海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

20201119

海外事情 119日号

 

旅行関連企業のExpedia Group, Hilton, Uber, Sabre, Amadeus, Tripadvisor, Booking Holdingsの都合7社の第3四半期(7月〜9月)決算発表の記事があった。各社は、依然としてパンデミックで大きな影響を受けているものの、前第2四半期より大幅な収支改善を達成した。とは言え、いずれの経営者も、誰もが市場の早期回復を切望しているけれども、それが何時頃になるか?見通せていない。

 

これ等の記事で、特に印象に残った箇所を羅列してみると、

·           Expedia Group2月以降初めてキャッシュフロー中立達成、代替宿泊施設予約ブランドVrboが予約人数と収入の両方で前年比増を達成。

·           Hilton:世界のほぼ全てのホテルをオープン、Q2OCC 20%p上昇。

·           UBER:モビリティ総販売額 前年比50%減、デリバリー135%増加。

·           SabreITソリューション部門収入が流通部門を上回る。

·           Amadeus:国内線航空予約がより改善、Sabre同様ITソリューション収入>流通部門。旅行会社予約収入がキャンセル額を上回る。

·           Tripadvisor9月ユニークユーザー数 前年比74%まで回復、今後数ヶ月以内に4億人のユーザーを対象としたサブスク新モデル開始する。

·           Booking Holdings:利益計上に復帰、国内旅行より改善、connected trip戦略維持、10月に米国で航空予約開始、代替宿泊予約増加。

 

これ等の羅列から、国内旅行と代替宿泊施設予約が増加していることが分かる。代替宿泊施設予約といえば、「12. エアビーのパンデミック対応」が、Airbnbが『IPOに先んじて競合他社よりも優れた生き残りを発揮する能力を示している』と伝える。この記事が掲載しているTransparent

グラフは、Airbnbの圧勝が一目でよく分かる。どうやらパンデミックが後押しする代替宿泊施設人気は本物のようだ。Bloomberg1028日のニュースは、上場先としてNASDAQが選ばれ、取締役会が12の株式分割を認め、最大30億ドルの資金を調達する計画だと伝える。これを読むと、当初言われていたダイレクトリスティングを取り止め、通常のIPOに変更されているようだ。強いエアビー人気を背景に、Brian Cheskyが強気になっている。

 

またこれ等の3Q決算の記事の中で、UBERのデリバリー事業収入の大幅増とTripadvisorのサブスク新モデル開発が目立つ。こんな逆境の最中に新規ビジネスの開発は素晴らしい経営努力だ。

新規事業開発ではないが、環境問題に配慮する新興企業Jet-Set OffsetCO2対策)(「25. 2020年のホットなスタータップ25社」)とTree4Travel(植林事業)(「3. 新興企業ステージ:Trees4Travel」)の記事もあった。これ等のスタータップは、旅行のニューノーマルに備えている。これからは、各種経済指標よりもSDGsとか企業のESG投資を代表するKPIがより重要視されるのだろう。

 

欧米で、コロナ感染者数が再び大幅に増加している。米国では13万人、フランスでは6万人、英国とドイツではそれぞれ2万人を超えて過去最高の1日あたりの感染者数を更新している。記事にあった通り各社の第3四半期決算が前期比大幅改善達成と言っているけれど、これでは業績逆戻りの可能性なしとしない。

 

今週号ではこの他にも、「9. 2021年の航空会社ロイヤルティ」で、『ロイヤルティプログラムが、航空会社を買収するか新しい航空会社を開始する』とマレーシアの航空ロイヤルティ専門家Mark Ross-Smithの大胆な予想を披露している。しかし、すでに米国航空会社大手3社は、収益を生むマイレージ事業を担保に多額の融資獲得や借入れ枠を設定しているのだから、これはそんなに大胆な予想でないのかもしれない。

(編集人)

 

目次

1.(TJ) エクスペディアG3四半期

2.(TJ) ブッキングH第3四半期

  (TJ)=トラベルジャーナル1123日号参照

3. 新興企業ステージ:Trees4Travel

4. マリオットの情報漏洩 罰金 $1,800Mに減額

5. アトラクションがグループの販売を押上げる方法

                                                                         11/2週 第4位閲覧記事

6. フォーカスライト会議プレビュー                       11/2週 第1位閲覧記事

7. CTMTramada買収

8. 66%の企業がセキュリティ対応不十分

9. トリバゴ 2021市場回復期待

10. 新興企業ステージ:Trip Affiliates Network

11. 2021年の航空会社ロイヤルティ

12. エアビーのパンデミック対応

13. ホテル予約のリセット進行中                            11/2週 第3位閲覧記事

14. TravelloBackpacker Deals買収で弾み

15. ヒルトンで需要回復、第3四半期

16. VIDEO新しい現実・・・Hopper  CEO               11/2週 第2位閲覧記事

17. 次世代ホスピタリティ ソリューション

18. 直言:間際予約はアトラクションDNAではない

19. InPhocusエピソード27Duffel

20. 私の足跡エピソード49: Flyr, Alex Manns           11/2週 第6位閲覧記事

21. ウーバー    3四半期

22. セイバー    3四半期

23. アマデウス  3四半期

24. トリアド     第3四半期

25. 2020年のホットなスタータップ25                 11/2週 第5位閲覧記事

26. 112日の週の資金調達

  Tourplus 100万ドル調達

 

3. 新興企業ステージ:Trees4Travel

我々は世界が旅するにつれて(コーヒーの値段で)木を植える。気候変動は現実のものだ。我々は10年でこの問題に対処する。Trees4Travelは、旅行と自然を結び付け、我々のビジネスは、従来の旅行アドバイザーから、OTA、航空会社、空港、および鉄道、レンタカー、自動車サービスを含む地上輸送をカバーし、旅行のあらゆるタッチポイントで運営されている。また、B2BセクターとB2Cセクターの両方で、直接販売から、樹木を贈るパートナー、収益分配契約まで、さまざまな方法で活動している。旅行者のダッシュボードから手動で旅行を入力したり、API接続にCSVファイルをアップロードしたりできるため、当社のテクノロジーは柔軟だ。我々のAPIは、ツリーの“予約”を取得し、旅行からのCO2排出量(および510年以内にCO2を相殺するために必要なツリーの数)を計算して、パートナーのWebサイトにフィードバックできる。また、すべてのパートナーが一緒に植えた樹木の数と、それらの木が今後510年間に吸収するCO2の量を示すライブデータウィジェットも提供している。旅行データを使用して、GHGプロトコルとIPCC DEFRAの計算方法を使用して、車/バス/電車/フライトから宿泊施設に排出されるCO2を計算し、旅行で排出されるCO2の正確な量を算出する。樹木が植えられ、CO2が計算され、月次レポートで監視されて、CO2吸収と排出量が示される。さらに、APIまたは特注の月次レポートを通じてそのようなデータを提供できる。我々の植林地はすべて、VerraGold StandardWorld Resources Instituteなどの機関によって認定されている。ありがたいことに、企業はより持続可能である必要性を強く認識しており、彼らのTMCにそのためのオプションを提供するよう求めている。我々は、事業と目的のバランスをとる企業であるB Corporation(米国ペンシルバニア州に本拠を置く非営利団体のB Labが運営している認証制度)の地位を目指している我々は慈善団体ではないプロフィット組織である。パートナーが旅行の予約をした瞬間、Trees4Travelは収入を得る。つまり、できるだけ多くの人にできるだけ早く連絡する必要がある。つまり、迅速に拡張する必要がある。覚えておくべき重要なことは、1本の苗木を植えるという単純な行為ではなく、ワンクリックで「Plant A Tree」を地球上で生きることができる素晴らしい木に変える、150年で、その寿命の間におよそ3トンのCO2を吸収する、人、組織、お金、そして努力の連鎖があるということだ。我々の資金の分配は次のように機能する:67%の植樹と分配、18%の開発と収入、15%の諸経費。創設者は夫と妻のチームであり、過去25年間一緒に働いて、さまざまな業界で受賞歴のある企業を生み出してきた一連の起業家である。最近の業界賞は次のとおりです。SABRE Travel Network -Travel Technology Exchange-Dallas2015-ベストオンライントラベルアプリの受賞者。ASTA American Society of Travel Agents-アントレプレナーオブザイヤー-サンディエゴ2017–3人中1人のファイナリストと国民投票の勝者。今から1年後、旅行業界向けに、数十万本、さらには数百万本とまではいかなくても、すでに数千本の木を植えていることを願っている。 (10/2 https://bit.ly/386IYuO)

 

4. マリオットの情報漏洩 罰金 $1,800Mに減額

Marriott Internationalは、2014年にさかのぼる何百万ものゲストレコードに影響を与えたセキュリティ違反に対して1,840万ポンドの罰金を科された。情報コミッショナーオフィス(ICO)は当初、ホテル会社に99百万ポンドの罰金を科すことを意図していたが、Marriottによる措置、会社からの申し立て、およびCOVID-19の影響を考慮に入れて減額した。さらに、罰金は、GDPR規制が施行された2018325日からの違反にのみに関連させている。Marriottは、2年弱前に違反を検出したことを明らかにし、5億人のゲストレコードに影響を与えたと述べた。当時、同社は、顧客の名前、住所、電話番号、電子メールアドレス、パスポート番号、その他の個人情報が公開されていたと述べた。その後、影響を受けたレコードの数を38,300万に修正した。ICOによる調査では、マリオットはゲスト情報を保護するための技術的および/または組織的な対策を講じていなかったと結論付けている。10月、ICOは、British Airwaysに対し、当初の18,300万ポンドの罰金から、2,000万ポンドの最終ペナルティに減額した。(11/2 https://bit.ly/2GoaCIn)

 

