海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

202116

 

海外事情 14日号

 

パンデミックで巣篭もり生活の時間が増え、インターネットの経済がますます拡大している。 自分の身近なところでは、Amazon Primeの映画やZOOMの人気がその良い例だ。 Go To Travelでは、OTA販売が急増したとも言われている。

1. 2021年のSNS、ホスピタリティーのMVP」では、ソーシャルコマースが急増したと書いてある。 2020年第3四半期の米国ソーシャルメディアへの広告費が、前年同月比で61.7%増加したそうだ。 米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が12月、独占的地位を利用して競争を阻害したとしてFacebookを提訴したことや、米政府が中国TikTokの米国事業の売却を命令したことを見ても、SNSの威力が確実に増加していることは間違いない。 そして、この記事は、2021年の旅行再開に向けて、爆発的に増加しているSNSを使わない手はないと言って、具体的なその利用方法を10も解説する。

 

3. ツーリズム団体の2021年の課題」では、データ駆動型のデジタル旅行マーケティングソリューションプロバイダーSojernが書いた記事なので、多少内容にバイアスがかかっているかもしれないが、提携企業間でデータを相互に共有するCo-Opマーケティングを利用して、巣篭もり潜在旅行者に対する戦略を強化しろと言っている。

9. ホテルの収益管理、狂騒の20年代が続く」も、2021年の収益管理にはデータ分析が不可欠であると説く。 127日号の「5. データサイエンスとホテル」あるいは「11. COVID-19下のレベニューマネジャー(収益管理者)」と共に、データの重要性について触れている。

 

しかしデータが重要だからと言って、2020年で経験したような激変する市場では、単にスタティックなデータを時系列にズラズラ並べてみても全く意味がない。 できるだけ幅広く関連する最新データを集めて分析し、その結果を経営幹部並びにマーケティングチームに分かりやすく伝えることが肝要だ。 『収益管理者が優れたデータのストーリーテラーになり、視覚化スキルを構築し、メッセージを簡素化して、分析の深さを理解していない可能性のある人々の注意を引くことが重要である』、『プレゼンテーションを作成する時、チャートはストーリーではなく、イラストだけである必要がある』と言っている。 そう言えば、Phocuswrightの会議イベントでは、通常の一般的プレゼンテーションは10分から15分で済ませることが慣わしとなっている。 講演者は短い時間で何を一番に伝えたいかを絞り込み、全体をコンパクトにまとめなければならない。

オーディエンスはダラダラした冗長的なプレゼンには直ぐに興味を失ってしまうからだ。 Googleが実施するプレゼンは、スライドに使用するフォントを28ポ以上、字数を何字以内、色はコレコレ・・・などと細く規定されていると聞いている。

 

2021年は、データサイエンスやデータマイニングのテックがさらに進化する年になるのだろう。 タビマエ・タビナカ・タビアトの分断された旅行の各段階で、独自のデータ収集技術を展開してパーソナルな旅行の提案をする「4. スタータップステージ: SmartNomad」のごとくが、旅行市場のニューノーマルの勝利者になるのだろうか。

(編集人)

 

 

目次

1. 2021年のSNS、ホスピタリティーのMVP

2. VIDEO: 2020年の旅行の会社の苦闘

3. ツーリズム団体の2021年の課題

4. スタータップステージ: SmartNomad

5. VIDEO: Expedia Group CEO Peter Kern

6. ボスピタリティーを変える3つの大きな考え

7. VIDEO: 旅行会社幹部とスタッフの危機打開

8. VIDEO: 何故デジタルトラベルがD&Iに失敗

9. ホテルの収益管理、狂騒の20年代が続く

10. 2021年法人旅行の 4つのトレンド

11. 観光組織の競争

12. InPhocusエピソード32

13. 1229日の資金調達記事

·         HumanForest

 

 

1. 2021年のSNS、ホスピタリティーのMVP

ソーシャルメディアはパンデミックの最中のライフラインになり、人々は遠く離れた家族、友人、同僚とのつながりを求めて自分のデバイスに目を向けている。 COVID-19関連のソーシャル統計は驚異的だ。 2020年の初めから10%の急増で、現在、世界の半分以上がソーシャルメディアで活動している。 これは40億人で、毎日の平均15%の時間をソーシャルブラウジングに費やしている。 西ヨーロッパでは、Instagramの月間ユーザー数がパンデミック前の推定値の3倍になり、そのプラットフォームを初めて10億人を超えるユーザーに推進した。 FacebookSnapchatTikTokなどの他のプラットフォームでも同様の傾向が見られ、これらはすべて使用量の大幅な急増を記録した。 ソーシャルメディアの使用が急増していることは、家にいる間に消費者と関わりたいと考えているブランドにとって明るい場所となる。 パンデミックによりデジタルへの移行が加速し、2020年第3四半期に北米のソーシャルメディアへの広告費が61.7%増加した。 ホスピタリティブランドのグローバルソーシャルメディア戦略を実行しているBCVでは、急増を目の当たりにした。 20206月から9月までのすべてのパートナーの平均受信メッセージ数は、2019年の同じ期間と比較して31.2%増加した。 では、これはすべて2021年にどのように機能するのだろうか。 ソーシャルメディアは、強力なコミュニケーションおよびブランドマーケティングツールであり続ける。 ソーシャルが消費者エンゲージメントの中心にあるので、1年先の準備をする時が来た。 2021年にソーシャルゲームのトップを維持するために知っておくべきことは次のとおりである。

 

(1). ウェルネスに焦点を当てる  Wellness in focus

2020年は、経済的にだけでなく、精神的、肉体的、霊的(spiritually)にも挑戦的な年だった。 それは大損害を与え、ウェルネスへの注目が高まっている。 旅行者はすでに、回復と若返りをもたらすウェルネス関連の体験を研究している。

旅行者がより多くのウェルネスオプションを提供するホテルを探しているため、“没入型(immersive)”、“心のこもった旅行(mindful travel)”、“感覚的(emotional)”、“ローカル(local)”などの用語が現在トレンドになっている。 旅行者はまだ屋内または直接療法(direct therapy)の治療を受けることに不安を感じており、リゾートが提供する代替の設備を通じて充電および回復する機会を求めている。 オープンエアのヨガやサウンドバスなど、社会的に距離を置いた方法でゲストと自然をつなぐ敷地内のウェルネスサービスは、計画と購入の決定において優先される。 2021年半ば、ワクチンが主流になると、旅行者はスパトリートメントやその他の屋内ウェルネス体験に目を向ける。

アクション: 自然に浸る、クリエイティブなスパパッケージ、地元で調達された免疫力を高める健康的なオプションなど、施設のウェルネスの機会をオンサイトのFBアウトレットで強調する。

 

(2). 社会に配慮した、原因に基づくコンテンツ

   Socially conscious, cause-driven content

オーディエンスは、プロダクトを通じて直接であれ、関連する目的を通じてであれ、社会的影響を重視するブランドと関わりを持つように駆り立てられる。

これは特に、来年に最も旅行する準備が整っているミレニアル世代に当てはまる。 75%は、ブランドが最も重要な社会問題に立ち向かうことを期待している。  これらの問題について本物の話をすることができ、ゲストが違いを生むのを助けることができるブランドは、2021年に立ち上がるだろう。 また、持続可能性と環境保護も重要だ。 パンデミックは、再生観光(regenerative tourism)についての世界的な会話を引き起こした。 それは、経済的要請よりも地域の保全を優先する。 多くの目的地は、環境や地元の市民の幸福を犠牲にしない方法で観光経済を再開することを計画している。 このテーマは、2021年のインパクトと視認性の高い機会である。

