたレベルのコミュニケーションにより、乗客は空港での移動全体を通して安心できることになる。 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の革新により、パンデミック中およびパンデミック後の旅行の需要の変化に対応できる、より回復力があり機敏な空港運用も可能になる。 たとえば、SITASDNポートフォリオにより、複数の航空会社、グランドハンドラー、およびその他のテナントがクラウド内の同じ仮想化インフラストラクチャにアクセスできるようになり、よりスケーラブルで俊敏な接続が実現する。 Orange Business ServicesFlexible SD-WANポートフォリオを活用することで、コスト効率が向上し、アプリケーションをクラウドに移行するという航空業界の意欲がサポートされる。

 

(3). モノのインターネット、人工知能、機械学習

   Internet of Things, artificial intelligence and machine learning

モノのインターネット(IoT)は長い間大きな約束をして来たが、5Gの統合、成熟した人工知能(AI)プログラム、および安価なハードウェアに組み込まれたセンサーの普及により、この約束が実現しつつある。 IoTは、空港全体で会話し、効率を高めるデータ生成デバイスと資産のネットワークを作成する。  IoTAIを利用してビジネス上の問題を解決するテクノロジーの例としては、ロボット工学と自動運転車、コンピュータービジョン、言語、仮想エージェント、機械学習などがある。 機械学習アルゴリズムは、明示的なプログラミング命令を受け取るのではなく、データと経験を処理することによってパターンを検出し、予測と推奨を行う方法を学習する。 すでに、乱気流や変化する気象パターンをインテリジェントに処理するためのリアルタイムデータの使用が増えている。 SITAは最近、予測と衛星ベースの観測データの両方を提供するeWAS Pilotのソリューションを発表した。 これにより、乗組員は回避可能なものを回避し、より経済的でインテリジェントで柔軟な飛行計画を作成できる。 消毒、社会的距離、顧客サポートプロセスの自動化などの差し迫ったニーズへの対応を支援する一方で、これらのテクノロジーの組み合わせは、空港を超えて、我々の周りの物理的な世界が接続され、インテリジェントになる第4の産業革命の道標となる可能性がある。 AIアルゴリズムは効率の鍵となり、洗練されたAIが空港の秘密のソースになる。 空港は、AIベースの推奨事項によってサポートされる視覚対応の分析を使用して、すべての利害関係者の操作のリアルタイム3Dシミュレーションを実現し、操作効率を向上させ、乗客の体験を向上させる。

 

(4). 空の旅のためのデジタルアイデンティティの開発

  Development of a digital identity for air travel

今後数年間で、デジタルIDの開発が従来のパスポートに取って代わると予想している。 1つのアプローチは、Digital Travel CredentialDTC)であり、現在ICAOなどの主要な業界団体によって調査および進展されている。 もう1つの潜在的な解決策は、セルフソブリンIDself-sovereign ID)だ。 これは、旅行者が個人データの共有方法と使用方法を制御できるデジタルIDの形式である。 これにより、セキュリティと柔軟性のレイヤーが追加され、ID所有者が特定のトランザクションまたは対話に必要なデータのみを公開できるようになる。 セルフソブリンIDを使用する利点には、金融取引コストの削減、人々の個人情報の保護、サイバー犯罪の機会の制限、旅行、医療、銀行、IoT、不正投票などのさまざまな分野でのIDの課題の簡素化が含まれる。

 

(5). 予防接種ビザ、健康ETA、高度な乗客処理

   Vaccination visas, Health ETAs and Advanced Passenger Processing

Health ETAにより、政府は旅行や観光による感染のリスクを減らすために必要な情報を受け取ることができる。  旅行者は、COVID-19抗原の存在を示すPCR検査結果を含む可能性のある健康状態に関する情報を提供する必要があり、旅行前にその評価の結果が通知される。 これにより、旅行者は出発前に、旅行を完了するという確信を得ることができる。 Advance Passenger ProcessingAPP)は、健康上のリスクを含むリスクを評価し、チェックイン時に旅行を許可または拒否する機能を提供する。 Health ETAサービスの実装と組み合わせると、リアルタイムのチェックを実行して、各旅行者が必要なヘルスチェックを完了し、旅行する資格があることを確認できる。

 

(6). 航空業界全体の節約のためのブロックチェーン

  Blockchain for aviation industry-wide savings

それはまるでブロックチェーンが航空輸送業界のために発明されたかのようだ。 ブロックチェーンとは、さまざまな業界のプレーヤー間で情報を安全に共有することである。 これは、ワークフローとデータ交換を容易にするために使用できる、特定のポイントで1つだけの真実を提供することである。

この信頼できるネットワークは、乗客の体験やデータのプライバシーを損なうことなく、COVID-19のいくつかの重要な課題に対処するようにカスタマイズされている。 PwCは、ブロックチェーンを使用すると、航空宇宙産業の収益が4%または400億ドル増加し、メンテナンス修理およびオーバーホール(MRO)のコストが世界全体で約5%または35億ドル削減されると見積もっている。  節約は、安全なドキュメントストレージ、機密性とデータプライバシーの確保、修復時間と在庫に関する洞察の向上、自動化されたワークフロー、およびより効率的なレコード調整から得られる。 2020年、ブロックチェーンはSITA Blockchain Alliance MRO Proof of ConceptMRO概念実証で使用され、航空機の各部品に関する2つの別々の情報(デジタルスレッドとデジタルパスポート)を記録および追跡する。 デジタルスレッドは、リアルタイムのステータス、流通過程管理(Chain of Custody)、出生までの追跡(back-to-birth track )、および航空機部品の経時的な追跡を提供した。 人間のパスポートのようなデジタルパスポートは、部品の明白なアイデンティティを提供し、所有権を証明するための耐空性の証明などの他の重要なデータを含む。 乗客の観点からは、通関手続きはブロックチェーンが課題を解決できるもう1つの分野である。 空港、航空会社、および政府は、手荷物の内容情報を共有して、到着時に手荷物を事前にクリアできるため、輸送中に手荷物を再チェックする必要がなくなる。 この部門の効率を改善し、到着時に手荷物を誤って取り扱う可能性をさらに減らすことは、乗客にとって朗報である。 COVID-19は、1人の乗客の旅の間にコラボレーションする必要がある数十の組織間でのデータ共有の課題の地雷原を提示する。 重要な情報を安全かつ瞬時に共有できるようになると、すべての人にとってより簡単で、よりスマートで、より安全な空の旅が実現し、空への回帰が促進され、今後数年間の航空輸送業界の回復力が強化される。

*これはもともとWebInTravelによって公開された記事である。

(12/16 https://bit.ly/3ntCqeH )

 

 

13. モダンなホテル宿泊客の理解

2020年は、ホスピタリティ業界に多くの新たな課題をもたらした。 今後1年を見据えて、事業者は、パンデミックの影響を受け続ける宿泊客のニーズに合わせて業務を調整し続ける必要がある。 予約からチェックアウトまで、オペレーターは、変化する期待に応えそれを超えるためにゲストの旅のあらゆる側面に集中する必要がある。 最新の健康と安全機能を実装する場合でも、滞在を特別なものにするパーソナライズされたタッチを追加する場合でも、オペレーターは考慮すべきことが沢山ある。 2021年に成功するためには、それに応じて優先順位を調整し、将来の収益を促進する強力なゲスト関係とロイヤルティを育成し続ける必要がある。

 

ステイケーションナアー の台頭  Rise of “Staycation-er”

