海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021427

海外事情 419日号

 

今週号のハイライトは、何と言っても「4. 機会の窓 ― 分散するゲストの旅で受容性を最適化する」である。 パンデミック後のマーケティングには、タビマエ・タビナカ・タビアトの旅行者のマイクロモーメントにおけるマーケティングを解説する。

自分は、下図のPPWで示した通り、カスタマージャニーの各段階においてパーソナルエクスペリエンスをシームレスに提供することが重要だと言い続けて来たが、ここではそれを“分散モデル”として7段階に細かく分け、それらの全ての段階で合計 23のマイクロモーメント(旅行者にとって重要な意思決定ポイント)に対するマーケティングが必要だと説く。 従来の“線形モデル”の4つより6倍ほども多くタッチポイントが増加するというのだ。

 

222日号「5. ホスピタリティのデジタル旅行者対応」も、マイクロモーメントに対する適切な対応が必要だと述べている。(www.e-tdb.comのアーカイブで閲覧可能)

上図のタビマエの旅行計画を絞り込んでいく過程を漏斗(ファンネル)の形に模して表している。 この過程をPhocuswrightでは「ファンネル」と呼んでいる。

 

カスタマージャーニーの各段階

線形モデル

マイクロ

モーメント

分散モデル

マイクロ

モーメント

タビマエ

Active anticipation

3

6

Passive anticipation

0

7

タビナカ

Transit

0

2

Check-in

0

1

Stay

1

5

Check-out

0

1

タビアト

Sharing

0

1

 

4

23

  

(編集人) 

 

目次

1.(TJ) Vrbo、ベストホスト支援強調

2. (TJ) グラブ、空箱上場申請

3. (TJ) 17. HRS、独Itelya買収

  (TJ) = トラベルジャーンジャーナル510日―17日合併号参照

4. 機会の窓 ― 分散するゲストの旅で受容性を最適化する

5. 新興企業の舞台: Golightly

6. 私の方法: Vrboのプライバシー重視マーケティング

7. 航空会社の旅行者信頼獲得5つの方法                               4/12週 第5位閲覧

8. 米国市民のほとんどが今年旅行

9. パンデミック、法人旅行テックを変更するか?

10. ビッグチェア:Julie Brinkman, Beyond Pricing             4/12週 第3位閲覧

11. PW Pulse: ソーシャルメディアの新時代

12. 新興企業舞台: 大麻に優しいHiBnb

13. ツーリズム団体のパンデミック後データ戦略

14. 短期レンタル、最高稼働率到達

15. プリンセスクルーズがリモートワーク提供                      4/12週 第1位閲覧

16. 配車サービスで運転手不足

17. セーバー、Trams売却

18. Cleartrip、印Flipkartが買収

19. 私の足跡ep 60Alex Zozaya, Apple Leisure G.           4/12週 第2位閲覧

20. 直言:クルーズのリモートワーク

21. マリオット、ウバーと提携

22. パソナリゼーション、次世代ホスピタリティの力             4/12週 第4位閲覧

23. 412日週 資金調達記事

 

 

4. 機会の窓 ― 分散するゲストの旅で受容性を最適化する

ロックダウン措置の出し入れの1年が過ぎ、旅行者は待ち、疑問に思い、そして置かれたままでいることに慣れて来た。 彼らの多くにとって、休日のアイデアは今では遠い、楽しい思い出のように思える。 旅行愛好家にとって、国を離れることへの固執はますます避けられなくなっている。 過去の旅を思い出すと、ロックダウン生活の完璧な救済策のように思える自由と興奮の気持ちが呼び戻される。 しかし、これらの記憶された感情は、旅行自体にのみ付随しているのか? それとも、飛行機が離陸するずっと前に、旅行の前向きな体験が実際に始まるのか? 興味深いことに、KumarKillingsworthGilovichによるコーネル大学の研究では、旅行の物理的な経験に加えて、旅行を期待し計画することも気分に大きな影響を与えることが示された。 このレポートの4つの組み合わせた研究の結果は、「経験を待つことは、物質的な良いものを受け取ることを待つことよりも楽しくて刺激的である傾向がある」ことを示唆した。

旅行体験の大部分は、旅行が始まる前に行われることはよく知られている。 積極的な予想段階での旅行の準備に入る広範な調査、計画、および予約の他に、多くの人々が数週間から数か月前に旅行を予約し、かなりの期間の受動的な予想をミックスに追加する。 これに照らして、この研究の結果は2つのことを示唆するだろう:

  • 旅行を計画することは、このような長期間の高ストレス期間のメンタルヘルスに利益をもたらす可能性がある。
  • 旅行者の気分は、旅行の到着前(または予想)の段階全体を通してプラスの影響を受ける。

この記事では、これらの調査結果をさらに詳しく調べ、感情的な状態に目を向けて、ホテルとゲストが都合の良い時に交差する経路を計画する方法を検討する。 これを行うには、主要な旅行計画活動と、それらが時系列のゲストの旅に沿ってどのように分布しているかを調べる。 ホスピタリティ業界のこの緊張した時期には、少しの収益でも重要になるが、ホテルがゲストに与えるすべての印象も重要だ。 このアプローチを使用して、ホテルの意に反するのではなく、それを使用することが可能であるという考えを広めたいと考えている。 それはすべてタイミングの問題である。

 

分散されたゲストの旅

The scattered guest journey

特定の段階を掘り下げる前に、旅行業界で視点がどのように変化しているかを検討することが役立つ場合がある。 The Digital Tourism Think Tank, Nick HallMichela GussoThe Visitor Cycle報告書では、旅行者のための線形の顧客(linear customer journey)の旅のアイデアに挑戦し、デジタル観光の情景の中の三つの主要なシフトを概説する、:

  • 従来の訪問者サイクルは中断され、線形モデルから分散モデルに移行した。
  • 旅行の消費者は、これまで以上につながり力を与えられている。
  • 新しいテクノロジーとデータが現状を変え、ホスピタリティの専門家に古い問題に取り組む新しい方法を提供している。

HallGussoによると、「今日のオンラインスペースは、実際に旅行を決定する前に、訪問者が400を超えるさまざまなタッチポイントのメッシュである分散するWeb1つである」となる。 Hall and Gussoのレポートは、目的地のマーケティング組織の戦略の変革に焦点を当てているが、同様の考え方をより的を絞ったレベルでホスピタリティに適用することができる。 ホテルの宿泊客の旅を参照する場合、線形モデルは数年前から一般的に参照されるようになっているが、分散モデルは、特にCOVID関連の技術的進歩により、今では確かにより適切なモデルである。

 

旅行のマイクロモーメント

Travel micro-moments 

テクノロジーの巨人のデータインサイ(洞察)部門であるThink with Googleは、旅行のマイクロモーメントで分散するゲストの旅をさらに定義する。 これは、「人々が差し迫ったニーズに答えるためにデバイスに目を向ける瞬間」と表現されている。 これらのマイクロモーメントは、旅行者にとって重要な意思決定ポイントとして分離されている。 彼らはそれらを次のように概説する:

 

  • 旅行者が休暇を夢見て、確固たる計画なしに探索しているときのインスピレーション、または旅行したい瞬間。
  • 旅行者が適切な日付、適切なフライト、適切な滞在場所、その他のアクティビティやサービスを探している時の計画、または計画を立てる時間。
  • 予約、またはLet's-book-it-momentsは、調査が行われると、収集された情報に満足し、部屋、旅行、その他を予約する準備が整う。
  • 旅行者が到着し、旅行を体験して他の人と共有する準備ができた瞬間を体験する、または探索するのが待ち切れない。

分散するゲストの旅に沿って、この考え方は、これらの瞬間の最初の3つは、ゲストの旅の任意の時系列の段階で発生する可能性があると主張している。 Think with Googleによると、「旅行のマイクロモーメントは、人々が旅行を夢見始めた時に始まり、待望の旅行自体を通してずっと続く」と言う。

 

ゲストジャーニーの新旧の視点

Old and new perspectives on the guest journey 

下の図には、直線的なゲストの旅と分散するゲストの旅の描写がある。 それぞれで、旅行のマイクロモーメント(オレンジ色のアイコン)が時系列のゲストの旅に沿ってどのように分布しているかを確認できる。 線形モデルは従来の順序でマイクロモーメントをプロットするが、分散モデルでは、マイクロモーメント(体験以外)を旅の途中で複数回発生させることができる。

この線形モデルでは、受動的予測段階にマイクロモーメントがないことに注意することが重要である。

Think with Googleのレポートは、マイクロモーメントの力を活用するための簡単な戦略を提供し、次のアドバイスで構成されている。

  • そこにいる。 適切なタイミングで適切な場所にいる
  • 便利である。 ゲストに貢献できる価値を理解する

要約すると、Think with Googleは、ホテルが収益を生み出すためにゲストジャーニーのポイントを特定し、ゲストが探しているインスピレーションへの接続とゲストが欲している回答を提供するために、彼らの努力がゲストのニーズに関連していることを確認することを学ぶ必要があると主張している。 HallGussoのレポートでは、このますますデジタル化する時代にホスピタリティ業界が直面する中心的な課題を確立している。 「どこにでも居ることはできないので、適切な場所で適切なタイミングで適切な人々と交流する方法を見つける必要がある」と述べる。 分散するゲストの旅を考慮に入れて、ゲストとつながるための適切な瞬間をどのように選ぶことができるか? HallGussoがデジタルツーリズムの状況で観察した3つの変化と、旅行のマイクロモーメントを活用するためのGoogleの戦略に加えて、このパズルにはさらに2つの要素があると考えている。

  • 動機付けの理由に関する熱い認知仮説と冷たい認知仮説

 The hot and cold cognition hypothesis on motivated reasoning

  • 時系列の旅行段階とそれに関連するストレスレベルと感情の定性分析

続けよう!

