海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021214

海外事情 28日号

 

16. 世界航空旅客、史上最大減少、将来予約70%」は、IATA2020年の世界の航空旅客需要が前年比(パンデミック前比)66%減少したと伝える。

損失は巨額の1,180億ドル(123,900億円)となった。

これは史上最大の急激な減少で、その内訳は国際線が76%減、国内線が49%減である。 IATA は、23日、2021年のベースライン予測を2020年比1.5倍増と予測した。 これは2019年の50%の規模となる。 ところが、ワクチン接種の遅れやウイルス変異株発生などにより感染抑止が弱体化すると想定した場合、たったの13%増にしか増加しない最悪ケース予測も付け加える。 これは2019年の38%にしかならない極めて低いレベルだ。

 

 

日本の航空会社の月別輸送実績も低迷している。

                                                                      出典:国交省 航空輸送統計およびIATA

 

25日付のブルームバーグは、ワクチンは免疫力強化には効果があっても、感染抑止には繋がらない可能性があると報じる。 そして、感染力の強いウイルス変異株への効果も検証されていない現在、ワクチン接種開始に過度に期待するのは禁物だと言っている。

また、航空会社などが開発している電子健康パスポートについては、世界保険機構(WHO)からの承認も得られていない。 航空業界のアナリストは、航空旅客需要の回復は2022年ごろなり、長距離路線の場合は2023年〜2024年に遅れそうだと言う。

14日、イングランドで3度目のロックダウンを余儀無くされた英国政府は、Ryanairの「Jab and Go(注射打ってゴー)」キャンペーン(100万席を£19.992,900円から)が、消費者に誤解を与えるとしてそのTV宣伝を中止させた。

 

11. 出張旅行、2025年に完全回復」と「14. 電子健康パスポート、法人旅行回復させるか」は、前者がGBTA(世界法人旅行協会)のレポート、後者がTMCCWTCarlson Wagonlit Travel)のインタビュー記事なので、業界の希望的観測が多分に含まれているのかもしれない。

(編集人) 

 

目次

1. (TJ) 中国人旅行者、2021年国内旅行により積極的

2. (TJ) ホテル直販シェア、2020年に増加                      21日週 第1位閲覧

3. (TJ) ウーバー、酒デリバリーDrizly買収

4. (TJ) アコー、電子鍵を500ホテルに導入

(TJ) = トラベルジャーナル31日号参照 

5. スタータップステージ、Youtip

6. Klook2021

7 グラブ、流動性改善

8. エアビーCEO、今年は注目の年                                 21日週 第3位閲覧

9. 多様性で新イニシャティブ

10. MakeMyTrip 2020年度決算若干向上

11. 出張旅行、2025年に完全回復

12. エクスペディア、旅行会社支援

13. 自動化、ホスピタリティ市場回復に貢献

14. . 電子健康パスポート、法人旅行回復させるか             21日週 第4位閲覧

15. Kiwi.com、払戻しで苦情集中

16. 世界航空旅客、史上最大減少、将来予約70%

17. Ixigo(印)、列車予約アプリConfirmtkt買収

18. In The Big Chair – A, Krishnan, IBS Software          21日週 第5位閲覧

19. 直言:ロードマップでスタータップの注意

20. トリアドBokunJTBと提携

21. Yatra、インド国内旅行回復

22. 完全払戻可 Vレンタル、予約4.2倍増加                       21日週 第2位閲覧

23. 21日の週の資金調達ニュース

 

 

5. スタータップステージ、Youtip

Youtip(シカゴ)は、進化するキャッシュレスチップ経済のためのデジタルソリューションを開発した。 同社は、デジタルチップのエンタープライズシステムとして機能するために2020年に設立された。 世界的大流行により、非接触型のビジネスインタラクションに対する需要が高まっているため、Youtipは、キャッシュレス、非接触型、および「アプリレス」のデジタルチップサービスを提供し、すべてのビジネスタイプの完全なレポートを提供する。 YoutipB2B2Cソフトウェアサービスプロバイダーである。 我々は、収入のチップに依存する労働者を雇用している企業にシステムを販売している。 チップで受け取ったお金を、QRコード; テキスト/メールリンク; スマートフォンカメラ; デジタルウォレットとクレジットカードを使用してこれらの企業の銀行口座と給与システムに送金する。

強み: ホスピタリティとフィンテックの両方における深い業界知識と強固なネットワーク。 堅実なUIとバックエンドテクノロジーの設計 ― 我々は「現金よりも速い」。 迅速で安価な展開と柔軟性のためにモデル化されている。 非常に低いオーバーヘッド。

弱点: 我々は未知の海域を航行しており、直接的な例はない。 我々のモデルに簡単に対応するように設計されていないサードパーティの支払いシステムへの依存。

機会: 米国では500万のホテルの客室、世界中では2,000万のホテルの客室、数百万のチップ付きハウスキーパー。 米国では60,000のホテル、世界中では500,000のホテルがあり、数百万人のチップに依存するベルボーイとバレーパーキングの係員が存在する。 米国には3,000のバレーパーキングおよびシャトルサービス会社があり、毎日何百万ものチップの機会がある。 毎日何百万ものチップの機会を持つ米国の2万のツアーオペレーター会社。 米国では150万の非営利団体があり、年間数百万の寄付の機会がある。

脅威: ほとんどの新興企業と同様に、無制限のリソースを持つフィンテックの巨人の1人が、我々との戦いのためにこの領域に足を踏み入れることを恐れている。 2021年全体のサブスクリプション費用を免除 たとえば、既存の顧客がいるパートナーとの関係を活用して、ホテルの部屋での音声技術のやり取りを促進する会社であるVolaraに統合(integration)している。 今後数週間から数か月以内に、プロパティ管理システム、テキストメッセージシステム、ブランドアプリとの同様の統合をいくつか展開する予定。 クライアント企業向けにSaaSモデルを提供しており、トランザクションごとにティッパー(tipper)に少額の便利な料金を請求する。(1/29 https://bit.ly/2MsbONR )

 

 

6. Klook2021

悪いニュースの猛攻撃の中で、先週のKlookからの2億ドル追加調達の発表は、呼吸に苦しんでいる業界に新鮮な空気の息吹のように到来した。 これは、投資家が依然として旅行への信頼を持ち、業界に活力を与えるためにこれまでで最も困難な危機を乗り越えてその気概を証明した強力な企業に喜んで賭けたことを示している。 共同創設者兼COOEric Gnock Fahに、このラウンドを1から10のスケールで上げるのがどれほど難しいかを評価してもらった。 彼は躊躇して5を与えた。 「2015年の初期の頃を振り返っていた。我々がやろうとしていることを誰も理解していなかった。 2016年それも大変だった。 シリーズCDD +が簡単になった。 今回は、旅行について非常に悲観的な投資家と非常に前向きな投資家がいる」と彼は言う。 彼は、この資金調達を「旅行業界が長期的にここに存在していることの証」であり、この地域で「これまで誰も実際に見たことのない」国内レジャービジネスの可能性を認識していると述べる。 これがKlookの将来の方向性になることを示唆する形で、Gnock Fahは次のように述べている。「2020年は、旅行と呼ぼうと呼ばなくても、日常のレジャーがビジネスであることを証明した。 市場は存在する。 日常のレジャーを販売するMeituanのような企業も旅行を販売しており、境界線が曖昧になっており、サービス業界のデジタル化が進んでいる。 「Eコマースが発生し、COVID中に加速したが、回復しつつあるサービス業界ではデジタル化に注視しつつある。」

Gnock Fahは、中国のインターネット大手であるMeituanモデルに関心を示した。 このモデルは、食品の配達から始まり、地元のサービスや旅行にまで拡大した。 これは中国独自のモデルであり、アジアで人気を博しており、消費者は旅行を含め、地元のサービスを購入するために1か所で済ませている。

 

「それは何とか成り立っていることではなく、成長である」

“It’s not about staying afloat, it’s growth”

2億ドルが何とかやりくりすることを維持するためなのか、それとも成長を続けるためなのかと尋ねられた彼は、「成長だ。ソフトバンクが率いる最後のラウンドは、やりくりについてだったが、今回の資金調達は成長についてである。」 評価に関しては、2019シリーズD +の評価(「10億ドル以上」)と一致していると彼は言う。 Klook2018年にユニコーンの地位に到達した。 「これは一歩後退だが、成長を追いかけることができることを保証する」と彼は言う。 また、B2Cビジネスは、アジアの市場全体でウイルスに― ごく短期のリバウンド、次にすぐにシャットダウンなど ― 苦しんでつまずいているが、将来のB2BSaaSマーチャントモデルにしっかりと目を向けている。 「2020年には、企業がデジタル化をどのように望んでいるかにますます関心が高まっていることが分かった。 そして、前述したように、eコマースブームはマーチャントの前で起ったが、サービス業界のブームはまだ実際には起こっていない」と彼は言う。 「過去数年間、我々とこのカテゴリーの他のプレーヤーはデジタル化を推進したが、それは、よりオンライン流通の意味であった。 しかし、それはマーチャントの運営に本当に深く関わり、そしてどのように彼らが自分の直接チャネルを管理するかについては対処できていない。 「彼らは自前の店(shopfront)を所有し、ほとんどはソーシャル ― InstagramFacebookTikTok ― と関係するが、それらはトランザクションとシームレスに接続することができていない。 これは今後、より強力なトレンドになると思う。」 彼がこれを言っているように、「Shopify」という用語が私の頭に浮かんだ ― そしてそれは明らかにKlookがやりたいことである ― マーチャントが彼ら自身の店先を運営しそして彼ら自身の直接チャネルを管理するのを支援するのがShopifyだ。

Shopify=カナダのオタワに拠点を置くShopify社が運営するeコマース用のプラットフォーム。オンラインストアのテンプレートやPOSシステムを含む。)

 

