海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021411

海外事情 45日号

 

 

最近の世界の主要旅行会社、航空会社、ホテルチェーンの株価(チャート5年間)を掲載する。(出典:Google Finance

 

ü  EXPEBKNGの株価はV字カーブ、パンデミック以前のレベルを上回る。

ü  航空会社(DL, IAG)の戻りが遅い。 U字型か。

ü  グローバルホテルチェーンはV字(とU字の中間)。 ほぼパンデミック以前に復帰しつつある。

ü  感染が収まらない欧州の回復が遅い。

 

日経43日は、ヘッドラインに「景気“K字型”鮮明に  3月日銀短観 機械・電機、海外回復で改善 宿泊・飲食は時短が重荷」と載せる。

ワクチンに続いて治療薬の新薬開発が加速、米国では年内にもその使用開始の可能性があるという。 “ワクチン+新薬”は、鬱積(ペントアップ)旅行需要の爆発的発生を引き起こす。 旅行は決してL字型とはならない。 K字型予想も間も無く必ず解消される。

 

気にかかるのが、一部の国で広がる“ゼノフォビア”(外人嫌い=xenophobia)だ。 米国では、我々アジア系の人たちに対する失礼千万な、憤懣やるかたない、差別や暴力が広がりつつある。

NIIKEI ASIA 44日は、“アジアの「憎悪犯罪」減らして” で「米民間団体 “ストップAAPIヘイト” によると、12月だけでも500件以上のアジア系を狙った憎悪犯罪が報告されたという。 カナダや欧州などの各都市でも、事件の増加が指摘されている。・・・ワクチンの接種が進めば、新型コロナの脅威はやがて薄れるだろう。 大切なのは、憎しみと暴力というもう一つの “ウイルス” を確実に減らすことだ」と言う。 この問題は、416日の菅首相とバイデン米大統領との会談の議題の一つにする価値がある。

(編集人) 

 

目次

1. (TJ) セーバー、航空会社プロダクトとサービス比較テック開発

2. (TJ) エクスペディア、バーチャルエージェント立上げ

  (TJ) = トラベルジャーナル 426日号 参照

3. ホテルの成功COVID戦略考慮事項

4. 私のやり方:Hotel Treatsのパンデミック禍の増収

5. VDEO: ホスピタリティのロイヤルティ

6. グーグルホテル無料予約リンク、出来すぎた話?                 3位閲覧

7. 将来を見据えた旅行:Emily Weiss. Accenture

8. 新興企業の舞台: Staze、休暇レンタル間際予約アプリ

9. Venza、ホスピタリティセキュリティCyberTek買収

10. パンデミックによるエアビーのサプライへの影響

11. VIDEO: トリアド、サブスクとロイヤルティ注力                1位閲覧

12. グーグルマップ、AR機能追加

13. ビッグチェア: 独HomeToGoPatrik Andrä                 4位閲覧

14. PhocusWire Pulse: ソーシャルメディアの新時代                6位閲覧

15. 私の足跡ep58Rami Zeidan, Life House                         5位閲覧

16. Vrbo、エアビースーパホスト対抗、レンタル競争激化          2位閲覧

17. 直言:エアビーはコミュニティーでなくビジネス

18. VIDEO:航空会社ロイヤルティの価値

19. 329日の資金調達記事

 

 

3. ホテルの成功COVID戦略考慮事項

あなたはおそらく、危機からの脱却を成功させ、回復を促進するために改善を図ろうとしている多くのホテル経営者の1人だ。 あなたは、改善と成功のための最大の機会がどこにあるのかを自問しているかもしれない。 買い物客をターゲティング、キャプチャ、および忠実なゲストに変換する際に利用する手法(プロセス、戦略、および戦術)に焦点を当てる必要があるか? それとも、自分の技術をサポートするために使用しているテクノロジーを調べることにもっと時間を費やす必要があるか? スタッフが減り、全員が18か月前より多くの業務をこなしていることから、これらは有効で重要な質問だ。 そして、両方の分野があなたの財産の将来の成功に不可欠だが、我々はいく人かの業界関係者に、改善と回復への最善の道はどこにあると思うかを尋ね、その過程でいくつかの追加の考慮事項を発見した。

 

危機にはチャンスがある

In crisis lies opportunity

世界最大のブランドから小さな独立系ホテルまで、多くのホテル経営者は、危機を“滅多にない”機会として、事業を評価および改善することを検討している。 多くの市場で需要が少なく閉鎖(closures)があるため、需要と占有率が危機前のレベルであった場合には忙しくて困難であった修正と改善を行う時期が来ている。 ホテル経営者とそのスタッフは、スキルアップやトレーニングのための時間的余裕の拡大を利用でき、それを活用する必要がある。 「歴史は危機主導のイノベーションの例で一杯であり、COVID-19の影響も例外ではない」、「我々は、一生に一度の危機がなければ不可能だったかもしれない方法で、ホスピタリティを大幅に進化させるユニークな機会を提供されている」とHospitality Technology Consultingの社長であるJohn Burnsは述べている。 ホテル経営者が最大の影響(テクニックまたはテクノロジー)のためにどの領域に焦点を当てるべきかという質問に答えるために、Burnsはホテル経営者が両方の領域で改善を評価して実行する必要があると言う。 「流通とコンバージョンの最適化に使用されるさまざまなダイナミクスを理解するという手法がなければ成功することはできない。 また、適切なツールがなければ、その戦略を効果的に適用することはできない。 残念ながら、従うべき直線的なプロセスは存在しない。 ここで方程式のすべての要素を考慮に入れる必要がある ― そしてそれらはほんの始まりにすぎない」と言う。 それでも我々は、古い “鶏が先か卵が先か” という難問に取り組んでいる。 自分の技術テクニックとテクノロジーの両方を調べて改善する必要がある場合、最初にテクニックを調べてから適切なテクノロジーを見つける必要があるか、それとも最初にテクノロジー的能力を調べてからそれを自分のテクニックに知らせる必要があるか?

 

パートナーと教育

Partners and education

AmadeusEVPホスピタリティエンタープライズプラットフォームであるPeter Watersは、ホテル経営者がCOVID-19危機からの回復に成功するために必要なテクニックとテクノロジーの改善の両方を、適切なパートナーが同時に提供できると述べている。 ただし、戦略の開発とテクノロジーの選択に先立つ重要な最初のステップがある。 「パートナーとして物事がどのように進化しているか、そしてその結果として市場がどのように変化する可能性があるかを最初に示すことで最大の価値を提供できる。 その教育と文脈は非常に重要だ」、「そうして初めて、需要を促進し、収益を増やすための適切な戦略、手法、ツールについて効果的な議論を行うことができる」とWatersは付け加える。 Burnsは、業界が “パートナーシップ” という言葉の意味を再定義する必要があることに同意する。 「多くのベンダーがパートナーシップにリップサービスを提供したが、パートナーシップがこれまで以上に深く、より広範囲に及ぶ必要があることを証明するには非常に難しい」と彼は言う。 「我々のソリューションで何ができるのか、なぜそれが必要なのかを見せよう」と言う代わりに、真のパートナーは「最初にあなたがどのように運営し、ビジネスを行うのが好きかを学び、いくつかの重要なダイナミクスと要件について教育する」と言う。 この新しい時代では、それに応じて主要な戦略と戦術を実行する方法を示す。 その後、顧客のニーズをサポートするための最も適切なツールを検討できる。 これは、教育と理解を中心としたパートナーシップを通じて、はるかに包括的な価値を提供する非常に異なる会話である。 完璧なシナリオでは、ホテル経営者は、優先するテクノロジーパートナーとの真に有益な協力関係を享受できる。 まず、パートナーは変化するホスピタリティの状況について彼らを教育することができる。

  • 新しいトレンドは何か? 需要はどこから来るのか?
  • どこに焦点を合わせる必要があるか?
  • 新しいベストプラクティスは何か?

