海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

20201026

海外事情 1019日号

 

“ニューノーマル”という言葉が頻繁に使われ出した。コロナ禍で人々の生活が大きく変わり、かつてのノーマルが通用しなくなっているというのだ。確かに、経済と社会が大きく影響を受け、リモートワークが広がり、人々のライフスタイルまでが変わりつつあると言われている。それも世界中で・・・。

 

我が国では、オンライン医療も時限的かつ特例的扱いとして何とか始まった。しかし教育現場のオンライン授業が困難だとかの問題も露呈した。特別給付金の支給遅れや、保健所間のFAX連絡だとか、ハンコも含めて行政の非効率な面が、まざまざと浮き彫りにされ、世界のDXの時代に日本の致命的なデジタル化の遅れがはっきりした。オンライン化が遅れているのは何も旅行業界だけではなかったのだ。何とも情けないことに日本全体の問題なのだ。政府は、デジタル庁を設置してこの問題の抜本的改善に至急取り組むという。

 

今週号でも、以下の通り6つの記事でニューノーマルに関する引用が多数見つかる。

 

1. 劇的変化10ヶ月で学んだ10項目」では;

·         古いルールブックを破棄して新しいルールブックを作成する必要があった・・・

·         パンデミックにより、今後数年間で大きな変化と革新が見られる可能性がある。

·         新しいセグメントやバーティカル市場にピボットして賭けをしなければならなかった・・・

 

2. 旅行業界はCOVID-19に立ち向かえ」では;

·         次のノーマルの機会に、どのような方法で抜け出し、そして繁栄する挑戦に立ち向かうのか?

·         COVID-19の先を見据えて、このパンデミックを乗り越えて繁栄するために・・・次のノーマルの運用を構築できる。

·         テクノロジーを使用して新しいサービスを提供し、物事のやり方を改善すれば、COVIDを超えた成功の基盤を築くことができる。

 

9. 旅行のリテール、透明性必要」では;

·         今月ATPCOのオープンインダストリーサミット:フライトショッピングの新しい現実での円卓会議が開かれている。

 

10. COVIDT&Aのタッチレステックを進展」では;

·         パンデミックは、消費者からの高まる期待に応えながら、業界の時代遅れの技術を更新するというすでに差し迫った必要性に火をつけ・・・

 

13. エクスペディア、コロナ禍でOTAs重要と主張」では;

·         ホテルはこのネクストノーマルで旅行者を引き付けることを目指しているため・・・

 

14. エミレーツ、ニューノーム拒否、力強い回復」では

·         社長のClarkは“新しい規範(new norm)”の信者ではないが、・・・経済の再建における航空の重要性を強調する。

 

ご覧の通りの冗長でしかもごく短文の引用なので、何とも美しくなく分かりにくい。この言葉が広く使われていると知らせたくて、敢えてくどくど引用させて貰ったのだ。

そしてこれらの記事では、ニューノーマルにはテクノロジー(テックや技術)がキーワードとなるという。今週号全体では全部で40回弱もこの言葉が引用されている。

 

さて、「ニューノーマルに備えろ」と言われても・・・、どのようなネクストノーマルになるのかがさっぱりではどうしょうもない。生き残りに必死な企業たちは、コロナ前の状態に“バックツーノーマル”するのが精一杯だ。現業に全く携わっていない者が、外電を意訳して紹介しているとはいうけれど、実際の日常の大変な苦労のかけらも知らないで勝手なことを言っていると反発されるかもしれない・・・。しかしながら、激動の時代には、そこかしこに商機と勝機が転がっていると歴史は語っているじゃないか。

(編集人)

 

目次

1. (TJ) AMEX GBT30SecondsToFly買収

2. (TJ) GYG、航空機機内でT&A予約開始

(TJ)=トラベルジャーナル 119日号参照

3. 劇的変化10ヶ月で学んだ10項目

4. 旅行業界はCOVID-19に立ち向かえ                10/12週 閲覧第1

5. Opertoの新CEO

6. VIDEO:ツアーの新世界の理解

7. ViaFleetonomy買収

8. VIDEO:パンデミック禍の旅行者                    10/12週 閲覧第2

9. ブッキング、ホテルサービスツール閉鎖

10. 旅行のリテール、透明性必要

11. COVIDT&Aのタッチレステックを進展            10/12週 閲覧第3

12. 私の足跡エピソード46 Lastminute.com Fabio Cannavale

                         10/12週 閲覧第6

13. ATPCOの新CEO

14. エクスペディア、コロナ禍でOTAs重要と主張      10/12週 閲覧第4

15. エミレーツ、ニューノーマル拒否、力強い回復

16. 直言:試みてみろ、現実から逃避できない

17. VIDEO: Christian Watts, Magpie Travel            10/12週 閲覧第5

18. 1019日の週の資金調達

·     ツリーボ600万ドル調達

·     サイヤーV. 子会社上場で1.75億ドル調達

·     Cover Genius 120万ドル調達

 

 

3. 劇的変化10ヶ月で学んだ10項目

「書き換えRewrite、巻き戻しRewind、再起動Reboot、再構築Rebuild」というテーマは、WebinTravelWiT)の最近のTravelZero.0イベントの中心であった。4日間にわたって、旅行業界のあらゆる分野の上級管理職が、現在の回復傾向と将来の展望について話した。

ハイブリッドイベントの重要なポイントの概要は次のとおりである。

 

(1). 何か新しいことを学ぶことができるように、すべての悪い習慣をやめる準備をして欲しい

  Be prepared to unlearn everything so that you can learn something new

ハイブリッドWiTを編成する際に、古いルールブックを破棄して新しいルールブックを作成する必要があった。John Brown (Agoda)Cyril Ranque (Expedia Group)

がこのパンデミックで死語となった言葉を尋ねられた時、彼らはそれぞれ“レートパリティ”と“last room availability”と言った。

旅行技術エバンジェリストのJohnny Thorsenは、航空会社の流通を新しい世界にもたらすためにIATAによって導入されたNDCNew Distribution Capability)は、複雑(complicated)すぎるおよび煩雑(complexity」として取り消される(be written off)ことを提案した。彼が正しいかどうかは関係ないが、重要なのは現状に真正面から挑戦し、正しい解を見つけることである。

 

(2). 旅行は小さく、技術は大きく

  Travel will get smaller, tech will get bigger

旅行が縮小して統合するにつれて、それは何か大きなものの小さな部分になるのだろうか?旅行は、スーパーアプリ、マーケットプレイス、またはウォレット内のニッチなプロダクトになるのか?テクノロジーやプロダクトに投資している人たちが勝者になるのだろうか?Wegoは、旅行以外の新しいeコマースブランドの立ち上げに賭けている。GlobalTixは営業および運用スタッフを解雇し、技術開発者を雇用した。Trip.com Groupの国際線ビジネス担当シニアディレクターであるC. T. Ooiは、航空会社について次のように述べている。「OTA側では、数も少なくなり、大きい方がより大きくなる。このような時、より強くなるのはテクノロジーやプロダクロに投資できる人たちだ。サバイバルモードにある人は投資できなくなる」と言っている。

 

(3). 生き残るための戦いは、大規模な技術変革を加速し、古い技術でさえ再び流行させる

   The fight for survival will accelerate big-scale tech transformation, even old tech gets hip again

QRコードが1994年から出回っているとは信じがたい。デンソーウェーブ(当時はデンソーコーポレーションの一部門)がリリースを発表したのはその時で、QR迅速な対応を意味する。現在、QRコードをスキャンせずにシンガポールのどこにでも移動できない。COVIDによって加速されたその幅広い採用を見て欲しい。1960年代頃のクラウドも同様であるが、勢いを増しておりパンデミックに伴い超高速化するのはごく最近のことである。

Accor Asia Pacificの副CEOであるLouise Daleyと、Future Now Venturesの共同創設者兼パートナーであるChris Leeとのセッションで、採用が遅れた理由は、企業を説得させることと、それにリソースをコミットさせることの難しさであることが分かった。Daleyは「行動の変化は非常に困難であり、組織は従来のモデルから新しいモデルに変更するのに長い時間がかかる(つまり、オンプレミスからクラウドへ)。また、仮想または無形のものを取締役会に説明するのが難しい場合もある」と述べている。