ゲストの受容性に対する熱い認知と冷たい認知の影響

The impact of hot and cold cognition on guest receptiveness

熱い認知と冷たい認知とは、人の思考が感情状態によって影響を受けるという仮説を指し、外部のストレッサーと環境要因が、質の低い感情主導の意思決定と因果関係があることを意味する。 熱い認知は、感情によって偏ったり、誤って導かれたりする可能性があると考えられているが、冷たい認知は、感情とは独立して機能する思考である。 個人的な経験だけから言えば、ほとんどの人は、時系列のゲストジャーニーの中から高ストレス期間は、主に、財政、空港、ナビゲーションなど、より多くの外部ストレッサーの存在に関連していることを認識する。 しかし、我々の言葉を信じないで欲しい。 時系列のゲストの旅に沿った旅行者のストレスレベルについてのより多くの洞察を読んで欲しい。

 

ゲストの旅に沿った感情的な影響

Emotional influence along the guest journey

調査によると、旅行者は旅行のすべてではないにしてもほとんどの時系列の段階で精神を高揚させて来たが、これは旅行中に存在するストレスレベルについてはあまり教えてくれない。 熱い認知と冷たい認知の概念が旅行体験にどのように影響するかを理解するために、まず、時系列のゲストの旅の中でストレスの少ない窓がどこに存在するかを考えてみよう。

 

CrottsZehrerによるTourism Analysisの別の研究によると、旅行を楽しみにしているのは気分を盛り上げるかもしれないが、計画や予約を含む予測段階のアクティブな部分は、実際にはトランジット(運輸)よりもストレスレベルが高くランク付けされる可能性がある。 この調査の結果と旅行関連のストレスに関する既知の真実を考慮に入れると、旅行体験全体を次のストレスレベルグループに分割できると主張する。

上の図は、ホスピタリティ業界の専門家にとって2つの重要な機会を示している。 可能な限り効率的に収益を上げたいと考えている人にとっては、受動的な予想と滞在期間でゲストのタッチポイントを作成および/または最適化することに重点を置く必要がある。 この記事の最後では、これらの機会のウィンドウをThink with Googleのマイクロモーメント戦略と組み合わせて、ゲストジャーニーの分散モデルに適用する方法について説明する。

 

時系列のゲストジャーニーの重要な期間

Key periods in the chronological guest journey

旅行体験を構築するための新しい分散するアプローチには、特に重要な鍵の1つがゲスト主導の変更である。 旅行者は、予約段階までだけでなく、待機段階と滞在中のマイクロモーメントの段階でもインスピレーション、計画、予約に取り組んでいる。 ゲストの旅の全体の熱い認知と冷たい認知とストレスレベルについて我々が知っていることを考慮に入れて、落ち着き(calm)、満足(contendedness)、そして冷たい認知の瞬間にゲストにアクセスする機会の2つのウィンドウを深く掘り下げよう。 増収を生み出す必要性によって動機付けられているか、単にゲストエクスペリエンスを向上させる必要があるかにかかわらず、時系列のゲストジャーニーの受動的予測段階と滞在段階は、ホテル経営者にとって重要な、ほとんど未開発の機会を表している。

受動的予測段階

受動的予測段階は、ゲストが調査、計画、および予約によって消費される能動的な予測段階の後に続く。 滞在と旅行が予約されると、我々の旅行者は安堵のため息をつき笑顔で一日を過ごす。 仕事のやるべきことを全てすませてしまった彼らは旅行を楽しみにしている。 ゲストが安心している間、受動的予測段階はホテル経営者にとってアイドル時間からほど遠い。 現代の接続された旅行者の分散するゲストの旅では、受動的予測段階はホテル経営者にとって豊富な機会を保持する。 関連する技術が不足しているため、受動的予測段階は、伝統的にホスピタリティによってあまり注目されていなかった。 おもてなしへの多くのアプローチは、計画と予約の段階でゲストに影響を与えるために最大限の努力を払っているが、予約と到着の間の活動には一時停止が見られる。 しかし、我々のゲストは、受動的予測段階で彼らの旅行についての彼らの考えを棚上げしているか? とんでもない。

実際、旅行を楽しみにすることの気分を高める効果は、特に定期的な旅行が不足している時間に、受動的な予測段階は、ゲストが旅行を改善するための提案を最も受け入れる期間の1つであることを示唆している。 高まる期待と低ストレスの状況; 時間と空間と組み合わせて、決定を検討し、調査を実施し、家族に相談する; この段階は販売に最適な条件をもたらす。

滞在ステージ

多くの人にとって、休暇を取る目的はストレスを解消することであるため、この段階ではほとんど説明が必要ない。 仕事から完全に離れて休日の至福に身を任せたゲストは、彼らの受容性と意思決定能力に影響を与える外部のストレッサー(stressors)に悩まされる可能性は低い。 この段階でゲストがお金を使う意欲があるという点では、休暇中はお金がより自由に流れるという事実を我々は皆認識しているかもしれない。 実際、我々の中にはそれを受け入れている人もいる。 ミレニアル世代の33%が、休暇中に5,000ドル以上の支出予算を計画している。 消費習慣はさておき、分散するゲストの旅の最も重要な利点は、ゲストが冷たい認知状態にある時にゲストにアクセスする能力である。 ホテルがゲストのニーズをシームレスに満たすと、関連する収益の生成は気づかなくなる。 ゲストのニーズを第一に考えて構築されたビジネスでは、販売は透明性があり、摩擦がなく、全体的な旅行体験を補完するものでなければならない。

 

分散するゲストの旅をホテルに有利に機能させる

Making the scattered guest journey work in your hotel's favor

Oakyでは、我々は、有名なトリッキーなプラクティスをうまくやってのけるアップセルを専門としている。 我々のデジタルアップセルプラットフォームは、フロントデスクのやりとりからインスピレーションを得ている。 これは、特定のゲストのニーズを巧みに評価しながら空気を読む才能のある個人だ。 これらのスタッフは、かなり不利な状況で運営されているため更に印象的である。 彼らはチェックイン時にゲストにアップセルしているが、これはゲストの受容性にとって最適ではない時間である。 気分は高揚していそうだが、それでもゲストは旅に疲れていて自分の部屋にアクセスしたいと思っている。 分散するゲストの旅に沿って、Oakyのアップセル技術は元々、受動的な予測段階でゲストに到着前のアップセルを提供するために開発された。 ゲストとホテルの間のコミュニケーションのギャップを埋め、前述の販売の最適条件にアクセスする。

それ以来、我々の技術はその視野を拡大し、滞在中のアップセルを含めた。 これは、冷たい認知の期間中にゲストにアクセスするためのもう1つの方法である。 ゲストのニーズはチェックインにとどまらず、アップセルは、待望の増収を生み出しながら、これらのニーズを迅速かつ効率的に満たす方法だ。 それなのに何故しない? あなたのゲストは気分が良いだけでなく、安心して消費する準備ができている。 ゲストが満足のいく“ホリデーモード”状態にある時、「さあ、あなたはホリデー!」という言葉、この言葉以上に真実を鳴らすことはない。

 

繰り返しの露出の力

The power of repeated exposure

広告業界の3つのルールによれば、消費者は積極的に購入を検討する前に、プロダクトまたはサービスを3回表示する必要がある。 ホテルのゲスト(宿泊客)へのアップセルという点でも、この繰り返しの考え方にはメリットがある。 ゲストが到着前にビュッフェ式朝食のオファーを見せられ予約しなかった場合、受動的にそれを熟考する時間があったので、チェックイン時に予約する準備ができている。 それでもチェックイン時にオファーが受け取られない場合は、滞在中のアップセルタッチポイントを介してもう一度オファーできる。 オファーが邪魔にならずにテーブルに残っている限り、ゲストは準備ができたらいつでも自由にオプトインできる。

 

ホテルでのゲストの受容性の最適化

Optimizing guest receptiveness at your hotel

デジタル接続されたゲストがどれほどデジタル接続されていても、インスピレーション、計画、予約のエクスペリエンスがどれほど反復的であっても、ゲストは常に予約、待機、旅行、到着、そして最終的に旅行を楽しむというベースラインシーケンスに従う必要がある。 ゲストの旅はゲストごとに異なるが、大多数の旅行者にとって、1つのことが一定のままだ。 予約から到着までの間に、彼らの興奮と元気が衰えない期間があるが、ホスピタリティ側の活動は劇的に低下する。 熱い認知と冷たい認知の原則によれば、ゲストはストレスレベルが低い時に既存の予約に追加することをより受け入れやすくなるだけでなく、感情とは無関係に価値に基づいた決定を下す可能性が高くなる。 ホテルの責任は、パーソナライズ、利便性、または競争力のある価格設定を通じて、真の価値を提供する追加の体験とサービスをゲストに提供することである。 低いストレスレベルに加えて、最適な受容性(optimal receptiveness)への他の重要な要素は、代替案を研究するための時間とリソースである。 受動的予測段階は常にこれらの贅沢を提供して来たが、モバイルテクノロジーの進歩により、滞在段階ではゲストの好みの調査ソースに同じようにアクセスできるようになった。 消費者の傾向は、2021年に人々が旅行中、特に個人的な体験により多くを費やすことを計画していることを示している。 旅行が長期間でない場合、ホテルがこれらの機会の窓にアクセスするための計画を立てることは、価値のあるプロジェクト以上のものになるだろう。 ストレスの少ない時期に対応することで、ホテルはゲストの旅を案内し、ニーズを満たすための摩擦のないエコシステムを構築できる。 あなたは両方ともそれのためにより幸せになるだろう!