店舗モデルとマーチャントモデルのハイブリッドモデルエを追求

Pursuing a hybrid model of store and merchant model

もちろん、ツアーやアクティビティのデジタル化は新しいスペースではない。 他のツアーやアクティビティ消費者ブランドは、消費者向けビジネスと並行してB2Bトラックを開発しようとした。 今月、台湾を拠点とするKK Dayは、東南アジア市場に参入した。 “東南アジア市場でより多くのツアーやアクティビティビジネスに合理化されたワークフローをもたらすために” Rezioの立ち上げを発表し、今週、1年間の無料トライアルにエージェントを登録するための一連のウェビナーを市場で開催している。 私はGnock Fahに、B2CブランドであることとB2Bソリューションを提供することの間の利益のバランスを取るのは難しいかどうか尋ねた。 両方をうまく行うことは可能か? 結局のところ、KlookMeituanまたはサービスのスーパーアプリを目指しているのであれば、すべてのリソースと注意が必要ではないだろうか。 彼の考えは、Meituanのように、「企業がデジタルチャネルで効果的に運営できるようにするには、非常に強力なマーチャントソリューションモデルが必要」、「私はeコマースでは、競争力は実際にはロジスティクスであると考える。 たとえば、Amazonはロジスティクスだ。 サービス業界にはロジスティクスがないため、実際のエッジはマーチャントオペレーションとマーチャントソリューションである」と彼は言う。 「自分のチャネルをより効果的に管理したいマーチャントがいることを確かに認識しているので、それらのサービスを彼らに拡張する。 たとえば、淘宝網(タオバオ)を見ると、そこにリストされているマーチャントは、その店が淘宝網にあると見なしている。 淘宝網には、強力なマーチャントシステムがある。 それは米国とは少し違うモデルだと思う。 我々が見ているのはそのハイブリッドだ。」 彼はB2C事業について楽観的であるが、前半はでこぼこ道になることを認めている。シンガポール、香港、台湾、中国、ベトナムなどの市場では、その事業はCOVID以前のレベルにまで回復することができた。 「しかし今では残念ながら、すべての市場で、韓国でさえも苦戦している。 COVIDの状況が安定すれば、ビジネスは回復できると考えている。」 第4波の真只中にある香港では、国内レジャーが第3波よりも高いレベルで維持されているのを見るのは興味深いと彼は言う。 シンガポールでは、シンガポール観光局とのマーケティングパートナーシップで大きな契約を獲得しSingapoRediscoverバウチャープログラムの5つの任命されたディストリビューターの1つになった。 Gnock Fahは、貴重なパートナーシップの教訓を学び、「協力してその需要を生み出す」と述べている。 「これまで国内観光の需要はなかった。 我々はプロダクト開発にもっと集中するようになった」と彼は言う。 IATAによると、アジア太平洋地域の航空旅客需要は2019年のレベルの5%で、COVIDの影響を最も受けていることは間違いない。 また、Gnock Fahは、COVIDをうまく対応したにもかかわらず、この地域の諸国の国境開放が厳しくなったため、皮肉にもインバウンドとアウトバウンドが苦戦していると語る。

 

勝者は、投資のための適切な戦略的柱を特定できる人である

The winner is the one who can identify the right strategic pillar to invest in

この後、業界がどれだけ残るかについては誰も分からないが、ツアーやアクティビティのビジネスは資産が多くないため、それほどひどく引きずり落ちまれないという利点があると彼は言う。 しかしパンデミック長期化するとなると、その影響は大きく、企業は地元の市場に目を向けなければならなくなるが、その市場の価格が安いためにやる気がない人もいる。 今年のKlookの優先事項の1つは、グローバル戦略とローカル戦略の適切なバランスをとることである。 「わずか1,000人ちょっとのチームで、それは常に挑戦的である。 そのため、今のところ、人々が新しい役割に落ち着き、ローカルチームと中央チームの間の相乗効果を確保している」と彼は言う。 2番目の優先事項は、回復し始めた市場で好調だったステイケーションなどの新しい機会を検討すること。 「このプロダクトと市場の適合性は、他の新しい市場にローカライズする必要があり、それをどのように拡張できるかを考えている」と彼は言う。 そして、マーチャントの話題に戻って彼は言う。 「マーチャントは、過去12か月間は大丈夫だったと思うが、次の12か月間で実際に生き残る方法についていくつかの亀裂が見られ始めている。 したがって、彼らがより速くデジタル化できるようにするには、はるかにスケーラブルな方法でより多くのオーディエンスにリーチする必要がある。 これは今やより重要になっている。」 2021年にどのような旅行会社が生き残るのかと尋ねると、しばらく躊躇し、「考えているのは、誰が長期的に投資を続けられるか? このような時は、常にすぐに機会を捉えようとしがちだが、それは短命で終わる場合もある。 今のところ、今年の収益についてあまり心配する必要はないが、戦略的に意味があれば、ここにとどまることができる。 勝者は、2021年に最も高い収益成長率を示したものではなく、投資する適切な戦略的柱を実際に特定できる者だ。」*この記事は元々Webin Travelに掲載されていた。(2/1 https://bit.ly/3oz8Xj6)

 

 

7. グラブ、流動性改善

アジア太平洋地域に焦点を当てたスーパーアプリGrabは、20億ドルの融資枠を確保した。 声明の中で、同社は、機関投資家からの5年間のローンは、他の支援者からの強い関心を受けて、当初の75,000万ドルから増加したと述べている。 Grabによると、この資金により、流動性を高めるだけでなく、資金源を多様化することができる。 1年弱前、Grab86,500万ドルを調達し、東南アジアでの金融サービスとデジタル決済機能の拡大を計画していると述べていた。 先月、Grab Financial Groupは、3億ドルを超えるシリーズAの資金調達を発表した。(2/1 https://bit.ly/3anj8SM)

 

 

8. エアビーCEO、今年はフォーカスの年

Brian Chesky2021年に焦点を当てていることが1つあるとすれば、それはまあ、焦点を合わせる(focus)ということだろう。 Airbnbの共同創設者兼CEOが、先週のブルームバーグのThe Year Aheadオンラインイベントでの約20分間のインタビューで、この言葉(focus)を7回使った。 「今年はフォーカスの年になるだろう」とCheskyはブルームバーグテレビジョンのアンカーEmily Changに語った。 Airbnbは、コロナウイルスのパンデミックに耐えるのに焦点を合わせただけでなく、旅行のリバウンドを利用するように会社を設定した。 これは「“if” の問題ではなく、“when” の問題だ」。 重要なのは、焦点があっていたため、すべての予想に反して昨年Airbnbが上場できたことである。 「危機の最中に、我々の株は一株あたり20ドル強であった」とCheskyは言う。 「我々はすべての手を取り合って、我々は自分たちがコントロールできないことについて本当に心配するつもりなどなく、我々は本当に素晴らしい会社を構築しようとすることにフォーカスするつもりだった」と言った。

 

市場が問題  Market matters

AirbnbIPOに続いて彼の人生がどのように変わったかを尋ねられた時、Cheskyはその気持ちを、夫婦が結婚した後にどのように感じるかと同じで「すべてがもう少しフォーマルに感じる」と語る。 Cheskyは、Airbnbは「かなり長い間、公開会社のように運営されて来た」と述べているが、現在、「責任感ははるかに大きい」。 「確かに、ベンチャーキャピタリストやミューチュアルファンド、プライベートエクイティファームが投資している時は責任を感じる。 しかし、何十万人もの株主が存在し ― あなたが育った人々たちと、特に我々のホストと一緒で ― それには異なるレベルの重力がある。 それはまるで他の利害関係者のように感じる」とCheskyは言う。 「優れたブランドを持つことの利点の1つは、多くの人々がそのブランドの一部になりたい、そしてその一部を所有したいということだ。 つまり責任が増すことを意味する。」 Airbnbの驚異的な1,130億ドルのバリュエーションについて、Cheskyは株価についてコメントするのは好きではないと言う。 「それを始めるのは危険なパターンだと思うが、価格が高ければ高いほど、期待は高くなる」。 彼が心配していないのは、市場のボラティリティである。 これはGameStop株で起こっていることのおかげで現在見出しになっているトピックである。 「我々の会社は昨年以降、ボラティリティに慣れている。 つまり、昨年のAirbnbよりもボラティリティが高い企業はほとんどない」とCheskyは言う。 「我々は非常に長期を見ているので、ボラティリティによって個人的に神経質になることはない。」 CEOの役割も年々変化しているとCheskyは続ける。 「今日のアメリカのCEOの責任は、おそらく10年または20年前とは異なる。 数十年前、非常に狭い範囲で、ほとんどのCEOは、自分たちの責任は株主のみにあると感じていた。 今日の大規模企業のCEOで、そのように感じている人たちは多くはないと思う。」

Cheskyは、オンラインプラットフォームの責任も変化したと述べ、Airbnbが安全性に関して下した決定に言及、最近ではバイデン大統領の就任式のためにワシントンDCでの滞在を禁止した。 「2007年と2008年にシリコンバレーに来た時、我々はすべてプラットフォームであるという考えであった。 プラットフォームはハンズオフである(不干渉である)必要がある・・・[その考えは]インターネットは一種の免疫システムのようなものである。 コミュニティツールを構築すれば、あとは自らが自分自身を適度に運営するだろう(moderate themselves)という考えだ。」 しかしAirbnbは、他の大手ハイテク企業よりも早くその教訓を学んだ。 「ゲストがゴミ箱を捨てたり、身体的に怪我をしたりしており、プラットフォームでの活動に対してより多くの責任を負わなければならないことに気づき始めた」と言う。 「我々は常に正しいとは限らない、積極的に自ら対応を続けたいと思っている。」

 

ルーツに戻る  return to roots

パンデミックを通じて、Airbnbは、交通機関やホテルなど、会社の他の部門の投資を一時停止し、その運営の大部分をコアのホームシェアビジネスに戻して来た。 Cheskyによると、Airbnbは「将来的に」これらの分野への投資を再開する予定であり、同社は昨年解雇された1,900人の従業員の一部を再雇用している。 Airbnbは引き続きスタッフを採用するつもりだと彼は言う。 「しかし私は従業員に、最善を望み最悪の事態を計画しろと言った。 そして、二度と何が起こるか分からない。 別の一時解雇など決してしたくない。」 パンデミックの最中に発生する可能性のある驚くべきピボットの1つは、Airbnbのエクスペリエンス部門で起こったことである。 この部門では、ツアーやアクティビティをバーチャルに行った。 Cheskyによると、オンラインエクスペリエンスのアイデアは、Airbnbのホストから生まれたものであり、結局のところ、ホストはまだお金を稼ぐための手段が必要であった。 「[オンライン体験] は、Airbnbの新しい見込み客を作るようなものだと分かった」とCheskyは言いう。 言い換えれば、プラットフォームを使った消費者の最初の経験が仮想料理教室を受講することである場合、消費者は次回Airbnbに戻って宿泊施設を探す可能性がある。 「これはコミュニティへの本当に素晴らしい入門書であり、ホストとは何か、システム全体がどのように機能するかについて、より快適に理解するようになる。」 Airbnbが旅行の必然的な復帰の準備をしている時、Cheskyはもう1つの主要な焦点はカスタマーサービスにあると言う。 そのために、20205月、同社は「物事を次のレベルに引き上げる」ために元AppleエグゼクティブのTara Bunchを雇った。 他のホスピタリティ企業はカスタマーサービスへの投資を縮小しているが、「我々は正反対のことをしたいと思っている」とCheskyは言う。

「それは準備している計画の一部である。 我々はクラス最高のサービスを提供したいのではなく、本当に世界一流のサービスを提供したいのだ。」

 

旅行の未来  Future of travel

Cheskyは、旅行の将来を予測することを躊躇するけれども ― 「昨年、将来を予測するビジネスをしている人は誰でも謙虚になった」 ― Airbnbは新しい2021年の旅行レポートを発行した。 「孤立からつながりへ– 2021年の旅行(From Isolation to Connection – Travel in 2021)」というタイトルのこの調査は、202012月下旬に実施された調査から市場の声を集めている。 レポートによると、再接続(reconnection)が旅行の最大の動機であり、回答者の54%が、2021年に旅行をすでに予約したか、予約する予定であると述べている。 人々は出張せず、家族や友人を訪ねるために旅行を優先している。 旅行者の約56%は、国内または地元の目的地を好むと答えており、回答者の5人に1人は、目的地を自宅から車で行ける距離に置きたいと答えている。