Carnival Corporationの最高経験責任者兼イノベーションオフィサーであるJohn Padgetは、アマゾンウェブサービス(AWS)の旅行およびホスピタリティ担当マネージングディレクターであるDavid Pellerから、OCEANプラットフォームとPrincess Cruiseの船で着用できるOceanMedallionウェアラブルを介したゲスト体験のコネクテッドのビジョンを実現するのに20年かかった理由について尋ねられた時に、「企業を変えるのは難しい。その規模のイノベーションにはコミットメントとリソースが必要であるため時間がかかる。変わる必要がなければ、人間の本性は現状を維持することだ。しかし、生き残るために戦わなければならない時は、変化は加速する。そのため、パンデミックにより、今後数年間で大きな変化と革新が見られる可能性がある」と同様のことを述べている。

Padgetが、セッションの直前にパネルがあったセントーサ島のような小さな島にOceanMedallionが最適だと言った時も、私を元気にさせてくれた。

OCEAN Platformでは、IoTを使用して休暇のエクスペリエンスから摩擦を取り除き、TrulyTouchless支払い、動的な経路探索、同乗の船客ロケーター、パーソナライズされた旅程などのパーソナライゼーションを強化している。それは乗船をスピードアップする。オンデマンドサービスを促進する。どこでも使える力 個室へのキーレスアクセスさえにも使える。そのためにPrincess Cruiseの船上で、基本的に最初のスマートシティを作成した。そして、それはすべてOceanMedallionと呼ばれる小さなウェアラブルデバイスによって可能になる。 

OceanMedallionは、CarnivalxIoTネットワークと通信する。何千ものセンサー(約7,000)が、船内、クルーズターミナル、大型バス、電車、空港、一部の寄港地などのエクスペリエンスの環境にゲストがエンゲージしていることを認識し、乗組員にその情報を提供する。より良いサービスを提供するために、各ゲストに関する情報を提供するのだ」とPadgetは言う。

事実上、セントーサは独自のスマートアイランドになる可能性がある。もちろん、シンガポールには国全体をスマートシティにするという大きな野心があるが、現在シンガポールで唯一の国内休暇の島の遊び場であるセントーサは良いパイロットになるだろう。必要性は変革の母である。

 

(4). 成長について別の考えをし、周辺のものを捨てる

   Think different about growth, sunset the peripheral stuff

企業は成長を再考している。Klookの最高執行責任者兼共同創設者であるEric Gnock-Fahは、“COVIDが私のために書き直したものについての講演で、彼が挑戦した考えの1つは、より多くの成長のためにもっと多くのことをするのではなく、より少なくすることがより多いと述べている。「COVID以前の成長は、垂直的および地理的な拡大に関するものであったが、今では、最も重要な優先事項に焦点を合わせて、業務をさらに合理化する必要があった。一部の市場では、短期的には付加価値がないことを認識して、特定のプロジェクトを痛々しいほど終了させながら、新しいセグメントやバーティカル市場にピボットして賭けをしなければならなかった。我々が行った、そして今非常に焦点を合わせている新しい大きな賭けは、ステイケーションとレンタカーだ。我々が終了しなければならなかったプロジェクトはRestaurant

 

(5). 大きくなるか深くなるか Go big or go deep

今ほど真実はない 真ん中は粉々になった残片に圧迫されるだろう。ローカルおよびハイパーローカルに移行した世界では、より深く進むか、グローバルステージで戦いを選択するかのどちらかだ。IxigoCEOであるAloke Bajpaiは、2019年に、Ixigoが全国のユーザーにサービスを提供できるように8つのインドの地方言語でアプリをリリースし、その戦略が成果を押し上げていると述べている。「現在、ユーザーのほぼ65%がTier 234の町から来ている」と彼は付け加える。

KlookGnock Fahは、現時点でグローバルネットワーク効果とハイパーローカルを再考し、「スケールアップした旅行会社の競争力を構築するグローバルネットワーク効果は、今日の状況ではもはや関係ない。より強力な地方自治に向けた市場投入の柔軟性とスピードを高めるために、組織構造を再設計する必要があった」と語る。

 

(6). 行動主義と回復 Activism and recovery

旅行が停止している期間、我々はぼんやりと座っていることなどできない。たとえば、Expedia Groupが主導するコンソーシアムは、シンガポールとモルディブをパイロットとして使用して、レジャー用の安全なグリーンレーンを開く方法を提案している。モルディブがシンガポールからの訪問者を歓迎する準備ができているので、それはシンガポール政府からの青信号を待っている。このパイロットが成功する場合、さまざまな旅行回廊にも適用することができる。旅行には政府の問題を解決するための技術と関係(tech and relationships)があり、これはスーパーレベルでのコラボレーションを発揮する。

 

(7).コミュニティの台頭の夜明け The rise and rise of communities

恐怖と疑惑に満ちた世界では、人々はコミュニティに目を向けている。彼らが分断されないようにするために、旅行はこれらのコミュニティが共通の興味(ダイビング、食事、トレッキング)によってリンクされていることを確認する必要がある。旅行ほど結合力があるものははない。「コミュニティが関心のあることを発見することほど、変化の力はない」– Margaret J. Wheatley

 

(8).需要の獲得と需要の生成 Capturing demand vs generating demand

不足する時代に、旅行ブランドは顧客を獲得することについて創造的にならなければならない 収穫対狩猟であると、TravelokaChristian Suwarnaは言う。IxigoBajpaiは、マーケティングに常にゼロを費やしていたので、何の違いもなかったと述べた。Klookは、それについて別の考え方をしている。Gnock-Fahは、ローカル化したグローバルな世界では、地元の人々は自国に精通しているため、検索を介して需要を把握するための手引きはもはや関連性がなく、したがって必要な調査は少なくなる。代わりにOTAは需要を生み出すために自己改革する必要があり、それが私たちの強みになると語る。Klookは、体験予約プラットフォームとして、旅行者がやるべきことを見つけて予約するように促すソーシャルコンテンツを中心にマーケティングエンジンを構築した。その戦略に沿って、最近アプリ内Klook Liveをリリースした。パイロット市場での結果は非常に心強いものであった。ライブショーで取り上げられたエクスペリエンスのコンバージョン率は大幅に上昇した。

 

(9).アジアの旅行市場は、国内へのシフトにより、長期的にはより強くなるだろう

Asia’s travel market will come out stronger in the long term because of the shift to domestic

長い間インバウンドに依存してきたアジアの市場は、今や国内基盤を発展させなければならず、これは長期的にのみ良いことである。TMG Groupの会長であるTran Trong Kienは、パンデミックが彼を国内市場に目覚めさせたと述べている。国内市場は、ベトナムでは決して小さいものではなく2,000万回の旅行が存在する。中国や日本のような国々が、この時期に観光国際収支赤字に対処するために何ができるかを考えてみて欲しい。私が最近読んだ記事によると、昨年末まで、中国は2019年に推定15,500万人の中国人が海外を旅行したため、世界の他の地域との間で大きな観光赤字を抱えていた。そして、これらの旅行者が最大の赤字の創出に貢献した。 2019年の2,167億ドルの観光赤字は、2,611億ドルの総サービス貿易赤字の83%を占めたのだ。ForwardKeysによると、中国では旅行の回復が順調に進んでおり、8月中旬の時点で、中国の空港への国内線の到着は2019年のレベルの86%に達し、予約(発行された航空券)は2019年のレベルの98%に達した。この国内線の増加は中国に役立つだろう。現在、国内観光は中国のGDP10%を占めており、これはさらに高くなる可能性がある。

 

(10).商品が国境を越えない場合、兵士が越える When goods don’t cross borders, soldiers will

「境界を越えるセールスマンの流れを手に入れれば、障壁は自然に崩れる」– Al Rabin, Peddler in Paradise (1914)。この引用は、Rio Tinto Groupのグローバルな旅行および費用管理カテゴリーのリーダーであるMichael Molloyとのセッションで共有された。Molloyは、旅行会社と同じくらい企業は出張の流れを維持するためにできる限りのことをしなければならず、我々が最初にリードして、できるだけ早く出張し、可能な場合は会議を開く必要があると言う。Trip.comC. T. Ooiにとって、これは彼の中国国外への最初の出張であった。彼はグリーンレーンの手配でシンガポールに旅行した。そのプロセスは非常に骨の折れるものだったので、絶対に不可欠でない限り、それを行うことはないだろうと語る。先週、日本からシンガポールまで、アジア全域の政府が国境を開放するという発表が相次いだのは良いことだ。次に必要なのは相互主義である。(10/12 https://bit.ly/2FoiE3j )