今年は、旅行の計画やホテルの予約に対するゲストの意欲が過去数年よりも大幅に低下しているのは当然のことである。 ただし、SevenRoomsの最近のBeyond the Bookingレポートで明らかになったデータによると、アメリカ人のほぼ半数(46%)が適切な状況下でホテルを予約している。 さらに、データによると、ステイケーション(つまり、ユーザーの故郷の都市内での旅行)の人気が急上昇しており、アメリカ人の5分の1以上(21%)が今すぐステイケーションのためにホテルを予約すると答えている。 このデータは、アメリカ人がまだ地方レベルでの脱出を探していることを示している。 最も重要なことは、それはオペレーターが彼らに合わせた機能と特典で新年にステイケーションを受け入れる大きな機会を表している。 このステイケーションナーは脱出(エスケープ)を探しているが、そもそも予約をするための、特定の見逃せないこと(deal-breakers)やマストアイテム(must have)がまだある。 現在の状況のため、健康と安全の機能が当然優先されており、アメリカ人の34%は、宿泊人数が少ないホテルで予約する傾向があると述べている。 これらのゲストは、健康と安全対策(41%)、非接触技術(20%)、到着時のゲストの健康診断(30%)に関連する滞在前のコミュニケーションを提供するホテルでのみ予約する。 したがって、これらのゲストは旅行の準備ができているが、サイトのすべての健康と安全のボックスをチェックして、それらを維持する必要がある。

 

経験の力  The power of experiences

ゲストは単にホテルを予約するための重要なプロパティの変更を探しているが、これらの期待は全体としての彼らの経験に関している場合にのみ増加する。 健康と安全は依然として最優先事項であり、オペレーターが特定のガイドラインを実施しない場合、一部のゲストは滞在を早期に終了し、そのホテルに二度と戻らないことさえある。 これには、ホテルのスタッフやサービススタッフの見た目やサービスが悪い(67%)、社会的距離を強制しない(63%)、ホテルのスタッフやサービススタッフ(58%)やゲスト(55%)がマスクを着用する必要がないことが含まれる。 ただし、ゲストエクスペリエンスは、健康と安全の機能に完全に依存しているわけではない。 ステイケーションは依然としてエスケープであり、ゲストはホテル滞在時に期待する、食べ物や飲み物の特典やアメニティなどの特徴的な体験を探している。  朝食を例にとってみよう。アメリカ人の3人に1人以上(34%)が、ホテルの食事のアメニティについて考える時に、無料のホテルの朝食が一番のアイテムであると述べている。 この体験は間違いなくパンデミック前とは異なっていると考えられるが、オペレーターはこのFBオプションをゲストに安全かつ確実な方法で提供することを主張できる。 これは、パッケージ化された食品の提供、室内での食事のオプションの強化、または非接触型注文テクノロジーを組み込んでスタッフや他のゲストとのやり取りを減らすことによって行うことができる。 多くの人は、レストラン、プール、カジノなどの設備を利用したいと思っているが、混雑することを恐れずに予約して楽しむこともできる。 アメニティの事前予約に関心のあるアメリカ人の59%は、滞在前にホテルのレストランを予約したいと考えており、続いてプールでのんびり(42%)、スパやサウナ(37%)を訪れている。

これをゲストにシームレスに提供するために、多くのオペレーターは、簡単に実行できるように、会場全体に予約テクノロジーを組み込んでいる。 たとえば、ゲストにブラックジャックテーブルの座席を予約する機能を提供すると、群衆の中で座って待つ必要がないという安心感が与えられる。 オペレーターはまた、部屋を予約したくないが、その日だけでも地元の エスケープ を利用したい地元の人々に、これらの設備へのアクセスを提供することを検討する必要がある。 たとえば、ステイケーション パスを発行して、プールサイドのラウンジやスパのサービスの体験を提供できる。 これらの体験をホテルに滞在していない人にも開放することで、オペレーターはこれらのゲストに関するデータを収集し、許可があれば、将来の滞在や他の都市のホテルへの旅行のために、再び快適に旅行できるように特別に売り込むことができる。 ゲストデータを活用してこれらのマーケティング活動を調整するこの機能は、新しいゲスト、多くの場合、リピーターのゲストを作成するのに役立つ。

 

パーソナライズは依然として重要 Personalization is still key 

テクノロジーを使用して安全で思い出に残る体験を作成し、ゲストジャーニーのすべての側面にそれを慎重に実装することで、オペレーターは収集した洞察とデータを使用して、ゲストのロイヤルティを構築するのに大いに役立つパーソナライズされたタッチを追加できる。 FBの経験やアメニティのために特定のホテルに滞在する可能性が高いアメリカ人のうち4人に1人は、再度予約するための個別のオファーを受け取ると、別のホテルよりもそのホテルを選択するように促されると述べている。 そのレストランやバーは彼らを納得させるだろう。 そうは言っても、ロイヤルティプログラムやマーケティング活動が正しく行われることが不可欠である。 オペレーターは、ゲストが戻って来てエンゲージメントを維持できるように、ここを超えてそれ以上を行って行く必要がある。 たとえば、ゲストが前回の訪問でホテルのバーの1つを訪問した場合、ホテルは到着時に次の訪問のために無料の特製カクテルの電子メールを送信する。 オペレーターが2021年に目を向ける時、滞在を予約する時にゲストが要求する新しいテクノロジーと健康と安全の機能に焦点を合わせることが重要だ。 ただし、パーソナライズや優れたFB体験など、ホスピタリティの実証済みの真の体験的側面にも細心の注意を払うことは、それ以上ではないにしても、ほぼ同じくらい重要である。 これらの特典は、ゲストが何度も、何度も戻ってきて、ロイヤルティと最終的には収益を促進するものである。

著者:Joel Montanielは、SevenRoomsの共同創設者兼CEO

(12/16 https://bit.ly/3arKAjY)

 

 

14. VIDEO: 新現実 Mount Sinai Health SystemDr. Erik Lium

New Reality With ...シリーズの次のゲストは、ローカルおよびグローバルコミュニティに医療を提供する統合ヘルスケアシステムであるMount Sinai Health Systemの最高商業イノベーション責任者であるDr. Erik Liumである。 旅行ブランドやその他の企業は、コロナウイルスの発生の余波にどのように対処しているのか?  まだ出現する可能性のある業界で最大のプレッシャーポイントはどこにあるのか?  ブランドと市場は、特に旅行と予防接種の再開の分野で、彼らと旅行者が直面する新しい一連の状況に対応するためにどのように進化するだろうか。 世界最大のビジネスセクターの1つで、困難な時期に業界のリーダーが検討すべき重要な質問。 PhocusWireKevin MayとのLiumの議論は、20201215日火曜日に放送された。(12/16 https://bit.ly/3p07ent )

 

 

15. アマゾンWebサービスの旅行ブランド回復支援

COVID-19のパンデミックに襲われた旅行会社やホスピタリティ会社は、ビジネスを再構築しようとする際に1つの根本的な懸念を抱いている。 Amazon Web Serviceの旅行およびホスピタリティのマネージングディレクターであるDavid Pellerは、「我々は皆、この特定の環境でコストを節約しようとしている。 COVIDは、世界中の企業をクラウドに向けて推進していると思う」と述べている。 AWSは、旅行およびホスピタリティブランドのデジタル変革を支援するために、企業がITコストを削減し、迅速に革新し、この困難な時期を乗り切るだけでなく、長期的にも繁栄できるように設計された新しいパートナープログラムを開始した。 AWS Travel and Hospitality Competencyと呼ばれるこのプログラムは、運用効率とゲスト向けエクスペリエンスの向上に役立つテクノロジーとサービスを提供できる、最も経験豊富なAWSパートナーを特定してプロモートする。 「これらは、クラウドサービス、特にAWS、および業界の専門知識に関する実証済みの専門知識を持つ企業である」とPellerは言う。

 

クラウドへの取り組み Cloud commitment

AWSによると、Competency Program“AWS Partnerが達成および維持できる最も厳しい指定(designation)の1 であり、顧客が協力することを選択したパートナーに自信を与えることができる。 このプログラムは、コンサルティングパートナーのAccentureDeloitte、テクノロジーパートナーのOpenJaw TechnologiesDatalexIBS Software3VictorsBoxeverVolaraを含む27のパートナーと共に12月初旬に開始された。

音声ベースのホスピタリティソリューションのプロバイダーVolaraの共同創立者兼CEODave Bergerは、Volara2021年のPhocusWireHot 25 Startups1つに選ばれた)は、AWSVolaraのクライアントから肯定的なフィードバックを受け取り、詳細を問い合わせた後にプログラムに参加したと言っている。「我々のソフトウェアの下で数週間検証し、CTOに何度もインタビューした後、AWSのチームは我々を最初のパートナーに招待した」とBergerは言う。