5. アトラクションがグループの販売を押上げる方法

アトラクション業界はかつて健全に繁栄しており、推定収益は1,800億ドルを超えた。しかし、わずか数か月で、COVID-19のパンデミックにより、業界全体が急停止しただけでなく、旅行業界のアトラクション部門がどのように回復するのかと多くの人が疑問を抱いた。現在、旅行者は地元と長距離の両方の旅行に出かけ始めているので、アトラクションは消費者の注意と信頼を獲得するために行動を起こさなければならない。最適な回復を促進する最も速い方法の1つは、デジタルマーケティング戦略を準備して実行することである。間際予約の電話がかかってき来た時にデジタルマーケティングを回避するのは簡単だが、オンラインマーケティングは、直接の事前のオンライン予約を獲得するための最良の方法である。適切なデジタル戦略と戦術により、アトラクション業界はツアー、アクティビティ、体験の予約を強化して多数の顧客を獲得できる。これを始めるには3つの方法がある。

(1). 重要な時にデリバーする Deliver when it counts

直接の事前オンライン予約の鍵は、調査の早い段階で見込み客に会うことだ。早期に予約を確保することは、純利益を高めるだけでなく、アトラクションが関係を勝ち取り、アップセルの機会を提供し、ブランド認知度を高め、アトラクションが終了した後もエンゲージメントを継続するのに役立つ。ただし、COVID-19により、予約期間は短縮されている。COVID-19以前は、Sojernの旅行データの洞察(insight)により、85%の求職者が旅行の平均78日前に最寄りのアトラクションを検索していることが明らかになった。現在、Sojernデータによると、潜在的な旅行者の大多数がアトラクションを当日または1日前に予約している。つまり、アトラクションは、この縮小し続ける期間の純コンバージョンに対して、適切なタイミングで適切なオファーを提供する必要がある。では、アトラクションはどのようにして消費者の注目を集め予約させるのか。ウォークアップ予約(オフライン)からの移行を考えると、アトラクションはすべてのチャネルで一貫したオンライン体験を提供することに焦点を当てる必要がある。Google、会社Webサイト、ソーシャルメディアのいずれであっても、顧客はプロダクト、安全対策、予約プロセスに関する情報に簡単にアクセスできることを望んでいる。実際、価値の高い旅行者の55%は、予約時にユーザーフレンドリーなウェブサイトを検討している。COVID-19以前は、旅行者の多数はスマートフォンでの旅行活動の調査と予約が簡単であることにすでに同意しており、旅行者の65%以上が目的地にいる間にオンラインでツアー、アクティビティ、アトラクションを調査している。今日の市場では、アトラクションはその場で予約するための優れたモバイルエクスペリエンスを提供するだけでなく、企業は群衆の流れなどの特定の課題にも対処する必要がある。消費者の信頼を高めるために、予約システムなどの特定の機能強化に投資することが重要である。これを明確な行動を促すフレーズと複雑でない予約プロセスと組み合わせて行うと、アトラクションはより直接的で事前のオンライン予約を獲得できる。

「常時オン」のブランドになる Be an “always on”

多数のデバイスのおかげで、消費者は「常にオン」になっている。アトラクションがビジネスを勝ち取りたいのであれば、自分たちも常にオンになっている必要がある。これは、さまざまなチャネルに24時間キャンペーンを展開することを意味する。ソーシャル、プログラマティック、ディスプレイ、SEM、ビデオ、ウェブサイトの最適化を組み合わせて使用すると、圧倒されるかもしれないが、リーチ、予算、コンバージョンを最大化するのに役立つパートナーはたくさん存在する。さらに、各チャネルでエクスペリエンスをパーソナライズすることが重要である。たとえば、Instagramの動画広告は静的な写真広告よりも49%多いエンゲージメントを獲得しているため、旅行ブランドは動画コンテンツの制作に集中する必要がある。適切な常時接続アプローチにより、アトラクションは、将来の予約を促進するメッセージを使用して、適切なタイミングで適切なオーディエンスに到達できる。

旅行の洞察を使用して、将来のキャンペーンに情報を提供する

Use travel insights to inform future campaigns

ブランドはリーン市場で計器飛行する(to be flying blind in a lean market)余裕がないため、マーケターの最も価値のあるツールであるデータを活用することが重要である。アトラクションはデータを使用して、何が機能していて何が将来のキャンペーン調整に役立たないかを確認できる。データはファーストパーティとサードパーティを組み合わせたものにする必要があり、ブランドは訪問者がどこから来ているのか、オーディエンスの人口統計を学習して、カスタマイズされたエクスペリエンスを作成する必要がある。キャンペーンを展開したら、コンテンツをテストして効果を測定することが重要である。まず、各キャンペーンと各チャネルの目標を定義する。チケット販売であろうとアップセルパッケージであろうと、ベースラインの出発点を持つことが重要だ。そこから、テストする変数を1つ選択する。たとえば、行動を促すフレーズ(call to action CTA)を少し変更するだけでも、大きな成果が得られる可能性がある。または、別の時刻を選択して投稿するか、キャプションの長さを変更する。次に、それらの洞察を取得し、それらを使用してキャンペーンを調整し、コンバージョンを増やす。アトラクションが顧客の行動、ウォンツ、ニーズを理解すると、ブランドはそれらの洞察を使用してキャンペーンに情報を提供し、パフォーマンスを最適化し、投資収益率を高めることができる。旅行者がツアー、アクティビティ、体験に出かけるのがより快適になるにつれて、アトラクション業界はその機会を利用するチャンスがある。予約体験に焦点を合わせ、常時オンの戦略を展開し、ファーストパーティとサードパーティのデータを活用することで、アトラクションは直接の事前予約を推進し、回復の最前線にとどまることができる。

著者:Noreen Henryは、Sojern最高収益責任者。(11/2 https://bit.ly/3ekWYSM)

 

6. フォーカスライト会議プレビュー

「お客様は常に正しい」 - ほぼ1世紀前にさかのぼるフレーズで、どのような状況であっても、消費者は少なくとも自分の不満に耳を傾けることができると安心する必要がある。1950年代に早送りすると、消費者は商取引と広告がどのように機能するかを理解し始め、広告の第一人者であるDavid Ogilvyの有名「顧客は馬鹿ではない」が登場した。旅行、観光、ホスピタリティは、少なくともこれら2つのスローガンと調和しようとしている。しかし、コロナウイルスのパンデミックは、ここPhocusWireや他の場所でのセクターへの影響に関するすべての報道にとって、世界的な健康上の緊急事態である。120万人以上が死に、Phocuswright Conferenceが始まるまでに、約5,000万人がCOVID-19に感染することになる。世界中の社会への影響は甚大である。我々の行動、相互作用、同僚、雇用主、ブランドは根本的に見直されている・・・おそらく、状況によっては永遠に。この変化は、業界が再開と回復を試みる方法の中心となるはずである。パンデミック前のレベルのビジネスに回復する感覚が、多くの旅行事業にとって2年、3年、さらには4年の努力のように見えても。

顧客中心の未来 A customer – centric future

現在、業界全体で健康関連のプロセス(マスク、社会的距離など)が行われていることは明らかであるが、この熟慮の期間と新しい戦略の導入は、他の多くの方法で顧客を第一に考える絶好の機会である。目的地の管理と観光公害の影響に対応するその能力(またはそうでなくて、パンデミック前の能力)を利用しろ。スマートツーリズムの幹部は、効果的なデータモデリングを使用して、地域経済を支援し、旅行者により良い体験を提供する方法で訪問者を呼び戻す方法を検討する必要がある。目を見張るほどの数の顧客を抱えるOTAは、価格設定、料金、在庫状況、プロダクトの説明、ロイヤルティプログラムの導入または変更について、何年にもわたって旅行者を苛立たせてきた多くのことを修正して実装する機会がある。これらには、単にブランドについて考えるのではなく、払い戻し、キャンセル、再予約に関して顧客を最優先することが含まれるべきである。難しい決断を下す必要があるが、最終的にはあらゆるブランドをより良い方向に導くものである。航空会社、ホテル、アトラクションなど、カスタマーエクスペリエンスのサプライヤ側のユーザーにも同じことが言える。パンデミック中およびパンデミック後の顧客の要件と懸念を理解する方法を再考する中心となるのは、レジャーとビジネスにかかわらず、旅行中の顧客を支援するためのデータの使用を構造化され、効率的かつ簡単に導入できることである。

これには、企業内のビジネスユニット間および複数のセクターのブランド間のコラボレーションが必要となる。航空会社は空港とのより良いパートナーになることができる(逆もまた同様)。ホテルはOTAとのより良いパートナーになることができる(逆もまた同様)。アトラクションは目的地とのより良いパートナーになることができるのだ(逆もまた同様)。上記の要素の多くは、一部の旅行ブランドで採用されつつあるか採用されているが、繰り返しになるが、危機は旅行業界全体のプロセスをより広く大規模に検討させる可能性がある。

旅行をメカニズムとして使用してビジネスを探索または実行する消費者の能力は深刻な影響を受けており、考慮すべき新しい要素(健康や衛生など)があるので、ブランド、業界団体、政府には、正しいことを行い顧客を戦略的プリズムの真ん中に置く独自の機会が存在する。そしてこれは、2020年の間に他の社会的(再)目覚めを忘れないように、性別、民族、社会的背景に関係なく、すべての顧客の利益になるはずだ。

人々は(ほとんど)馬鹿でない。

* Phocuswright Conference 2020でキャッチするセッション:

  • テクノロジーの未来:デジタルトランスフォーメーションの加速
  • (航空機の)真ん中の座席を越えて会話をする
  • スポットライト:改善必要 - 多様性と包括性に関する旅行業界評価
  • 目的地の未来:オーバーツーリズムから持続可能な観光へ
  • 将来性:イノベーションを超えて
  • TripadvisorSteve Kauferへのスポットライトとエグゼクティブインタビュー:なんという旅 - 20年のTripadvisor
  • エグゼクティブ円卓会議:信頼の構築と関連性の維持 - Martech to the Rescue
  • Booking Holdings CEO Glenn Fogelへのエグゼクティブインタビュー:巨大なピボット
  • エグゼクティブ円卓会議:ハンズオフ - ハイタッチがノータッチを意味する場合
  • エグゼクティブ円卓会議:逆境における機会
  • Expedia Group CEO Peter Kernへのエグゼクティブインタビュー:OTAの再発明