著者: Jantien Abmaは、Oakyのコンテンツマーケティングマネージャー。

(4/12 https://bit.ly/3g4vmnK )

 

 

5. 新興企業の舞台: Golightly

Golightlyは、女性向けのプライベートトラベルクラブで、入念に調べたコミュニティ内でバケーションレンタルやホームシェアを一覧表示して予約するためのより安全なスペースを提供している。 すべての物件は、確認済みのメンバーによってのみリストされ、予約されているが、ゲストとなる彼女は選択した人と一緒に旅行することができる。 Golightlyの創設者兼CEOであるVictoria O'Connellは、2020年に立ち上げられたこのプラットフォームは、主要な予約サイトの安全性、透明性、説明責任の欠如に対処することを目的としていると述べている。 このビジネスにはマーケットプレイスの側面とネットワーキングの側面がある。 すべてのメンバーは相互に接続しているため、ホストまたはゲストとの接続方法を正確に確認できる。 このテクノロジーは他の予約プラットフォームと同様に機能するが、差別化要因は、メンバー専用、女性専用、我々のコミュニティであり、メンバーは互いにネットワークを構築できる。

我々の最大の強みは、これまでのところ、我々のコミュニティにある。 我々は、80か国以上に6,000人の女性の非常に情熱的で熱心なメンバーシップを持っており、他の女性をサポートし、より安全な旅行コミュニティを提供することに取り組んでいる。 我々の弱点は、1年ちょっと前にローンチしたばかりなので、まだすべての場所に物件がないことである。 我々のリストの約50%は現在米国にあり、残りの50%は国際的であるため、我々はまだすべての遠く離れた目的地にいるわけではないが、来年中にそこまで展開することを望んでいる。 我々のチャンスは、世界の人口の半分が女性であり、女性は旅行の予約の80%を行い、他の女性をサポートし、旅行をより安全にすることを愛しているという事実にある。 我々の最大の脅威はパンデミックだ。 幸いなことに、我々はすでに1年を生き延びており、今や我々がやってくる嵐を乗り切ることができると確信している。 我々の成長はすべてオーガニックで口コミを通じたものである。 他の女性を旅行したりサポートしたりするために友達を招待するのが大好きな女性たちで構成されている。 各メンバーが5人の友人を招待できる素晴らしいインセンティブプログラムがあり、それぞれが次の休暇に使用するための旅行クレジットを取得する(できれば一緒に)。 また、幸運にもすばらしいプレスの報道を得ることができたので、世界中の旅行愛好家やホストが我々を見つけるのに役立った。 またWakefield Researchを通じて、米国を代表する1,000人の女性を対象に独自の調査を依頼したところ、旅行中の最大の関心事は安全であると圧倒的に感じており、女性のネットワークを通じて家を借りたりリストに載せたりすることを望んでいることが分かった。 我々はすでに予約を通じてお金を稼いでいる。 運営費を賄うために、予約ごとに旅行者とホストから少額の料金を徴収する。 さらに、2021年に段階的な会費を展開するが、女性の安全な旅行は基本的な権利であり、プレミアムを伴うべきではないと考えているため、いつでも無料で参加できるオプションを用意する。(4/12 https://bit.ly/3ddB98N )

 

 

6. 私の方法: Vrboのプライバシー重視マーケティング

今日は何曜日? パンデミックのために我々の多くが家にいるので、旅の実現は難しいかもしれない。 熱帯の目的地、冬のワンダーランド、または温暖な週末の休暇への風景の変化は、現時点では最適なチョイスだ。 検疫は我々全員に少しのストレスを与えた。 家族は次の大きな旅行を夢見ており、多くの人が安全でストレスのない休暇を後でではなく早く計画しようとしている ― 結局のところ、誰もが時々旅に出る必要がある。 これはVRBOWyngにとっては挑戦だった。 米国で最も人気のある子のバケーションレンタルサイトは、顧客の関心を引き付け、パンデミックの最中に顧客が旅行した場合でも安全を保ちたいと考えていた。 新しいVrbo Vacay Finderをクリックして欲しい、Wyngプラットフォーム上に構築されたマイクロエクスペリエンスで、旅行者の個人的な好みに基づいて個別の休暇の目的地の推奨事項が提供される。 ファーストパーティやサードパーティ(第三者)のデータとは異なり、Wyngのプラットフォームはゼロパーティデータ(ZPD)を使用する。 これは、顧客が信頼するブランドと意図的かつ積極的に共有する同意ベースの個人コンテキストデータだ。 「人々は次の家族旅行について考えたいと思っており、楽しみにしていることがある」、「我々は、旅行者を引き付け、次の旅行先にパーソナライズされた推奨事項を提供するための創造的な方法を見つけたかった」と、Vrboの顧客マーケティングストラテジストであるLucy Higsonは言う。

ここでは、これがどのように行われたかをレポートする。

 

みんなのニーズに合ったVacayのアイデア

Vacay ideas for everyone’s needs

Vrbo Vacay Finderは、“一つ屋根の下”で多くのことが行われる。 見てみよう。

1ページのクイズは、個人的な旅行の好みを収集するための一連の4つの質問から始まる。

  • 米国内の地域の場所
  • あなたの家族が旅行するのに望ましい季節
  • 目的地の種類:都市、ビーチなど
  • あなたの家族にとって理想的な活動レベル

このエクスペリエンスは、回答の選択肢を強調するための画像とテキストの両方を含む独自の回答表示を備えている。 たとえば、クイズは米国の地図グラフィックで始まり、各地域の名前が上に重ねられている。 視覚的な美学により、質問への回答は面白くない仕事ではなくゲームのようになる。 これらの簡単な質問をすることで、Vrboは各顧客の固有の旅行の好みや興味を理解する。 このゼロパーティデータにより、ブランドは、現在および将来のやり取りの両方で、関連性の高い個別の旅行の推奨事項を提供できる。 クイズを終了した後、ユーザーは自分の名前と電子メールアドレスを提供し、ブランドからのマーケティング電子メールメッセージを受信するようにオプトインするように求められる。 フォームの下のフッターは明確で理解しやすく、Vrboプライバシーポリシーへのリンクが含まれている。

 

ゼロパーティデータは、ファーストパーティデータの一種とも言える。 ファーストパーティデータは、広告主が自社チャネルで自動的に収集するオーディエンスのデータである。 ただしゼロパーティデータの場合は、オーディエンスが自分たちの好みや心象について、興味のあるブランドに対して意識的に共有するデータ。 たとえば、ある個人が自分と関係のある何らかのオファーを広告主から受けるのと引き換えに、その広告主に自分のデータを使うことを許諾するといったケースのことである。

 

最後に、回答結果ページでは、クイズの質問にどのように回答したかに基づいて、ユーザーがパーソナライズされた目的地の推奨事項の概要を示す。 FacebookTwitter、または電子メールを介して、友人や家族と結果を共有できる。 結果ページには、友人や家族が協力して休暇の旅程を作成できる動的な“Trip Board”セクションも含まれている。 WyngエクスペリエンスはVrboWebサイトにリンクしているため、ユーザーは旅行プランを完成させて旅行の予約を開始できる。 結果ページの下部には、すべての可能な代替目的地を含むギャラリーがある。 これにより、ユーザーはクイズを再受験することなく、他の目的地を探索できる。 ユーザーはフィルターを選択するか、目的地の画像をクリックして、休暇のアイデアのインスピレーションを得ることができる。 クリック可能なタグは、より多くの地元の休暇の機会を発見するための継続的な旅を容易にする。 このユニークなセクションは、ユーザーがページを離れる前に平均して2つの追加の休暇体験を探索したことを結果が示したことで、強力であることが証明されている。

 

影響と未来

Impact and the future

これまでのところ、Vrbo Vacay Finderは、パンデミックの際に旅行者になる可能性のある人々の共感を呼んでいる。 最初の3か月で約80,000人がクイズに答えた。 この理由の一部は、ソリューションの設計に関係している。 ソリューションは、シンプルでクリーン、視覚的であり、各質問に回答する時に自動スクロール機能を備えている。 クイズ戦略を成功させる秘訣は、最適化を継続し、データから学び、進化する制限に適応し、絶えず変化するデジタル消費者に適応することである。 Wyngと提携することで、Vrboのようなブランドは新しい質問をすることでクイズを継続的に更新でき、ブランドは消費者をよりよく知ることができ、各インタラクションで可能な限り最高のエクスペリエンスを提供できる。

著者: Wendell Lansfordは、Wyngの共同創設者。(4/12 https://bit.ly/3mJtjqo )

 

 

7. 航空会社の旅行者信頼獲得5つの方法

ワクチンが到着すると、世界はその集団的な冬眠から抜け出す。 多くの地域で、旅行鬱積需要(pent-up demand)が解放されるのを待っている。 他の地域では、以前よりもローカルでグローバルではないが、旅行需要はすでに再開している。

我々の業界の再開には多くのことが関わっている。 完全な回復への道を歩むには、北半球での強い夏の旅行シーズンが必要だ。 現在実装している戦術は、今年の残りの収益に影響を与える。 収益チームとマーケティングチームは緊密に協力し、価格戦略がマーケティングメッセージと一致することを確認する必要がある。 マーケティングと収益の緊密な連携を促進する航空会社は、競合他社をしのぐ理想的な位置に居ることに気付くだろう。 もちろん、我々はまだ森から出ていない。 不確実性は持続する。 影響は不均一なままだ。 一部の地域では正常性が回復し、他の地域では頑固にとらえどころのないままだ。 この環境で我々のビジネスをナビゲートすることは、バランスをとる行為であり続ける。 以下のこれらの5つの戦術を使用すると、1年先に成功する準備が整う。

 

1) チャネル全体で正確な価格を維持する

Maintain accurate prices across channels

 

チャネル間で正確な価格を維持することに関しては、真の問題がある。 航空運賃を購入する時は、価格が常に最優先事項である。 しかし、それは必ずしも旅行者が価格だけに焦点を合わせているからではない。 それはまた、航空運賃の買い物を取り巻くエコシステムが価格に集中しているためである。 旅行者がGoogle Flightsなどのメタ検索エンジンで運賃を検索すると、価格、合計移動時間、接続の3つのパラメータが表示される。 旅行者は間違いなくドリルダウンしてさらに探索することができるが、人間の脳は限られたパラメータに焦点を当てることで情報過多を減らす。 あなたの航空会社が、サンフランシスコとロンドン間のフライトの以下の検索で2番目の結果であると想像して欲しい。 旅行者が最初にクリックするように誘う結果はどれか? 上位の結果で受託手荷物が許可されていない場合でも、多くの場合、最初に最低運賃をクリックする。 準拠する最低価格(lowest compliant pricing)がリストに混在していない場合、航空会社がその最低運賃に匹敵する場合であっても、旅行者は他の場所に行く可能性がある。