Pellerは次のように語っている;

ホスピタリティおよび旅行会社は、リソースが少なくて済みミスの余地が少なくなる、今後数年間のビジネスを支援するソリューションを模索している。 AWSの承認スタンプ(検印)は、ホスピタリティおよび旅行会社が、ソリューションが最高品質であり、ビジネスへの影響が証明されていることを知ることができる1つの方法である。 クラウドソリューションの最も魅力的な要素の1つは、“この弾力性のアイデア” である。 ホテルの運営者であろうと、宿泊施設と宿泊施設のサービスであろうと、レストラン事業であろうと、航空会社と空港事業であろうと、それらにサービスを提供するテクノロジー企業であろうと、デジタルトランスフォーメーション(DX)のニーズに非常に重点が置かれていることが分かる。 パンデミック前に見られた2つの主要な推進要因は残っている・・・これは、よりパーソナライズされたエクスペリエンスと魅力的なエクスペリエンスを提供するための情報のより良い使用によって、旅行者のエクスペリエンスを強化することに焦点を当てている。 そして第二に、組織を通じてより多くの運用効率と効果を推進する。 クラウドは本当にその核心になる。

IBS Softwareの最高技術責任者であるChris Branaganは、在宅勤務の実施がクラウドを採用する旅行会社に大きな影響を与えたと考える。

「多くの企業にとって、クラウドサービスの使用は、以前は従業員にテクノロジーを提供することだけの問題であった。 しかし、パンデミックの際に展開が急増したため、クラウドコラボレーションツールの組織へのプラスの影響により、多くの企業に再評価を促した。 組織全体がより速く、より協調的に作業する方法、および顧客との作業方法を変えるクラウドサービスの可能性についての認識が高まっている。 すべてのビジネスは独自のものであり、一連の特注の課題がある。 組織の主な障壁は、旅行への自信を刺激すること、運用コストを削減すること、旅客輸送から航空貨物にピボットすること、流動性を維持する方法を見つけることなどである。 しかし、これらの異なる目標がすべて共通しているのは、それらすべてにイノベーションが必要なことである。 また、クラウドは、データの洞察を使用してビジネス上の課題の解決策を考え出すことで、課題を特定して評価するための理想的なプラットフォームである。 旅行ブランドは大きな変化を実現する以外に選択肢はほとんどない」とBergerは言う。 「変化するにはコストがかかるが、パンデミック後の世界で繁栄し、生き残ることにはそれが必要だ」と彼は言う。

 

スターアライアンスの賭け Star Alliance’s bet

AWSのクラウドテクノロジーを最大限に活用しようとしているグループの1つは、シンガポール航空、ユナイテッド航空、エアカナダ、ルフトハンザを含む26の加盟航空会社で構成される世界最大の航空連合であるスターアライアンスだ。 スターアライアンスは、AWS Partner Network Premier Consulting PartnerであるTata Consultancy Servicesとともに、すべてのデータ、プラットフォーム、ビジネスクリティカルなアプリケーションをAWSに移行し、データセンターを閉鎖することで、インフラストラクチャの総所要コストを25%削減する。 スターアライアンスはパンデミックの前にAWSと協力していたが、組織は「AWSサービスを利用して、非常に困難な技術プロセスから多くの摩擦を取り除き、世界中の異種システムを接続し、アライアンス内で運航する航空会社の透明性を高めた。 アライアンスは、これらのサービスを利用する旅行者に、よりリアルタイムの情報を提供する。 COVIDがヒットした時、他の多くの組織と同様に、コストの抑制と管理がスターアライアンスにとって非常に重要になった。 彼らはAWSでのインフラストラクチャのニーズを、当時要求されていた容量に合わせて実際に適切なサイズにすることができた」とPellerは言う。

実際、スターアライアンスはインフラストラクチャのフットプリントと支出を30%削減し、過剰なオンプレミス容量にお金を払うのではなく、AWSの使用を縮小することができた。 AWSにより、同社は半分の時間でアプリケーションを導入できるようになり、AWS FargateAmazon Elastic Container Serviceを活用して、乗客の移動をより簡単かつ安全にするサービスを強化している。 AWSのテクノロジーにより、スターアライアンスは、Amazon Auroraを使用して複数の航空会社の手荷物システムからのデータを処理する手荷物追跡アプリケーションと、ピーク時の月間1,200万を超えるトランザクションを処理および分析するStar Alliance Inter Airline Through Check-In Hubアプリケーションを作成できるようになった。

航空会社の会員と旅行者が将来の旅行計画の準備をする時、スターアライアンスは「これほど効果的かつ効率的に前進できるようになる」とPellerは述べ、彼が特に興奮しているサービスの1つは、旅行者にリアルタイムの接続状態と空港内の移動方法に関する情報を提供する新しい接続サービスであると述べている。 「毎年アライアンスを利用する世界中の旅行者の増加をサポートするために必要な信頼性とスケーラビリティを実現するためにAWSにオールインすることにしたが、パンデミックはまたクラウドの中に柔軟で機敏なインフラストラクチャを持つことが、いかに価値があるかを証明した。 2020年にこれまでに起こったことを予測することは誰もできなかったが、AWSとのコラボレーションにより、目標をすばやく調整し、費用を削減することができた。 コスト削減と弾力性に加えてAWSは迅速に革新し、旅行者を安全に保つための新しいサービスを導入し、グローバルな旅行体験を継続的に再発明するための最も包括的なクラウドサービスのセットを提供する」とスターアライアンスのデジタルおよびテクノロジー責任者であるJeremy Druryは述べている。

(12/16 https://bit.ly/3gUR7Vz )

 

 

16. Webinarリプレイ:空港非接触決済

非接触型空港体験の需要が高まるにつれ、航空会社は、収益機会を逃さずに乗客に安全な空港環境を提供できるようにする必要がある。 空港のセルフサービスインフラストラクチャを販売ツールに変えるのに役立つ最新のソリューションを見つけて欲しい。 キオスクとバッグドロップステーションでのセルフサービスチェックは、空港体験の2つの重要なコンポーネントであり、アップグレード、変更、および補助サービスの料金を請求できるように、支払い機能を強化できる。 業界をリードする業界誌であるPhocusWireと協力したWorldpay from FISに参加し、そのようなソリューションの課題と機会について話し合い、成功した実装のいくつかを紹介するこのウェビナーを見て欲しい。 ウェビナーは20211216日水曜日から利用できる。

スピーカー:

·      Worldplay from FIS航空会社および旅行担当副社長Thomas Helldorff

·      Annemarie GrahamFISからワールドで航空会社と旅行のグローバルパートナーディレクター。

·      Larissa ZellWorldplay from FIS航空会社および旅行のビジネスアナリストスペシャリスト。

·      PhocusWireのシニアレポーター、Mitra Sorrells

(12/16 https://bit.ly/38bIl1z)

 

 

17. プラットフォーム近代化、何故今必要

パンデミックの結果として、2020年までに経験したデジタルの混乱の高まりに対応して、決済プラットフォームをグローバルにアップグレードおよび近代化する企業が大幅に増加している。 移動、成長、変化に対応できる俊敏性と安全性を備えたプラットフォームを求める銀行や顧客が増えるにつれ、リアルタイムでパフォーマンスを示す必要性が高まっている。 過去12か月間、B2Bデジタル化に真の勢いがあったことが実際に示されている。 現在、非接触型決済やApplePayなどのシステムで、消費者の世界でかなりの量の決済の革新が見られたが、B2Bは、これまでデジタル決済とデバイスの使用の単純さをまだ受け入れていなかった。 今日、デジタルB2B決済の未開発で手つかずの領域に巨額の投資がある。 人々はついにデジタル化できる数兆ドルがあることに気づいた。 そして今こそ、活用して影響を与える時だ。 2020年には、特にパンデミックにより需要が大幅に増加し、在宅勤務などの行動のためにバックエンドの手動プロセスが実行できなくなったことを強調した。 古風なプロセスの自動化に役立つ新しいテクノロジーを検討する必要がある。 これは特に、バイヤーとサプライヤーの関係に焦点が当てられ、効率を上げるためにより高いレベルの信頼が必要となる危機の場合に当てはまる。