(11/3 https://bit.ly/38amrNx)

 

7. CTMTramada買収

オーストラリアを拠点とするCorporate Travel ManagementCTM)は、ひと月に2回目の買収で、企業、レジャー、ブローカー市場向けのクラウドベースの旅行管理ソフトウェアのプロバイダーであるTramada Holdingsを買収した。9月下旬、CTMは米国を拠点とするTravel and Transport2億ドルで買収した。この最新の取引の条件は明らかにされていない。同じくオーストラリアに拠点を置くTramadaは、旅行管理会社、企業の旅行代理店、独立したブローカー、レジャーおよび小売代理店の旅行業務、データ管理、ドキュメント作成、および旅行会計を合理化するソリューションを提供する。このプラットフォームはGDSにとらわれずNDCに対応しており、オンライン予約ツール、モバイルソリューション、経費システムなどの他のテクノロジープロバイダーと統合されている。CTMは、8月に2019-20会計年度を3,200万豪ドルの純現金で終了したと発表した。これは予想を上回り、同社の北米事業が下半期の収益に最大の貢献をした。Tramada2017年に北米市場に参入し、Tower Travel Managementを顧客の1つとして数えている。 (11/3 https://bit.ly/2TSXUVc)

 

8. 66%の企業がセキュリティ対応不十分

COVID-19のパンデミックは、強力な顧客認証(SCA=Strong Customer Authentication)の要件を満たす必要がある旅行ブランドを後退させた。Amadeusの新しい調査によると、航空会社、ホテル、旅行代理店の66%は、決済サービス指令IISCA要件がヨーロッパで施行される20201231日の期限に間に合わせる準備ができていない。SCAは、欧州経済領域で行われるオンライン支払いの大部分が、支払いカードの詳細と一緒に電話に送信されるパスコードを入力するなど、2要素認証の対象となることを義務付けている。旅行ブランドの場合、予約には1回のトランザクションで複数の販売者が関与することが多く、それぞれがSCAチェックを確実に実行する責任があるため、変更は重要である。Amadeusは、COVID-19関連の遅延がSCAの実装を平均6か月遅らせたことを発見した。パンデミックのため、回答者の「大多数」は、SCAの期限がさらに遅れると予想していた。SCAの準備に対する最大の課題には、COVID-1965%)と内部リソースの不足(55%)が含まれる。旅行ブランドは新しい要件を満たすのに苦労しているが、Amadeusは、現在利用可能な新しい3D Secure 2認証プロトコルの最近の進歩を指摘している。これにより、業界はさまざまなシナリオでSCAを提供するために必要な機能豊富なテクノロジーにアクセスできる。最近、世界初の3D Secure 2トランザクションが、Amadeus Travel Platform全体でエンドツーエンドで完了した。GDSは、Amadeus Travel Platform3D Secure対応にアップグレードして、旅行代理店、サプライヤ、旅行者のカード発行銀行間の支払いに関するより多くのデータを渡すことができるように取り組んでいる。Amadeusは、3D Secure 2への移行に加えて、旅行決済の専門家が特定の決済フローをマッピングし、ユースケースを理解し、加盟店が開始する取引を計画し、協力して免除の恩恵を受けることを推奨している。(11/3 https://bit.ly/3kQN1Po)

 

9. トリバゴ 2021市場回復期待

Trivagoは、夏に消費者数が一時的に増加した後、ヨーロッパで再び市場の変動が見られるという。ホテルのメタサーチ会社Trivagoによると、2020年第3四半期の期間の増加は“先進ヨーロッパ諸国”への自然スポットへの近場旅行によるものであった。現在の量の減少にもかかわらず、Trivagoは、テストが改善され、ワクチン接種が進展するにつれて、2021年の後半に回復すると考えている。同社のCEO Axel Heferは、2021年の改善の自信は、旅行への“人々のニーズ”、ウイルスのより良い治療、そしてより安価でより速いテストの利用可能性から来ていると言う。旅行者が飛行機に乗る必要がないTrivagoのプロダクト構成も役立つと彼は付け加える。同社は、車で行ける距離内の目的地に焦点を当てたコア市場で、地元の旅行発見プロダクトを発売している。アプリですでに利用可能な地元の旅行商品は、今後数か月以内に他のプラットフォームでも利用できるようになる。

Trivagoは、第3四半期に売上高が76%減少して6,100万ユーロ、営業損失が140万ユーロ、純損失が230万ユーロとなった。930日までの9か月間の収益は、前年比で46,700万ユーロ減少した。ユーザーが検索結果の広告をクリックした時に得られるリフェラル収益は、3か月間で、アメリカ人で1,500万ユーロ、ヨーロッパで3,250万ユーロ、その他の地域で1,100万ユーロ減少した。同社によれば、リフェラル収益は、適格紹介(qualified referrals)と適格紹介あたりの収益の両方の減少によって影響を受けた。適格な紹介の合計は、2019年の同時期と比較して第3四半期に49%減少して8,250万になった。2020年第3四半期に、適格紹介あたりの連結収益は54%減少して700,000ユーロになった。同社によれば、ほとんどの広告主はプラットフォームでのマーケティングに投資しているが引き続き慎重である。当四半期の広告費への復帰は、前年同期の123%に対して190%であった。この増加は、ブランドマーケティング活動の減少と、TrivagoのパフォーマンスマーケティングチャネルにおけるROAS目標の上昇によるものである。広告費は、アメリカ人で7,200万ユーロ、ヨーロッパで5,700万ユーロ、その他の地域で4,200万ユーロ減少した。今後、Trivagoは「ソフトオンデマンドの継続に備えている」と述べている。株主への書簡の中で、同社は「2020年第3四半期の主な焦点は、キャッシュポジションを維持しながら2021年に向けて準備を続け、学習を生み出し、競争力を高めると信じる機能やプロダクトを開発することであった。我々は、地元の旅行に焦点を当てることが、今後の重要な利点になると信じている」と述べている。第3四半期のコストと費用(expenses)は、前年同期の24,800万ユーロに対し、合計6,200万ユーロであった。コストには、2020年上半期に発表されたリストラに関連する60万ユーロが含まれている。(11/3 https://bit.ly/3emhdQ7)

 

10. 新興企業ステージ:Trip Affiliates Network

Trip Affiliates Networkは、ホテル予約の少なくとも50%を一貫して提供している旅行会社、卸売業者、企業で構成されるアジアの“オフライン”旅行B2Bセグメントの大きなギャップを埋めている。過去10年間、ほとんどの旅行投資は、低価格を求める旅行消費者をターゲットとする、より一般的に理解されているB2Cスタートアップを追いかけて来た。投資家は一般的にB2Bセグメントを避けて来た。これには、さまざまなプロダクトのカテゴリにわたる深い業界のノウハウと、より長期にわたる投資が必要だ。この地域で確立されたB2Bエージェントと卸売業者のネットワークは、サプライヤの接続性と運用上のニーズに合わせて日常的にサービスを使用している。これは、顧客の粘り強さを生み出し、拡張性の高いビジネスモデルである。ターンキーコンピテンシーにより、さまざまな接続ソリューションを提供する。我々のビジョンは、旅行B2Bセクター初のオープンエコシステムを開発することである。このエコシステムでは、従来のオフラインの旅行オペレーターと小規模なOTAが、さまざまなプロダクト接続、予約エンジン、および/または予約管理、土地運営(land operation)、ガイドとドライバーの関与のためのターンキーソリューション、デジタル支払いオプション、を使用して相互運用できるようにする。Trip Affiliates Networkは、ローカルのインバウンドおよびアウトバウンドオペレーターによって固定されたオープンエコシステムにより、共同マーケティングキャンペーンを組織し効果的に連携することで、クライアントがビジネスを拡大するのを支援することもできる。我々は、プロセスの自動化を通じて顧客サービスの提供を強化しながら、パートナーが流通とパートナーシップを変革できるようにすることを目指している。さらに、必要なホテルへの直接接続や、仮想クレジットカード(VCC)や仮想銀行口座などのさまざまなデジタル決済ソリューションへの簡単で手頃なアクセスをクライアントに提供する。Trip Affiliates Networkはまた、アウトバウンドとインバウンドの両方の旅行事業者向けに、包括的なFIT(フリーの独立した旅行者)とグループ予約およびターンキー操作の自動化ソリューションを提供する。これには、Trip Affiliates Networkと統合されている関連するサードパーティの旅行システムソリューションが含まれる。

我々のビジネス哲学は、クライアントにとって長期的で付加価値のあるITパートナーになることである。そのため、当社の技術インフラストラクチャとサービスは、SaaSPaaS、またはIaaS3つのサブスクリプションモデルのいずれかを使用してクライアントによって利用されている。これにより、セットアップ料金、メンテナンス料金/トランザクション料金の組み合わせの形で収益が発生する。(11/4 https://bit.ly/3jSybqk)

 

11. 2021年の航空会社ロイヤルティ

私は毎年、旅行ロイヤルティ業界がどこに向かっているのかについての私の考えと洞察を事前に公開している。2019年に実施した2020年予測(https://bit.ly/3l84KSz)は難しいものであったが予測は命中した。最も注目すべきは、2020年の「忠誠心を無視する航空会社が苦しむ航空会社」の5番目の予測であった。ロイヤルティプログラムは、航空会社グループ全体よりも価値があることが今や明らかである。強力なロイヤルティ提案を持つ航空会社は、その価値を活用して、切望されている現金投資を確保している。したがって、ロイヤルティは多くの航空会社にとって重要な資産である。業界は来年どこに向かっているのか? 2020年の業界を破壊する出来事を考えると、航空会社のロイヤルティプログラムは12か月後にどのようになるか?これが、2021年に航空会社のロイヤルティ業界で見られるものについての私の予測だ。

