海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021年2月8日

TD海外事情 21日号

 

20. 法人旅行の新世界、出張者のウエルビーイング優先」のウエルビーイングとは、一体何を意味するのだろうか?

辞書には; wellbeing=健康で安心なこと、満足できる生活状態、福祉(welfare)、福利、幸福と出て来る。

・・・いろいろな訳語が出てきて戸惑う。

Wikipediaには; ウェルビーイング(英:Well-being、英:wellbeing、英:wellness、ウェルネス)とは、個人またはグループの状態(コンディション)を指す概念である。 つまり、あるウェルビーイングが高レベルの時、その状態(コンディション)は良好であることを意味するようになる。 あえてここで変な英語を変な日本語に訳すとウェルビーイングは「良好性」や「良好性状態」(ただし良好であるとは限らず)となる。

・・・変な英語なのだから変な日本語訳になる?

 

ここに出て来るウエルネスもイマイチよく分からない。 前出のWikipediaには1948年のWHO(世界保健機構)の次の定義から生まれた言葉だと解説する。 このくだりを以下にコピペする。

元々は、1948年にWHO(世界保健機関)が出した憲章において、

直訳:「健康とは、身体面、精神面、社会面における、すべての well-being(良好-性)の状況を指し、単に病気・病弱でない事とは意味しない」

“Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.” という文があり、"well-being"というのが「変な英語表現」でもあったため、そこから逆にインスパイアされ、欧米においてウェルビーイングやウェルネスという言葉が「身体だけではなく、精神面・社会面も含めた新たな"健康"」を意味する単語として使われるようになり、その後の健康ブームにも乗って広まっていった。

 

このウェルビーイングという言葉は、簡単に言ってしまえば「全て良好」ということなのか。 そうであれば、この記事の「出張者のウエルビーイング優先」とは、少々大げさな表現と感じてしまう。 COVID-19が、ウエルネスを完膚なきまでに奪い去ってしまっているこのタイミングで、出張者のウエルビーイングとは・・・なんとも時勢になじまない。

 

要すれば、パンデミック危機の時代では、(そうでなくても)、企業のトラベルマネジャーは、サプライヤーとの値決め交渉一辺倒で割引率ばかりに注目しないで、もっと出張者の安心と安全に気を配れと言っているのだ。 出張者は、企業にとってのもう一人の顧客であると考えれば、これは極めて当然なことだ。

 

ZOOM会議が世界で利用されている。 ZOOMの株価は、129372ドルをつけ、1年前の株価の14倍に跳ね上がっている。 時価総額は11.3兆円だ。

 

企業は、これからは実際の面談交渉がマスト必要なのか?と問う、出張承認基準の再考を求められるだろう。 企業の経費削減の思惑も介在して、Bill Gatesが予言した「出張半減」とはならないないまでも、法人旅行のある程度の減少は必至となる。

Source: Yahoo Finance

 

ウエルネスツーリズムという言葉も、最近ちらほら目につく。

Ideasforgood.comによれば、「森林浴、温泉、ヨガ、ヘルシー食などを取り入れた、心と体の健康維持を目的に行われる観光のことである」となる。

1. 持続可能性 2.0、会話型トラベルテック」が言っている通り、ツーリズムにもサステイナビリティーが要求されているのだから、ポストパンデミックの旅行のニューノーマルには、ウエルネスツーリズムもメジャーな旅行形態となるのだろうか。 出張旅行の減少を、ウエルネスツーリズムが補ってくれることを期待したい。

(編集人) 

 

目次

1. 持続可能性 2.0、会話型トラベルテック

2. 国内線、一部市場でリバウンド

3. 航空会社、4月の予約に期待

4. 新旅行者の旅行計画について知る                     125日週第4位閲覧

5. ホスピタリティ体験ベースのテクノロジープロダクト

6. Alliance Reservations Network、グループ予約テック立上げ

7. Klook2億ドル資金調達

8. 航空会社流通の次? IATA小売ビジョン追求か         125日週第2位閲覧

9. スタータップステージ、MakeYourTripBetter

10. ユナイテッド航空のCOVIDアプリ

11. トラベルマネジャーのCOVID-19対応                  125日週第1位閲覧

12. StayNTouchCEO

13. Trekksoft2020年パンデミックで30%減収

14. 短期レンタル需要スランプ、目的地市場がブライトスポット

15. トラベルアプリ、2020年の利用状況                    125日週第3位閲覧

16. Webinar Connected trip

17. トリアド、アマゾンでバーチャル目的地

18. 直言:旅行者の安全安心確認が予約の真の動機付け

19. ハーリー王子Travlyst連合復帰、業界の協調を協調

20. 法人旅行新世界、出張者ウエルビーイング優先       125日週第5位閲覧

21. 125日の週の資金調達記事

 

 

           11

1. 持続可能性 2.0、会話型トラベルテック

旅行は世界で最も古い産業の1つ。 フランスの洞窟から休息とリラクゼーションのためのローマの温泉、貿易を求めて旅をする商人にサービスを提供する最初のホテルまで、ホスピタリティ業界の歴史は数千年に及ぶ。 その歴史を考えると、旅行は起業家精神の原動力であった ― 「起業家」という言葉が存在するずっと前から。 現代の「起業家」はホスピタリティーを新たな高みへと導き、旅行は現代の生活の不可欠な部分になった。 これは成長と利益の象徴である。 ソーシャルメディアは消費者行動の変化を促進し、ミレニアル世代の旅行者の間で新しい競争を開始した。 企業旅行からレジャー探検まで、旅行は今やミレニアル世代の予算の一部であり、支出である。 バジェット旅行者が理想的な取引を探しているので、インセンティブと特典は非常に求められている。 すべての興味に基づく活動は、同じような興味のある人々を集め、彼らに勝利の経験を提供するために会社を形成した。

 

より大きく、より良く、より多く。どんな犠牲を払っても成長

Bigger, better, more. Growth at all costs

成長は、環境と社会の両方に課題を与えた。 営利組織ではなく政府が、旅行のコストとその環境への影響にハイライトを当て始めた。 我々は意識的な旅行者の台頭を目の当たりにし、彼らは、人々を場所から場所へと狂ったペースで移動させることに基づいて構築された業界の環境破壊を不快に認識した。 最後に、過去2年間で、持続可能性は旅行業界の主流の会話となり、Sustainability 1.0は旅行の環境への影響に焦点を当て、観光公害が地域社会や生態系にもたらした被害を回復するのに役立つソリューションの構築をブランドに促した。

アイスランド、クロアチア、ヴェネツィアは、政府が旅行者を制限するために介入しなければならなかった完璧な例である。 パンデミックにより、旅行業界はひどく停止した。 パンデミックは世界中で5,000万人以上の雇用を一掃し、過去10年間の進歩のほとんどを無効にしてしまった。 この関心と可能性を再び飛躍させるために、政府と業界全体は、持続可能性の目標だけでなく、持続可能性に対するビジョンも再考する必要がある。 今こそSustainability 2.0と、それが今後10年間の旅行にとって何を意味するのかを検討する時だ。

 

Sustainability 2.0が機能する理由

Why Sustainability 2.0 will work

旅行が我々の環境に与える影響を無視し、周りの会話、温室ガス、地域文化の保護、天然資源の保護に関与しないことは非常に問題である。 Sustainability 1.0のコアコンセプトは、旅行会社と旅行者が責任を持って行動することであったが、それは利益を度外視したものだった。 Sustainability 1.0は以下に焦点を当てている:

(1.) 温室効果ガスの削減。 地球の温暖化を遅らせるために、燃料効率と全体的な排出量の削減に焦点を当てている。

(2.) 地域文化の保存。 過剰観光と地元文化の破壊の影響を緩和することに焦点を当てている。

(3.) 天然資源の保護。 地球全体で資源がどのように栽培され維持されているかを管理することに焦点を当てている。

消費者にアピールするために、ほとんどの企業は「グリーン」な側面に焦点を合わせた。 彼らは、削減、維持、保全に向けた取り組みを強調したが、これにはコストがかかり、利益率と最終的には株主の富に影響を及ぼし、企業は積極的に投資し、結果として将来に投資する必要があった。 それでも、環境意識の観点から、世界を必要な場所に到達させるだけでは十分ではない。 グローバルレベルで真の変化を維持するには、環境と経済の持続可能性の相互関係を理解する必要がある。

SustainabilityまたはSustainability2.0を入力しろ。

基本的な信念は、上昇の波がすべてのボートを持ち上げるということだ。Sustainability 2.0では、人口の長寿を保証し、地球を保護し、探検への渇望が続く健康的な環境で、雇用を創出し、旅行を促進するビジネスの成長を推進する。

 

Sustainability 2.0には4つの柱がある。

(1.) 持続可能な経済。 経済は我々のエンジンであり、それ自体が持続可能でなければならない。 パンデミックの最中に見たように、人々が経済的に苦労している時、長期的な持続可能性に投資することははるかに難しいかもしれない。

(2.) 雇用の創出。 持続可能な経済は雇用創出も促進する。

(3.) 包括的(inclusive)開発。 多くの場合、システムはリッチでパワフルな方向に傾いている。 Sustainability 2.0開発は、社会のすべての層に関与するリストラによって持続可能な経済の中で雇用を創出するために包括的でなければならない。

