海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021125

 

海外事情 118日号

 

9. IATAトラベルパス」が開発されている。 このような国際統一のクリデンシャルが作られなければ「13. 分散COVID規則、2021年の旅行を不確実にする」のような困った状況になってしまう。 あちこちバラバラでは、いったい何を信頼したら良いのか皆目分からなくなるからだ。

115日付日経夕刊は、「米マイクロソフト、オラクル、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムなどでつくる有志連合は14日、新型コロナウイルスのワクチン接種記録をスマートフォンのアプリで証明できる世界共通の国際電子証明書を開発すると発表した」と伝える。 各国でのワクチン接種の拡大に合わせ、国境間の移動や経済活動の早期再開を促すと書いている。 またユナイテッド航空をはじめ大手航空会社数社は、昨年末からCOVID-19感染陰性を証明するCommonPassアプリを試験している。

 

18. エアアジアのOTAになる野心」は、LCCOTAになると言っている。

インターネットの普及は、産業間の業際の垣根を取り払い、誰でもどんな産業にでも参入する機会を増しているのだから驚くに当たらない。 参入障壁を取り払い、市場経済の一層の民主化に成功しているのだから、LCCOTAを兼業しても全く不思議はない。 航空会社のWebトラフィックは極めて巨大である。 つまりGoogleなどの検索エンジンに依存することなく、パーフォーマンスマーケティングコストがかからないトラフィックを航空会社がもっと利用しない手はない。 AirAsiaは、AirAsia.comプラットフォームの7,500万人の顧客ベースが同社の武器だと言っている。

これは、「3. VIDEO: 繋がる旅行とは」の“コネクテッドトラベル”の通り、タビマエ→タビナカ→タビアトを一気通貫にシームレスに繋げる戦略だ。

 

(経済の一層の民主化と書いたが、現実はGAFAの一人勝ちで民主化どころか独占に近い状況が生まれはじめ、富の偏在による格差が拡大しているという大きな問題も露呈している。世界の競争法監視当局による是正に期待したい。)

 

そしてこの「18」の記事は、インドネシアのTravelokaOTAの取扱商品を拡大し、GojekOTA進出を狙っているようだと言っている。 というよりも、彼らはアジアで流行りのスーパーアプリの開発を狙っているのだろうか。 そのスーパーアプリだって、アジアの巨大な旅行市場で、COVID-19後のニュ―ノーマルを睨んで、タビマエ→タビナカ→タビアトの全てのモーメントでトラベルサービスをシームレスに繋げようとしている。 ニンブルでアジャイルな旅行のプレイヤーたちがスタータップを含めて準備中だ。

 

このようなアジアの旅行業界の最近を見るにつれ、未だにインターネット以前の古い規制で動かされている市場は、経済のグローバル化が進展した現在、否応無しにこれらの新進気鋭で革新的な海外資本に淘汰されてしまうだろう。 イノベーションを拒む規制は、掛け声だけでなく “岩盤規制打破”の果敢な実行が必要だ。 118日付のトラベルビジョンは、「【コラム】業法改正待った無し!ポストコロナ・グローバル競争に対応出来る業法改正に声をあげよう」で、テレワークが旅行業法違反になる可能性があり、営業委託契約や業務委託契約(所謂「ソリスター」)についても現行法に照らすとグレーな部分が多いという。これでは、米国で増加している、旅行業のインデペンデント・コントラクターやホームベースエージェント(在宅旅行業エージェント)の制度を日本には持ち込めないこととなってしまう。(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) ジェットブルー、競争法裁判

2. (TJ) トリアド、社会的距離旅行支援ツールをテスト

3. VIDEO: 繋がる旅行とは

4. 2021年の8つの出張旅行リスク          11日の週 第1位閲覧記事

5. フォカスライトの「ミーティングとイベント」発表

6. パンデミック後のT&A

7. ホスピタリティー現場、多様性にサイロ打破必要

                                                          11日の週 第4位閲覧記事

8. Hot 25スタータップ2021

9. IATAトラベルパス

10. TravelPerkNexTravel買収

11. VIDEO: 持続可能ツーリズムのテック       11日の週 第3位閲覧記事

12. トリバゴ、Weekend.com買収

13. 分散COVID規則、2021年の旅行を不確実にする

                                                               11日の週 第5位閲覧記事

14. 2021年の法人旅行のデジタル見通し

15. Fetch.aiAIトラベルエージェント立ち上げ

16. 後払いのAffirm、時価総額240億ドル

17. 直言:ベンチャキャピタル、ダイバーシティーの投資遅れ

18. エアアジアのOTAになる野心                 11日の週 第2位閲覧記事

19. 111日の週の資金調達記事

 

 

1. VIDEO: 繋がる旅行とは

「コネクテッドトリップ」の概念を説明する方法はいくつか存在する。 ブランド(特にBooking Holdings)とテクノロジープロバイダー(Journeraなど)が旅のさまざまな要素をまとめ、プロセスに何らかの結束を適用しようとしたため、このフレーズは近年一般的になっている。 これは、プロダクトを顧客の予約パスに合わせる、またはサービスプロバイダー間でデータを共有するというアイデアを推進するという形をとっている。 どちらも、顧客が長期的に利益を得るという考えだ。 どのような定義を使用する場合でも、接続された旅行を業界の大小を問わずどのモデルにも適用できるかを理解することは、業界がコロナウイルスの大流行から回復する際に考慮すべき重要なことである。 このインタビューでは、Ingenicoの旅行責任者であるEric Liebmanに、定義、使用例、および支払いがプロセスのすべての部分を実行する重要なスレッドである方法について質問する。(1/11 https://bit.ly/3sc2L3L)

 

 

2. ジェットブルー、競争法裁判

オンライン旅行代理店CheapOAirOneTravelの親会社であるFareportalは、JetBlue航空がFareportalを含むOTAへの参加を差し控え、消費者が他の航空会社との運賃を簡単に比較できないようにすることで反トラスト法に違反したとして、連邦裁判所に訴訟を起こした。 JetBlueは木曜日に訴訟に値しないとして訴えを相手にしていない。 訴訟はさらに、JetBlueの路線、特にニューヨーク、フォートローダーデール、オーランド、ボストン、ロサンゼルス、サンファン、プエルトリコの運賃を引き上げるためにそうしていると主張している。 JetBlueは、OTAとの以前の契約が終了した15日の時点で、Fareportalにフライトと価格情報を削除するよう要求した。 Fareportalは声明の中で、JetBlueは以前、「時計を戻してOTA誕生前の古き良き時代に戻る戦略の一環として、他の12OTAの表示をブロックし、消費者に独自のWebサイトからの予約を強制した」と述べている。

訴訟はさらに、「JetBlueは、COVID救済の形で米国納税者からすでに68,500万ドル以上を受け取り短期的損失の穴を埋める予定である。 米国の納税者からの直接支援と、Cares Actに基づく米国財務省からの最大114,000万ドルの融資があり、さらに多くを受け取る」と述べる。 JetBlueは、Fareportalの訴訟は「取るに足らない。航空会社が自社プロダクトの販売場所を選択することは、業界の一般的な慣行である」、「JetBlueは現在、Fareportalを介して販売しないいくつかの主要な航空会社の1社である。 10を超えるメタサーチとOTAにより、顧客はJetBlue運賃を比較することができる」と述べている。 *この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。(1/11 https://bit.ly/3oD3cld )

 

 

3. トリアド、社会的距離旅行支援ツールをテスト

Tripadvisorは、消費者が米国周辺の都市で混雑していない地域を特定するのに役立つ新しいプラットフォームを立ち上げた。 Crowdfree.meとして知られるこのプラットフォームは、TripadvisorSlackAmazon Web Services、その他9つのテクノロジー企業のエンジニアチームによって作成された。 TripadvisorのスポークスパーソンBrian Hoytは、最初のアイデアはTripadvisorを退社した人から生まれたと言うが、会社の別のエンジニアが、システムの開発に時間を割いてくれた他の会社と協力してプラットフォームの開発を主導した。 Crowdfree.meは、消費者が企業と公園やビーチなどの公共の場所の両方で混雑を避けるのを助けることを目的としている。 システムは、モバイルデバイスを介して現在地を共有することを選択したユーザーからの匿名化された携帯電話の位置pingからの集約された履歴トラフィックデータを使用する。

データは地図上に表示され、時刻と曜日に基づいてグラフ化される。 データは11回更新され、最新のデータは古いデータよりも重み付けされる。 ユーザーは場所をクリックして、特定の曜日または特定の曜日の1時間ごとの混雑状況を確認できる。 ヒートマップのオーバーレイは、公共エリアの群集の密度も示す。 密度が低い場合は黄色、密度が高い場合は赤を使用。 このプラットフォームには、テクノロジーパートナーの1つであるNeuraによるViruSafeの位置安全スコアも組み込まれているため、ユーザーはCOVIDリスク率が高い公共スペースや企業を特定できる。 このシステムは個人を特定できる情報を保存せず、Hoytはどのデータも商業目的で使用されていないと述べている。

(1/11 https://bit.ly/2XwxEld )

 

 

4. 2021年の8つの出張旅行リスク

1.  Continued impact of COVID19 on global travel. ...

2.  Severity of natural disasters. ...

3.  Overburdened health systems. ...

4.  Social unrest caused by antiausterity measures/COVID19 restrictions and vaccine deployment. ...

5.  Iran and tensions in the Middle East. ...

6.  Destabilization of the Horn of Africa region.

 

2019年後半、世界中のリスクラインアナリストが来年の感染症の発生の可能性を予測していたとしても、新しいパンデミックが我々の生活、仕事、そして世界にどのような影響を与えるかを広く予測することはできなかった。 将来のパンデミックの最も徹底的な評価でさえ、昨年非常に多くの政府、公衆衛生当局および個人によって下された決定の結果を予測することはできなかっただろう。