(1). ロイヤルティプログラムが、買収するか新しい航空会社を開始する

  A loyalty program will buy or start a new airline 

航空会社に参入するのは、歴史上素晴らしい時期である。航空機は安価で、パイロット、客室乗務員、管理および運用の人員が豊富なのだ。空港は料金を割り引いており、政府は現金および非現金のインセンティブを通じて業界を支援している。資本へのアクセスは安価であり、競合する航空会社は帳簿に数十億ドルの負債を抱えている可能性があり、これにより、新規の航空会社の参入者は、これまでの数年間よりもはるかに良好な財政状態に置かれるだろう。何よりも - 一部の市場では、既存の航空会社は飛んでいない! したがって、競争は存在しない! 新しい航空会社を始める(または安い航空会社を購入する)ことは突然非常に魅力的に見える。ロイヤルティプログラムは航空会社よりも価値があるので、今こそロイヤルティを強化し、今とは逆でロイヤルティ会社に役立つ方法で航空会社を運営する時だ。

(2). 既存のプログラムに追加されたロイヤルティ階層の新しい波

  A new wave of loyalty tiers added to existing programs

今日のほとんどすべての航空会社とホテルのロイヤルティプログラムは、メンバーベース全体のエリートステータスを拡大している。私は、すべての人にとっての包括的無料ステータス拡張の長期的な価値に懐疑的だ。それは悪い考えではないが、これが将来のプログラムを引き起こす次の問題のためである

·           顧客がブランド内で支出するインセンティブがゼロ(大きな$$$リスク)

·           2020年の初めにステータスを延長した暦年の資格期間を持つプログラムは、2021暦年にステータスが延長されることを顧客は強く期待している。

·           現在の環境で旅行やステータスを利用している人々は、現在は超高価値の顧客と見なされている(飛行しているため、他の顧客はそうではないため)、今やその顧客を競合航空会社に失うリスクは大幅に高まっている。

·           近い将来の増収なしのステータスを拡張するためのプログラム(または場合によっては航空会社)の即時コスト(immediate cost)。

無料のステータス延長が航空会社/ホテルユニットの経済に直接影響する悪い考えである理由は他にもある。そのことを念頭に置いて、需要が増加し始める時期に応じて、包括的な無料のステータス拡張によって引き起こされた損害を元に戻す1つの方法は、プログラムが新しいステータス階層(ティア)を作成することである。American Airlines Concierge Key あるいはBritish Airways Gold Guestのようなスーパープレミアムティアを考えてみて欲しい。別のティアタイプは、American AAdvantage Platinum ProAmerican Platinumなど、既存のティアのサブセットである可能性がある。3番目のタイプの新しいステータスティアは、マイレージサービスを対象とした、ゼロと第1ティアの間のどこかになる(基本レベルと一般的なシルバータイプのステータスレベルの間を考えて欲しい)フリークエントであるが、それほどフリークエントではないメンバーとなる。航空会社やホテルは、いかに多くのエリートメンバーを獲得しようとしている、問題は、ロイヤルティプログラムにエリートメンバーが多すぎる可能性があるということである。

(3). テクノロジーリーダーが航空会社を率いる

  A technology leader will head up an airline

航空会社の利益は、テクノロジー、アンシラリー、ロイヤルティ、その他のチケット以外の収益源によってもたらされることを認識しているため、航空会社以外のテクノロジープレーヤーが航空会社のCEOの役割に踏み込むのは時間の問題である。テクノロジー企業は、顧客のライフタイムバリューなどの指標に基づいて運営されており、適切な広告を配信し、不可能を収益化する専門家であり、必要に応じて、現在調査している航空会社よりも多くの収益を航空会社の会員基盤から生み出すことができる。

(4). 新しいエリート会員の特典

  New elite member benefits

航空会社やホテルは、飛行機に乗っている時やホテルに滞在している時に、マイレージサービスのロイヤルティ特典を提供する。しかし、旅行エコシステムの外に出ると、そのゴールドカードまたはプラチナカードは役に立たない。地元のパブに向かい、優先サービスのために航空会社のゴールドカードをパッと提示するとでも言うのか? 今こそ、ロイヤルティプログラムが視野を広げ、航空会社以外のパートナーとの取引をまとめて、航空会社のエリート会員が従来の旅行体験以外のエリートステータスのメリットを享受できるようにする時だ。日常のパートナーを通じて一流のメンバーとの関連性を高めることで、ロイヤルティプログラムと新しいパートナーの両方に価値をもたらすことができる。取引が正しく構成されていれば、ロイヤルティプログラムの新しい収益源にもなり得る。一流の航空会社のロイヤルティ顧客がスーパーマーケットに専用のチェックアウトラインを持っていた場合、または市内のクラブでラウンジにアクセスできる場合を想像してみて欲しい。エリートステータス報酬のこの新しい次元は、ロイヤルティプログラムに新しい収益を提供しながら、新しい顧客ベースのロックを解除する可能性がある。

(5). ロイヤルティ企業は新しい非航空事業を買収する

  Loyalty companies will acquire new, non-airline businesses

旅行ロイヤルティ企業がより洗練され、ホスト航空会社/ホテルから離れて多様化する必要性が高まるにつれて、新しい収入源を探し回る必要性が表面化し始める。サードパーティとの契約を結ぶロイヤルティプログラム(つまり、サードパーティにロイヤルティポイントを購入するよう説得する)の代わりに、航空会社のロイヤルティ会社は、業界でより小さなプレーヤーを獲得するか、その業界で独自の会社を設立することができるかもしれない。新規事業に収益性があり、ホストのロイヤルティプログラムに価値を提供する限り、買収による成長には真の価値がある。*この記事はもともとTravel Data Dailyに掲載された。(11/4 https://bit.ly/3l0vJzk )

 

12. エアビーのパンデミック対応

Airbnbは、8月に公開市場に上場する意向を表明し、多くの人を驚かせた。

 

この動きは、Airbnbが発生の初期段階で会社がほぼ崩壊したことについて話し合ってから数週間以内に起きた(「我々が知っていた旅行は終わった-そしてそれは二度と戻ってこない」とCEO Brian Cheskyは語った)、それから明らかに状況はかなり変わった。差し迫ったIPOは、パンデミックの前と最中に会社の業績を深く掘り下げ、ブランドたちが回復の基盤を形成しようとしている時に、人々により広い宿泊施設のエコシステムのどこに位置するのかを理解する機会を与えた。そのような企業の1つがTransparentだ。これは今週、IPOに先立ってAirbnbにさまざまなデータベースの分析を作成した。

AirbnbCOVID-19危機にどのように反応したかについての精査である。同社は「影響の深さを通じて、そして現在回復の真只中にあるAirbnbは、最も過酷なテストに耐えるだけでなく、IPOに先んじて競合他社よりも優れた生き残りを発揮する能力を示した」と述べている。 

 

次の一連のグラフは、Airbnbが、個人の宿泊施設の予約やその他の要因について、最も近い競合他社と並んでいる場所を示している。

(11/4 https://bit.ly/365XCQd)

 

13. ホテル予約のリセット進行中

最近の歴史の中で初めて、旅行業界は新たに始める方法を学んでいる。今のところ、旅行はもはや消費者の活況を呈している産業ではなく、我々が当然のことと思うことができる無限の旅行ではないようだ。SiteMinderChanging Traveller Reportレポートは、COVID-19パンデミックが4人に3人以上の旅行者の財政状況に“たくさん”または“やや”悪影響を及ぼしたことを明らかにした。それでも、85%以上が、2021年が終わる前に次の国内旅行に行く可能性が高いと述べている。旅行は、特別で、目的があり、より親密な瞬間を意識的に求めている人々にとって再び特権(privilege)になった。それは、地理的、ロジスティック的、または財政的制約の下でさえ、基本的な人権と移動、探求、質問への欲求にベースを置いている。ホテル経営者は、「次のゲストからいくら稼げるか?」と尋ねることから、今日、「ゲストはいつ私のホテルに戻って来るのか」と尋ねている。しかし、2020年の終わりに近づくにつれ、より適切な質問は、「旅行の現在と未来のためにどのようにリセットできるか?」となる。 

過去70年間の旅行の4つの時代

ホテル予約リセットの5つの段階

The five stages of the hotel booking reset

多くは不明なままだが、明らかなことは、今日の旅行者の新しい行動や好みは、一部の人にとって永続的な変化にならないにしても、長引く可能性が高いということである。SiteMinderWorld Hotel Indexを通じて、ホテルの予約サイクルは通常、別のノーマルの状態にリセットされるまで、通常5つの主要な段階を経ることが分かった。

(1). 国内の加速 Domestic acceleration

今年、封鎖が解除されたことを示す具体的な指標に続いて、家の境界から逃れることを切望していた地元住民の間で強い興奮が沸き起こった。

        特徴:国境がほとんど閉鎖されている目的地内での国内予約の増加。

(2). 停滞

国内旅行への関心が再び高まっている一方で、国内旅行だけでは、ほとんどのホテル市場が旅行ブームの間に見られたレベルに完全に戻るのを見るのは当然困難である。このため、消費者の最初の興奮に続いて、ホテルの予約が頭打ちになる。

特徴:局所的な急増またはCOVID-19の上昇が制限を引き起こした後に見られる予約の勢いの低下。

(3). フラックス Flux

コロナウイルスの症例の増加、または他の政治的または社会的課題、あるいはおそらく陶酔感の単純な衰退によるものであるかどうかにかかわらず、不安定化のこの段階は、離脱の非常に現実的な人間の行動を示している。