あるいは、あなたのブランドが他のブランドよりもはるかに高価である場合、それは彼らがあなたのブランドをどのように認識するかに影響する。 それは彼らの信頼を急落させる。 消費者があなたのブランドを信頼できるものとして認識できるように、ファンネルの最上部で価格の正確さ(理想的には市場競争力)を維持する必要がある。

 

(2) 地図をインタラクティブにし、買い物可能にする

Make maps interactive – and shoppable

コロナウイルスに関する情報は日々変化しているため、旅行者は自信を持って予約できるように、どの路線が運航しているかを知りたがっている。 旅行者が航空会社のウェブサイトを離れることなく調査や予約ができるように、インタラクティブで買い物可能な地図に最新情報を集約することは賢明だ。 買い物可能な地図は、航空運賃を調べて買い物をするための直感的で魅力的な方法である。 このインターフェースは、パンデミックの変化する旅行制限をナビゲートし、インスピレーションを見つけてオプションを探索するのに役立つ。

ネットワークを一目で確認できるので、旅行者は簡単に楽しく将来の旅行についてインスピレーションを得ることができる。 ビザの制限やビジネスに適したさまざまなパラメータを表示することもできる。 旅行者が旅行のオプションを視覚的に調査する時、準拠した価格(compliant pricing)設定をオーバーレイし、最良のオファーを強調表示して購入への直接リンクを提供できる。

 

(3) 航空を超えた選択肢を提供する

Offer choices beyond air

空の旅がすべての旅行に必ずしも意味があるとは限らない環境では、柔軟性に焦点を当てた選択肢を提供して欲しい。 これは、マルチモーダルオプションを組み合わせることを意味する。 旅行プランナーで航空以外のオプションを提供するのは少し不快かもしれないが、旅行者を第一に考えるのが顧客中心の動きである。 顧客は自分でインターモーダル研究を行うことになる。 その調査ツールを提供し、関係を深め、エコシステム内に維持してみないか? セルフサービスは、信頼に基づいて構築された顧客との強固な関係を構築するための最も強力な方法の1つを強調する。 つまり、利益よりも顧客の利益を優先することを顧客に示す。 ほとんどの顧客は、彼らを探していて、単に何かを売ろうとしない会社を高く評価するだろう。 長いゲームを念頭に置いて欲しい。 あなたが望む場所(2019年のように飛ぶ)ではなく、彼らがいる場所(トリッキーな世界的大流行をナビゲートする)で顧客にサービスを提供する。

 

(4) マーケティングと収益を調整する

Align marketing and revenue

昨年春の大幅割引に基づくと、航空運賃は16.3%上昇している。 これらの価格は、需要の増加とともに上昇し続ける可能性が高いとMITのエコノミストであるKristin Forbesは述べている。 「突然、誰もがまた外出したいと思って、以前ほど行く場所がなくなった時、限られたキャパシティに対する大きな需要があるので、企業はより快適に値上げできるようになる。 これにより、価格が予想よりも早く上昇する可能性がある」述べる。 1年間の激しい苦痛の後で、あなたが一番したくないことは、不必要なプロモーションオファーを実行することである。 したがって、それに応じて最適化しろ! 収益戦略をマーケティングメッセージに合わせて、すべての単一路線が競争力のある価格になるようにする。 マーケティングチームが収益と緊密に連携していない場合、需要データでサポートされていない特定のルートのプロモーションを開始してしまう可能性がある。 世界はさまざまな速度でノーマルに戻っているため、地域に基づいてクリエイティブ、コピー、オファーを最適化することも不可欠だ。 たとえば、一部の地域では、イベント、家族の集まり、企業の会議のために旅行する人々がいるなど、すでに通常の旅行パターンに戻っている。 これらの地域では、マーケティングメッセージでこれらの傾向に直接話すことは理にかなっている。 しかし、パンデミック関連の制限にまだ苦しんでいる地域でそのタイプの旅行を奨励することは、あなたのブランドにとって見栄えが悪くお金の無駄になる。

 

何よりも信頼する

Trust above all

旅行が再開されると、すべての中で最も価値のあるものは信頼である。 航空会社の収益戦略とマーケティング戦略を改善して、旅行者が求めるレベルの信頼性を提供できるようにする。 それがないと、競合他社の業績を下回り、市場シェアを失い、時間の経過とともに取り戻すのが困難になる。

著者: Tim Underwoodは、xCheckの共同創設者兼CEO

(4/12 https://bit.ly/3uZfEPh )

 

 

8. 米国市民のほとんどが今年旅行

Travel Technology Associationの調査では、回答者の80%がおそらく今年に旅行をすると言っている。 ワクチン接種アメリカ人の割合の上昇に伴って、消費者の旅行消費マインドが上昇していることが分かった。 Travel Techは、18歳以上の米国居住者2,128人を調査し、76%が予防接種を受けたら旅行する可能性が高いと回答し、74%がテーマパークや国立公園や州立公園などの屋外アトラクションを今年訪れる可能性が高いと回答した。 過半数の62%は、オンライン旅行代理店またはメタ検索プラットフォームを使用して旅行の計画と予約を行う予定であると述べている。 州内旅行が人気である、とTravel Techは発見した。 合計で、回答者の73%が、今年は州内を旅行する予定であると述べた。 回答者の87%が目的地まで車で行くことを計画している。 今年旅行する可能性が「非常に高い」と答えた人のうち、64%近くが飛行機で、88%がドライブを計画している。 さらに、72%の大多数は、今年と来年に使用する政府の旅行税額控除が提供された場合、旅行する可能性が高いと述べている。 「旅行業界は今年、COVID-19のパンデミックにより大きな負担に耐えて来たが、このデータは、2021年にアメリカ人が旅行する準備ができているトンネルの終わりに光があることを示している」とTravel Tech社長Steve Shurは声明で述べている。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された(4/13 https://bit.ly/3g9D9AD )

 

 

9. パンデミック、法人旅行テックを変更するか?

「良い危機を無駄にしないで」は、昨年、我々の多くにとってマントラのようなものになった。 企業の技術プロバイダーはこの危機を無駄にしていないか? そうではないと思うが、彼らがそれに値する注意を払っていないと私が信じる領域が1つある。 それは、間接的な流通と、間接的なパートナーチャネルが達成できる成長である。 あなたは「まあ、彼はそう言うだろうね」と考えているかもしれない、そしてあなたはまったく正しい。 しかし、そのような仲介者の利益は、関係の両端、つまりサプライヤー、バイヤー(旅行管理会社)、そして最終的にはバイヤーのクライアントでまま失われることがある。 付加価値再販業者(value-added reseller = VAR)の役割がおそらくより確立されている旅行以外の例をいくつか考えてみよう。 CiscoSAPZohoなどがどのように彼らの技術を流通しているかを見て欲しい。 彼らはずっと前に何を解決したか? 「我々はすべての人にとってすべてになることはできない。」 サポートのオーバーヘッドを削減し、成長を促進し、イノベーションを実現するにはどうすればよいだろうか。 彼らがしたことは、彼らのクライアントと見込み客を見て、それらをセグメント化することだった。 彼らは、特定の顧客セグメントを所有し、他の人と提携してプロダクトを販売およびサポートすれば、これらの目標を達成できると考えた。 その考え方の変化にはコスト無しではできなかった。 彼らは、他の人が技術スタックで作業できるようにするために、技術スタックに投資する必要があった。 彼らは、新しい間接販売およびマーケティングチャネルを作成、トレーニング、およびサポートする必要があった。 これには、先見の明と受け入れられている技術流通方法の変更が必要であった。 この新しいアイデアにはかなりのリスクが伴った。 これらのビジネス、そのクライアント、パートナーにやりがいのある仕事と革新が報われ、付加価値再販業者という新しいビジネス慣行が生まれた。

 

しかし、それは法人旅行技術にとって何を意味するのか?

But what does that mean for corporate travel tech?

SAP ConcurCornerstone、最近までAmadeusなど、我々のセクターの主要なサプライヤーは、間接販売パートナーを劇的に減らし、新しいTMCリセラーパートナーを採用しないまで、ユーザーとクライアントのエリートクラブを無意識のうちに作成して来た。 TapTripZenmerTroovoなどの新規参入者は、TMCがクライアントの優先ソリューションにアクセスできないことによって生じたギャップを埋めるために参入したが、彼らも同じ罠に陥っている。

彼らは将来の流通を考えずにプロダクトを作る。 彼らは常に間接的流通を可能にするソリューションを持っていない。 法人旅行技術をサポートするVARを検索しても多くは見つからない。 これらのテクノロジー企業は今何をすべきか? 彼らは彼らがそれを望む人々の手に彼らのプロダクトをどのように提供することができるかを見ている必要がある。 SAPSAP Concurではないが)、OracleMicrosoft、およびその他の多くのITおよびソフトウェア企業は、長年にわたってVARまたはチャネルパートナーを使用して来た。 SAPMicrosoftは、これらの間接販売チャネルに多額の投資を行っている。

 

では、それはすべて旅行マネージャーにとって何を意味するか?

So, what does it all mean for travel managers?

旅行マネージャーとして、あなたはあなたのサービスプロバイダーがあなたの好みの技術にアクセスできることを望んでいる。 テクノロジー流通の現状を考えると、現在のTMCでテクノロジーにアクセスできる可能性があるが、移動することを選択したため、プライマリサプライヤーが新しいパートナーを引き受けていないため、新しいTMCではテクノロジーにアクセスできない。

どうするか? そこにじっとしているか? テクノロジーを持っている別のTMCに移動するか? 直接取引してみるか? 現在の状況は平等ではなく、TMC全体、特に中小企業の旅行代理店全体で、誰がどのテクノロジーにアクセスできるかという選択肢は限られている。 理想的には、すべてのプライマリサプライヤーは、自社のプロダクトが顧客のいる場所にあることを確認する必要がある。 サプライヤーはテクノロジーにアクセスできなからと言って、顧客がサプライヤーを変更することを強制されるべきではない。

 

テックサプライヤーは、VARの機会にどのように対処する必要があるか?

How should tech suppliers address VAR opportunities?