アクション: 持続可能性に対するプロパティの真のコミットメントと、地域社会との関わりを紹介する機会を見つけて欲しい。

 

(3). ブランドの擬人化  Brand personification

人々は、より個人的で人間的な方法でブランドと関わりたいと思っている。

彼らは2020年にひどく欠けていたタイプのより深いつながりを切望している。

これらのつながりを確立して強化するために、あなたのブランドの声が本物でリアルであることを確認して欲しい。 ブランドを人間味のあるものにして、遠く離れた場所ではなく、具体的で関連性のあるものに感じられるようにする。

パンデミックに疲れた消費者に印象を与えるのは、この種の暖かさと相性である。 フェイクブランドへの欲求(または忍耐)はほとんどない。 2021年に、透明性と信頼性でブランドを人間化(humanize)し、最も重要なオーディエンスとのより深く、より本物のつながりを築く。

アクション: ブランドの音声ドキュメント(Voice documentation)が最新であり、広く流通されていることを確認して、コミュニケーションがチャネル間で調整されるようにする。

 

(4). 多様性と一体性   Diversity and inclusion

消費者は、自分の価値観がブランドのコンテンツに反映されていることを望んでいる。 人種差別、性差別、体系的な不平等に対する可視性と認識はかつてないほど高くなっている。  マーケティング全体で多様性と包括性を慎重に統合するには、多様な声とコミュニティを含めることだ。 従業員、クライアント、顧客、およびその他の利害関係者との会話を開始する。 これにより、多様性と包括性を改善するためのより有意義で長期的な取り組みを実現できる。

アクション:  コンテンツに多様性を吹き込むように努力する。 コンテンツを計画する時は、写真撮影を整理して、サービスを提供するコミュニティが正確に表現されていることを確認して欲しい。

 

(5). お祝い中心の旅行  Celebration-centric travel

ライフイベントや季節の伝統の延期に続いて、人々は2020年に逃したマイルストーンを祝うことを熱望している。 旅行者は誕生日の休暇、記念日の旅行、結婚式のお祝い、新婚旅行、家族の再会、宗教的観察を計画しようとしている。

これらの計画はすでに進行中であり、旅行者はアイデアを求めてソーシャルメディアに目を向けている。 ブランドは2021年の予約候補リストに含めてもらうため、最初からこの会話に参加することが重要である。 パンデミックに疲れた人々に旅行の夢を提供することで今日も関連性を維持しているブランドは、来年はパフォーマンスが上昇する。

アクション: 旅行のアイデアや、遅れたお祝いの特別割引を提供することで、逃したマイルストーンを祝う機会を強調する。

 

(6). AR / VRが成熟する  AR/VR matures

消費者が自宅やオンラインで過ごす時間が増えるにつれ、彼らは現実逃避や探索のために没入型の仮想体験に常に目を向けて来た。 これは、モバイルデバイスが高度なパワーハウスになり、拡張現実体験をより簡単に提供できるようになったためだ。 ゲストやイベントプランナーは、予約前にホテルのホールを散策したり、客室を訪れたり、宿泊施設を体験したりしたいと考えている。 このトレンドを利用して “テイスターコンテンツ(taster content)” を配置することで、親和性を生み出し、本物のつながりを生み出すことができる。 AR/VRコンテンツは、フライフィッシングなどのユニークなオンサイト体験やウェルネスインストラクター主導のメディエーションにおける傑出したチームの専門知識の強調など、旅行者をブランドのバーチャル体験に没頭させる360度のビデオで魅力的なマーケティングの目玉になる。

アクション: 2021年にコンテンツを更新する時は、潜在的なゲストにあなたの物件を探索するインタラクティブな方法を提供する新しいタイプのコンテンツに投資しろ。

 

(7). ソーシャルコマース  Social commerce

ソーシャルコマースでは、ソーシャルメディアは購入体験の不可欠な部分になる。 アプリ内ショッピングのツールと機能は、消費者が新しい市場としてソーシャルに目を向けるにつれて進化し続ける。 これには、友人からのレビューや、購入決定に “影響を与える” インフルエンサーの推奨事項が含まれる。

ソーシャルメディアはまた、グループを接続して潜在的な旅行について話し合う場を提供する。 これにより、InstagramのダイレクトメッセージとFacebook Groupsが旅行計画の非公式チャネルになる。 この傾向に合わせるために、ソーシャルハンドルで詳細な旅程や楽しい旅行のアイデアを共有し、フォロワーに友人や家族にタグを付けるように促す。 根底にあるエンゲージメントの目的は、夢を刺激し、グループが2021年の将来の旅行を想像し始めることを奨励することである。

アクション: 一緒に計画すればもっと楽しくなり、これを簡単にするブランドはより大きなエンゲージメントを見るだろう。 フォロワーがソーシャリーに買い物できるようにする方法を見つけよう。

 

(8). オムニインフルエンサーとマイクロインフルエンサー

   Omni- and micro-influencers

インフルエンサーマーケティングは常に問題を解決する強力な力であった。

以前の傾向で見たように、インフルエンサーは何年もの間ソーシャルショッピングのコアコンポーネントであった。 2021年には、旅行マーケターは、オムニインフルエンサーおよびマイクロインフルエンサーとのパートナーシップに価値を見出す。 マイクロインフルエンサーとは、フォロワーが10,000人以下のインフルエンサーである。 リーチは小さいが、平均的なエンゲージメントは一般的に高くなっている。 複数のマイクロインフルエンサーを巻き込んだ集中キャンペーンにより、ブランドは本物の直接的な方法でターゲットオーディエンスにリーチできる。 マイクロインフルエンサーキャンペーンが最も成功するには緊密なコラボレーションが必要だが、その結果は素晴らしい。 オムニチャネルインフルエンサーは、複数のチャネルにまたがってリーチし、複数のプラットフォームでコミュニティを育成するインフルエンサーである。 マルチチャネルインフルエンサーは消費者との接続ポイントが複数あるため、ブランドの認知度とコンバージョンを大幅に向上させることができる。 ただし、影響力が大きいため、コストはマイクロインフルエンサーよりもはるかに高くなる可能性がある。

アクション: コミュニティに関与しているインフルエンサーを特定し、ブランドを適切な人々の前に置くコラボレーションの機会を生み出す。

 

(9). 短い形式のビデオ  Short-form videos

パンデミックの最中に短い形式の動画の人気が爆発的に高まり、4月にはこのフォーマットのパイオニアであるTikTokが合計20億回のダウンロードを達成した。 他のプラットフォームも動き始めている。 Instagramは最近Reelsで独自の短い形式のフォーマットをリリースし、Snapchatは短いビデオを紹介するSpotlight機能のために100万ドルのコンテンツキャンペーンを開始した。

ユーザーの注意が短い形式のビデオコンテンツに向けられるにつれて、ブランドはメディアに参加するかどうか、そしてどのように参加するかを検討する必要がある。 ビデオの性質を考えると、通常のコンテンツよりも少し手間がかかる可能性がある。 ありがたいことに動画は短く、ユーザーは洗練された制作価値を期待していない。

アクション: 2021年の短い形式の動画の爆発的な増加を見逃さないように、視聴者と何がうまくいくかを試してみて欲しい。 そして、最前線のスタッフに貢献してもらおう。 彼らは創造的なアイデアを持っているかもしれない。