今後、特に海外旅行部門では、世界の一部で今年のパンデミックが終結することが期待されているが、その影響は2021年以降も引き続き感じられる。 医療システムへの被害の程度や、医療システム、そして決定的には労働力が回復するのにどれくらいの時間がかかるかはまだ明らかではない。 また、他の致命的な病気の救命救急や、ワクチン接種を拒否または延期された集団への長期的な影響も知られていない。 将来的に我々と一緒にいる可能性が高いのは、付随する「インフォデミック(infodemic)」である。 これは、誤った情報が、健全な公衆衛生メッセージを圧倒し、問題の解決をより困難にしている状況を指す言葉であるが、旅行部門にも影響を与える。 今後1年間に従業員の出張を計画および管理する企業の場合、2021年の出張のリスクは次のとおりである。

 

(1). COVID-19が世界旅行に及ぼす継続的な影響

   Continued impact of COVID‐19 on global travel

世界の旅行業界が2020年の大部分を通じて経験した絶対的な停滞から徐々に回復しているにもかかわらず、パンデミックによる旅行エコシステムへの破壊的で絶え間なく変化する影響は、今年も確実に続くだろう。 COVID-19を制限したいという願望は、旅行者に保険、検査、事前承認された宿泊施設、そして最終的には旅行前の予防接種に関連する必須の文書を入手するよう圧力をかけ、旅行者に追加の費用負担を課す。 政府によって課せられた出入国制限、または旅行者の出身国におけるCOVID-19の状況の評価は、急な通知で変更され、世界的な旅行をさらに複雑にする。 ほとんどの国の旅行者は、健康診断、検疫と検査、社会的に離れた座席の手配、非接触チェックインまたは手続きなどの措置を空港、主要な公共交通機関のハブ、ホテル、その他の施設で引き続き期待する必要がある。 2021年には、リスクの高い地域での新たな封鎖とあらゆる種類の輸送サービスの能力の低下が新たな基準になると予想される。

 

(2). 自然災害の深刻さ

   Severity of natural disasters

気候変動により、2021年の熱帯および冬の嵐、山火事、モンスーンの降雨などの自然災害の影響はさらに深刻になり、COVID-19感染の新しい波に追われている救急隊員は次のような国でタイムリーに対応できなくなる。 2020年、自然災害が各国を襲った時も同様の傾向が見られた。 救急隊は依然として人員不足しており、ほとんどのリソースがCOVID-19の発生への取り組みに割り当てられているためだ。 2021年の発生の中で特に自然災害の危険にさらされている国には、冬の嵐の季節(1月から3月)の米国、イタリア、カザフスタン、ロシアが含まれる。 山火事シーズン中の米国、ブラジル、ギリシャ、インドネシア(4月から8月)、オーストラリアとニュージーランド(1月から4月)。サイクロンとモンスーンの季節(5月から11月)のインド、バングラデシュ、ベトナム、タイ、フィリピン、中国、パキスタンである。

 

(3). 過剰負荷の医療制度

   Overburdened health systems

COVID-19のパンデミックは、ほとんどの医療システムを限界まで押し上げ、多くの国で公衆衛生インフラと医療の長年のギャップを露呈させた。

105か国の世界保健機関の調査によると、国の約90%が不可欠な医療サービスの中断を経験しており、低中所得国はCOVID-19パンデミックの最中に最大の困難を報告している。 非感染性疾患、癌、マラリアの定期予防接種、診断、治療、家族計画(family planning)、避妊、精神障害の治療が最も影響を受けている。 悲惨なことに、緊急サービスも多くの国で混乱を経験した。 このパンデミックは、日常の機能を維持し、下流の健康への影響を軽減しながらショックに耐えられる2021年とそれ以降の医療システムの能力をテストし続ける。 ソマリア、中央アフリカ共和国、南スーダン、アフガニスタン、イエメン、シリア、チャド、ナイジェリア民主共和国、コンゴ共和国、モザンビーク、スーダン、カメルーン、リビア、イラク、ナイジェリア、ウガンダ、およびエチオピア、エリトリア、ハイチ、パプアニューギニアは、パンデミックの追加の負担に対処する能力が最も弱い国である。

 

(4). 緊縮財政対策/ COVID-19制限およびワクチン配備によって引き起こされる    社会不安

Social unrest caused by anti‐austerity measures/COVID‐19 restrictions and vaccine deployment

10月、国際通貨基金(IMF)は、COVID-19のパンデミックにより、2020年には世界経済が約4.4%縮小すると予測した。 この不況の影響は、ワクチンの配備があっても今年も引き続き感じられる。 税収の減少と公的赤字の急増により、世界中の政府が社会プログラムの削減や失業手当などの緊縮財政措置を実施せざるを得なくなる可能性がある。 これらの行動は、フランスのYellow Vest (Gilets Jaunes) 運動や英国の緊縮財政反対運動などの活動家組織が主導する一般的な不安を引き起こす可能性を秘めている。 特に右翼組織は、COVID-19の制限に抗議するために、米国、カナダ、ヨーロッパでの認知度とメンバーシップを増やしており、ワクチン接種キャンペーンを非難し、政治的スペクトルのあらゆる側面で現職者の追放を求めることに注意を向けるだろう。 情報量の少ない有権者の幅広い連合に関与するための偽情報が急増し、意見が大きく異なる「ポピュリスト」の緩い連合をまとめる。

 

(5). イランと中東の緊張

    Iran and tensions in the Middle East

イランとイスラエル、その湾岸アラブのライバルである特にサウジアラビアと米国の間の緊張は、2020年に新たな高みに達し、1月にQasem Soleimani少佐が暗殺され、11月に国のトップ核科学者であるMohsen Fakhrizadehが暗殺された。 イランは両者の死を復讐することを誓い、その議会は彼らの核計画の国連査察を一時停止する法案を承認した。 一方、イスラエル当局は、攻撃の可能性を見越して、自国の核科学者と市民にさらなる注意を払うよう警告している。 米国の利益に対するイランの直接的な報復はありそうもないが、政府は引き続き核能力を開発し、レバノン、パレスチナ、シリア、イラク、イエメンの同盟国と代理人(proxies)を支援する。 イランの報復能力は、COVID-19の発生がすでに病んでいる経済に与える影響によって妨げられており、今年は対応の遅れが予想されるが、Joe Bidenがイラン、イスラエル、湾岸アラブ諸国に対して取る政策に大きく依存する。

 

(6). アフリカの角地域の不安定化

   Destabilization of the Horn of Africa region

20201128日、エチオピアのAbiy Ahmed首相は、ティグレ人民解放戦線北部での1か月近くの紛争の後、連邦軍が地域の首都メケレを占領した後、ティグレ人民解放戦線(TPLF)に対する勝利を宣言した。 紛争はエチオピア内の民族間の緊張を悪化させ、TPLF軍がすでにアスマラに向けてロケットを発射しているエリトリアに波及し、スーダン国境を越えて数万人のティグリニャ人の避難を引き起こした。 TPLFの指導者が戦い続けることを約束した後、長引くゲリラの反乱はますます起こりやすく、さらなる戦いが他の地域の州を紛争に引き込む恐れがあるため、崩壊と内戦の見通しが迫っている。 最後に、アフリカの角地域は、紛争がエリトリア、スーダン、ソマリアなどの近隣諸国にさらに波及し、これらの国々の既存の人道的、安全保障、政治的課題を悪化させる可能性があるため、不安定化のリスクが高まる。

 

(7). 英国のEU離脱後とトランプ後の米国の中での世界的な政治的不確実性

   Global political uncertainty amid a post‐Brexit U.K. and post‐Trump U.S.

202111日、英国はEUからの離脱のための1年間の移行期間を完了した。 その影響は、今年注目すべきいくつかの不確実性の1つにすぎない。 2020年の米国大統領選挙での民主党のJoe Bidenの勝利は楽観的な見通しを示したが、彼は景気回復とCOVID-19パンデミックとの戦いにおいて大きな課題を抱えている。 各国は、2024年に共和党が選出された場合に、Biden政権によるTrump政権の行動の多くの逆転が単に逆転されないかどうかを検討し、それに応じて計画する必要がある。 2022年に大統領選挙が近づくフランスは、英国よりも米国の注目を集める可能性が高い。 Biden政権は同盟との関係を強化するが、フランスでさらに政治的混乱事態が発生した場合、同国は米国への依存度が低い地域ブロックに入る。 特にNATOは、トルコのErdogan大統領が他の欧州加盟国の国内政治に身を投じ、中東と南コーカサスで軍事冒険に従事し続けているため、話したくない重要なトルコの問題に対処する必要がある。 さらに、台湾、日本、韓国、オーストラリアなどのアジア太平洋地域のパートナーは、大胆な中華人民共和国に対処するために、米国により大きな注意を要求するだろう。

 

(8). 発展途上国での暴力犯罪の増加

   Rise in violent crime in developing countries

COVID-19のパンデミックによって引き起こされた景気後退の中で、政府が適切な財政援助やその他の形態の救済を提供できない発展途上国や半先進国では、カージャックや強盗などの犯罪の増加が予想される。 パンデミックが激化し、経済的緊張が高まるにつれ、特に学校や大学の閉鎖や雇用機会の欠如により、犯罪グループはより多くの採用プールを持つようになるだろう。 このため、ベネズエラや南アフリカなど、すでに高い犯罪率を経験している国では、暴力犯罪の事件が増える可能性がある。 略奪や強盗などの日和見犯罪の増加は、組織化されたグループが通常は活動していないエジプトなどの国で発生する可能性がある。(1/11 https://bit.ly/38CbPXy )

 

 

5. フォカスライトの「ミーティングとイベント」発表

COVID-19のパンデミックは、会議やイベント業界に特に残酷な影響を及ぼした。 ただし、Phocuswright Researchの新しいレポートによると、企業旅行の機会が再開されるとすぐに、旅行者はビジネスに復帰することを熱望している。

実際、コロナウイルスが依然として脅威をもたらしている場合でも、10人中9人の旅行者が会議やイベントに参加する意思があり、旅行者の23%だけが、重要な会議やイベントにのみ参加するために旅行を削減する予定だ。