(4.) 個人を保護する。 最後に、我々はまた、希薄または不確実ではないまともな生活を楽しむために個人の権利を保護しなければならない。

問題は、これら4つすべてをどのように推進するかということである。 グローバルなエージェンシーや業界団体が適切なバランスをとろうとしているが、このビジョンを実現するための基盤の1つは、持続可能なテクノロジーエコシステムへの投資である。 このシステムは、より多くのホテルの客室を可能な限り高い価格で販売するだけでなく、すべての地域で平等に開発を推進する。 Sustainability 2.0は、迅速な反復であり、機敏であり、生き残るためだけでなく長期的に繁栄するための道を見つけることである。 長期的な経済的実行可能性を維持するために、企業はビジネス戦略だけでなく、テクノロジー主導のソリューションも再検討する必要がある。 世界の機関は、持続可能性を実現する上でのテクノロジーの重要性を認識している。 そのため、2020年にUNWTOは、経済的繁栄と雇用の創出を推進することで観光を正常化するのに役立つソリューションのリストを発表した。 RateGainSmart Distributionは勝者の1つであり、包括的な成長を推進するソリューションを構築するという当社の戦略を実証している。 持続可能性イニシアチブを決定付けるもう1つの側面は、データの保存と処理のプロセスの透過性に関連するデジタル持続可能性である。 各個人が機密データへのアクセスを提供するため、事業を運営している国や統治国は、個人だけでなく企業への脅威を最小限に抑えながら、データが安全であり、国境内でアクセスできるようにすることに焦点を当てる必要がある。 より多くの企業がクラウドに移行し、ホスティングコストを削減しようとしている技術プロバイダーがさらに増えるにつれ、購入者はデータの保存方法と保存場所を評価することが重要になる。

 

技術を購入するための新しいレンズ ― 実行可能・機敏・スケーラブル

A new lens for buying tech - Viable. Nimble. Scalable

では、Sustainability 2.0は、旅行技術を購入する人々にとって何を意味するのであろうか。 COVID-19が我々に何かを教えてくれたとしたら、それは危機の中でも運用をサポートする上で明確な価値と安定性を持っている技術パートナーを探すことである。 したがって、ほとんどの技術バイヤーは彼らに提供されるROIを見て、調達チームが即座の割引を求め財政規律を見ることは、中心的な考慮事項として技術仕様と並んで座るべきである。 この「財政のDNA」は、ここにとどまり、嵐を乗り切ることができる人々を区別する。 積極的なトップラインの成長と資金調達はメディアの見出しを獲得する可能性がある。 ただし、急激な成長は、危機の際に業務を維持するための深さと安全性を提供しない。

自問してみて欲しい:

1     あなたのパートナーは回復力がるか?

2     彼らは長期的にあなたのためにそこに存在するか?

3     彼らはあなたに、顧客のために問題を解決することに基づいて構築された操作を実行しているか?

4     彼らは大幅な割引を提供することにより、長期的な実行可能性よりも短期的な成長を追求しているか?

これらの質問は、長期的な視野を持ち、同じことを行うパートナーと連携する組織にとって、Sustainability 2.0の基礎を形成する。

そして、それは商業およびマーケティングチームにとっての今日の危機の希望の兆しである。 長い目で見て、最終的にあなたのために働くテキストスタックを構築する一生に一度の機会である。 長い視野を共有するパートナーに向けて一連の技術スタックのバランスを取り直す時は、次の3つの点に注意して欲しい。

  1. 特異な問題を解決しないで欲しい。 利益主導のエコシステムの構築を検討する
  2. 割引や短期的な成長よりもスケーラビリティを優先する
  3. データのアクセシビリティとストレージについて難しい質問をする

驚いてはいられない。 実際、我々は皆、驚きに疲れ果ててうんざりしている。 長期的な価値と敏捷性を提供するプロダクトにより、我々は今日のゲストエクスペリエンスを向上させ、今後数年間ブランドの評判を維持する。 チャールズ・ダーウィンがかつて言ったように、「生き残るのは最強の種でも、生き残るのに最も賢い種でもない。 変化に最も適応できるのがそれである。」 しかし、ダーウィンの理論は、人類の歴史的な旅が今日と明日にどのように影響するかを確立するための小さな一歩に過ぎなかった。 2021年の最初の2週間にすべてが起こった訳ではないが、我々はテクノロジーが今日果たす役割を本当に理解している。 明日を定義する上で、我々が愛する旅行業界にとって持続可能なものにするために確実に移行しょう。

著者: Harmeet Singhは、RateGainCEO(1/25 https://bit.ly/3sWvY2U )

 

 

2. 国内線、一部市場でリバウンド

国内線航空旅行市場トップ106か月の見通しは、少なくとも自国内の目的地に向かうという点で、消費者が空に戻ることへの自信を示している。 ForwardKeysが提供したデータによると、たとえばロシアでは、今年11日の時点で発行された国内旅行のチケットは、すでに2020年のレベルの77%になっている。 その他の強力な市場には、メキシコ(66%)とブラジル(57%)がある。 後者は、確認された感染症例数で、世界で3番目に被害が大きかった国である。 ForwardKeysによると、今年、国内予約の開始が鈍い国には、カナダ(19%)、インドネシア(15%)、日本(14%)が含まれる。 現在、米国では2020年以降の国内チケット総数の約3分の1が回復しており、インドも同様のレベル(37%)である。 ForwardKeysによると、2020年初頭の大量ロックダウンの措置を受けて最初に回復した中国の国内航空市場は、さらに回復する可能性が高いとのことである。 ForwardKeysの中国専門家であるNan Daiは、「間際予約が重要な機能の1つであり、ほとんどのチケットは中国旅行の4日前までに発行されるため、状況は改善する可能性がある」と述べている。(1/25 https://bit.ly/3iMYKOX )

 

 

3. 航空会社、4月の予約に期待

航空会社は、現在の財政難を食い止めるために、イースター前後の予約増額に賭けている。 業界の専門家によると、現在のトラフィックレベルは非常に低いが、年の最初の数か月はトラフィックの観点から伝統的に重要ではない。 最近のCAPA Liveイベントで、Davy ResearchシニアエクイティアナリストであるStephen Furlongは「すべての航空会社は本当に休止状態にある。 焦点は、夏のシーズンにキャッシュフローをもたらすことができるかどうかにかかっている。 航空業界にとって、21年の夏のシーズンの需要があることは非常に重要だ。それがないと、より多くの混乱と鈍化の失敗が発生するからだ」と述べる。 マーケットインテリジェンス企業からのコンセンサスは、地域の規制に関する継続的な不確実性が旅行者の信頼に影響を与えているというものである。 CAPA Liveイベントでも講演を行っていたBernstein Researchのマネージングディレクター兼シニアアナリストであるDaniel Roeskaは、次のように述べている。 「これは間違いなく前例のない規模である。 9/11で、我々は運航している航空機を数え、それらがどこにあるかを見つけようとし、当時のルフトハンザの供給がマイナス10%・・・などについて話していた。 しかし、これらすべてを長期的な時系列に置くと、過去の不況の動きすら見ることができない多くのトラフィックを失ってしまった。 封鎖されたヨーロッパの現在の環境、ワクチンの流通に関する不確実性の継続、そして通常の旅行パターンに似たものにどれだけ早く戻るかの懸念によって、この時点で人々は予約できなくなる」と彼は語る。 ただし、Sojernは、最新のヨーロッパのアップデートで、検索と予約の量が20204月のレベルまで下がるとは考えていないと述べている。 同社によれば、1月には4月からの出発日のフライト検索で関心が高まっているという。 Tripadvisorの調査は同様の傾向を反映しており、レビューの巨人は1月の第1週に、ドイツと英国の両方のホテルクリッカーの85%が2021年後半に国際的な休息の旅を計画していることを明らかにした。 国内旅行も、Tripadvisorのホテルクリッカーの70%が将来の国内休暇を予約することで、引き続き好調であると付け加えている。(1/25 https://bit.ly/3ojmHhC )

 

 

4. 新旅行者の旅行計画について知る

旅行業界の誰もが、COVID-19パンデミックが本質的でない旅行をひどく停止させたことを知っている。 そして、その傾向は今後数ヶ月続くだろう。 実際、推定によると、旅行業界は、空の旅の消滅のために2021年に最大3,180億ドルを失う可能性がある。 感染が急増し続けるにつれて、旅行者はスーツケースを再びパッキングすることを躊躇し、業界は予約を刺激するのに苦労している。 しかし、希望がちらりと見える。 最近のPhocuswrightのレポートによると、旅行者は短期間の旅行について慎重に楽観的であり、ほとんどの人は2021年の予約を検討している。 ただし、健康と安全、医療へのアクセス、検疫要件を優先させている。 旅行業界は確かに検疫義務を予測することはできないが、企業は顧客の条件を満たすことで需要に応じて創出することができる。 夢想家を旅行者に変えるためにブランドがとることができる重要なステップは次のとおりである。

 

新しい(バジェットの)旅行者予約のすべてのステップに参加して欲しい

Be there for every step of the new (on-a-budget) booking journey

COVID-19のパンデミックは、旅行者の旅全体を変えた。 現在、旅行の計画はより早く開始されるが、旅行者は出発日の近くまで予約するのを待っている。 以前は自発的な旅行者(spontaneous travelers)はそれほど頻繁に予約しておらず、55歳以上の旅行者はもはや旅行日の十分前に旅行を予約していない。 COVID前の予約期間を維持することを期待している旅行者はほんの一握りである。 つまり、旅行会社は継続的に更新される情報を提供し、厳しい予約期間に備える必要がある。 ほとんどの旅行者は同じプラットフォームを使用して予約を続けるため、プロバイダーはすべての情報と料金がすべてのマーケティングおよび流通チャネルで最新であることを確認する必要がある。 タイムラインの変更に加えて、特に1834歳のグループで予算が減少した。 バジェット重視の旅行者は、より手頃な目的地でより短い旅行を予約し、2638%の旅行者はアトラクションと目的地での活動を削減している。 より倹約的な旅行者の価値を高めることに焦点を合わせながら、これらの新しいタイムラインに沿ってキャンペーンを構築するのはブランド次第である。 あらゆる段階で彼らの要望やニーズを理解することは、回復を加速するだけでなく、将来の顧客のロイヤルティを勝ち取るだろう。