 

(10). ゲームスタイルのコンテンツ  Gaming-style content

オンライン消費者は、気晴らしと現実逃避の手段として、対話できるコンテンツに目を向けている。 熱心なゲーマーでなくても、他の多くの人は、現在 “ゲーマー” として識別されているソーシャルユーザーは、2020年第1四半期から32%増加している人たちだ。 その定義は、従来のコンソールゲームを超えて、NYT GamesPlatoなどのモバイルゲーマーを含むように拡張された。 ゲームスタイルのコンテンツを消費する人々に関しては、これまで以上に多様性が存在する。 2021年のソーシャルメディアにとって、それはこの新たな人口統計(demographic)を認識することを意味する。 また、“Choose Your Own Adventure” やその他のインタラクティブなコンポーネントなど、ゲームのような要素を持つ可能性のあるコンテンツへの新しいアプローチを提供することも意味する。 それは、ブランドとのつながりを深める方法として、双方向性と斬新な体験に対するユーザーの欲求を満たすことに帰着する。

アクション: ゲーマーを対象としたパッケージを作成して、市場をテストする。フィードにゲーム要素を追加するソーシャル上のインタラクティブスタイルのコンテンツを試してみて欲しい。

著者: Mark Skrochは、RateGainの会社であるBCVのゼネラルマネージャー。

(12/28 https://bit.ly/37V3VbB)

 

 

2. VIDEO: 2020年の旅行の会社の苦闘

業績落ち込み後、顧客の認識をどのように変え、ビジネスを活性化させるか?

最もボロボロであるが回復力のある旅行会社のいくつかは、2020年にそれをまとめるために一生懸命働いた。 一年の大部分がその歴史の中で最も暗い旅行の日を見たので、これは簡単な努力ではなかった。 しかし、これらの企業は、どのような形であれ、回復を期待している。 11月に開催されたThe Phocuswright Conferenceのパネルディスカッションのために、4人の業界リーダーがオンラインで集合した。 Phocuswrightの研究およびプロダクト戦略担当上級副社長であるCharuta Fadnisがモデレートし、パネル参加者は次のとおりである。

  • MileagePlusであり、Unitedのマーケティングおよびロイヤルティ担当副社長であるLuc Bondar
  • ハワイ観光局の社長兼最高経営責任者、John De Fries
  • Valerie DorseyCruise Planners/American Express Travel Servicesの旅行アドバイザー。
  • Hiltonのグループセールスおよび戦略的アカウント担当副社長、Gerilyn Horan

ここでパネル全体をご覧ください。(12/28 https://bit.ly/2WTed5S)

 

 

3. ツーリズム団体の2021年の課題

2020年は予測不可能な年となり、旅行業界のすべてを変えた。 旅行者の信頼から予算、ポリシーと手順に至るまで、2020年はブランドと目的地に旅行者のニーズに対応するための新しい方法で戦略とオファー(strategies and offerings)をピボットすることを余儀なくさせた。 これらの変更により、旅行者と旅行マーケターの両方にニューノーマルが生まれた。 これは観光局にとって、限られた予算内で結果を出すための新しい効率的な方法を見つけることを意味する。 ただし、2021年のデスティネーションマーケティングの成功に対する最大の脅威は、時代遅れのメトリックスだ。 来年の収益を獲得するために、デジタルキャンペーンの新しい標準を確立する時が来た。 ほとんどの観光局は、デジタル支出を直接的な対応、または潜在的な旅行者が即座に行動を起こすように促すキャンペーンに割り当てている。

ダイレクトレスポンスのメトリックス(指標)には、ウェブサイトへのアクセス、クリック率、インプレッションが含まれる。 2021年に全体的な予算が減少し続け、旅行者が予約をためらうようになると、目的地はより多くのデジタルブランディングキャンペーンを検討する必要がある。 デジタルブランディングキャンペーンは、より安価で、より柔軟で、追跡が容易である。

ただし、これらのキャンペーンには、顧客生涯価値、支持(advocacy)、インクリメンタルサーチ(逐次検索)など、さまざまなKPIと指標も必要である。

目的地と観光局がデジタル指標を調整して2021年の成功を促進する4つの方法を次に示す。

 

2020年から学ぶ  Learn from 2020

2020年は確かに異常であったが、ここには2021年に価値があることが証明される多くの傾向と重要なポイントが存在する。 航空会社は、健康と安全を第一に考えて自らを改革しなければならなかった。 より多くの旅行者が海外旅行よりも国内旅行を優先しており、2021年のほとんどでそれが変わることはないだろう。 その結果、目的地はターゲット市場を決定する際にさまざまなデータセットを調べる必要がある。 たとえば、2019年のフライトデータを現在の国内ホテルの検索や予約と組み合わせると、目的地が広告費を優先するのに役立つ場合がある。 さらに、国内旅行は食事の提供などに重点を置いており、旅行者の36%が来年は地元の料理を楽しみたいと言っている。 これにより、マーケターは地元で考え、飛行機に乗っていない旅行者に興味に基づいたキャンペーンを作成する機会が得られる。

 

デジタル世界でのパフォーマンスを定義する

Define performance in a digital world

現在、より多くの旅行者が海外旅行のためにスーツケースを詰めることをためらっている ― そしてそれはおそらく来年まで続くだろう。 しかし、彼らの現在の好みはあまり知られていない国内の目的地にシフトしている。 小さな都市にとって、これは素晴らしいニュースであり、多くの人が初めて広告予算を割り当てている。 しかし、そこには落とし穴がある。 競争が激化しており、すでに少ない予算で利益を最大化するように目的地に圧力をかけている。 これらの異常な市況は、多くの目的地が現在および将来の両方で新しい訪問者を獲得するためにデジタル広告市場および関連するツールについてもっと学ぶために奮闘していることを意味する。 ブランディングは回復において重要な役割を果たし、ブランディングキャンペーンには長期的な戦略が必要である。 競争しようとしている小規模な目的地の場合、ブランディング予算から最大の価値を引き出す最良の方法は、Co-Opマーケティングである。 Co-Opマーケティングは、基本的に目的地のマーケティング組織(DMO)が資金、メッセージング、およびマーケティングを地元の利害関係者と組み合わせるのに役立つ。

これは、新しい訪問者を目的地に誘導し、コミュニケーションの整合性を確保し、主要なパートナーの直接予約をサポートするのに役立つ。

 

持続可能なビジネスモデルを構築する  Build sustainable business models

今まで以上に、目的地が持続可能なビジネスモデルを構築することが重要である。 これには、より効率的なマーケティング戦術の探求が含まれるだけでなく、地域社会との長期的な関係の構築に取り組み、旅行者の好みに応えることも意味する。 この市場では、地元住民がDMOの唯一の収入源であることがよくある。 つまり、観光局は彼らがもたらす価値について声を上げなければならない。

さらに、旅行者は、見落とされている目的地に焦点を当てたり、1つの場所でより多くの時間を過ごしたり、オフピーク時に旅行したりするなど、より持続可能な体験を求めている。 これらのプレッシャーと変化する好みは、マーケティングネットを拡大するためのより小さな目的地への扉を開いている。

データ駆動型のアプローチを採用することで、目的地はより少ないコストでより多くのことを実行でき、最適化とテストを通じて結果を改善し続けることができる。 単独の戦術に加えて、目的地はDMOCo-Opマーケティングを活用してリーチを広げることができる。 Co-Opsを使用すると、旅行ブランドはKPIを連携および調整して、“常時オン” のマルチチャネルキャンペーンを作成できる。 たとえば、目的地は地元のアトラクションやホテルと連携して、旅行者が1つの場所でより多くの時間を過ごし、目的地が提供するすべてを体験するように促すことができる。