Phocuswrightは、「US Meetings and Event TravelWhere they WorkStay and Play」というタイトルのレポートで、米国における会議とイベントの市場のダイナミクスと機会について詳しく説明している。 この調査では、旅行者が目的地に行く予定の会議やイベント、参加しやすいと感じる会議の種類、滞在する予定の場所についても調べている。 PhocuswrightのアナリストであるAlice JongLorraine Sileoによって書かれたこのレポートは、2023年までの米国の会議とイベントセグメントの宿泊費と予測を提供する。(1/12 https://bit.ly/3i637nR)

 

 

6. パンデミック後のT&A

何十年も前から存在し、独自の場所を切り開いて成熟した業界を目にすることはめったにない。 過去3年ほどで、ツアーやアクティビティは、はしごを上って、現在、旅行ビジネスの主要なプレーヤーとして認識されているそのような業界の1つとなっている。 年間推定1,800億ドル相当のプレーヤーであるため、旅行小売業者や投資家はこのセクターに大きな関心を示している。 その後、COVID-19が登場した。 無茶苦茶な年を経て、旅行業界は今、回復の非常に早い兆候を感じているが、観光業が成長し始めると、すべての活動を含む我々が行うすべてが変化する世界に適応する必要がある。 旅行者が再び世界を探索し始めると、ツアー、テーマパーク、旅行を予約したいという願望が計画に含まれるが、以前とまったく同じように体験されない可能性がある。 新年以降に向けて、アクティビティプロバイダーは、将来を見据えたビジネスに変更を加える必要がある。 そのためには、プロダクトの提供、価格設定、販売チャネルの3つの主要分野に焦点を当てる必要がある。

 

プロダクト

多くのローカル企業は、価格を地元の競争者と比較している。 同様のボートトリップを提供している2人のオペレーターは、プロダクトの価格を同じか、場合によってはわずかに低くする可能性がある。 しかし、ツアーは体験に関するものであり、追加費用をほとんどまたはまったくかけずにツアーを目立たせる機会は沢山ある。 旅行にランチや軽食を追加したり、解説に劇場を少し追加したり(or a bit of theatre into the commentary)することで違いが生まれる。 ツアーやアクティビティが再開されると、多くの人が以前とはまったく異なる方法で管理する必要がある。 群衆ははるかに小さく、より制御されていると予想される。 コロナウイルスの時代には、ツアーはCOVIDと共存し、小規模またはプライベートのグループが野外での体験を楽しんでいる。 テーマパークには、必須の検温とマスク着用と、訪問者の座席とガイドの間の社会的距離を可能にするために間隔をあけられる。 家族、学生、より熟年または退職者かどうかにかかわらず、彼らはT&Aの市場を知っている。 これらのグループが評価するプロダクトを作成し、信頼と安全を確保するために必要な変更を加える。

 

価格設定

近年、ツアーオペレーターはOTA業界に浸透しているが、これは多くの人にとって飛躍的な進歩だが注意が必要である。 すべての企業は、そのコストと利益率、負債などを理解する必要がある。 プロダクトを販売するには市場を理解する必要があり、ツアーオペレーターも例外ではない。 しかし、彼らは自分たちのプロダクトを非常に多様で異種の市場に売り込むのに苦労するかもしれない。 流通コスト、固定費と変動費、パンデミック後の少人数のグループサイズは、特に直接販売チャネルではなくサードパーティを通じて販売する事業者にとって、ツアーのコストに含める必要のあるいくつかの領域である。

 

販売チャネル

昨年のArivalのレポートによると、オンラインで行われた予約の割合は依然として30%未満だが、急速に増加し続けている。 店頭販売(walk ups)は機能しなくなり、人々が事前に計画を立ててツアーの安全性を調査するにつれて、より多くの販売チャネルがデジタル化されるようになる。 新しいソリューションが利用可能であり、ツアープロバイダーは在庫を管理し、オンラインで直接、またはOTAを含むサードパーティを通じて販売することができる。 彼らは、オンラインでの旅行計画とニーズの確保に慣れている旅行者とアクティビティプロバイダーを結び付ける。 より高度なシステムの中には、オペレーターが季節ごとの価格変数を管理できるものもある。 このようなシステムは、オンライン販売および流通機能を強化するように設計されており、ツアーオペレーターが世界規模で市場に参入するのを支援している。 オンラインへの移行がホテルや航空会社のオンライン予約の初期を彷彿とさせるこの数十億ドル規模の業界にとって朗報だ。 ツアー業界は細分化されており、ビジネスの大部分は210人の小さなチームによって運営されている。 これらの企業は、我々全員がそうであるように、旅行が正常な感覚に戻ることを切望しているが、多くの点でこの危機に対処するためのより良い準備ができている。 月々の費用がほとんどないので、多くの人はしっかりと座って回復が始まるのを待つことができる。 これは地元、地域、海外の旅行の順序で行われるとほとんどの人が予測しているように、ツアーやアクティビティは回復の各段階に最適である。 デジタルに焦点を合わせ、適応性があり、卓越した安全な体験を提供するこれらのビジネスは、この危機が終われば成功し将来を確保する。 プロダクトの価格設定においても戦略的な事業者は、非常に健全な利益を上げる事業者になる。

著者:John Maguireは、Trip Admit CEO兼創設者。(1/12 https://bit.ly/3oEeo1b)

 

 

7. ホスピタリティー現場、多様性にサイロ打破必要

2020年が旅行業界における多様性と包含について話し合う年だったとしたら、2021年が行動の年になることを願っている。 我々は、業界全体で女性がリーダーシップの役割で過小評価されていることを知っている。 同じことが黒人コミュニティのメンバーにも当てはまる。 ホスピタリティ業界の女性のキャリアを加速するために活動しているCastell Projectの調査によると、ホスピタリティ業界の労働力の約20%は黒人だが、指導的立場にある人はほとんどいない。 Castell Projectは最近、取締役会へTracy Prigmoreを任命した。 Prigmoreは、不動産および開発会社TLTSolutionsを通じて、ホスピタリティにおける性別およびマイノリティの代表を後押しする取り組みと、女性ホテル経営者を増やすためのShe Has a Dealプログラムで知られている。 彼女はPhocusWireに旅行業界について、人々が仕事で本物の自分になることを可能にしてサイロを壊す(個別閉鎖的組織を壊す)彼女の考えについ話す。

 

Q:  She Has a Dealとヘルスケアのキャリアの後にホスピタリティに参加したことについて教えて欲しい。

Tell us about the She Has a Deal program and breaking into hospitality after a career in healthcare.

ホテルのオーナーになっている女性の数が男性に比べて非常に少なかったので、She Has a Dealというアイデアを思いついた。 私はヘルスケアでのキャリアの後にホスピタリティに来た。 そこでは、リーダーシップのランクで同じ問題が存在した。 私は、理解とその文書化に基づいて、そして我々がどこにいるのかを理解することに基づいて変革を見た。 一歩踏み出して行動を起こせば、実際に結果を見ることができる。 ホスピタリティ業界に参加して会議に参加し始めた時、それが想像以上に悪いとは知らなかった。 それは主にスーツを着た男性ばかりだった。 女性は少しだけいたが、私が会った女性はブランドのために働いていたか、建築会社のデザイナーであった。

 

Q: 旅行業界以外の人として、黒人や他のコミュニティだけでなく、女性の代表についての最初の考えは何だったのか?

As someone from outside travel industry, what were your initial thoughts in terms of representation of women as well as Blacks or other communities?

私の直感的な反応は、ここに本当に私のように見える人がいないので、私がどのように振る舞ったり、人々に会ったりするのかということであった。 みんなお互いを知っているようだったので、個人的には少し怖かった。 また、誰もが同じだとしたら、業界はどうやって創造性と革新を手に入れるのだろうと思った。 それが私の印象であった。 私は、思考の多様性とリーダーシップの多様性があれば価値を生み出す経験をした。 そうすれば、我々はより多くの魔法とより包括的な環境を手に入れる。

 

Q: ヘルスケアでの経験は、職場の多様性の価値と重要性を示している。 多様な才能を見つけることができないと人々が言う時のあなたの反応は?

Your experience in healthcare has shown you the value and importance of workplace diversity. What’s your reaction when people say they can’t find diverse talent?

私はそのコメントを共感することができる。 私は過半数の白人の近所で育ち、過半数の白人の学校に通った。 私はあなたが住んでいる場所、あなたが一緒に学校に通っているあなたのサークルに引き寄せられる傾向があることを知っている。 昇格して仕事で才能を探さなければならないことに気づいた。 最初に考えるのは、誰を知っているかということだ。 これらの個別のコミュニティが引き続き存在する場合、意図的かどうかにかかわらず、統合(integration)はほとんど存在しない。 仕事の輪に多様性がなければ、誰も直接知ることはできず、誰に尋ねるかも分からない。 私は彼らがそこにいると信じている、それはあなたがもっと一生懸命働かなければならないということだけであり、我々は少し怠惰になる傾向がある。 それは誰にとっても恥ずべきことではないが、我々全員が、我々が知っている人たちを、彼らと付き合った経験を、彼らの判断を信頼する傾向がある。 それはあなたが大変な努力をする必要がなく、彼らが誰であるか、彼らのスキルと能力が何であるかを本当に掘り下げて理解することを容易にする。 あなたがそれらの人々に会わないか、あなたが彼らの周りにいないなら、あなたの世界では彼らは存在しないのだから、彼らは存在しないと言うのは簡単である。 答えは、人を確認するためにより多くの努力を行う必要があり、チームの多様性を確保するためにより多くの努力を行う必要があるということである。 能力は至る所に存在することを我々は知っている、それに誰がアクセスを与えられるか、誰がその情報を持っているか、彼らが必要とする教育や経験の情報を誰が提供しているかについてである。 時々あなたはこの人の以前の経験を超えて見なければならない、あなたは人の性格の他の要因と彼らが持っている経験と才能を見て、あなたが彼らにチャンスを与えるだけで彼らはそれを実行できることを知っている必要がある。

 

Q: 多様な人材を積極的に探し、候補者のパイプラインを構築することだけではなく、その多様な人材を歓迎するために組織を設立することはどれほど重要か?