 

今日は国内旅行者、明日は海外旅行者を頻繁に呼び込め

Woo frequent domestic travelers today and international tomorrow

多くの旅行者が旅に出る計画を立てているが、今のところ家の近場の旅行に限っている。 なじみのない医療制度、規制、立ち往生の恐れがあるため、国境を越える準備が整っていないのだ。 旅行者の4人に1人はすでに国内旅行の準備ができており、10人に9人は来年中に準備ができているため、ブランドはローカル市場に早急に注力する必要がある。 ただし、長期的なイニシアチブは依然として海外旅行を促進するはずだ。 ヨーロッパでは、旅行者の6173%が20217月までに海外旅行に出かけるだろう。 制限が解除されると、頻繁に旅行する人、または2019年に3回以上旅行した人が、最初に冒険に出かける。 海外へ行くのをためらっているが、旅行者はさまざまな種類の目的地に行くことに積極的だ。 小さな町や田舎の目的地が一番の選択だが、都市部や郊外の休暇は今後6か月以内により人気が高くなる。 旅行者が考慮する最大の要因は、ワクチンが利用可能であっても、選択した目的地での感染率だ。 安全性を超えて、旅行者は検疫の義務が解除されるのも待っている。

 

それを綴る  Spell it out

旅行者が快適に過ごせるようにすることが、予約を促進するための鍵となる。 健康プロトコル、政府の勧告、国境開放などの正式な方針は、旅行が安全であることを示す。 健康と安全のプロトコルに加えて、損することは潜在的な旅行者にとって最大の懸念である。 柔軟性が重要であり、すべての市場の旅行者の8392%が、払い戻し、キャンセル、再予約オプションに関する明確で見つけやすい情報を求めている。 明確な予約情報に加えて、旅行者は、清掃、衛生、PPEの要件などの安全性についても通知を受ける必要がある。 明確で詳細な資料を提供することで、旅行者はあらゆる段階で快適に感じることができる。 予約から滞在までの期間は、快適さと自信を築くための明確な機会を生み出すことを忘れないで欲しい。 電子メールやインスタントメッセージングなどの11のチャネルを活用して、関連するローカルアップデートやアイデアを提供し、今後の訪問を安全でユニークなものにするようにして欲しい。

 

期待された以上の仕事をする  Go to the extra mile

ホスピタリティ業界の「ホスピタリティ」の部分を強調するのにこれほど良い時期はない。 旅行者の59%は、旅行会社が新しいCOVIDポリシーを制定する際に保健当局に相談したのかどうかを知りたがっている。 ガイドラインに従い、旅行者はスタッフや他の旅行者にフェイスマスクの着用、検温チェック、閉鎖区域内の密集の減少、および厳しい衛生プロトコルの適用を望んでいる。 ベースライン測定値は優れた統計だが、今こそそれを超えていく時である。 ホテル、航空会社、アトラクションは、ゲストにPPEを提供し、アプリ内の部屋の鍵などの非接触型対策を導入する必要がある。 さらに、旅行者は、エアフィルターが輸送機関に不可欠であり、アトラクションへの入場時間制限をより快適に感じると信じている。 旅行ブランドは、オンサイトのカスタマージャーニーのすべてのステップを評価して、最も親切で安全な足を踏み出していることを確認する必要がある。 世界的な大流行から立ち直ることは、旅行業界がこれまで直面した最大の課題である。 しかし、良いニュースは、旅行者が安全になったらすぐに探索に戻りたいということである。 COVIDに配慮した措置を講じることにより、旅行ブランドは安全で親切な体験で回復への道を開くことができる。

著者: Kurt Weinsheimerは、Sojernのチーフソリューションオフィサー。

(1/25 https://bit.ly/3ccCRab )

 

 

5. ホスピタリティ体験ベースのテクノロジープロダクト

最も成功したホテルのリーダーは、一番下から始めて、上に向かって進んでいく。 最大のホテルブランドや管理会社のCEOと話すと、彼らの多くがホテルの食器洗いやベルボーイとして始まったことが分かる。 たぶん、両親の片方または両方がホスピタリティで働いていて、ホテルの部屋やホテルのロビーで多くの時間を過ごして、そこらをたくさん動き回っていたのだろう。 キャリアパスを選択する番になるまでに、ビジネスの内外が体に根付いていた。 ゲストの世話はすでに後天的な性癖になっていた。 部外者はなかなかうまくいかないことがあるが、これはテクノロジーの新興企業でよく見られる。 多くの信じられないほどスマートで革新的なテクノロジーの創設者は、ホスピタリティにおけるデジタルトランスフォーメーションの必要性を認識しているが、ビジネスの深い複雑さを理解していない。

ホスピタリティを変革する目的で優れたプロダクトが導入されたが、創設者がホテル運営の重要な内部の仕組みを理解していなかったため、最初の数年で失敗してしまう。 幼い頃からホテルと関係があり、従業員を真に大切にしている素晴らしいホスピタリティ企業で私のキャリアをスタートできたことは非常に幸運であった。 私は21歳でReneson Hotelsのフロントデスクマネージャーとしてスタートし、20年後、現在は最高執行責任者として7つのホテルを監督している。 雇用主や従業員からのロイヤルティを得るのが難しい今日の労働市場において、Reneson内で自分のキャリアを築いたことは非常に幸運だと思う。 初日から、Renesonはゲストを最優先することの重要性を私に教えてくれた。 我々のルールは、ゲストの100%が幸せを感じてチェックアウトし、フロントデスクのエージェントからメンテナンス作業員、ハウスキーパーに至るまで、すべての従業員がそれを確実に実行できるようにすることである。 そのため、今日、7つのホテルのうち6つは、ゲスト満足度スコアの点でそれぞれのブランドファミリーの上位10%に含まれている。

この経験と労働倫理のすべてが、非接触型ゲストのコミュニケーションと社内のワークフロー管理を組み合わせたゲストエクスペリエンスプラットフォームであるGuestEQを構築して立ち上げた理由である。 Renesonで指導的立場に就くと、我々が不足している分野を直接目にした。 ゼネラルマネージャーがスタッフとリアルタイムでコミュニケーションをとるのに苦労しているのを見て、ゲストのフラストレーションにつながる小さなことを拾い上げた。

私はGuestEQのアイデアをRenesonに持ち込み、彼らが、我々の日常業務の多くを簡素化するツールの開発を完全にサポートしてくれたのは幸運であった。 今日、GuestEQは、ホテルのスタッフがゲストと、そしてお互いにコミュニケーションする方法に革命をもたらしている。 以下では、実際のホスピタリティの経験に基づいてテクノロジープロダクトを構築する際に焦点を当てることが重要であった3つの重要な領域について概説する。

 

(1). ゲストエクスペリエンスをすべての活動の中心に置く。

   Put the guest experience at the heart of everything you do.

ホテルビジネスの私のお気に入りの部分はゲストである。 今日、かつてフロントデスクで接客した世界中の友達が私のホテルにやって来る。 私は彼らがどこから来たのか、そして休暇中の彼らの話を聞くのが大好きだった。

今年、COVID-19のパンデミックにより、ホテル経営者はカスタマーサービスの重要性を強く思い出した。 我々がパンデミックから抜け出した時には、我々は皆、ゲストのために物事を正しくすることに新たな焦点を合わせる。

私はGuestEQを構築して、すべての顧客を満足させるために可能な限り最高のツールをホテルに提供できるようにした。 ここでの主な焦点は、ゲストリクエストへの応答時間を改善し、満足していないゲストに提供しなければならない割引クーポンの数を減らすかなくすことである。 ホテルは常にピーク時にでも確実に稼働させなければならない。 多くの市場で、より少ないコストでより多くのことを行う方法を模索している。

 

(2). プロセスを簡素化、スタッフが最重要なタスクに集中できるようにする。

   Simplifying processes so staff can stay focused on the most important tasks.

GuestEQを展開する前は、3つの異なるテクノロジーを使用して、ゲストが施設にいる間にゲストと通信し、ハウスキーピングとメンテナンスにタスクを割り当て、リーダーシップに日常の活動を知らせていた。 これを単純化し、GMの仕事を簡単にする方法を見つけることが私にとって重要であった。 GuestEQを使用すると、特定のタスクが完了したかどうかを考える必要がなくなる。

そして、リーダーシップのレベルでは、私は経営幹部が日常の活動のスナップショットを取得し、物事が確実に行われていることが確認できる場所を1つ持つことを望んでいた。 我々のマネージャーは、作業中の従業員の邪魔にならずにアクティビティを監視できるようになった。 必要に応じて介入できるが、オペレーションがどのように実行されているかを常に把握している。

 

(3). ゲストとスタッフの安全をますます重要視する。

   Place an increased importance on guest and staff safety.