理想的には、そのパートナーは、各分野で証拠の指摘と検証を行い、業界の現状を明確に理解し今後の見通しを予測する。 次にパートナーは、現在のテクニックとテクノロジーアプリケーションを評価して、新しい市場のダイナミクスを満たすためにどの戦略、戦術、およびツールを変更する必要があるかを判断するのに役立たせる。 それだけだ。 回復が完全に進むのを見て欲しい。 まあ、それほど速くはない。 不足している要素がまだ1つある。

 

“無料” データでコミュニケーションを完結させる

Closing the loop with “free” data

現在のホスピタリティテクノロジーの状況の多くは、ひどく断片化されてばらばらになっている。 複数のソリューション、多数のベンダー、および統合データの明確な欠如は、多くのホテル経営者にとって不幸な現実である。 これにより、現在のテクニックとテクノロジーの影響を評価することは(不可能ではないにしても)困難になる。 ましてや、急速に変化するホスピタリティの状況に対処するために新しいものを定義することは困難だ。 「別々のサイロにあるデータは、業界で最大の課題の1つであり、ホテル経営者が盲目的に行動を起こすことがよくある」、「しかし、本能や“予感”について複雑な戦略的決定を下す時代は終わった。 競合他社はますますデータを使用しており、資産やブランドを維持して差別化するための適切な洞察を得る必要がある。 今後の市場をナビゲートするには、システム間で自由に流れるデータが必要である」と、Amadeus Hospitalityの予約およびゲスト管理ソリューション担当副社長のJebi Mathewは述べている。 Watersは、データが今後の業界でさらに重要な役割を果たすことに同意する。 「市場は、統合された単一ベンダーのソリューション、一元化されたデータベースを備えた新しいテクノロジースタック、およびその他の最近の進歩の価値を理解し始めている。 ホスピタリティはデータの観点から大きな飛躍を遂げており、危機からの回復はとにかく自然な進化であったであろうものを加速するだけだ」とWatersは言う。 そして、Burnsによれば、データをこのミックスに追加することは、改善と最適化のコミュニケーションを完結させるものである。 「市場認識、データアプリケーション、技術、テクノロジーの適切なレシピを組み合わせ、ホテル経営者に料理の仕方を教える組織は、これからの時代で最も成功するだろう。 しかしその約束を果たすことは簡単なことではない」と彼は言う。

 

戦いに向けて準備する

Gearing up for battle

Mathewは、来たるべきホスピタリティ市場を戦いの場と比較することによって、回復を促進することについてのいくつかの究極的な見通しを提供する。

「戦いに勝つには、適切な知識、適切な戦略と戦術、適切な武器とツール、そして適切な同盟国という4つの主要な要素が必要」、「それについては疑いの余地はない。 需要が戻って来ると、それらの予約の競争は戦場になる。 そして、適切なデータ、テクニック、テクノロジー、パートナーシップを備えたホテル経営者が勝者になる」と彼はコメントしている。

著者: Mark Bedardは、Amadeus Hospitalityのプロダクトマーケティングマネージャ。(3/29 https://bit.ly/3m1Hbfz )

 

 

4. 私のやり方:Hotel Treatsのパンデミック禍の増収

パンデミックは旅行業界を停滞させ、企業はドアが閉まっている間にいくらかの収入をもたらすためのアイデアを考案するためにスクランブルをかけた。

消費者がスパの日やその他のホテル体験のバウチャーを購入できるようにする会社であるHotel Treatsに聞いてみよう。 パンデミックの期間中、同社はHard Rockホテルなどのホテルブランドがバウチャーを販売するのを支援し、その結果プロパティに非常に必要な収益をもたらした。

 

Q: パンデミックでHard Rock(およびその他)をどのように支援したか

パンデミックが始まった時、Hard Rock HotelsFairmontKimptonは、今年を救うためにまったく新しいアプローチが必要であることに気づいた。 彼らは、eコマースの全機能を使用してこれを達成するために3つの異なる戦略を使用した。 カリブ海のHard Rock Hotelsは、観光客が旅行するにはあまりにも不安であるが、滞在の前払いにはあまり不安がないことをすぐに理解した。 マーケティングチームはHotel Treatsにアプローチして、ブランドのeコマースプラットフォームとオンラインショップを4つのホテル用に作成した。 目的は、12ヶ月の有効期間が延長されたオープンデートの宿泊パッケージを販売することであった。 これにより購入者は安心し、最も必要な時にホテルのキャッシュフローを生み出した。 Fairmontは、注目を外国人観光客から地元住民に移すことに決めた。 数年前にHotel Treatsが作成したオンラインショップを利用して、プールの1日パスの販売を開始し、地元の人々に1日をホテルで楽しんでもらった。 それは成功した。 夏の最初の10週間で、2,000人以上がプールにアクセスするためにお金を払った。 Kimptonは、コワーキングスペースを活用することを決定した。 一部の部屋と共有スペースは、在宅勤務中に集中するのに苦労している時に、地元の住民が使用できる静かなワークスペースに変わった。 繰り返しになるが、これらへのアクセスは、Hotel Treatsによって作成されたブランドのオンラインショップを介して販売された。

 

Q: 結果はどうだったか?

カリブ海の4つのHard Rockプロパティは、ショップをオープンしてから最初の4か月で150万ドル以上を生み出した。 定期的な予約がほとんどない時期に、キャッシュフローが大幅に増加した。 Fairmontはわずか10週間で2,000枚のプール1日券を販売し、すぐに60,000ドルを獲得した。 これらの顧客は、オンサイトで飲み物、昼食、マッサージにはるかに多くを費やし続けた。

 

Q: 次のステップは何か?

我々はホテル経営者に、誰も予想していなかった斬新な課題に対する既製でありながら高度にカスタマイズ可能なソリューションを提供するという非常に恵まれた立場にあった。 彼らの成功に支えられて、我々はプラットフォームに新しい機能を追加することに継続的に投資して、プラットフォームが今後の課題と完全に一致するようにしている。 そして、我々は新しい領域に拡大している。

 

Q: パートナーシップから何を学んだか?

Hotel Treatsは当初から、ホテル経営者と緊密に協力して開発されて来た。 これは、プラットフォームが実際の問題を解決し、可能な限り直感的で柔軟であることを保証する唯一の方法であった。 学習の機会はたくさんある! 我々が緊密な関係とクライアントの信頼を持っていなかったら、昨年の成功は不可能だっただろう。 これには、ホテル内のFB、収益、フロントオブハウス、その他のチームとの業務の詳細を調べて、彼らの課題についてすべて学び、最終的に彼らの生活を楽にする方法を見つけることが含まれていた。

 

Q: Hotel Treatsは、今後のパンデミックで達成したことをどのように強化できるか?

これらの戦略はCOVIDに対抗するために導入された緊急措置であるが、非常にうまく機能していることがすぐに明らかになった。 簡単に言うと、ホテルのエクスペリエンス、バウチャー、商品をオンラインで販売することで解き放たれる可能性に気づいたら、生成された瞬間のキャッシュフローが大きすぎて見逃せないことが分かる。 我々の目標は、プラットフォームができるだけ早く多くのホテル経営者に利益をもたらすことを保証することである。 3月だけでも、ブラジル、イタリア、ポルトガル、シンガポールでプレゼンスを確立した。

(3/29 https://bit.ly/3w4SoAF )

 

 

5. VDEO: ホスピタリティのロイヤルティ

旅行におけるロイヤルティの概念は、多くの場合、最も基本的な慣行であるポイントの収集に要約できる。 しかしCitizenMチーフコマーシャルオフィサーLennert de Jongによると、これは特に宿泊施設の市場なので、ホテルやレンタルの両方を網羅するとても多様であるので、ホスピタリティーブランドにとっては“愚かな”ルートになってしまう。 De Jongは、先週のPhocusWirePulseLoyalty For the Long Haulイベントで講演し、ロイヤルティポイントの収集は「ロイヤルティを実際に推進しているわけではない」、「ロイヤルティは物質的な経験の中で起こる。 それは予約や人々が予約する場所ではない」と述べている。 そしてCitizenMにとって、ブランドへの忠誠心は2つの角度、ネットプロモータースコアと顧客生涯価値によってもたらされる。 de Jongは、“Rewarding Guests with More Than Amazing Stays” というタイトルのセッションで、CitizenMがサブスクリプションプログラムで達成しようとしていること、旅行の再開に伴ってサブスクリプションモデルがどのように進化するか、ホテルチェーンが旅行エコシステムの追加プロバイダーとの提携を検討している理由についても説明する。 下記のPhocusWireシニアレポーターMitra Sorellsとの完全なインタビュー(https://youtu.be/RxCRDrcrj0Q)をご覧ください。

(3/29 https://bit.ly/3u2QA9q )

 

 

6. グーグルのホテル無料予約リンク、出来すぎた話?

今月初め、Googleは無料広告について大きな発表をした。 メタサーチホテルの予約スペースを大きく揺るがしたと言っても過言ではない。 我々は皆、無料で何かを手に入れたいと思っている。 Googleのような広告の巨人から、きっとそれが大好きだ。 しかし、少し一時停止しょう:これは何なのか?

2つの大手OTAは、通常、広告にGoogleで年間60億ドル以上を費やしていることを我々は知っている。 Googleはこれらすべてを割引したのか? 否、それは行われていないと確信する。 それで、それが完全なギブアウエイでないなら、それは何なのか? Googleが提供している無料の広告とは何か、そしてそれは宿泊施設の所有者にとってどれほど良いのか? もっと要点を言えば、なぜGoogleはそれをしたのか? Google Hotel Adsは、プロバイダおよび広告マネージャに約2年間サービスを提供して来たので、我々はここで進捗状況を確認し、現状のGoogleホテル広告の長所と短所、および主に、このメタサーチスペースのTripadvisorなどの競合他社に対応して開発されて来た可能性のあるものについていくつかの洞察を得ることができる。 Googleが提供する無料のビットは何か? 料金とインベントリーのフィードの新しい無料リストは、広告ブロックの下部にあるセクションである。 検索エンジンの用語に精通している人にとって、この新しい“無料”ブロックは“ナチュラル”リストに類似している。

ナチュラルリストは有料のリストの反対であり、それらは無料であり、主に顧客の好みに基づいて注文される。 多くの顧客がそのプロパティの特定のサプライヤーを選ぶと、サプライヤーはおそらくトップに浮かぶだろう。 Googleにフィードを提供する人は誰でも無料またはナチュラルのセクションにリストでき、提示される順序はGoogleだけが知っている秘密のアルゴリズムであり、Googleへの有料広告とは100%独立している。 有料広告がナチュラルなリストに影響を与えることは決してない、それは確かだ。

 

どのくらい“無料” は無料なのか?