It isn’t just about making sure you’re actively looking for diverse talent and building a pipeline of candidates, how important is it for organizations to be set up to welcome that diverse talent? 

あなたが彼らを手に入れるかもしれないが、彼らがとどまらないか、あなたが彼らが彼らの本物の自分になることを許さないので、それは重要である。

あなたが唯一の人である場合、あなたは順応するというこのプレッシャーを感じる、そして時々それはあなたとあなたが見ているものの一部だが、それはあなたが育った文化と環境、そして異なる考えの多様な思考と精神の彼らの受け入れでもある。 あなたがあなたのプロダクトやサービスを他のコミュニティに持ち込むための創造的なアイデアについて提案をしていても、誰からもうまくいかないと言われたら、あなたはあなたのアイデアは重要ではないと感じ、貢献することができないのならあなたは自分が大切にされているところに行きたいと思うだろう。 誰もが職場でいくつかの課題を抱えており、我々が知らないことが常にあるが、誰かがあなたにチャンスを与え、あなたが成長するために必要なサポートを与えなければならない。 あなたが本物の自分になることができず、常に異なるファサードを持っている場合、または有色人種としてあなたは順応する必要があるとか、特定の方法で服を着るか行動する必要があると言われた場合、あなたは基本的に俳優として働くことになる。 それは消耗している(draining)、あなたのエネルギーは自分自身に向けられて、グループに有意義に貢献することができることに向かわせるべきだ。 私は多様性とその相乗効果が大好きで、誰もがオープンマインドを持ち、お互いにバイブレーションを交わしている(vibing off)。 私にとって、それは成長し、最高のプロダクトや結果を得るのに最適な環境である。 誰もが自由に自分の考えを伝えることができる。

 

Q: 旅行やホスピタリティで物事が変化していると思うか? リーダーシップはそのアイデアを受け入れており、真の変化を望んでいるか?

Do you think things are changing in travel and hospitality? Is leadership embracing the idea and do it want real change?

ブランド、ベンダー、所有者グループ、管理会社について考えると、ホスピタリティには多くのばらつきがある。 Marriottは、間違いなく女性と黒人の幹部のリーダーシップのランクに関して、いくつかの重要な進歩を遂げたと思う。 それは私が所有者として見ることができるものである。 ホスピタリティの経験は短いので一概には言えないが、今はもっと意識が高まっていると思うが、それが本当の変化につながるのかどうかは分からない。 舞台裏では多くのことが起こっている。 変化を起こし、多様な才能を見つけるための仕事をするという意識が本当にあれば、それについて話し続け、企業に説明責任を負わせることができれば、間違いなくその変化が見られる。 CastellShe Has a Dealのような組織がそのオーナーの側に変更を加えることができれば、リーダーシップの面でより多様性をもたらすので、自然に多様性が増すと思う。 これは、文化的な会話や混合文化グループがプロダクトに関する情報を提供することを意味する。

 

Q: 企業内にダイバーシティチーフオフィサーの役割があると思うか?

Do you think there is a role for chief diversity officers within companies?

私はその人がいる組織にいたが、その人、ホスピタリティではないが、にはスタッフがいないか、いても1人か2人で、予算はそれほど大きくなく、組織としての意識でプログラムを作成し、その領域内ですべてを行うことが期待される。 それは本当に不可能である。 彼らは通常、リソースグループを作成し、組織内の有色人種または女性をまとめる会議を開くことになる。 これらのリソースグループは素晴らしいのだが、依然として差別されている。 内部構造が変わらない場合は、1人か2人で道筋を作ることになるかもしれないが、ほとんどの人は去る。 従来、これらのDIの人々には、必ずしも組織全体に浸透するわけではないいくつかのプログラムやタスクが与えられていた。 彼らはいくつかのトレーニングを組織するが、これらの多様性の問題を意識して日常的に取り組むのは、実際にはCEOとリーダー次第である。 それは多くの仕事が必要となるので、彼らはそれをすることにコミットしなければならない。 また、それがすべての人の仕事の一部となるように、説明責任とインセンティブがそこになければならない。

 

Q: NASDAQは、企業内の多様な取締役会の代表を見て、多様性データを提供することを望んでいると発表した。それはゲームチェンジャーか?

NASDAQ announced that it wants to see diverse board representation within companies and for them to provide diversity data. Is that a gamechanger? 

そうなると思う。 それも本物である必要があると感じているので、おそらくそれは正しい方向への一歩だ。 She Has a Dealのピッチコンテストを結成していた時、私は女性に焦点を当てることを選んだ、そして何人かの人々は私が黒人女性のためにやっていたことは素晴らしいと言った。 これはすべての女性のためだと私は彼らに言った。 私は間違いなく黒人に優れてもらいたいのだが、すべての女性とすることが重要だった理由は、サイロがもう欲しくないからだ。だから、この人が欲しいと言うだけでは十分ではない。 どうすれば他の人と快適に感じる人の統合を深めることができるか? すべての人種で一緒に働く女性の混合をもっと見たい。 一緒に仕事をすれば、我々全員を昇格させることができる。

 

Q: ホスピタリティ企業に対して、どこから始めればよいのか、そして何がすぐに成功するのかについてアドバイスはあるか?

Do you have any advice for hospitality companies on where to start and what might be quick wins?

まず、周りを見回して、実際には活用していない才能を確認して欲しい。 おそらく、見過ごされているか、育成されていない才能を持っている下位の人々がいるだろう。 何も持っていない場合は、やるべきことが沢山ある。 しかし、注目されていなかったり昇格されたり(elevated)していない最前線に立っている熱心な女性や有色人種が沢山いると思う。(1/12 https://bit.ly/39s9rlx )

 

 

8. Hot 25スタータップ2021

旅行、観光、ホスピタリティは、壊滅的な年の最後の数ヶ月に達するため、厳しい状況にある。 航空会社、ホテル、その他の製品サプライヤーは、国が国境を開いたり閉じたり、移動を制限したりするため、業務を再開するために最善を尽くしている。 このセクターの現実的な予測によると、レジャー旅行で2019年のレベルに戻る感覚が現れるまでには、少なくともあと12か月はかかるだろう。 同様に、出張は非常に異なる未来を持っているかもしれない。 伝統的に、PhocusWireは毎年11月にPhocuswright Conferenceの始まりをマークし、毎年恒例のHot 25 Startupsをリリースしている(2019年と2020年のコレクションについてはそれぞれhttps://bit.ly/38IsLvUhttps://bit.ly/3bBH1bnを参照)。 この夏の間に、我々は来年中に注目すべき新しいビジネスのリストを作成することが適切であるか価値があると思われるかどうかを検討した。 この質問をあまり長く検討する必要はなかった。 多くの企業が直面する将来への緊張の中で、これらのスタートアップは次のHot 25 Startupsリストで強調されるに値する。 業界は変わり続けており、多くの新しい企業は、サービスの回復を支援するために最善を尽くしているか、市場または地域の回復を活用するのに適した立場にある。 要するに、今年のHot 25は、世界的パンデミックの始まりを乗り越え、2021年にも同様に重要な成長を遂げることができる企業の集まりである。 業界が直面している異常な状況にもかかわらず、過去数年間に使用した基準は依然として適切である。 それらは、顧客ベースの拡大、地理的に拡大する能力、プロダクトの革新、リーダーシップチームの品質である。 今年のリストに掲載されているすべての企業は、過去5年間に創業した。 パートナーのSalesforceのサポートを受けて作成された2021コレクションを以下に示す。 各スタートアップの詳細と、今後12か月の取り組みについては、会社名をクリックして欲しい。

* 2021年のリストの編集に協力してくれたチーム、特にPhocusWireのシニアレポーターであるMitra SorrellsPhocuswrightの研究とイノベーションのマネージャーであるMike Colettaに感謝する。(1/7 https://bit.ly/35Du4du)

 

 

9. IATAトラベルパス

IATAの空港、旅客、セキュリティプロダクトの責任者であるAlan Murray Haydenは、Travel Passデジタルヘルスクレデンシャルソリューションを市場に投入するための急速な進歩が見られ、世界最大の航空会社のほとんどが3月からそれを使用する予定であり、私の人生で、プロジェクトがこれほどのペースで動くのを見たことがなく、これを実現し、この業界の問題を解決するために、112時間働く人々のチームがいると、IATAEvernymが主催するウェビナーで語った。 IATAは、COVID-19の大流行に対応してTravel Passを開発、航空会社や旅行代理店が乗客の渡航文書を検証するために50年以上使用しているプロダクトであるTimaticを含む既存のIATAソリューションの上にこれを構築した。 Haydenは、IATAはデジタルアイデンティティ・ソリューションの開発業者Evernymと提携して、COVID以前に開発した非接触型のIDアプリケーションの拡張形であるTravel Passを短期間で迅速に開発できたと言う。 Travel Passの主な機能は、旅行者がCOVID-19テストまたはCOVID-19ワクチンの検証済み認定を保存および管理するのに役立つモバイルアプリである。 また紙のプロセスよりもセキュリティと効率が向上する。 「これまでのテストの課題の1つは、エージェントが実際にテストを検証するのにかかる時間であった。 2つ目は、偽のテストの急増」とHaydenは言う。 Evernym事業開発担当シニアディレクターであるJamie Smithは、データは一元化されたデータベースではなく“エッジ” に存在するため、これらの検証可能な資格情報は他の種類のデジタルドキュメントよりも安全であり、そして紙とは異なり、電子透かしが存在すると述べている。 Travel Passシステムには4つのコンポーネントがある。 健康要件のレジストリにより、乗客は旅行、テスト、そして最終的には旅行のワクチン要件に関する正確な情報を見つけることができる。 Timaticを搭載したレジストリは、旅行者のテストの種類とタイミングが旅程に適しているかどうかを判断できる。 第二に、乗客が目的地の政府の要件を満たすラボを見つけることができるように、テストおよびワクチン接種センターのレジストリがある。 第三に、IATAEvernymは、テストラボがテスト結果または予防接種証明書を乗客に安全に送信できるようにするアプリを構築した。 そして最後に、システムは、旅行者がパスポートとテスト結果のデジタルバージョンを保存するために使用する消費者向けアプリであるIATA Travel Passアプリを保有する。 旅行者は、これらの結果を目的地の航空会社や当局と共有することもできる。 「この背後にある全体的な目的は、乗客が物理的に文書を交換することなく、カーブサイドから飛行機まで歩くことができることである」とHaydenは言う。(1/13 https://bit.ly/35A2Zry )