 

 

4. 旅行業界はCOVID-19に立ち向かえ

旅行ビジネスは、COVID-19を生き残るだけでなく、次のノーマルの機会に、どのような方法で抜け出し、そして繁栄する挑戦に立ち向かうのか?今準備が整っているTMCは、旅行が再開された時にそうでないTMCよりも早く復活するだろう。この期間をナビゲートする際に焦点を当てるべき4つの重要な領域がある。それは、収益(revenue)、組織(organization)、運用(operations)、テクノロジー(technology)だ。危機が収まるにつれ、TMCが徐々に収入を回復するだけでは十分でない。彼らは収益プロファイルを再考し、長期的に自分たちを位置づけ、競争に勝つ必要がある。TMCは、従業員の最善の働き方に基づいて、運用モデルを再考する必要がある。McKinseyによる最近の調査によると、さまざまな業界で事業を展開している企業は、新しいリモート販売モデルが従来のチャネルと同じかそれ以上の効果を発揮していると述べている。エージェントは、回復が完全に始まる前に今すぐ移動し、忠実な顧客を取り戻すためにターゲットを絞ったキャンペーンを開始する必要がある。健康と安全の向上に焦点を当てる。価格を調整し、リモート販売をサポートするために営業部隊を再スキル化する。テクノロジーを使用してプロセスを合理化および自動化し、営業担当者がより多くの販売を行えるようにする。エージェントは、COVID-19後、クライアントが何を優先事項としているか、何に最も価値を置いているかを理解し、それらの洞察に基づいてサービスを開発する必要がある。健康と安全は重要な推進力であり、企業がどこに旅行するか、いつ旅行するかに影響を与える。最新の個人化された情報を含む接続された旅行(connected trips)は、回復に大きな役割を果たす。TMCは、Travel Radarなどの最新の出張承認ベースのアプリケーションをすでにインストールしている。これにより、クライアントのポリシーを構成および管理し、旅行コンサルタントが正しい情報と予約機能にアクセスできるようになる。これらの新しいアプリケーションは、十分な情報と即時の意思決定のループ全体を閉じ、出張旅行開始ポリシーとプロセスが実施される場合、TMCの次の注意義務レベルを推進する。企業は、新しいプロセスとルール、および旅行手順の変更を採用する予定である。変更は頻繁かつ迅速に行われる。旅行会社は迅速に行動する必要があり、その可能性を維持し、プロセスの変更を迅速に実施して優位に立つ必要がある。企業は出張旅行を開始する準備ができて熱心になっているので、競争に先んじてその顧客基盤を回復するために迅速に対応する必要があるかもしれない。したがって、成功する企業は、ビジネスにおける業務の役割を再発明し、エンドカスタマーへの応答性を大幅に向上させることで新しい価値を生み出す。アジャイルで緊急のオペレーティングモデルを開発する。

 

オペレーションの再構築 Rebuild operations

TMCは、新しいレベルの可視性とエンドカスタマーの接続性を生み出しており、多くの人たちが彼らの技術的なニーズを優先させている。エージェントは、提供するサービスとビジネス予算の管理方法を改善しようとしている。企業は、人件費をより効率的に追跡したいと思うだろう。購入者の行動に関するデータを収集および分析するAberdeen Groupによると、最大70%の企業が、旅行関連の企業経費を管理するための新しい方法を見つけたいと考えている。これらの運用上の変更は重要であるが、持続可能である必要がある。エージェントは、さまざまな潜在的なショックから保護し、外部のサプライヤーやパートナーの利用を増やすなど、迅速に行動する必要がある。新しいレベルのビジネスレジリエンスを作成することは、時間とリソースの両方で常にコストがかかるが、柔軟性のコストを大幅に削減する新しいデジタルおよび分析ツールの波が現在利用可能である。Concur Completeは、日常のプロセス(低運賃の検索、座席の確保、発券)を自動化および管理して作業プロセスを合理化する。比較的新しいプレーヤーであるUnlocked Dataは、最近、支出とリスクを調べて将来の支出を予測するCOVID予測を立ち上げ、Travel Operationsは旅行会社の日常業務をサポートするソリューションを開発した。このようなツールは、生産性を向上させ、クライアントに優位性を与える柔軟性を生み出すように設計されている。多くのTMCは、コロナウイルスが発生する前にすでに運用をデジタル化していた。これらの取り組みを今すぐ加速することで、生産性、柔軟性、サービス品質に大きなメリットがもたらされる可能性がある。ただし、先に進む前に、自身の業務を理解し、ビジネスに適切なソリューションを推奨できる我々のような代理店に相談する価値がある。企業は旅行のポリシー、承認、およびレポートを構成できる一方で、コマーシャル、サプライヤー、バックオフィスを管理する需要が高まっている。TMCは現在、航空会社との直接接続、ホテルのコンソリデーターおよびアグリゲーターを備えたNew Distribution CapabilityNDC)を提供する新しいシステムを探している。これらのプラットフォームは、多くのGDSプロセスとそれが関連する料金の外で予約を生成し、数か月の労力を数週間または数日に圧縮するオプションを提供する。COVID-19の先を見据えて、このパンデミックを乗り越えて繁栄するために、TMCは、支出への刷新されたアプローチを中心に次のノーマルの運用を構築できる。これらの新しいテクノロジー対応の方法論は、コストの透明性を加速させている。より多くの自動化とテクノロジーを備えた新しい作業方法は、長い期間をかけて登場して来た。このパンデミックはこのペースを早めている。従業員は、新しいツールを使用してリモートでタスクを完了する方法を学んでいる。手動の反復タスクが減ると、変更はさらに進む。そのほとんどはデジタルツールを使用してもたらされている。成功する企業は、ビジネスにおける業務の役割を刷新し、エンドカスタマーへの応答性を大幅に向上させることで新しい価値を生み出す。

 

物事を行う新しい文化 The new culture of doing things

危機を乗り越えると、TMCは成長とスケーラビリティに関する重要な質問に答える必要がある。これは主に、意思決定にデータと分析を組み込む能力、クライアントをサポートすることを学ぶ能力、および他のパートナーとの価値を育む文化に依存する。すべてのビジネスはテクノロジービジネスであり、重要なのは顧客の深い理解である。これはテクノロジーによって可能になる。過去6か月で、我々が互いに交流し、購入し、ビジネスを行う方法に変化があった。これらの変化により、デジタルテクノロジーの採用が驚異的なスピードで加速し、あらゆるセクターに広がっている。企業は野心的なデジタルアジェンダを設定する必要があるが、それは迅速に提供できるものでなければならない。テクノロジーは旅行業界の回復に重要な役割を果たしており、新しい取引が成立し、パートナーシップが生まれている。最近、Flight Center Travel Groupは、ホテル、フライト、交通機関を従業員に推奨するAIプラットフォームのためにテクノロジー企業WhereToを買収した。SabreMindsayテクノロジーを統合して、TMCと航空会社の自動カスタマーサービスを可能にした。企業は野心的なデジタルアジェンダを設定する必要があるが、それは迅速に提供できるものでなくてはならない。パンデミック後の世界では、多くのことが変わっているため、通常のビジネスでは十分ではない。American Expressの戦略およびイノベーション担当副社長であるJohnny Thorsenは、最近のCAPAの記事でTMCと旅行サプライヤーについて「今すぐアップグレードしないと、競合他社がコストベースとしてアップグレードした時に、アップグレードした競合他社に比べてコスト高すぎて新しい世界でサービスを提供する能力が低下するため、ほぼ確実に廃業する」と述べている。今、組織の復旧、運用、変更に焦点を当て、テクノロジーを使用して新しいサービスを提供し、物事のやり方を改善すれば、COVIDを超えた成功の基盤を築くことができる。著者:Gavin SmithElementのディレクター。(10/12 https://bit.ly/3lGLrj0 )