 

適切なパートナーシップを構築する  Create the right partners

目的地の観光回復の鍵は、国連世界観光機関(UNWTO)や欧州旅行委員会(ETC)などの団体との提携を含むコラボレーションだ。 UNWTOは、持続可能なビジネス慣行を達成するための主要な目標の1つとして “パートナーシップ” を挙げた。 組織との提携は重要だが、それには近隣の都市やホテルなど、以前の競合他社との提携も含まれる。 現在、多くのDMOは、依然として公的資金を主な資金源として活用している。 地元の利害関係者とのこれらの官民パートナーシップは、回復と持続可能な将来の市場の鍵となるだろう。 ただし、適切なデジタルパートナーシップを持つDMOと提携することは重要である。 DMOパートナーは、有効性を測定するためのデータ主導の洞察をサポートするための適切なツールを提供する必要がある。

 

結論 Conclusion

回復の加速は、目的地が旅行のためのニューノーマルに調整しなければならないことを意味する。 目的地は、マルチチャネルのデータ駆動型アプローチを採用して、より小さな予算を拡大し、将来に向けた持続可能なモデルを作成する必要がある。 今、これまで以上に、旅行者はオンラインで時間を過ごしている。

DMOと協力し、Co-Opsを活用することで、目的地と観光局はオンラインフットプリントを拡大し、市場シェアを競い、旅行者リストのトップに立つことができる。

著者:Celine Chaussegrosは、SojernEMEAのゼネラルマネージャー。

(12/28 https://bit.ly/2Kyxffj )

 

 

4. スタータップステージ: SmartNomad

SmartNomadNYC)を使用すると、パーソナライズされた旅行を簡単かつ面白く計画でき、Amazonのようなワンクリックエクスペリエンスを通じて予約プロセスが簡単になり、旅行中のデジタル支援が提供される。

SmartNomadの共同創設者は、成功した企業を構築した確かな実績を持つ、シリアルアントレプレナー(serial entrepreneurs)、技術者、情熱的な旅行者だ。

SmartNomadは、20207月にWebおよびiOSでソフトローンチされた。SmartNomadは、旅行ビジネス(B2B2C)および旅行者(B2C)向けに構築されている。 現在、デジタル機能の構築または強化を検討している旅行企業に大きな牽引力が見られる。 典型的な旅行者は、夢を見る、計画する、予約する、体験する、共有するという5つのフェーズを経る。 現在、これは非常に断片化されている。 我々のビジョンは、このループを接続し、優れた健康的な旅行体験を提供することである。

SmartNomadは現在、旅行の “計画、予約、体験” フェーズを1つの使いやすいプラットフォームに接続している。 簡単に言えば、我々は旅行の計画をパーソナライズされ、インテリジェントで効率的にする。 旅行の予約が簡単になる。

我々は旅行者が旅行を楽しんでいる間ガイドし、接続された旅行体験を可能にする。 これは、3つの革新的な機能を統合することによって実現される(特許出願中!)。

(1). パーソナライズされたインテリジェントな旅程プランナー:

SmartNomadは、ノマドの好み、目的地、期間、予算に基づいて、ノマド向けにパーソナライズされた旅程を作成する。 その後、自由にカスタマイズできる。

旅程生成エンジンは非常にスマートだ。 天気、訪問するのに最適な時間、理想的な滞在期間、交通パターンなどを考慮する。 これは、独自のデータ収集技術と言語モデルによって可能になる。

(2). ワンクリック予約エンジン:

旅行者が旅程を確定すると、Amazonのようなワンクリックエクスペリエンスを介してすべて(フライト、ホテル、チケット、ツアーなど)を予約できる。 我々は、PricelineSabreYelpTiqetsMusementなどのグローバルな旅行ブランドと統合して、この適切なテクノロジーを構築した。

(3). デジタルトラベルアシスタント:

旅行者が旅行に出かけると、SmartNomadのデジタルアシスタントが道順を教え、今後のアクティビティや天気の変化の通知を送信し、乗り物に電話をかけ、eチケットを管理し、目的地の都市に関する興味深い重要な情報を表示する。

また、天候や交通状況により旅行が中断された場合でも、その場で計画を調整できる。 間もなく、旅行者が新しいつながりを築き、旅行の思い出を簡単に共有できるようにする新機能を追加する予定だ。 現在、旅行企業(B2B2C)への販売に重点を置いており、直接販売(B2C)は2021年後半または2022年初頭に予定されている。 B2B2Cの場合、SmartNomadは、旅行企業(航空会社、オンライン旅行代理店、旅行管理会社など)にライセンスまたはホワイトラベルソリューションを提供し、ライセンスまたは利益分配契約を通じて収益を上げることを計画している。 B2Cの場合、プロダクト(フライト、ホテル、アクティビティ)についてパートナーからコミッションを獲得する。 旅行者は、SmartNomadを無料で使用できる。(12/29 https://bit.ly/37UShgR)

 

 

5. VIDEO: Expedia Group CEO Peter Kern

世界的大流行の真只中に世界最大の旅行ブランドの1つを率いることになったにもかかわらず、Expedia GroupCEOであるPeter Kernは、2020年には、「仕事にズボンをはく必要がなかった以外は、驚いたことはあまりなかった」と述べている。 4月に元最高経営責任者(CEO)のMark Okerstromと交代した後の彼の最初Phocuswright大会でKernは、今年のイベントについて、「予測することができなかったすべての種類の問題が一度に起きてしまった」と述べている。 ある意味で、Kernは、COVID-19の危機は、実際にExpedia Groupに、社内の構造的な問題に対処し、そのコア基盤を技術的に再構築する “勇気” を与えたと述べている。 Kernは、Phocuswrightのリサーチおよびプロダクト戦略担当シニアバイスプレジデントであるCharuta Fadnisとの会話の中で、Googleとの公正な競争の場が存在する可能性がある場合の同社のマルチブランド戦略と、Expedia Groupがその多様性と包含(diversity & inclusion)に対して実際的な努力アプローチをどのように取っているかについても話し合う。

以下の完全なインタビューをご覧ください。(12/29 https://bit.ly/2KLgspk)

 

 

6. ボスピタリティーを変える3つの大きな考え

1918年のパンデミック(第一次世界大戦の終結と相まって)は、鬱積需要と可能性の感覚(pent-up demand and a sense of possibility)が世界経済を新たな高みへと押し上げた狂騒の20年代の到来を告げた。 “歴史が繰り返される” という格言が当てはまる場合、1年間の検疫、隔離、社会的距離の後に、世界的な活動に同様の急上昇が見られる筈だ。 予測は堅調に見える: UCLA2021年後半に米国経済が6%急増し、2023年まで四半期ごとに3%成長すると予測している。 一方、中国では2021年に8.4%の成長が見込まれ、OECDは、世界中で来年4.2%の成長を予測している。

2021年は旅行にとって大きな年になりつつある。 それでも、それはビジネス需要の潜在的に永続的な変化を背景にしている。 では、ホテルは忙しい夏に備え、2022年まで、そして潜在的に出張が落ち込んだままである場合に、新しいセグメントにサービスを提供するための基盤を築くために何ができるだろうか。