特徴:COVID-19症例の増加に対する脅迫的な制限または懸念の高まりによる不規則な予約行動。

(4). 受け入れる Embracing

それを快適さまたは単なる受容と呼び、第4段階はすべてニューノームを受け入れることによる安定化についてだ。地元の人々は、最初の興奮、平坦化、そして流動を経験した後、最終的には完全な回復を望んでいる場所に到着するが、世界は単純に異なるという現実を歓迎する。この段階では、通常、旅行者は国内観光を新しいエキサイティングな冒険として受け入れる。彼らは国境の再開を見越して海外旅行を予約するかもしれないが、必要に応じてキャンセルできること、そしてキャンセルすることを知っている。

        特徴:予約行動の不安定さははるかに少ない。

        (4). 国際的な加速 International acceleration

世界はまだこの段階の復帰を目撃していないが(そして我々がそうするまでには何ヶ月もかかるかもしれない)、より持続的ではあるが、国境が再開するにつれて加速が予測される。強力で持続的な国際的な加速は、ホテル予約のリセットへの道の最終段階を形成する。

特徴:1つまたは多くの国からの旅行者の制限が容易になった後の国際予約の増加。

フラックスの現在の状態 The current state of flux

 

927日、World Hotel Indexは、ホテルの予約が世界的に流動の第3段階に入ったことを示している。第3段階への移行は、世界中で2か月間の国内加速が続き、その後、2019年のレベルの5055%の間で12.5週間の停滞が続いた。

この記事の執筆時点で、世界のホテル予約は前年比45%であり、世界中の市場でコロナウイルスの第2波が発生しているため、この段階がどのくらい続くかを知ることは困難だが、それが長くはないことを願っている。

真実は、COVID-19が究極のイコライザーであるということだ。それはかつてないほど旅行業界を民主化した、そしてすべてのホテルが支配を放棄しなければならなかったので、それ自体を反省することは重要である。確かに、ホテルは現在、より目の肥えたゲストとより短いリードタイムの 旅行業界に直面している。予測可能な季節性は終了したのだ。

旅行業界は以前の状態に戻るのだろうか? おそらく、しかしその間に旅行者の希望と期待が進化したことを認識することは重要である。したがって、旅行とは何か、そしてそれが今日の世界で何を意味するかについても我々が考える必要がある。

著者:Mike Fordは、SiteMinderのマネージングディレクター。

(11/4 https://bit.ly/3oZvOWA )

 

14. TravelloBackpacker Deals買収で弾み

旅行ソーシャルネットワークTravelloは、非公開の金額でBackpacker Dealsを買収した。オーストラリアを拠点とするBackpacker Dealsは、ニュージーランドだけでなく、国内の若者市場をターゲットにした最大のOTAであるとTravelloは主張する。この契約により、統合された企業は、若者市場向けの最大の経験豊富なOTAになる。2014年に設立されたTravelloは、最近、Tripadvisorのテクノロジーおよび戦略的イニシアチブの元グローバルバイスプレジデントであるJeff Lewisが取締役会に加わったことを発表した。同社は最近、Flight Centreのオーストラリアの顧客にツアーやアクティビティを提供するためのパートナーシップも発表した。(11/5 https://bit.ly/351d7to)

 

15. ヒルトンで需要回復、第3四半期

Hiltonは、2020年の第3四半期に8,100万ドルの純損失を報告したにもかかわらず、上昇傾向を維持している。2019年同期の29,000万ドルの純利益(net revenue)と比較される。EBITDA22,400万ドルで、ADRの減少に伴い、前年比6500万ドルからほぼ60%減少した。Hilton社長兼最高経営責任者Chris Nassettaは、第3四半期の結果についてコメントし、第2四半期と比較して“有意義な改善”を示していると述べています。「世界中の我々の物件の大部分は現在オープンしており、COVID-19パンデミックが旅行業界に課した制限から徐々に回復し始めており、占有率は第2四半期から20パーセントポイント以上増加しています」と語る。彼は、4月から9月までの月間で、ホテルの占有率は毎月改善されており、アジア太平洋地域は32%、米国は32%、ヨーロッパは31%増加している、流通構成(distribution mix)の変更に関しては、長期的な変化は見られないと述べている。OTA予約は第3四半期に増加したが、同社が期待していた頻度の低い、忠実でない予約であったと彼は言う。930日までの9か月間、純損失は49,500万ドル、EBITDA63,800万ドルであった。前年比は利益71,000万ドル、EBITDA17億ドルであった。 (11/5 https://bit.ly/3p3dU56)

 

16. VIDEO新しい現実・・・Hopper CEO

New Reality With・・・シリーズの次のゲストは、予測モデルとアラートを使用した旅行検索および予約アプリであるHopper CEO兼共同創設者であるFred Lalondeである。(11/5 https://bit.ly/2IbIGHX)

 

17. 次世代ホスピタリティ ソリューション

今日、ほとんどすべての企業が同じ課題に直面している。“少ない労力でより多くのことを行う”ということである。それは事実上すべてのセクターで発生し、最近のグローバリゼーションはその効果を劇的に増幅している。

その結果、企業は、効率、価格、革新性で競争しようとしている間、この課題に対処することができなくなった。それにもかかわらず、企業は人的資本を解放する機会を無視することはできない。

特定の部門で達成された人的資源の最適化は、適切な戦略とリーダーシップを通じて他の部門に移すこともできる。したがって、サービスの品質、プロセスの敏捷性を向上させるだけでなく、反復的なタスクに割り当てられた人的資源の活用不足を回避する。同時に彼らが自分の才能をより適切かつ効果的に使用できるようにする。

これらの人件費節約の概念を買掛金の自動化の場合に適用すると、同じプロセスを手動で実現する場合と比較して、企業は必要な注意を払わないという間違いを犯す可能性がある。それがバックエンドプロセスであることを考えると、ビジネスは間違いなく、それを競争力のあるプロセスにし、競合他社よりも優位に立つために努力を集中する必要があるポイントとは見なしていない。多くの場合、優先順位に関しては、マネージャーがバックグラウンドで残してしまうプロセスだ。

一方、人的資本の最適化は、戦略的になるべきプロセスの1つである。多くの場合、企業には自動化できるプロセスを担当する多数の人員が存在する。さらに、従業員が必要なすべてのアクションを実行する時間を確保できるように、プロセスを可能な限り長くするなど、一般的に間違った戦略が使用されている。

上記のすべては、ビジネスが順調に進んでいる時に適用される。しかし、COVID-19のパンデミックによって特徴づけられる、我々が何ヶ月も経験しているような危機の時には、それはさらに重要である。この場合、少ない労力でより多くのことを成し遂げることは、我々が達成したいビジネスの効率ではなく、会社が存続するための真の必要性なのだ。

この問題がさまざまなタイプの企業にどのように影響するかを知るには、次の重要な点に留意する必要がある。

·         会社が扱う請求書の量が多いほど、このプロセスの自動化によって得られるメリットは大きくなる。我々が知っているように、その類型のために、観光セクター(業界の他のセクターのように)はこの問題に非常にさらされている。

·         さまざまなタイプの企業が、これらのプロセスの改善から恩恵を受けることができる。繰り返しになるが、ホテルチェーン、特に大量のコミッショナー(commissioners)、旅行会社、またはツアーオペレーターと連携するチェーンは間違いなくこのカテゴリに分類される。

·         実際のビジネスプロセスは複雑であるため、ソフトウェアを介してこの自動化を採用することは困難である。多くの場合、内部プロセスはすでに正しく管理されており、ソフトウェアの実装に必要な時間、中断、投資は価値がなく、リスクは得られるメリットを上回っていると考えられている。

·         すでに一元化された契約、数千の年間請求書、幅広いサプライヤ、および複雑なビジネス構造で運営されている企業が存在する。

これらの企業には、請求書の検証、契約に基づいて行われた規定の検証と調整、承認フロー、および複雑な支払いプロセスを適切に実行するための複雑な要件があり、これらは機敏な方法で実行する必要がある。

このすべての複雑さは、追加の問題につながる。このプロセスの遅さと不透明さのために、予約流通業者は来月にいくら支払われるか分からないため、予算に取り組むことは事実上不可能な作業である。旅行業界で25年の経験を持つインドラバラモン教、ヒンドゥー教の神の名称

の企業であるMinsaitは、業界全体のニーズに応じて最適化されていないプロセスを採用する際に企業が犯したエラーによって引き起こされる次のリスクを特定した。

·      アクションを実行するための高い人的資本コスト

·      調整の承認の請求、手動スキャン、自動化されていないサプライヤ支払いなどのエラーが含まれがちな手動プロセスへの依存

·      請求書の承認が遅い

·      請求書が契約条件に合致するかどうかを判断するのが難しい

·      契約へのアクセスの難しさ

·      支払いの滞納、請求書の重複、損失のある請求書、または金額を下回るまたは上回る請求書を回避するためのプロセスの欠如

·      会社のリソースの非効率的な管理

・・・・以下Minsaitのプロダクトの詳細解説であるため省略

 (11/6 https://bit.ly/2IcGiB3)

 

