海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021118

 

海外事情 111日号

 

読みでがあるのは「13. In The Big Chair  Alex Coghlan, ATPCO」である。この長文のCEOインタビューは、COVID-19パンデミックで航空会社はすでに40社以上が倒産し、今後も増え続けると暗い予想をする。多くの航空会社が倒産するとなると、座席の流通システムにも大きな影響が出るのだろうか。このインタビューでは、GDSの統合まで話題に載せる。NDC開発も影響を受けるかもしれないという。すでに4社しか残っていないGDSsAmadeus, Sabre, Travelport, Travelsky)に統合などあるのか?と訝ってしまうが・・・世界の航空会社の多くが倒産する事態になっているのだから荒唐無稽な話ではないのかもしれない。尤も、中小のリージョナル航空会社まで入れての話で、そのリージョナルの倒産が多いのであって、トランザクション数をベースにすれば業界規模の縮小はそれほど大きくない。

 

WikipediaList of airlines impacted by the COVID-19 pandemicによれば、202010月時点で、世界の商業航空会社43社が倒産し、欧州の740空港の198空港(ほとんどがリージョナル空港)が倒産する可能性があると言っている。

 

話は変わるが、航空経営研究所のレポートによれば、中国大手3社(国際、南方、東方))の9月の国内線旅客輸送実績は2,782万人となり前年同月を2%上回った。日経新聞121日付は、10月の3社実績が、国際4%増、南方+3%増と2ヶ月連続で前年を上回ったと伝える。東方の10月は-3%であったが、総じて中国国内線の復調は鮮明だという。

 

 

米国TSA統計によれば、世界最大米国航空旅客市場は9月に前年比32%1036%1137%1238%と低迷が続く。9月だけをみれば中国大手3社の2,782万人が、米国全社の2,149万人を大きく上回る。巷間、近い将来中国経済が米国を上回ると言われ始めているが、パンデミックがその逆転を早めているようにも思える。パンデミックが終息して、圧倒的多数の中国人の海外旅行が再開されれば、国際線でも中国航空会社のシェアが高まるだろう。そうなれば中国国営GDS Travelskyの世界における影響力が増すのだろうか。

2. (TJ) 航空会社、新たなデータソース必要」も、航空会社の統合を予想する。

ここでは、それよりももっと重要なことを伝えている。COVID-19の影響で、旅行者の間際予約が増加し、かつての予測手法では需要予測が困難になっているというのだ。そして航空会社の路線便数計画も従来の半年単位ではなくて、それよりもズーッと早い周期で柔軟性に富んだ計画作成が必要になると指摘、そのためにはよりテクノロジーへの依存が必要だと言っている。COVID-19は、テクノロジーの導入にも拍車をかける。

(編集人)

 

目次

1. (TJ) VIDEO: パンデミックのロイヤルティプログラムへの影響

2. (TJ) 航空会社、新たなデータソース必要

(TJ) = トラベルジャーナル 21日号 参照ください

3. バケーションレンタルがホテルから学ぶこと

4. VIDEO:クルーズ業界の再起

5. スタータップステージ Turiosity

6. シンガポールのデジタル健康パス

7. エアビー稼働率、20219月まで回復せず

8. VIDEO: Steve Hafner, Kayak CEO

9. スタータップステージ:Tarzan Way

10. VIDEO: 旅行会社が “将来を見据えた” 方向に進む方法

11. 回復初期時のデジタル旅行収入の可視化

12. 2021年のホスピタリティーテックのトレンド

13. In The Big Chair  Alex Coghlan, ATPCO

14. 業界混乱時の目的地

15. スタータップステージRebound Travel

16. 直言:GDS統合は生き残った後の問題

17. VIDEO: エクスパートが旅行イノベーションを討議

18. 2020年に起きたことと、2021年への準備

19. 14日の週の資金調達ニュース

 

3. バケーションレンタルがホテルから学ぶこと

アメリカ人がパンデミックの間に一つのことを証明したならば、それは彼らが非常に長い間閉じ込められることを好まないということである。 検疫期間(amounts of quarantining)を変えた後、彼らが住んでいた場所に応じて、アメリカ人は新しい宿泊施設と環境の変化のために家を出始めた。 国の多くの地域では、レストランやアトラクションが閉鎖されていたため、4月から6月までは “ステイケーション” が不可能だった。 そのため、人々はソーシャルディスタントのライフスタイルを送るために家から離れた別の宿泊施設を探した。