実際、パンデミックの際に浮かんでいるために必要な回復力を多くの企業に提供したのはデジタルの俊敏性である。 WEXがエコノミストグループと共同で委託した新しい調査によると、金融サービスとテクノロジーのエグゼクティブの72%がパンデミック以前よりもデジタルで機敏であり、83%が決済テクノロジーを活用して新しいビジネス価値の源泉を革新していることが分かった。

 

また、39%がデータ分析を含む新しいテクノロジーの実装について考えていたのに対し、42%は顧客向けのテクノロジープラットフォームとインフラストラクチャの最新化について考えていたことが分かった。 結果は、市場に明確な新しい方向性があることを示している。 それは、経営幹部がワークフローとサプライチェーンを見直し、最終的にデジタルファーストのアプローチを模索しているというものである。

この調査は、決済イノベーションが金融およびテクノロジービジネスの成長に向けてどのように位置付けているかを明らかにし、商業ビジネスがデータ主導のソリューションを実装する必要があることを明らかにしている。 デジタルトランスフォーメーションへのこの関心をキュレートするための鍵となる4つの推進要因がある。

·      ビジネス効率の向上

·      より大きな運転資本

·      収益

·      クラウドベースのソリューションの台頭

 

クラウドベースのソリューションがビジネスにとって何を意味するか

What a cloud-based solution can mean for your business

Synergy Research Group新しい調査結果によると、クラウドへの支出は増加しており、進行中のCOVID危機によって妨げられていないことが明らかになった。  2020年第1四半期のクラウド インフラストラクチャ サービスへの支出は290億ドルに達し、昨年の同時期に比べて37%増加した。

Gartnerによると、パンデミック後の必然的な景気後退にもかかわらず、クラウド支出は19%増加すると推定されている。 パンデミックの間、クラウドベースのソリューションを使用することで、企業はタイムリーに何千もの払い戻しを提供することができた。 特に、部分的なロックダウンの継続的な性質によって影響を受ける業界の企業はそうである。 クラウドベースのソリューションの敏捷性と速度は、スケールアップまたはスケールダウンするために重要である。 当社独自のクラウドベースのプロセッサは99.99%の稼働時間を達成しており、お客様の常時稼働プロセッサを実現している。 トランザクションの処理を開始できる速度が大幅に向上した。 以前は数日かかったものを数時間以内で新しいアカウントを設定できるようになった。 クラウドに参加し、Amazon Web Serviceと連携することで、ビジネスがより効果的になるのに役立っている。 実際、これは我々が行った中で最も素晴らしいことの1つであり、顧客もその価値を認識している。クラウドオファリングは以下を改善できる。

·      レジリエンス Resilience

·      稼働時間 Uptime

·      敏捷性とスピード Agility and speed

·      イノベーションスペース Innovation space

·      費用 Cost

では、パンデミックから何を学び、この新しい時代とデジタルの転換点をどのように受け入れるのだろうか。

 

重要なポイント Key takeaways

·      より多くの選択肢と柔軟性:ますます多くの企業が、新しい常識がここにあることを認識している。 その結果、世界中のより多くのサプライヤーと協力できるように、支払いの柔軟性を高めたいと考えている。

·      より優れたテクノロジー:投資を削減するのではなく、今こそ、企業がパンデミック後の将来を保証するためにテクノロジーと支払いプラットフォームをアップグレードおよび合理化する時だ。 クラウドベースのソリューションは、長期的にはより優れた回復力とより迅速なイノベーションを提供する。

·      完全に統合された買掛金プラットフォーム:買掛金(AP)プラットフォームと売掛金(AR)プラットフォームの間に橋を架けることで付加価値が生まれ、現在、WEXではAP / AR接続の要素に取り組んでいる。 そうすることで、業務の合理化に役立つだけでなく、企業に付加価値をもたらし、効率を解き放ち、コアビジネスに集中できるようになる。

·      市場の専門知識:企業は単なる決済およびテクノロジープロバイダー以上のものを求めていることを我々は知っている。 パートナーの専門知識と独自の市場の課題に対する独自の理解は、差別化ために不可欠である。

著者:Anant Patelは、WEXEMEAおよびアジア太平洋地域の副社長。

(12/17 https://bit.ly/37vL07c )

 

 

18. VIDEO: Vizergy

クラウドイノベーションは、オールインワンプラットフォームでデジタル販売とマーケティングをシンプルにする。 デジタルを簡素化する準備はできているか?  Vizergyの社長兼最高経営責任者であるRobert ArnoldJoe Hymanが語る。 Vizergyは、収益を最大化するツールで世界のホスピタリティ業界にサービスを提供している。 ベストプラクティスに基づいた成功の秘訣には、最先端のテクノロジーと実績のあるデジタルマーケティングプログラムが含まれる。 これがそのピッチだ。(12/17 https://bit.ly/38iehRI)

 

 

19. 2021年のホテルテック

COVIDがすべての業界、特にホスピタリティにとって最大の混乱をもたらすことを示していると言うのは控えめな表現だ。 計画をピボットし、人間のつながりを失うことなく、社会的距離の要件の制約内で日常生活をモデル化する方法を学ぶことは、バランスをとる行為であることが証明されている。 これらすべてにもかかわらず、他のほとんどの分野よりも成長と適応性が高まっている分野の1つは、テクノロジーが現在の仮想生活のニーズをどのように満たしているかである。 ZoomMicrosoft TeamsFaceTimeなどのコミュニケーションプラットフォームはすべて、我々の社会の日常生活の一部になっている。 問題は次のようになる。 ホテルのゲストエクスペリエンスに接続する新しいモードを適合させる方法はあるのか? 答えは圧倒的にイエスである。 テクノロジーは、2021年に旅行が再開して旅行者の信頼を得た時に、健康と安全の基準を強化するためのホスピタリティ業界が自由に使える最大のツールの1つになる。 今後数か月で重要性が増す2つの重要な要素には、非接触型決済の開発を継続するというホテル経営者の取り組みと、再開時にフルスタッフを呼び戻すことができなかったホテルを支援するための技術プラットフォームの使用が含まれる。

 

非接触型の無限の機能 The endless capabilities of contactless

新しい旅行とホスピタリティ環境に対応して、ホテル経営者は、技術パートナーの焦点が、単にスタッフの効率を提供することから、消費者のユーザーエクスペリエンスへとシフトすることを期待できる。 これまで、ホテル業界全体で開発および実装されたプラットフォームは、スタッフの能力アップを中心としていた。 今後数か月は、ゲストの利便性を順守する上で上昇が見られる。 ソリューションは、ホテルスタッフの使いやすさを失うことはないが、ゲストのために各滞在をパーソナライズする方法にさらに重点を置いている。 最新のコミュニケーションツールをホテルの運営に接続すると、電話やモバイルデバイスで、どこにいても旅行者と会うことができる。 SMSテキストメッセージ、チャットアプリ、さらには音声コマンドなど、広く採用されているプラットフォームは、相互に通信するための一般的な方法になっている。 現在のテクノロジーは、ホテル内のゲストサービスを変換して、パーソナライズと利便性を可能にすると同時に、スタッフとゲストの間で直接話し合う必要をなくす。 フロントデスクとコンシェルジュサービスをホテルのアプリに適応させて移動することで、モバイルチェックイン、キーレスエントリーなどが可能になり、ゲストの指先でより多くのサービスとアメニティを利用できるようになる。 非接触型コミュニケーションにより、ホテルは、忘れられないホテル滞在の代名詞である独特の個性的なタッチを提供しながら、社会的に離れた旅行のランドスケープの両方に準拠する力を得ることができるのだ。

 