COVIDの前は、ゲストとスタッフのコミュニケーションが重要であったが、パンデミックにより、我々の多くは、より多くの業務を自動化する方法について考える必要が出て来た。 たとえば、COVIDの前に、ゲストがさらにタオルを必要とした時、彼らはフロントデスクを訪れて、我々は彼らに直接タオルを届けていた。 今では、ゲストは自分のデバイスから必要なものをすべて要求でき、我々はそれを客室のドアの前にドロップして、ゲストが受け取ることができる。

20203月にCOVIDが我々の地域を襲ったとき、私が目覚めたときに最初に考えたのは従業員の安全を守ることであり、就寝前に最後に考えたのは従業員の安全である。 私は大きな責任を感じた。 私は彼らに仕事を続けるように頼んだので、彼らをできるだけ安全に保つことが私の仕事であった。

早い段階で、シフトを開始する前にすべての従業員の検温チェックすることにした。 当然、私はGuestEQに、どの従業員がテストされたかを追跡する簡単な方法を組み込んで、ホテルに電話して確認するための管理者やリーダーシップの必要性を排除した。 ホテルでの20年の日々の経験がなければ、GuestEQの展開は以前ほど成功しなかったと確信している。 従業員に対する責任から、経営陣が業務をより適切に監視し、コストを削減できるようにしながら、本当に仕事を簡単にし、安全に保つためのツールを開発することになった。 一日の終わりに、我々のスタッフは部門内および部門間でより効果的かつ効率的にコミュニケーションを取り、ゲストの満足度が向上し、割引や報酬が劇的に減少した。 このツールの開発は、私のキャリアの中で最も楽しかったことである。 所有権が全体を通して提供してくれたサポートに感謝し、信じられないほどの結果を提供できることを誇りに思う。

著者:Scott Curranは、Reneson Hotelsの最高執行責任者であり、GuestEQの創設者兼社長。(1/26 https://bit.ly/3aaWihj )

 

 

6. Alliance Reservations Network、グループ予約テック立上げ

自社ブランドの旅行予約テクノロジーの作成者であるAlliance Reservations NetworkARN)は、グループ旅行の予約を合理化するための新しい直接予約ソリューションを立ち上げた。 GPS Linkと呼ばれるこのシステムは、ARNGroup Productivity Solution予約プラットフォームをホテルチェーンの中央予約システムに接続し、各ホテルの資産管理システムとの直接接続を可能にする。 このシステムは、Wyndham Hotels & Resortsとの統合(integration)により開始され、北米全体の同社の6,500のホテルでの即時グループ予約が可能になる。 「GPSLinkは、サードパーティの住宅会社とホテルの間の予約プロセスを合理化することにより、イベントプランナーの時間と労力を節約する」、「このソリューションを使用すると、プランナーは予約のやりとりに費やす時間が少なくなる。 イベントの参加者、アマチュアスポーツチーム、ファングループの宿泊施設を予約すると、シームレスな効率が得られる」とARNのゼネラルマネージャーであるMike Masonは述べている。 パンデミックにもかかわらず、Masonは、若者やアマチュアのスポーツイベントに参加するために旅行するファンや家族の需要は比較的強いままであり、これらのタイプのグループがこのソリューションの恩恵を受ける」と言う。 ARNは、Wyndham Destinations内の会員旅行および休暇交換ネットワークであるPanoramaの一部である。(1/27 https://bit.ly/39io5gr)

 

 

7. Klook2億ドル資金調達

Klookは、2億ドルの新しい投資ラウンドを使用して、エクスペリエンスセクターの「次のデジタル飛躍を再考」する。 シリーズEの支援は、Aspex Managementが主導しており、多くの新規投資家が含まれている。 Sequoia Capital ChinaSoftbank Vision Fundのこれまでの支援者も参加している。 新しいラウンドでは、香港を拠点とするKlook2014年の立ち上げ以来、総額72,000万ドル以上を調達した。 その最後の投資は、20194月の22,500万ドルのシリーズDラウンド。 新しい資本は、ツアー、アクティビティ、エクスペリエンスの分野でB2B向けのソフトウェアを構築するKlookのプログラムを継続するために使用される。これは、2020年のパンデミック期間の活動の主要な部分となった戦略。 Klookは、宿泊パッケージとレンタカーをカバーする新しい垂直統合の市場を立ち上げるために、その核となる当初の計画(proposition)を超えて拡大している。 同社は、パンデミックの最中に、2019年の対応する期間と比較して、自社のソフトウェアが150%もの多くの活動を支援したと主張している。 Klookによると、現在2,500を超える加盟店がそのツールを使用して予約やウェブサイトを強化している。 Aspex ManagementHermes Liは、旅行が最初に国内市場に戻り、その後海外旅行が始まると、Klookには「地域全体の体験とサービスのワンストップショップとして自分自身を再発明する能力」があると考えている。 Klookは、TravelokaTrip.comChangi Travel ServicesGlobalTixとともに、2020年後半にシンガポール政府観光局の32,000万シンガポールドルの市場回復プログラムのオンライン予約パートナーに指名された。 SingapoRediscoversとして知られるこのプログラムは、18歳以上のすべてのシンガポール市民に、プログラムに参加している200以上のホテル、アトラクション、ツアーで使用できるS$ 100(約$ 75 USD)相当のバウチャーを提供する。 * 20208月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたKlookの最高執行責任者であるEric Gnock Fahへのこのインタビューをご覧ください

(1/26 https://bit.ly/3qUC9Tb )

 

 

8. 航空会社流通の次は? IATA小売ビジョン追求か

NDC航空会社の流通基準の採用の進展により、IATAは次のステップを計画する。 IATAによると、パンデミックにもかかわらずNDCの旅は昨年加速し、間接チャネルでのNDC予約の20%の目標は、主に国内のレジャー予約ではあるが6月頃にヒットした。 IATAの流通プログラムのディレクターであるYanik Hoylesは、航空会社が新しい接続性(new connectivity)を開発し、GDSが順調に進展し、2020年の間にいくつかの「非常に大きな商業協定」が締結されたと述べている。 彼は、アマデウスとエールフランス/KLMおよびセイバーとルフトハンザが、数か月にわたる交渉の後に合意され、ルフトハンザとアメリカンエクスプレスグローバルビジネストラベルが、合意に達したと述べている。 Hoylesが認めているように、商用モデルはしばしば「話したくない重要な問題」のままだが、IATAは、NDC採用を推進するため、この分野で何が起こっているのかを理解する必要がある。

 

小売コンセンサス  Retailing consensus

「ここでの朗報は、私が構造プレートと呼んでいるものに、大規模なシフトがあることである。 多くの危機に瀕して物事は進化しており、物事は自分自身のロックを解除し始めている。 最終的には、NDCフォロワーたちは、ほこりを払い落とし、はるかに簡単かつ迅速に従事することができるようになる。」

Hoylesは、航空会社が昨年4月にIATAに、「戦略的なチャネル」とするため、NDC標準とそれに関与し続ける必要があると語ったと主張している。

旅行管理会社(TMC)と企業のバイヤーもまた、小売業に焦点を合わせるようにIATAに要請したと彼は付け加えた。 Hoylesは、「小売業の移行を加速する必要性と機会」について、航空会社と流通パートナーの間でコンセンサスがあると述べている。 そのことを念頭に置いて、IATAは、航空会社の小売業のビジョンを数歩前進させるために、2021年の3つの作業領域を特定した。

Hoylesは、次のように述べている。 「業界とバリューチェーンは、エンドビジョンをオファーとオーダーの世界と見なしている。 言い換えれば、これ以上レガシーは必要でない。 IATAが行っているすべてのプログラムをまとめると、これが、我々がはるかに顧客中心の世界に移行するのに役立つ。 eチケット、EMD [電子ミスセレニアス文書] およびPNR [乗客名記録] で小売りを行うことはできない。」 作業の最初の部分は、トランザクション量の多寡を超えてテクノロジー標準から価値を引き出す方法を見つけることである。 その作業の一環として、IATAは新しいリーダーボードと認証プロセスが必要かどうかを検討している。

Hoylesによると、2021年末までに、IATAは「航空会社の小売成熟度プログラム」と名付けた新しい認証プログラムを導入することを望んでいる。 成熟度プログラムは、技術認定、技術を実行に移すパートナーシップ、3番目の要素である価値創造の3つの側面をカバーする可能性がある。 Hoylesによると、技術標準についてもさらに作業が行われており、IATAは新しい「ゴールデン標準またはマスターバージョン」も検討している。 「これは業界が望んでいることであり、人々は、より多くの共通点がある領域で、収束する(converge)ことを選択した場合にどこに収束するかを知ることができる。 これは、一部のテクノロジー企業や一部のTMCからの要求でもある。」

 

オンボーディングのスピードアップ  Speeding up onboarding

2番目の作業領域には、NDCの旅にそれほど遠くない、または支援が必要な他の航空会社を連れてくることが含まれる。 「他のすべての航空会社に網をかけて、彼らがNDCのどこに適しているかを確認したいと思う。 彼らは計画を持っていないか、[計画] を持っているかもしれないが、前進するために助けが必要であるか、価値を得始めているか、これはロールモデル(role models)だ。 それぞれについて、次のステップに進むために何が必要かを理解したいと思う。」

すべての航空会社が、NDCの野心を前進させるために参加しているわけではなく、同じ財政状態にあるわけでもない。 たとえば、デルタ航空は9月に、NDCの開発を一時停止し、既存の流通エコシステムと連携していると述べた。 他の航空会社、特に第2層の航空会社がこれに続く可能性が高いと予測する人もいる。 Hoylesによると、現在の状況では、独自の戦略的決定を下すのは各航空会社の責任だ。 「第2層では、当然のことながら、課題の1つは、すべての航空会社コミュニティが直面している財政状況悪化である。 我々は、彼らを支援するためにできる限りのことをする必要がある。 我々ができることには限界があるが、ベストプラクティスや新しいアイデアを共有し、それらを人々とよりよく結び付け、標準での作業を支援することができる。」 IATAはまた、旅行代理店やTMCとの協力をさらに進めて、「出張旅行へのNDC適用に対する障害を解消する」ことを望んでいる。 多くの人が、パンデミックのためにTMCコミュニティがはるかに小さくなり、統合(consolidation)がすでに行われていると信じているが、Hoylesはそれがどこで終わるかを知るのは難しいと言う。 「私が言えることの1つは、テクノロジーのペースの重要性が増していることである。 このデジタル世界はますます大きくなるため、テクノロジーを受け入れることは、企業の大小を問わず非常に重要だ。」