パンデミックが始まった当初、多くのホテルはまだ安全プロトコルを確立している最中であったので、消費者はパンデミックが引き起こした混乱から逃れるために、より大きなユニット、キッチン、田舎の目的地などの設備を求めていた。 Airbnbによると、米国の農村地域のホストたちは20206月に2億ドル以上を稼いた。 これは、前年の6月から25%以上の増加である。 消費者の旅行行動におけるこの変化は、代替宿泊施設を明確な受益者にした。 最近のホテルベンチマークキング企業のSTRと短期レンタルアナリストAirDNAのレポートは、COVID-19の初めから27のグローバル市場でホームレンタルがホテルを上回っていることを示している。 これらの市場には、シカゴ、サンフランシスコ、ローマ、ダブリンなどの主要都市のほか、ラスベガス、マートルビーチ、ゴールドコースト(オーストラリア)、ホノルルなどの目的地市場が含まれている。 バケーションレンタルや代替宿泊施設の市場は最近繁栄しているが、不動産所有者やテクノロジー仲介業者は、この勢いを維持するためにホテルスペースのカウンターパートから学ぶことができる。

 

受身的流通から需要創造まで

From passive distribution to demand generation

バケーションレンタルや代替宿泊施設が市場シェアを急速に伸ばしている今こそ、大規模なマーケティングへの予約の受動的な受信者であるという過去を拡大する時だ。 メタサーチ、スポンサー付きプレースメント、プログラマティックメディア(リアルタイムでインタネット広告枠を売るメデイア)、世界中の今日のホテルブランドやホテルで一般的に行われているすべてのサービスは、バケーションレンタルや代替宿泊施設のサプライヤーによって広く利用されていない。 これは主に、プロパティの在庫を正確に表示できない故障しがちなテクノロジーが原因であるか、異なるサイトに異なる価格で表示されたり、アベイラビリティに一貫性がなかったりするためである。

現在の旅行と経済情勢の中で、優先事項は予約とその結果としての収入を確保することである。 その文脈では、マーケティングに費やされるすべてのドルは予約増加のためでなければならない。 独立ホテルの所有者に見られるものとは異なり、大きなブランド認知なしにマーケティングにお金を使うことは、増加する予約と収益を促進するために効率的に投資するための独自の一連の課題を生み出す。 非常に多くの場合、これらのプロパティは消費者の第二の家であり、ほとんどの場合、広告の購買力を持つ業界または地域の利益団体の一部ではない。 市場の細分化された性質の結果として、マーケティング予算は不動産所有者の管轄となる。 では、バケーションレンタルの所有者や仲介業者は、この瞬間に行動するために何ができるのだろうか。

 

行動を起こす方法  How to take action

これらの所有者は、大規模および中規模のホテルブランドと同様の優先順位を持っていることがよくある。 しかし、仲介業者は、大量の代替宿泊施設の供給を一元化する規模に達している。 この一元化と、より多くの地域の宿泊施設グループの形成を組み合わせると、OTAが今日支配しているチャネルでサプライヤーが旅行者にリーチするのに役立つ可能性がある。

バケーションレンタルサプライヤー業界のためのいくつかのオプションは:

不動産利益団体に参加するか、それを作成する

Join or create property interest group

このようないくつかのグループ(Vacation Rental Pros)はすでに存在しているが、数百の不動産が集まることができれば、メタサーチ、プログラマティック、スポンサー付きのプレースメントに拡大するのに役立つデジタルエージェンシーと協力するのに十分な購買力を持つことができる。

 

仲介業者がスタックに追加

Intermediaries add to their stack

Vacasaのような仲介業者やテクノロジー企業は、市場にいる旅行者にリーチするのに役立つマーケティングツールを所有者に提供するのに最適な立場に居る。 これらのテクノロジー企業は、プロパティをリストアップし、新進気鋭のバケーションレンタルメタサーチサイトで宣伝するための交渉力と流通テクノロジーも持っている。

メタサーチやプログラマティックメディアなどの高度なソリューションを利用することで、所有者は複数のサイトでプロパティを表示し、すべてが連携して適切な顧客を適切なタイミングで見つけることができる。 適切な戦略を立てることで、所有者は空室のある日付のみ旅行者に連絡でき、購入の効率を最大化できる。 テクノロジーモデルはこの成長する市場のために形になり始めており、業界はこの威圧的な提案と見なされがちなシステムを受け入れる準備ができているはずだ。 ある時点では、このスペースは新進気鋭と見なされていたかもしれないが、それはもはやそうとは言えない。 それは成熟しており、利用可能なすべてのマーケティングおよび広告リソースを活用し始める必要がある。 パンデミックと闘っているのか、現状に戻っているのかに関わらず、バケーションレンタルは引き続き人気があるが、その成長を続けるにはある程度の作業が必要である。著者:Connor VanDaveerは、Koddiのソリューションコンサルティングのシニアマネージャー。(1/4 https://bit.ly/3q5qdOi )