報告書はまた、人気のある目的地の混雑を避けたいという強い願望があり、旅行者の51%が主要な観光地を越えて孤立することにもっと興味があると述べている。 リモートの勤務と学習のために、アメリカ人の4分の1は、オフピークの時間帯と曜日に旅行を受け入れると述べている。 また、4分の1は、2021年に長期滞在すると考えている。 「アメリカ人は他のどの野外活動と同じように旅行する」とCheskyは言う。 「彼らがしないのは出張であり、ランドマークを見逃すことはない。 混雑したロビーを見逃すことはない。 2階建てバスを見逃すことはない。」 彼らが望んでいるのは、「マスの旅行ではなく、意味のある旅行だ」と彼は続ける。 旅行者がいる場所で彼らに会うことは、2021年だけでなく、今後何年にもわたってAirbnbのフォーカスとなるだろう。 「我々は非常に長期的に会社を運営している」とCheskyは言う。 「それはおそらく陳腐に聞こえるかもしれないが、私は39歳だ、これから何十年もこれを行うつもりだ。」(2/1 https://bit.ly/3teVqRk )

 

 

9. 多様性で新イニシャティブ

観光とイベント業界全体で信頼性と包括的なリーダーシップを刺激することを目的として、Tourism Diversity Mattersと呼ばれる新しいイニシアチブが開始された。 集団的影響モデルに基づいて、Tourism Diversity Mattersは、民族格差の死角に対処し、観光およびイベント業界の意思決定者に、多様な労働力を確保するための関与と維持に役立つより効果的な多様性と包括性戦略を開発するためのアクセス、リソース、および戦術を提供することを目的としている。 Destination D.C., の社長兼CEOであるElliott Fergusonが取締役会の議長を務めている。 SearchWide Globalの社長兼CEOであるMike Gambleは、Tourism Diversity Mattersの創設者。 PHLDiversityのエグゼクティブディレクターであるGreg DeShieldsがエグゼクティブディレクターを務めている。 創設パートナーには、ConferenceDirect Foundation、フィラデルフィアコンベンション&ビジターズビューロー、SearchWide Globalが含まれる。 「人種差別に対処することは、あなたがどのように導くかに影響を与えるはずである ― それはアメリカの問題」とFergusonは言う。 「多くの人が初めてこれらの問題に直面しているので、我々は目をつぶることができず、後戻りすることもできない。 パンデミックにより、我々は減速し、人間であることに集中することを余儀なくされた。 不快な会話に慣れ、自宅だけでなく職場でもこれらの話し合いを行う必要がある。」 観光の多様性の問題は、見習いプログラム(apprenticeship programs); 労働力開発; 多様性と公平性と包括性; 研究とデータの4つの指針に基づいている。 プラットフォームの目標は、関連する組織や業界、著名な研究機関と協力して、関係するすべての関係者に影響力のあるソリューションを開発することにより、維持および拡大することである。 「Tourism Diversity Mattersは、業界の完全な関与と参加を通じて長期的なソリューションを作成することにのみ焦点を当てた専用のリソース」とGambleは言う。 「その意図は、この分野で起こっている既存の優れた仕事に取って代わるのではなく、それに光を当て、必要に応じて価値と洞察を追加することである。」

 

WiHTLのホスピタリティ、旅行、レジャープログラムにおける少数民族の将来のリーダー

WiHTL’s Ethnic Minority Future Leaders in Hospitality, Travel & Leisure Program

他の場所では、Women in Hospitality, Travel & LeisureWiHTL)が、ホスピタリティ、旅行、レジャーで働く少数民族の将来のリーダーを支援するための新しいリーダーシッププログラムを開始した。 マクドナルドの英国とアイルランドと提携して作成された仮想イベントで先週開始された業界を超えたリーダーシッププログラムは、潜在的な少数民族の将来のリーダーがより上級の役割に昇進するのをサポートするように設計されている。 WiHTL2020年の年次報告書によると、82.5%の企業には取締役会レベルで黒人、アジア人、少数民族のリーダーが存在しない。 ホスピタリティ、旅行、レジャー企業の40%以上は、直属の部下レベルで黒人、アジア人、少数民族の代表を持っておらず、企業の80%以上は、実行委員会に黒人、アジア人、少数民族のリーダーを持っていない。 AirbnbHiltonInterContinental Hotels GroupVirgin Atlanticなどのブランドの40人の潜在的な少数民族リーダーが、WiHTLEthnic Minority Future Leaders in Hospitality, Travel & Leisure Programに参加している。 参加者が異なる組織のシニアリーダーを指導する逆メンタリングプログラムに加えて、プログラムには各参加者のラインマネージャーのためのセッションも含まれている。 プログラムの最初の部分は、20216月まで、さまざまなリーダーシップ開発テーマに関する毎月のセッションで実行される。 *以下のElliott FergusonへのPhocusWireNew Reality With ...インタビューをご覧ください。(2/2 https://bit.ly/3tg8y8V)

 

 

10. MakeMyTrip 2020年度決算若干向上

MakeMyTripは、2021年第3四半期の財務収益について、事業部門全体の総予約数と収益に改善が見られた。 インドのオンライン旅行代理店は、第3四半期の総予約数が59,900万ドルに増加し、第2四半期の21,300万ドルから182%増加した。 航空券の収益は第2四半期の1,100万ドルに対して1,800万ドルであったが、ホテルとパッケージの収益は第2四半期の400万ドルに対して2,400万ドルであった。 バスチケットの収益は、2021年第2四半期の300万ドルから1,000万ドルに増加した。 MakeMyTripによると、この四半期の収益は、前年比61%減の5,700万ドルであった。 MakeMyTripによると、この四半期の収益は前年比61%減の5,700万ドルであった。 20201231日に終了した四半期のマーケティングおよび販売費は、前年同期の4,500万ドルから82.7%減少して800万ドルになった。 創設者兼グループエグゼクティブチェアマンのDeep Kalraは、決算発表の中で、パンデミックは破壊的であったが、「インドでの商取引の方法を変革する」と述べている。 彼は次のように付け加えている。「社会的距離のニーズがかつてないほど高まっているため、eコマースの使用は国の5億人以上のデジタル市民にも急速に採用されている。 実際、一部のアナリストはオンラインeコマーストランザクションが3倍になると予測している。 2025会計年度までに1,800億ドルを超える価値がある。 「カテゴリーとしてのオンライン旅行はまだ回復の途上にあるが、予約行動のこのような構造的変化の恩恵を享受し始めるのは時間の問題だと私たちは信じている。」 国内事業では、MakeMyTripによると、エアーの供給は前年比で65%を回復し、ホテルの回復は59%近くになっている。 州間バス市場も回復しており、パンデミック前のレベルの75%以上で座席が販売されている。 Kalraは、自社ブランドへのトラフィックがパンデミック前のレベルの65%に回復したと述べている。 共同創設者兼グループCEORajesh Magowによると、パンデミックの最中に立ち上げられた同社の中東事業は、2021年(2020?)第3四半期に開始されたアラビア語によるフライト検索で「徐々に立ち上がっている」。(2/2 https://bit.ly/3tl9Xe9 )

 

 

11.  出張旅行、2025年に完全回復

コロナウイルスに襲われた2020年の間に、世界の出張支出は半減して6,940億ドルになった。 これは、ロックダウンが影響を与える前の比較的好調な第1四半期に支えられた数字である。 今週発表されたGBTA(世界法人旅行協会)のレポートによると、2021年にはビジネストラベルの支出が21%増加すると予測されている。 一部のコメンテーターやレポートでは、ビデオ会議の出現や、不要な出張を回避することでコスト削減が可能であると企業が認識しているため、出張はパンデミック前のレベルに戻ることはないと示唆しているが、GBTA4年以内の「完全な回復」が予測している。

GBTAのレポートによると、4月から12月の期間では、特に北米(79%)と西ヨーロッパ(77%)で、支出が前年比で前例のないレベルに激減した。 2020年の最初の3か月はプラスであったが、北米と西ヨーロッパはそれぞれ60%と58%減少して1年を終えた。 ホテル、航空会社、地上輸送、レストラン、その他のサービスプロバイダーでの4億人のフルタイムの仕事に相当するものが、2020年の世界の労働時間で失われた。 GBTAは、2022年中に支出がさらに加速すると予想し、2023年には成長が鈍化するものの2024年には約1.4兆ドルに復帰するだろう。

GBTAの暫定事務局長であるDave Hilfmanは、次のように述べている。 「パンデミックは出張を荒廃させており、さまざまな面で直面している課題を考えると、業界が回復するまでに時間がかかることは明らかだ。 「国やセクター間で非常に不均一だが、経済回復はすでに進行中である。 ワクチンの継続的な展開は、世界的な貿易と国境および検疫政策に関して新しいバイデン政権が下す決定と同様に、世界的な回復の中心となるだろう。 GBTAは、旅行が安全に戻ってくることができるように消費者の信頼を回復することについて引き続き機能する。」(2/2 https://bit.ly/3tfpdcy )

 

 

12. エクスペディア、旅行会社支援

Expedia Groupは、パンデミックが旅行代理店コミュニティに与える影響を認識しており、すべての顧客にパッケージ旅行料金を開放していると述べている。  約10,000の代理店パートナーを擁する同社のアフィリエイトプログラムが「開放」され、ホテルと航空券のパッケージの特別料金がすべての人に利用可能になる。 以前は、シルバー以上のレベルのメンバーのみが、Expedia Travel Agent Affiliate Programを介して予約されたプロダクトの割引(約20%)にアクセスできた。 これですべての層がスキームに含まれ、2020年にシルバー以上のメンバーシップを持っていた層は2021年を通してそのレベルを維持する。 Expedia TAAPによると、パッケージ割引プログラムを拡大する決定は、旅行代理店に旅行需要が戻ってきた時に回復する機会を与えることに基づいている。 旅行代理店のコミュニティは、過去12か月の間に、COVID-19パンデミックの影響を大きく受けていると述べている。 Expedia TAAPのシニアディレクターであるRobin Lawtherは、次のように述べている。 「世界中の何千もの旅行代理店のパートナーとして、旅行業界を立ち直らせる上で彼らが果たすべき主要な役割を担っている。」 Expediaは、2020年のパンデミックの最初のフェーズで、払い戻し不可の料金の「大多数」を再分類し、TAAPパートナーが利用できる料金が約70%を占めていたと述べている。(2/3 https://bit.ly/2MGWeP)

 

 

13. 自動化、ホスピタリティ市場回復に貢献

旅行の禁止から食事の制限、衛生への期待の高まりまで、ホスピタリティ業界はパンデミックから最も大きな打撃を受けた。 多くの企業が競争に適応したり遅れをとったりすることを余儀なくされている(あるいは完全に落ち込んでしまうことさえある)。 俊敏性を高め、継続的な混乱の中での連続性を維持するために、ホスピタリティ企業は、発展を阻害された事業と、限らた労働力とニューノーマルへの準備のために重要なサポートを提供することがでる自動化や人工知能などの新興技術に目を向けることができる。 ただし、ワークフローを合理化し、効率を高め、エージェントがゲストにサービスを提供する方法を改善する機能を備えた自動化テクノロジーは、COVID-19の発生に起因する差し迫った課題に対処するためのソリューションであるだけでなく、長期にわたる顧客対応業務の最適化にもなる。 これらの機能が一体となって、ホスピタリティワーカーを解放し、ゲストを引き付けて業界を前進させる、より魅力的な活動に集中できるようにする。 自動化がホスピタリティ業界を2021年以降に回復させて運営させるのにどのように役立つかを次に示す。