3番目の作業領域は、敏捷性とプロダクト設計に関するものであり、IATAは、ネットワーク計画管理で役割を果たすことができるかどうか検討している。

IATAはまた、この作業フェーズで「市場における動的なオファー作成の具体例」を見ることを望んでいる。 Hoylesによると、「誰もが今、最終目標に認識しつつある。」

IATAは、標準を開発するための作業、進行中の商取引、GDSの技術的準備、およびIATAが出張コミュニティと行っている作業のすべてが、航空会社の小売業への移行を加速することに貢献することを望んでいる。(1/26 https://bit.ly/39leyoY )

 

 

9. スタータップステージ、MakeYourTripBetter

スタートアップの仏Partasamは、旅行者と地元の人々をつなぐためにMakeYourTripBetter.comを立ち上げた。 このプラットフォームは協業的で無料であり、旅行者は地元の人と連絡を取り、ヒントやアドバイスを得ることができる。 必要に応じて、彼らは彼らと一緒に好きな活動をすることができる。MakeYourTripBetterMYTB)は、すでに述べたように、コラボレーションプラットフォームである。 それは責任ある旅行者のコミュニティであり、各メンバーは旅行者と同時に地元の人々である。 アクセスは簡単で、使い方もとても簡単。 MYTBは多言語プラットフォームであり、25か国以上からの登録済みメンバーがすでに6か月以内にプラットフォームに存在している。 協業するために、すべてのMYTBのメンバーは、かなり詳細なプロファイルを完成させることに同意しなければならない。 プラットフォームは、これらのメンバーに彼らの個人データに対して厳格に管理する。 したがって、すべてのプロファイルは匿名であり、個人情報(電子メール、住所、場所、旅行日)が他のメンバーに表示されたり、サードパーティや企業に送信されたりすることはない。 COVID-19に関連する健康危機は、より意味のある旅行への欲求を強化したが、今のところ、旅行や会議、プラットフォームの使用の可能性を厳しく制限している。 MYTBを使用して、旅行者がより意味のある責任ある旅行を行えるように支援したいと考えている。 旅行者が地元の人々と関係を築き、コミュニケーションを取り、彼らに会う瞬間から、彼らは地域と地元の人々をより尊重するようになると我々は信じている。 また、環境への影響が大きい移動モードを減らすために、ゆっくり、長く、頻度の少ない旅行を勧める。 ビジネスモデルは、1か月から12か月の期間の広告サブスクリプションの販売を通じて収益を上げる。これらは、広告を見るのはMYTBメンバーで、彼らが興味を引く可能性が高い広告のみが表示される。 男性14名、女性12名、3065歳がチームのメンバーだ。 全員がフランス国内外で専門的な経歴を持っている。

1年以内に、MYTBプラットフォームがフランスとヨーロッパから世界各地での発売を計画する。(1/27 https://bit.ly/3qYe5Pr )

 

 

10. ユナイテッド航空のCOVIDアプリ

ユナイテッド航空の乗客は、空港到着前に確認するために必要なCOVID-19検査と予防接種の記録を航空会社のアプリにアップロードできるようになった。

ユナイテッドは火曜日の新たな規則の発効に先立って、海外から米国に戻るすべての旅行者が出発から72時間以内に陰性のCOVID-19テスト結果を示すか、90日以前のウイルスの発作から回復したことを証明する機能を発表した。

アップロード機能は、ユナイテッドがアプリとUnited.comに組み込んだ新しいTravel-Ready Centerの一部である。

Travel-Ready Centerは、アクティブな予約をしているユナイテッドの顧客に、近くのテストセンターの場所と、旅行のために提示する必要のあるドキュメントに関するカスタマイズされた情報を提供する。 旅行者がその文書をアップロードすると、ユナイテッドの従業員はその記録を確認する。 確認後、アプリまたはウェブサイトは乗客が「旅行の準備ができている」のかどうかを記録する。 旅行の準備ができている乗客は、リモートでチェックインプロセスを完了することができる。 このツールは、米国に戻るすべての旅行者がテスト結果をアップロードできるようになったAmerican航空のVerifyアプリソリューションに似ている。 ただし、Unitedは、標準の顧客アプリ内でその機能を提供した最初の米国の航空会社である。 ユナイテッドによると、Travel-Ready文書機能を使用する顧客は、さらに検査が必要な場合に備えて、紙の文書を空港に持参する必要がある。 キャリアはまた、今後数週間から数か月以内にTravel-Ready Centerで追加機能を展開すると述べた。 特に、航空会社は世界中の15,000を超えるテストサイトと提携することを計画している。 その後、これらのセンターはテスト結果を直接ユナイテッドに送信し、顧客が旅行の準備ができているかどうかを運送業者に警告する。 *この記事はもともとTravel Weeklyに掲載されたものである(1/27 https://bit.ly/3adIGBR)

 

 

11. トラベルマネジャーのCOVID-19対応

COVID-19のパンデミックは、旅行業界全体の実際のストレステストであり、感染率の上昇と下降、およびロックダウン措置により、予測不可能性が唯一確実なものになっている。 これは、旅行マーケティングで働く人々にとって前例のない課題を生み出した。 彼らは、パンデミックに直面しても現実的で、顧客がブランドを覚えていてくれるメッセージを作成する方法に関する創造的な質問とともに、予算の削減やスタッフの削減などの運用上の問題を解決する。 ラスベガス コンベンションアンドビジターズオーソリティのマーケティング担当バイスプレジデントであるFletch Brunelleは、「予算が2020会計年度(20206月に終了)の1150万ドルから今年度は6,500万ドルに減少し、組織のスタッフは450人から95まで減少した。 我々は非常にスリムに運営している」とBrunelleは言う。 「我々がマーケティング費用をどのように使うかを考える時、我々は以前とは違ったやり方でそれを行っている。 計画段階のファンネルの上部の点ではなく、実際に旅行の予約に興味がある人たちが居る中間と下部の方に焦点を当てている」と語る。 そのために、Brunelleは、旅行を希望する人、安全を感じるのに役立つコンテンツ、消費者が旅行を夢見ている時に使用しているチャネルをよりよく把握するために、彼のチームが調査の「準備を整えた」と述べている。 「我々は他のいくつかのチャンネルから離れた ― 接続されたテレビ・・・放送さえからも離れ、そして我々が旅行の風土病(endemic)のパートナーや検索側にもっと移行した」とBrunelleは言う。

MMGYシニアビジネスストラテジストのBrian Kleinは、「マーケターは、今、そして潜在的には将来に向けて旅行するかどうかの決定は非常に個人的なものであることを認識する必要がある」と述べている。 「これは旅行マーケターにとって最大の課題の1つである。 個人的な選択であるため、幅広いレベルで誰かをターゲットにすることは困難なのだ」と彼は言う。 「メッセージを通じてできることは、人々に快適さを感じさせ、その信頼と透明性を持たせて、旅行をしたい人が簡単に「はい」と言ってブランドを選ぶことができるようにすることである」と言う。

 

柔軟性に焦点を当てる  Focus on flexibility

Sojernのレポートによると、2020年初頭にリリースされたThe Future of Travel AdvertisingThe 2020 State of the Industryは、2019年の旅行会社による全世界の広告支出のほぼ半分(45%)がデジタルチャネルに費やされ、21%が印刷に費やされた。 残りはテレビ、ラジオ、その他のチャンネルに分かれた。 このパンデミックは、すべての旅行マーケティング支出に迅速かつ直接的な影響を及ぼした eMarketerは、米国の旅行ブランドによるデジタル広告支出が2020年にわずか324,000万ドルで終了したと予測している。 これは、前年比41%の減少である。 しかし、ソーシャルメディアや有料検索などのデジタル戦略は、依然として旅行広告予算全体の最大のシェアを獲得し続けると予想される。

実際、Expedia Group Media Solutions事業開発のシニアディレクターであるJennifer Andreは、パンデミックはデジタルの成長をさらに促進すると述べている。 「昨年、デジタルへの移行は本当に加速した」と彼女は言う。 「パンデミックが発生する前は、多くのパートナーが、コンバージョンやエンゲージメントとの直接的な相関関係を必ずしも示さないものに予算を費やした。 また、非常に機敏なプラットフォームではなかった。 印刷物やテレビについて話す場合、COVID率が急上昇したり変化したりしても、すぐに切り替える(switch on a dime)のは困難である。 したがって、すべての旅行デジタルプラットフォームは、おそらくその恩恵を受けるだろう。」 Kleinによると、「有料検索、SEO、その他のデジタル形式などのオプションは、これらの形式での支出を「調整」できることと、自宅で立ち往生している消費者がコンピューターやモバイルデバイスをより多く使用していることの両方により、これまで以上に注目を集めている。 ソーシャルメディアのエンゲージメントに大きなスパイクが見られる・・・そしてコネクテッドTVが閲覧されている。 消費数は激増した」、「我々は視聴者を捕らえているので、それらのチャンネルに引き寄せられた。 そして彼らの考え方に合わせたコンテンツをリリースすることができた。 インスピレーションを育み、消費者を引き付けることを試みることができる」とKleinは言う。