How “free” is free?

この無料の“ナチュラル” な広告はどれほど良いのか? これは答えるのが少々難しいが、私は答えることできると思う。 要するに現実は、それが、Googleがそれを作りたいと思うのと同じくらい良いということである。 Googleは、スポンサー付きまたは有料のリストに対してナチュラルなリストの世界中のマスターである。 そのビジネスモデル全体は、基本的にページの上部(クリックがある場所)に到達するための広告オークションと、より本物のコンテンツと顧客満足度を提供するナチュラルなリストを持っている。 答えはおそらく約10%だ。 Googleはトラフィックの約10%をナチュラルなリストに与えている。 これは予約の量から大まかに分かっており、ナチュラルと有料の分割としては理にかなっている。 小さいように聞こえるが、宿泊施設の所有者にとって、これは素晴らしい機会である。 あなたが現在そのフィードで宣伝するためにGoogleにお金を払っていないなら(そして大多数はそうではない)、この10%はあなたが以前に無料で持っていなかったものの100%だ。 60億ドルを覚えているなら、Googleはそのチャンクを提供して、顧客への提供を大幅に改善し、新しい潜在的な広告主を呼び込む。 悪い価格ではなく、Googleがナチュラルなリストの目立ちを制御していることを覚えておいて欲しい(いつものように)。 そのため、10%が常に10%であるとは限らないため、その表示の構造/可視性は変化し続ける。 宿泊施設の所有者にとっては何が含まれているか? たとえば、Googleへのフィードは直接的なものであるため、“Official Site” として消費者に表示される。 これにより、ナチュラルなリスト(無料セクション)のOTAに対してプロパティが有利になる。 これは、他のすべてが等しい場合、消費者は直接チャネルに引き付けられるためである。 すべてのプロパティの直接フィードは、権利によってナチュラルなリストの一番上にある必要がある。 そのため、クリックの10%を無料で取得できることになる。 しかし、注意してく欲しい! OTAもすべて無料フィードに含まれており、OTAのレートがあなたよりも良いい場合、ナチュラルなリストではほぼ確実にあなたより上になる。 トップにいない場合は、OTAに特別オファーを提供している可能性があり、直接レートはOTAレートよりも高くなっている。 さて、これは注意を払う価値のある情報だ:ここにナチュラルなリストのトップになるための我々のヒントがある:

·      直接最良のレート(best rate)を持っている

·      直接予約のために最良のインベントリを維持する

·      OTA仮想カードを受け入れないで欲しい。 そうしないと、直接レートが下がってしまう

·      GoogleでのMy Businessのリストが、レビュー、写真、アメニティなどで可能な限りユニークで豊富であることを確認して欲しい。 言い換えると、直接フィードが一番上にない場合、それはあなたのせいであり、修正する必要がある。 ABCDと同じくらい簡単だ。

そうです、これは直接予約フィードにとって大きなチャンスだ。 料金を適切に管理していれば、メリットがある。 OTAにリストされていない少数の物件の場合、直接予約の競争がないため、これはさらに良いニュースである。 彼らが言うように、“簡単”(no-brainer) である。

 

なぜGoogleはこれを実施しているのか?

Why is Google doing this?

正当な理由が沢山ある。 Googleはユーザーエクスペリエンスを重視している。 それが最良の検索エンジンであるため、あなたはGoogle検索を使用する。 Googleは、あなたがGoogleメタサーチを介して予約するのは、“なぜならそれは最高の料金とインベントリを見つけるのに最適な場所だからだ” とあなたに言ってもらうことを望んでいる。

(1). Googleは、世界中のすべてのプロパティが搭載されており、提供されている最良のものを提供している場合にのみ、最良の料金とインベントリを表示できる。 したがって、あるレベルでは、これは全世界の宿泊施設をリストして予約可能にするための土地争奪戦だ。

(2). Googleの顧客として、あなたは最良のレートを見つけたいと思っている。 スポンサー付きリストでは、最良のレートはトップではなく、トップのスポットは最高入札者である。 これはユーザーとしては最適ではないが、OTAのリストの下に最良のレートが隠されているのはなぜか? 良いユーザーエクスペリエンスではない。 最も人気のあるリンクが一番上に来るので、ナチュラルなリストはこの問題を解決する(それは、おそらく最良のレート)。

(3). 新しい広告主が可能になる。 Google広告はオークションであるため、これらは常により多くの入札者とうまく機能する。 Googleは、無料ではないトラフィックの90%でプレイしてもらい、10%を無料にして、それを播き餌にして、そこから有料広告を取得できるようにしたいと考えている。

(4). 素晴らしい本物のナチュラルなリストは、顧客が最終的に望むものである。 彼らは最良のリンクを見たいと思っている、そしてそれをする唯一の方法はそれの有料の側面を取り除くことである。

(5). Googleはおそらく、すべての小さな独立したプロパティ(「ロングテール」)を搭載することで、より大きなチェーンホテルのホテルを含む全体的な予約が増えることを知っている。 ゲストは選択を望んでいるため、OTAはすべてのプロパティをリストする必要がある。

(6). レビューとコンテンツは、Googleが提供するものの大きな部分になりつつある。 宿泊施設のレビューの横にアベイラビリティがあることは、非常に賢明な動きである。 GoogleFacebookがレビューを集めることの重要性が増しているのを見て来たが・・・それ自体は別のトピックである。

Googleは、サプライヤの顧客に対する“トラフィック” の欲求と顧客の欲求を両立させる方法を知っている。 メタサーチが機能するのであれば、それは顧客のために機能しなければならないことを知っている ― そしてそれが機能するための最も本物の方法はナチュラルなリストを提供することである。 それは、リストの一番上で顧客が望んでいるものだ。 Googleが最高の技術を持っていることを我々は知っている ― それは他のどの会社よりも優れた広告オークション入札の計算を行うことができる。 間もなく、ほとんどの料金と空室状況、非常に優れたカスタマーレビューやその他のコンテンツが提供され、ホテルやその他の旅行関連サービスを予約するための“頼りになる” 場所になる。

私がレビューウェブサイトまたはOTAだったとしたら、どうすれば収入を維持できるのかに努力するだろう。 もし私が宿泊施設のプロバイダーだったら、無料のオファーを利用して、GoogleOTA対ビッグレビューサイトのどれがうまくいくかを見ていただろう。

PSGoogle一挙手一投足を、FacebookAmazonが見守っている!

著者:Craig Stewartは、Freetbookの共同ディレクター。

(3/29 https://bit.ly/3w8WF67 )

 

 

7. 将来を見据えた旅行:Emily Weiss. Accenture

旅行、観光、ホスピタリティ業界の未来は、顧客の獲得と新プロダクトの展開について考えることだけではない。 このセクターがどのように進化する可能性があるかについてのいわゆる“全体像”は、ブランドが今後数年間で戦略をどのように検討するかを形作る、新しいビジネスモデルやテクノロジーなどのさまざまな力があることを認めている。 特にコロナウイルスの大流行を受けて、新しいトレンドの出現を利用するために企業をどのように位置づけるかを理解することは非常に重要である。 この一連のビジネスリーダーへの11のインタビューでは、現在および将来に発生するそのような変更について詳しく説明してもらう。 Future-Proofing Travelは、Travelportに関連して作成されている。

開催日:422日木曜日の午前10時(米東部時間)。

将来を見据えた旅行のこのエピソードのゲストは、Accentureのマネージングディレクター兼グローバル旅行業界のリーダーであるEmily Weissである。(3/30 https://bit.ly/2PeiQr0)

 

 

8. 新興企業の舞台: Staze、休暇レンタル間際予約アプリ

Stazeは、英国でのステイケーションの直前予約アプリである。 AirbnbLastminute.comを組み合わせたようなものだが、より大きなビジョンを持っている。 我々は人々が14日以内に手間のかからない旅行を予約することを許可し、人々に自発的でより充実した生活を送る自由を与える。 我々が解決している主なビジネス上の問題は2つあり、そうすることで新しいゲストの需要を生み出す。 最初の問題は、ホリデーレンタル側である。 45%の確率で、専用のホリデーレンタルは空室で、誰も居ない。 これは、英国だけで年間5,000万日、世界中で12億の空室のホリデーレンタルの夜に相当する。 バケーションレンタルは、我々が利用したいディストレスト資産(不良資産)である。 2番目の問題はゲスト側だ。 間際での旅行を予約するのは非常に困難である。 4時間かけて、ゲストが滞在したい場所を見つけるために最大12回のGoogle検索が行われている。 これはしばしば人々を間際の旅行の予約から遠ざける、全体のプロセスは壊れているのだ。 我々はそれらの旅行を予約するための障害を取り除き、そうすることをより安く、より簡単にそしてより速くしたいと思っている。 そうすることで我々は新しい分野で新しい需要を生み出し、人々がより充実した生活を送り、毎日を最大限に活用できるようにする。