 

健康と安全の促進  Promoting health and safety

ホスピタリティ業界は、ゲストの健康と安全への取り組みを実証できることが不可欠である。 これには、自動化がゲストの取り組みに役立つ。 ソフトウェアロボット(自動化テクノロジー)は、全ての場所にわたって健康診断データを管理することにより、スタッフとゲストを安全に保つことができる。 ゲストが宿泊施設に到着する前に、ソフトウェアロボットがオンラインの健康調査を送信して、ゲストにウイルスの症状があるかどうかを確認し、応答に基づいて適切なシステムへのアラートまたはエントリを自動化できる。 あるいは、ロボットは、自分の健康状態について定期的に従業員に連絡するように構成することもできる。 その後、その情報は雇用主に配信され、従業員の健康状態を監視する。 自動化ソフトウェアは、スタッフとゲストにPPEを適切に供給するために、運用にさらに関与することもできる。 これを実行するために、ロボットはセンサーとAIと連携して在庫レベルを記録する場合がある。 次に、ロボットがデータをキャプチャ、アセンブル、追跡してレポートを作成し、備蓄が少なくなると自動的に再調達することができる。 また、出荷注文をトリガーする通知を送信することもできる。 これらのロボットを設置することで、ホスピタリティビジネスは、従業員に負担をかけずに新しい健康と安全の要件をより便利に満たすことができるため、代わりにゲストの満足度に集中できる。

 

より管理しやすい顧客体験の育成

Fostering a more manageable customer experience

症例数が増加し、ワクチンのタイムラインが不確実なままであるため、パンデミック後の旅行計画も不確実だ。 つまり、ゲストは変動する旅行制限に合わせて予約を修正する必要がある。 その結果、コンタクトセンターでは、ゲストからの問い合わせ件数が大きく変動することが予想され、発信者の待ち時間が長くなったり、コンタクトセンターの稼働率が低下したりする可能性がある。 特に多くのエージェントがリモートでウイルスの拡散を阻止するために作業している場合、この期間中の作業負荷の増加は耐え難いものと感じる可能性があり、ビジネスの成功がすべての従業員の可能な限りの効率的作業に依存している時に、従業員は燃え尽き症候群になってしまう。 自動化により、コンタクトセンターの従業員は、従来のオフィス環境以外で高まる需要をサポートするためのツールを利用できる。 最初の連絡先として、企業は自動化ソフトウェアを展開して、チャネル全体(電話、電子メール、オンラインチャットなど)でゲストの問い合わせに対応できる。 これらのロボットは、タスクの複雑さに応じてエンドツーエンドでタスクを自身で処理するか(予約請求書の作成など)、エージェントに委ねることができる。 エンゲージメントが上昇した場合、ロボットは収集したデータをエージェントと共有できるため、エージェントは時間をかけて調達したり、ゲストに質問したりする必要がない。 同様に、ロボットはエージェントに次善のアクションを提供して、アップセルとクロスセルの機会(部屋の更新、レンタカーなど)をサポートし、すでに進行中のトランザクションの価値を高めることができる。 自動化の支援により、エージェントはゲストの目標を達成し、問い合わせをより早く完了することができ、シフト中にエージェントがより多くのゲストにサービスを提供できるようにしながら、より効率的で快適なカスタマーエクスペリエンスを作成できる。 あるいは、ロボットは、キュー内の通話数などのメトリックをキャプチャして提示することで、企業がインバウンドを事前に管理できるようにする。 これにより、エージェントがやり取りしているゲストの数を監視することで、オペレーターがワークロードを管理できるようになる。 次に、自動化により、通話の監視やメモの作成など、対話の手動の側面を処理することで平均通話時間を短縮できるため、エージェントは後で話し合ったことを要約するために数分を費やす必要がない。

 

プレッシャーの下での生産性のサポート

Supporting productivity under pressure

自動化は、顧客サービスの待ち時間とバックログを軽減するだけでなく、バックオフィスタスクの効率を高めて、面倒なプロセスを合理化することができる。 これは、企業がスタッフ不足などの内部圧力に対抗するための不可欠なレベルのサポートだ。 忙しい従業員の余分な事務処理を軽減し、業界内で非常に価値のある魅力的な可能性を解き放つために、ホテルは、フォリオ(宿泊客勘定)の作成方法など、面倒なフォーム処理を自動化できる。 たとえば、ホテルの従業員にファイルの記録または通信を通じてゲストの詳細を提供させる代わりに、ゲストはチャットボットを介してフォリオのコピーを要求でき、自動化ソフトウェアはこの情報をキャプチャして指定された形式にプラグインして顧客と共有することができる。 自動化テクノロジーは、業界内の効率を高め、ゲストとスタッフの両方に利益をもたらすため、パンデミックが収まった後もずっと価値を高めることができる。 多くの企業がCOVID-19の圧力を相殺するために自動化の採用を加速しているかもしれないが、動的プログラムは、新しい需要が発生した時にそれに対処するように構成できるため、企業は状況に関係なく迅速に適応し、成功に向けて自らを位置付けることができる。

著者: Brad Beumerは、UiPathのカスタマーエクスペリエンスおよび南北アメリカのコンタクトセンターリーダー。(2/3 https://bit.ly/3rlnIru )

 

 

14. 電子健康パスポート、法人旅行回復させるか

デジタルヘルスパスポートの概念は、旅行に戻る方法として提示されている。

すでに少なくとも7つの異なる企業がソリューションを提供しており、ローカルサービスを採用している航空会社に関する発表が増えている。 さらに、予防接種記録の保存や共有など、さまざまな要素について基準が議論されている。

これらすべてが、法人旅行業界に希望と独自の課題をもたらす。 次のQAでは、CWTのイノベーションビジネス開発担当シニアディレクターであるBrandon Balcomが、これらの課題についてPhocusWireと話し合う。

 

Q: デジタルヘルスパスポートが旅行テクノロジーの世界の他のすべてのものと同じように分散化されることが懸念されるか?

Is it a concern that the digital health passport will be as fragmented as everything else in the travel technology world?

懸念は存在する、そしてそれは多く存在する。 我々全員が1つのソリューションに向かっているとしたら、それは標準以下で貧弱なユーザーエクスペリエンスになってしまう可能性があるので、懸念が存在することは良いことかもしれない。 しかし、分散化のリスクは、旅行者がプロセスを理解するのをさらに難しくする。 ソリューションの数を超えて、航空会社ごとに1つあるとしても、今日の現実は、航空会社が自身のものに固執するため、さまざまな市場でさまざまなソリューションをテストしている状況にあると思う。 それは誰かが何か悪いことをしているということではないが、それから政府と政府の要件の複雑さが追加され、それでは誰が統率しているのか・・・地域や特定の都市のペアによって異なる場合が存在することなる。 旅行管理会社(TMC)の観点から、我々は旅行者に一貫した高品質の体験を提供できる方法を見つけたいと考えている。 他のすべてが非常に難しいので、それが容易であれば業界は利益を得ることになる。 これは、可能な限り最も安全で効果的な方法で、業界を回復モードに戻す方法である。

 

Q: 標準が開発されており、MicrosoftOracleなどの大企業の一部が関与している。それはどれほど重要なのか?

Standards are being developed and some of the big companies such as Microsoft and Oracle are involved. How important will that be?

標準が、ある程度はすべてである。これは、さまざまな方法で実行できる。 現在、すべてがテストに基づいて、それがまだ90%以上の状況である場合、シティペアごとのテストのタイミングタイプの要件に一致させる必要がある。 次に、これらの要件を特定の期間のテスト結果と一致させる必要があるため、それ自体が課題となる。 特定の市場や国の標準化があるかもしれないが、グローバルに標準化することを考え始めると、それは非常に複雑になる。 しかし、それがなければ消費者と旅行者が、ポイントAからポイントBに到達するために何をする必要があるかを理解するために、分散化と多くの複雑さを持ち続けることになる。 標準を使用すると、最高のプレーヤーがトップに立ち、新しいソリューションが市場に登場する機会が与えられ、一般的に、人々は旅行に簡単に戻ることができる。

 

Q: 健康パスポートのアイデアと、すでにいくつかの政府や航空会社が、予防接種を受けない限り飛ばさせないと騒いでいるが、それは定着すると思うか?それは我々の未来か?

With the idea of a health passport and already some governments and airlines making noise about not letting you fly unless vaccinated, do you think that’s going to take hold?  Is that our future?

特定の航空会社で、すべての乗客が予防接種を受ける必要があるというのは、おそらく少し早い話だ。 予防接種が始まっているにもかかわらず、多くの政府を見ているわけではないが、今でも予防接種が感染検査の補足であるという例はあまり見られない。 科学はまだワクチン接種がウイルスの伝染を抑止できるかを決めかねていると思う。 予防接種を受けた人々だけが旅行できれば、潜在的に階級制度(class system)の感覚を確かに作り出すことになる。 私がこれらのソリューションを見る時、これらのソリューションに対する私の希望は、それらがイネーブラーになることである。 今のところ、テストによってすべての人が平等に旅行することができるという安心感があるかもしれないが、ワクチンの大量採用が見られるようになると、厄介な状況が発生する可能性がある。

 

Q: パンデミックは長期化し、それらに対応する方法を見つける必要があるという業界の認識はあるか?

Is there recognition from the industry that these outbreaks are here to stay and we need to find ways to deal with them?

業界は、健康とウェルネスをより有意義な方法で長期的にどのように考えるかを検討していると思う。 人々はインフルエンザと風邪について違った考え方をすると思う。 それは我々の心の奥底に存在したが、我々は皆、ヘビー出張者、旅行者などを含め我々自身でそれに対処した。 将来的にはより広範に焦点を当てると思うが、しばらくの間はさまざまな場所での流行と、旅行を制限する方法とその周りを移動する方法に焦点を当てることになる。 それはイノベーションに適した分野であり、それに向けた動きが存在している。 CWTは確かにその分野に移行しており、企業間取引、企業と従業員の関係についてますます考えている。 つまり、旅行マネージャーや調達担当者と同じくらい、顧客である個人のケア、経験、幸福(wellbeing)に本当に集中している。

 

Q: 健康パスポートへのこれらのアプローチを標準化するには、テクノロジーの観点から何が必要か?

What will it take from a technology perspective to standardize these approaches to health passports?