 

 

4. VIDEO:クルーズ業界の再起

COVID-19がクルーズ業界に悪影響を及ぼしたと言うことは、非常に控えめな表現である。 パンデミックの初期から、業界は進行中の否定的な宣伝に対処するだけでなく、世界中の多くの地域での出帆禁止を止めさせ、安全な航海への復帰を見つける必要があった。 クルーズ業界は、商業目的を二の次にして前進するためのステップに団結して合意したように見えることに対しては、いくらかの賞賛に値する。 昨年夏に、Norwegian Cruise Line HoldingsRoyal Caribbean Groupは、クルージングの健康と安全の基準を開発するためにHealthy Sail Panelを発表した。 Royal Caribbeanの会長兼最高経営責任者であるRichard Fainは、このイニシアチブは米国疾病対策センターや一般市民を安心させることではなく、業界の変化についてであると述べている。

Phocuswright Conference 2020オンラインイベントで講演していたFainは、“最良のプロトコル” を開発し、一流の専門家を集めて “全に航海する正しい方法” を見つけることを考えていたと付け加えている。 パネルの共同議長でユタ州知事のMichael Leavittによると、イニシアチブが発表されて以来、多くのことを学び、9月に74の提案が発表され、業界はこれに取り組んでいる。 Leavittは、Healthy Sail Panelを、COVID-19に関して安全な会話の“中心(center of gravity)”として説明している。 彼は、革新的な成果としてトラッキングとトレーシング、および機内換気に関する革新を指摘し、改善が進行中であり、航海に戻る方法は段階的に進むと述べている。 以下のセッション全体をご覧ください。(1/4 https://bit.ly/3nfCSwa )

 

 

5. スタータップステージ Turiosity

Touriosity(英Glasgow)は良心のあるオンライン旅行代理店である。 我々の主な焦点は、ツアーおよびアクティビティプロバイダーが、自社のダイレクトマーケティングの取り組みを補完しながら、ダイレクト予約を増やすのを支援することである。 また大規模なOTAとは異なり、我々は非営利団体であり予約の手数料は徴収しない。 プロバイダーごとに年間250ドルしか請求せず、すべての予約収益の100%がオペレーターに直接送られる。 非営利団体として、我々はすべてをマーケティングとプラットフォームの運営に再投資する。 我々は利益を上げない。 非営利団体として、Tourioistyを運営しているのは2人だけの小さなチームで、我々は参加しているツアーオペレーターによって寄付されたすべての資金がプラットフォームの維持とマーケティングに使われるようにしたい。 当社は、オペレーターが使用する既存の予約プラットフォーム技術を使用し、これらを当社のWebサイトに組み込んでいる。 これにより、運用コストを最小限に抑えることができる。 業界大手との競争は難しいことはわかっているが、特にFacebookのようなプラットフォームを使用することで、競争を勝ち抜く機会があると感じている。 我々の弱点は、ビッグプレーヤーが持っている資金力を持っていないことである。 業界の観点から、多くのツアーオペレーターにとっての主な問題点は、大規模なOTAによって請求される手数料と追加料金の増加である。発売時の1,200回のツアーが1年で5倍になると予測している。(1/4 https://bit.ly/2XbodYo)

 

 

6. シンガポールのデジタル健康パス

インターナショナルSOS、国際商業会議所、AOKpass Pte. Ltd.は、シンガポールへの入国にデジタルで検証可能なCOVID-19健康証明書であるICC AOKpassの最初の使用を発表した。 これは、海外旅行の安全で効率的な再開を促進するのに役立つ。 1221日、シンガポール航空のフライトで日本から帰国したシンガポール市民は、ICC AOKpassを使用して、チャンギ空港でCOVID-19検査の結果が陰性であった。 マレーシアとインドネシアからの旅行者をはじめ、すべての旅行者は、ICC AOKpassを使用して、チャンギ空港への移民中にCOVID-19テスト結果やその他の必要な健康資格情報をデジタル認証できるようになる。 ICC AOKpassアプリを使用して健康に関する資格情報をデジタルで確認するために、チャンギ空港に専用の出入国管理レーンがある。