 

 

5. Opertoの新CEO

ホテルおよびレンタルテクノロジーのサプライヤーであるOperto Guest Technologiesは、新CEO Steven Davisを迎えた。退任するMichael Driedgerは、元の環境に優しい建築会社に再び焦点を合わせるために去ったとOpertoは言う。

Davisは、201810月から経営し共同設立した金融機関であるSlalom Capitalから参加した。カナダを拠点とするOpertoは、ホテル、バケーションレンタル、サービスアパートメントなどの宿泊部門向けのスマートテクノロジーを構築している。

プロダクトには、キーレスエントリー、省エネツール、騒音と占有率の監視、ワークフローの自動化、その他のスマートホームデバイスの制御が含まれる。南アフリカで、AppleでキャリアをスタートさせたDavisは、「Opertoは、宿泊業界の実在の人々の現実の問題に取り組み、それを解決している。過去2年間の急速な成長は、この事実を物語っている」と述べている。これは 20203月に録音された、How I Got HereポッドキャストのDriedgerへのインタビューだ。(10/13 https://bit.ly/3iS3OzH )

 

 

6. VIDEO:ツアーの新世界の理解

ツアープロバイダーは、日帰りツアーから長い冒険旅行まで、ユニークで構造化された体験を何世代にもわたる旅行者に提供して来た。しかし、業界の他のすべてのセグメントと同様に、コロナウイルスのパンデミックの発生により、このセクターは頭を悩ませている。ツアーオペレーターは取り残されるのか、それとも新しい目的を見つけるか?そして、接続されたローカルツアーやアクティビティの世界は完全に復活するのか?これらの質問に、特にパンデミックの真只中で答えるのは難しいが、この分野で活動しているブランドは、毎週、物事を理解するために最善を尽くしている。次のゲストたちが、PhocuswrightのアナリストであるDirk Roglが主催するパネルに登場し、9月のPhocuswright Europeイベントでこれらの問題などについて話し合った。

  • Falkensteiner Venturesのマネージングパートナー兼共同創設者であるBeat Blaser
  • Tiqetsの創設者兼社長であるLuuc Elzinga
  • MTS GlobeCEOMichael Frey
  • Tourlaneの共同創設者兼共同CEOJulian Weselek
    (10/13 https://bit.ly/3lHdy1E )

 

 

7. ViaFleetonomy買収

カーシェアリングサービスViaは、そのフットプリントをロジスティクスと配送(delivery)に拡大するために、フリート管理ソフトウェアプロバイダーのFleetonomyを買収た。取引条件は明らかにされていない。Fleetonomy買収により、Viaは公共交通機関を超えて拡大し、ラストマイル商品の配達に対する需要の高まりに対応することを目指している。ニューヨークを拠点とするViaは、コロナウイルスの流行により、不可欠な輸送サービスと商品配送の必要性が高まっていると述べている。Fleetonomyの技術と需要予測と車両利用に関する専門知識は、Viaのロジスティクスソリューションの進歩に役立つ。2017年に設立されたFleetonomyのテクノロジーは、フリートの所有者とモビリティサービスプロバイダーが独自のアプリベースのモビリティサービスを開始し、車両の利用率を高めるのに役立つ。イスラエルのテルアビブを拠点とする同社のパートナーには、トヨタ、BP、アウディが含まれる。Viaのテクノロジーは現在、世界中の150を超える都市と交通機関で使用されている。2012年に設立された同社は、自治体、交通機関、学校、非営利団体、そしてますます多くの配送プラットフォームをサポートするために、オンデマンドで事前にスケジュールされた輸送サービスを提供している。3月、ViaEXORが主導するシリーズEラウンドを調達し、その時点の同社の価値は225,000万ドルであった。(10/12 https://bit.ly/377dC6L )

 

 

8. VIDEO:パンデミック禍の旅行者

米国、英国、スペイン、フランス、ドイツ、イタリアの消費者は、健康プロトコルに関する詳細情報を求めており、柔軟性と払い戻しを提供する予約オプションを探しているが、旅行に関する主な懸念はCOVID-19に罹るリスクだ。COVID後の時代における旅行者の態度、期待、行動を評価するために、Phocuswrightは、7月に米国、英国、スペイン、フランス、ドイツ、イタリアの8,000人以上の成人を対象に「回復への道(Path to Recoveryシリーズを調査した。回答者の65%から78%は、国によって異なるが、旅行中または目的地にいる間にCOVID-19に感染するのではないかと心配していると答えている。しかし、その懸念はすべての国の一部の消費者によって抱かれているが、それは米国の旅行者に最も影響を与えているようだ。パンデミックの前に、Phocuswrightは米国とヨーロッパのオンライン人口が同じような率で、レジャーで旅行したと言う。COVID-19の発症以来、米国の回答者はレジャー旅行を計画する可能性がはるかに低いことを示している。米国の回答者の61%は、20217月までに旅行するつもりはないと述べているが、ヨーロッパでは24%から40%の範囲である。そして、20217月までに旅行を計画している人にとっては、ワクチンよりも感染率の低下が重要であるが、それまでに旅行を計画していない人は、ワクチンの入手可能性が最も重要であると言う。コロナウイルスに関する懸念とは別に、回答者は、航空会社、ホテル、クルーズ船、その他のサプライヤーが使用している衛生プロトコル、および払い戻し、キャンセル、再予約のポリシーに関する情報の必要性が高まっていることを示している。実際、旅行のキャンセルまたは延期によってお金を失うリスクは、調査対象の旅行者の35%から52%にとって最大の懸念事項である。

 

COVID予防策 COVID precautions

調査対象のすべての国の回答者は、どのような安全対策が不可欠であるかを尋ねられた時、交通機関、宿泊施設、アトラクション/アクティビティ、クルーズのカテゴリ全体で、スタッフと旅行者の両方がフェイスマスクを選択した。旅行者はまた、接触の激しい表面や機器の徹底的な消毒、距離と密集の削減を望んでいる。また、旅行者の大多数は、旅行会社はフェイスカバー、ワイプ、または手指消毒剤を提供する必要があると述べている。重要なソリューションのリストには、発券またはチェックインに非接触型テクノロジーを使用することがある。回答者は、非接触型テクノロジーがクルーズセクターで最も重要であると考えている。クルーズでは、COVIDテストが必須と考えられているカテゴリでもある。9月に開催されたPhocuswright Europe 2020イベントで、PhocuswrightのリサーチアナリストであるMadeline Listが、ヨーロッパの消費者からの調査結果を共有した。(10/13 https://bit.ly/3jYeCxw )

 

 

9. ブッキング、ホテルサービスツール閉鎖

Booking.comは、宿泊施設プロバイダー向けの一連のBookingSuiteツールとサービスを閉じている。同社によれば、WebDirectBookingButtonRateIntelligenceChoiceProの各プロダクトは、今年の1130日から廃止される予定である。プロダクトのアプリストア要素は残るが、Booking.comコアビジネスに向けてリソースを展開し続け、長期戦略に投資することを望んでいるため、プラットフォームのサポートを終了する。BookingSuiteは、Booking.comの親会社であるBooking Holdings2014年と2015年に一連の買収を行った時に始まった。アイデアは、ホテル経営者に役立つBooking.com管理システム内のツールのポートフォリオを開発することであった。買収は Buuteeq(マーケティングおよびデザインサービス用)とHotel Ninjas(予約および流通用)であり、どちらも2014年に非公開の料金で購入された。買収後、20155月に収益管理プロバイダーPriceMatchによって接合された。3社のプロダクトは最終的にツールのコアカルテット(WebDirectBookingButtonRateIntelligenceChoicePro)に変身し、20193月にアプリストアが立ち上げられた。このストアは、ホテル経営者の日常業務を支援するさまざまなツールをカバーする、業界のソフトウェア会社が提供するサービスのコレクションである。ストアは、価格の最適化、アップセル、ゲストコミュニケーション、オンライン評判管理、ハウスキーピング、ゲストサービス、メッセージング、レビューなど、さまざまな要素に分割されている。それぞれは、すべてのタイプのホテル、ゲストハウス、アパートを含むプロパティの所有者が利用できる。BookingSuiteの主要要素の閉鎖は、1130日の締め切り前に、現在プラットフォームを使用して収益管理、マーケティング、およびWebサイトの運用を新しいパートナーに切り替えるBooking.comネットワーク上のホテルを説得しようとするベンダーの急増を必然的に引き起こした。(10/14 https://bit.ly/3k17MYm)