最も基本的なレベルでは、空港でスキャンされるQRコードまたはバーコードが存在する可能性があるため、その時点で相互運用性が必要である。 今日、国際空港を移動する旅客の搭乗券をスキャンしているいかなる航空会社では、かなり効果的に機能していることが分かる。 今セキュリティチェックポイントにいて、フライト情報が表示されるので、今日起こっていることのいくつかの実用性が存在するが、健康パスポートの概念について考える時、少なくとも4つの要素を理解して標準化する必要がある。

  • 旅行要件のリポジトリ。 この出発地からその目的地に行くには、これらが行われなければならない検査またはワクチンの要件であることに我々は皆同意しなければならない。
  • ラボとテストネットワークに関する標準化。 この個人が非感染の結果を受け取ったことを検証するために、ラボはその情報をどのように転送するか。
  • プロセスの複数のポイントでの識別検証について考える必要がある。 ラボは、旅行用に標準化された適切な方法で個人のIDを検証したか?
  • そして、予防接種の観点からの課題の1つは、政府が国レベルから地方自治体に至るまで、できるだけ早く人々に予防接種を受けさせようと努力しているため、接種を受けた人たちに小さなカードを持たせることである。 そのカードを彼らに提供することになった基準は何だったか? そして、それは今後の予防接種の十分な証拠となるか? 予防接種を受けた人の正しい記録はすでに存在するか?

たぶん、準拠した方法でそれを行うには、他のタイプのテストが必要になるだろう。 まだ分からないが、それがどのように機能するかを確認する必要がある。

また、ラボとテスト結果の転送について述べたように、ここで話しているデータの種類に注意する必要があると思う。 最良の状況は、個人が自分のローカルな場所に自分のデータを保存している場合であり、旅行プロバイダーにとって重要なのは、安全に旅行できるという要件を満たしていることだけである。

 

Q: 明らかなポジティブな点は、我々全員が旅行に戻ることができるということである。 明らかな落とし穴はプライバシーの問題かもしれない。 他の良い点と悪い点は何か?

An obvious positive is we can all get back to travel. An obvious pitfall might be privacy issues. What are other positives and negatives?

使いやすさは、安全に旅行する人々の復帰の大きなプラスだ。 これらの種類のソリューションを使用すると、さまざまな場所で非常に効率が向上する。 チェックインデスクのカスタマーサービスエージェントと、XYZラボからの紙を検証するために彼らが何を行う必要があるかについて考える。 そして、これが正しい種類の文書であることをどうやって知るのか、そしてそれが正しい種類の検査であるかどうかを確認するために分類する ― 分子検査、PCR、抗原検査などに。 それは多くの作業と手作業であり、常に人為的ミスに遭遇する。 詐欺の可能性もある。 出張ではそれほど多くはないが、確かに悪意のある人物がいる。 効率性と不正の削減のためのこの種の恩恵は、健康パスポート発行に伴うプラスのいくつかである可能性があると思う。 より大きな文脈で、人々が適切な種類のアクセス権を持っていることを確認したいと思う。 参加するためのコストをゼロに保ち、ソリューションによって人々が取引を行い、業界をCOVID以前のレベルに戻すことができるようにしたいと確信している。

 

Q: これらすべてが、バイオメトリクスに関する現在の開発にどのように影響するか?

How does all this feed into current developments around biometrics?

デジタルアイデンティティのアイデアは、何年も前から話題になっている。 それに伴う複雑さと同意する必要のある種類のコミュニティは、IDと認証の標準に戻ることを要求する。 このシナリオは、私にとって、それを前進させるのに役立つ。 パンデミックが解決する前に、ユビキタスヘルスIDまたはパスポートがこの問題を本当に解決するかどうかは分からない。 現時点でそれを予測するのは難しいが、これらの要素のいくつかを前にそしてより速く進めることを願っている。 パスポートの写真は通常10年間続き年齢によっては、人間の目で写真を見てそれが誰であるかを明確に特定することが難しい場合がある。 おそらくそれを行うためのより良い方法があるのだろう。 この状況を、最終的に改善させるのに役立つ可能性がある。

 

Q: それで、パンデミックが消滅する前に「ユビキタスヘルスパスポート」を実現するためのスピードが必要なのではないか?

So, there is a need for speed here if the pandemic dies out before a "ubiquitous health passport" comes into play?

あなたは、証明書を発表しているプレーヤーの何人かについて言及した。 テスト要件を標準化する競争について考えると、ワクチン接種の資格情報が実際に標準になり、テストの標準化に費やされたすべての作業がうまくいくというワクチン接種の取り組みに十分な根拠があるかを予測するのは難しい。 次に、あなたは、このスペースに投資する意欲が何であるかを疑問視する。 それがうまくいく前に私がそこに投資しない可能性があると予想している場合、それは一種の議論に値しないこととなる。

 

Q: とにかく旅行管理のマージンが非常に狭いので、イノベーションのための資金はどこから来るのか、それはすでにそこにあるものからより多くを得るということか?

With margins so tight anyway in travel management, where does money for innovation come from, is it about getting more from what’s already there?

TMCの場合、我々は独自の戦略と、我々が最大の利益を得ると考える場所で非常に訓練されている必要がある。 我々は常に、我々の役割の外でイノベーションが常に起こると考えて来た。 内部で何をしようとしているのかだけを考えているのなら、それはナイーブな考え方である。 我々は常に革新的である他の人々と関わり、それらをどのように解決するかを探す必要がある。 この健康パスポートはその完璧な例だと思う。 自分の資金を投資して解決策を構築することもできるが、特定の政府や特定の航空会社がそれを受け入れないために、状況の10%でしか問題が解決しない場合、私は自分の資金を賢く使ったことにはならない。 他の人たちは、このスペース何が起こっているのか、誰が主導権を握っているように見えるのかなどに集中している。 そして、これらのより広範なソリューションが整ったらすぐに、適切な情報がどのように適切に配置されているかを確認し、そのソリューションと統合して、旅行者がそれを簡単に行えるようにする。

 

Q: ウイルスは、今対処する必要のある旅行管理プロセスの特定の要素を明らかにしたか? 多くの人が、デジタル化が加速していると言っているが、法人旅行の予約と管理で特に顕著になった領域はあるか?

Did the virus expose certain elements of the travel management process that now need to be addressed? Many people are saying digitalization has been accelerated, so are there areas in the booking and management of corporate travel that were particularly exposed?

必要性とこのまったく前例のない状況のために変更された一括キャンセルと返金プロセスに私は関与していない。 興味深いのは、最も基本的な信条(tenets)と多くの人的サービスへの迅速な対応(フォールバック)があったことである。 多くの企業が、人間との対話を快適にするためにオンライン予約からオフライン予約に切り替えるのを見た。 デジタルチャネルの流れは複雑で、まだ分散化が進んでいると言える。 NDCとそれがもたらす可能性のあるさらなる分散化について議論する余地があるかもしれない。 それらの問題はそこに存在し、そして特定の要素において、この状況はそれらを悪化させている。 時々はそれを解決するためにそれに、もっと焦点を合わせるために、物事を揺るがす必要がある。 そうでなければ、それは下に追いやられ、誰もが長い間いとわなくなるニュアンスまたは複雑さを受け入れて他の優先事項に目を向けることになる。 パンデミックのような状況にある時、それらのものはすぐに前面に出てきて中心になる。

 

Q: 業界が回復を見ている時、法人旅行の技術的な優先事項は何か?

What will be the tech priorities of corporate travel as the industry sees recovery?

プロセス全体に組み込む必要のある新しい情報とデータセットがたくさんある。 新しい承認プロセスが導入された。 我々はすでに、すべての目的地に旅行するための要件に関する情報を、すべてどこから来たのか、どのパスポートを持っているかに基づいて提供する必要がある。 人々は、出張を再開する方法を理解するために新しい情報を必要とするだろう。 多くのビジネス旅行者は一年中家にいて、この新しいスペースを経験していない。 それは、その多くの情報を取り入れ、革新と改善の機会がたくさんあった予約体験からそれを構築することである。 このダウンタイムで我々が目にしているのは、グローバルに、またはある市場から別の市場に拡大したい新しいツール、新規参入者、および既存の予約プロバイダーに焦点を当てているため、そこで多くの注目が集まると思う。 また、NDCスペースで前進することに引き続き焦点を当てる予定である。 これは、これら2つのことの間で準備する必要がある現実であり、旅行者への情報の流れの複雑さであり、そこに焦点が当てられる。 (2/3 https://bit.ly/3tpCdfT )

 

 

15. Kiwi.com、払戻しで苦情集中

オンライン旅行代理店のKiwi.comは、Better Business BureauBBB)に対する複数の苦情の対象となっており、そのほとんどは回答されていない。

この代理店は、COVID-19のために航空会社によってキャンセルされた航空券の払い戻しをしなかったと非難されている。 パンデミックによるリクエストの量が大量になり、払い戻しが遅れているというのがその理由だ。 BBBは、Kiwi.comを「苦情のパターン(“pattern of complaints”)」に指定した。 苦情の合計は114件で、そのうち99件は会社から回答されていない。 大部分は返金の未受領である。 問題が解決されない場合は、当局は苦情のパターンのレーティングを「D」から「F」の評価にする予定だ。 「苦情への回答は非常に重要であり、企業は良好なBBB評価を維持するために対応する必要がある」とBBBの全国スポークスマンは述べている*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。(2/4 https://bit.ly/3avicMg)

 

 

16. 世界航空旅客、史上最大減少、将来予約70%

2020年の世界の旅客輸送に関する国際航空運送協会(IATA)のレポートは、しばらくの間忘れることができないほどの最悪の数値を示している。 これは、航空旅行業界にとって歴史的に悪い年であった。 IATAよると、需要(RPK)は2019年の通年と比較して66%近く減少し、航空史上最も急激な航空旅客輸送の減少になった。 また、COVID感染率と関連する旅行制限が世界中の国々で変化し続けているため、消費者は一部の人が望んでいた方法で将来の旅行を予約できないでいる。 IATAによると、1月の将来の旅行の予約予測は、1年前と比較して70%減少し、「航空会社のキャッシュポジションにさらに圧力をかけ、予想される回復のタイミングに影響を与える可能性がある。 2020年には、国際旅客需要が最も急激に減少し、2019年の水準を75.6%下回った。 国内線需要は前年同期比48.8%減となった。 2021年のIATAのベースライン予測では、2020年の需要に対して50.4%の改善が予測されており、これにより業界は2019年のレベルの50.6%になる。 しかし、IATAは、新しいCOVIDバリアントのためにさらに厳しい制限が設けられた場合、需要は2020年の数値からわずか13%の改善に制限される可能性があり、通年では2019年のレベルの38%に相当すると警告する。 「政府は業界と協力して、ワクチン接種、検査、検証の基準を策定し、ウイルスの脅威が中和されれば国境が再開し、国際的な空の旅が再開できることを政府に強く求める」とIATA事務総長Alexandre de Juniacは語る。(2/4 https://bit.ly/3tqhybw )

 

 

17. Ixigo(印)、列車予約アプリConfirmtkt買収

Ixigoは、2015年に設立されたインドのオンライン列車検索および予約プラットフォームのConfirmtktの所有権を、非公開の現金とIxigo株で取得している。 両社は引き続き独立して運営する。 この契約は、フライト、電車、バスに焦点を当てるというインドのオンライン旅行代理店の2019年の決定と一致する。 Ixigoによると、COVID-19のパンデミックが発生する前は、2,500万人以上がインドで毎日電車に乗っており、80億ドルの市場になっている。 現在、封鎖が解除され、列車の運行が再開されているため、予約された列車の発券はCOVID以前のレベルに近いと両社は述べている。 IxigoConfirmtktを合わせると、インドには2億人近くのユーザーベースが存在する。 「IxigoConfirmtktの創設者はどちらも、列車のユーティリティと発券スペースを拡大するという情熱と焦点を共有している。 Confirmtktは、列車関連のユースケースに優れたプロダクト市場適合性とレーザーシャープフォーカスを備えた革新的で高成長の企業を構築した」とIxigoの創設者であるAloke BajpaiRajnish Kumarは声明で述べている。 「ユーザーベース、リソース、技術の専門知識を組み合わせて活用することで、インドを訪れる何百万人もの列車旅行者の体験を毎日向上させることができる。 統合されたエンティティの月間アクティブユーザー数は3,500万人になり、来年の我々の取り組みは、「次の10億人ユーザー」セグメントの成長を加速し、浸透を深めることである。」