これが、1年先のホスピタリティを形作る3つの大きなアイデアである。

 

(1). コラボテル:「出張」をどこからでも仕事に再定義する

    Collabotels : Redefine “business travel” for work-from-anywhere

パンデミックは出張を再形成した。 企業は、テクノロジーを使用して社内会議を実施し、顧客と会い、見込み客とつながることに適応している。 これは、3つの一般的な理由からだ。 この需要は戻って来るか? 見通しは冷静だ。

IdeaWorksは、航空会社の出張が19%から36%の間で減少すると予測している。

ローエンドでも、企業のビジネスに依存しているホテルにとって、出張の減少は壊滅的なものになる可能性がある。 ホテルは、出張セグメントを再定義して、新しいタイプの出張者、つまりリモートワーカー、またはパートタイムまたはフルタイムでオフィスから離れて働くことができる地元の人々を含めることで、この潜在的な結果に備えることができる。 この“どこからでも仕事” の精神は、以前はデジタルノマドのニッチに限定されていた。 SelinaAccorのようなブランドは、コワーキングとホスピタリティを組み合わせるために早くから動いた。 現在、米国の専門家の47%が、自社がパンデミック後のリモートワークをサポートすると述べており、ハイブリッドワークプレイスが主流となっている。

リモートワーカーセグメントに最適なサービスを提供するには、ホテルは “コラボレーティブホテル” としての位置に変える必要がある。 コラボテルは職場のサテライトスポークであり、深層作業(deep work)用に準備されており、労働者の家の近くという便利な場所に存在する。 この見方では、スペースはコラボレーションと接続を中心に構築する必要がある。 リモートワーカーは、一人で作業するための静かなスペースを求めている。 リモートチームは、四半期ごとのオフサイトで11のコラボレーションを行うためのクリエイティブなスペースを求めている。

 

(2) . Loyalty +: 最高の顧客に完璧な特典を提供

    Loyalty + : Offer perfect perks to your best customers

テクノロジーはレジャー旅行に取って代わるものではない。 我々が使用するテクノロジーが多ければ多いほど、我々は逃げ出し、しばらく離れたいと思っている! この点で、ビジネス側でのテクノロジーの使用の増加は、より多くの休暇旅行をもたらす可能性がある ― そして失われた出張をレジャーに置き換える機会がある。 成功するには、最高の顧客のために、より良いロイヤルティプログラムと完璧な特典で競合他社を打ち負かす必要がある。 データに精通していることを活用して、各ゲストのCRMプロファイルに基づいてカスタマイズされた特典のバスケットを作成する。 個人の好みに応じることで、競争力を維持できる。 これは、ホテルが回復の初期段階で市場シェアを奪い合う過激な割引料金競争が、ロイヤルティを損なう場合に不可欠である。 また、出張が少ない世界でのロイヤルティと、それが旅行者にもたらすポイントを再考するエキサイティングな機会も存在する。 忠誠心はより微妙になり、トランザクションが少なくなる。 成功したホテルは、すべてのタッチポイントでパーソナライズ、エンゲージメント、需要の促進を行い、1回限りの予約者をリピートするゲストに変える。 パーソナライズされた特典とターゲットを絞ったオファーにより、2021年の集団からアウトパフォーマーが差別化される。

 

(3). サブスクリプション:新しい基幹業務のパイロット

     Subscriptions: Pilot new lines of business

回復への道は岩だらけで不均一になる。 収益源を多様化し、収益を強化する新しいビジネスラインを探して欲しい。 Linkedin Newsのシニアアジア編集者であるChris Andersonは、2021年を旅行が “Netflixの道を行く” 転換点と見なし、本格的にサブスクリプションを提供している。 もちろん、旅行のメンバーシップとサブスクリプションは新しいものではない。 Inspiratoのような旅行クラブは、ホテルや体験への排他的アクセスと月額サブスクリプション料金を交換している。 しかし、パンデミックは、レジリエンスビルダーとしての収益の多様性の重要性を明らかにした。 サブスクリプションをビジネスに組み込むには、いくつかの方法がある。

·         パートナーシップ: Costcoの年間プライベートジェットサブスクリプションは、企業が別のサービスプロバイダーと提携して顧客により良いサービスを提供する方法の優れた例である。

·         特典: パンデミック時に新たに発売されたTripadvisor Plusは、月額99ドルのサブスクリプションで、Tripadvisorの予約に割引と限定特典を重ねる。

·         アクセス: Selinaは、30日間の旅行のプリペイドパッケージであるNomad Passportと、どこにでも滞在できる月額サブスクリプションのCoLiveを提供するようになった。

ハイブリッドワークプレイスに合わせるための1つのアイデアは、リモートワーカーのサブスクリプションベースのメンバーシップである。 この人口統計(demographic)は、そのサイズ(ほとんどの地域で観光客よりも地元の人が多い)と関心の両方で有利である: リモートワーカーの77%は、価格に応じて毎月の “ホテルからの仕事” サブスクリプションを検討する。 サブスクリプションのアイデアをブレインストーミングする時は、価値に焦点を合わせることだ。

最高のゲストに最大の価値を提供するためには何を提供できるか?

提供される価値とゲストのニーズを結び付けるほど、成功の可能性は高くなる。 それらの重複を採掘して欲しい!

 

何よりも柔軟性  Flexibility above all else

パンデミックが我々に何かを教えてくれたとしたら、それは柔軟性が最も重要であるということである。 ゲストはそれを期待し、スタッフはそれを切望し、ビジネスはそれを要求する。 柔軟性は、ホテル経営者に回復力と変化に迅速に適応する能力を与えるものである。 我々の中で最も柔軟性でないものは、この超動的な環境で最初に負けたものであった。 ホテルは2021年に新たな機会を利用しようとしているので、すべての決定に柔軟性を吹き込み、将来の課題に備えることができる。 このワイルドライドは続く!

著者:Michael Bennettは、Cendyn最高マーケティング責任者。(12/29 https://bit.ly/38Kq0bZ )

 

 

7. VIDEO: 旅行会社幹部とスタッフの危機打開

ビジネスの大規模な混乱をどのように有利に変えるのか? そして、おそらく最も重要なことだが、混乱の中で従業員をどのように世話するのか? 旅行、観光、ホスピタリティのブランドは2020年を通じて数え切れないほどの厳しい決断に直面したが、多くのリーダーにとって、人員削減の脅威、そしてしばしば必然性に立ち向かうことは最も困難であった。 結局のところ、「Blacklaneはすべての人々(社員)の合計に他ならない」と、黒塗りハイヤーのCEOであるJens Wohltorfは、11月のPhocuswright Conferenceで話し、リーダーはパンデミックが従業員のメンタルヘルスにもたらした犠牲を考慮しなければならないと語った。

Executive Roundtable: Opportunity in Adversityで、WohltorfとパネリストのAnna BanicevicZizoo CEO)とShruti ChallaSonderの収益担当副社長)が、パンデミックの発生時に取られた最初のステップと、そして危機がもたらした機会について話し合う。 以下のRome2rio Rod CuthbertViator創設者兼元CEOが司会を務めるセッション全体をご覧ください。(12/29 https://bit.ly/35bD1uv )

 

 

8. VIDEO: 何故デジタルトラベルがD&Iに失敗

旅行業界が多様性と包括性に関してはるかに優れている可能性があり、そうすべきであると理解するのに天才は必要ない。 我々が一緒に仕事をしている人々を差別して見たり、同様に見本市で見たり、旅行広告に描かれていることは問題を浮き彫りにする。 多様性の旅行コンサルタントであるMartinique Lewisは、旅行会社は社内外で触れるすべてのものを調べ、多様性について評価する必要があると述べている。 Black Travel Allianceの社長でもあるLewisは、Phocuswright Conference 2020オンラインイベントで講演した。 彼女は、旅行会社が注意を払うべきいくつかの説得力のある経済的理由を引用して、彼らが彼らの顧客(お金を使ってくれる人たち)を反映しているかどうかを理解するように企業に促す。 たとえば、アフリカ系アメリカ人は年間630億ドルを旅行に費やし、イスラム教徒は年間2,200億ドルを費やしている。 そして、Lewisが付け加えたように、多様性は肌の色だけではなく、宗教、人種、性別、年齢、能力を意味する可能性がある。(12/30 https://bit.ly/3aVOnX6)

 

 

9. ホテルの収益管理、狂騒の20年代が続く

我々が2020年に向けて持っていたすべての大きな願望を覚えているか?