 

 

10. TravelPerkNexTravel買収

バルセロナを拠点とする旅行管理プラットフォームTravelPerkは、米国でのプレゼンスを拡大するために、ビジネス旅行プラットフォームNexTravelを買収した。 取引条件は明らかにされていない。 NexTravelは、7月にリスク管理のスタートアップAlbatrossを統合した後の、TravelPerk2番目で最大の買収。 2013年に共同創設者のWen-Wen LamAlexey Pakhomovによって設立されたNexTravelは、2015年にY Combinatorから立ち上げられた。 サンタモニカを拠点とするこの会社は、700を超える米国のビジネスクライアントと、そのプラットフォームで処理された300,000を超える旅行を処理する。 TravelPerkは、NexTravelを使用して、プラットフォームでの米国ベースの旅行支出の量を「大幅に増やす」と述べている。 買収には、NexTravelの顧客ベース、テクノロジー、従業員、在庫、および米国市場の専門知識が含まれる。 「今年の我々の主な目標は、COVID-19によって引き起こされた固有の課題を乗り越えながら、出張における顧客の変化するニーズを満たすことだった。 世界中の旅行が一時的に減速しているにもかかわらず、当社はプロダクトとテクノロジーに多額の投資を行い、迅速にサービスを強化することができ、優先市場、特に米国での継続的な成長のための優れたプラットフォームを提供している」とTravelPerkの共同創設者兼CEO Avi Meirは述べている。 「米国はTravelPerkにとって重要な市場であったが、今ではこれまで以上にここでの存在感を高めることに取り組んでいる。 NexTravelの買収により、米国での成長が加速し、現場のチームの規模が2倍になり、クライアントベースと市場での専門知識が大幅に向上する。 これはTravelPerkの世界的な成長におけるもう1つの重要なマイルストーンであり、我々は組み合わせたプロダクトを市場に投入できることを嬉しく思う」そして 2020年にTravelPerkは顧客ベースを増やし、COVID-19パンデミックによって引き起こされた複雑な状況をユーザーがナビゲートできるようにプロダクトの将来性を保証するために取り組んだと述べている。 FlexiPerk払戻しプロダクトの改善に加えて、同社は9月にAPIベースのサービス市場をリリースした。 NexTravelとの契約に続き、TravelPerkは、継続的な成長戦略の一環として、将来的にさらに買収を行う予定であると述べる。 さらに、TravelPerkは、米国での成長をサポートするためにサウスウエスト航空とのパートナーシップを発表した。 20197月に1400万ドルのシリーズCラウンドが終了した後、TravelPerkはこれまでに合計13,400万ドルを調達した。 * 20201月に録音されたHow I Got Hereポッドキャスト、NexTravelの共同創設者兼CEOWen-Wen Lamとのインタビューを確認して欲しい。

(1/13 https://bit.ly/3siRLSd )

 

 

11. VIDEO: 持続可能ツーリズムのテック

多くの都市や地域では、オーバーツーリズムはすぐにアンダーツーリズムになった。 コロナウイルスのパンデミックは、旅行者が使用する交通手段や宿泊施設だけでなく、ビジネスを切望する目的地にも劇的な影響を及ぼした。

かつては観光客でにぎわっていた都市や、イベントへの数千人(時には数万人)の訪問者を喜んで迎え入れていた都市は、今では空っぽになっている。 訪問者が集まるアトラクションやランドマークに加えて、旅行者の到着をサポートする地元企業のエコシステムも破壊された。 しかし、パンデミックの初めにPhocusWire向けに制作された一連のビデオで、目的地管理の専門家であるDoug Lanksyが概説したように、このような時間は目的地がツアーへの異なるアプローチでどのように出現するかを検討するのに役立つ。 要するに、今こそ目的地が回復を管理し、人気のある地域に殺到する観光客が多すぎる結果として発生した問題のいくつかを回避するための戦略を構築する時である。 コロナウイルスの発生から6か月後、Lansky2020年のフォカスライト会議でPete Comeauに加わりさらに説明した。完全な議論は以下のVODEO通りである。(1/13 https://bit.ly/35FOIJX)

 

 

12. トリバゴ、Weekend.com買収

Trivagoが、短い休息を探している旅行者をターゲットにしているドイツのOTAスタートアップWeekend.comを買収した。 具体的な取引(100%の株式買収)の詳細な条件は明らかにされていない。 20185月にAI主導のパーソナライズエンジンであるTripBuddyを買収して以来、メタサーチサイトTrivagoの買収はこれが初めて。 この取引により、Trivagoが「マーケティングとプロダクトの専門知識」をWeekend.comブランドに取り入れ、ホテルのコンテンツを共有する。 2016年に設立されたパッケージ旅行のスタートアップWeekend.comは、400の目的地にある30,000のホテルと取引が可能であり、ドイツ、オーストリア、スイス、英国、米国などの市場でウェブサイトとモバイルアプリの両方で販売している。

この会社は、Tobias BoeseRalf UsbeckTom Hülserによって設立された。

Trivagoの過去数年間の他の買収は2017Tripl2016年にBase7Bookingがある。 どちらも買収価格は未公表である。 TrivagoCEOであるAxel Heferは、no-brainer(朝飯前)と述べている。

* PhocusWireNew Reality With ...シリーズのために20205月に記録されたHeferとのインタビューVIDEOをチェックして欲しい。(1/14 https://bit.ly/38KeyP5)

 

 

13. 分散COVID規則、2021年の旅行を不確実にする

2021年は、COVID-19ワクチンが旅行をできる年になるはずだ。 しかし、今年度最初の週で何らかの新たな兆候が出た場合、それは長くて予測不可能な道となる可能性がある。 最初のワクチンのゆっくりとした不均一な展開、より伝染性の高い変形ウイルスの定着、新たな封鎖、および旅行前のテスト要件とデジタルヘルスパスを検討する国の増加により、旅行を管理する規則は、少なくとも短期的には、それ以上ではないにしても、相変わらず混乱する。

カナダは先週、2週間の検疫要件に加えて、すべてのインバウンド旅行者にCOVID-19検査が陰性であることの証明を提示するよう要求し始めた。 ハワイのカウアイ島は反対方向に進み、10日間の強制検疫をネガティブテストの要件に置き換えた。 米国の航空会社は、トランプ政権に対し、リスクの高い国からの旅行者の禁止に代わる、すべての国際線の乗客に対する旅行前のテスト規則を実施するよう求めた。 また、国立アレルギー感染症研究所の所長であるAnthony Fauci博士は、ニューズウィークに、COVID-19ワクチン接種が他の国への旅行に義務付けられる可能性があると語った。 2020年のように、旅行のルールは常に進化し、国から国、州から州、さらには都市から都市へと大きく変化することが約束されており、旅行会社、特に複数の国境を越えて旅行を行うクルーズラインやツアーオペレーターにとっては彼らの利益を計画するには厄介なこととなる。 最終的に、旅行部門とその他の国々は、先月から開始された新しいワクチンが、義務化、集団免疫の達成、またはその両方を通じて、世界的な旅行の広範な再開の鍵となることを期待している。

しかし、米国での予想よりも遅い初期のワクチン流通の取り組みは、「率直に言って、それ自体がヘラクレス(至難なこと)である」ことを証明したとセキュリティーサービス会社International SOS上級副社長兼グローバル医療ディレクターであるRobert Quigley博士は言う。 また、国境を越えた旅行を容易にするためのデジタル健康記録またはワクチンパスポートの実装も、多くの課題に直面している。 「ワクチンの有効性とこのウイルスの絶え間ない進化の両方が、[健康]パスポートの有効性に疑問を投げかけるだろう」とQuigleyは述べた。 「予防接種を受けてワクチンのパスポートを取得したとする。 しかし、パスポートまたは証明書は、どれくらい有効なのか? 1年間有効か? 有効期限が設定されているのか? あなたの人生で一度だけワクチンを接種すれば済むのか? 免疫検査を受けるか? この予防接種がどれくらいの期間働くか分からない。 来年COVID-19の新しいバージョンがあるだろう。 したがって、これらの問題はこのテーマすべてを複雑にする」と彼は語る。

デジタル健康記録はまた、プライバシーと詐欺についての質問を提起する。

「自分の健康情報が当局の手に渡らないようにするにはどうすればよいか?」と彼は付け加える。「情報が本当にあなたのものであり、それが詐欺ではないことをどのように保証するのか?」 また、旅行会社と観光に依存する政府が、旅行者を呼び戻すための経済的圧力と入国要件を比較検討する際に直面する、お互い離反する利益のバランス化も問題を複雑にしている。 たとえば、コスタリカは、経済を再開する必要性を理由に、昨年の秋に最初の旅行前テストの要件を撤廃したが、新たに事件が発生した場合、再びコースを逆転させる可能性があると警告した。

ヨーロッパ全体のルールは、ウイルス自体と同じくらい予測不可能である。 欧州旅行委員会の事務局長であるEduardo Santanderは、テストとワクチンのための均一な旅行アプローチの開発に関する現在のEUの議論に気付いていないが、彼のグループは「よりシームレスな旅行を可能にするために必要となるテストとワクチン情報を輸送プロバイダーと国境当局に遅滞なく提供するためのデジタルでユーザーフレンドリーなソリューションを支持している」と述べる。

実際、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のマネージングディレクターであるVirginia Messinaは、旅行政策の一貫性は「旅行の信頼を取り戻す、または回復するための鍵である。 それは健康上の危機であるだけでなく、信頼の危機でもある。 我々は一貫性を求めて来た。 グローバルではないにしても、少なくとも地域的にはそれが必要だ」と彼女は述べた。