テクノロジー面では、これはアプリベースであり、チャネルマネージャーを使用して新しいプロパティをアプリに統合している。 これらを使用するということは、我々の供給はすべて、Airbnbから個人が得るようなものではなく、プロのプロパティマネージャーからのものであることを意味する。

業界の観点からの問題点は、間際で良いゲストを獲得することが非常に難しいことである。 彼らはしばしばパーティーや難破の場所(wreck places)に出かける人々として見られているので、我々は最高の間際ゲストを確実に得るために我々が、何ができるかを調べることに多くの時間を費やした。 これには、どのようなセキュリティー予防策を講じることができるかを検討することも含まれる。 その大部分は、すべてのゲストのIDを確認し、すべてのプロパティに500ポンドの保証金を提供することである。 これは、サードパーティの検証プラットフォームSuperhogを使用して行うことができる。

我々が顧客のために取り組んでいる問題点に関しては、Blockbusterに対するNetflixのアナロジーを使用している。 20年前は、Blockbusterに行って2030分探してDVDを探す必要があった。 Netflixは、そのプロセス全体をほんの数分に短縮した。 現時点での旅行は、Blockbusterの状態とよく似ている。 あなたは何百ものプロパティと場所を調べなければならず、プロセスに何時間もかかる。 Stazeは、あなたが行きたいと思う可能性が最も高い場所を知るためのレコメンデーションエンジンを実装している。 顧客は、自発的になりたいという間際の決定を下す前に、5分間だけ閲覧する必要がある。 我々は、コミッションベースのビジネスであり、各予約から鞘をえる。 アプリがリリースされた412日からすぐに収益を上げる予定だ。 うまくいけば、1年以内にシード投資ラウンドを成功させ、ヨーロッパに拡大する機会を探し始めることができるようになるだろう。(3/29 https://bit.ly/3cz1qho )

 

 

9. Venza、ホスピタリティセキュリティCyberTek買収

ホスピタリティ業界のデータ保護およびコンプライアンスのスペシャリストであるVenzaは、Cyber Tek Engineeringを非公開の取引で買収した。

Venzaによると、米国を拠点とするインディアナ州のCyber Tek Engineeringの買収は、企業にITおよびコンサルティングサービスを提供し、既存のセキュリティサービスを補完し、既存の人材プールを強化する。 Venzaの会長兼CEOであるJeff Venzaは、「CyberTekを買収することで、今日のホテル経営者にとって最大の問題のいくつかに対処するための力の乗数効果を生み出す。 コンプライアンスを確保し、脆弱性や脅威からビジネスとゲストのデータを保護しながら、技術の変化に先んじる」と述べている。 同社の声明によると、セキュリティ違反が発生した場合、Venzaは“自主防衛”することになる。(3/30 https://bit.ly/3u9j2qg )

 

 

10. パンデミックによるエアビーのサプライへの影響

COVID-19危機の中で短期賃貸は明るい場所であることが証明されたが、パンデミックは世界のAirbnb供給(supply)に悪影響を及ぼした。

AirDNAのアナリストの分析によると、Airbnb2017年の初めの230万に比べて540万のアクティブなリストまで、過去4年間で倍以上にその供給を拡大し ― は、20201月からの6月までの間に総リストの5%を失った。 しかし、その期間以降、全リストは回復し、パンデミック前のレベルから2.5%増加した。 20212月の時点で、山と海岸が混在する場所で、利用可能な新しいリストの数が最も多くなった。 これは、カレンダーアベイラビリティーかその月に少なくとも1つの予約日を有するアクティブなリストの数(Airbnbで表示可能なリストの数で、少なくとも以前に1泊予約されたもの)として定義される。 目的地/リゾートエリアでの供給の増加は、主に、それらの場所で高い割合のユニットを管理する傾向がある大規模なプロパティマネージャーに利益をもたらした。 世界的に、21以上のユニットを持つ大規模なオペレーターは、過去1年間で両方の利用可能なユニット数を14%以上増やしたが、大都市に位置する傾向がある1つのユニットしかないホストの利用可能なリストは9%減少した。 米国の大都市と中規模都市の両方で、利用可能なリストの減少が見られたが、アクティブなリストの減少した場所は都市部だけであった。 現在、米国では都市部がAirbnbの供給量のわずか20%を占めており、2016年は40%から減少した。 全体として、アクティブなリストは、2021年の初めにユニットの40%がトロント、モントリオール、バンクーバーの3つの都市に集中していたカナダのほとんどで減少した。 アクティブユニット数はフランスで最も増加した。 フランスでは、国のほぼすべての地域でアクティブユニットが増加している。 一方、世界の短期市場の上位25位のうち、アムステルダムは利用可能なリストの減少が最も多く、20212月の時点で -45%を失っている。 ただし、アクティブなリスト変化が比較的少ないため、市場は供給の回復が早いと思われる。 ニューヨーク、トロント、北京などの市場はすべて、アクティブなリストと利用可能なリストの両方で大幅な減少が見られる。 これは、減少が永続的である可能性が高いことを示している。 英国では、AirDNAは、4月の封鎖(lockdown)と6月までのその後の旅行制限により、利用可能なリストの数が“大幅に制限された”と述べている。 しかし、旅行禁止が解除されると、リストは再び表示された。

 

見通し  Outlook

AirDNAによると、短期賃貸の需要は、ワクチンの展開が続き、需要の停滞が世界的な予約を加速させるため、2021年に大幅な回復を示すと予想されている。 近い将来、2020年に最高のパフォーマンスを示したタイプの市場は、2021年も引き続き繁栄する。 一方、都市部のロケーションは、今年の上半期も引き続きパフォーマンスが低下する可能性がある。 「パンデミックは、特に主要なAirbnb市場において、確立された多くのAirbnbトレンドを劇的に変えた。 供給の変化はさまざまだが、ほとんどの場合、シフトはCOVID-19の性質が旅行者の行動をどのように変えたかを直接反映している」、「ワクチンの展開が続き、鬱積需要(pent-up  demand)が世界的な予約を加速させているため、特に2020年に最高のパフォーマンスを示した場所で供給の成長が見込まれる」とAirDNAの調査担当副社長であるJamie Laneは述べている。(3/30 https://bit.ly/3czBWjW )

 

 

11. VIDEO: トリアド、サブスクとロイヤルティ注力

2021年の間、旅行業界で予測不可能な回復プロセスを介して自分の道をナビゲートしようとするTripadvisorやその他の旅行ブランドにとって、こんなに重要時はない。 Tripadvisorは、回復戦略の重要な部分がPlusイニシアチブの導入であることを示唆している。 サブスクリプションベースのこのプログラムは、宿泊施設のサプライヤーが無料で参加できる。 旅行者は、年会費 $ 99でサインアップして、特売やその他のオファーを利用できる。 Plusは、Tripadvisor、パートナーホテル、旅行者にとって双方にメリットがあると宣伝されており、旅行業界でこれまでに導入された中で最も注目を集めるサブスクリプションプログラムの1つである。

Plusはまだ始まったばかりだが、Tripadvisorは、特に旅行の回復期間が落ち着き、宿泊施設やその他のサービスの予約を他の場所で探し始めた後、消費者がサブスクリプションを継続するので、イニシアチブの見通しについて非常に自信を持っている。 Tripadvisorのチーフエクスペリエンス兼ブランドオフィサーであるLindsay Nelsonは、このプログラムを導入した理由、初期段階でパートナーホテルなどとどのようにうまくいったかを説明する。 彼女は、2021323日のPhocusWire PulseLoyalty For The Long Haulイベントの一部として登場した。

以下の完全なインタビュー(https://youtu.be/p51uIpybIFI)をご覧ください。

(3/30 https://bit.ly/3fsbQ4l)

 

 

12. グーグルマップ、AR機能追加

Google Mapsは、ライブビュー拡張現実(AR)機能を追加して、乗客が空港や駅をナビゲートするのを支援している。 このアップデートは、2021年に“100 AIを活用した改善”を目指すGoogle Mapsの多くの新機能の一部。 ライブビューは、乗客が矢印や道順を介して、ゲートやプラットフォーム、最寄りのエレベーターやエスカレーター、現金自動預け払い機などの場所を見つけるのに役立つ。 今後数か月以内に東京とチューリッヒの一部の空港、モール、駅で展開が計画されており、さらに多くの都市が進行中である。 マップに追加される追加機能には、現在および予測される気温と気象条件の両方について、グローバルに利用できる気象レイヤーが含まれる。 大気層の情報は、オーストラリア、インド、米国でも最初に利用可能になる。 また、Google Mapsでは、交通機関のオプションを簡単に比較できるようになっているため、ユーザーは、利用可能な交通手段や、さまざまなタブ間を移動せずに目的地に到着するまでにかかる時間を確認できる。 マップはまた、ユーザーに優先されるモードを優先し、都市で人気のあるモードを強調する。(3/31 https://bit.ly/2PMBiXD)

 

 

13. ビッグチェア: 独HomeToGoPatrik Andrä

Q: バケーションレンタルセクターは2020年に比較的順調に推移した。 これは、収益やその他のビジネス指標に関して、HomeToGoにどのように反映されたか?