18. 直言:間際予約はアトラクションDNAではない

「早期に予約を確保することは、純利益を高めるだけでなく、アトラクションが関係を勝ち取り、アップセルの機会を提供し、ブランド認知度を高め、アトラクションが終了した後もエンゲージメントを継続するのに役立つ。」Sojernの最高収益責任者であるNoreen Henryからの引用は、アトラクションがどのように売り上げを伸ばすことができるかについての今週のPhocusWireの記事である。旅行者が長い間抱いてきた考え方を変えるのは難しい。アトラクションを訪れたり、旅行で何をすべきかを考えたりすることは、旅行の前夜、または旅行者が物理的に目的地にいる時によく起こる。これは、ツアーやアクティビティのオンライン予約がホテルや航空会社のカウンターパートに加わって以来、チケット販売者(プロダクトの所有者であれ仲介者であれ)が取り組んできた問題だ。たとえばアトラクション自体だけに基づいたレジャー旅行(たとえば、ディズニーをテーマにした目的地)とは別に、旅行者は事前に旅行の計画を立てることができるが、そのような要素を使用して、天候やその他の実際的な考慮事項を考慮に入れてあまりにも前もって予約することには消極的である。そのため、アトラクションは、旅行に先立って直接的な関係を育み、機会をアップセルしようとする試みに関しては本質的に不利となる。しかし2020年はすべての思考の一時停止を与えた - そしておそらくその長年の傾向は見直されるだろう。一方で、コロナウイルスによる旅行の制限が感染の増減に伴って迅速に実施されているため、旅行はかつてないほど短い通知で行われている。これは、数か月前に旅行者の注意を引き付けようとしている人々には当てはまらない。しかし同様に消費者はおそらくアトラクションへの訪問が何であるか(社会的距離、マスクなど)を含め、目的地でできることとできないことについてより意識しているので、これらのプロダクトを早く検索して予約している可能性がある。このセクターで活動している人々にとって最善の策は、大規模に起こっている特定のトレンドに期待を抱かず、テクノロジーとアジャイル戦略を通じて、両方に対応しようとすることである。(11/6 https://bit.ly/3mWLAj9)

 

19. InPhocusエピソード27Duffel

我々ジャーナリストにとって、Duffel2017年のシーンでかなり迷惑な新しいスタートアップであった。それは多くの資金を集め、舞台裏ですべてを行い(スタートアップの専門用語でステルスモード)、途中でインタビューをほとんど応じなかった。英国に本拠を置く同社がついに自社プロダクト(NDCを中核とするプラットフォーム)について公然と話し始めた時、特に一部のコメンテーターが同社を注目すべき企業の1つとして挙げていたため、同社が行っていることに対する懐疑論が消え始めた。航空業界では、チケットを販売する新しい方法に慣れるのに必死になっているようだ。匿名性の相対的なマントはなくなり(The relative cloak of anonymity has now gone)、おそらく2020年の旅行ブランドでは珍しく、Duffelは拡張モードになっている。同社は米国で立ち上げられており(元Uberの従業員であるTyler Trerotolaが率いる)、CEOSteven Dominは米国での見通しについて非常に強気だ。InPhocusポッドキャストのこのエピソードでは、Duffelのステルス時代、パンデミックの最中に大西洋を横断することが正しいことである理由などについて話す。(11/6 https://bit.ly/2U2uJPC)

 

20. 私の足跡エピソード49:FlyrAlex Manns

航空セクターのデジタル化が過去10年間で指数関数的に増加するにつれて、既存の巨人と競争するために多くの新しいビジネスが出現した。そのようなブランドの1つは、米国を拠点としAlex Mansによって設立されたFlyrである。同社は、航空会社とパートナーの収益管理、流通、eコマースに重点を置いており、リアルタイムの動的価格設定で座席とアンシラリーをより適切に販売できるようにしている。Mansは、2020年にCEO就任前に、2013年に最高技術責任者として事業を開始した。これはポッドキャスト記事。(11/5 https://bit.ly/3k3Uvx9)

 

21. ウーバー第3四半期

Uberは、2020年の第3四半期に10億ドルの純損失を計上した。同社によれば、総販売額は前年比10%減の150億ドルで、モビリティ総販売額は50%減少している。一方デリバリーは前年比で135%増加した。モビリティの調整後EBITDAは、第2四半期と比較して19,500万ドル増加したが、前年比では38,600万ドル減少した。デリバリーでは、調整後EBITDA18,300万ドルの損失であり、2020年第2四半期から4,900万ドル改善、前年比で13,300万ドル増加した。全体として、同社の調整後EBITDA62,500万ドルの損失であり、前年比で4,000万ドル改善した。アナリストの電話で、CEODara Khosrowshahiは、モビリティの予約は第3四半期を通じて改善されており、アジア太平洋地域とラテンアメリカ地域が回復をリードしていることを強調している。彼は、都市が移動するにつれてUberの予約も移動し、たとえば10月のニューヨークは201910月のレベルの63%であり、公共交通機関やタクシーよりも早く回復すると付け加えている。Khosrowshahiはまた、食料品の買い物やUberの以前よりも幅広い使用など、さまざまなユースケースに向かう傾向に気付いていると述べている。Uber for Businessは、新しいエンタープライズアカウンが3月以降の同社のトップ50社顧客のほぼ40%を占めるなど順調な成長を遂げている。要約すると、彼は今年がいかに困難であったかを認めているが、Uberの将来についてこれまで以上に楽観的であると述べている。(11/6 https://bit.ly/32lsZW4)

 

22. セイバー3四半期

Sabreは、すべての指標に対するCOVID-19の悪影響を理由に、2020年の第3四半期に31,200万ドルの純損失を報告した。流通大手によると、ITソリューション事業の収益は流通収益を上回っているが、予約数は前四半期比で19パーセントポイント改善している。パンデミックのために世界中の航空、ホテル、その他の旅行予約が減少したことに起因する減少により、第3四半期の連結売上高は前年比10億ドルと比較して27,800万ドルとなったと報告している。

前年第3四半期営業利益は11,300万ドルであったが、今期は23,300万ドルの営業損失を計上した。調整後EBITDAは、前年比143%減の1400万ドルの損失であった。流通収益は1500万ドルで、前年比84%減少したが、ITソリューション収益は前年比46%減の13,200万ドルであった。

パンデミックの影響は、トラベルソリューション事業のインセンティブ費用の減少、“人員関連費用”の削減、技術費の削減によっていくらか相殺されたと述べている。Sabreは、6月に自主退職または早期退職を行った400人の従業員に加えて800人の人員削減を発表した。

Sabreの社長兼CEOであるSean Menkeは、「第3四半期には、GDSとホスピタリティの予約が着実に改善し乗客が搭乗したため前向きな兆候が見られた。我々は、旅行に対する鬱積需要が存在していることを確信しており、これは制限の少ない地域の比較的高い成長率に反映されている。また、テクノロジー変革イニシアチブは、COVID-19パンデミックの反対側で、商業的勝利の加速と収益性の向上につながると信じている」と述べている。(11/6 https://bit.ly/367AwsC)

 

23. アマデウス第3四半期

一部のグローバル市場での国内航空券の販売開始により、Amadeus2020年の財務実績の劇的な低下の一部を緩和させた。スペインに本拠を置くこの会社は、2020年の最初の9か月間で収益が60%減少し、17億ユーロに達した。

グループ全体のEBITDAは、同期間に前年比89%減の19,600万ユーロに達した。同社によれば、流通サービスからの収益は現在、前年比で77%減少しており、2019年の最初の9か月間の24億ユーロに対し、わずか55,300万ユーロが費やされている。IT部門は同期間に36%減少して11億ユーロになった。2020年の最初の3四半期の旅行会社の航空券売上高は82%減少して8,000万になった。その他の予約量(非航空)はわずかに良くなり、52%減少して2,400万になった。Amadeusのもう1つの重要な指標は搭乗した乗客数だ。北米とアジア太平洋地域では、第3四半期に業界の大規模な領域が停止した第2四半期と比較して前年比での減少が小さくなっている。2つの地域は第3四半期にそれぞれ83%と59%減少した(第2四半期には94%と86%)。西ヨーロッパは76%減少し、ラテンアメリカは77%減少した。社長兼CEO Luis Marotoは「我々は、世界の一部で世界的な航空交通のわずかな改善を見たが、旅行はCOVID-19パンデミックによって停滞されたままであった。トラフィック改善は国内の航空旅行によって推進されている。結果として、総予約がキャンセルを上回ったため、当四半期中は当社の航空旅行代理店の予約はプラスを維持した」と語っている。(11/6 https://bit.ly/2U04WqW)

 

24. トリアド第3四半期

Tripadvisorによると、930日に終了する四半期の業績は、世界中の市場で旅行がゆっくりと再開されコスト削減策が実施されたため予想よりも良好であった。また同社は、将来の新しい収益を促進するために、新しい消費者向けサブスクリプションプロダクトを発売すると述べている。当四半期の総収益は15,100万ドルで、第2四半期の5,900万ドルから大幅に改善した。また、第2四半期に7,400万ドルの調整後EBITDA損失が発生した後、第3四半期の数値はプラスに転じて1,500万ドルになったが、それでも昨年の同時期から88%減少している。サイトの月間ユニークユーザー数は、昨年と比較して四半期の毎月増加し、7月の2019年比67%から9月の74%に増加した。収益も同様の軌跡を示し、7月の連結収益は昨年の比較対象期間の約30%、8月と9月の収益は昨年の比較対象期間の約40%であった。先週、ホテル経営者向けの2つの新しいサブスクリプションプロダクトの発売を発表した後、アナリストとの電話で、共同創立者兼CEO Steve Kauferは、Tripadvisorが今後数か月以内に最初の直接販売サブスクリプションサービスを展開すると述べている。Kauferは、プログラムの運用方法に関する具体的な詳細を共有していないが、加入者はホテルや体験の割引や、部屋のアップグレードやスパクレジットなどの特別な特典を利用できるようになると述べている。「我々の見方では、我々のサイトには4億人のユニークユーザーが居る・・・.彼らはすでに計画/購入モードになっている。したがって、このサブスクリプションプロダクトをここで使用する機会は、ユーザーがサイトに居る間に簡単で本当にシンプルになるような方法で価値提案を提示することである」、「そして、我々の供給側を見ると、我々はすべてのアグリゲーターと世界中の数万から数十万の物件やアトラクションと関係がある我々は両方の市場を持っており、我々の機会はそれらをプレミアムパッケージで接続することだ」とKauferは言う。同社によれば、1,500人以上の従業員の一時解雇や一時解雇を含むコスト削減の取り組みにより、2020年には2019年と比較して2億ドル以上の固定費削減が見込まれ、さまざまな事業で回復シナリオを描いている。(11/5 https://bit.ly/2IdwTJc)

 

25. 2020年のホットなスタータップ25

不可能ではないにしても、今年が旅行業界にとって奇妙で困難な年であったことを完全に伝えることは困難だ。 COVID-19のストレスはすべてのセクターと役割に浸透しているが、スタートアップとその創設者にとっては特に困難なようである。その多くは、記録的な成長の真只中にあった業界の一部として大きな勢いで2019年に終了した。幸いなことに、予算の再構成、プロダクトのピボット、パートナーシップの開発、新しい機会の特定、または4つすべての組み合わせなど、生き残るだけでなく、実際にこの特別な年を乗り切る方法を模索している旅行スタートアップがたくさん存在する。

来週の月曜日に、2021年のHot 25 Startupsのセレクションをリリースする。その準備として、1年前に取材した企業である2020年のHot25にチェックインした。我々は彼らに2つの質問に答えるように依頼した:

·      COVID-19のパンデミックによって引き起こされた課題にもかかわらず、あなたの会社にとって2020年のいくつかのハイライトは何でしたか(パートナーシップ、資金調達、戦略の変更、ピボットなど)

·      2021年のあなたの優先事項は何ですか?