Andreは、広告戦略とCOVIDデータの間に相関関係を見たと言う。 「ワクチンのニュースが届いた頃に、サイトでの検索数と広告主の関心が大幅に増加した。 感染が再び急上昇した12月下旬に向けて、検索数が減少し、広告主の関心が低下する可能性がある」、「しかし、旅行者とつながり、人々が目的地やブランドを覚えていることを確認するために、旅行プラットフォームのこの安全なスペースにいることを望んでいるため、目的地が非常に悲惨な時に多くの広告主が我々にやって来た」と彼女は言う。

 

コンテンツ戦略  Content strategy

TourRadarのパートナーシップディレクターであるIris Serbanescuは、2020年の終わりに、目的地が2019年よりも旅行市場でのマーケティングに15%多く費やしたことを会社が集計した時、嬉しい驚きを感じたと述べている。 オーストリアに本社を置くこの会社に、8つの新しいDMOパートナーももたらした。 「3月と4月以降、ショックはなくなった。 そのため、目的地のパートナー(新旧のパートナー)は、ファンネルのドリームの段階にある旅行者にメッセージを伝えることを始めた」と彼女は言う。 そのようなクライアントの1つは、南米の国の観光代理店であるProColombiaで、2020年にTourRadarとの契約を前年比で25%増やした。 「通常、我々はコンバージョンパートナーと見なされており、我々は乗客を送り込む。 しかし、2020年に我々が彼らと一緒に行ったキャンペーンの性質は、本当に意識に焦点を当て、教育的であり、COVID後の目的地に旅行するのはどのようなものかについて旅行者に話し、強引なセールスメッセージでなく彼らを再刺激した」、「我々はデジタルファーストの企業であるため、ビジネスモデルをオンラインビジネスモデルに移行する必要がなかったため、これらの目的地はメッセージを発信するのに役立つという我々の価値を認識した。 すでに、月に100万人の電子メールサブスクライバーと70万人のWebサイトにアクセスしているオーディエンスがいるが、それはCOVID以前の方がはるかに多かった」とSerbanescuは語る。

ProColombiaの戦略の1つは、2020年の終わりに数か月間開催され、優勝者に8日間の全国旅行を提供するコンテストであった。 そして、ProColombiaCOVID後の顧客になることを望んでいる人々との関係を確立した。 「我々はコロンビアに関する情報を伝え、退屈して次の旅行を夢見ているコンピューターに座っている人々から関心を集め、次の旅行先に興奮させ、メールアドレスを取得することができた。 だからその後、状況が良くなるにつれて目的地に関心を示したこの消費者のプールがあり、彼らに戻って「コロンビアはあなたを歓迎する準備ができています」と言うことができるとProColombiaは言う。 ProColombiaの北米ハブディレクターであるAlvaro Conchaは、連帯と共感のメッセージがパンデミック全体を通じて組織の焦点となっていると述べている。 昨年春、「また会えるように気をつけよう」と「もうすぐ会う」をスローガンに掲げたキャンペーンが始まり、Conchaは全チャンネルで24,500万回のインプレッションを獲得したと語った。 国が健康と安全を優先していることを消費者に安心させるために、コロンビアは6月に、国のプロトコルに準拠している観光会社を認定するための自主的なバイオセーフティ認証を開始した。 現在までに300社以上が認証されている。 「我々は市場に出すメッセージに注意したいと思っている」、「我々は状況に敏感であり、国は回復のために自分自身を準備することに非常に慎重である」とConcha言う。


今後の展望  Looking ahead

多くの消費者調査によると、旅行への欲求と将来の意向は依然として高く、サプライヤーは現在幅広いキャンセルと再予約のオプションを提供していることから、Serbanescuはメッセージングが「今すぐ予約して後で旅行する」というトーンを取っていると言う。 「ツアーの定員は2019年よりも大幅に少なくなるため、今すぐ予約してスポットを確保し、キャンセルや再予約のオプションがあるので安心して欲しいと言うメッセージングで緊急性を感じさせる」と彼女は言う。 Andreは、ワクチン接種の取り組みとその後の市場再開を中心に楽観的な見方が強まっているため、知識豊富なマーケターは「今夢を見ている消費者の前に来なければ、他の誰かがそうしてしまう」という理由で、適切なメッセージを発信していると言う。 また、ROIを最大化し、信頼と安全のまとまりのあるメッセージを提示するためには、航空会社と提携する目的地、ホテルと提携する航空会社などの共同キャンペーンがこれまで以上に重要になるというコンセンサスもある。 もちろん、予測不可能性は残っている。 COVID感染率は依然として多くの国で不安定であり、短い予約期間は依然として一般的であるため、マーケターは機敏であり続ける必要があるとKleinは言う。 「通常、過去数年間は、年間のマーケティング計画を立て、四半期ごとに再検討する。 我々がクライアントのために今やらなければならなかったことは、毎月のマーケティング計画を作成することであった。 我々が行っていることはすべて、非常に柔軟で、非常に的を絞ったものであり、非常に意図に基づいている。 2020年からのこれらの短期戦略は継続するが、過去に機能することが証明されている長期戦略は元に戻ると思う」と彼は言う。(1/27 https://bit.ly/3prPK42 )

 

 

12. StayNTouchCEO

StayNTouchは、MCRによる買収から6か月後に、Tom Underwoodを新しいCEOに任命した。 MCRホテルグループは昨年8月にホテル管理ソフトウェア会社を買収するために4,600万ドルを支払った。 StayNTouchは当初、20189月に中国のデジタル大手Shiji Information Technologyに非公開の料金で売却されていた。 しかし、その後、米国のDonald Trump大統領は20203月にかなり前例のない一歩を踏み出し、事業の売却を阻止するための大統領命令を出した。 ホワイトハウスの声明によると、大統領の介入は国家安全保障を理由に行われた。 StayNTouchは、世界中の500のホテルにクラウドベースのホテル管理ソリューションスイートを供給する。 Underwoodは旅行業界でキャリアを積み、1998年にPricelineに収益管理ディレクターとして入社した。

その後、Orbitz(ホテル戦略担当上級副社長)、Lola(最高財務責任者、企業開発担当上級副社長)、Room 77CEO)で役職を歴任した。 後者は202012月に終了した。 「StayNTouch内の顧客中心の文化は明白であり、MCRの支援を受けて、我々は顧客と業界全体に指数関数的な価値を提供する。 StayNTouchはすでに主要なクラウドプロパティ管理システムを提供している。 我々はその基盤の上に構築し、パンデミック後の時代の課題に対応するために、ホテルに最も堅牢で直感的で費用効果の高いプラットフォームを提供する」とUnderwood は述べている。(1/28 https://bit.ly/2KXjxCH)

 

 

13. Trekksoft2020年パンデミックで30%減収

コロナウイルスのパンデミックが世界中のツアーやアクティビティ(T&A)部門を圧倒した最中に、Trekksoft2020年に720万ドルの収益を獲得した。 スイスを拠点とする事業者向けのテクノロジープロバイダーは、12か月間で「わずかにプラス」のEBITDAを達成したと述べているが、顧客は合計売上高が3分の2減少したと見ている。 事業基盤全体の販売量は19,100万ドルだったが、2020年のかなりの期間、目的地が事実上封鎖され、世界中のほとんどの国で旅行制限が設けられたため、同社の収益は30%減少した。 グループの子会社の2つであるDigiTicketsWaldhart Softwareは、厳しいビジネス環境にもかかわらず、「好業績」で際立っていたと同社は述べている。 Trekksoftは、その財務実績を部分的に公開しているセクターで数少ない技術プロバイダーの1つである。 同社によれば、海外旅行は2021年中にある程度回復し、2022年までに2019年の水準に戻ることを望んでいる。 アトラクションとエクスペリエンスのチケットプラットフォームDigiTickets2018年にTrekksoftに買収され、6か月後にスキーセクターの技術プロバイダーであるWaldhartを買収する契約が結ばれた。(1/28 https://bit.ly/3qWwVpW)

 

 

14. 短期レンタル需要スランプ、目的地市場がブライトスポット

AirDNAの新しいデータによると、COVID-19のパンデミックが深刻化するにつれて、米国での短期レンタルの需要は減少している。 全体として、202012月の短期レンタル需要は15.3%減少したが、需要の傾向は場所によって大幅に異なる。 実際、旅行者が社会的に距離を置くためにより多くのスペースを提供する山岳目的地では、昨年12月に需要が15.5%増加した。 一方、都市部と郊外の目的地では、需要がそれぞれ55.5%と33.5%減少した。 全体的な短期レンタル需要が減少し、利用可能な供給がさらに縮小し、平均的なユニットの稼働率レベルが全体的に上昇した。 先月の稼働率は平均47.9%で、前年比5.8%増加した。 12月の平均ADRは、特に目的地とリゾート市場での稼働率の上昇とより大きなユニットに対する旅行者の好みに牽引されて7.3%増加した。 ただし、この上昇は、11月に見られた短期レンタル料の12.3%のADR増加よりも少ない。 「目的地市場での短期レンタル需要は、すべての期待を上回っている。 それにもかかわらず、多くの別荘の所有者が彼らの物件をレンタルに出す代わりに個人的な使用のためにも保持しているので、供給は縮小し続けている」とAirDNAの研究担当副社長であるJamie Laneは語る。 「多くの需要の高いレンタル市場で利用可能な在庫が不足しているため、市場に残っている物件は現在、レートを上げることができる。」 米国最大の短期レンタル市場のうち、アラバマ州ガルフショアーズ/モバイルがRevPARで前年比86%増、ニューヨークのローワーハドソンバレー(84.9%増)、以下すべてカリフォルニアにあるコーチェラバレー(84.3増)%)、Big Bear73.1%増)、Lake Tahoe67.4%増)がそれに続く。 RevPARの低下はほとんどの主要な都市市場で続き、ニューヨークで55.9%、ハワイのマウイ島で27.3%、ラスベガスで18.6%下落した。