2020年はHomeToGo2014年創立)とバケーションレンタルセクター全般にとって堅実な年であった。 我々は旅行業界の他の多くのセグメントよりもはるかにうまくいった。 数字を見ると、たとえば2020年第3四半期の .comサイトへのアクセス数は前年と比較して77%増加した。 これは我々のプロダクトと多くの関係がある ― それについてはすぐに共有できる ― しかし、これらの例外的な時代にある唯一の本当に安全な旅行オプションとしてのバケーションレンタルの比較優位もある。

 

Q: 地理的にどのように違ったか?

すべての主要市場でタイミングが異なる同様のパターンが見られる。 世界的には、旅行制限が緩和された2020年の夏の間、地方および国内の旅行需要が目覚ましく増加した。 その後、秋と冬にいくらかの相違があり、米国市場では地方と国内の旅行が引き続き好調であった。 これは、我々が典型的な年に見がちな予約パターンと一致している。 ヨーロッパでは、多くのスキー目的地が閉鎖され冬の旅行シーズンが遅くなったため別の状況に直面した。 将来的には、ヨーロッパ諸国間でより多くの変動が予想される。 これを説明するために、英国政府が先月20215月に海外旅行を再開する計画を発表した瞬間、トラフィックは1週間から次の週に83%増加した。

 

Q: 現在、多くの企業が「どこからでも仕事をする」という考え方を採用しているが、将来の民間賃貸への影響はどうなるのか。 業界は長期滞在にどのように適応しているか?

リモートがニューノーマルになることは、我々の業界にとって大きなゲームチェンジャーだ。 このパラダイムシフトをどのように見ているかについて少し詳しく説明する。 パンデミックは、数年前からすでに進行中であった職場の柔軟性を高めるという根本的な潜在的な傾向を加速させた。 数か月で、我々は「どこからでも作業できるポリシー」へ10年飛躍した。 これは、顧客だけでなく、HomeToGoの我々自身にも当てはまる。 リモートワークは、新しいターゲットグループの可能性を解き放つ。 突然、ビーチタウンで数週間働きたいと考えている企業の従業員を、従来の旅行者の顧客や、おそらくおなじみのデジタル遊牧民に追加する。 この需要に最適に対応できるように、プロダクトを迅速に適合させた。 たとえば、定性的な観点から、市内中心部までの距離や最寄りのビーチや湖への近さなど、特定の賃貸物件について可能な限り多くのコンテキストを提供することで、旅行者が何を期待できるかを知ることができる。 次に、長期滞在でより重要な価格の観点から、毎週または毎月の滞在の割引が顧客に強調されるようにする。 ちなみに、ホストが提供または賃貸している物件でインターネットの速度を宣伝することに、ホストがより多くの注意を払っているのを見てきた。 これは、HomeToGoが常に旅行者のニーズを最優先するよう努めているため、我々が高く評価している開発である。

 

Q: バケーションレンタル部門でパンデミックが明らかにした弱点は何か?

経済の他の多くのセクターでは、パンデミックはデジタル化の重要性を示した。 バケーションレンタル業界も例外ではない。 急速に進化する環境では、旅行の可能性が数日以内に変わることがあり、俊敏に適応し、迅速に対応することが重要であり、テクノロジーがこれを可能にする主な要因だ。 HomeToGoが、このようなダイナミックな時代にユーザーにサービスを提供するためにテクノロジーを最優先する方法の具体例を示す。 我々はすぐに2つの主要なニーズが浮かび上がって来た。 1つは予約を柔軟に変更する機能であり、もう1つはすでに説明した新しい柔軟性により、より長い時間枠内でバケーションレンタルの取引を探す可能性である。 これを解決する方法は、無料のキャンセルフィルタをより目立つように展開し、柔軟な検索プロダクトを強調することであった。 春先に新しい無料キャンセルフィルターがリリースされた後、柔軟なキャンセルを提供するレンタルを選択するゲストが35%増加した。

柔軟な検索プロダクトについて:これはシンプルでありながら強力なツールであり、検索を特定の開始日と終了日に制限することなく、時間範囲内で優れたオファーを表示できる。 2018年にはすでに柔軟な日付検索機能が導入されており、過去1年間でその使用が600%増加した。 そして、さまざまな時間枠で何千もの信頼できるパートナーからの多次元レンタルを比較するこの簡単で迅速な方法を愛する旅行コミュニティから、これに関する驚くべきフィードバックを受け取り続けている。

 

Q: そして、旅行業界全体ではどうか?

ここでも、パンデミックは、COVID-19が始まる前にルーツを持っていたトレンドを加速させている。 旅行者、特に若いコホートでは、長距離旅行の環境への影響をより精査する。 世界的に、長距離の空の旅はさらに増加するように設定されているが、国内旅行の市場はまだ十分にサービスされていない。 もう1つの長期的な傾向は、よりユニークな宿泊施設に重点を置き、似たり寄ったりのホテルの部屋から離れることである。 これは、クライアントとの会話で毎日示されている。 ちなみに、これらのマクロトレンドは両方とも、バケーションレンタルと代替宿泊スペースにメリットがある。 パンデミックの前は、それはすでに旅行で最も急速に成長しているバーティカルであり、今ではその長続きする追い風に乗っている。 昨年、代替宿泊施設が旅行の主流プロダクトになったが、これは今後も続く。これは、Booking HoldingsGlenn Fogelと共有していると思われる信念だ。

 

Q: HomeToGoは従来のメタサーチとどのように異なるか。 収益モデルを説明できるか? CPCか、それともCPAか?

その通り、HomeToGoは古典的なメタ検索会社ではない。 我々は、パートナーに提供するカスタマイズされたアプローチを誇りに思っている。 これには、CPCCPAの両方の取り決めが含まれ、CPAが圧倒的多数を占める。 これは、あらゆる規模のすべてのパートナーに対して、市場で公正な競争を生み出す独自の技術ソリューションを活用している。 「1つのサイズですべてに対応」するアプローチは、我々のセグメントでパートナーシップを形成しようとする時に成功するためのレシピではない。 断片化は確かにバケーションレンタル業界の主な特徴であり、我々はあらゆる種類と規模のパートナーとうまく取引している。 2020年には、HomeToGoプラットフォームに統合されたあらゆる種類の2,000のパートナーというマイルストーンを達成した。 我々の目標は、バケーションレンタルの中心的なハブを1つ作成し、旅行者が宿泊施設を見つけるためのシームレスなエクスペリエンスを提供することである。

 

Q: バケーションレンタルのメタサーチは、その過程で多くの課題と犠牲者を出して来た。 レンタルメタで本質的に難しいものはあるか?

バケーションレンタルのメタサーチには確かに何か違うものがある。 他のメタサーチケースと比較すると、フライトはフライト番号や空港のIATAコードに至るまで完全に標準化されたプロダクトだ。 ホテルには明確に識別可能な名前があり、多くの場合、標準的な品質評価スキームがある。 または、旅行以外の例を挙げると、ハードウェアプロダクトには標準化された識別子(standardized identifiers)がある。 対照的に、バケーションレンタルは非常に個性的で、標準化されておらず(これもプロダクトの強み)、一意の識別子が存在しない。 しかし同じバケーションレンタルが異なるチャネルを通じて提供されることが多いため、これ(unique identifiers)も課題となる。 そのため、HomeToGoでは、最先端のテクノロジーでこの課題に対処した。 異なるプロバイダーからのまったく同じ賃貸物件を識別、照合、マージし、単一の検索結果として表示する。 そして、それは我々がさまざまなプロバイダーから得るさまざまなデータ品質に関係しない。 当社の機械学習アルゴリズムは、プロバイダー間で同一のオファーを検出して学習する。 ユーザーにとって、これは、メタプロダクトの部分に煩わされることなく、簡素化された、簡単に検索できる在庫と完全な比較を意味する。

 

Q: 顧客獲得戦略は何か、そしてあなたはBooking HoldingsExpedia Groupのマーケティング力と競争するのを助けるために何か新しい戦略やチャネルを模索しているか?