  • VARを使用して市場の成長とシェアを促進することについて、他の業界のテクノロジー企業を調査して彼らと話し合う。 彼らの技術に投資して、真の再販業者プロダクトを作成して欲しい。
  • クライアントと見込み客をセグメント化して、直接または間接の関係が彼らと彼らのクライアントにとって最適に働く場所を明確に理解する。
  • レレーション管理とマーケティングサポートを含むチャネルパートナーシップチームを作成する。

この新しい戦略の3年間のROIは、まったく実行しないことで、失われた機会のコストを悠々上回る。 直接の変化は、その課題なしには存在しない。 多くのテクノロジー企業は、営業チームの日和見主義的な傾向のためにコントロールを失いたくない。 一方、再販業者は、主要サプライヤーのプロダクトやサービスに付加価値を与えるのではなく、このビジネスに否定的であり、直接提供(direct offering)を評価していないと見なされる可能性がある。 ただし、パートナーチャネルを作成してサポートすることの2つの重要な利点は、VARが市場に関する深い知識を持ち、主要なプロデューサーと比較して簡単にさまざまなセグメントに浸透できることである。 第二に、この販売チャネルは、直接販売チームがより大きなアカウントに集中する機会を提供する。 テクノロジー企業には、自社プロダクトを求めるクライアントがいるため、彼らが簡単にアクセスできるようにする必要がある。 我々のセクター向けの技術ソリューションを構築していて、計画の初期段階にある場合は、危険を覚悟で間接チャネルを無視して欲しい。

著者: Gavin SmithElementのディレクター。(4/13 https://bit.ly/3g6EB75 )

 

 

10. ビッグチェア:Julie Brinkman, Beyond Pricing

Julie Brinkmanは、2020年初頭にCOOとして短期レンタル収益管理プラットフォームBeyond Pricingに参加し、COVID-19パンデミック下の会社の管理を主導するのを支援した。 彼女は今年の2月にCEOに任命された。 Beyond Pricingの前は、BrinkmanHireologyGrouponなどの高成長テクノロジー企業でさまざまな指導的役割に10年以上費やした。 Beyond Pricingは、2019年のPhocusWireHot25 Startups1つに選ばれた。 最新の買収は、20206月のBlizzard Internet Marketing。 この記事は、Brinkmanとの一問一答のインタビューである。 内容は省略した。(4/13 https://bit.ly/3tkTGps)

 

 

11. PW Pulse: ソーシャルメディアの新時代

PhocusWire Pulseイベントは、業界リーダーの一連の仮想集会であり、このセクターの単一のトレンドまたはトピックに専念している。 3番目のPhocusWire Pulseは、ソーシャルメディアに焦点を当て、インフルエンサー、デジタルマーケティング、ソーシャルコマース、評判管理、ライブストリーミングなどの問題を調査する。

日付:ソーシャルメディアの新時代は、427日火曜日の東部標準時午前10時にオンラインで開催される。

次のスピーカーが登場する(近日中に追加される予定)。

  • Brian Solis, digital anthropologist and futurist
  • Jade Broadus, vice president, Travel Mindset
  • Hannah Bennett, brand partnerships lead for travel, TikTok
  • Lola Akerstrom, co-founder, Local Purse
  • Rinata Tilkian, account director, Sparkloft Media
  • Aloke Bajpai, CEO, Ixigo

このイベントの質問者

  • Mitra Sorrells, senior reporter, PhocusWire
  • Linda Fox, senior reporter, PhocusWire
  • Jill Menze, news editor, PhocusWire
  • Kevin May, editor in chief, PhocusWire

(4/14 https://bit.ly/32fiIKB)

 

 

12. 新興企業舞台: 大麻に優しいHiBnb

HiBnb(カナダ トロント)は、成長する大麻コミュニティに特化したマーケットプレイスであり、旅行中に大麻を吸いたいゲストに宿泊施設とアクティビティのオプションを提供する。 シード前の資金で50万カナダドルを調達したHiBnbは、2021年の初めにカナダで稼働を開始し、9月に正式にローンチする予定。 ビジネスモデルでは、宿泊施設、冒険、広告という3つの主要な収益領域となる。 サイトのリストについては、手数料とサービス料がかかる。 リストは無料。 当サイトのトラフィックと大麻業界の広告に関する法的な制限によりライセンスを受けたプロデューサーに熱心な大麻コミュニティの顧客を、提供することができる。(詳細 省略)(4/14 https://bit.ly/3dYTqWy)

 

 

13. ツーリズム団体のパンデミック後データ戦略

多くのデスティネーションマーケターは待っている状態で活動している。 パンデミックが治まり旅行が本格的に始まり社会的距離の制限が緩和されるのを待っている。 これらのことが起こった時だけ、目的地の観光は以前の状態に戻る。

しかし、デスティネーションマーケティングの1つの要素は、以前の状態に戻ることは決してない。それがデータだ。

 

何がなくなるのかを理解する

Understand what’s going away

データは今後数か月で大きな変更を受ける可能性があり、それによりいくつかの方法で目的地のマーケティングが変更される。 まず、プライバシー規制とGoogleAppleによる変更により、サードパーティのCookieとデバイスIDの使用が制限される。

(デバイスIDは、全世界に存在するスマートフォンやタブレットを特定するための、数字と文字から成る文字配列。 IDはモバイルデバイスに保存されており、ダウンロードまたはインストール済みのアプリによって取得できる。)

特に目的地の場合、これは訪問者を識別してWebサイトから追跡するための共通リンクが利用できなくなることを意味する。 ターゲティングは、デスティネーションマーケターの戦略の非常に重要な要素であるが、これも影響を受ける。 ローカルターゲティングを使用すると、適切なオーディエンスを簡単に見つけることができる。 実際、ほとんどのマーケティングキャンペーンはこれらの識別子に依存しており、この識別子がないと正確なターゲティングがはるかに困難になる。 Facebookのような独自の巨大なターゲティング機能を備えたプラットフォームでさえ、Appleが発表した変更によって悪影響を受けることを示唆している。 広告パーフォーマンス測定は、取り組むべきもう1つの問題だ。 サードパーティのCookieまたはデバイスIDがないと、キャンペーンの有効性の追跡も困難になる。 これらの変更に加えて、規制によりマーケターは州やその他の国の新しいプライバシー法に準拠してデータを収集して使用することが義務付けられている。 米国内では、すべての州が消費者データを保護するための法律を準備している。 ユタ州、バージニア州、カリフォルニア州には独自のプライバシー法があり、さらに多くの州で同様の州法が間もなく公開される。 特にジオロケーションデータは、すべてのプライバシー法によって機密性が高いと見なされており、ベンダーは、ユーザーの明示的な同意がない限り追跡することを許可されていない。 このような大きな変化に伴い、デスティネーションマーケティングの多くの側面で新しいアプローチが必要になる。

 

データの新たな始まり

A new beginning for data

パンデミックに伴い、旅行行動が変化し、消費者の購買パターンも変化した。

既存のデータソースのほとんどはもはや関連性がなく、過去のベンチマークは適用されなくなった。 多くのデスティネーションマーケターは、このような長い静かな期間の後にデータをどのようにバックアップするかを考えている。

これは、データ戦略をアップグレードして、プライバシー規制やCookieやその他のIDの廃止に備える絶好の機会である。 まず、現在のデータパートナーを監査する。 プライバシー規制に準拠していることを示すように依頼する。 彼らの“ポストCookie”計画が実行可能になるかを彼らに尋ねて欲しい。 これらの変更で期待できる規模、価格設定、精度の変更の種類を尋ねて欲しい。 次に、ローカルネットワークをタップする。 あなたのマーケティングキャンペーンはあなたの目的地への訪問者を駆り立てるだけでなく、経済活動と地元企業での支出を後押しする。 プライバシー法の変更と変更の追跡に伴い、ネットワークは、データを共有し、ビジネスへの影響を評価し、マーケティングキャンペーンを一緒に計画するために、ローカルビジネスとのコラボレーション方法を変更する必要がある。 誰もが準拠し(be compliant)、サードパーティのCookieに代わるものを見つける必要があるのだ。 最後に、リーチを拡大して、“ポストCookie”キャンペーンをターゲットし測定する能力を高めることができるファーストパーティのデータと準拠した洞察(compliant insight)を見つける新しい関係を作成しろ。 パネルデータはそれほど正確ではないため、新しいキャンペーン測定する手法が必要になる場合がある。

(パネル・データとは、統計学や計量経済学等において使用される用語。 時系列データとクロスセクションデータを合わせたデータ。Wikipedia

 

旅行者との関係を所有する

Own the relationship with your traveler

新しい基準で成功するには、使用するチャネルやプラットフォームに関係なく、すべてのDMOが旅行者との関係を築き始める必要がある。 GoogleFacebookはターゲティングとリーチを提供するが、内部で使用できる洞察を提供したり、コミュニティ内のデータコラボレーションを支援したりすることはない。 最大限のコントロールと継続期間を得るには、訪問者との直接的なデータ関係を構築することが重要だ。 自分で収集できるデータとその方法について考えて欲しい。 新しいマーケティングイニシアチブが、旅行クイズ、ロイヤルティプログラム、プロモーションなどのエンゲージメントとデータ収集の向上に役立つかどうかを判断する。 同時に、チャネルに関係なく旅行者の行動を理解できるプライバシーが組み込まれたCookieなしのソリューションを提供するさまざまなパートナーシップのテストを開始する。 データ共有は複雑になり、データの可用性はさらにまばらになる。 旅行者の行動を理解するための地元企業との協力は、これまで以上に重要になる。 それに伴い、DMO協同組合を後押しするには、メンバー間でデータを共有することが重要になるが、プライバシーコンプライアンスが重要である。 そのディスカッションのリーダーになって、GoogleAppleの変更に備えた目的地の準備をする。 具体的には、ネットワークまたはコンソーシアムを作成するためのデータ戦略について考えて欲しい。 このようなコンソーシアムを使用すると、ユーザーまたは旅行者レベルでデータを接続し、調査、ターゲティング、および測定を詳細に行うことができる。 データコンソーシアムは、正確なターゲティングとアトリビューションを可能にし、地元企業や他のDMOとの共同マーケティングと協力を支援する。