Ixigoの創設者はConfirmtktの取締役会に加わり、Venture Catalystsを含むConfirmtktの既存の投資家たちは、取引の一環としてエクジットする。 水曜日のTwitterスレッドで、Bajpaiは、Ixigo2020年度(20194月から20203月)の収益は前年比で35%増加し、2020年度の総収益は「これまでに調達した一次資本(primary capital)の合計(Crunchbaseでは3,550万ドルと記載されている)を上回っている」と述べている。

Bajpaiによると、成功は2019年半ばに同社が下した「3つの変革的決定」にまでさかのぼる。 割引ではなく有機的でプロダクト革新主導の成長に焦点を当て、フルサービスのオンライン旅行代理店になり、「質素な考え方に戻る」から始まった。」 それはまた、Ixigoが飛行機、電車、バスに集中するために垂直構造を止めた時でもあった。 20203月、IxigoはスマートバスのスタートアップGogoBusの少数株式を取得した。 20207月、インドの航空会社および航空貨物オペレーターであるSpiceJetは、航空会社のeコマースソリューションを開発したIxigoの子会社であるTravenuesを買収した。 2007年創立のIxigoは、人工知能を使用して、ユーザーがパーソナライズされた推奨事項、取引、航空運賃の予測、列車の遅延情報、自動化されたカスタマーサービスを見つけるのを支援する。(2/4 https://bit.ly/2YLTxO3)

 

 

18. In The Big Chair – A. Krishnan, IBS Software

Q: あなたは2018年にIBS Softwareに参加したが、Microsoftを含むソフトウェアのバックグラウンドを有している。 旅行業界に惹かれた理由は何か?

You joined IBS Software in 2018, coming from a background in software, including at Microsoft. What drew you to the travel industry?

それは計画の一部ではなかった。 私がIBSに来た時、私は過去20年間をどのように要約するかという点で2つのことを持っていた。 1つはテクノロジー、特にソフトウェア。 その過程で、クラウドがレガシーソフトウェアの世界に影響を与えるという、私が2009年、2010年にいたMicrosoftのような会社で業界全体の大きな混乱(disruption)を目の当たりにした。 私は会社のあちこちに散らばっている小さなグループの一員であったが、今日ではAzureOffice 365として知られているこの新しいビジネスセットの構築と立ち上げを共同で担当していた。 それは当時わずかな収入であったが、今日、それはマイクロソフトにとって500億ドル規模のビジネスであり、一般的に、これが、彼らが正しい混乱(disruption)を経験した理由と見なされている。

【技術とともに】水平的なソフトで、顧客側からいろいろなバーティカルを見てきた。 従来のメディア企業が、コンテンツの消費はデバイス(マルチデバイス、デジタル、スクリーン)に行くという考えに頭を悩ませ、次に、メディアの変革を理解しなければならないというその潮流に乗って、スクランブルしてその変換を行うという事実を理解するようになった。 その中で、関係を持ったのが3年間私の顧客だったNetflixがあった。 彼らはDVDのレンタルからストリーミングを利用した250億ドルの事業に成長した。 小売業でも同様の変化を遂げているのを見た。 それをすべてまとめると、ある種の混乱が見られたような気がした。 類似のパターンがあって、同じことが何度も見られる。

IBSが最初に私に電話をかけて来た時、その会話の文脈で、私は旅行を掘り下げ始めた。 これは私が見たパターンであり、旅行部門は転換点(inflection point)を待っているように感じたが、傾向は非常に明確であった。 それは時間の問題であった。 IBSは、自分たちをそれに対する答えの一部であると位置づけていた。 したがって、勝者としてその混乱から抜け出すことを望んでいた顧客にとって、これは彼らがそこに到達するのを助けることができるソリューションセットになるだろう。 それが最初の電話をもっと長くし、最終的に私がIBSに参加することになった理由だ。

会社  IBSソフトウェア

ロケーション  シンガポール

ウェブサイト  https://www.ibsplc.com/

 

Q: あなたが見て来た他の業界と比較して、このデジタルトランスフォーメーション、このクラウドトランスフォーメーションと比較して、旅行であなたを驚かせた何かがあったか?

Compared to other industries that you've seen, this digital transformation, this cloud transformation, was there anything about travel that surprised you?

いいえ、私は裏返しに見ていた。 私は一生ビジネス旅行者であった。 旅行者として、私はカーテンの後ろに存在するものを認識していなかった。

一歩後退させて欲しい。 混乱についてのこの人気のある見方がある。 そのため、会社がそこに到達しなかった理由についての記事を読むと、「私たちは航海していた、すべてが順調だった ― それから」という言葉に沿った物語のように広く読まれている。 嵐があり、それからすべてのボートをひっくり返した大きな波があった。 それが失敗した理由である。」

それは物語になる傾向があるが、実際とは縁遠い。 混乱は決して津波ではない。 それは、転換点に達するまでしばらくの間の積み重になる、小さいながらも執拗な一連の変更である傾向がある。 沸騰したお湯の中のカエルは、既存企業を料理するという観点から混乱を説明するためのはるかに良い例えである。

例:私はしばらく小売業を営んでいた・・・2012年、米国の小売業は非常に好調であった。 投資家は、安定した成長するキャッシュフローの源泉と見なされていた実店舗の小売業者を買収していた。 ToysRUsは毎年5億ドル近くの現金を生み出していた。 5年後の2017年、破産法第11章を申請した小売業者が多く存在した。 1つの問題は、当時のヘッドラインを読んだ場合、その5年間で何か大きなことが起こったように聞こえるということであった。 起こったのはAmazonだ。 もっと広く言えば、起こったことは電子商取引であった。 しかし、eコマースは2012年から2017年の間に発生したものではない。 eコマースはすでに90年代後半のものであった。 Amazon1994年に設立された。 したがって、2012年に入ると、これらの健全なビジネスを運営していたすべての人々は、少なくとも10年以上にわたって一連の傾向が発生し、長い間勢いを増しているのを見て来たが、それを繰り返し見ても、我々はその上にいる、既存のビジネスは順調に進んでいる、我々は大丈夫だと言っていた。

2012年から2017年の間に起こったことは、その転換点(inflection point)がヒットしたということだ。 小売全体に占める米国のオンライン小売シェアは4倍になった。 その4倍、オンライン購入の急成長は、実店舗での小売のマージンを効果的に押しつぶし、全ての砂上の楼閣を崩壊させた。 そしてもちろん、我々が経験しているこの現在の危機は、その上にペダルを完全に置いただけだ。

旅行の話に戻ると、それは非常に似ていると思う。 旅行者としてのトレンドラインはかなり前から明らかだったと思う。 今日の平均的な旅行者は、20年前に旅行した人とはかなり異なって見える。 はるかにデジタル、ソーシャルに接続されている。 あなたはパーソナライズされた体験に慣れている。 あなたは一般的にあなたがあなたのニーズに応えるサービスのためのアプリケーションを期待する。 しかし、それは現代の旅行者の経験ではない。 あなたが空港に現れた時、あなたはまだ携帯にチケットを持っている男だがそれは時代遅れになりつつある。 その断絶(disconnect)はしばらくの間存在していた・・・どこかで提示された大きなフォントで、これらすべてのテーマについて話しているスライドデッキのセットを持っていない旅行会社は世界に存在しないと思う。 しかし、常に「我々はそれに到達する。 我々はこれを実行し、我々はそれをある程度のペースで行う」と高を括っていた。 COVIDが旅行業界にもたらしたのと同じくらい苦痛なこの混乱が行ったことは、そのタイムラインをその転換点まで短縮することだった。 我々は、いくつかの現実が、そうでなければ我々が言っていたいくつかのことが現実であると仮定して、この結論に達した。 何が意外だったのかという質問に戻ると、私にとっての切迫感は、私の期待に比べて時間的には遠いものだったと思う。

 

Q: COVIDにより、直面している他のすべての優先順位と予算の制約を考慮して、旅行ブランドがクラウドをどのように優先していると思うか?

With COVID, how are you seeing travel brands prioritize the cloud given all the other priorities and budget constraints they’re facing?

クラウドでは、あなたの施設で実行しているゴチャゴチャしたものをクラウドにドロップするのは一時しのぎであるため、この言葉を使用する時は常に注意が必要である。 それは何かをもたらすが、あなたがいきたい場所にはいけない。

去年の3月にビジネスの側面に戻ると、誰にとっても最初の、そして燃えるような必須事項は、次の10分間をどのように生き残るかということであった。

それはすべてコストに関するものであった。 次に、燃焼速度を以前の数分の1に減らす方法を理解したことで、いくつかのことが明らかになった。 それらが知られていないというわけではないが、それらの痛みは本当に感じられた。

1つは、旅行業界は一般に、多くの場合、数十年前に構築された、完全に構築、所有、運用されるソフトウェアを大量に維持していることである。 そのためのランニングコストは高かった。 長い間、「そうです、交換する必要があることはわかっているが、今のところは問題ない。 次の2年間は十分である」と言い訳して来た。 現在、これらのシステムに付随する高くて比較的柔軟性のないコスト構造は、ビジネスニーズに大きく不均衡であり問題である。

第二に、これらのシステムの多くは非常にサイロ化されている・・・人々はシステム間のギャップを埋めるために必要な手作業をしていることをほとんど忘れている。 そして、合理化する場所に戻って初めて、シームレスに接続されたプラットフォームがあるということは、ソフトウェアが単独で行うべき多くのことを人々が行う必要がないことを意味することに気づく。 まとめると、[COVID] 体験全体が人々に現実のものとなったのは、あなたに代わって機能している運用ソフトウェアに依存することの重要性であった。 それがSaaS [サービスとしてのソフトウェア] が行うことである。 SaaSのその概念は、以前は常に人々に説明しなければならなかったものであった。 なぜそれが良いことなのか。 それは、我々がこれほど明確に表現することはできなかった方法で現実になった ― 痛い方法で、私を誤解しないで欲しい。 それと真正面に向き合って、あなたが本当に物事を9ヶ月前にもっと速く動かすことを望んでいたならば、これらの決定はより簡単だっただろう。 それはほんの一面だ。 その差し迫った危機を乗り越えた後、ほとんどの顧客にとっての次の質問 ― 6月と7月頃 ― は・・・ある種の大幅に減少した定常状態(steady state)にぶつかった。 目の前にあるものをどのようにするのか? ソリューションプロバイダーとして、当社は航空貨物業界にサービスを提供するプラットフォームを持っており、基本的に航空貨物のバックエンドエンドツーエンドとして機能する。 我々はロイヤルティーのためにも同じことをする。 これらのセクターは両方とも、航空会社にとって引き続き収益性が存在する。 特に航空貨物は、これがヒットした時、誰もがオンラインに接続してすべてを注文することに決めた [これが出荷量を押し上げた]。 それで、航空貨物グループは、これを最大化する方法をすぐに考えていたか? どのジェット旅客機を貨物機として再利用できるか? その敏捷性とそれをビジネス用語で考え、それをシステムサポートに変換する能力は、現代とレガシーを本当に区別するものである。 過去9か月を経た顧客なら誰でも、[これらのソリューション] がないという苦痛を味わったと言うだろう。 または逆に、彼らがその移行を行った場合、彼らはそれから本当に恩恵を受けた。 優先事項に戻ると、COVIDが顧客に実現したことは、レガシーの大きな塊を所有、維持、運用することから逃れることである。 その傾向は加速すると思う。