多くのクルーズラインやツアーオペレーターは今春に国際運航を再開することを望んでいるが、ゲストのための独自のルールを最終決定するには、より明確にする必要があると彼らは言う。 「ワクチンの証明は我々が考えていること」とTauckCEOであるDan Maharは言う。 GlobusファミリーのブランドのAvalon WaterwaysのマネージングディレクターであるPamela Hoffeeは、「ワクチン接種の証明または定期検査の組み合わせが最終プログラムの一部になる」と予想し「ワクチンの展開と国の要件で何が起こるかを確認できるので、それに応じて計画することができる」と述べる。 しかし、Messinaは、企業自身がワクチンを義務付けていることに注意を払っている。 「我々が目にした最大の課題の1つは、カンタス航空が12月初旬に行ったように、旅行にはワクチンが必要だと言う企業である」、「それは持続可能ではない。 第一に、ワクチンは必須ではない。 決定するのは人々の意識次第である。 そして18歳未満の子供は承認されないので、家族が旅行している場合、子供の問題が浮上する」と彼女は言う。

Johanna JainchillChristina JelskiRobert Silkがこのレポートに寄稿した。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。(1/14 https://bit.ly/2LqzzWc )

 

 

14. 2021年の法人旅行のデジタル見通し

20211月に営業している旅行管理会社(TMC)は、2020年と2019年の両方と比較して、まったく新しい一連の課題に直面することになる。 出張需要は予測できない。 旅行の状況はより複雑になり、労働力は減少している。

BTAによると、出張の仕事の50%がリスクにさらされており、我々によるSMEセクターの最近の調査では、平均してTMCがスタッフの3分の1を削減していることが示されている。 英国を拠点とする企業の場合、COVID-19Brexitによって引き起こされる影響の「二重の苦痛」によって複雑さが増す最悪の状況と言える。 複雑さには管理が必要であり、これはTMCに機会を提供する。 テクノロジーは、適切な場所と適切なタイミングで情報を提供し、AIや機械学習などのデータを使用することで、これらの課題を克服するのに役立つ。

 

出張規定管理  Travel policy management

企業がCOVID-19の絶え間なく変化する複雑さに反応するにつれて、出張規定は2021年にさらに変更されるだろう。 従来、変更は企業の出張マネージャーから送信され、電子メールまたは電話でTMCに伝達されていた。 次に、TMCは、その情報をチームとシステム、およびオンライン予約ツールに絞り込む。 このプロセス全体には数日かかる場合がある。 すべてのシステムをリアルタイムで更新するプロセスを高速化する新しいテクノロジーツールが登場しているため、国、地域、または都市への旅行制限がすぐに実装される。 Radar by Zenmerは、英国のElementが流通しているシステムの1つである。

 

注意義務  Duty of care

過去6か月間、既存のテクノロジーの強化が着実に実行されている。 たとえば、旅行者の居場所を追跡する注意義務システムには「COVIDリスク」評価が組み込まれているが、ViselioなどのWebサイトでは、ビザの要件とCOVID-19テストを予約するためのオプションの詳細が提供されている。 これらは2021年も引き続き有用である。

 

APIs

専門情報会社は新サービスの形で彼らの提供(offerings)を強化しており、APIを介して提供している会社もある。 これは、追加のチャネル間で情報の一貫性を得ることができるため非常に便利である。 これは2021年に構築される。 電話やオンライン予約ツールを介して旅行アレンジャーと連携するTMCの場合、たとえば、COVID-19の旅行アドバイスをエージェントに送信し、オンライン予約ツールを介してアレンジャーに直接送信することは明らかに有益だ。 そして、その情報のソースが同じであれば素晴らしい。 次に、旅行前および旅行中にその情報の変更を旅行者に認識させることが重要である。 同じ情報ソースを、APIを介してモバイルアプリケーションに組み込むことができる。

 

パーソナライズ  Personalization

COVID-19はリソースに著しい影響を与え、業界は調整された。 平均して、SME(中小企業)スペースのTMCでは、従業員の3人に1人が解雇されている。 旅行の需要が戻ってきて、その量が増えると、顧客サービスのレベルが問われる。 新入社員は、以前に確立された関係を構築する必要がある。 パーソナライズを支援するテクノロジーが重要になる。 旅行者が予約システム内で行った以前の旅行を「パリから戻ってきたばかりですが、ヒルトンはどうでしたか? 同じホテルをもう一度予約しますか?」のごとくフラッシュする機能は便利だ。 たとえば、NavitasAgentivityはこれを回避するソリューションに取り組んでおり、いくつかのTMCで試験運用中である。

 

利益の最大化 ― リマーケティング  Maximize profits - remarketing

TMCは、このように長期間にわたって取引量が少ないため、新規予約の機会を最大化することを目指している。 つまり、ホテルのアタッチメント率がこれまでになく高いことを保証するだけでなく、可能なすべての段階でアンシラリーサービスが提供されることを保証する。 TMCからのリークを減らすのに役立つと約束するリマーケティングソリューションを提供する技術系スタートアップ(GrapevineReTravel)が登場している。 彼らは予約データを利用して、特定のサービス(ホテル、空港の駐車場、レンタカーなど)がいつ予約されていないかを理解し、適切な時期にこれらのサービスを提供する旅行者/アレンジャーへの細工された消費者グレードの電子メールがその方法になる。 機械学習は、最も成功した方法の分析を開始し、個人へのオファーを調整する。 つまり、AIは、出発の24時間前にWhatsAppメッセージを旅行者Xに送信する方が、出発の48時間前に旅行者Yに送るのと比較して、空港駐車場を提供するWhatsAppメッセージがより成功することを認識する。

 

NDC  New Distribution Capability

NDCのトピックスはペースを上げ続けており、かなりの数のプレーヤーが市場シェアを争っている。 その間、3つの主要GDSは航空会社との商業的合意に達することができず、新規参入者は成長し、より多くのキャリアとより多くの機能をプロダクトに追加している。 GDSはついに、長年にわたって満足してきた従来の寡占グループよりも幅広いグループと競争している。 法人旅行では、NDC在庫を予約するだけでなく、予約を効果的かつ効率的に処理し、下流で処理することができる(請求/レポートなど)。 TMCプロセスの問題を真に理解し、それらの解決策を見つけた企業が勝利する。 一部のNDC専門会社は現在、請求プロセスに役立つGDSバックオフィスファイルを作成している。 GDS予約、NDC予約、その他の直接予約ソース(格安航空会社、ベッドバンクなど)を取得し、予約を表示および操作(変更、キャンセル)できる単一の場所を提供できるシステムはまだ存在しない。 今日、GDSは、すべてに1つの集中管理された場所を実際に提供する唯一のツールであり、複雑な商用モデルのTMCでは、何がエージェンシーデビットメモ(ADM)をトリガーするかを理解するのは当然困難である。 今後数年のある時点で、GDSと航空会社が最終的に商業上の課題を理解し、GDSNDCコンテンツを主流にすることになると思う。 そうしないと、GDSによる莫大な開発コストが無駄になる。 TMCは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)の暗号エントリに別れを告げる必要がある。 NDCコンテンツでは一般的に見つけることができるエントリである、GDSが開発している新しいエントリを優先するべきだ。 NDCスペシャリストがGDSの主流になるNDCにどのように適応するかを見るのは興味深い。 GDSと競争するには、ホテルやレンタカーのギャップをすばやく埋める必要があり、豊富なAPIオプションを利用することを期待している。 NDCは、リテールエクスペリエンスの向上だけでなく、商業的な観点からも重要である。 ますます多くの航空会社がGDSでの予約に追加料金を課し、運賃の下位階層を削除するにつれて、GDSは単に予約するためのより高価な環境になりつつある。 何度も言われているように、このモデルは変更する必要がある。

 

オンライン予約ツール  Online Booking Tools

OBTは、2021年にいくつかの課題に直面する。 1つはリソースに関するものである。 Annual profile feesではなくトランザクションに依存していた企業は、解雇をしなければならなかった。 つまり、戦略計画表(road map)を取り除いて、新しいスリム化された優先リストを作成する必要があった。 労働力が枯渇しているため、イノベーションが枯渇する可能性がある。 OBTは、COVID-19を扱う新しい情報源の統合をロードマップに追加した可能性がある。 これらの統合は、人々が再び予約するのに役立ち、企業とその旅行者の信頼を高めようとするために必要である。 旅行者の自信はかつてないほど低く、人間との交流が最初の好みかもしれないことを忘れないで欲しい。 OBTは、確実に、一貫性のある正確な情報を予約者に提供し、トランザクションが再び流れるようにする。 いくつかの点で、OBTワークフローは承認プロセスに関して理想的であり、2021年には前年と比較してより複雑になる可能性がある。 したがって、その観点から、OBTにはプレイオン(play on)する力がある。

 

自動化  Automate

2021年には、自動化はもはや素晴らしいものではない。 TMCは、コストのかかる人間の接触を回避する作業方法を見つける必要がある。 完全にタッチレスの予約の理想的な形である。 2021年には、ミッドオフィスプロセスを専門とする企業が忙しくなると予測している。 Focusは、この分野のいくつかの企業、特にMidocoProconと協力している。 SMEスペースの自動化は大きな差別化要因であり、小規模なTMCがはるかに大きなアカウントに入札できるようになる。 小規模なTMCの統合により、2021年にはかなりの買収が見られる可能性がある。 優れたスケーラブルなミッドオフィスプロセスにより、TMCははるかに急速な成長を遂げることができる。 自動化の利点の1つは、データがはるかにクリーンになり、そのデータで何ができるかという可能性が開かれることである。 データは、リマーキングソリューションあるいは注意義務プロダクトへの提供であれ、テクノロジーのほとんどの側面に関連している。 優れたクリーンなデータは、引き続きTMCのバックボーンになる。

著者:Pascal Bennは、英国を拠点とするFocus Travel Partnershipのビジネスソリューションマネージャー。 (1/15 https://bit.ly/3qq91D0 )

 

 