私自身、この新しい10年が “収益管理の黄金時代” であることについてかなり大胆な主張をしたが、私はまだそうなると思う。 2020年から何かを学んだとしたら、この10年は、我々が想像していたよりも革命的で破壊的なものになるだろう。 世界全体が急速に変化しており、旅行とホスピタリティは決して同じではない。 今こそ業界を再考し、ホテルを再発明し、これまでにないような収益管理のための適切なものを手に入れる時である。 それは、適切なビジネスミックス、適切なチャネル、才能とテクノロジーの適切な統合だ。

これらの奇妙な時代は、新しい種類の収益管理者(彼らが使用する収益技術とともに)を立ち上げ、今後の繁栄する年に組織の商業的成功への道を導くことを求めている。 YES、ブームが戻ってくると心から信じている。 それは一夜にして起こることはないが、旅行と需要は戻って来る。

時代とともに変化するための戦術  Tactics to help with times

業界がひっくり返ったのはこれが初めてではない。 しかし、我々も裏返しになってしまっているように感じるかもしれない。 しかしCOVID-19危機を、業界が収益を生み出し最適化する方法に根本的な変化をもたらす手段と見なすことができたらどうだろうか。 これらの変化が、すべての収益源を統合して最適化し、総収益性を最大化する責任を負う分析志向のリーダーである商業戦略家の台頭につながるとしたらどうだろうか。 パンデミックの前に、テクノロジーと構造の観点から収益管理の収束について話した。 どちらもまだ真実であり、現在加速している。 組織が統合され、部門が統合され、より少ない人数でより多くのことを行うことが増えた。 これには、販売、流通、さらにはマーケティングの面倒を見る収益リーダーも含まれる。 この危機により、商業リーダー(commercial leader)の台頭が加速している。

 

新しい保険証券としての収益マネージャー

The revenue manager as your new insurance policy

我々が何かを学んだとしたら、たとえ誰も現場にいなくても、ホテルは運営を続ける必要があるということである。 システムとAIは重要だが、エッジケース(edge cases)を検証し、最終的な監視(oversight)を提供するには、防御となる人間(backstop)が必要であるため、収益管理者は現在、一種の “保険証券(insurance policy)” として認識されている。 収益管理者は、今日流行している人員配置の問題に関係なく、ビジネスのパフォーマンスを最適化するために必要な独自のスキルセットを持っている。 自動化は、特に収益管理者の観点から、重要な戦術であることが証明されている。 この重要な位置を保険証券と見なすのは、データとの関係が深く、データを理解しているという考えに基づいている。 彼らはトレンドを監視し、結果の情報を活用して、プロパティまたはポートフォリオがこの情報をできるだけ早く活用していることを確認するための洞察を持っている。

今日、これまで以上に、このデータへの洞察を持つことは、特に上級管理職にとって重要だ。 過去は過ぎ去った。 我々は物事を別の方法で考え、見なければならないので、今日の収益管理者は事実上洞察ハンターになり、創造的な思想家になる能力を備えた分析志向の個人になりつつある。 収益管理者が販売およびマーケティングと協力して、より大きな価値を引き出す可能性のある流通機会を特定することが重要になる。

我々が見ているもう1つの戦術は、収益マネージャーから利益ハンターへの移行である。 そうです、収益は重要だが、収益が落ち込んでいる時や、多くのホテルが苦戦している時は、焦点を利益に移さなければならない。 今日、収益管理者が客室の需要予測だけでなくビジネス全体を最適化し、予測や単に価格を設定するという鳩の穴を超えて移動するのに最適な時期である。 すべての収益マネージャーは、成長を解き放つための主要な貢献者になる可能性がある。 基本的な概念は、それがビジネスに提供される利益についてであるということである。 利益ハンターとして、そして過去に洞察を推進してきた収益マネージャーと同様に、より収益性の高い機会を特定するためにデータに飛び込むことがより重要になる。 今日の経済環境では、収益の最適化が予測をはるかに超えていることを実証することにより、収益管理者がより広範なリーダーになる必要がある。 重要な必須事項の1つには、特に現在の経済状況を考慮して、計算されたリスクを取ることが含まれる。 収益マネージャー以外に誰が、これらの隠されたデータの塊をアドバイスして明らかにするのか?

 

データ主導のストーリーテリング  Data-driven storytelling

ビジネスリーダーが市場で何が起こっているのかをよりよく理解しようと努力するにつれて、今日、収益管理者にとってより多くの機会が存在する。

トップに立つのは、利用可能なリソースを効果的に使用する方法を理解している組織である。 そのためには、収益管理者が優れたデータストーリーテラーになり、視覚化スキルを構築し、メッセージを簡素化して、分析の深さを理解していない可能性のある人々の注意を引くことが重要である。 RevPARの先を見据えることで、価格の力を解き放ち、ひいてはより良い営利組織の機会を得ることができる。 たとえば、これは、科学的な収益管理が顧客の支払い意欲を理解するのに役立つ場所だ。 我々は、需要分析メンタリティを超えて、顧客の心の状態を活用する必要がある時代に移行した。 そのためには、今日旅行している人のほとんどがやむを得ず旅行しているので、旅行が必要なゲストのペルソナを理解する必要がある。 収益管理者の観点からは、堅牢な技術スタックだけが処理できる需要の急激な変動が見られる。 より多くの不確実性は、より多くの人々が、何が起こっているのか知りたいということを意味する。 しかし、そうするためには、データを取得して分析する必要がある。 関係者全員に対して、収益管理者が入ってくるデータを使って説明することが重要である。 次に、主要な利害関係者の前で適切なデータを取得して、彼らがそれをよりよく理解できるようにする。 データ志向の人は、一般的に競争力のあるパフォーマンスを分析し、マクロ経済環境を解釈するために必要な情報を伝えるのを助けることができる。 洞察と戦略を形成するためのデータの価値は非常に高く評価されているが、多くの人々は依然としてデータを利用してストーリーを語ることに苦労している。 この分野の専門家は、数字を見る前に仮説から始めると、探している情報をより深く理解し、ストーリーをよりよく構築できることを理解している。 しかし、重要なのは、部屋の全員がメッセージを理解できるように、結果を簡単かつクリーンに伝えることである。 賢明でデータ志向の幹部は、プレゼンテーションを作成する時、チャートはストーリーではなく、イラストだけである必要があると私に言ったことがある。 チャートの意味を説明するためにプレゼンテーション時間の半分を費やす必要がある場合は、すでに聴衆は興味を失っている。 今日、データの進化は非常に拡大しており、情報が殺到していると感じるかもしれない。 経営陣、所有者、投資家が数字を理解し、理解できるようにするためには、優れたデータストーリーテラーであることがこれまで以上に重要になっている。