 

 

10. 旅行のリテール、透明性必要

COVID-19ウイルス自体への懸念に加えて、旅行を検討している消費者は、目的地の安全性と状況、航空会社やホテルなどのサプライヤーの衛生プロトコル、柔軟な料金、キャンセル、払い戻しの複雑さを理解することに取り組んでいる。今月のATPCOのオープンインダストリーサミット:フライトショッピングの新しい現実での円卓会議で、消費者に焦点を当てたSkyscanner, Expedia, Hopper3つのオンライン旅行プラットフォームのプロダクトマネージャーは、この種の有用な情報を提供するのは難しいが、旅行者が予約するのに安心を感じるのを助けるためにも必要であると述べている。「これまで顧客が気にかけていたことではないが、今では顧客が理解できる言葉で顧客にどのようにコミュニケーションを取り、26ヶ国の言語で、56POSに展開するかという難題に直面している」とExpedia Groupのプロダクト管理ディレクターJanet Hsiaoは言う。SkyscannerのシニアプロダクトディレクターであるPhil Donathyは、Skyscannerは、旅行者に明確に市場の情報を提供することと、OTAなどのパートナーがプロダクトに透明性を構築するのを支援することの両方を目的としていると述べている。「業界は、今までこのようなものを複雑にする方法を作って来た。旅行者は単純化が大好きで、情報の単純さが大好きだ。データの構造がそこにないので、大規模にそれを行うのは本当に難しいと言うのは一種の汚い言い訳だ」とDonathyは言う。HopperのシニアプロダクトマネージャーであるLinda Abrahamは、その課題の1つは、Hopperのモバイル専用インターフェースの限られた不動産(real estate、つまり画面スペース)でユーザーが必要とする情報を提供することであると述べている。Abrahamは、価格よりも柔軟性がHopperのユーザーにとって最も重要な要素になっていると述べている。また、プラットフォームでは、ユーザーが求める旅行の種類や予約期間にも変化が見られる。「現在、ユーザーの50%以上が、数か月以内の旅行を予約している。我々は主にレジャー旅行に焦点を当てて来たが、過去数か月にわたって見たのは、友人や家族の訪問率の増加である。より多くの人々が何処に行くかについてより慎重になり、おそらく彼らが旅行している場所に長く滞在する」とAbrahamは言う。Hsiaoによると、Expediaでは、旅行日のほんの数日前か、かなり前の2つの極端な状況のいずれかで予約が行われているとのことだ。「彼らは意欲的で、旅行したいと思っているが、3か月で状況は良くなると考えている。したがって我々のトレンドはすべてブッキングウインドウとは関係なくなっている。以前は素晴らしいベルカーブであったが、今ではラクダのこぶになっている」と彼女は言う。Donathyはまた、Skyscannerはユーザーの好みに変化が見られていると述べている。「伝統的に、人々はフライトを探すためにSkyscannerに来る。しかし、私たちはレンタカーを販売しており、我々のレンタカー事業は完全に狂ったように上昇している。米国を見ると、5月から6月にかけて233%上昇した。逆に、ヨーロッパでは、南ヨーロッパでかなりの国内旅行が見られる。イタリアの北からイタリアの南、スペインの北からスペインの南に飛んでいる人々、自国内でビーチで休暇をとっている人々だ。したがって、短距離の移動が急増していることは間違いない。「旅行熱はそこにあり、需要はまだあり、それはただそこらを動き回っているだけで、もちろん実需は全体的に落ち込んでいる。しかし、緑の芽がそこにあるように感じる。」と彼は言う。 (10/14 https://bit.ly/3dqJQLi )

 

 

11. COVIDT&Aのタッチレステックを進展

ツアーやアクティビティは、セクターとして成熟しつつあった。 流通とデリバリーを改善するための技術面で成長しようとして、10年、おそらくそれ以上を費やした。 

このセクターは投資家からも大きな注目を集めており、多くの大手旅行会社からプロダクトポートフォリオの成長部分と見なされていた。その後、パンデミックが発生し、その進展は阻止された。ツアーやアクティビティのビジネスでは、顧客がほとんどゼロになっているのを目にした。多くは閉鎖または休止状態になり、他の企業は仮想ツアーを行うためにスクランブルをかけ、最終的に安全に再開する方法を調査した。

彼らのサービスを適応させることができたそれらの会社の後者のセグメントは、消費者が群衆を避けて地元のことを探すのでツアーや活動の初期の勝者と見なされた。

たとえば、Questoは、セルフガイドツアーで新しい都市に拡大することができ、最近、首都での体験のためにロンドンタクシーツアーとのパートナーシップを発表した。

しかし、ほとんどの人は、パンデミックがツアーやアクティビティテクノロジーですでに起こっていたことの多くを加速させていると認識している。

 

トレンドを加速する Accelerating a trend

ツアーおよびアクティビティ業界のチャネル管理およびデジタルチケットのスペシャリストであるRedeamCEOであるMelanie Meadorは、非接触型ソリューションの需要が大幅に増加していると述べている。彼女は、パンデミックは、消費者からの高まる期待に応えながら、業界の時代遅れの技術を更新するというすでに差し迫った必要性に火をつけ「紙のバウチャーを印刷し、他の人と並んで、そのバウチャーを誰かに渡して検証し、ゲートで読み取り可能なチケットを渡すように人々に依頼することは、COVIDの世界では起こり得ない」と言う。Meadorは、ツアーやアクティビティのチェックインプロセスは、チケットを提供したりゲートを開いたりできるキオスクを備えた、さらに開発される領域であると考えている。これにより、人間との対話の必要がなくなり、おそらくより多くの役割を果たすことができる。急速に進化する可能性が高いセクターの他の技術の進歩は、アトラクションが補助的な収益機会とデジタル決済ソリューションを活用するのに役立つと彼女は付け加える。最大のアトラクション企業のいくつかが、現在の現実での運営の面で先導しているのは当然のことである。たとえば、Disney Park and Resortsでは、入場量を減らすためにシステムを調整する必要があり、チケットを購入したら顧客はパークの訪問日を指定する必要がある。また、パークの再開に先立ち、6月には非接触型セキュリティや手荷物検査を可能にする技術が試され、QRコードで閲覧できる非接触型メニューも導入された。より多くのリソースを持っている大規模なプレーヤーが自分の経験を適応させるのは簡単だが、それでも小さなアトラクションや.エクスペリエンスは、前進する方法を見つけている。小規模なオペレーターの多く、またはMeadorハワイでカヤックを2つ持っている男と言っているように、目立つようにし、デジタルの世界で簡単に予約できるようにする以外に、大きな変更を加える必要はない。

しかし、宮殿、美術館、ギャラリー、歴史的家屋については、テクノロジーの新興企業やより確立されたプレーヤーが解決策を提案している。たとえば、Diventoは、既存のデジタル予約システムを採用して、歴史的な家屋や美術館が訪問者向けのタイムスロットシステムで再開できるようにした。

他は、アトラクション内のニーズに応えている。Realife Techはライブイベントスペースで活動している。以前はLiveStyledと呼ばれていた同社は、6月下旬に720万ドルの新規資金を受け取り、イベントの安全性に重点を置く予定であると語った。

Realifeモバイルアプリは、イベント中にナビゲートするのに役立つ情報をユーザーに提供するが、歩行者の交通量の多いエリアなど、安全に関する個人へのメッセージを調整して回避することもできる。一方、Wishtripは、アプリ内のスタッフとゲストのチャット、アトラクション内でのゲストの分布を確認し、過密状態とゲストを混雑の少ない方向に誘導する通知をプッシュするマッピングシステムを通じて、リモートで管理できるようにすることで、アトラクションとパークの再開を支援していると述べている。同様に、Data Duopolyは、訪問者がサイトのさまざまな領域に均等に分散されるようにすることで、アトラクションが社会的距離を実装するのにも役立つ。