15. Fetch.aiAIトラベルエージェント立ち上げ

Fetch.aiは、ホテルが顧客に合わせた宿泊サービスを提供できるようにするAutonomous AI Travel Agentsを発表した。 英国を拠点とするスマート台帳テクノロジー企業は、そのテクノロジーによってホテルの流通コストを削減できるだけでなく、セキュリティ違反からホテルを保護できると考えている。 AIエージェントは、ホテルから消費者への直接取引を可能にする分散型システムを提供する。 消費者はFetch.aiのモバイルアプリケーションにアクセスし、当初、同社は小さな独立したホテルが登録することを期待している。 Fetch-aiは、このモデルがホテルと消費者の最大10%のコスト削減を意味すると考えている。 同社は、システムのホスティングと実行に料金を請求する。 これは、オンライン仲介手数料と比較してコストを節約できる。 Fetch.aiCEOであるHumayun Sheikhは、このフレームワークは「既存のシステム全体を置き換えることを意図したものではなく、それらを補完することを目的としている。 それは安全に、非破壊的に、そしてホテルが持つかもしれない既存の関係と並行して動作する。 それは予約を取ることができる別の方法を提供し、顧客とホテルが直接取引する方法とよりパーソナライズされた方法で、より価値の高いエクスペリエンスを提供できる」と述べる。 予約を行うために、Fetch.aiのテクノロジーはAutonomous Economic Agents, (AEAs) を作成し、ユーザーとホテルの間を行き来する。 AEAには、アベイラビリティとユーザー設定に基づいてユーザーをプロパティと照合できるようにする事前定義されたスキルが備わっている。 エージェントは、Global Distribution Systems AmadeusSabreなどの無制限の流通システムに接続して、顧客が求めているものに関連するホテル名、住所、場所などのデータを収集できる。 次に、データはFetch検索、検出、およびトランザクションシステムに登録され、予約を完了できるようになる。 Fetch-aiはすでにAmadeusと統合されており、ホテル経営者は、アプリケーションスイートを立ち上げた2021年の第2四半期からFetch.aiネットワークに登録してアクセスできるようになる。 モバイル注文のスペシャリストであるWi-Q Technologiesは、2018年にFetch-ai AEAを使用して、旅行者にパーソナライズされたオファーを提供するパートナーシップを発表した。

(1/15 https://bit.ly/3nM49q3)

 

 

16. 後払いのAffirm、時価総額240億ドル

Affirm公募価格から一株当たりのほぼ$ 100にほぼ倍増し、今週ニューヨーク証券取引所に上場した。 旅行セクターと強いつながりを持つ「後払い(buy-now-pay-later)」サービスは、IPOの結果として約240億ドルの時価総額となった。 米国を拠点とする会社は、PayPalの共同創設者であるMax Levchinによって2012年に設立された。 アナリストは、Affirmの上場を、テクノロジーベースのIPOが、コロナウイルスの大流行の中で混沌とした12か月間、金融市場が浮力を維持するのに役立っていることを示すもう1つの兆候と見なしている。

Airbnbの待望のIPOは昨年12月に完了した。 同社は、ExpediaDelta VacationsPricelineCheapOAirSuitenessなどと協力して、購入者にチケットと宿泊施設を確保し、ブランドとの所定のスケジュールに支払いを分散する機会を提供している。 それはそれが商人に請求する手数料を稼ぎ、消費者が利息を負担することなく彼らの支払いを実行することを可能にする。

* AffirmLaunchイノベーションイベントに参加したThe Phocuswright Conference 20182つのVIDEOクリップをご覧ください。(1/15 https://bit.ly/35I3foE)

 

 

17. 直言:ベンチャキャピタル、ダイバーシティーの投資遅れ

「誰もが同じだとしたら、業界はどのようにして創造性と革新を手に入れるのだろうか。」これは今週のPhocusWireのインタビューで、Castell ProjectTracy Prigmoreからの引用である。

多様性と指導的地位への参加に関するホスピタリティ部門の不十分な取り組みに対するTracy Prigmoreの不安は、彼女だけのものではない。スタートアップの創設者であり、有色人であると想像してみて欲しい。 資金が提供されない可能性が高く、それは簡単に想像できる。 これに関するいくつかの証拠は、有色人種の創設者に投資する可能性が最も低いシリコンバレーを拠点とするベンチャーキャピタルのトップ25を詳述する新しいレポートにある。衝撃的な読み物である。 リストされているVCの中には、AccelBattery VenturesBessemer Venture PartnersIndex VenturesSequoia Capitalなど、旅行セクターのスタートアップに非常に馴染みのあるものがたくさん存在する。 たとえば、Accel1983年以来1,432の投資を行って来た。 そのうちの2つだけがBlackの創設者に投資された。

Batteryは、黒人の創設者(689人中)を持つ1つの会社に投資した。 Sequoiaの記録はAccelよりもはるかに優れているわけではなく、1,341人中で黒人の創設者への2つの投資がある。 統計は、長年にわたって必然的に支持されてきたレトリックと一致しない。 そして、昨年のBLMの動きと意識の全般的な上昇が何か違いを生んだかどうかを確認するのはおそらく少し早すぎるが、VCは数年前に行われた哀れなレベルの有色への投資を許されるべきではない。

最高のベンチャーキャピタルは常に、スタートアップは自分たちが受け取るのと同じくらい多くの潜在的な支援者に質問するべきだと言っている。 おそらく、ピッチ中に脚光を浴びている時に創設者のリストの一番上にある質問は、黒人の創設者とのスタートアップに投資することに関するVCの歴史と戦略は何か?となる。 その答えは、彼らが社会の最善の利益を念頭に置いて金融機関と協力しようとしているかどうかについての良い指標になるかもしれない。

(1/15 https://bit.ly/3bJMvRG)

 

 

18. エアアジアのOTAになる野心

AirAsiaは、AirAsia.comプラットフォームを介して、アジア太平洋地域の既存のオンライン旅行代理店に挑戦するという目標を掲げて前進している。 同社は自身を「OTAチャレンジャー」と表現し、プラットフォームの収益の50%を、2024年末までにエアアジア以外のフライトからのものにするという目標を設定している。 AirAsiaは、他の航空会社からのフライト、空港送迎、ホテル、アクティビティなど、追加の旅行サービスを提供できるように、ここ数か月で自らを再構築している。 8月に、仮想インターラインスペシャリストのKiwi.comとの提携を発表し、インドネシアの旅行者がこの地域のより多くの目的地にアクセスできるようにした。 最近では、ターキッシュエアラインズのフライト在庫とAirAsiaのフライト在庫を組み合わせて、より幅広い旅程と運賃を提供できるようにする契約に署名した。 同社は、ヨーロッパの航空会社を含む他のフルサービスの航空会社や潜在的なGDSパートナーと「真剣に話し合っている」と述べている。 エアアジアは、他の航空会社や地域のOTAに比べて大きな利点があると考えている。 AirAsia.comCEOであるKaren Chanは、そのプラットフォームのおかげで、他のキャリアができない他のプロダクトやサービスに会社を拡大できると述べている。

 

歴史を繰り返さない  Not repeating history

今週のCAPAライブイベントで、Chanは既存企業に対して成功するAirAsiaの能力について尋ねられた。 「AirAsia2機の飛行機で始まった時、人々は我々を笑った。 我々が今どこにいるのか見て欲しい。 市場に参入する時期だけでなく、既存企業のすべての過ちや成功から学ぶこともある。」

良い思い出を持っている人は、AirAsiaExpediaの合弁事業を思い出して欲しい。 2011年に発表された50:50のパートナーシップは、Expediaのブランドを日本、東アジア、東南アジア、AirAsiaGoGoRoomsプラットフォームで運営するために設立された新会社である。 しかし、AirAsiaに追加の流通を提供した7年間のパートナーシップは、ExpediaAirAsiaの株式を6,000万ドルで買収したことで2018年に終了した。 AirAsiaは当時、グループCEOTony Fernandesとの「非中核投資」の処分が終了し、膨大な量を習得、売却収益は「大きなユニコーンプロダクト」に向けられた。 2020年に話を戻すと、Chanは、プラットフォームの最大の違いは、航空会社が支援するサービスであると述べている(2000年代初頭のヨーロッパのOpodoと同様)。

OTAはどのように在庫を引き出しているか? それらは、直接APIまたはアグリゲーターのいずれかからプルしている。 我々は航空会社を所有しているため、最も安い運賃と売れ残った在庫を活用できる」と彼女は言う。 Chanはさらに、20206月のSnapの立ち上げについて説明する。 Snapは地元のホテルと提携してフライトとホテルのバンドル(パッケージ)を提供している。

「なぜ我々はそれをはるかに良くできると感じるのか? これは、365日以内にすべてのセグメントとルートの価格をコントロールする唯一のOTAであるためだ。 売れ残った在庫はホテルの直接在庫とバンドルすることができ、最高の価格保証で市場に参入することができる。」

彼女はまた、AirAsiaのマレーシアの国内線とインドネシアのルートの約25%が「独占的」であり、フライトを購入した後、顧客にホテルと地上輸送を提供することは「簡単」だと述べる。 AirAsiaは常に単なる航空会社以上の野心を持っていたが、この地域の既存のOTAに挑戦できるかどうかは議論の余地がある。

 

武器は何か?  What’s in the armory?