チームのデジタル拡張 A digital extension of the team

多くのホテルが再開時に完全なチームを復帰させることができないため、スタッフの不足が世界中のホテルに負担をかけている。 ホテル内のさまざまな部門の個々の従業員の作業負荷は、新しい健康と安全のプロトコルが一貫して守られるように全員が取り組んでいるという事実に加えて、大幅に増加している。 ここでは、デジタル組織およびタスク管理アシスタントとして機能する適切な技術プラットフォームが役立つ。 ホスピタリティに重点を置いたシステムは、情報の流れをリアルタイムで支援し、チーム全体を最新の規制や作業指示のニーズなどに対応させる可能性を秘めている。 適切なテクノロジーパートナーが、ホテル経営者が複数のタスクにタスクを割り当てる方法を作成する。 従業員を一度に、タスクができるだけ早く完了するようにする。 クリーニングの頻度に関するリアルタイムのアラート、タスクの進行状況の追跡などを1つの集中型プラットフォームから行うことで説明責任を確立し、小規模なチームが日々の管理を行えるようになる。 2021年にゲスト中心のテクノロジーを日常業務に織り込んだホテル経営者は、社内業務とゲストとの社内接続の利点を実感できる。 現在提携する適切な技術プラットフォームを特定することは、スタッフ不足による非効率性を軽減し、非接触型とパーソナライズの両方のメリットを話し、最終的に予約を促進するのに役立つ。 今後数か月の間に、旅行業界にはまだ多くの未知数がある。 ただし、既存のテクノロジーを日常に適応させて機能させ始めるプロパティは、時代の先を行くことになる。

著者: Juan Carlos Abelloは、NuvolaCEO(12/17 https://bit.ly/3r6GmEa )

 

 

20. WEXsNett買収が最終化

決済ソリューションプロバイダーのWEX Inc.は、仮想旅行決済プロバイダーのeNettOptalの買収を、1月に合意したよりもはるかに安い価格で完了し、元eNettの過半数所有者であるTravelportが提起した英国の訴訟を解決した。

WEXは、eNettOptalを買収するために57,750万ドルを現金で支払うことに同意した。 これは、eNettの少数投資家であるTravelportOptalからの1月の合意購入価格である17億ドルよりもはるかに低い金額である。 WEXは両方を取得することに同意した。 WEX5月に、COVID-19のパンデミックの影響を理由に元の取引を取り消したが、Travelportと他の当事者は、元の取引を維持するために英国の裁判所でWEXを訴えた。 その訴訟は進行中であったが、10月の裁判所は予備的な問題でWEXを支持し、eNettOptalは、個別の旅行固有のセクターではなく、より広範な企業間決済業界の一部として判決されるべきであるとした。 WEXによると、この訴訟は解決されており、元eNettのマネージングディレクター兼CEOAnthony Hynesが新しい旅行部門の社長としてWEXに加わり、CEOMelissaSmithに報告することとなった。

*この記事はもともとBTNで公開された(12/17 https://bit.ly/389XVL0 )

 

 

21. VIDEO:アジアは世界の旅行市場回復のモデルとなるか?

COVID-19のパンデミックにより、旅行とテクノロジーの世界的なトレンドへの重点がローカルになり、事実上、世界中の市場の 分離 を引き起こしている。

しかし、アジアと西欧の間の技術動向に関する最初のデカップリング(分離)は、アジアでのモバイルの台頭とともに起った。

10年前、我々アジアはヨーロッパと米国で起こっているトレンドに注目していた。 しかし、最初のデカップリングは、モバイルおよびソーシャルプラットフォームと、地元の消費者に対応する地元企業で発生した」と、WebInTravelの創設者であるYeoh Siew Hoonは、先月のPhocuswright Conferenceでのセッションを司会した。 実際、コンテンツがハイパーローカルになると、特に東南アジア全体でのモバイルの 爆発 が発生したと、Accorのアジア太平洋地域の副CEOであるLouise Daleyは述べている。 さて、パンデミックの中で中国大陸が回復をリードするアジアに目を向けると、この地域のトレンドは世界の旅行市場にどのような影響を与えているのだろうか。

Executive RoundtableAsia-Model or Anomaly?というタイトルのセッションでは、エグゼクティブのパネルが、オンライン旅行代理店の力、ライブストリーミングの台頭、ロイヤルティスキーム、支払いなど、アジアのトレンドについて話し合う。  パネリストには、AccorDaleyGlobalTixCEOであるChan Chee ChongBIGLIFECEOであるSpencer Leeが参加する。

以下のセッション全体をご覧ください。(12/17 https://bit.ly/37qwQ7c )

 

 

22. 2020年を生きたスタータップの4人のCEO

今年が終わりに近づき、過去12か月を振り返ると、一般的な考えは、世界と旅行業界が2019年の終わりとは異なる多くの点についてである。 それらの考えのほとんどは暗い。 世界中のCOVID-19パンデミックによって引き起こされた痛みを否定することはできない 死や感染の数からそれが個人やコミュニティにもたらした経済的犠牲まで。 しかし我々には明るい、または少なくともそれほど悲惨ではない話もいくつか存在する。 11月に、我々は2021年のHot 25 Startupsのセレクションでそれらのいくつかを共有した。 これは、COVID-19によって引き起こされた挫折にもかかわらず、忍耐する方法を模索している新興企業たちだ。 そして、単に生き残っているだけでなく、実際にはコロナウイルスの混乱を通して繁栄している旅行会社がある。  SerkoRedDoorzJournera  Hopperだ。 このような4つの企業の経営者との以下の会話で、我々は、彼らが今年達成したものだけでなく、彼らはそれをどのように実施したかを理解するように努めた。

 

Serko

COVID-19により、企業の旅行は今年初めに急停止したかもしれないが、ニュージーランドを拠点とする旅行および経費テクノロジー企業のSerkoにとって、作業はノンストップで行われている。  共同創設者兼CEODarrin Graftonは、201910月の資金調達のおかげでパンデミックの開始時に会社が持っていた資金のクッションに一部起因していることを認めている。  それは201910月の約4,500万ニュージーランドドル(2,870万ドル)で、そのうちの1,750万ニュージーランドドル(1,120万ドル)は、シームレスな企業旅行のためのソリューションを開発するためのパートナーシップの一環として、Booking Holdingsからのものである。 COVIDの危機が進展するにつれ、GraftonSerko24か月間運営を続けるのに十分な資金があることを知ったため、収益に焦点を当てていない2つの分野で作業を開始した。 それはSerkoの顧客のコミュニティ、特に老人ホームとオーストラリアのアボリジニのコミュニティでPPE(個人保護具)を調達して流通することであった。 そして次に、セットアップ料金や契約のない新しい経費プロダクト、Zeno Expense“ Express”をすばやく作成した。  「我々は、その時点で必要とされていたテクノロジーを構築するために、非常に迅速にピボットした」とGraftonは言う。これには、ATPCOUniversal Product Attributeプロダクトを介した危機メッセージに関する新しいコンテンツ; 承認、経費管理、カーボンオフセットに関連するソリューションの開発; そして “Booking for Business” の継続的な作業の組み込みも含まれていた。 Serkoはまた、一部の請負業者を正社員に転換し、残りの契約ポジションを排除することにより、約500万ドルの経費を削減した。 「実際には、フルタイムの従業員数を232人から240人に増やした。リスク、コンプライアンス、コスト削減、支出を管理するテクノロジーには非常に多くの機会がある。 これらすべてが脚光を浴びるだろう。 だから、それを推進する人々が必要になる」 とGraftonは言う。 彼によると、9月にSerkoは将来の成長に備えるためにさらに3,640万ドルを調達した。 これは、ニュージーランドのパンデミック前のレベルの86%に回復した法人旅行と、オーストラリアとニュージーランドの全体的な旅行が50%に回復したことによるものである。 Serkoは今秋に約50人を雇用し、来年5月までにさらに100人を追加する予定だ。 一部は、AIベースのソリューションや航空会社向けの混乱管理ツールなどに取り組む予定であり、その他は我々がまだ考えもしなかった“未知の世界” に取り組むことができる。 我々はおそらく世界最大の旅行テクノロジーチームになるだろう」とGraftonは言う。 「我々は実行(executing)を停止していない。 我々は、危機と我々がしなければならないこと、そしてコスト管理について100%現実的であり続けた。 我々は明確にコミュニケーションしている。 「月に200万ニュージーランドドルまで使うと言ったのだが、資金を調達して、そして最終的にはますます多くの機会が見られるため、その資金使いを増やすつもりだと人々に伝えた。 結果的にバランスが取れて、そのモデルで2024年まで乗り切ることができる」