我々は、有料検索トラフィックとオーガニック検索トラフィックを健全に混在させている。 昨年は、販売に直接焦点を当てるのではなく、情報に焦点を当てた新しいTVキャンペーンの実施にも成功した。 実際、状況の変化に応じて旅行の可能性に関する最新情報を常に伝えるために、数十のバージョンを撮影した。 また、ブランドをさらに強化するために、いくつかの市場でインフルエンサーパートナーシップと家庭外広告(out-of-home)を開始することに成功した。 今日、これまで以上に、人々に刺激を与え、将来の旅行に興奮させることが重要だ。

 

Q: 最近の決算発表では、Booking HoldingsCEOであるGlenn FogelExpedia GroupsCEOであるPeter Kernの両者が、代替の宿泊施設プロダクトを優先することについて話している。 HomeToGoは、このセクターで彼らがより強くなるために頑張っている中で、競争力を維持するために何をする必要があるか?

彼らの発表について言及するのは良いことだ。 両社は、強力で多様性に富み、価値のあるパートナーの膨大なセットの1つである。 彼らにブティックから大企業まで、HomeToGoを信頼し協力している2,000を超えるサプライヤーたちのインベントリーを送っている。 我々は、顧客が自分のニーズに本当に合ったオファーを確実に見られるようにすることで、検索による一般的なトラフィックよりもはるかに優れた価格で、質の高いトラフィックを顧客に送信する。 すべてのビジネスパートナーを成功させることは、我々の関心の中心だ。 そのため、我々はそれらをサポートし、一緒にビジネスを成長させるためのソリューションの開発に多くの投資を行っている。 これは我々の最大のパートナーだけでなく、特にバケーションレンタルスペースに特徴的な小規模なプロバイダーによっても評価されている。

 

Q: 昨年夏、HomeToGoGoogleに対して欧州委員会に独占禁止法違反の申し立てを行った。懸念とファイリングの現在の状況について説明できるか?

我々は競争を恐れないが、すべての競争相手との公正な競争を期待している。 Googleは、品質要因の長いリストに基づいてWebサイトをランク付けする。 すべてのWebサイトは、この品質保証に合格してオーガニックに上位にランク付けされ、トラフィックを受信する機会を得る必要がある。 このメカニズムにより、業界全体と世界中の企業がこの分野で互いに競争するために多額の予算を費やしている。 ただし、Googleはこの品質コンテストにまったく参加しないことを決定し(!)、オーガニック検索結果の上に独自のバケーションレンタル検索を決め打ちした。 ここでは、他のすべての人がテキストリンクだけを許可されているにも関わらず、明るく光沢のある写真や地図でも掲載可能にした。 これは非常に不公平であり、Googleが保持する独占力を悪用している。 これを比喩で説明する:この状況を、2つの店が同じ通りにあると考えて欲しい。

一方の店はカラフルなネオンサインを許可されているが、もう一方の店は看板広告を出すことさえ許可されていない。 そして、たまたま最初のスーパーマーケットの所有者が市長であると。 不公平だ。 そして、ある時点で店舗が1つしか残っていない場合、これがすべての人にとってより良い価格につながる可能性はほとんどない。 そのため、独占禁止法違反の申し立てを行った。 現時点では現在の状況について最新情報を伝えることはできないが、Googleは引き続きその行動をとっていると言える。

 

Q: 今後5年間のHomeToGoの優先事項は何か?

我々は旅を始めたばかり。 まだ取り組み始めていないエキサイティングな機会がたくさんある。 私が言えること:我々は以前、旅行業界に影響を与え、形作るメガトレンドについて話した。 我々は、これらのトレンドを活用し、顧客にとっての価値に変換するために、テクノロジーに引き続き多額の投資を行う。 AIと機械学習は、我々が管理する膨大な在庫を処理する機能を引き続き推進する。 それでも、テクノロジーは単なるツールである。 我々を本当に駆り立てるのは、検索を無回答のままにしないことである。 旅行者のニーズは我々のすべての思考が始まるところだからだ。

 

Q:将来にIPOの可能性は?

資金調達や投資の可能性に関する具体的な計画についてはコメントしない。 ただし、一般的に言って、HomeToGoの将来に向けてあらゆる種類のオプションを検討しており、今後の機会と今後の旅行のリバウンドに備えて、会社があらゆる点で十分な準備が整っていることを確認する。

 

Q: 昨年、パンデミックのために個人的に最も大きな学びは何であったか?

私の最大の学習は、おそらくHomeToGoでのリモートワークへの移行と、それが初日からどれだけうまくいったかということである。 誰もがどこから働いているかに関係なく、優れたチームは優れたチームである。 昨年は目覚ましいものがあった。 過去12か月間、HomeToGo全体をサポートしてくれたすべての人々、そして私自身に非常に感謝している。 パンデミックは、我々のチームのように旅行に情熱を持っているすべての人にとって非常に厳しい状況だ。 我々のチームが毎日示している回復力、創造性、楽観主義を見て、私は会社としての次のステップに誇りと自信を持っている。(3/31 https://bit.ly/3rDDduH )

 

 

14. PhocusWire Pulse: ソーシャルメディアの新時代

PhocusWire Pulseイベントは、業界リーダーの一連の仮想集会であり、このセクターの単一のトレンドまたはトピックに専念している。 3番目のPhocusWire Pulseは、ソーシャルメディアに焦点を当て、インフルエンサー、デジタルマーケティング、ソーシャルコマース、評判管理、ライブストリーミングなどの問題を調査する。 ソーシャルメディアのニューエイジは、427日火曜日の東部標準時 午前10時にオンラインで開催される。 New Age For Social Mediaには、次のスピーカーが登場する(詳細はまもなく追加される)。

  • Brian Solis、デジタル人類学者および未来派
  • Travel Mindset、副社長、Jade Broadus
  • Local Purse、共同創設者、Lola Akerstrom
  • IxigoCEOAloke Bajpai

このイベントのインタビュアー:

  • PhocusWireシニアレポーター、Mitra Sorrells
  • PhocusWireシニアレポーター、Linda Fox
  • PhocusWireニュース編集者、Jill Menze
  • PhocusWire編集長Kevin May

(3/31 https://bit.ly/3cD0EQC)

 

 

15. 私の足跡ep58Rami Zeidan, Life House

Rami Zeidanは頑張っている創設者だ。 Starwoodのそのような活動を監督することを含め、彼のキャリアの初期の部分で金融と不動産の世界で働いた後、Zeidanはオペレーションの諸要素を経験した。 それから、彼自身のホスピタリティブランドを立ち上げた。 Life House2017年に設立以来、独自の資産のポートフォリオと、さらに数十の運営委託管理下にあるものを含む事業規模に成長した。 それ以来、ライフスタイルタイプのホテルブランドは約4,000万ドルの投資資金を調達し、高級ホテル体験の提供と他の場所で使用するための技術開発の両方に焦点を当てている。 ごく最近、Life Houseマイアミの不動産のブランド変更を行うために、旅行検索エンジンのKayak(このZeidanとのインタビューが記録された後に発表された)と契約を結んだ。 ZeidanHow I Got Hereの最新ゲストとして参加する。(4/1 https://bit.ly/3fzs3Vs)

 

 

16. Vrbo、エアビースーパホスト対抗、レンタルの競争激化

バケーションレンタルセクターへの旅行者の関心は、業界がパンデミックの1周年を経て2021年の夏に移行するにつれて、衰える兆しはほとんど見られない。

リフレインが再三再四聞こえて来た過去12ヶ月間で再び:レンタルは、潜在的に混雑したロビーを備えたホテルに比べて、社会的に離れて休暇を探している旅行者のための好ましい選択である。 一部の国はまだ封鎖されているが、AirDNAからの最近のデータは、米国の春と夏の旅行シーズンが好調であることを示しており、今年の2月に記録的な数の新規予約が行われた。 旅行会社にとって、問題は需要を満たすためにどのように供給を増やすかということである。 ただし、供給は無限ではない。 また、潜在的なホスト(たとえば、別荘の所有者)にとっては、旅行制限や外出禁止令などの措置に対する懸念により、市場への参入をためらう可能性がある。 一方、既存のホストにとって、キャンセルと返金の流入をナビゲートした過去1年間の彼らの経験は、必ずしも前向きなものではなかった。 Vrboが新しいホストをプラットフォームに引き付けることを目指している1つの方法は、新しく立ち上げられた“Fast Truck”プログラムを使用することである。 このプログラムは、サイトにまだ参加していない経験豊富なホスト ― と“Superhosts” ― がアベイラビリティと収益を向上できるように設計されている。 Fast Startを使用すると、レビュー評価が4.5以上で、過去1年間に3,000ドル以上を獲得したホストは、プラットフォームを使用して最初の90日間、Vrboで昇格したポジションを獲得する。 プロパティは、他の旅行サイトからのレビューに基づいたレビュースコアを表示する「New to Vrbo」バッジで示される。 個々のレビューは表示されていないが、スコアはホスト自体から、またはVrboによってスクレイピングされたデータから提供される。 この指定は、個人の所有者またはマルチプロパティアカウントで利用でき、Vrboはホストのサインアップを専用でサポートする。 ホストは参加するためにVrbo専用である必要はない。 Expedia Groupが所有するVrboは、米国で1,600のホストを使用してFast Startプログラムを試験運用し、これらのホストでは予約が25%増加し、予約された泊数が50%増加し、総予約額が140%増加したと報告している。 このプログラムは今週米国で正式に開始され、今後数か月でグローバルに展開される予定である。