政府機関は、DMOが新しいデータコラボレーション機能を作成するのを支援することを熱望しており、専門知識を急速に獲得している。 いくつかの大都市のDMOは、サードパーティのCookieIDを使用せずに、パートナーとのデータコラボレーションの準備を整えるために必要な基盤をすでに構築している。 これにより、ターゲティングの取組全体でより多くの規模を持ち、データコンプライアンスへの信頼を高め、結果を測定する能力を高めることができる。

この激動の時代に、あなたができる最悪のことは同じままでいることだ。 大きな変化が目的地への旅行者の急増を捉えるチャンスに影響を与える前に、今すぐ質問をし、新しいアイデアをテストし、新しいパートナーシップを築き始めよう。

著者:Piyush Shrivastavaは、Adaraの観光部門のゼネラルマネージャー。

(4/14 https://bit.ly/3wWUK4T)

 

 

14. 短期レンタル、最高稼働率到達

短期賃貸市場は先月新たなマイルストーンを打ち、20213月は過去最高の稼働率(OCC)を示した。 AirDNAによると、春休みの群衆が沿岸の目的地、つまりフロリダに群がったため、米国の稼働率は1か月で60.9%に上昇した。 一方、20203月の稼働率は2019年の58.2%から47.2%にとどまった。 前年と比較しても、20213月の稼働率は2019年の過去最高を4.6%上回った。 AirDNAによると、稼働率の増加は、主に需要の回復と短期賃貸物件の利用可能な供給の減少の結果であるとのこと。 20213月の需要レベルは20193月の需要の97%であり、パンデミックの開始以来最高であった。 需要の回復は場所によって異なり、打撃を受けた都市部の需要は2019年のレベルの55%に達している。 ただし、地方の場所と小都市は2019年の需要の165%増だ。 目的地/リゾートの場所も、過去数年以上のトレンドになっている。

多くの短期賃貸事業者が、需要が少ないために一時的または恒久的に物件を削除しているため、利用可能な供給は2019年と比較して約7%減少している。

この傾向は、利用可能なリストの数が30%以上減少した主要都市で最も顕著である。 AirDNAによると、都市部では利用可能な供給量の39%が失われている。 これは、需要の傾向と相まって、全体で11%の稼働率の低下をもたらした。 供給が安定していれば、結果として生じる稼働率の低下は-45%に達しただろう。

大都市以外の旺盛な需要に供給が追いついていないため、3月には都市部以外のユニットの入居者数が大幅に増加した。 目的地市場でのより高い稼働率とより大きな住宅の需要により、3月のADR254.70ドルに押し上げられた。 これは、20203月より18%高く、20193月より192%高くなっている。

大都市で需要が回復し始めるとADR2019年のレベルに向かって低下するが、この夏のADRはさらに高くなると予想される。

 

夏の急増

20213月に行われた予約は、2月の史上最高を超える別の記録を記録した。 4月の短期旅行と、さらに6月と7月の両方の短期旅行の予約が増加している。

2021年の最初の3か月間の将来の予約の急増に伴い、4月、5月、6月、7月は、20194月上旬の同じ月よりも20214月の第1週までの予約数がまさっている。 「このデータを見ると、短期賃貸業界では記録的な夏になると予想している」、「初めて、短期間の旅行を予約し、6月と7月にさらに計画を立てるのに十分な自信を持っているゲストを目にする」とAirDNACEOであるScott Shatfordは述べている。(4/14 https://bit.ly/3dh6GXu )

 

 

15. プリンセスクルーズがリモートワーク提供

COVID-19パンデミックの最も顕著な(そしておそらく永続的な)影響の1つは、仕事が行われる場所の変化と、それに対応する企業や個人のリモートワークに対する感じ方の変化である。 昨年、世界中の何百万人もの人々が自宅で、または少なくとも従来のオフィスで働き始めた。 また、世界の労働力の大部分は遠隔地で働くことはできないが、マッキンゼーの調査によると、先進国の労働力の最大4分の1が、効果を失うことなく週に35日間働くことができる。 「経営幹部はこの調査で、一部の従業員のリモートワークのハイブリッドモデルが定着していると言っている。 ウイルスは、過去にリモートワークを妨げていた文化的および技術的障壁を打ち破り、少なくとも一部の人々にとっては、ワークが行われる場所に構造的な変化をもたらした」とマッキンゼーのレポートは述べている。 また、ワクチンが世界中に展開され、旅行の制限が解除され始めているため、在宅勤務は“どこでも仕事” に変化した。 つまり、“どこでも” が信頼できるインターネットサービスを提供している限り。

 

Cruise in control

現在、Princes Cruisesは、リモートワークに関心のある人に、同社のクルーズ船が実行可能な選択肢であることを知ってもらいたいと考えている。 ワクチン接種を受けた英国居住者のために今年の夏に英国から出航する2隻の船から始まり、このクルーズラインが航海を再開すると、15隻すべてがブランドのMedallionNet Wi-Fiサービスを提供する。 これにより、地上でのリモートワークと遠隔教育と同様の環境をクルーズ船上でも利用できるようになる。

「多くのクルーズラインはゲストWi-Fiを備えていると主張しているが、実際にはそうではない。 パブリックエリアのWi-Fiを備えているが、ゲストWi-Fiとは、すべての個室にもアクセスポイントがあることを意味する」、「それは他のすべての個室ではなく、3つおきの個室ではなく、廊下とドアを開けるだけではない。 すべての公共エリア、すべてのゲストエリア、すべての個室、すべてのデッキで有効で例外はない。 私は完全な自信を持っている。 その中で、世界中のどこでも、船のどこでもリモートワークが可能だ」と、Princes Cruisesの親会社であるCarnival Corporationの最高経験責任者兼イノベーション責任者John Padgettは述べる。 その自信がクルーズラインにリモートワーカーを対象とした新しいマーケティングキャンペーンを導入するよう促している。 このコンセプトを発表したニュースリリースで、クルーズラインは「新しい衛星群を活用して、究極のリモートワークステーションである海のオフィスを提供することで、スーパーチャージインターネット接続を可能した」は述べている。
Padgett
によると、この夏のクルージングに再開で、Carnivalがマーケティング活動を再開するにつれ、この新しいタイプのメッセージングが優先されるとのことである。 Princessによると、19.99ドルから、MedallionNet Wi-Fiサービスは、ステートルームやラウンジチェアに座っている場合でも、デッキを歩き回っている場合でも、海でのビデオ会議に十分な強度を備えた高速で信頼性の高い接続を提供する。 クルーズラインによると、接続は、衛星技術パートナーであるSESが今年後半に新しい衛星コンステレーションを打ち上げた時にのみ改善される。 Padgettは、この高度なテクノロジーと仕事の行動の変化を組み合わせることで、クルーズは実行可能な長期的な生活の選択肢になると述べている。 「以前は、クルーズ休暇とそれに代わる休暇の比較であった。 しかし私の見解では、それは始まる ― クルーズ船に住みたいですか、それとも陸上に住みたいですか?」、「そして、あなたはあなたの個室を掃除してもらい、あなたの食事は含まれ、そこで娯楽をする。 別のジムにお金を払う必要はない。 医療施設も整っている。 ・・・クルーズ船に住み、優れた接続性を持ち、世界中を旅し、家で生活して食事をするよりも安くできることが分かる」とPadgettは言う。

彼はまた、プリンセスクルーズの市場での機会を、ビジネスイベントのための従来の陸上の会議会場の代替として見ている。 世界中の目的地で複数の船に参加者を迎え、ビデオ会議を介してそれらを接続することさえできる。 「グループやコンベンションの復活は、新プロダクトの提供としてそこに位置付けられるのに最適な場所だと思う」、「会議の計画担当者は、これまでとは異なる考え方をするようになる。 ハイブリッドグループとコンベンション、ハイブリッドイベント ― 我々はMedallionNet機能により、これを完全に実現できる」とPadgettは言う。(4/14 https://bit.ly/3aePuA1 )

 

 

16. 配車サービスで運転手不足

配車会社は、サービスの需要が高まるにつれ、ドライバーの不足が生じている。 「米国では予防接種率が上昇しているため、モビリティに対する消費者の需要はドライバーのアベイラビリティよりも早く回復している」と、Uber412日に米国証券取引委員会に提出した資料の中で報告した。 ライドヘイルサービスの需要は先月回復した。 Uberは、モビリティ事業が20203月以来の最高の月を記録し、年間総予約実行率が300億ドルを超えたと報告した。

「ワクチンがロールアウトされ、人々が再び動き始める準備ができるにつれて、ライドの需要が大幅に増加している」とLyftの広報担当者はBTNに語った。 経費管理プロバイダーのEmburse Abacusによると、3月のUberLyftのライドシェアにかかる企業支出は、20211月から2月に7%増加した後、20212月から26%増加した。 需要が高まっているにもかかわらず、ドライバーの供給は追いついていない。 ライドシェアドライバーを支援するアプリであるGridwiseのマーケティング責任者であるBrandon Sellersによると、これは複数の要因によるものである。 多くのドライバーは、ライダーの輸送中にCOVID-19に感染するリスクを冒したくないと彼は語った。 「COVIDは依然としてドライバーの心に大きな影響を及ぼしており、ドライバーをライドシェアから遠ざけている」とSellersは述べている。 もう1つの要因は、3月に可決されたCOVID-19救済パッケージを含む進行中の政府援助である。 これにより、20219月まで連邦失業救済が貰えるとこととなった。 多くのドライバーは外出する必要がなく、家で安全に過ごすことができる」と語った。 ドライバーはまた、デリバリーサービスに対する需要の継続的なブームからより多くを稼いでいる。 3月、Uberのデリバリー事業は過去最高を記録し、年間総予約数が520億ドルを超え、前年比150%以上の成長を遂げた。 「ライドヘイルのドライバー供給が減少しているのを見ると、デリバリーのドライブ供給が増加しているのが分かる」とSellersは言っている。 配車サービス会社は、今後数か月の需要の増加を期待して、アベイラビリティを刺激するインセンティブをドライバーに提供している。 Uberの直近の決算発表で2月にUberCEOであるDara Khosrowshahiは、潜在的なドライバー不足について「この不足が今年の下半期にも続くことが1つ心配だ・・・[我々は]モビリティセグメントでの需要を満たすのに十分なドライバーを確保できるか?」と懸念を表明した。 47日、Uberは、ドライバーのアベイラビリティを向上させるためのインセンティブと特典に25,000万ドルを投資すると発表した。