「シンガポールへの最初のデジタル証明書の入力を容易にすることは、COVID-19の発生時に世界的な旅行を再開する上でのもう1つの重要なマイルストーンである。 20205月にシンガポールを拠点とするInternational SOSの従業員を対象としてICC AOKpassのパイロットテストが開始された。 また、20207月にシンガポールの企業Energy Drilling Managementと協力して、過去数か月の重要な出張と仕事への復帰を迅速に追跡した。 チャンギ空港でのICC AOKpassの採用と、90,000のプロバイダーのグローバルネットワークにより、このような安全なテクノロジーは、信頼できる標準化されたグローバルシステムを確立するのに役立ち、シンガポールはこれらの取り組みの最前線だ」とinternational SOSシンガポールのマネージングディレクターであるJuliana Jimは述べている。

以前は国境を越えるために紙の証明書が使用されていたが、デジタルで検証可能な証明書の出現は、海外旅行者のセキュリティと安全性における飛躍的な前進と見なされている。 COVID-19の健康状態のデジタル検証は、テストラボ、航空会社、入国管理プロセスを単一のテクノロジーに組み込む必要があるため、困難であった。 シンガポールに出発する前に、乗客はシンガポールのSafeTravel Webサイトで旅行の要件を確認してから、ICC AOKpassなどの安全なモバイルアプリを介してデジタル健康証明書を発行する医療提供者で出発前のCOVID-19PCRテストを予約する必要がある。 これらの旅行者はそれぞれ、ICC AOKpassアプリで一意のQRコードを使用してテスト結果を受け取る。 このアプリは、COVID-19テスト結果を認証して安全に保存する。 チャンギ空港に到着すると、旅行者は専用の入国管理カウンターを使用して、ICC AOKpassアプリで指定されたQRコードをスキャンすることにより、健康に関する資格情報をすばやく確認できる。 これにより、旅行者の入国審査ポイントのクリアランスが迅速になり、手間のかからない旅行が可能になり、空港での混雑のリスクが軽減される。 同時に、当局はCOVID-19テスト詐欺の事件と戦い、旅行の世界標準を実施することができる。 これにより、世界旅行の安全な再開を確実にするための取り組みがさらに強化される。 今後数か月以内に、パイロットプログラムは他の海外旅行者にも段階的に展開され、より迅速で手間のかからない旅行が可能になる。 「広範囲にわたる国際的な旅行と貿易の復活に向けて、航空輸送の利害関係者と地元の保健当局のためのCOVID-19テストの結果を証明、認証、および確保するための共通のフレームワークが緊急に必要である。 さらに、ユーザーは、個人データの漏洩のリスクがなく、データのプライバシーが適切に管理されていることを信頼する必要がある。 ブロックチェーンテクノロジーの使用は、偽造された検査や医療記録の課題に対処するための重要なステップであると同時に、旅行者が旅行中に安心できるCOVID-19検査結果の迅速かつ安全な検証を可能にする」とAOKpassの共同創設者Chester Drum博士は述べている。 プライバシーの懸念に対処するために、ICC AOKpassに入力されたデータは常に分散化されたままであり、集中化されたデータレコードや外部システムに依存しない。 医療専門家によって発行されたハードコピー証明書は、デジタル化され、認証されてから、個人情報を外部に転送することなく、雇用主、当局、またはその他の第三者による効率的な検証に利用できるようになる。 AOKpassが共同開発したブロックチェーンテクノロジーを使用して、セキュリティ、透明性、および厳格なプライバシー保護を実現する。 ICC AOKpassは、イーサリアムのパブリックブロックチェーンネットワーク上に構築されており、COVID-19の医療コンプライアンスと個人の健康情報のピアツーピア共有を完全にユーザーが制御できるようにする。 さらに、すべての医療情報と健康証明書は、認定された開業医によって証明され、詐欺を防ぎ、機内感染のリスクを減らし、海外旅行への信頼を再構築する。 ICC AOKpassは、国際的な旅行と貿易を再開するための共通のフレームワークの必要性を認識しており、さまざまな企業や国の特定のニーズにも適応できる。 COVID-19血清学検査方法とグローバルなベストプラクティスの継続的な開発に合わせて進化している。 たとえば、このアプリは、デルタ航空とアリタリア航空との緊密なコラボレーションを通じて、ニューヨーク市とローマ間の検疫なしのフライトを促進するために使用されている。 12月中旬以降、すべての旅行者は、デジタル認証されたCOVID-19テスト結果を提示して、ローマ空港とハーツフィールドジャクソンアトランタ国際空港間の検疫なしのフライトに搭乗する必要がある。 ICC AOKpassは、最終的には、個人が保持する他の予防接種および医療コンプライアンスの記録の検証も可能にする。*この記事はもともとWebInTravelに掲載された。