同社によれば、流通の90%は直接チャネルを介して行われており、その上に構築し続けることに熱心な理由を理解するのは難しいことではない。 ただし、GDSとアグリゲーターパートナーに関する上記のChanからの言及は、OTAを構築するという名目で流通戦略を拡大する準備ができていることを示している。

同社はまた、AirAsia.comプラットフォームの7,500万人の顧客ベースについてよく言及している。 Fernandesは昨年12月に同様のCAPAライブイベントでそれについて言及し、eコマースサイドの開発を決定する前に顧客ベースとロイヤルティプログラムを検討したと述べた。 彼はまた、GoogleFacebookで他の航空会社と競争してお金を使いたくないと言った。 Chanは、CAPA Liveセッション中に、1人の顧客を獲得するだけで最大75ドルの費用がかかる可能性があることについて話し、「新しい顧客を獲得するビジネス」ではないと主張した。 つまり他のOTAでは、マーケティングコストとキャッシュバーンが高くなり過ぎるというのだ。 彼女は、AirAsia.comが行う必要があるのは、パーソナライズされたオファーで既存の顧客をターゲットにすることにより、既存の顧客にクロスセルおよびアップセルすることであると付け加えている。

同社はロイヤルティスキームを活用し、BIG Loyaltyプログラムの名前をBIG Rewardsに変更する。 これにより、顧客はロイヤルティ通貨を使用して、ポイントを使用してブランド内の食事や食料品、その他のサービスの支払いを行うことができる。 Chanは次のように述べている。 「2021年の戦略的イニシアチブの一環として、BIG Rewardを完全なエコシステムに導入する。 AirAsiaの強みの1つは、エコシステム全体の遊びにある。 マイレージプログラムとして見られたくはないが、ライフスタイルパートナーとして見られたい。」

同社は、さまざまなサービスの「関連性を維持」および「粘着性を高める」方法として、また顧客からデータを収集する方法として、今後のポイントプログラムに大きな賭けをしている。 「ポイントはパズルの一部である。 さらに重要なのはデータ交換だ。 すべての顧客に対して、10を超えるタッチポイントがある。 他のeコマースプレーヤーの中には、名前、住所、クレジットカードの詳細しか持っていないものがある。 他のエンティティであるBigPay(フィンテック)を見ると、高品質の一次データがある。」 Chanはさらに、これを乗客データと組み合わせてパーソナライズの取り組みを改善しようとしているため、データが同社にとって「新しいブラックゴールド」であると説明する。

 

OTAクラウン  OTA crown

Travelokaなど、この地域の他のOTAクラウンの偽装者たちも興味を持って見ている。 インドネシアを拠点とするOTAは、わずか6か月前に25,000万ドルの資金調達を発表し、主要市場でより堅牢で統合された旅行とライフスタイルのポートフォリオを構築し、エコシステムパートナーをサポートする金融サービスソリューションをより良いものに拡大する」という野心とともに、背景に埋もれる可能性は低い。 対抗するGojekも存在する ― ライドヘイリング、フードデリバリー、支払い、アクティビティを提供するインドネシアのスーパーアプリで、ここ数ヶ月で多額の資金を調達した。 AirAsiaはまた、OTAになる野心をさらに高めるために、既存のパートナーシップに頼ることを計画している。 Booking Holdingsが所有するAgodaを宿泊パートナーとしてすでに提携しており、Trip.com Groupとの最近のパートナーシップのメリットを、中国人旅行者をASEANの他の目的地に、この地域の旅行者を世界の他の地域に連れて行くことができると宣伝している。 航空会社として、AirAsiaは、より広範なOTAビジネスのバックボーンとして機能するために、運用上および財務上適切である必要がある。 202012月のCAPAイベントで、Fernandesは、同社が多様化戦略だけでなく、航空会社の再編とコスト削減によって2021年に力を取り戻すことができるという彼の信念について話し、彼が説明するものを他の人と比較してマレーシア政府からの約25,000万ドルの少額のローンとして取りました。 また、パンデミック関連の旅行制限のために現在よりも好調な地域では、国内旅行が航空会社の事業の50%を占めているとも述べた。 一方、他が、AirAsiaがプラットフォームで行っていることを模倣できるかどうかに応じて、Chanは「多分できるかもしれない。 我々は、より多くの競争とコラボレーションを望んでいる。それがどのように機能するかだ」と述べている。(1/15 https://bit.ly/38KmRu1)

 

 

19. 111日の週の資金調達記事

·         OYO

OYO HotelsHomesは、シリーズFラウンドの一環として、Hindustan Media Venturesから740万ドルを調達した。 同社はその資本をプロダクトと技術の改善に投資するために使用する。 OYOは現在、世界80か国で43,000を超えるホテルと150,000の住宅を提供している。 9月、OYOは、「粗利益」がCOVID前のレベルの85%に回復したと述べた。 同社はまた、テクノロジーを使用して、すべての市場で全体的なコストを3040%削減したと述べている。「我々の経営陣の焦点は、株主と取締役会メンバーが正しい決定を下せるように、非常によく設計されたIPO対応の会社にすることだ」とOYO CEO Ritesh Agarwalは語る。 OYOはまた、DIG Investmentの創設者兼会長であるMartin Söderströmを任命し、ヨーロッパでの取締役会を強化した。 Söderströmは、合併や買収の可能性について取締役会に助言することに加えて、非公開の金額をOYOに投資している。(1/11 https://bit.ly/3ozYODy)

 

·         Uplift

Upliftは、旅行決済サービスの6,800万ドルの新しいクレジットラインを完成させた。 Buy-now-pay-laterブランドの資金調達は、Atalaya Capital Managementによって提供された。 カリフォルニアを拠点とするUpliftによると、旅行はすでに戻ってきており、同社は夏と秋の旅行の予約需要が高まる中、急速な成長を見込んでいる。 Upliftは現在、201912月の25,000万ドルのクレジットラインを含め69,500万ドルの株式と負債を調達した。 これは、同じ年の1月の12,300万ドルの資金調達に加えられた。 Upliftは、LinkedInCrunchbaseのインタビューで、新しい資金調達を確認した UpliftCEO Brian Barthは、同社は2020年に旅行を超えて事業を拡大する予定であると述べた。 Upliftは、今後18か月のトランザクションが10億ドルを超えると予想している。 Fly Now Pay Laterを含む同様のサービスを提供している他の企業も、鬱積需要による市場回復を予想している。 ロンドンに本社を置く同社は、シリーズA£3,500万を資金調達し、CEO Jasper Dykesによると2021年の後半には£1億の資金調達を計画する。 彼は、Upliftのクレジットラインはこのセクターへの継続的な取り組みを示しており、最近米国で消費者向けベータ版をリリースしたFly Now Pay Laterが買収意欲を燃やしていると述べている。(1/11 https://bit.ly/3oBdqCL)

 

·         Book4Time

Book4Time、グローバルなホスピタリティ、スパ、ウェルネス企業のためのクラウドベースのビジネス管理ソリューションは、Serent Capitalから“大きな成長投資”を受けた。 同社は資金の額を開示しないだろう。 2004年に設立されたBook4Timeは、ホテルやリゾート、カジノ、スパ、フィットネス施設の予約、在庫管理、支払い処理を管理している。 クライアントには、Marriott International, Accor, Hyatt, Hilton, Four Seasons and Jumeirah Hotels and Resorts.が含まれる。 Book4Timeは、PMSCRMPOS、デジタル免除フォーム(digital waiver forms)など、50を超えるホテルシステムと統合されている。 同社は最近、エンドツーエンドの非接触型ゲストエクスペリエンスソリューションと、マルチロケーションおよびマルチカレンシーのビジネスインテリジェンスレポートを追加した。(1/13 https://bit.ly/3iaEKoR )

 

·         Kambr

航空会社の収益管理技術のスペシャリストであるKambrは、300万ドルのシード資金を調達した。 投資はプライベートエクイティ投資家と航空業界のベテランMichael Scheeringaからのものだ。 シードラウンドでは、20199月に発表された400万ドルの投資に続き、Kambrの総資金は700万ドルになる。 オランダを拠点とするKambrは、この資金を使用してプロダクト開発を加速する予定である。 SAR Trilogy Managementの共同創設者で2004年から2008年までFlight Optionsの前CEOであるScheeringaは、「リーダーシップチームは、収益管理の実践を変革するためのビジョンと実践的な経験を持っている。 そして、COVID-19後の需要の世界で航空会社に強力なツールを提供している」と述べている。 Kambrはまた、Sean Moriartyを最高技術責任者に任命することで、コアチームを強化しました。 Accelyaが所有するRevenue Management Systemsから参加するMoriartyは、Kambrの開発チームを率いている。 Kambrは、過去1年間に署名した3社に加えて、さらに2社の航空会社の顧客がパイプラインにいると述べている。(1/13 https://bit.ly/3snDW4R)

 

·         SalesTrip

SalesTripは、経費管理および旅行予約ソフトウェアのために140万ドルのシードラウンドを調達した。 独立した非公開グループであるFloreat Groupがラウンドを主導した。 このラウンドは、SalesTrip250%以上の成長を遂げた年に行われる。 ロンドンを拠点とするSalesTripは、この資金を使用して米国での事業を拡大し、プロダクトの統合を構築し続け、主要市場全体で需要を増やす。 2019年に立ち上げられたこのスタートアップは、SalesTripの創設者兼CEOであるManoj Ganapathy(請求ソフトウェア会社InvoiceITの元創設者)から、Steelbrekとその後Salesforceに売却されたものを含め、これまでに合計300万ドルを調達した。 SalesTripは、Salesforceとの戦略的関係が成長の鍵であると考えている。 これは、COVID-19のパンデミックにより、企業の支出が厳しく監視されているためである。 SalesTripのプロダクトは、Salesforceの主要なクラウドエンタープライズプラットフォーム上にネイティブに構築されており、営業会議、顧客プロジェクト、マーケティングキャンペーンなどの特定の商業活動に対して費用と出張を管理できる。 昨年のSalesforce Dreamforceイベントで、SalesTrip5,000のエコシステム全体でSalesforceの最も革新的なパートナーの1つとして認められた。 SalesTripは、SaaSプラットフォームの柔軟性、適応性、および強さを証明しており、世界的パンデミックにもかかわらず繁栄して来た。 SalesTripは、英国、ヨーロッパ、米国の6か国に本社を置いている。(1/14 https://bit.ly/3bFZ6Fx)

 

·         Gett

Gettが、昨年夏に発表した1億ドルに1,500万ドルを追加して、1,500万ドルの資金調達ラウンドを完了した。 グローバル展開のための企業のための地上移動プラットフォームを開発するための資金を使用する。 1,500万ドルはGettの新しい投資家であるPelham Capital Investmentsと既存の投資家から調達した。 旅行業界にとっては非常に困難な時期であったが、Gett2020年に営業利益を計上できた。(1/14 https://bit.ly/35HEf0w)

 

 

+++++

 

 

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

各国航空会社のコロナ禍への対応