2月のLyftは、直近の決算発表で、需要の増加に備えてドライバーの供給を取り戻すための投資計画を発表した。 「第1四半期には、サービスレベルを改善し、第2四半期から需要の増加に備えるために、ドライバーの供給に投資する予定である」と、CEO、共同創設者兼ディレクターのLogan Greenは述べている。 Financial Timesによると、Lyftはレンタカーの費用を負担しており、元ドライバーをアプリに紹介し、9分以上続くドライブに追加料金を追加することで最大800ドルのボーナスを提供している。 Sellersは、インセンティブが成功することを期待している。 「彼らはそれに多額の資金を投じるだろうし、間違いなくうまくいくと思う」と彼は言い、サプライヤーはコストを抑えながら需要を満たすのに十分なドライバーを雇うことと維持することのバランスをとる必要があると付け加えた。 Sellersによると、過去数週間のドライバーのライドあたりの収益は約15%から20%増加している。 ドライバー/ライダー市場が調整されるにつれて、ドライバー不足のコストが利用者のより高い運賃につながるかどうかは不明である。 UberLyftも、需要が回復し、ドライバーの供給が遅れたために価格を引き上げるかどうかについては述べていない。 地上輸送コンサルタントの David Kilduffは、需要が加速した後、価格が上昇する可能性があると述べた。 「ユーザーを引き付け、より低い価格で始め勢いがついた時に価格を上げるかもしれない。それは論理的だがそれが起こるかどうかは分からない」と述べた。 Sellersよると、運賃の値上げが発生した場合、それらは価格の急騰として現れる可能性が最も高いとのことである。 「基本運賃の値上げよりも急騰(surges)によるものだと思うが、それを断言することはできない」と彼は述べた。

*この記事はもともとBTNに掲載されました(4/15 https://bit.ly/3snccfl )

 

 

17. セーバー、Trams売却

旅行代理店にバックオフィスおよび顧客関係管理システムを提供する新興企業であるTres Technologiesは、Sabreから代理店のバックオフィスシステムTramsを買収した。

Tramsにとって、それはある種の再会であった。 15年前にTramsSabreに売却した創設者のLee Rosenは、Tres Technologiesの創設者でもある。 Rosenは、Tresバナーの下で新しいバックオフィスシステムを開発しているが、代理店が引き続き使用したい限り、Tramsとそのプロダクト(Trams Back OfficeClientBaseClientBase Merketing Services)を引き続きサポートする予定。

「人々は[切り替え]を望んでいるので、この買収はTresのメリットにとって非常に理にかなっていると思う」とRosenは言う。 Rosenは、バックオフィスシステムの形で旅行代理店に最新のテクノロジーをもたらすことを目的として、1987年にTramsを設立した。 1995年、同社は顧客関係管理ツールClientBaseを購入した。 彼は2006年にTramsSabreに売却し、Sabre Leisureのエグゼクティブバイスプレジデントとして3年間働いた後、2009年にSabreを去った。 約6か月前、RosenTres Technologyを設立し、Tramsで合計約200年の経験を持つチームメンバーを集めた。 彼らは新しいバックオフィスプログラムを書き始めた。 これは数週間以内に展開を開始する。 Rosenによると、Sabreはエージェントのバックオフィスシステムに対する彼の情熱を認識し、TresTramsとそのすべての資産を買収する契約に同意した。 「[エージェンシー]が新しいプラットフォームと新しいメリットに移行する準備ができていれば、基本的に同じ価格になり、その背後にある会社は同じになる」とRosenは言う。

価格はさまざまだが、代理店は通常、月額約80ドルの代理店料金を支払う(たとえば、大規模なホスト代理店の場合、その料金はローエンドで月額50ドル、ハイエンドで250ドル)。 その後、代理店にはユーザーあたり月額10ドルが請求される。

Rosenによると、TramsTresの最大の違いは、Tresがより多くの統合の可能性を促進する優れたテクノロジープラットフォームであるということである。 テクノロジー自体は優れており、今日のシステム(OutlookMailChimpなど)との互換性も優れている。 「Tresは今日のために非常に良く設計されている」と彼は言う、30年以上前のTramsとは対照的だ。 たとえば、Tresでは、旅行アドバイザーは個々の旅行者に売り込むことができる。 それはTramsのオプションにはなかった。 TresTramsを買収したことを発表して以来、Rosenは代理店コミュニティから良いフィードバックを得ている。 「我々が得た励ましは、私の夢を超えている」と彼は言う。 Tresはまもなく代理店に展開を開始するが、RosenTramsが引き続き完全にサポートされることを強調している。

「はい、我々はTramsを買収した。はい、我々はTresを開発しているが、想像できる方法でTramsのプラグを抜くつもりはない」と彼は言う。 彼はまた、Tresがすべてのエージェンシーがすぐに必要とするすべての機能を備えているわけではないと言う。 たとえば、Sabreインターフェースでデビューするが、Travelportインターフェースは1か月後まで登場しない。 彼は、Tresが夏か秋までにほとんどのエージェンシーに展開する準備ができていると推定した。

*この記事は元々Travel Weeklyに掲載された。(4/15 https://bit.ly/3e7Nuuh)

 

 

18. Cleartrip、印Flipkartが買収

インドの主要なeコマースブランドの1つであるFlipkartは、オンライン旅行代理店Cleartripを買収した。 取引条件は明らかにされていない。

3億人以上の会員を擁するこのオンラインマーケットプレイスは、80を超える消費者カテゴリーで商品を販売している。 Cleartripの株式を100%取得し、スタンドアロンブランドとしてサービスを維持する予定である。 CEO兼共同創設者のStuart Crightonが率いるOTAの既存のチームは、契約の一環として継続される。 CleartripFlipkartと協力して、「顧客が旅行を簡単にするためのテクノロジーソリューションをさらに開発する」と、両社は本日の声明で述べている。 Crightonは「Cleartripは、テクノロジーを活用して顧客の旅行体験を簡素化するパイオニアである。 このプロダクト主導の焦点により、この地域の幅広い市場の消費者に選ばれる旅行パートナーになることができた」述べている。 同社は2006年にCrightonHrush BhattMatthew Spacieによって設立され、6ラウンドで5,500万ドル強の資金を調達した。 最大のものは、2011年のSAP Concurからの4,000万ドルのベンチャーラウンドであった。 Cleartripは当初、インドの国内市場の消費者をターゲットにしていたが、2010年代の間に、中東で急成長しているオンライン旅行シーンにまで拡大した。 近年の重要な進展には、20186月のサウジアラビアを拠点とするOTA FlyInの買収が含まれる。 20195月、Cleartripは、Amazon Indiaでの国内線予約サービスの開始を推進するブランドとして発表された。 FlipkartAmazonは、インドの消費財の激しいライバルである。

* 201910月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたCrightonとのインタビューを確認してください。(4/15 https://bit.ly/2PXOGZr)

 

 

19. 私の足跡ep 60Alex Zozaya, Apple Leisure Group

Apple Leisure Groupは、複数のブランドにわたるチケット、パッケージ、ホテルの主要な販売業者。 同社は、最近ではMark Travel Corporationとの合併を含む多くの合併と買収によって設立された。 組織の歴史は、それらが発生した時に機会をとることと、推量と運に加えて、いくつかの重要な戦略的決定を行うことで特徴付けられる。 Alex Zozayaは、2019年までグループの最高経営責任者であった。 彼は会長になり、Alejandro Reynalに手綱を譲った。 彼の指揮下にあった期間には、プライベートエクイティへの売却、現在より幅広いグループの子会社となっている多くのブランドの買収、および非常に多くの買収を監督するために必要な重要なリーダーシップの役割が含まれている。 ZozayaHow I Got Hereポッドキャストの最新ゲストとして参加する。

(4/15 https://bit.ly/2RD7Jsq)

 

 

20. 直言:クルーズのリモートワーク

Princess Cruisesは、より好奇心をそそる“回復”イニシアチブの1つであるに違いないが、遠隔地の従業員が住み、働く場所として船を宣伝している。

控えめに言っても、多くの理由から大胆なアイデアであるが、そのような概念がどの程度機能する可能性があるかを調べる価値がある。 あなたが在宅勤務の従業員またはデジタル遊牧民であるとしよう。 おそらく、クルーズ船に乗る数週間は、あなた自身の住居で長期間過ごした後、多くの人が望むシーンの変化かもしれない。 残りの乗客が予定された停車中に古代遺跡をよじ登っている間、日中は仕事をする。 次に、クルーズ客船が通常夕方にゲストに提供するtrappingsを楽しんで欲しい。 数週間滞在してから、船に乗って家に帰るか、船)が異なる場所に向かっている場合(あるいはコストがオーバーする場合)は飛行機で家に帰る。 しかし、楽しむためにそこにいる何百人(時には何千人)の観光客と同じ場所で働くということは現実離れしている。 確かに、多くのホテルは、デジタル遊牧民や家からのシーンの変化を望んでいる人々のために働くための遠隔地として自分たちを位置付けている。 クルーズの環境はホテルとはまったく異なり、より多くの人が歩き回り、必要に応じて地元のエリアに逃げる機会を得るのがはるかに困難だ。 Princessのイニシアチブは一部の人の想像力をつかんだかもしれないが、パンデミックの時代には、クルーズラインは就航再開のためにはるかに大きな仕事をしている。 ワクチン、検査、健康プロトコルを使用しても、クルーズ船は、COVID-19の状況の初期段階で大量感染発生またはオペレーションへの緩いアプローチのために検疫された悪い評判を修復するために多大な努力を払っている(明らかな危機の進展にもかかわらず、多くがまだ出航している)。 このイニシアチブが多くの牽引力を得るには、海の脚の安定したセットと何千人ものクルーズ客と一緒に過ごす願望以上が必要だ。(4/16 https://bit.ly/3dv9Ozf )