Xplor-ITテクノロジーを通じて、同社はエンゲージメントを高め、体験をゲーム化して楽しい要素を取り戻すこともできる。消費者が常にウイルスを思い出さないようにするためには楽しい要素は重要だ。

 

どこがおもしろいのか? Where’s the fun

ConnectGO共同創設者であるAnthony Palermoは、現在の状況を、リスク回避のリマインダーとしてヘルメットをかぶらなければならないことに例えている。彼は、アトラクションが安全性とセキュリティの懸念に対処するだけでなく、素晴らしい体験を生み出すために非接触技術を実装することがいかに重要であるかを強調する。「我々は自信を取り戻したいと思っている。それがステップ1だが、ステップ2は、もう一度楽しくする必要があるということだ」と語る。 彼の会社は、リストバンドなどのウェアラブルに無線周波数IDを内蔵しており、会場やアトラクションで支払い、チケットの引き換え、ブランドエンゲージメント、ゲーミフィケーションに使用できる。Palermoによると、リストバンドは、消費者が購入したプリロードされたパッケージを有効にするだけでなく、LED照明と触覚振動デバイスを介して制御と追跡にアクセスし、互いに近すぎる場合に人々に警告する。

将来的には、チケット、モバイルウォレット、パスポートを含むテクノロジーのパッケージが、ウェアラブルや電話で1つのアプリケーションにまとめられることを期待している。他の専門家は、一部のツアーやアクティビティではデジタルサークルがほぼ完成していると信じている。約20年前に人間の小売りと人間の配達から始まり、その後デジタル小売りと人間の配達に進んだものが、今ではデジタル小売りとデジタル配達に移行している。それは、自律型観光ベンチャーAutouraCEOであるAlex Bainbridgeによる発言だ。自律運転車は34年後には現実のものとなり、それは人間が提供し続けるツアーが豪華なものだけになることを意味するかもしれないと彼は言う。彼の究極のビジョンは自律型観光車両であるが、技術が発展するにつれて、同社は旅行会社がブランド化できる都市や地域のタクシーツアーなど、観光ボットであるSahraでさまざまなモデルをテストして来た。Bainbridgeは、Autouraが具体的に取り組んできたものだけでなく、一般的にデジタル配信にも利点があると述べている。本質的に物理的に離れているだけでなく、エクスペリエンスをパーソナライズすることもできる。それは、言語や食事の要件などの好み、または人工知能要素が質問をし、答えに応じてタック(方針)を変更する、より調整されたインタラクティブなツアーに帰着する可能性がある。彼はまた、目的地における訪問者のより多くの活動時間を作ることができるはるかに柔軟なツアーの未来を見ている。平均的な半日ツアーは最大4時間だが、自律的な観光体験は、体験の大部分を占めるフードストップと地元の文化を備えた1日ツアーを構築することができる。通常、目的地で1日に1つの商業的エクスペリエンスを購入するだろう。現在、合計15時間のアドレス可能な市場があり、デジタル配信であるため、限界費用はかからない。将来は不透明だが、自動車メーカーは自律型セクターに多額の資金を投入しているので、自動車はそれほど遠くない将来に重要な役割を果たす。(10/14 https://bit.ly/3dr2Glw )

 

 

12. 私の足跡:エピソード46 Lastminute.com Fabio Cannavale

Lastminute.comグループの名前は元々からの名前ではない。BravoFly Rumboは、2015年にオンライン旅行業界の元ヨーロッパのこの人気サイトを買収した後、コーポレートアイデンティティをLastminute.comに切り替えた。2004年以来、ビジネスの先頭に立っているのは、スペインのOTA eDreamsの元創設者であるFabio Cannavaleだ。彼は、11年間に一連の買収と成長プログラムを通じてBravoFlyを成長させた。同社は現在、スイスに本社を置くヨーロッパのOTAの中位グループに位置し、40か国と17の言語でWebサイトを運営している。Cannavaleが、How I Got Hereポッドキャストの最新ゲストに参加する。(10/15 https://bit.ly/3jY2uwF )

 

 

13. ATPCOの新CEO

Orbitzの共同創設者兼CTOとして最もよく知られているシリアル(連載)起業家Alex Zoghlinは、現在の社長兼CEORolf Purzerの後に、111日にATPCOに加わりCEOに就任する。Zoghlinは、旅行業界の歴史において長く多様な存在である。Zoghlinは、2003年後半のIPO後にOrbitzを離れると、G2 SwitchWorksを設立、航空会社とサードパーティのディストリビューター間の直接接続を提供した。彼はTravelportが会社を買収した2008年にそこを去り、その後旅行業界以外で働いた後、2013年にHyatt Hotelsのエグゼクティブとして再入社した。最近では、Machine Learning Venturesの創設パートナーを務めている。

Purzer1996年にATPCOに入社し、2017年から社長兼CEOを務め、2018年初頭のRoutehappyの買収を監督した。Routehappyの創設者であるRobert Albertは、7月までATPCOに留まった。Routehappyの統合により、ATPCOは近年、運賃申請業務を超えてサービスを拡大し、価格に加えてさまざまな属性とサービスに基づいて、より近代化されたフライトショッピングを促進している。

ここ数ヶ月、ATPCOは、航空会社と販売チャネルがCOVID-19ポリシーを消費者によりよく伝えるのに役立つ複数のコンテンツプロダクトを作成した。また、6月には、パンデミック関連の旅行制限による変更の処理を航空会社が自動化できるようにする緊急時の柔軟性ソリューションを発表した。Purzerのリーダーシップの下、ATPCOSITAと提携して、IATAの新しい流通機能(NDC)標準の採用を簡素化するように設計されたNDC Exchangeプラットフォームを作成した。彼はまた、業界の女性リーダーを育成するために、2018年にATPCOLead From the Frontプログラムを含む社内イニシアチブを開始した。ATPCOの取締役会議長であり、ブリティッシュ・エアウェイズのグローバル収益部門の責任者であるJerry Foranは、彼は基本的にATPCOを現代の産業ユーティリティに形作り、その革新はフライトショッピングをより良い方向に変えた。AlexATPCOに参加することで、組織は良好な状態にあり、将来に向けて適切な位置にあり、統合された中立的な組織として業界に貢献し続ける」と述べている。(10/15 https://bit.ly/3nUBEbc )

 

 

14. エクスペディア、コロナ禍でOTAs重要と主張

COVID-19の発生は、消費者がどのようにして旅行するのだろうかを含め、消費者の生活様式をひっくり返した。そのため、旅行業界は大きな打撃を受けた。世界旅行ツーリズム協議会によると、世界経済は2020年に旅行および観光セクターから5.5兆ドルの損失に直面している。パンデミックは依然としてあらゆる種類の人々と企業に脅威をもたらしているが、特に米国では、旅行業界は実際に回復の初期の兆候を見ている。しかし、COVID-19は人々の移動方法と意思決定方法を変えた。Expedia Groupの新しい調査によると、消費者が再び旅行を始めると、OTAが業界の景気回復を推進する上で重要な役割を果たす。これは、業界最大のeコマースブランドの1つによる明白な主張かもしれないが、Expediaによると、パンデミックの発生前と発生後に実施された消費者調査に裏打ちされているとのことである。

 

なぜOTAs Why OTAs

Expedia Groupが調査会社BVABDRCと提携して作成したレポート“Quality CountsThe Value of OTA Travelers”では、米国の旅行および観光セクターに対するOTAの貢献、OTA旅行者の支出パターン、およびOTAのホテル予約の役割を検証している。この調査では、パンデミック前の201911月から20202月までの約1,900人の米国国内旅行者と、今年の6月から8月までの追加の消費者を調査した。レポートによると、旅行者はCOVID-19以前よりもOTAを介して旅行を予約する可能性が57%高く、ミレニアル世代とジェネレーションXの旅行者は仲介業者を介して予約する可能性が最も高いとされている。調査によると、旅行者がOTAを好む理由には、最良の1泊料金(69%)、最良の部屋(40%)、1つの場所の物件の比較(35%)などがある。旅行者の3分の2以上が、予約を決定する上で最も重要な要素は価値であると述べている。一方、旅行者の3人に2人は、OTAを使用して旅行の計画や調査を行っていると述べている。実際、国内(61%)と海外(74%)の旅行者の大多数は、ホテル、フライト、レンタカー、アクティビティなど、旅行の少なくとも1つの側面を計画または調査するためにOTAを使用している。調査および計画段階でOTAを使用する国内旅行者の56%および海外旅行者の71%も、OTAを介して予約する可能性がある。