(1/5 https://bit.ly/3bk4AoW )

 

 

7. エアビー稼働率、20219月まで回復せず

11月には、旅行者の信頼を高めるのに役立つCOVID-19ワクチンのニュースが流れた際に、短期賃貸予約が増加した。 現在、ワクチンの展開が進行中であるため、Airbnbの稼働率が回復するまでにはまだ時間がかかると予測されている。 ただし、全国の1日あたりの料金は2021年を通じて増加すると予想される。

 

169都市のAirbnb稼働率と日次レートの履歴データを調査した不動産データ分析プラットフォームMashvisorAirbnb Market Forecastによると、米国でAirbnbの稼働率が回復するまでには20219月までかかる。 今年、ワクチンがより広く一般に利用可能になるにつれて、Mashvisorは、2020年と比較して2021年には全国のAirbnb占有率が毎月徐々に改善すると予想している。 たとえば、20214月のAirbnbの平均稼働率は45.5%であるのに対し、2020年のAirbnbの平均稼働率は48.9%だ。 翌月の5月までの平均稼働率は、2020年の56%に対し、52.9%となる。 20219月までに、平均予測日間稼働率は2020年の61.1%と等しくなると予想される。

Airbnbの稼働率は今年の最初の8か月間は過去の平均よりも低いままであるため、Mashvisorは、Airbnb1日あたりの料金は2020年と比較して2021年には高くなると予測している。 その理由は2つあると思われる。 2021年の初めには、ホストがまだ予約数の減少に苦しんでいるため、ホストが失われた収入を相殺しようとした結果、日割り料金が上昇する。 さらに、需要が徐々に増加する春と夏の月の間、ホストは市場の需要を満たすためにより高い料金を請求することができる。 たとえば、20214月のAirbnbの平均予測日額は188ドルだが、2020年のAirbnbの平均日額は162ドルである。 202110月までに、202010月の179ドルと比較して、1日の平均予測レートは最大212ドルになる。

COVID-19ワクチンは、Airbnb市場と旅行業界全般にとって朗報だ。 しかし、回復は一夜にして起こらない」、「ワクチンが徐々に一般に公開されるようになると、2021年を通じて予約と稼働率が上昇し始める。 人口の大部分がワクチン接種を受けていることがデータで確認されて初めて、ほとんどの旅行者は安全に旅行に行くことができ、もう一度Airbnbsを予約するだろう」とMashvisor CEO Taylor Valoreは言う。(1/5 https://bit.ly/3rYW6cL )

 

 

8. VIDEO: Steve Hafner, Kayak CEO

KayakCEOと一緒に話をする時、退屈な瞬間はめったにない。 仕事と遊び、革新と自己満足、何が壊れているか、そして次に何が起こるかについての彼の見解は、挑発的なQAにつながる可能性がある。 しかし、2020年は、Booking Holdingsが所有する旅行検索サイト(Kayak)の日常は、機知に富んだ共同創設者が冗談を言う年ではなかったかもしれない。 昨年11月に開催されたThe Phocuswright ConferenceでのSteve Hafnerのエグゼクティブインタビューは、慎重で注意深いものの、それでも思慮深いものであった。 PhocuswrightLorraine Sileoとの話し合いの中で、彼は多くのスタッフを失うことによるビジネスへの(個人的および戦略的の両方での)影響と、Kayakとより広い業界の両方で回復がどのように形作られているかについて話す。 正直で興味深い ― “通常の” 年よりも気の利いた言葉が少ないだけだ。(1/5 https://bit.ly/3ovPj8F )

 

 