 

今後の展望  Looking ahead

ワクチンの流通が始まり、旅行者が旅行に注意を向けるにつれて、新規予約が増加しており、12月には昨年の同時期に比べて10%増加している。 これらの新規予約の大部分(70%)は、主要な大都市圏以外の目的地向けである。 国立公園の近くなど、アウトドアアドベンチャーに対応する市場が、多くの新規予約を後押しした。 2021年上半期には、目的地およびリゾート市場での短期レンタルは、2020年と同様にアウトパフォームすると予想される。 AirDNAによると、スキー場での強いピークシーズンと、春にかけての予約(通常は需要の弱い期間)が、これらの市場での需要の増加を説明している。(1/28 https://bit.ly/3oqOoFr )

 

 

15. トラベルアプリ、2020年利用状況

モバイルアプリケーションの使用により、COVID-19が蔓延し、ロックダウンが開始された時に実際に起こったことのデジタルミラーイメージが提供された。

簡単に言えば、2月下旬と3月のパンデミックの初期には、従業員が自宅で仕事をするのに役立つツールが急増する一方で、ライドヘイリングアプリはアクティブユーザーの観点から急落した。 アクセス管理のスペシャリストであるOktaは、2020年の間にアプリの使用量が増加したことを確認したが、旅行アプリの大部分はほとんどまたはまったく増加しておらず、一部はマイナスでさえあることを発見した。 たとえば、マリオットのロイヤルティプログラムアプリBonvoyは、前年比で1%減少したが、ハイアットは1%増加し、ヒルトンは3%増加した。 旅行会社には2つの注目すべき例外があり、Airbnbは前年比で11%の成長を遂げ、他の一団よりも大幅に好調であった。 多くの場合、ホテルから忙しくない場所にあるバケーションレンタル物件への消費者の切り替えが、おそらく成長の大部分を占めている。 ディズニーランドリゾート&ホテルも例外で、前年比で14%増加した。 おそらく、6月と7月に制限が緩和されたため、同社が導入した衛生プロセスとプロトコルが原因だ。 アプリの使用に関して起こっていたことのより一般的なフレーバーについて、Okta7番目のレポートで、最も急速に成長しているアプリの90%がトップ10に新しく追加されたと述べている。 たとえば、Zoomは、20203月から10月の間に当然のことながら45%成長した。 同社は、パンデミックの際にビジネスの世界で物事がどれほど急速に変化したかを強調するためによく引用される。

5月までに、時価総額の点で、Zoomの価値が世界の7大航空会社を合わせたものよりも大きいことを明らかにするレポートが出てきた。 一方、AppAnnieは、State of Mobile 2021レポートで、2020年に2,180億の新規アプリのダウンロードがあり、2019年に比べて7%増加し、アプリストアの支出は20%増加して1,430億ドルになったと述べている。 ユーザーあたりの1日の滞在時間も、20%増加して4.2時間になった。 他のモバイルアプリの調査結果は、Apptopiaのデータを保管してくれる。 例えば、Uber2020年に9,500万ダウンロードで最も人気のある旅行アプリであり、食品配達(Uber Eats)のブームがトップの座を維持するのに役立つ可能性が高いことを明らかにしている。

 

6月下旬に、Apptopiaは、Expediaが所有するVrboで、過去2か月間にインストール数が113%増加し、エンゲージメントレベルが記録されたことも明らかにした。 これは、西欧諸国の多くの地域で旅行制限が解除され、消費者が、自分たちがもっとコントロールできると感じた宿泊施設に目を向けた時期であった。 AppAnnieはまた、2020年に英国でVrboアプリのダウンロード数が50%増加したことを明らかにしたレポートで、この傾向に注目している。 モバイルインテリジェンス会社はまた、米国国立公園アプリのダウンロード数が250%も大幅に増加していることを示している。

 

                                  Apptopia

 

Apptopia2020年のランキングでは、GoogleマップとGoogle Earth2位と3位になり、Booking.comAirbnbがそれぞれ5,000万と4,200万のダウンロードで4位と5位になった。 2019年、Booking.comはランキングで3位、Grab4位、Airbnb6位であった。 Booking.comが最近発表した、バケーションレンタルの在庫を世界中に増やす戦略は、競合他社の野心とともに、提供を拡大したいという願望を反映している。 モバイルアプリの使用は2020年に実際の生活のバロメーターとして機能したため、今後数か月でアプリの成長がどのように回復するかを見るのは興味深いことである。 Uberは、2020年第3四半期の収益の中で、モビリティの予約は徐々に改善していると述べたが、中国のDidiは、ほぼ2019年のレベルに戻っていると述べている。 旅行者が旅に戻る自信を測るために注目するのは、主要なグローバル航空会社とホテルの巨人のアプリの使用状況だ。(1/28 https://bit.ly/3iWML1a )

 

 

16. Webinar Connected trip

パンデミックの前に、「接続された旅行」のアイデアは旅行業界で広く議論された。 Ingenicoでは、接続された旅行(connected trip)を、すべての旅行の予約とエクスペリエンスを1つのデジタルフローに「接続」し、デジタルデバイスとテクノロジーを使用して旅行のシンプルで便利な拡張を作成する概念として定義している。 市場は縮小しつつあるが回復への期待は強く、COVID-19ワクチンの積極的な展開に支えられている。 最高のオフラインおよびオンライン旅行体験を設計することは、2021年の旅行業界が最も欲するものとなる。 IngenicoDestinia専門家と一緒にこのウェビナーに参加して、以下について学ぼう。

  • 「接続された旅行」のアイデアは2021年でもまだ関係があるか?
  • 成功した顧客の執着の触媒としての便利な支払い経験。
  • データ: 何を見るべきか、業界のベストプラクティス。

ウェビナーは2021128日木曜日に放送された。

スピーカー:

  • デスティニアグループのマネージングディレクター、Ricardo Fernandez Flores
  • Ingenicoの旅行責任者、Eric Liebman
  • PhocusWireの編集長、KevinMay

(1/29 https://bit.ly/3owB56C)

 

 

17. トリアド、アマゾンでバーチャル目的地

Tripadvisorはアブダビの観光当局と協力して、Amazon Alexaデバイス向けの世界初の仮想目的地音声ツアーであると主張するものを作成した。 最初は英国のAlexa所有者のみが利用できるが、ユーザーはデバイスに「アブダビを探索する」ように音声により依頼すると、中東の州を巡るオーディオジャーニーに送られる。 Alexaはユーザーに自分のツアーを選択するように促し、自然スポット、ランドマーク、文化的な場所、レストランなどのアトラクションを数分かけて訪問できるようにするという考え方である。 Tripadvisorによると、Alexaはユーザーがたどった経路を記憶し、終了時にさまざまなオプションを提示する。

このプロモーションは、Tripadvisorとアブダビの文化観光局との間の幅広いキャンペーンの一部であり、サイトのブランドガイド、ビデオ、目的地ページのスポンサーシップなどが含まれる。 Tripadvisorによると、キャンペーンのAlexaのエレメントは、提携している他の目的地にも提供される予定。(1/28 https://bit.ly/39u8Zo2 )

 

 

18. 直言:旅行者の安全安心確認が予約の真の動機付け

我々は今、旅行業界の歴史の中で最も苛立たしい時期の1つにいるに違いない。

パンデミックは悲劇の時代であり、あれやこれやと心が動かされないことはほとんどなかった。 しかし、それはまた、外に出て再び旅行を体験することを切望する人々の漸進的な構築を意味した。 毎週、鬱積需要があると聞いているが、何も動いていない。将来の旅行予約を引き付けることに成功した旅行会社の1社である場合、SojernKurt Weinsheimerからの上記のコメントが行動を促すフレーズだ。 より良い時期には、旅行会社は予約から滞在までの時間を顧客に販売するために使用した ― 座席と部屋のアップグレード、食べ物と飲み物、パッケージとツアー。 今はその時ではない。 それは、明確で最新のコミュニケーションを通じて安心感を与える時だ。 旅行会社は、ここ数ヶ月の健康と衛生のプロトコルに関して実施されているすべてのグッドプラクティスを顧客に思い出させる機会があり、進化する状況を常に監視している。

それは、顧客が正しいことをしたという自信を高めるだけでなく、友人や家族に受け継がれる可能性のある旅行会社に多大な善意をもたらすだろう。 特に予約期間が短くなっているため、今のところ安心感の涵養は簡単ではない。 数ヶ月前に予約したはずの旅行者カテゴリーでさえ、ぎりぎりまで予約しないで待っている。 しかし、あなたのチームが旅行者の安全と健康と衛生に関するメッセージの作成に時間を費やした場合は、それについて伝える絶好のタイミングだ。 伝統的に、旅行業界は1つか2つの例外を除いて、ネガティブメッセージングが得意ではないが、マーケティングサークルの中には、ネガティブな部分を少し活用してポジティブなものを見つける良い機会だと言う人もいる。 彼らはそれが共有された経験を生み出すことができると言っているので、あなたが、彼らが経験したことに共感し、十分に寛い休息が見え、彼らの安全があなたの手の中にあることを旅行者に思い出させて欲しい。(1/28 https://bit.ly/3agedTI )

 

 