 

旅行者の行動 Traveler behavior

パンデミックが発生する前は、OTAの旅行者は、ホテルから直接予約する旅行者と比較して、より多くの宿泊日を過ごし、より多くの施設を利用し、地域社会に多くの収益をもたらした。平均して、国内のOTA旅行者は5泊近く滞在するが、直接予約者は4泊強滞在する。海外からのOTAの旅行者は、直接予約者の7泊と比較して、ほぼ7泊半滞在する。この調査では、パンデミック前の国内OTA旅行者は、直接予約者よりも1回の旅行あたりの費用が16%多いことも分かった。そして、OTAの旅行者はもっと安い料金を望んでいるという考えにもかかわらず、彼らは宿泊施設に直接予約する人とほぼ同じ金額を費やしている。国内のOTA旅行者は、直接予約者(16%)と比較して、高級ホテルを予約する可能性も高くなっている(22%)。さらに、OTAの旅行者は、目的地と支援コミュニティの両方に対してより多くの経済的刺激を生み出し、食事と飲み物に12%、レンタカーに27%、活動に6%多く費やしている。

 

今後の展望 Looking ahead

報告書によると、8月に調査されたアメリカ人のほぼ3分の2は、2021年までに生活が通常に近い何かに戻ると信じている。旅行を計画している時期については、23%が次の13か月で旅行すると答え、28%が次の6か月で旅行することを期待し、22%が次の612か月で旅行することを期待している。残りの回答者は、彼らが熱心であるけれども、彼らがいつ再び旅行するかについて確信が持てないと言う。2020年夏の自動車旅行は20196月と比較して6月に20%増加した。宿泊施設については、中規模ホテルと高級ホテルがそれぞれ13%と30%減少したが、予算と高級ホテルが依然として最も人気のあるホテルタイプであった。旅行者はまた、別の宿泊施設への関心が高まっており、旅行者の3分の2は、バケーションレンタルがウイルスにさらされるリスクが低いと考えていると述べている。米国の家族の半数は、柔軟な学校のスケジュールが休暇の柔軟性を高めていると述べており、旅行者の40%は、柔軟な休暇、つまり長期のビジネス休暇やレジャー休暇を予約する可能性が高いと述べている。ホテルはこのネクストノーマルで旅行者を引き付けることを目指しているため、変化する旅行者の行動を受け入れ、進化する旅行者のニーズを満たすために戦略を変える必要がある。Expedia Groupは、宿泊施設プロバイダーが目立つように、柔軟なキャンセルポリシーや食事券、無料駐車場、部屋のアップグレードなどのインセンティブを提供するだけでなく、強化されたクリーニングプロトコルを採用することを推奨している。さらに、旅行者の70%がチェックイン前にアメニティに関する情報を受け取りたいと言っているため、ホテルはゲストとのコミュニケーションに重点を置く必要がある。(10/15 https://bit.ly/354q44A )

 

 

15. エミレーツ、ニューノーム拒否、力強い回復

航空会社が2019年に近いレベルに回復する可能性がある時期は、現在2024年頃と予測されている。多くの業界専門家たちは、出張はパンデミック前のレベルに戻らないと予測しており、長期的には10%から15%の間の減少と推定している。

しかしEmirates社長Tim Clarkは楽観的な見方をしている。同社は最近、A380の機内シャワーおよびバー施設を再開した。Clarkは、これはブランドを常に念頭に置く戦略の一部であると言っている。CAPAの今週初めのイベントライブで、Clarkは、自分は“新しい規範(new norm)”の信者ではないが、「ビジネスを続けると確信し、かつて行ったことを続けることは非常に重要だ。最後の10ヶ月の間に抑制された需要は、少なくとも後69ヶ月は抑制され続ける可能性があるものの、非常に力強く跳ね返って戻って来ると信じている」と付け加える。さらに彼は、「そうなると、ビジネスを継続している我々は、我々が使用しているプロダクトを使用して、我々が既に知られている企業であることを確なものにする必要がある。多くの人たちが航空会社は規模を縮小する必要があり、航空業界ははるかに小さくなると予想しているが、Clarkは、これは混乱(disruption)であり、航空会社にとってはパンデミック前の成長曲線を取り戻すと想定する必要がある」と述べている。彼の楽観的な見方は、政府間の議論や需要回復のための感染テストの受け入れを進展させるまでには至っていない。考えられるその方法について尋ねられた彼は、「それについて楽観的ではない。全てはレッセフェールの教義で適者生存が、結束の試みがあった時に政府と彼らが取っている行動を推進しているようである」述べている。

 

最も暗い瞬間 Darkest moments

彼の気持ちは、政府は孤立して行動し続け、“最大の犠牲者”は航空、ホスピタリティ、観光になるだろうということである。「何ヶ月も前に、これが良くなるどころか悪化すると見た。パンデミックが再発した場合はさらに悪化し、政府はかなり厳しい措置を講じるだろうと」語っている。彼は特にヨーロッパ市場に言及し、政府が国内航空会社に対して保護貿易主義になる可能性があることについて言及した。彼は、感染テストと感染者の追跡がより効果的になることについて楽観的ではなく、政府を説得することは困難であると付け加えた。Clarkは、経済の再建における航空の重要性を強調する。これは、同じ仮想イベント中でのWestJet CEO Ed Simsの発言と符合する。

Simsは「我々が言ったことは、航空会社が国の経済回復において重要な役割を果たす必要があるということだ。エッセンシャルワーカーとの法人顧客ベースが自由に移動できるようにすることで、国の流動性が生まれる」と述べる。政府は当然公衆衛生を優先しているが、彼は、航空会社をウイルスの“拡散のエージェント”とは見なしていないと付け加えた。回復に関して、Simsは来年の“最も暗い瞬間”の可能性に40%、より楽観的な見方は50%から60%の可能性と見積もっており、低コストの迅速な検査とワクチンがなければ実際の本格的回復はないだろうと語る。

WestJetはすでに4,000人を解雇、さらに6,000人を一時解雇する必要があり、Simsは需要の増加を期待してキャッシュフローの燃焼と柔軟な労働力のバランスを取る必要があると話す。(10/16 https://bit.ly/2SZ4AAH )

 

 

16. 直言:どんなに頑張っても、現実から逃避できない

6か月で大きく変わった、これは会社の歴史のどの時点でも当てはまる諺だ。しかし、北半球の夏が始まった頃にコロナウイルスの発生が遠い思い出にはならないことが明らかになると、どのビジネスもこの2四半期で大きく変わったのではないか。4月にGetYourGuideGUG)は、ある種立派な決定をした。GYGは、世界中の多くの国が前月にとうとうロックダウンに屈した時点で、業界の他の多くの企業が迅速に実施したレイオフを回避するための適切な戦略をとると発表したのだ。

労働力の観点から会社組織を維持するためにレイオフをせず、“経費を削減し、予測を調整し、現金を保全できている”ことは、大胆で、おそらく賢く、確かに幸運だった。

それは、GYGがいつも見せる大胆な行動だったと主張する人もいるかもしれない。GYGは、同社の競争相手や専門家たちが長年にわたって何度となく持ってきた、莫大な投下資本を育て増やすGYGの能力に対する懐疑、に逆らってきた会社なのだ。

しかし、コロナウイルスは実際には全く消え去ってなく、間引きされた旅行、観光、ホスピタリティ部門を動員するのに役立つワクチンは未だ開発されていない。

2020年第4四半期の厳しい現実は次のとおりである。3月〜6月の間のほとんどで、人々、旅行ブランド、社会にとって暗かったのと同じくらい暗く、企業はCOVID-19が続くにつれて、生き残るために大胆なアプローチ以上のものを必要としている。