「我々は、Vrboのパフォーマンスと、過去数四半期にわたってExpedia Groupの収益ストーリーの大部分を占めて来たVrboストーリーに興奮している新しいホストの新規開業の問題に対処しようとしている」とExpedia GroupTravel Partners Groupの社長であるCyril Ranqueは言う。 2020年の第3四半期に、Expedia Groupは、Vrbo2019年の第3四半期と比較して予約と収益の両方の増加を見たと報告し、20212月、Expedia GroupCEOであるPeter Kernは、サイトの予約のほとんどがVrbo.comを通じて直接行われたと述べた。 同社はGoogleのバケーションレンタルメタサーチプロダクトからVrboを削除した。 Vrboによると、2020年にプラットフォームに参加した個々の不動産所有者は、1物件あたり平均約6,000ドル、つまり他の旅行サイトより50%多く稼いだとのことである。 「[Fast Start]は多くの住宅所有者の共感を呼んでいると思う。 彼らが参加した時に良い体験ができるようにしたいと思う。 我々は彼らにさらなる後押しと露出を与えるプログラムを作成した」とRanqueは言う。

 

スーパーホストスキーム

Superhost scheme

Fast Startは、ホストがより多くの収入を得るのに役立つだけでなく、レビュースコアの高いホストを登録することで、Vrboがプラットフォーム上の供給品質に対処するのにも役立つ。 やや控えめに言って、VrboFast Startに関するリリースで、“Superhosts”をターゲットにしていると述べている。 Superhostsは、Airbnbがサイト上の経験豊富なホストを強調するために使用する用語だ。 “それは意図的なもの”とRanqueは、この言葉の使用について語っている。 「我々は、顧客と供給パートナーがCOVIDの課題を乗り越えるのを支援するために業界で1年間過ごした。 我々は、Expedia GroupVrboを、旅行者の関心とホストの関心のバランスが取れている所に位置付けたと思う。 他のプレイヤーとは少し違う、そしてこれは業界から賞賛された」と語る。 昨年の3月、Vrboは、キャンセルに直面したホストが、旅行者が再び旅行することができる、または安全であると感じた時に使えるクレジットを旅行者に提供することを奨励したと述べている。 当時、Vrboホストのほぼ95%が、「このプログラムにオプトインしていた。 プラットフォームには“現地法”(local laws)機能も含まれており、ホストはVrboのパートナーポータルであるDiscovery Hubを介して各地域で自分に関連する現地法を確認できる。 一方、Airbnbは、同社が返金ポリシーをどのように伝えたかに不満を持っていたホストからの反発に直面した。 Airbnbは謝罪し、キャンセル費用を賄うためにホストに25,000万ドルを支払った。 また、202111日に発効したポリシーに変更を加え特定のゲスト保護を廃止した。 「我々の最優先事項はコミュニティの安全であり、世界保健機関が世界的大流行を宣言した後、すべてのゲストに予約の全額返金を提供した。 多くのホストはAirbnbの収入に頼って収入を得ているので、これはホストにとって非常に辛いこととなった。 そこで、ホストのキャンセル費用の一部を支払うために25,000万ドルの基金と、1,700万ドルのSuperhost Fundを作成した」とAirbnbの広報担当者は声明で述べている。

「明らかにほぼ全員がVrbo含め、Airbnbより良い払い戻しを扱った」、「合法性に関係なく、ホストとの協議の欠如は、Airbnbのゲスト中心のビジネスの本質を明らかにし、ホストがリスクを軽減し、1つのサイトだけにリスト(mono-listing)しないようにする必要性を明らかにした。 Fast Start Vrboに参加して欲しい」と、多くの短期賃貸クライアントを有しているRentivo創設者兼ディレクターでありかつYes Consultingの創設者でもあるRichard Vaughtonは述べる。 BookingPalの創設者兼CEOであるAlex Aydinは、Vrboは多くの物件の直接販売者(merchant of record)ではないため、キャンセルの処理方法が異なると述べる。 「Airbnbの場合はmerchant of recordだ。 そのため、Airbnbはすべての物件の予約の払い戻しを完全に管理できた」、「Vrboの場合、一部のホストだけに返金し残りのホストに返金しないことはできなかった。 これにより多くの問題が発生した。 そのため、彼らはホストに尋ねて協力し、払い戻しを喜んで行うかどうかを確認する必要があった。 彼らはホストの参加を求めたが、それはホストからより高く評価されている」と彼は言う。 「優れた解決策はないと思うが、所有者と不動産管理者は、それぞれの地域の法律と独自の顧客ポリシーに基づいて独自のビジネスを運営できるはずである。 Vrboはこの非常に困難な状況をAirbnbよりもうまく処理したと思う」と、VRSchedulerCEOであるJill Masonは付け加える。

Superhostを強く意識しているVrboについて感想を尋ねられた時、Airbnbの広報担当者は、「“Airbnb”は世界中の国で名詞と動詞として使用されており、我々のブランドはすでにポップカルチャーに深く組み込まれている。 Google Trendsによると、20161月から20209月まで、“Airbnb”は他の主要な旅行ブランドよりも世界中で頻繁に検索されていた。 Airbnbのホストは我々のコミュニティとビジネスの基盤である。 Airbnbをユニークなものにしているのは彼らの個性だ。 学校の先生からアーティストまで、我々のホストは220を超える国と地域、約100,000の都市にまたがっており、ホストの55%が女性であると推定している。 2020930日の時点で、世界中に400万を超えるホストがあり、ホストの86%が米国外に居る」と回答した。

 

プラットフォームの可能性

Platform potential

Fast Startは新しいホストをVrboに導入することを目的としているが、Ranqueは、ホストをプラットフォーム専用にすることは意図していないと述べる。

「一般的に言って、現実は世界がクロスチャネルの流通に向かっているということだ。 それは進化の証である。 あるプラットフォームを別のプラットフォームよりも選択するように人々を追い詰めたくはない。 とはいえ、個々のホストを見ると、例えば我々が販売する物件が多いほど、我々のカレンダーのシェアが増え、それはアルゴリズム、関連性、レビューのスコアにより重点が置かれる」と彼は言う。 「彼らが我々に彼らのカレンダーシェアをもっと与えてくれれば、それは我々のプラットフォームでアウトパフォームするだろう。 しかし、それが専属であれば、それはバイナリではない(not a binary)。

AirbnbSuperhostを具体的に見ると、Aydinは、Superhostの大多数がAirbnbを離れてVrboに行くとは思わない。 むしろ、彼らはマルチチャネル流通戦略を持つためにVrboを追加するだろうと述べる。 「Superhostとプロのプロパティマネージャーの利点は、より多くのカレンダーを予約できることである。 プロのプロパティマネージャーはどこにでも(Booking.comExpediaAirbnbVrboTripadvisorなど)流通し、独自のWebサイトから多くの予約を生成するため、Vrboが販売できる宿泊日数は少なくなる。 一方、Superhostを使用すると、Vrboが収益化するために利用できる部屋の宿泊が増える」と語る。

Vaughtonは、「Superhostとともに、Airbnbは、Airbnbの収入における最優秀者であるホストのサブクラスを成長させた。 彼らの多くはブランドに忠実であったが、“リストティングは脆弱だ” と感じている。 IPOと払い戻し大失敗は、これがPR主導のコミュニティクラブではなく、単なる別の大企業であることを浮き彫りにした。 VrboFast Startは、この市場セグメントを採用するのに適した位置にあり、自然に彼ら自身の忠実な顧客ベースを新しくて素晴らしい事前優良在庫(pre-qualified inventory)に向けて駆り立てる。 これは、ホストとVRBOの両方にとって非常に理にかなっている。 他のリスクを軽減して在庫を収益性の高い方法で拡大したいと考えている。 Airbnbはどのように対応するかが問題だ」と語る。 Ranqueは、Fast Startプログラムが終了した後、90日間にわたって良好に機能したホストがプラットフォーム上で公平性を構築し始め、仕分け順(sort order)で自然な位置を占めるようになると言う。

彼は、Vrboには、例えば沿岸の目的地など、需要の高い目的地のホスト向けのオンザグラウンド(現場)マーケティングを含むターゲットを絞った買収プログラムがあると述べている。 「それは全体の数ではない。 需要があるところに供給が存在する」、「都市の中心部が再開し、海外旅行が戻って来ると、需要があるため、これらの大きな市場には当然供給が流入すると予想される」と彼は言う。

(4/1 https://bit.ly/3fxllzf )

 

 

17. 直言:エアビーはコミュニティーでなくビジネス

どんなビジネスもそのPR主導のイメージが描写するものであるという考えは、少々誤りである。 Airbnbはこの点で適切な例であるが、これは批判と見なされるべきではない。 同社はブランドイメージが非常に優れていることが証明されており称賛されるべきである。 当初は、現在の規模のマーケティング部門ができる前は、長い間、コミュニティはAirbnbが行ったことの重要な側面であった。