 

 

21. マリオット、ウバーと提携

Marriott InternationalBonvoyロイヤルティプログラムのメンバーは、コロナウイルスの大流行の中で旅行ブランドがロイヤルティの提供を多様化するため、Uberを介してポイントを獲得できるようにした。

このパートナーシップを通じて、Bonvoyのメンバーは、Uber Eats経由でのフードデリバリーを注文するか、一部のUberライドをリクエストすることで、Marriottのポイントを獲得できる。 UberアプリでBonvoyアカウントとUberアカウントをリンクする旅行者は、対象となる取引で自動的にポイントの獲得を開始する。 この特典は米国で利用可能。 531日までに登録して対象となる取引を少なくとも1回行うと、2,000 Bonvoyボーナスポイントを獲得できる。 Marriottが運営するホテルにUber Eatsの配達を受けるメンバーは、最低25ドルの注文で1ドルあたり6 Bonvoyポイントを獲得できる。 ホテル以外の配達と食事の受け取りの場合、1ドルあたり2ポイントを獲得できる。 交通機関の場合、メンバーはUber XLComfortBlackの乗車に1ドルあたり3 Bonvoyポイントを獲得できる。 MarriottUberのパートナーシップは、進行中のCOVID-19危機にもかかわらず、旅行ブランドがロイヤルティプログラムを成長させる方法として誕生した。 ただし、このようなパートナーシップを形成するのはこれが初めてではない。 LyftHiltonとパートナーシップを結んでおり、HiltonHonorsロイヤルティプログラムのメンバーがポイントをLyftライドクレジットと交換できる。 このライドシェア会社はデルタ航空とも提携しており、スカイマイル会員は米国でのライドに費やした1ドルあたり1マイルを獲得できる。 Phocuswright Researchによると、旅行者ロイヤルティメンバーの29%が、COVID-19以前と比較してメンバーシップの影響力が高まっていると述べている。 旅行者の3分の1は、パンデミックのために、新しい特典で消費者を魅了する機会を提供している、以前は使用していなかった新しい旅行の会社を試すことにもっとオープンであることを認めている。(4/15 https://bit.ly/3dnAz8z )

 

 

22. パソナリゼーション、次世代ホスピタリティの力

世界中でワクチン接種を受ける人が増え、旅行の制限が緩和されるにつれて、ホテルの需要は1年前に消えたのとほぼ同じくらい早く戻ることは明らかだ。

旅行や新しい体験に対する需要の高まりは現実のものであり、初期の数字は、ワクチン接種を受けた人々がホテルの滞在をすぐに予約していることを示している。 これは、ホテル経営者がゲストを取り戻すための明確な機会を提供する。 しかし、あなたのドアに入る人々は、1年以上前からこの経験を夢見て来た。 彼らは高い期待を持っているだろう、そしてあなたは彼らをがっかりさせるわけにはいかない。 清潔さと卓越したカスタマーサービスに対する感度が高まっている。 彼らはCOVID以前の最高のホテル体験を思い出し、新しい旅行がそれらの期待に応えるかそれを超えることを期待している。 同時に、間違いなく、ホテルに滞在することをやや苛立たせるCOVID予防策のいくつかの残骸がある。 9/11の後、旅行者が空港のセキュリティを通過する前に靴を脱がなければならないことについて何ヶ月も我慢したことを覚えているか? スタッフの削減、FBオプションの制限、その他のコスト削減策が残っている中で、これらの期待にどのように応えるか? 我々は皆、旅行が期待外れでがっかりして家に帰ったことを覚えている。 このパンデミック後の世界では、ホテル経営者は、戻って来たゲストを失望させるのではなく、喜ばせる機会を逃すことはできない。 妥協するのではなく、全体的なエクスペリエンスを向上させるために、他の領域を改善することによって、これらの残りの煩わしさを補う方法を見つける必要がある。 これを行うには、ホテル経営者は、以前は従業員のチームによって処理されていたタスクを処理するための新しいツールに頼って、ギャップを埋めるためにテクノロジーと自動化に依存する必要がある。 この新しいゲストグループを“驚かせる”1つの方法は、パーソナライズすることだ。 ホテルは、旅行全体を通してゲストとの個人的なつながりを築き、個々の欲求や欲求に合うように滞在を調整する必要がある。

 

より良いゲスト接続を構築する

Build better guest connections

ホテルは、ゲストが予約する前にパーソナライズされたエクスペリエンスの構築を開始し、ゲストの旅を通してそれらのユニークなエクスペリエンスを継続することができる。

·      すべての予約チャネルで適切なコンテンツを提供していることを確認して、潜在的な顧客に予約するように促す。 ゲストが直接あなたのところに来る時は、ブランドのWebサイト、予約エンジン、またはコールセンターのアプリケーションでゲストを認識し、他のチャネルでは見られないメリットを提供する。 彼らに彼らの情報を管理するためのアクセスを与え、彼らの活動に基づいて彼らにカスタマイズされたレート、報酬、オファーを彼らに提供する。 以前に予約した部屋のタイプを確認し、最初にその部屋のタイプを勧める。 2人以上で旅行している場合は、複数のベッドがある部屋を提案する。

·      予約後すぐに、ホテル経営者はゲストに連絡を取り、到着時に何を期待するかと、特に新しい手順が実施されていることを知らせる必要がある。 ゲストが直接予約し、彼らが誰であるかをすぐに知っている場合、これは間違いなく簡単である。 ただし、ゲストがサードパーティを介して予約する場合でも、確認とウェルカムメールでそのサードパーティを介して連絡し、ゲストに詳細情報を提供するように依頼して、滞在をカスタマイズして直接通信することができる。 適切な統合システムを導入すれば、これらすべてのアクションを自動化できる。

·      到着時に、好みの枕、部屋のタイプ、ウェルカムアメニティなど、ゲストの好みに合わせた個人的なタッチは、ゲストに感謝の気持ちを与えるのに大いに役立つ。 たとえば、ゲストがピーナッツアレルギーであることが分かった場合は、ミニバーからナッツベースの食べ物をすべて取り除き、より歓迎されていると感じさせるためにそのステップを踏んだことを知らせるメモを残す。 ゲストが特定の種類のお茶やワインを好むことが分かっている場合は、それらのアイテムを部屋にストックする。 カスタマイズされたオンプロパティエクスペリエンスは、ゲストを“驚かせ”、ゲスト1人あたりの消費を増やす。

·      パーソナライズされた滞在後のコミュニケーションにより、レビュースコアが向上する。 宿泊中にメールアドレスを収集し、OTAではなくゲストに直接連絡するようにしろ。 滞在中に発生した問題に対処し、戻ってくるためのインセンティブを提供しろ。

パーソナライズは、ブランドやホテルのコレクションがゲストプロファイルを一元化できる場合に最適に機能する。 このようにしてゲストが同じブランドファミリー内のプロパティに戻り、必ずしも同じ個々のプロパティに                 戻る必要がない場合、プロファイル情報が利用可能になり、エクスペリエンスを調整できる。

 

パーソナライズのROIを理解する

Understand the ROI of personalization

上記のすべてのアクションには、テクノロジーへの少なくともある程度の投資が必要だ。 たとえば、CRMを使用すると、ホテルはプロファイルデータを統合し、これらの詳細を掘り下げて、ゲストが誰であるか、ホテルでのアクティビティを確認し、ターゲットを絞ったコミュニケーションとアクションを推進することができる。 CRMテクノロジーはもはや単なるセグメンテーションツールではない。 これを効果的に実現するには、CRMを残りの技術スタック(特にPMSRMSCRS、予約エンジン)に適切に統合し、AIを利用してゲストの旅に沿った価値創造に集中できるようにする必要がある。 ホテルが信じられないほど需要の少ない時期から回復したとしても、これはホテルがゲストとのつながりを深めるために使用するテクノロジーを削減する可能性のある最悪の時期でもある。 ホテルがもたらす価値を伝えることができることは、これまで以上に重要だ。 以前のゲストへのマーケティングは重要だが、COVIDによって多くの人々のコンテンツを消費して購入する方法が変わったことも考慮して欲しい。 特にモバイルデバイスで、デジタルエクスペリエンスと相互作用している新しい見込み客と初めて話をする可能性がある。 旅行やホテル体験の予約も例外ではない。 過去1年間に業界が直面した逆風は、ようやく追い風に変わりつつある。 惰性で追い風に乗って運ばれるか、加速して物事をハイギアに入れて、競合他社を追い抜いて先頭に立つかの両方ができる。

著者:Rod Jimenezは、SHRCEO(4/16 https://bit.ly/3ttVgFn )

 

 

23. 412日週 資金調達記事

·         Bandwango

ユタ州に本拠を置く新興企業であるBandwangoは、目的地向けの活動プラットフォームを構築するためにシードファイナンスラウンドで312万ドルを調達した。 Next Frontier Capitalは、KickstartSignal Peak VenturesSaaS VenturesOcean Azul Partners、および個人投資家の参加を得て投資を主導した。 これに先立って、このスタートアップは700,000ドルを調達していた。

BandwangoDestination Experience EngineDXE)を使用すると、DMOやその他のクライアントは、家族旅行、お祭り、文化などのテーマごとにグループ化されたアトラクション、レストラン、州立公園、醸造所などでの無料と有料の体験を組み合わせた“パスポート”を作成できる。 訪問者は、テキストまたは電子メールで送信されるホワイトラベルのWebアプリケーションを介してパスポートにアクセスする。 これにより、目的地が追加のオファーを促進し、訪問データを取得するために使用できる直接通信チャネルが作成される。 Bandwangoによると、顧客ベースは過去1年間で2倍以上になり、米国とカナダの200を超える目的地に到達した。(4/14 https://bit.ly/3n2AM4k)

 

 

 

+++++

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応