ほぼすべての25人から連絡があった。簡潔にするために編集した回答を以下に示す。

AirGateway

  • ハイライト:COVID-19の状況により、一部の航空会社は直接流通(NDC)への転換を加速し、これにより、米国、南アフリカ、およびその他の地域で最初の顧客旅行管理会社に署名することができた。また、現在、年初には範囲内になかった上位25のグローバルTMCと協力している。
  • 優先事項:今後23年以内に多くの再定義が行われるため、より大きく、より簡単な機会が見込める企業旅行に向けた戦略を統合した。我々は、2021年の初めに公開される関連するパートナーシップに署名した。

Bacarai

  • ハイライト:春に、SAP Concur Acceleratorを完成させた。これにより幅広い出張市場にさらされる道が開かれた。
  • 優先事項:学生旅行需要がほぼ停滞しているため、プラットフォームにさらに多くの機能を構築することに重点を置いた。2021年の前半に大きな変化はないと予想しており、2022年の春にグループ旅行が跳ね返る(ワクチン開発を待って)ことを本当に期待している。

ConnexPay

  • ハイライト:今年の夏の初めに、既存および新規の投資家から追加の資金を確保し、過去60日間で2019年全体よりも多くの新規クライアントに署名した。今後も旅行クライアントのサポートを継続して行く。
  • 優先事項:コアテクノロジーと顧客への投資に加えて、2021年には追加の国際決済機能が強調される。最近、クラス最高のカードプロダクトでグローバルな支払い機能を提供するソリューションを立ち上げた。そのソリューションを、世界の他の地域でもカードを受け入れる機能で補完しする。

Cruisewatch

  • ハイライト:ウイルスのため、将来のクルーズ市場に関する社内プロジェクトを実施した。この出発点から、純粋にB2Bに焦点を当てた新プロダクトロードマップを導き出したので、B2CからB2Bにピボットした。新しいウェブサイト、cruisewatch.aiおよびB2Bプロダクトがある。これには、500,000を超えるクルーズレビューの感情分析、価格が変化したときのプッシュ通知用のクルーズ価格アラートAPI、毎日の市場概要ダッシュボード、クルーズ価格予測が含まれる。
  • 優先事項:最優先事項は、業界とパートナーの回復を支援すること。そのため、再起動するまで無料でプロダクトを提供する。フィードバックはイノベーションプロセスの中核であるため、より多くのパートナーにプロダクトを提供し、彼らの経験から学ぶことができる。来年の我々の一般的な目標は、プロダクトパイプラインを実行すること。

Explorest

  • ハイライト:我々のコミュニティは185,000人以上に成長し、1,600以上の世界最高の場所を探索している。10月には、ExplorestアプリをAndroidに導入することで、コミュニティを成長させる次のステップを踏み出した。 2020年に、我々は400,000ドルを調達し、TheVentureCity Growth Programに受け入れられた。
  • 優先事項:我々の場所は、優れた写真家だけでなく、彼らの工芸品やコミュニティに深く関心を持っている人々によってキュレーションされている。キュレーターと場所を世界中に拡大する一方で、コミュニティ、クラフト、ケアに焦点を当て続ける。そして、いつものように、我々は持続可能な旅行と探検に深くコミットし続けている。Leave No Traceとのパートナーシップから、環境を保護し、世話をするために我々自身のコミュニティをまとめる方法まで、責任ある探求は常に我々の使命の中心的な部分である。コミュニティが互いにつながり、自分の場所やヒントを共有できるようにする、エキサイティングな新しいアプリ機能を紹介する。

ForwardX

  • ハイライト:、ForwardX2016年の設立以来、メーカー、小売業者、サードパーティロジスティクス企業からのソリューションへの関心が高まっている。米国にオフィスとテストセンターを開設し、China Merchants Capital’s Sino-Belarussian Fundから1,500万ドルを調達した。また、Intelと提携してソリューションを提供し、プラグアンドプレイのイノベーションアクセラレーターに参加し、中国の5つ以上のローカルパートナーと契約した。
  • 優先事項:我々の最大の焦点は、プロダクト市場の適合性を継続的に改善し、現在および将来の顧客に最も有用で革新的なソリューションを提供すること。この目標を達成するために、次のことを優先します。ソリューションのスケーラビリティを継続的に改善して、より多くのユーザーにソリューションを提供する。市場を拡大して、事業を強化したいあらゆる地域にサービスを提供する。ロジスティクス、製造、小売環境でますます多くのシナリオに対応し続けるために、新プロダクトとプロダクトアクセサリを設計、テスト、導入する。革新的な結果を促進し、幅広い視聴者に価値を提供する、志を同じくするパートナーのエコシステムを作成する。

Futurestay

  • ハイライト:2020年には、Brand New Matter VenturesNew York Angels、および既存の投資家であるNewark Venture PartnersHarvard Business Alumni Angelsが主導して240万ドルを調達した。パンデミック時でも短期賃貸起業家の粘り強さを反映して、2019年第3四半期以降の顧客獲得率は51%増加した。また、Booking.comと提携した短期レンタルのハードウェアにとらわれないオンラインチェックインや、ゲスト滞在間の自動ターンオーバーバッファーなど、プロパティマネージャーが復旧に備えるのに役立つ新機能をリリースした。
  • 優先事項:短期賃貸が回復をリードするために必要なインフラストラクチャを提供すること。

Hotailors

  • ハイライト:我々は法人旅行の低迷を利用し、この落ち着きを利用して、市場オファー、テクノロジー、戦略的フレームワーク、および人的資本を開発した。世界が封鎖される直前に、我々は3か月のSAP.iO Foundry San Francisco加速プログラムに招待され成功裏に完了した。我々は、SAP ConcurおよびSAP Fieldglassを使用して、拡張された従業員の出張にサービスを提供するツールを統合した。また、テクノロジーの“注意義務(duty of care)”の側面を強化するなど、新しい現実に合わせた新しいソリューションを作成した。また、AIモジュールの開発も進めており、ユーザーは自分の好みに合ったホテルをより迅速かつ正確に見つけることができる。我々のイノベーションは、Oracleから関心を集めている。そして、我々は彼らのクラウドソリューションを使用してアイデアをさらに発展させる。また、300万ドルを調達した。これにより、パンデミック時の経済的安全が確保され、イノベーションとテクノロジーの開発に集中できるようになった。
  • 優先事項:我々のソリューションは、法人旅行におけるデジタルトランスフォーメーションの一部である。皮肉なことに、出張が行われていないときに導入する方が簡単である。営業チームを強化し、すでに実施している3本柱の営業戦略を策定した。まず、分析によれば、中小企業は企業よりも早く旅行を再開するため、営業活動はこの方向に向けている。また、従業員が物理的な会議を必要としているため、現在出張している企業やセクター、たとえば生産工場や船主にも連絡を取る。次に、TMCの年間収益分配(これらの顧客が再び旅行を開始した時)であるオファーを作成した。これにより、TMCはコアビジネスにエネルギーを集中できる。一方、ビジネスクライアントは、安全性を高め、旅行費を削減する最新の旅行テクノロジーにアクセスできるようになる。我々が開発している第3の柱は、SAPEYOracleなどの戦略的パートナーと協力したチャネル販売である。2021年にAラウンドを実行することを検討している。

Hotelmize

  • ハイライト:Hotelmizeは、パンデミックにもかかわらず今年多くのことを成し遂げました。2つの重要なことは、中国のインターネット大手であるAlibabaが主導するシリーズBの資金調達ラウンドを終了した。そして第二に、市場の回復が始まる時期に向けて顧客基盤を2倍にし事業規模を3倍にした。
  • 優先事項:2021年に、パートナーのビジネスへの貢献を高め、パートナーが以前よりも早く回復し、強くなるのを支援するために、新プロダクトの体系的なマーケティングと業界への販売を開始する。