ホストはそれ自体が一種のクラブであり、より良いホストになる方法と、より多くのゲストを獲得するためにシステムを機能させる方法に専念するフォーラムやその他の種類のディスカッション掲示板がWeb上に存在した。 確かに、Airbnbには独自のホスト主導のイニシアチブが沢山あったが、もちろん、その主な目標は、それらを収益を生み出すゲストと結び付けることであった。

他には何もない。 コミュニティの波に乗るためにAirbnbに抱くように思われる苛立ちは、間違いなく、いくぶん不公平である ― それは本当にそれが得意である。 今、物事を面白くするのは、上場企業であることにビジネスとより広い賃貸部門がどのように反応するかである。 投資家は、Airbnbが信じているかどうかに関係なく、数と成長といういくつかのことに関心を持っている。

コミュニティとホストに関するすべてのPRのしくじりについてではなく、会社の本当のテストは、四半期ごとの数字、それらを後押しし、競争を破壊する戦略的イニシアチブから来る。(4/2 https://bit.ly/3をlfEJ1 )

 

 

18. VIDEO:航空会社ロイヤルティの価値

航空会社は、過去1年間、待望の資金を調達するためにロイヤルティプログラムに頼って来た。 この動きは、これらのプログラムのドル価値を浮き彫りにし、ロイヤルティスキームがここからどこへ向かうのか、そして消費者の期待の変化に応じてその意欲的な要素を維持する方法についての幅広い会話を開始した。

Loyalty Data CoCEOであるMark Ross-Smithは、大規模な消費者ロイヤルティプログラムが小規模な航空会社を買収してプログラムの価値を高める可能性があると考えている。 このマレーシア航空のロイヤルティプログラムの元責任者は、既存の航空会社のロイヤルティプログラムが他の事業を買収し、既存のパートナーシップを超えた価値を引き出すために、より多くのメンバーをスキームに参加させるのに役立つと考えている。 Ross-Smithは、PhocusWire PulseLoyalty for the Long-Haulイベントに参加して、航空会社からパーソナライズへの取り組みへのライフスタイルプログラムへの進化についても説明する。

以下の完全なインタビュー(YouTube https://youtu.be/L6FPZYkodsI)をご覧ください。(4/2 https://bit.ly/3uhCqRO)

 

 

19. 329日の資金調達記事

·         LockTrip

オーストラリアを拠点とするオンライン旅行代理店のWebjetは、ブロックチェーンのスタートアップであるLockTrip410万ドルを投資することで、暗号通貨の分野での地位を高めている。 現金取引の一環として、Webjetは、これまでベンチャーキャピタルのオファーからの投資を受け入れて来なかったLockTripへの420万ドル(合計830万ドル)の2番目のオプションのトランシェに合意した。 ブログの記事でLockTripは、過去2年間Webjetとのパートナーシップの話を進めて、短期金融ブーストについてではなくエンドゲームについて協議して来たと言う。 ブルガリアを拠点とするスタートアップ(ネットワーク内に210万ドル以上のホテルとプロパティを数える)により、WebjetLockTrip MarketplaceLOCトークンエコノミーをオーストラリアとニュージーランドのOTA Webサイトに統合する。 WebjetのマネージングディレクターであるJohn Guscicと企業開発のディレクターであるLynne Oldfieldが、LockTripの取締役会に加わる。 「[ブロックチェーンベースの予約検証ソリューション] Rezchainを使用したWebjetのブロックチェーン開発の旅を踏まえ、2019年の初めに最初にLockTripの創設者と連絡を取り、ブロックチェーンに関する見解を共有した」、「最初の会話から、創設者がパブリックブロックチェーンのよく知られた課題を解決する方法に感銘を受け、ホテルの流通環境を改善するためにブロックチェーンの基本的な機能を利用するという画期的な機会があると感じた」とGuscicは言う。 WebjetLockTripは、RezchainHydraチェーンに移行する機会を模索する。 これは、真に分散化されたプルーフオブステーク(注)ブロックチェーンであり、ビットコイン、イーサリアム、Qtumの組み合わせから生まれた。 (注)ブロックチェーンにおける分散型合意形成の仕組み。保有する仮想通貨のシェアに応じて合意形成の権利が与えられる。

Oldfieldは「パブリックブロックチェーンは通常、速度が遅く、リソースを大量に消費し、価格が予測できない。 Hydraチェーンのリリースにより、LockTripの創設者は、本物の商用アプリケーション向けの堅牢でスケーラブルなプラットフォームを提供する。 この機会を拡大するにあたり、我々は彼らと一緒に投資できることを嬉しく思う」と付け加える。 LockTripCEOであるNikola Alexandrovは、この取引は従来のテクノロジーの巨人がブロックチェーンテクノロジーの機会をどのように見つけたかの証であり、ブロックチェーンの分野では“前例のない”もので、2年以内に完了する予定だと述べている。(3/31 https://bit.ly/3sHLiQi )

 

·         Apaleo

ホスピタリティテクノロジーのスペシャリストであるApaleoは、API主導の資産管理システムのために450万ユーロの資金を調達した。 Force Over MassRedalpineBayern Kapitalはすべて、ドイツを拠点とするスタートアップのシリーズA投資に参加した。 同社の共同創設者兼最高執行責任者であるMartin Reichenbachは、「業界がこれまでに経験した中で最悪の危機にもかかわらず、世界規模でApaleoを継続的に成長させることを誇りに思っている」と述べている。 同社は、宿泊施設プロバイダーがサービスとしてのソフトウェアサブスクリプションモデルに基づいてテクノロジーを構築できるようにする。

Reichenbachは、同社がその資金を使ってプラットフォームを強化し、“ホテル経営者とアプリ開発者のコミュニティ”を増やすと付け加える。

Force Over Massの投資マネージャーであるLucas Stoopsは、「業界が広範囲に混乱しているにもかかわらず、強い需要を享受しているApaleoの柔軟な統合APIベースのプラットフォームに感銘を受けた」と述べている。

Apaleoの共同創設者兼CEOであるUli Pillauは、「Apaleoは、ホテル経営者が必要に応じて境界なしで好みのテクノロジーを選択でき、あらゆるアプリが迅速かつ無料で接続できる真のプラットフォームアプローチである。 Apaleoの誕生以来、我々は前向きなコミュニティとともに混乱を続け、戦略を推進していく」と述べている。

* The Phocuswright Conference2019でのApaleoの出演からこれらの2つのクリップ(https://youtu.be/KjnAmt9xUio)(https://youtu.be/FImUfXMWWOw

をチェックして欲しい。(4/1 https://bit.ly/3cD1NHU)

 

·         Redeam

Redeamは、既存の投資家の助けを借りて1,200万ドルの資金調達プログラムを確保した。 シリーズBラウンドは、Vertical Venture PartnersThayer Venturesが主導した。 投資に参加している他の既存の支援者には、Peninsula VenturesCobre Capitalが含まれ、Boulder Venturesが新しい資金調達パートナーとして参加している。 ラウンドはシリーズAパッケージに続き、ほぼ3年で合計800万ドルになる。 Redeamは、ツアー、アクティビティ、エクスペリエンスプロバイダー向けのチャネル管理およびバウチャー引き換えプラットフォームとして2015年に作成された。 最新のラウンドは、Redeamの拡張プログラムとテクノロジーの先頭に立つために使用されると同社は述べている。 20185月に入社したCEOMelanie Meadorは、コロナウイルスの大流行以来ツアーやアクティビティ部門でのテクノロジーに対する需要が“急上昇”したと述べている。 投資を発表する声明の中で、彼女は「当社のプロダクトは、業界向けの完全なデジタル化されたタッチレスソリューション、ホテル、航空会社、その他の旅行商品向けのホワイトラベルソリューションに向けて進化しており、従業員はスペースだけでなく、今では多様性の基準を超えている」と述べている。

同社の3人の共同創設者であるCEOKevin McLoughlinAlex KremerLeith Stevensは、2018年と2019年の間に会社を辞めている。(4/1 https://bit.ly/2QWExMG)

 

·         Xie Zhu

Xie Zhu(謝朱)、ホテルのスマートな技術を提供する会社は、シリーズBラウンドで$ 46万ドルを調達した。 ラウンドはYida Capitalが主導し、Qingdao Haikong Tiancheng FundShun Capitalも関与している。 ウェブサイトの声明によると、Xie Zhuはこの投資をプロダクトの研究開発を強化し、拡張を強化し、顧客サービスを改善するために使用する。 同社はまた、モノのインターネット技術を高齢者介護やスマートホームやオフィスなどの他のセクターにも拡大する予定。 中国の蘇州に本拠を置くXie Zhuは、プロダクト開発、地域の拡大、IPOの準備に投資する計画であると述べ、昨年1月に3,700万ドルの資金調達を発表した。 同社によれば、過去1年間、タッチレスサービスを含む新製品といくつかの新プロダクトラインをリリースして来た。(4/2 https://bit.ly/3cKYIFL ) 

 

 

+++++

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応