 

重要な基本事項は依然として当てはまる  The key fundamentals still hold true

最後に、業界のファンダメンタルズは依然として堅調であることを明確にしておきたいと思う。 中産階級は依然として拡大し、上昇すると予想されている。つまり、より多くの人々が旅行に費やすお金が増えることを意味する。

このパンデミックは、旅行が安全になったらすぐに解き放たれる、鬱積需要のバックログを生み出した。 2021年後半には、安全に移動できるようになり、制限が解除されるため、旅行者の旅行の波が来ると思う。 それで、これが本当の狂騒の20年代(the real roaring ‘20s)である ― ホテル業界と収益管理の未来のための途方もない可能性を持った再考された風景(reimagined landscape)だ。

また、人気のある挨拶や対面式の会議は以前とは異なって見える可能性があるため、握手は二度と戻ってこないかもしれないが、次のZOOM呼び出しを超えて、ほとんどの場合、人類は依然としてつながり、接触、そして挨拶を切望している。 より良い、より強い明日を築くために、未来を再考し、再発明することだけが問題だ。 準備は良いか?

著者: Klaus Kohlmayrは、IDeaSのチーフエバンジェリスト。  

(12/30 https://bit.ly/3rGOM5x )

 

 

10. 2021年法人旅行の 4つのトレンド

世界的な予防接種プログラムのペースが上がるにつれ、世界中の企業が2021年に旅行に戻る計画を立て始めている。 今後12か月がどのように展開するかを予測することは困難だが、COVID-19をきっかけに明確な傾向が現れている。

パンデミックによって引き起こされたものもあれば、パンデミックによって加速されたものもあれば、2020年に抑制されたものもあるが、安定性が回復すると再び法人旅行が開始する。 旅行プログラムへの確実な復帰を構築しようとしているCスイート(経営幹部)と旅行マネージャーにとって、これらの傾向を認識し、適応することは、旅行者の信頼を構築し、直接会うことを再導入するための重要な部分となる。

 

(1). 管理されていない旅行は “管理される”

  Unmanaged travel will be “managed out”

COVID-19によって引き起こされた大規模なカオスと混乱は、旅行マネージャーの決意を強め、管理されていない旅行(出張規定外の出張)を禁止ではないにしても完全に削減した。 旅行者がサードパーティのサイトから直接フライトやホテルを予約した場合、目的地の健康と衛生に関する会社のアラートやアドバイザリ(注意や勧告)、または雇用主が次の危機の場合に迅速に説明して連絡できるテクノロジーにアクセスできなくなる。 旅行マネージャーが洞察とベストプラクティスを共有する場所であるEgencia Connect Communityで実施された最近のスナップ調査で、TMCまたは旅行予約ツールの使用を義務付けていない企業の旅行マネージャーが、より多くの経営陣からのポリシー遵守のサポートを得つつあることが明らかになった。 これはおそらく驚くべきことではない。

 

(2). 旅行マネージャーは信頼できるCEOアドバイザーになる

   Travel managers will become trusted CEO advisors

従業員がいつどのように旅行に戻るかは、2021年のCEOの優先事項であり、旅行マネージャーが信頼できるアドバイザーとして行動するユニークな機会を提供する。 Egenciaの顧客を対象とした20209月の調査では、旅行マネージャーの54%が “エグゼクティブリーダーシップとの関わりを深めている” ことが明らかになった。 これは、COVID以前と比較して50%の増加である。 今後数四半期も、CEOは、旅行中の従業員の信頼を安全かつ責任を持って再構築する方法について、旅行マネージャーに大きく依存し続ける。 これは、旅行の専門家が組織内で影響力を拡大し、ニューノーマルで成功するために必要な戦略、ポリシー、およびツールについて上級管理職を教育する機会である。

 

(3). 旅行プログラムは価格から従業員の経験へとピボットする

   Travel programs will pivot from price to employee experience

出張規定はこれまでコスト管理に重点を置いて来たが、2021年には旅行者の福祉と注意義務(wellbeing and duty of care)の大きな転換が見込まれる。

ウイルスが蔓延し始めた2月の空港での混沌としたシーンは、上級管理職に、出張中の従業員を保護する責任の重さを思い出させた。 それはまた、旅行に戻るためにより共感的な政策と実践的な支援を必要とする旅行者の信頼を打ち砕いた。 旅行マネージャーは、従業員が公共交通機関ではなく空港からタクシーを利用できるようにするなど、特定のポリシーを緩和することで対応する。

また、外出中に従業員をサポートし、絶えず変化する規制や規制の状況に動的に対応できるようにするテクノロジーへの投資を増やす。 これらには、予約パスに直接統合されたアラートとアドバイザリ、旅行者追跡ツール、AIを利用した仮想アシスタントが含まれる。

 

(4). 仮想カードとAI主導のポリシーの人気が急上昇

   Virtual cards and AI-driven policy will surge in popularity

2020年は、一連の主要な業界プレーヤーがオファーを発表する仮想カードにとって画期的(breakthrough)な年であったはずである。 組織が旅行プログラムの支出を保護し、詐欺を減らし、パンデミックの結果として借金や経済的苦労をしている可能性のある従業員の経済的負担を軽減しようとしているため、2021年にこの関心が急上昇すると予想される。 同様に、AI主導のポリシー(規定)は、旅行プログラムをよりスマートにする方法として登場する。 たとえば、データサイエンスを活用して、旅行者が特定の時にホテルの部屋に支払う必要のある最大価格を決定するダイナミックの料金の上限は、パンデミックが発生する前に足がかりを得始めていた。 これらの上限は、企業がサプライヤーと直接優遇料金を交渉するために必要な労力なしにコストを削減しようとしているため、2021年に人気が高まる。 Dwight Eisenhowerはかつて、「計画は役に立たないが、計画は不可欠である」と述べた。 2020年は将来を予測することは不可能であると教えてくれたが、“通常のビジネス” が再開された後、業界がセクターを形成する傾向を予測することは重要である。 最も成功している組織は、旅行者を計画の中心にしっかりと置き、混乱が通常生み出す新たな機会をつかむ。

著者: Alex Kaluznyは、Egenciaの上級副社長兼最高技術責任者。

(12/30 https://bit.ly/2Mpu2zj )

 

 

11. 観光組織の競争

移動と旅行の制限は、パンデミックを封じ込め、隔離するために必要な措置である。 多くの観光地マーケティング組織(DMO)にとって、英国からの潜在的な訪問者が2020年末以降の旅行計画を変更、遅延、または完全に再評価するため、非常に不確実な時期となっている。 英国の規制が緩和され、安全な旅行が許可された夏の数ヶ月は、旅行への意欲が引き続き強いことを証明した。

では、DMOは、英国からの旅行の制限が解除され始めた時に、旅行への関心を高め、潜在的な旅行者の注目を集めるために、今日何ができるのだろうか。

今年初めの英国の封鎖中に学んだ教訓から、制限にもかかわらず、旅行者は次の旅行を探すのをやめなかったことが分かっている。 潜在的な訪問者を理解し、彼らを念頭に置いたキャンペーンを行ったDMOは、各国で旅行が可能になった時に市場シェアを拡大することができた。

 