第二に、ソフトウェアがより多くの仕事をし、人々のつまらない仕事をより少なくすることを期待する。 人々はその上にあることをするべきだ。 つまり、意思決定支援、最適化、レコメンデーションエンジン ― これは、すでに持っているデータの上にあるすべての機能である。

第三に、テクノロジーがビジネスの先を行くことを期待する。 あなたがやりたい新しいことを考える時、あなたが変えたいのは、コードプロダクトではなくビジネス側のルールだ。 それを行うためにプロダクトに依存することは、イノベーションの速度を維持する唯一の方法である。 旅行だけでなく、世界中のほとんどの人がCOVIDから確実に得た最も重要な経験のひとつは、パンデミックの最初の34か月で経験した変革だ。 これに驚かない会社を知らない。 総じて、我々がどれだけ速く動くことができるかについての証拠(proof point)がある。 この集合的な意志は、ビジネスを動かす力である。 これは、人々の心に残る証拠(proof point)になるはずだ。

 

Q: 12月、Amazon Web ServicesIBSソフトウェアを優先パートナーの1つに指名した。 この指定の重要性は何か?

In December, Amazon Web Services named IBS Software one of their preferred partners– what’s the significance of this designation?

我々はSaaSプロバイダーであるため、理想的には、我々の顧客はサービスを利用する側であり、データセンター、AmazonAzureGoogleのいずれであっても、サービスがどこにあるかを心配する必要はない。 我々はクラウドにとらわれていない。 それは我々が設計した方法であり、我々はそれについて考えている。 AWSには非常に大きなプレゼンスがあるが、正当な理由、顧客の理由、または地理的な地域のために、Azureまたは独自のデータセンターにあるものを継続する必要がある場合が存在するので、これは意図的なものである。 Amazonに戻ると、我々はすでに始まっていたかなりの足跡を持っており、私が参加する前にある程度そこに存在した。 確かに、私の入社と経歴以来、我々はそれを加速することに本当に焦点を合わせて来た。 クラウドプロバイダーの中で最大の関係となったのである。 Amazonは旅行業界について確かに同じことを見ている。 それは、正当化できないコスト構造に存在する大量のレガシーテクノロジーの存在だ。 彼らの立場からすると、旅行は計り知れないチャンスだと思う。 我々はたまたま旅行だけに集中していた。 多くの場合、我々が顧客と取引することの必然的な結果は、彼らがAmazonで間接的に終わり、我々のサービスを消費することである。 その [AWS Travel and Hospitality Competency] プログラムを正式化するために、すでに多くの相乗効果が存在した。 本当の意味で、それはいくつかのことを意味する。 まず、我々がしていることのために・・・それの使命の重要性のために、私の顧客は電話を取り、私に電話をかけることができる。 我々はアプリケーションの担当者と連絡を取り接続させることができることが必要だ。 そのレベルのサポートはAmazonから受けている。 問題が発生することはめったにないが、問題が発生した場合は、誰かを見つけ出してリアルタイムでその問題を把握することができる。 もう1つは、顧客の問題だ。 多くの場合、顧客はすでにAmazonと関係を持っている可能性がある。 顧客は、双方で何が起こっているのかをよく知っていれば、双方にメリットがある。 パートナーシップが整っている。 3つ目は、クラウドをどのように活用するかを常に検討していることである。 何を設計し、何を廃止し、どのコンポーネントを使用したか? したがって、そのアーキテクチャレベルでは、かなりの量のコンサルティングが我々に利用可能になる。

 

Q: 航空会社はNDCのどこにいて、2021年に入るときに多かれ少なかれそれに投資していると思うか?

Where are airlines at with NDC and do you see them investing more or less in it as they enter 2021?

これは、混乱(disruption)の時点に我々を戻す。 少し前に戻って、最初にGDSについて話そう。 今日の世界について話す時は泥だらけの会話なので、文脈を取り除けば、航空業界をゼロから始めて何も存在しないと少しだけ仮定して欲しい。 あなたは一組の専門家を部屋に連れて行き、「あなたに1週間あげる。 あなたの仕事は、旅行のプロバイダーからそれらのエクスペリエンスの最終的な買い手である乗客にチケットを受け取るための最良で最も効率的なメカニズムを設計することである」と言う。 それが使命であり、レガシーに関する限り心配する必要がなく、これをゼロからクリーンシートで設計した場合 ― 翌週の月曜日には、たくさんのプレゼンテーションがあり、チャートやスライドがプレゼンされる、そこには我々が知っているようなGDSの設計は存在しないと言って良いだろう。

だから、すぐに、コアバリュープロポジションは一つだけではないことに誰もが同意できる。 価値に関して存在する唯一の提案は、市場の慣性、数十年前に設計されたシステムを流れる既存のトラフィックのためである。 これが一つ。 では、次の質問は、理想はどのようなものかということだ。 月曜日の朝のプレゼンテーションに戻ると、詳細な議論は別にして、大まかに言って、エクスペリエンスを提供する人は顧客が誰であるかを知っておく必要があるという概念に沿っている。 彼らはその顧客を念頭に置いて最適化できるはずだ。 彼らは、その顧客プロファイルを念頭に置いてパッケージ化、バンドル、価格設定を行い、それらすべてを利用可能にして、エンドユーザーに公開できる必要がある。 これらは、NDCが利用可能にしようとしている概念である。 あなたが航空会社をエクスペリエンスの単純な小売業者として考えるならば、顧客のための核心がすべてのものである。 使用したい特定のフォーム、フォーマット、またはAPIについては常に意見の相違があるが、構造では歩むべき方向性についての本当の議論はないと思う・・・ GDSがなくなることは理解されている。 それは何時の問題であり、仮定の問題ではない。

第二に、プロバイダーとコンシューマーの間のより豊かなつながりの世界が起こらなければならない。 レジャー旅行、国内旅行など、特定の分野ではすでにそれが見られる。 ・・・大手の航空会社には、直接接続するさまざまなバージョンのNDCプログラムまたはパートナーが存在する。 その方向への動きの始まりが分かる。 しかし、混乱(disruption)に戻ると、これは裏返しにならない。 あなたは小さな一歩を踏み出し、がむしゃら(relentless)にならなければならない。 誰にでも私の推奨事項は、小さな一歩を踏み出すことだ ― あなたは小さな一歩を自分で決める ― そしてそれを立ち上げて実行すると、どんなに小さなものであっても、それを改善して拡張することにがむしゃらになる。 それが旅になる。

 

Q: IBSソフトウェアの場合、2021年と5年後、10年後の優先事項は何か?

For IBS Software, what are your priorities for 2021 as well as five, 10 years down the road?

我々の統治(governing)ビジョンは、SalesforceCRMスペースに何を表しているかを考えれば、旅行でもそれができると考えている。 それが我々の目指す道だ。・・・包括的で、シームレスで、統合され、常にオンであり、常に進化しているため、プロダクトは常にビジネスの先を行くものである。・・・それが我々の5年間の優先事項である。

 

Q: 旅行のスタートアップ創業者に何かアドバイスはあるか?

What advice do you have for startup founders in travel?

あなたがスタートアップなら、おそらくすでにMVPについて考えているだろう。 価値を示すために構築できる最低限のものは何か。 そこからどこに行けば、検証(validation)を受けることができるか? だからあなたのスキーであまり遠くに出ないで欲しい。 ほとんどの小規模の事業は、ロードマップであなたが望むよりも遠くに目を向ける傾向があり、それは注意すべきことの1つだと思う。 しかし、一般的に言って、あまり先に進まないということは、ほとんどのスタートアップに期待していることである。 今本当にチャンスがあるのは、顧客が、あなたが販売しているものを正確に探しているかもしれないし、探していないかもしれないが、彼らはあなたが彼らを助けることができれば彼らがあなたに連絡して来て、非常にオープンな方法で難しい問題を解決しようとしている。 これは常に当てはまるわけではない。 それは、困難な時期にいることの1つの利点である。 あなたが助けることができれば、あなたは歓迎されるだろう。 次の1218か月は、営業チームとアカウントチームに、数を増やすために必要となる可能性のある少しの義務を負わせるのに適した年である。彼らに自由に役立つ仕事をさせて欲しい。 その旅であなたは多くを学び、また関係を築くので、それらは将来あなたにとって貴重な資産となるだろう。 あなたの身になって考えれば、それは難しいことだ。 ほとんどのスタートアップは小規模のチームでありプレッシャーがあるが、異なる目標を設定し、人々に役立つ作業をできるようにすることは、それは旅行業界の誰にとっても大きな焦点になると思う。 第二に、誰かがあなたからコアコンピタンスである答えを喜んで受け入れる状況にいる場合、理想的には現金を燃やさないで、数週間または数ヶ月のそれより長くならない期間に顧客に価値を提供する。 それ以外は、大変な時期のように感じるが、実際の事業が立ち上がる時期でもある。 これらの次の12か月を経験する人なら誰でも、彼らがテストされたことを知っていると思う、そして彼らが顧客に対して何をするかが本当に重要である。(2/4 https://bit.ly/3rtFskJ )

 

 

19. 直言:ロードマップでスタータップの注意

おそらく、パンデミックが企業の運営能力にその痕跡を残し続けているため、期待が抑制された結果として、スタートアップの世界のレトリックが変化しているのかもしれない。 あるいは、これは経験豊富な大企業のCEOが、新しいビジネスにどのように役立つかを説明しているだけかもしれない(そしておそらく若い新興企業から自分の縄張りを保護している)。 いずれにせよ、2020年がスタートアップの戦略的ロードマップに対する考え方を永久にまたは一時的に変えた場合、またはAnand KrishnanIBS Software自身の立場への挑戦者を心配している場合、初心者(newbies)が彼らの可能性(prospects)についてもう少し現実的になることで、ある程度の安心感が得られるはずである。 このセクターは、2008年から2015年までのスタートアップシーンに遍在しているように見えるスタートアップからの「旅行が完全に壊れた ― 我々はそれを修正する」というメッセージの時代から(ほとんど)移行した。 これはおそらく、解決する必要のある問題の多くが、そもそも壊れていないことが原因の可能性がある。 あるいは、ほぼすべての業界のトップに非常に強力なブランドが登場したのかもしれない。 リアリズムは野心の欠如と見なされるべきではない ― 実際、新しいビジネスに何が可能であるかについての信憑性(authenticity)のタッチは、これらのより目の肥えた時代では、実を結ぶ見込みがほとんどないばかげた願望よりもスタートアップ内でより歓迎される特性だ。 おそらく、この野心(またはそれを取り巻くレトリック)の弱まりは、スタートアップが以前の強がりを取り戻し、業界が回復するにつれて、もう一度変わるだろう。 しかし、少しのリアリズムは大いに役立つ可能性がある ― それが長く続くかもしれない。(2/5 https://bit.ly/3jopZiP)