Jet-Set Offset

  • ハイライト:2020年の初めに、SAP.iO Foundry San Francisco B2Bトラベルテクノロジーアクセラレーターに参加した。これにより、Jet-Set OffsetSAP Concurパートナーになり、SAP Concurの顧客向けに最初のエンタープライズカーボンオフセットオプションを構築した。Jet-Set Offsetは現在、The Good Travelerの背後にあるテクノロジーとマーケティングを強化している。これは、サンディエゴ空港当局によって開始され、現在、国内で最も気候に配慮した20以上の空港で使用されている持続可能な旅行ブランドである。航空の脱炭素化された未来に向けて取り組む中で、さらに多くの業界パートナーシップを形成する。また、北米全体のオフセットプロジェクトの主要な開発者であるBluesourceとのパートナーシップを構築した。
  • 優先事項:2021年、我々の最優先事項は、グリーンフライト予約テクノロジーの正式な立ち上げ。我々は過去数か月を費やして、環境に配慮した旅行者に、価格やスケジュールだけでなく、二酸化炭素排出量に基づいてフライトを予約する機会を提供する、予約ポイントの意思決定支援ツールを構築した。二酸化炭素排出量は飛行ルートごとに最大20%変動する可能性があるため、このテクノロジーは消費者にさらに多くのデータを提供して旅行の決定を通知し、持続可能な旅行者やビジネスの成長するコミュニティをサポートする。この技術はまた、航空業界内の新しくエキサイティングなパートナーシップのためのさらに多くの機会を提供する。

Journera

  • ハイライト:よりシームレスな旅行を作成するためのリアルタイムデータ交換プラットフォームであるJourneraは、2020年に顧客ベース、プロダクト提供、投資家名簿、チームを拡大した。ハイライトには、Journeraプラットフォームによって処理される4億件を超える予約と25億件のデータイベントが含まれる。複数の業種および補助的な旅行サービスにまたがるプラットフォームに新しい旅行ブランドをもたらす。旅行会社が旅行しようとしている顧客を特定し、旅行中の“非接触”でより安全な旅行を作成するのに役立つ新プロダクトの開発。 GuestyおよびImpalaとのプラットフォーム統合によってサポートされる、ホテルおよびその他のホスピタリティブランド向けの新しいJourney Visionプロダクトの発売。Andreessen HorowitzB Capitalが主導する1,160万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを終了する。投資家としての旅行テクノロジー企業Amadeusのスタートアップ投資プログラムAmadeus Venturesを追加する。
  • 優先事項:Journeraは、ブランドが旅行をより安全で顧客のストレスを軽減する非接触型旅行体験を作成するのを支援することに重点を置くことにより、2021年以降の旅行業界の回復と繁栄を支援することに焦点を当てる。旅行ブランドが旅行している可能性があるが、まだブランドで予約されていない顧客にリーチするのに役立つデマンドジェネレーションオファリング。新しい業種、新しい顧客、新しい地域に拡大している。

Lifehouse

  • ハイライト:2020年、我々はCOVIDの前に偉大な投資家から資金を調達したばかりで、非常に生産的で部分的に幸運でした。独立系ホテル経営会社“Life Hospitality”の立ち上げに成功、リノベーションを必要とせずに独立系ホテルのオーナー様をサポートしている。Life Hospitalityにより、ポートフォリオのサイズが3倍になり、AAA Five-Diamond, Forbes Five-Starラグジュアリーホテルからアトランタの375-keyホテルまですべてに署名した。また、メキシコの3つのホテルで国際展開の旅に乗り出し、ナンタケットやデンバーなどの一部の市場でLifehouseブランドの新しいホテルをいくつか立ち上げた。今年後半と2021年に展開する準備ができている機関グループから、3億ドルを超える新しい不動産資本パートナーシップを確保した。また、技術チームの成長を続け、コストと不要な労力を継続的に自動化し、ゲストエクスペリエンスを向上させるための新機能の立ち上げに忙しくしている。
  • 優先事項:成長するブランドや管理会社を買収するためのさまざまな合併や買収の機会を積極的に模索している。また、年末までに発表する大規模な戦略的パートナーシップと不動産パートナーにより、現在および将来の有意義な利益を促進する。今後もメキシコでのポートフォリオ拡大を図り、COVIDなどの改善が必要な独立系ホテルの購入に積極的に取り組んでいきたいと考えている。苦戦しているホテルの市場規模が拡大するにつれて、特に支援が必要な不動産のトレンドに対応するために、いくつかの新しいブランドを立ち上げる可能性がある。

Magpie

  • ハイライト: Magpieプラットフォームユーザー(有料ユーザーを含む)の数が増え、ユーザーがMagpieプラットフォームに追加したプロダクトの数が増え、プラットフォームの使用量が全体的に増加した。昨年の500のツアーおよびアクティビティプロダクトがプラットフォームにロードされていいたが、今日は10,000を超えている。今年、Headoutと最初のOTAパートナーシップ契約を締結した。 Headoutに加えて、オペレーターがTripadvisor / ViatorExpediaGetYourGuideMusement / Booking.com、その他多くの再販業者などのOTAで、プロダクトコンテンツを公開および管理できるようにする統合がある。新しいフルサービスプロダクトであるMagpie Promotesを開始した。これは、オペレーターが予約を配信する再販業者/OTA配布プログラムを構築および実行するのに役立つフルマネージドサービスを提供する。Magpieプラットフォームに30以上の新機能を追加し、OTAと再販業者向けの開発者APIを立ち上げ、Magpieプラットフォーム上のすべてのオペレーターとプロダクトコンテンツに柔軟にアクセスできるようにした。
  • 優先事項: 2021年には、3つの主要な焦点がある。1つは、より多くの再販業者契約に署名すること。2021年までに、何百もの新しいOTAとディストリビューターをMagpieプラットフォームに導入することを目指している。次に、再販業者のネットワーク全体でコンテンツを高度に制御できるようにするための機能と、APIのさらなる開発を含むOTAおよび再販業者向けの機能の二つの機能の構築を継続する。そして第三に、新しいオペレーターをプラットフォームに導入し、Magpieがコンテンツ管理と配信の取り組みに加えることができる改善点を紹介する。

Pilota

  • ハイライトと優先事項:COVID-19が旅行業界でもたらしている継続的な課題に対応するために、プロダクトスイートを拡張することを決定した。我々の最初のプロダクトは、航空便スケジュール変更のリスクに重点を置いており、健康と安全のリスクを含むようにリスク評価プロダクトを拡張することを決定した。今年初めにFlySafeを発売した。これは、旅行者がオンライン予約プラットフォームで閲覧する時に、旅行の健康と安全のリスクを評価できるプロダクト。レジャー旅行者向けに無料でダウンロードできるChromeストアで入手できる。

Questo

  • ハイライト:2月に売上高で過去最高を記録した。Questoを使用すると、ツアーガイドやグループとやり取りすることなく、人々は自分で可能な限り安全な方法で都市を探索できる。COVIDから7か月後、我々は50の新しい都市で立ち上げ、30を超えるツアーオペレーターと提携し、夏の間は予想よりも早く回復した。今後、我々の目標は、地元の人々と旅行者の両方にとって、世界一の都市探検アクティビティになることである。
  • 優先事項:2021年も、世界中のパートナーと協力して新しいクエストを作成し続ける。すでに利用可能ないくつかの都市でのプレゼンスの強化も開始する。

Setoo

  • ハイライトと優先事項:確かに2020年は非常に困難であったが、AmadeusOYO homesのような少数の顧客/パートナーを確保することができ、既存の顧客との仕事を拡大することに非常に忙しかった。SetooB2B2Cの会社であり、最高のユーザーエクスペリエンスで消費者に適切な保護を提供していることを理解しているオンラインビジネスと協力している。このために、Amadeusは我々と提携し、これは達成された最大のステップの1つであると考えている。

SnapTravel

  • ハイライト:COVID-19の期間中、会社を黒字化することができ、成長ラインに復帰した。メッセージングを介して顧客と直接関係を持つことと組み合わせたプロダクトの調整により、この困難な時期に利益を上げて成長することができた。
  • 優先事項:顧客は、チケット、ツアー、アクティビティ、レストランなど、現在提供している以上のものを求めている。我々の優先事項は、卓越した顧客体験を維持しながら、顧客が望むものを提供できるように事業を拡大することである。

Travelbank

  • ハイライト:COVID-19の初めに、企業が分散した労働力の簡単なオンボーディングと経費管理の経験を可能にするソリューションを必要としていることは明らかだ。これは、当社の戦略をピボットし、顧客に経費方針を刷新し、支出を調整するための迅速かつ簡単な方法を提供する機会と見なした。在宅勤務機能と最近の経費管理機能のリリースから、オールインワンの出張および経費プラットフォームの経費面を優先した。この世界的大流行によって引き起こされた課題にもかかわらず、我々は今年いくつかの素晴らしい企業と提携することができて幸運であった。今年の後半だけでも、Upside TravelおよびWorld Travelと提携して、ユーザーの経費体験を向上させた。U.S. Bankとのパートナーシップはまた、仮想カードが支払いの未来であると信じているため、我々にとって重要なマイルストーンをマークした。仮想カードと共にInstant Cardの動作を確認することは素晴らしいことだ。
  • 優先事項: 2021年にTravelbankは、U.S. Bankとのパートナーシップを優先し、仮想カードと企業カードの管理を2倍にする。いつものように、我々は引き続き経費とクレジットカードに重点を置き、非接触型決済を推進する。これにより、顧客データのセキュリティとプライバシーが優先される。出張の回復に関しては、もちろんそれがいつでも、我々はその復帰の準備ができている。

(11/6 https://bit.ly/2GBF8P3)

 

26. 112日の週の資金調達

  Tourplus 100万ドル調達

旅行者にパーソナライズされた旅行の旅程を提供するスタートアップであるTourplusは、100万ドルのシード資金を調達した。マレーシアのビジネスエンジェル投資家Jin Hui WongGT-MAX、中国のアクセラレーターSSOVがラウンドで同社を支援している。マレーシアを拠点とするブランドのサポートには、多くの無名の投資家も含まれている。2015年に立ち上げられたTourplusは、東南アジアのDianpingのトリップアドバイザーになりたいと述べており、その資金をプロダクト開発とマーケティング計画のサポートに使用する。同社は、国内市場および東南アジアの他の場所で3,000人を超える登録済みツアーガイドのデータベースを構築している。 (10/2 https://bit.ly/36331HO)

 

 

 

+++++

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座