識別して理解する  Identity and understand

20206月初旬以来、旅行オーディエンスチーム(the travel audience team)は、Marketing Greeceと協力して、ドイツとオーストリアからの旅行者を引き付けることに注力している。 データとAIを使用して需要(さまざまな制限やその他の要因を考慮すると、ほぼ毎日変化する)を特定し、理解することで、Marketing Greeceは、適切な旅行者に適切なタイミングでインパクトのあるコンテンツを配信することができた。 これにより、競合する目的地の一歩先を行くことができた。 たとえば、以前はこれらのターゲット市場からの旅行者を考慮していなかったかもしれない新しい競合他社が、旅行回廊(travel corridor)の確立によって旅行者の関心を集めている。 Marketing Greeceは、ギリシャ経済の推定約4分の1が観光業に基づいているため、観光業の制約が解除された時の旅行者の旅行意欲の変化を示すシグナルを特定して理解することが重要であった。 Marketing Greeceが実施したキャンペーンの主要な目標の1つは、制限が緩和された時に、旅行者の心に自信を与えることであった。 そのため、ギリシャ政府観光局のプロジェクトである”Greece From Home“ キャンペーンが開始された。 このキャンペーンは、印象的なギリシャの風景を背景に、旅行者にギリシャの状況と安全に旅行を計画する方法を最新の状態に保つためのメッセージに焦点を当てて作成された。 適切なメッセージを適切なタイミングで配信することで、大きな成果が得られる。 競合する目的地間の検索の市場シェアを考慮すると、ギリシャの人気はキャンペーン中に大幅に増加した。 ギリシャの全体的な市場シェアは着実に増加し、7月末までに他の南ヨーロッパの目的地と比較して25%に達した。 2019年の同時期にギリシャのシェアが20%未満だったことを考えると、これは大成功であった。

 

インスピレーションから予約まで  From inspiration to booking

予約の過程の段階を理解することで、キャンペーンをいつ開始するか、さまざまな段階をどのように進めるかについての洞察を得ることができる。 戦略は多くの場合、インスピレーションフェーズから始まり、旅行者に関連する広告を表示して関心を高く保ち、潜在的な訪問者に制限と在庫(inventory)の変更を通知する。 キャンペーンデータを定期的に注意深く確認することにより、DMOはキャンペーンの次のフェーズに進むための最適な時間を選択できる。 この洞察により、必要に応じて予算をシフトし、動画やバナーなどの最もパフォーマンスの高いアセットに基づいてキャンペーンを最適化することもできる。 キャンペーンデータの定期的なレビューは、AIアルゴリズムを “フィード” するのにも役立ち、潜在的な旅行者に対してさらに正確で関連性の高いターゲティングを適用するのに役立つ。 Marketing Greeceの場合、これは最初の “Greece From Home” キャンペーンが “Until the Time is Right”キャンペーンに発展し、国がまもなく観光客に開放されることを旅行者に安心させることを意味した。

最後に、6月にギリシャは、訪問者を刺激し、寒い時期でも温暖な気候を利用するためにピーク期間外にギリシャに旅行することを検討するために “Endless Greek Summer” のメッセージを開始した。 我々が分析した最新のデータは、旅行への欲求が持続し、制限にもかかわらず、旅行者はまだ次の目的地を探しており、次の旅行を夢見ていることを示している。 10月下旬のデータによると、ギリシャやその他の伝統的な夏の目的地は、過去数年よりも秋と冬に注目を集めている。 分析されたデータからの肯定的な別の注意点は、英国での最近の封鎖にもかかわらず、以前は英国からの安全な旅行回廊の一部であった目的地への関心が高いままであるということである。 たとえば、英国からのカナリア諸島の検索数は10月に256%増加した。 英国で11月の全国封鎖が発表された時でさえ、検索数は10月の初めよりも129%高かった。 制限が解除され始めたら旅行への欲求を心配する可能性のあるDMOの場合、データは、旅行者がまだ次の旅行を探しており、創造的なDMOからのインスピレーションを探していることを示している。 需要はそこにあり、洞察に満ちたデータに基づいてテクノロジーを活用したスマートで情報に基づいた意思決定により、DMOはアドバイスと刺激を与える説得力のあるキャンペーンを作成できる。 予約の段階を特定することは、観光客に情報を提供し続けるために重要であるが、これは創造的な広告の機会も提供する。 この機会を利用して前もって計画を立てる人々は、我々が回復し、2021年に前進する時に良い立場に立つだろう。

(12/31 https://bit.ly/38SrLEg )

 

 

12. InPhocusエピソード32

2020年のInPhocus31のエピソードでは、業界全体のさまざまなリーダーと話をした。 議論の多くは、コロナウイルスのパンデミックを乗り越えるために取られている努力に焦点を当てているが、他の議論は特定の週の大きなニュース項目を扱っている。 今年の32回目で最後のエピソードを記念して、アーカイブを調べ、ポッドキャストでお気に入りのインタビューを3つ選択した。

InPhocusのこのエピソードは、Allianz Partnersと共同で制作され、PhocusWireKevin Mayによってホストされている。

3つのインタビューとは、Jim Davidson(セイバーのFarelogix買収の崩壊後数日)と、目的地管理の専門家Doug Lanksyと、Journera CEO Jeff Katzである。

InPhocus2021年に戻ってくる。 それまでの間、このポッドキャストのコレクションお楽しみください。(12/31 https://bit.ly/38Xd3fk)

 

 

13. 1229日の資金調達記事

·         HumanForest

電動自転車プロバイダーであるHumanForestは、クラウドファンディングキャンペーンを通じて130万ポンドを調達した。 このキャンペーンは、100万ポンドを集めることを目的として、11月初旬にCrowdcubeを介して開始された。 英国のロンドンを拠点とするHumanForestは、今春、ロンドンから始まり、ヨーロッパ全体に拡大する都市で持続可能な電動自転車サービスを提供することを目指している。 同社は、Cabifyの元上級管理職であったAgustin Guilisastiによって今年初めに設立された。 最新の資金調達は、9月に発表された180万ポンドの投資に加えて、Cabifyの創設者がラウンドに含まれている。 HumanForestは、夏に200台の電動自転車でサービスのトライアルを実施、最新の資金を使用してフリートを1,500台の電動自転車に拡張する予定である。 このスタートアップには、ユーザーが最初の11回の無料10分後に1分ごとに支払う方法や企業サブスクリプションなど、3つの異なる収益モデルがある。 また、パートナー企業が自社のブランドを宣伝するために支払うデジタルマーケティングプラットフォームからも収益を上げている。 Whole FoodsRude Healthは最初のパートナーであり、今後数か月でさらに多くのパートナー発表される予定である。 成長責任者のCaroline Setonは「投資家は、HumanForestが収益とユーザーの取り込みの両方の点で将来の力強い成長の準備ができていることを認識している。 我々のトライアルは、HumanForestが素晴らしいものに取り組んでいることを示す肯定的な指標(indicator)であった。 1万人のユーザーが我々のコミュニティに参加した」と述べている。 スタートアップは、クラウドファンディングキャンペーンからの投資家の30%が試用期間中のユーザーだったと言う。 他の電動自転車およびマイクロモビリティサービスは、パンデミックの際に成長を遂げ、投資を呼び込んでいる。 ドイツを拠点とするDANCEは、10月に1,500万ユーロのシリーズAを発表した。

(12/30 https://bit.ly/3hu1Q9L )

 

 

+++++

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応