9. スタータップステージ:Tarzan Way

Tazrzan Way(インド、ニューデリー)は、体験型のオーダーメイドの旅行プログラムを提供する旅行者のための頼りになる地元の友人である。 我々は柔軟で透明性の高いプラットフォームであり、村人のライフスタイルを数日間過ごしたり、伝統的な手工芸品を学んだりするなど、ユーザーがユニークで没入型の体験を見つけることができる。 または、ユーザーは小さなアンケートに記入するだけで、旅行中にクリックするだけの予約と24時間年中無休のライブコンシェルジュを通じて、高度にパーソナライズされたオーダーメイドの旅行プランを数秒で入手できる。 ビジネスモデルは、ツアー、ユニークなアクティビティ、宿泊施設、交通機関などを集約し、直接体験の形でツアーを提供するか、AIベースのプラットフォームを介してカスタマイズされた体験を提供する。 手数料ではなく、お客様から少額のサービス料を請求させてもらう。 サプライヤーからもごくわずかな年会費を請求することを目指している。 (現在、契約に従って1年間無料で提供している。) テクノロジー:我々は手動でサービスを提供して来た。 つまり、過去2年間、すべての予約を手動で処理して、パーソナライズされた旅行プランを作成して来た。 また、24時間年中無休のカスタマーサービスも提供しており、それは大変な労力である。 例として、ニュージーランドの元クライアントであるRubyの旅程の作成には7日かかり、予約にはさらに45日かかり、24時間年中無休のサポートを提供した。 この時間をAIにより約1秒に短縮する(初期の構築と予約昨日の開発段階)。 今のところ、プロダクトの最初のフェーズを完成させた。 将来のフェーズ(5つのフェーズに分割)では、拡張現実と人工知能を組み合わせたユーティリティアプリに変換し、ユーザーが旅行先の場所を理解できるようにする。 旅行中のワンストップソリューションとして、旅行者向けのARAIベースのユーティリティアプリを構築する予定である。 これらの没入型体験を企業グループや機関向けにパーソナライズすることもできる。 市場開拓戦略について言えば、B2BグループとB2Cオーディエンスに対してさまざまなアプローチを実装している。 B2Cオーディエンス、つまりインド人や海外からの旅行者のために、インバウンドマーケティングに重点を置いている。 現在フルタイムとパートタイムの従業員、在宅勤務のインターン、フリーランサーを含む50人のチームを管理している。(1/6 https://bit.ly/3hTqsJ9)

 

 

10. VIDEO: 旅行会社が “将来を見据えた” 方向に進む方法

旅行業界のCEOに相談すると、危機管理計画が最も優れている場合でも、COVID-19の範囲で世界的な災害が発生することは予想されていなかったことが分かる。 彼らが将来を見据えている時、考えは彼らの会社がより回復力を持つようになるために今日何ができるか、そして何をすべきかに向けられる。 Andrea KatesFutureproofingコンサルティングのマネージングディレクターは、Phocuswright会議2020年で、旅行の幹部は、今から1年後に居ると想定し、そこから戻って大胆に考えることが必要だと言う。

Katesは、彼女が “可能性のピラミッド”と呼んでいるものの概要を説明する。これは、企業をより革新的な未来に向けて動かすことができる行動の層を示している。 そのピラミッドの頂点にあるのは“未来を守る”という目標である。 これは、競合他社と協力して共通の目標を達成し、顧客体験を再考し、新しい業界を超えたビジネスモデルを開発するなどの行動を通じて達成されるとKatesは言う。 我々は未来の犠牲者ではない。 「我々は我々の未来を形作ることができる組織のリーダーだ」、「これは、我々の市場の変化に先んじて、成長への新しい道に向け直す瞬間である」とケイツは言う。(1/6 https://bit.ly/2Lt55Ce)

 

 

11. 回復初期時のデジタル旅行収入の可視化

PhocusWire 201911月に数十年前にさかのぼるデジタル旅行会社の四半期収益の視覚化を最初に作成して以来、長い時間が経ったように感じる。

 

最初の動的可視化の棒グラフの作成以来、業界はコロナウイルスの大流行に見舞われ、業界全体の収益は低迷している。 最も劇的なヒットは、2020年第2四半期に来た、オンラインや旅行技術分野の歴史の中で最も残酷だった時である。 以下のチャートの最新版は、このセクターの上場企業の一部は、第3四半期に収益が回復する初期の兆候について示している。 Hostelworldはまだ第3四半期の収益を報告していないため、数値が公開されるまで一時的にツールから外れている。 可動チャートは1995年から始まる。

(1/6 https://bit.ly/3pVokn1)

 

 

12. 2021年のホスピタリティーテックのトレンド

ホスピタリティ業界が新年を迎えるにつれ、2020年に登場した注目に値する2つの重要なトレンドがある。 デジタル化とデータの使用の両方の傾向は、ほとんどの場合、コロナウイルスのパンデミックの進展によって推進されて来た。

しかし業界は回復に向けて努力しているので、私は、それぞれのペースでさらに加速し続けることを期待している。 この加速の多くは、収益ストリームのさまざまな組み合わせを優先する必要性の高まりだけでなく、もう1つの重要で一見永続的なものであるパンデミックが引き起こしたゲストの期待の著しい変化に対応する方法として、ゲストエクスペリエンスを強化し続ける必要性によっても導かれる。

 