自分の賭けに保険をかけてきた期間はおそらく終わっている。

業界は、国の後押しによって意味のある規模にまで回復することはほとんどないことを受け入れる時が来た。多くの旅行者は、2021年までしばらくの間、(彼ら自身の決定または彼らに課せられた制限のいずれかによって)身をすくめることになるだろう。そして、私たちが旅行と目的地のプロセスを体験する方法は、今後数年間で非常に異なるものになるだろう。 今は間違えなく、もっと小さく、もっと賢く、と考え続ける時だ。 (10/16 https://bit.ly/3nZ9ewJ )

 

 

17. VIDEO: Christian Watts, Magpie Travel

New Reality With ・・・シリーズの次のゲストは、Magpie Travel and Skyline Sightseeing San FranciscoCEOであるChristian Watts

PhocusWireKevin MayとのWattsの議論は、20201013日火曜日にLIVEで放送された。(10/16 https://bit.ly/346gYFm)

 

18. 1019日の週の資金調達

·         ツリーボ600万ドル調達

バジェットホテルTreebo Hotels600万ドルを調達した。既存の投資家であるMatrix Partners India, SAIF Partners, Bertelsmann India Investments, Ward Ferry Managementが現金投資した。LinkedInの投稿で、インドのバンガロールを拠点とするビジネスの共同創設者であるSidharth Guptaは、資金はTreeboSaaSビジネス向けのプロダクトの構築に向けられると述べている。会社の声明によると、テクノロジーは常に“重点分野”であり、同社はエンジニアリングチームとプロダクトチームを強化する予定。最近のブログ投稿で、同社はSaaSの成長と、クラウドベースの不動産管理システムのホテルにとっての主なメリットを強調している。 同社は昨年、Hotel Superheroを立ち上げ、予約、資産管理、その他の機能を1つのプロダクトにまとめた。Treeboは、近年、複数のラウンドで6,000万ドル以上を調達した。2016年には約1,700万ドルを調達し、2017年には3,500万ドルのシリーズCラウンドを調達した。同社のネットワークには、インド全土に約600の物件がある

 (10/12 https://bit.ly/2GV07MG)

 

·         サイヤーV. 子会社上場で1.75億ドル調達

Thayer Venturesは、最大17,500万ドルを調達するために、公開市場に子会社ブランドを上場する。NASDAQのレポートによると、Thayer Ventures Acquisitionが、1,750万ユニットを1個あたり10ドルで提供し、市場価値は21900万ドルになる。Thayer2009年に設立、MewsHipmunkDuettoAdaraSonderTraxoLiftopiaなどの旅行および輸送の新興企業への初期投資を専門としている。子会社のIPOの動きは、公的市場へのアクセスから利益を得る事業を合併または買収する機会を与えると、新興企業は「一般的に、長期的な成長とイノベーションの採用から恩恵を受けてきたが、大多数は独立したままであり、完全なエクジット・イベントを経験していない」と証券取引委員会への提出資料は述べている。Thayer Ventures Acquisitionsは、共同CEOを務めるThayerのマネージングディレクターであるChris HemmeterMark Farrellが率いる予定。マザーシップは、今年初めにFund III8,000万ドルに引き上げた。COVID-19が投資セクターに与える影響についてHemmeterは、「我々の投資期間は57年である。現在、旅行サプライヤーなどの生産性に大きく貢献している実際の問題を解決している企業に投資している。現在は、それを行うのに非常に良い時期である」と述べている。

 (10/12 https://bit.ly/3iUtZGa)

 

·           Cover Genius 120万ドル調達

保険技術のスペシャリストであるCover Geniusは、プロダクトスイートとパートナーネットワークを拡大するために1200万ドルを調達した。201911月に同社の1,000万ドルのシリーズB調達に資金を提供したKing River Capitalが投資を主導した。ローンを通じて、Leap Capitalもラウンドを補完した。Cover Geniusはこの資金で、東南アジア、インド、米国、ヨーロッパのテクノロジーおよびeコマースブランドが成長を加速し、販売時点(POS)または顧客のサインアップ時に提供されるプロテクションプロダクトを最適化するのを支援することを目指している。Cover Geniusの共同創設者兼CEOAngus McDonaldは、同社の既存の株主グループに支えられた最新の資金調達ラウンドは、インシュアテックプラットフォームの国際的な拡大計画に対する継続的な投資家の支持を示していると述べている。Research and Marketsによると、COVID-19のパンデミックは、POSまたはサインアップに組み込まれている保険商品のアドレス可能な市場を加速させた。世界の電子商取引市場は、2019年の18,085億ドルから、2020年には約24,053億ドルに成長すると予想され、2023年までの成長率14%で35,663億ドルに達すると予想されている。「顧客は、大小を問わず購入を保護したいと考えており、オプションがあれば、多くの人がお気に入りのオンラインブランドから販売時点で保険に加入する。これが顧客に与える自信は購入量の増加を促進しており、顧客の32%は、保険が提供されればより多くの購入と支出を喜んでする」とCover Genius co-founder CEO Angus McDonaldは言う。2014年に設立されたCover Geniusは、Booking HoldingsDespegarEtravali Groupなどの旅行パートナーが保険商品をカスタマイズ、追加、および組み込むことを可能にする。そのテクノロジーには、XCoverが含まれる。これは、国、言語、通貨を問わず、あらゆる保険ラインをカバーする配信プラットフォームだ。60か国以上と米国のすべての州で規制対象プロダクトを製造しているこのブランドは、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、アムステルダム、東京、シンガポール、ソウル、クアラルンプール、マニラ、シドニーにオフィスを構えている。昨年、Cover GeniusPhocuswright Europeでのローンチピッチに参加した。

(10/14 https://bit.ly/341cS1f)

 

·           Casai4,800万ドル調達

アパート賃貸のスタートアップCasaiは、Andreessen Horowitzが主導する4,800万ドルの資金を調達した。メキシコを拠点とする会社への投資には、最大2,500万ドルの負債ファシリティのためのTriplePoint Capitalとのパートナーシップが含まれる。

この資金は、Monashees CapitalKaszek Venturesが主導する500万ドルのシード資金に加えて提供されている。Casaicasa Intelligenteまたはスマートホーム)のCEOであるNico Barawidは、このプロダクトはインテリジェントな生活空間ユニークなローカルタッチを組み合わせて設計されていると述べている。同社はゲストに滞在を管理するモバイルアプリを提供しており、予約の詳細やシティガイドにアクセスしたり、チェックインコードを取得したり、コンシェルジュとチャットしたりできる。Barawidは、占有率が90%であるため、このコンセプトは、タッチレスソリューションの現在のニーズと、キーレスエントリーおよび産業グレードのハウスキーピングによる衛生への焦点を取り入れていると付け加えている。Google最近の調査によると、ほとんどの目的地で民間の宿泊施設はホテルよりも早く回復している。Casaiのコンセプトは、デジタルノマドのトレンドにも影響を与えている。(10/15 https://bit.ly/2FwCzgw)

 

·           Getaround14,000万ドル調達

ピアツーピアのカーシェアリングプラットフォームであるGetaroundは、シリーズEの資金調達で14,000万ドルを調達し、その総額は6億ドルになった。PeopleFundがラウンドを主導し、Reinvent CapitalPennant Investorsなどの新規投資家、およびSoftBank Vision FundMenlo VenturesBraemar EnergyVenturesなどの既存の投資家が参加した。Getaroundは、COVID-19のパンデミックが始まって以来、所有者に会ったり鍵を使用したりすることなく車が予約されアクセスされるという事実のおかげで、世界的な収益が2倍以上になったと述べている。20194月、Getaroundはフランスを拠点とするカーシェアリングブランドDrivyを買収し、ヨーロッパの170都市で存在感を示した。同社によれば、現在、世界中で600万人のユーザーがいる。サンフランシスコに本社を置くGetaroundのカーシェアリング市場には、米国とヨーロッパの300を超える都市に数千台の車がある。ユーザーは時間または日ごとに車を借りて、Getaroundアプリからアクセスできる。同社は、新しい資金を使って技術をさらに発展させ、戦略的パートナーシップを拡大し、収益性を達成すると述べている。(10/15 https://bit.ly/2HdmFrN)

 

 

+++++

 

 

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座