 

RedDoorz

Serkoと同様に、シンガポールを拠点とするホスピタリティ企業は、20198月のシリーズC7,000万ドル調達を終えて2020年を迎えた。 しかし、CEOAmit Saberwalは、その資金提供はある程度の慰めをもたらしたものの、我々は満足したくなかったと述べている。 パンデミックが定着すると、Saberwalは、コストを削減するために迅速に行動する必要があることを知っていたため、パンデミックの早い段階でスタッフを40%削減する苦渋の決断をした。 「しかし、我々は慌てたくなかった。 人々は大幅にコストを削減しろと喚いていたが、過去の経験から旅行は必ず勢い良く戻って来ることが分かっていたため、コアビジネス、コアリーダーシップを切り詰めることはしなかった。 カットするのは簡単だが再構築するのは難しい。 会社の精神を損なわないようにしたかったのだ」とSaberwalは語る。

経費の削減に加えて、RedDoorzは “採算性重視” のスタンスを取り、成長、成長、成長の思考プロセスから、コスト削減、削減、削減に切り替えた」とSaberwalは言う。 その一環として、同社は不動産所有者との契約を再交渉し、取引あたりの収益の増加に焦点を合わせ始めた。 「その結果、昨年に比べて収益が劇的に増加した。文字通り、収益性への道は非常に明確で、非常に近くに存在していた。 我々は今、はるかに健康的な会社となった」と彼は言う。 7月、RedDoorzは、パンデミックの初期に実施されていた給与削減を取り消すことができた。 RedDoorzは、10月に、インドネシアで最初に展開した新しいエコノミーライフスタイルホテルブランドであるSANSを立ち上げた。 そしてその前の4月、同社は業界全体の清掃と衛生の認証プログラムである“Hygiene Pass” を作成した。  現在、RedDoorzは、“東南アジアで最大の新時代のホスピタリティ企業” になり、“適切なタイミングで” 上場を準備していると彼は言う。「成長の観点からは2020年は存在しない。 それは純粋なサバイバルストーリーであり、強力なサバイバルストーリーであり、危機後に起こる成長の準備をしている。 我々は多くの競争に負けたが、私は将来の最終目標は我々にとって変わらないと思う。 完全に回復したときはポールポジションを取りたい。 正直なところ、我々は今少し落ち着きがない。 追い風に乗った少しの幸運が必要だ」と Saberwalは語る

 

Journera

Orbitzの創設CEOSwissairの元CEO Jeff Katzは、2016年からJourneraを構築しており、フライト、地上輸送、宿泊施設など、旅行の個々の側面を1つの統合されたシームレスな旅にリンクさせるリアルタイムのデータ交換サービスを提供している。 COVIDによって引き起こされた旅行の混乱とカオスは、このタイプのソリューションをこれまで以上に価値のあるものにする可能性があるが、Katzは、特にこのような1年では、「我々がパーティーにもたらすようなものを本当に欲しがる」企業を見つけることが重要だと言うことを知っている。 「我々は、彼らがこれまで考えもしなかった恩恵を生み出そうとしているが、彼らはサバイバルモードにある。 航空会社の幹部は、今後34年間の回復に資金を充当することを考えており、ホテル経営者は同じ課題のバージョンに取り組んでおり、ライドシェアやレンタカー会社も同様だ。  昨年の航空会社のアプリを見て、イノベーションがどこで発生したかを確認すると、ほとんどの場合、払い戻し、電子クレジットの自動適用、場所によって変わるルールが関係している」と彼は言う。  Katzは、サプライヤーが直面している課題を認識し、PhocusWire2020年のHot 25 Startups1つであるJourneraは、“顧客や見込み顧客にできるだけ近づく” ことに焦点を当て、「我々が、何ができるかを理解させることは価値がある」と述べている。  同社は今年、GuestyおよびImpalaとの統合によってサポートされるホテルおよびホスピタリティブランド向けの新プロダクトJourneyVisionの発売、 AmTravを最初のTMC顧客として獲得後に先週5つの追加の旅行サービスブランドと契約するなど、いくつかの成果を上げた。 Journeraはまた、6月に2回目の資金調達ラウンドである1,160万ドルのシリーズBを獲得、10月には非公開金額の投資家としてAmadeus Venturesを追加した。 Katzは、彼の旅行での長い経験によって彼に与えられた利点を認識している。 「ベンチャー投資家と戦略的投資家は常に最初に人に投資し、次にアイデアに投資する」と彼は言う。 「そして、それは部分的に私であり、部分的に我々のチームであり、そしてそれは確かに部分的に旅行の未来へのJourneraのアプローチである。 誰も私を部屋から追い出さない、それは彼らが私に会いたがっているという意味ではないが、人々が 私が言わなければならないことを聞くことに興味を持っているのは幸運である。 彼らが私に同意し、私のために世界中にずっといるという意味ではないが、真新しいよりはましだ」と語る。  新年に目を向けると、Journeraの最優先事項は、リアルタイムのデータ交換に大手企業を追加することである。 現在の顧客には、United Airlines, American Airlines, Marriott International, Hiltonが含まれる。 データが増えると、アルゴリズムがよりスマートになる。

Journeraは、ブランドがリアルタイムの旅行データを表示して使用できるようにするツールのリリースも計画している。 「たとえば・・・すべてのホスピタリティ予約がどこに蓄積されているか、したがって航空の機会が何であるかを知っている。 したがって、このリアルタイムの洞察全体は、回復を促進するために重要である」と彼は言う。 そして同社は、シームレスでタッチレスな旅行への移行を進めるために、ブランドと協力し続けている。 「旅はまだフロンティアだ。 旅のいわゆる点をつなぎ、それを機能させ、素晴らしくし、何かが壊れた後も接続を維持する唯一の人は、あなた旅行者だ。 テクノロジーではないし、それを改善する旅行会社も世界に存在しない。 飛行機や宿泊施設、アクティビティーではなく、エンドツーエンドの旅を1つの単位とするという考えは重要な考えだが、多くの話題にのぼるが実践されていない」とKatzは言う。

 

Hopper

“タイミングがすべて” という言葉は、今年Hopperにとって確かに実を結んだ。 2019年、誰もがCOVID-19について耳にする前、国境が閉鎖される前に、フライトのキャンセルと国ベースのロックダウンが標準になった。 モントリオールに本社を置くHopperは、“Price Freeze” 支払い保護などの金融リスクベースのプロダクトの開発を開始した。  パンデミックが進行するにつれて、Hopperはその作業を加速し、フライト遅延保護や柔軟な予約オプションなどの複数の新しいオプションを追加した。 それぞれの料金は定額または予約の割合に基づいて決められている。 これらのフィンテックプロダクトは、現在Hopperの収益の約75%を占めており、2019年と比較して2020年には収益が100%以上増加させる要因になったとCEOFred Lalondeは述べている。