業界全体でのより高速で幅広いデジタル化

Faster and broader digitization across the industry

コロナウイルスの蔓延を防ぐための緊急の衛生とプロセスの変更の必要性は、2020年に技術の変化が大きく急増し、パースペックススクリーンなどの他の物理的スペースの設定とともに長年の適応を加速させたことを意味した。

社会的距離の必要性は、キャパシティーの制限を意味し、それから次にホテル宿泊管理(例えば、食品の注文、請求書の検索)をオンライン化してよりスピードアップするのに役立った。 これが2021年に遅くなる理由はない。 たとえば、モバイルチェックインの採用に消極的だった多くのゲストは、それに慣れているだけでなく、今ではそれを要求している。 この突然の採用の増加は、さらに多くの適応につながると私は期待している。

 

エクスペリエンスの向上  Experience enhancement

多くのホテル経営者は、チェックインとチェックアウトのプロセスをデジタル化またはモバイルWebサイトに組み込むと、ゲストエクスペリエンスが損なわれることを懸念していた。 温かく人間的な滞在の歓迎が失われる可能性があり、ゲストはサービスが減少していると感じるかもしれない。 この懸念は和らいだと思うが、このシフトを成功させるには、各ホテル経営者がデジタルエクスペリエンスと特定の顧客の期待を結び付ける方法を理解する必要がある。 幸いなことに、彼らははるかに速くテストする機会があり、ゲストはその理由を理解している。 高価なスタッフを安価なキオスクに置き換えるだけではない。 それは皆を安全にするためだ。 ただし、このエクスペリエンスが本当にシームレスであり、舞台裏での不十分なシステム統合によって引き起こされるエラーに悩まされていないことを確認することが重要になる。 これは、ホスピタリティテクノロジーシーンが推進している複数のオープンAPIに圧力をかける可能性があり、多くの問題を引き起こす可能性がある。より深く、より高度な、より少ない統合の結果がこの自体を改善する。

 

多様化  Diversification

長期的には、デジタルサービスの提供に対するこの最近の需要の高まりは、COVID-19よりも長持ちするさらに合理化された強化されたゲストエクスペリエンスのさらなる研究開発のためのリソースを勢い付けている。 少なくともそう願っている。 現在、多くのホテル経営者が宿泊収入の大幅な損失の結果として苦しんでいる一方で、一部のホテル経営者は彼らの資産内の他の収入源を活用する機会が存在する。 多くの場合、デジタル化はそれを可能にする手段を提供しており、地元の市場にテイクアウトを提供するオンラインの飲食物の注文はその人気のある例の1つである。 デジタルエクスペリエンスに目を向けたら、より多くのサービスを提供することを勧める。 これにより、ゲストエクスペリエンスを複雑にするのではなく、はるかに強化され非常に必要とされる範囲の収益を確保できる可能性が非常に高くなる。

 

予約プラットフォーム  Booking platforms

ホテルのウェブサイトは、新しいサービスやパッケージの提供を紹介するために不可欠であり、そのコンテンツと運用の予約エンジン側を強化することがさらに重要になる。 ホテルのウェブサイトのコンテンツの多くは、画像や重要な情報をテーマにしたパンフレットだ。 ただし、ホテル経営者は、デジタル化を活用し、ウェブサイトを活用して、直接予約(直販)機能によって在庫と客室を超えたエクスペリエンスのすべての側面を含め、サポートする本当の機会がある。 このウエブサイトのパンフレットを新しいデジタル化されたプロセスと統合することはより緊急になる。 関連するすべての顧客とのやり取りで利用できる一貫したブランディングとプロモーションも、予約と収益の面でより良い効果をあげることができる。 たとえば、予約時に押し付けがましいレストランのプロモーションを見るだけで、スタッフはそれすら存在することに気づいていなかったが、ゲストにとってはより大きな問題と迷惑になり始める。 したがって、すべての予約プラットフォームで一貫性を保つことが重要である。

 

統合された支払い  Integrated payments

決済の統合は、それが実際に提供されることを保証するために、この増加したデジタル化を支配するテーマになる。 支払いの場合、ゲストとホテル経営者の両方にとってシームレスで処理しやすいように、決済をより合理化する方法に真の焦点が当てられている。 確かに、到着前の支払いは、キャッシュフローをサポートすることで、はるかに簡単なチェックアウト体験を楽しむことができるゲストとホテル経営者の両方に利益をもたらす。 この効率の向上によるドミノ効果は、すべての操作を通じて感じることができる。 最後に、自動化の欠如による支払い残高の誤ったキーストローク(入力)は、デジタルエクスペリエンスへの信頼を損なう最も速い方法であるため、常に正しくそれを取得し、フロントデスクの会話に依存しないことが優先される。