19. ハーリー王子Travlyst連合復帰、業界の協調を協調

COVID-19のパンデミックは、「前向きな変化の機会」と「私たちが訪れる場所、そこに住む人々、そして地球全体の利益のために、より責任を持って再建する機会」を生み出した。 これは、サセックス公爵のハリー王子がBooking.comSkyscannerTrip.com GroupTripadvisorおよびVisaと提携して2019年に立ち上げた持続可能な旅行連合であるTravalystからの新しいレポート「The Reemergence of Travel」の重要なメッセージの1つである。 20206月にSkyscanner CEOを辞任したBryan Doveが昨年秋にTravalystの議長になり、現在はサセックス公爵と協力して連合の世界的な活動を監督している。 「旅行し、世界を探索し、新しい場所を発見することは、人間であることの一部である。 消えることはない」、「我々がお互いを理解し、学び合うようになるのは旅行を通じてであり、世界中のコミュニティを結びつけるのに役立つ。 これがTravalystの使命が非常に基本的な理由である。 我々は地球市民として、未来の世代が探求し、楽しむために我々の世界を保護する責任がある。 旅行者と旅行業界の両方がより持続可能な選択をするのを助けるために、旅行の最大のプレーヤーの何人かと再び協力できることを誇りに思う」とDoveは言う。

レポートは、連合が旅行業界の持続可能な変革のための優先事項と見なしている2つの重要なソリューションを特定している。 1つ目は、「持続可能性への取り組みに関する普遍的な透明性のある報告」だ。 Travalystは、初期段階のデジタルフレームワークが連合創設会社たちによって開発されており、消費者が宿泊施設や航空サプライヤーの持続可能性の実践に関する明確な情報にアクセスできるようにし、最終的には旅行のあらゆる側面に拡大すると述べている。

2番目の重点分野は、「地域コミュニティ、目的地、事業者の成功を促進すること」である。 この取り組みは、「“良い”がどのように見えるかの重要な例にサプライヤーと消費者の両方の注意を向ける」ことを目的としている。 最初のステップとして、Travalystは、ニュージーランドが持続可能性への取り組みとCOVID-19パンデミックへの対応をどのように管理してきたかを学ぶ。 このレポートは、国際的な持続可能性非営利団体のForum for the Futureとのパートナーシップで作成され、旅行と観光の回復に適用できる傾向も分析し、COVID-19後の最も効果的な「リセット」は、すべての利害関係者、すなわち政府、ビジネス、慈善活動、市民社会の「漸進的ではなく変革的」な変化に取り組みによって誕生することを認識する。(1/28 https://bit.ly/2MgSByy)

 

 

20. 法人旅行新世界、出張者ウエルビーイング優先

2021年に入ると、企業はCOVID-19の結果として起こったすべてのことを把握し、可能な限り安全にビジネスに不可欠な旅行を促進する方法の質問を含め、新年に出張の方法を再度見直している。 ウイルスが一夜にして消えることはないことは明らかだが、空港の感染テストや旅行回廊などのイニシアチブの段階的かつ有望な進歩により、多くの企業が、ウイルスがしばらくの間、我々と一緒にいるという現実に実際に取り組む方法を模索している。 従業員の安全と自信は常に優先事項であるが、組織は、ニューノーマルの出張のリスクを軽減する方法を評価する必要がある。 もちろん、国際間、さらには州間を移動する能力が変化し続けるため、出張は非常に異なって見えるだろう 。米国全体でCOVID-19の症例が急速に増加している最近の数週間で見たように、国境はほとんど通知なしに開閉する可能性があり、旅行の要件と検疫期間は日ごとに変わる可能性があり、警告なしにコロナウイルスの症例は新しい場所で急増する可能性がある。 この不確実性があるので、スタッフがCOVID症例の急増を突然経験する場所に旅行した場合、会社がそれをどのように処理するか想像してみて欲しい。 どのようなサポートを提供できるのか? ローカルのロックダウンが課され、従業員が帰宅できない場合はどうなるのか? または、従業員が空港でCOVIDの検査で陽性であり、飛行できず、安全な隔離場所を見つける必要がある場合はどうなるのか? 自己隔離のゲストに効果的に対処するためのポリシーと手順がどのホテルにあるかをどのように知ることができるのか?

 

リアルタイムビュー  Real-time view

今、これまで以上に、企業は旅行者のウエルビーイング(wellbeing)を最優先する必要がある。 COVIDの時代に不可欠な旅行のために、従業員は、COVIDテスト、24時間年中無休の医療および旅行のアドバイスへの信頼できるアクセス、予期せぬ事態を予測する詳細な緊急時対応計画など、堅牢な旅行前のスクリーニングと準備を必要としている。 The New York Timesが述べたように、米国のどの都市がCOVID-19の被害を最も受けているかを把握するには、使用する測定によって異なる。 多くの場合、米国疾病予防管理センターなどの信頼できる情報源や、ジョンズホプキンス大学などの信頼できる研究の直感力でさえ、パンデミックについてわずかに異なる見方をしている可能性がある。 絶えず変化する状況とそれに関連する課題に対処するには、企業は単一の信頼できるソースから最新のグローバルインテリジェンスにアクセスできなければならない。 独立した旅行支援プロバイダーと協力することは、企業が特定の場所の状況について明確で専門的な見解を得る重要な方法である。 信頼できる単一の旅行支援プロバイダーからの調査結果に焦点を当てることにより、企業は現在の情報に基づいてデータ主導の意思決定を行うための準備が整う。

 

旅行者追跡の新しい価値  The new value of traveler tracking

すでに堅牢な旅行リスク管理プログラムの一部である追跡ソリューションは、COVID時代の出張者にとってより価値があると見なされ、予期しないイベントや緊急事態が発生した場合に重要なサポートを利用できるようにする。

旅程の追跡を通じて、組織は出張中の従業員の予定された出張と出張の日付を確認できる。 ジオロケーションは、旅行者追跡アプリを介して、従業員とリアルタイムで連絡を取り、必要に応じて情報とサポートを提供することを可能にする。 緊急時には、対応の強さは旅程の追跡とジオロケーションが連携して機能するかどうかに依存する。 これにより、企業は、状況が悪化した場合に影響を受ける可能性のあるスタッフをすばやく特定し、適切な対応を行うことができる。

 

プライバシーの懸念に積極的に取り組む

Proactively addressing privacy concern

追跡に関連するものはすべて、プライバシーの自然な懸念事項になる。 実際には、多くのジオロケーション追跡プラットフォームは、バックグラウンドモードで 非公開でアクティブ化するように構成でき、従業員の同じジオロケーションで発生するリスクの高いイベントの場合にのみ、雇用者/従業員に潜在的なリスクが同時に通知される。 言い換えれば、従業員は、上司が時間外にチェックしていることを心配することなく常にサポートされている。 個人ベースのリスク評価の一環としての個人医療情報の共有に関連して、別の懸念が生じる可能性がある。 外部の旅行リスク管理プロバイダーは、特定の詳細に関与することなく、組織が旅行中の従業員によって提示されるリスクを理解および管理し、それによって医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)またはその他のプライバシー法に違反することなく支援できる。

 

より安全な方法のための従業員の同意

Employee buy-in for a safer way ahead

従来、従業員の同意、企業の旅行ポリシーおよびチャネル内予約の順守に関して課題が存在した。 しかし今日、従業員は旅行の世界がかつての世界ではないことをよく認識しており、個人の健康とウエルビーイングがこれまで以上に重視されている。 その結果、世界中の組織がスタッフのウエルビーイングを保護するための厳格な措置を講じており、従業員は会社が対応している深刻さに十分に注意を払っている。 これの自然な進展は、旅行中の従業員が旅行リスク管理プログラムと旅程追跡やジオロケーションなどのツールの真の価値を理解することである。 同時に、企業は、企業の旅行ポリシーの順守の義務と利点の両方を明確に伝えることによって、自分の役割を果たすことができる。 これには、迅速かつ効果的な支援を確実にするために、旅程の追跡とジオロケーションの利点を明確にすることが含まれる。 また、チャネル内予約により、一般的に安全な旅行体験へのアクセスが提供されることや、空港ラウンジの快適性や安全性などの追加機能が提供されることを従業員に思い出させることも含まれる。 強力な旅行リスク管理プログラムには、従業員が積極的に関与しているため、従業員は実施されているサポートメカニズムとプログラムがもたらすメリットを理解している。 従業員がCOVID-19時代の旅行を管理するのを支援しながら、旅行支援プロトコルに関する情報を積極的に共有し、プライバシーなどの潜在的な懸念に対処することで、雇用主は今日だけでなく今後数年間の安全な旅行の新しいベースラインを確立できる。

著者:Scott Sundermanは、Collinsonの医療およびセキュリティ支援のマネージングディレクター。(1/28 https://bit.ly/3pzmzfp )

 

 

21. 125日の週の資金調達記事

·         Bbot

ホスピタリティ技術の新興企業であるBbotは、シード資金に400万ドルを追加し、これまでに同社が調達した総額は730万ドルになった。 Rally Venturesがラウンドを主導し、既存の投資家であるCraft Venturesも参加した。 米国ニューヨークを拠点とするBbotは、ホスピタリティビジネスの注文と支払いのプロセスを簡素化することを目的としている。 資金は、技術パートナーがそのインフラストラクチャ上に構築できるようにするAPIをリリースすることを計画しているスタートアップとともに、採用とプロダクト開発に向けられる。

同社は2017年に設立され、ホスピタリティ企業がデジタルメニューを作成するのを支援し、QRコードを介してゲストが制御する注文と支払いを提供できるようにしている。(1/27 https://bit.ly/3cl69DI)

 

 

 

+++++

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

各国航空会社のコロナ禍への対応