1年以上前に[フィンテック]の開発を開始していなかったら、2020年の大混乱でこれらのプロダクトを構築することはできなかっただろう」と彼は言う。  「我々が最善を尽くしたのは、実際にそれを貫くことであった。 パニックに陥ったり、すべてを空中に投げたりするのではなく、計画に集中し続けることだった。 それが文字通り、今年の結果に違いをもたらした。 そして、それは我々のチームである ― 文字通り最悪の時期に集中し続けた彼らである。 開発スピードの減速も、イノベーションの減速もなかった」 Lalondeによると、パンデミックは“これまでにないようなストレステスト” であり、同社はフィンテックプロダクトの強度を検証することができた。 「フィンテックの顧客に対してでさえ、パンデミックがなかったら私が望んでいた顧客サービスのレベルの提供に達していなかったが、それを実現した。 払い戻しやクレジットを提供することができた。 我々は会社を破産させなかった。 フィンテックスタックによる損失を計上した月はなかった」と彼は言う。  「これは、ハリケーンやビジネスモデルを壊す何かを心配することなく、長期的に回復を考えることができることを意味するため非常に重要である。 それで、それは会社としての我々への贈り物であった。 なぜなら、他の方法では得られないという検証があったからだ。 また、真のリスクを認識しているため、すべてを適切に価格設定するのに役立った。 これらのプロダクトに過大な請求をする必要がないため、顧客への贈り物になった」  春に、HopperWestCapが主導する7,000万ドルの資金を確保した。 これは、同社が6倍以上の収益成長に向けて順調に進んでいた時のパンデミック前の資金調達よりはるかに少ないものだが、金融サービスプロダクトからの安定した収益と相まって、Lalondeは会社をゆっくりと成長させるだけのためには十分であった(4月上旬に200人以上のHopper従業員が解雇された)。 そして彼は、カスタマーサポートスタックのワークフローと自動化の改善から始めて、優先事項の野心的なリストを持っている。 「我々は、多くの混乱やキャンセルが続くと考えている。 人々がこれほど長い間払い戻しを待っている時や、我々に連絡できない時など、我々はそのような状況を放置できない。 我々はこの問題解消にますます多くのスタッフを投入して来たが、真の価値はカスタマーサポートのテクノロジースタックからもたらされる」と彼は言う。 Hopperはまた、ラテンアメリカとヨーロッパの国際市場に投資し、代替宿泊施設戦略をさらに発展させ、「今年は宿泊施設に過小投資した」とLalondeは言い、航空、地上輸送、フィンテックに新プロダクトを追加する。 「今年はひどいものだった。 しかし、それから得た学習は非常に貴重であり、それらは何年にもわたって続くだろう」と言っている。(12/17 https://bit.ly/38tXHib )

 

 

23. LHグループ、セーバーと新流通契約締結

Lufthansa Groupの航空会社とSabre Corporationは、「現代の航空会社の小売りと技術革新」を可能にするという新しい販売契約に署名した。 このニュースは、Lufthansa Groupの航空会社が6月末からSabreの流通システムから撤退するという5月の発表に続くものである。 この合意により、SabreLufthansa Group航空会社のコンテンツをGDS経由で流通し続け、Sabreの旅行市場における新しい流通機能(NDC)標準を介して来年から流通を追加することが求められる。 契約は、オーストリア航空、ルフトハンザ、スイス、エアドロミティ、ブリュッセル航空を対象としている。 両社は、NDCの稼働計画は2021年前半に共有されると述べている。(12/18 https://bit.ly/3rf1VTo)

 

 

24. InPhocusエピソード31 回復のための適切なシグナル

InPhocusの第31話では、ついにGeoff Ryskampと一緒に座ることがでる。

旅行ブランドが2021年に何らかの形の正常性に戻ることを最も期待するものを捉えるためにオプションを検討する時、Ryskampは、ゲストと顧客エンゲージメントの世界がどのように重要な役割を果たすことができるかを議論するための優れた専門知識の源だ。音声技術やソーシャルメディアから、電子メールの形をしたその堅固なコミュニケーションまで、そしてブランドがどの “シグナル” を聞くべきかをどのように理解しているかについて、すべてについて話し合う。 Ryskampは、Medalliaのホスピタリティ、旅行、レジャーのグローバル責任者である。 InPhocusの最新エピソードは、Allianz Partners と共同で制作され PhocusWireKevin Mayによってホストされているポッドキャスト記事である。(12/18 https://bit.ly/37ygVny)

 

 

25. 直言:2020年の回顧

毎週金曜日に掲載している2020年の直言シリーズのリストである。

·      Regulate for sustainability as we do for safety and security

·      Hipmunk's demise is a lesson to all

·      The challenge of reducing travel in the travel industry

·      Try the shiny new tech but never expect results

·      Safety should be at the forefront of improving business travel

·      Startups should consider giving something away for the greater good

·      Startups should think big but think realistically

·      Do consumers want a travel subscription? Maybe…

·      Coronavirus could trigger the travel marketing overhaul many want

·      All that talk about being brilliant communicators should be real

·      Rules are there to be broken

·      Travel bailouts are not simple tasks to manage

·      In a post-coronavirus world, it's trains before planes

·      Google won't change - it'll need its biggest customers post-coronavirus

·      The right strategy can alter a brand's course

·      It's unknown where tours and activities fit in the distribution mix

·      Survival of the fittest is a mental game

·      There is no single metric for success right now (there are many)

·      The unspoken reality is that demand may collapse

·      Be careful where you place your marketing bets

·      What role does the industry play in right vs. wrong?

·      COVID-19 protocols aren't forever - but should they be?

·      State-backed or multi-brand travel projects rarely work

·      Travel retailing's time has come

·      Risky startup investments now have a new risk attached

·      Collaboration has to be more than a political buzzword

·      OTA version 2.0 is likely to come from outside the travel industry

·      Time to push forward but not be afraid of digitalization

·      Google's playing of the "competition" card will irk many

·      Social media shouldn't sugar-coat the mid-crisis travel experience

·      State-industry alliances could be the best pandemic recovery route to take

·      Google's alienation of travel brands masks the ecosystem's other issues

·      Hotels should think what to do with their empty space

·      Stop burying your head in the sand over diversity in travel

·      For travel startups to survive, they must reduce spend

·      Changing the message to nudge consumers back to travel

·      As hoteliers eye recovery, they must be smart about technology

·      Like it or not, Big Tech is in the driver's seat

·      Sustainability efforts in travel can't be all talk, little action

·      Can Google really be fair?

·      Coronavirus strategies might have unintended longevity

·      Booking early is great but not in the DNA of attractions

·      Forget who you know - what is it you want to achieve?

·      The bigger promise offered by a vaccine

·      The promise of a new marketing process won't be easy to reach

·      Change can't come until you understand how

·      Battle of the "best" in online travel is just getting started

(12/18 https://bit.ly/3h8MxDd)

 

 

26. 2020年の新興企業への投資

多くの点で、ここ数ヶ月で資金を調達しているスタートアップの発表は希望の象徴であった。 旅行が生き続け、いわゆる “ニューノーマル” が何であれそれに適応することを願っている。 全体的なラウンドはより小さく、シード資金を調達するのは遥かに難しいかもしれないが、2020年にはまだ1億ドル以上の投資ラウンドがいくつか出現した。 Phocuswrightが最近発表したState of Travel Startupsの年次報告書は、2020年上半期にデビューした資金調達ラウンドの数が50%減少したことを明らかにしている。 一方、その後の投資は前年比26%減少し、旅行への投資意欲が残っていることを示している。

さらに、2020年に消費者の旅行環境が大幅に減少したことを考えると、B2Bスタートアップへの資金提供は、初めてB2C企業の資金調達を上回った。

以下に、今年の旅行スタートアップにおける傑出した資金調達ラウンドのいくつかを詳しく説明する。

 

地上輸送 Ground transportation

昨年、タクシーの配車や相乗りのビジネスがベンチャーキャピタルのコミュニティから大きな注目を集めたが、2020年はラストワンマイルのスタートアップが中心だった。 ごく最近、スウェーデンの電動スクーター会社Voiは、16,000万ドルの資金調達を行い、2020年をヨーロッパの電動スクーターにとって「画期的な」年と呼んだ。 Voiのマイクロモビリティセグメント子会社TIERは、2月に発表された1億ドルの投資をフォローアップし、 11月にはさらに25,000万ドルのシリーズCを発表した。 パンデミックが発生する前でさえ、自転車やスクーターなどの簡単にアクセスできる輸送手段への消費者の意欲は、バンガロールを拠点とするBounce1月に1500万ドルを集めて、地上輸送セグメント全体を持ち上げていた。 ライドヘイリングをカバーするスタートアップ、およびそれを食品配達や他のサービスと組み合わせたスタートアップも、パンデミックの間にうまくやって来た。 Grab2月に86.500万ドルのラウンドを発表し、Didiは自動運転技術を開発するために3月に5億ドルを追加し、VIA3月にも1億ドルを追加し、Bolt(以前のTaxify)は5月に1億ユーロの資金を発表し、今週はさらに15,000万ドルを発表した。 地上輸送におけるその他の注目すべきラウンドには 7月のGettへの1億ドルの投資、8月のマルチモーダルプラットフォームOmioへの1億ドルのラウンド、先月のインドネシアのスーパーアプリGoJekへの15,000万ドルの資金調達が含まれる。 Lufthansa Innovation Hubからのレポートによると、一般的にVCコミュニティからのより多くの注意にもかかわらず、アジアの旅行およびモビリティのスタートアップは2020年に80億ドル以上の資金を受け取り、その大部分はモビリティに投入されている。