 

 

20. トリアドBokunJTBと提携

JTBは、Bokunと提携して、日本のツアー、アクティビティ、エクスペリエンスプロバイダーにビジネスを管理するためのツールを提供する。 Tripadvisorが所有するBokunと日本市場で最大の仲介業者であるJTBとのパートナーシップは、OTAやその他の売り手を通じて国内の幅広い事業者に流通接続を確立することを目的としている。 JTB Bokunは、国内のOTAとのツアーおよびアクティビティ技術プラットフォームによる最初のパートナーシップである。 JTB Bokunは、チャネル管理サービスに加えて、サプライヤの在庫管理ツールとして機能し、それぞれのWebサイトに予約および支払いツールを提供する。 今週のペアの共同声明によると、JTBはプラットフォームに「現地の専門知識と現地の言語サポート」を提供する。 Tripadvisorは、20184月にBokunを買収した。 これは、オペレーターがビジネスをオンラインにし、Webや仲介業者を介して予約を受け入れるのを支援するための幅広い戦略の一環である。(2/5 ttps://bit.ly/3twYVCQ)

 

 

21. Yatra、インド国内旅行回復

Yatraは、COVID-19の毎日の症例が減少し、ワクチンが展開されるにつれて、インドの国内旅行の回復が見られ始めている。 20201231日までの3か月間、オンライン旅行代理店の調整後収益は800万ドルに増加し、前四半期から60%増加したが、前年比では62%減少した。 航空券の調整後収益は、前四半期から69%増加し、前年同期比で58%減少し、600万ドルであった。

ホテルとパッケージは前四半期から141%増加して150万ドルになり、49%減少した。 総取扱高は、2019年の同時期の21,000万ドルに対し、7,900万ドル。 同社は、前四半期の400万ドルの損失と比較して、300万ドルの損失を計上した。 アナリストとの決算説明会で、共同創設者兼CEODhruv Shringiは、次のように述べている。 「調整後の収益が前四半期から61%増加したため、2020年を好調に終えた。 これはインドの国内旅行市場が回復していることを示している。 ベースが少額であるが、ホテルの予約は特に好調で、宿泊日数は連続して400%を超えている。」 同氏は、国内航空市場は12月の旅客輸送量で2019年レベルの56%であったが、供給はパンデミック前のレベルの80%に戻っていると付け加えている。 一方、国際航空の回復は遅い。 Yatraは、法人旅行事業も進展させており2021年の第3四半期に10件の新規契約を締結し、潜在的な顧客のパイプラインも拡大している。 Shringiはまた、6月にYatraが合併契約をキャンセルする決定をした後の、Ebixに対する訴訟手続きについても触れ、「Ebixの行為は契約の重要な条件に違反し、Yatraの取引を完了する能力を失望させた」と述べた。 9月、Yatraは、Ebixの特定の銀行に対する請求を拡大する修正訴状を提出し、「Ebixに対する請求には詐欺の請求が含まれている」と主張した。 公聴会は2021322日に予定されている。 Shringiは、Yatraには収益性を回復するのに十分な流動性があり、2021年第3四半期末には3,400万ドル、借方 (debit)11万ドルであると述べている。(2/5 https://bit.ly/3tzKQV2)

 

 

22. 完全払戻可Vレンタル、予約4.2倍増加

バケーションレンタルの所有者と管理者が、パンデミックにもかかわらず旅行を希望する、または旅行する必要がある人々からの予約を獲得しようと競う中、予約、支払い、チャネル管理、およびリストのソフトウェアのプロバイダーであるスウェーデンを拠点とするYour.rentalsからのデータは勝利戦略を明らかにする。 キャンセルの全額返金を提供するプロパティは、予約数と予約あたりの平均収益の両方を獲得するというのだ。 Your.rentalsは、主にヨーロッパだけでなく、ラテンアメリカと東南アジアの30,000以上の個人ホストと小規模なバケーションレンタル管理会社にソフトウェアを提供し、Booking.comVrboAirbnbTripadvisorなどに在庫を提供している。 6月、同社は全額返金可能な予約オプションを導入した。 つまり、チェックインの71430日前の特定の時間枠内にキャンセルした場合、ゲストはすべてのお金を取り戻すことができる。 Your.rentalsの共同創設者兼CEOAndrew Martynは、それ以降の実績データは「印象的」であり、予約の変換にはリベラルなキャンセルポリシーが重要であることを示していると言っている。 「1月は通常、ここヨーロッパでは予約のピーク月である・・・そして今週初めにデータを見ると、フリーのキャンセルポリシーの利用顧客は、昨年1月のCOVID前とほぼ同じ需要があることが判明した。 フリーのキャンセルポリシーのないものは、通常の需要の約23%を占めている。 これは非常に大きな違いであり、そのポリシーを設定するだけで、予約のコンバージョンが45倍向上する」とMartynは言う。

実際、フリーのキャンセルポリシーのあるリストは、Your.rentalsポートフォリオ全体のわずか25%を占めているが、現在2021年に行われたすべての予約の半分以上を占める。 Martynによると、全額返金可能な物件は予約のシェアを拡大しているだけでなく、予約あたりの収益も約18%増加している。 「ゲストは、これらのポリシーが提供するセキュリティに対して、より高い価格を喜んで支払うことがよくある。 ホストがこれを提供できない場合、ホストは価格で競争しなければならない可能性が高く、したがって予約あたりの収益が低くなる」と彼は言う。 そして、返金可能なリストの議論を強化するためのより多くのデータポイントが存在する。 Your.rentalsは、ゲストにこの自由を与えることは、そのようなキャンセルの劇的な上昇につながらないことを発見した。 2019年から現在までのデータを分析すると、全額返金可能な予約のキャンセル率は、部分的に返金可能な予約のキャンセル率よりもわずか1.31.5倍高くなっているに過ぎない。 さらに、これらのオプションでキャンセルされた予約の35%は、作成されてから1週間以内にキャンセルされるため、ホストはカレンダーでそれらの日付を再び販売できる。 このタイプの価格戦略の影響は、マーケティング戦術にも波及する可能性がある。 これは、予約数が多い物件は、オンライン旅行代理店や、掲載結果にパフォーマンスベースのランキングを使用するその他の販売チャネルの検索結果で上位に表示されるためだ。 「部分的に返金可能なポリシーを持っている人にとって、ゲストの魅力と可視性の両方の観点から、完全に返金可能なリストと競合する可能性がますます困難になるだろう」とMartynは言う。

 

ホストのためらい  Host hesitation

しかし、ホストとプロパティマネージャーは、キャンセルの全額返金を保証することについてどのように感じているか? 「確かにかなりの反発がある」とMartynは言う。 「顧客から返ってきたメッセージは、 『リスクを冒す余裕があるかどうか分からない』というものだ。 彼らの言っていることは理解できる。 フリーのキャンセルで予約すれば、ゲストは保険に加入していることになるが、私にはその保険は存在しない。彼らはそれが公正なバランスであるとは感じていない。 それがここで克服すべき重要な問題である。」 Your.rentalsの顧客の中には、全額返金するのではなく、リストを削除することを選択した人もいる。 しかし、Nordic HousingPeter Sarvariのような他の人々は、返金可能なオプションが定着していると言う。 「メリットはリスクを上回る」とSarvariは言う。 「当社は、部分的に返金可能および返金不可の料金を提供している。 返金不可の料金は最も安く、COVID以前は本当にうまく機能していた。 しかし、現在、そのオプションを選択する人は多くない。」 SarvariMartynはどちらも、このデュアルオファーの概念を期待しており、ゲストが低料金で返金不可の予約を選択できるようにするか、高額で部分的または全額返金可能な予約を選択できるようにすることで、バケーションレンタルセクターでもこれが伝統的なホテルと同様にすぐに一般的になるだろう。 「あなたは実際にゲストに決定を委ねることになり、そしてそれからプロパティマネージャーはいくらかの保険を持っている ― 彼らは全額返金可能な[リスト]のキャンセルをカバーするのに役立つより高い価格を持っているか、保証付きの通常の価格を持っている。 これは非常に強く長期的に成功していると私が信じていることである」とMartynは言う。 「とにかくそれはこのように進んで来た、そしてCOVIDはちょうどそれを非常に速くさせた。 これに全面的に取り組み、価格設定の方法を理解する先見の明のあるプロパティマネージャーが増えるため、実際には、デュアルオファーを提供し、ゲストにより多くの選択肢を提供することで利益を得ることができる。 これを学び、採用する人は、ゲストにとってより競争力のあるオファーを提供するだろう。」(2/5 https://bit.ly/2O70Hdv )

 

 

23. 21日の週の資金調達ニュース

·         Rad Power Bikes1.5億円調達

電動自転車会社のRad Power Bikesは、イノベーションを推進し、小売およびサービスの提供を拡大するために15,000万ドルを調達した。 Counterpoint GlobalMorgan Stanley)、Fidelity ManagementResearch CompanyRise FundT. Rowe Price Associatesからアドバイスを受けたファンドとアカウントがラウンドに参加し、既存の投資家であるDurable Capital Partners LPVulcan Capitalも参加した。 NPD Groupによると、人々がアクセス可能でエネルギー効率の高い移動方法を模索しているため、電動自転車の売上は2014年以来8倍増加した。 COVID-19のパンデミックは、さらに多くの消費者が別の交通手段を求めているため、この傾向を拡大させている。 シアトルを拠点とするRad Power Bikesは、e-bikeを直接消費者に販売しており、北米で主要な存在感を示している。 同社は新しい資金を使用して、ヨーロッパおよび世界中で事業を拡大する。 Rad Power Bikesは、電動自転車の販売に加えて、カスタマーサポートチーム、オンラインセルフサービスツール、専用ショールーム、およびそのローカルサービスパートナーネットワークなどのサービスも提供している。 新しい投資は、2021年末までに米国の顧客の75%をカバーする予定の地元の小売およびサービスネットワークの拡大を加速するのに役立つと述べている。 2007年に設立されたRad Power Bikesは、米国で最大の電動自転車ブランドであると主張している。 2020年には、増大する消費者の需要に対応するために従業員数を325人に増やし、今年はチームの規模を2倍にする予定。 現在、11の電動自転車モデルを提供しており、ネットワークの一部として30か国以上で20万人以上のライダーと数千の商用オペレーターを数える。

Rad Power Bikesは、12月に130万ポンドをクラウドファンディングしたHuman Forestや、10月に1500万ユーロのシリーズAラウンドを調達したドイツを拠点とするDANCEなど、大流行の中で投資を集めている他のe-bikeサービスに参加している。(2/5 https://bit.ly/3cINMJa )

 

+++++

 

 

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

各国航空会社のコロナ禍への対応