 

プライベート宿泊施設  Private accommodation

AirbnbIPOに対する興奮を除いて、民間の宿泊施設セグメントへの投資をめぐる熱気の多くは衰えたが、いくつかの注目すべきラウンドがまだ存在した。 ベンチャーキャピタルコミュニティは、需要の面でパンデミックの過程で輝かしいスターであったプライベート宿泊スペースについて前向きなままだ。 Booking HoldingsExpedia GroupTripadvisorなどのオンライン旅行会社が継続的な機会を検討し、より多くの供給を得ることで需要は継続すると予測されている。 2020年の資金調達ラウンドに関して、Airbnb4月に10億ドルを確保し、Sonder6月に17,000万ドルを調達し、メキシコのCasai10月に4,800万ドルを発表した。 小規模では、The Guild1月に2,500万ドルを集め、LimeHome3月に2,100万ドルの投資を発表したシリーズAにさらに1,000万ドルを追加した。 バケーションレンタル住宅の需要の急増は、2020年にこれらのスタートアップの多くを後押ししたが、都市に重点を置いているスタートアップはそれほど幸運ではなかった。

Sonderの投資家であるThayer VenturesのマネージングディレクターであるChris Hemmeterは、7月に、パンデミックが民間の宿泊スペースの成長を加速させたと見られると述べた。 すべての兆候は、その継続的な成長を示し続けている。

 

法人旅行 Corporate travel

すべての推定では、法人旅行は2019年と同じレベルに戻ることはなく、このセグメントは15%から50%の範囲で長期的に減少すると予測されている。

それでも、この分野の一部の新興企業は、先行きの需要見通しが悪く、多くの大企業が仮想会議のメリットを宣伝し、オフィスを手放し、旅行者を当面の間出張から遠ざけているにもかかわらず、かなりの資金を集めることができた。 

TripActions6月に12,500万ドルのラウンドを発表し、1年前に25,000万ドル、201811月に15,400万ドルの投資を発表し、資金調達の勢いを維持した。 この分野の他の企業も、ドイツを拠点とするComtravoLanesPlanesがそれぞれ900万ユーロと1,000万ドルの資金提供を発表しラウンドを締めくくった。 

一方、上海を拠点とするHuilianyiは、 3月に4,200万ドルの資金調達を発表し、すでに回復している中国の旅行市場から利益を得るのに適した位置にいる可能性がある。 また 、インドを拠点とする法人旅行のスタートアップであるItiliteは、 4月にシリーズBの資金で1,300万ドルを集めた。

 

フィンテックと旅行 Fintech and travel

多くの新興企業は、COVID-19危機の機会を見出し、保険や旅行代金などのより差し迫った消費者のニーズを中心にビジネスを構築して来た。 明るい光は、Battlefaceが最近 $ 12万ドルのラウンドを発表、その旅行保険プラットフォームを拡大する。 Fly Now Pay Laterは、5月に£3,500万を調達、来年初めのラウンドシリーズBの資金調達に期待を寄せる。ConnexPayが最近シリーズA ラウンドへの600万ドルの追加を発表し、パンデミックがこの分野でのデジタル化を加速すると予想されていることから、ペイメントの新興企業も後押しされている。

 

SPAC、宇宙およびその他 SPACs, space and other sparks

ここ数ヶ月で、3つの旅行に焦点を当てた特別目的取得会社(Special Purpose Acquisition Companies SPAC)が出現した。 Thayer Ventures AcquisitionAltitude AcquisitionGO Acquisitionを含むSPAC企業は、IPOの準備ができていることが多い高成長企業をターゲットにしており、他の企業と合併して、公開株式市場へのより迅速なルートを提供することがある。 Goldman Sachsは今週初めに、SPACが今後2年間で3,000億ドルの合併買収活動の手段になる可能性があると述べた。 Joby Aviation59,000万ドル)やLilium24,000万ドル)などの企業が2020年初頭に大規模なラウンドを引き付けるなど、長期的な賭けはエアタクシーの開発にもたらされる可能性がある。

そして、宇宙の端とそれを超えて到達するための継続的な努力を忘れないで欲しい: ここ数週間で700万ドルの投資を発表したSpace Perspectiveは、 2021年初頭にテスト飛行を開始する予定である。

 

すべて帳消し All bets are off

業界が2021年に移行するにつれ、旅行のスタートアップ企業で何が起こるかを予測することは困難だ。 プレイブックは破棄され、過去の行動は、少なくとも短中期的には、もはや頼りになるものではない。 合併と買収の活動がある。 大手オンラインプレーヤーはすでにチャンスを狙っている。 資金の豊富なスタートアップは、パンデミックに苦しんでいる他の企業を買収する可能性がある。  民間の宿泊施設セグメントは引き続き繁栄し、この分野の新興企業により多くの資金が投入される可能性がある。 B2B旅行テクノロジー分野でもさらなる投資が見込まれる可能性があるが、SPACのターゲット旅行会社とそのトレンドがどのように発展するかも注目すべきである。

2020年の他の注目すべきラウンド:

·      GetYourGuide、ヨーロッパのツアーとアクティビティのスペシャリスト - 1億1400万ユーロ

·      KKDay、アジアのツアーとアクティビティのスペシャリスト - 7500万ドル

·      Hopper、旅行検索、予約アプリ - 7000万ドル

·      Xie Zhu、ホスピタリティテクノロジー企業 - 3700万ドル 

·      数日間のツアースペシャリスト、Tourlane - 2千万ドル 

·      Dance、電動自転車のサブスクリプションサービス - 1,500万ユーロ

·      モビリティスペシャリストのSplyt - 1,950万ドル

·      ホテル予約スペシャリストのImpala - 2,000万ドル

·      チャネル管理およびホテル流通会社であるSiteMinder

* InPhocusポッドキャストのこのエピソードをチェックして欲しい。 今月初めに記録されたState of StartupsレポートについてPhocuswrightMike Colettaとポッドキャストで話す。(12/18 https://bit.ly/38ygOYr)

 

 

27. 1214日の週の資金調達記事

·         Bolt

エストニアを拠点とするオンデマンド輸送プラットフォームBoltは、Darsana Capital Partnersの参加を得てD1 Capital Partnersが主導し、15,000万ユーロを調達した。 以前はTaxifyとして知られていた同社は、2013年に設立され、現在40か国に5,000万人以上の顧客を抱えている。 Boltは、ライドヘイリング、スクーター共有、フードデリバリーサービスを提供している。 同社によれば、この資金はこれまでで最大のラウンドであり、同社のプロダクトとサービスの安全性と品質をさらに高めるために使用される予定。 「COVID-19パンデミックの影響にもかかわらず、Boltは過去1年間で途方もない成長を遂げた。 Bolt創設者兼最高経営責任者Markus Villigは、何百万もの顧客が手頃な価格と迅速なサービスでBoltをすでに利用している。 顧客数はほぼ2倍になり、ライドヘイリングからマイクロモビリティ、食品配達まで、50の新しい都市でサービスを開始したと述べている。 今月初め、ボルトは最新のスクーターを発表した。 これは、事故、転倒、安全でない乗車パターンを検出するセンサーなどの安全機能を備えた自社開発システムで、ライダーに音声と視覚による警告を発しBoltの運用チームに自動的に通知する。(12/18 https://bit.ly/38hYYZx)

 

 

 

+++++

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応