 

データが中心になるように設定されている  Data is set to take center stage

業界として、我々は過去3年間にわたってすべてのレポートを徐々に見直してきており、パフォーマンスを分析するための情報とツールをどんどん追加している。 ただし、今年は1回限りのリクエストがある。 “データ比較から2020年を削除できるか?” 我々はその例外を作成したが、それは来年のデータ使用の別の課題を浮き彫りにした。 このショックと新しいトレンドに適応する準備ができている必要性を組み合わせると、多くの人が地元の旅行者を増やし、ビジネス旅行者を減らし、リードタイムを短縮しているのだ。

我々がパンデミックから抜け出すにつれてこれがどのように進化するかを理解することは、2021年で最も重要であり、それはおそらく今後数年間続くだろう。

 

短期的なデータ分析  Short-term data analysis

非常に多くの未知数とロックダウンポリシーの即時変更に直面した場合、現在の予約、市場、および料金を明確に把握する必要性がさらに重要になる。 市場による短期的な決定は、直接のポジションをより頻繁に見る必要があることを意味する。 これは、飲食、寝室、イベント、およびスパやゴルフなどの影響を受ける可能性のあるその他の操作全体で多次元的である。

すべてが苦しんでいることが分かる場合は、パッケージにすばやく反応して、遠くにいる人ではなく地元の人を引き付けるか、クローズして一時解雇を利用することができる。 データが15のシステムにまたがっている場合、これは非常に困難になる。 物事を近づけて、支払いの出入りなどの他のデータポイントを調べることは、長期的な傾向よりもすぐに役立つ可能性がある。

 

全体論的アプローチ  Holistic approach

要するに、将来ホテル経営者に実際に提供するデータ分析のためには、すべての操作にわたって同期し、タッチポイントを持たなければならない。

客室の収益とより密接に関連する既存の指標は、認識している唯一のものではないものとしてすでに認識されている。 多くの場合、ゲストはより地元に住んでいるか、18か月前とは異なる目的で旅行している。 この結果、全体的な収益目標が達成されていることを確認するために、より広く調べる必要がある。

また、最近デジタル化されたプロダクトがどの程度うまく機能しているかを詳細に示す新しいパフォーマンスデータが、追跡を開始するためのものになると思う。 また、2022年の計画と、イベント、特に結婚式などの分野での急回復の跳ね返りの可能性に注意を払い、この急速な組み合わせの切り替えにホテルの準備ができていることを確認する必要がある。 データ分析とデジタル化の両方の採用の増加は、運用を正しく管理する必要性だけでなく、運用をより効率的に管理する必要性によっても推進される。 そのためには、ホテル経営者は、一流のゲストエクスペリエンスをデジタル化して提供するために、業務を推進する事実と数値、および利用可能なテクノロジー(非接触型決済など)をより明確に理解する必要がある。 2021年以降のホスピタリティ産業の復興において、両者が重要な役割を果たすと確信している。 著者:Andrew Metcalfeは、Guest lineの最高技術責任者。(1/6 https://bit.ly/3hMKyVA )

 

 

13. In The Big Chair  Alex Coghlan, ATPCO

Alex Coghlanは、前任CEORolf Purzerと並行して2か月の移行期間を経て、本日ATPCOCEOに就任した。 Coghlan1999年にOrbitzを設立し、最初のIPOに参加した。 その後、2008年にTravelportに買収されたGDSの代替品であるG2 Switchworksを立ち上げた。 最近では、Hyatt Hotelsの幹部を務めていた。

 

Q: なぜ旅行に戻ることに決めたのか? 特にそのような困難な時期に?

   Why did you decide to come back to travel – particularly at such a challenging time?

私の母は旅行代理店を経営していて、放課後の最年少の頃から、SabreのネットワークコンセントレーターとそれらすべてのATPCOの本を見るバックオフィスに私を連れて行ってくれた。 だから、私が何度も業界を去ったとしても、DNAに持っているから、あまりにも長く業界から離れることは難しい。 私にとって、それは絶対に私のDNAである。 私は2019年にHyattを去った。 私は多くの投資をした。 あなたが他の事業に投資したら、あなたはただ傍観しているだけで、あなたはチーム、技術、またはスペースに任せるだろう。 それからあなたは一種のコーチとなる。 あなたは取締役会に出席する。 あなたは実際に仕事をしない。 それは面白くない。 多分私が引退する準備ができていたらそれは違っていただろうが、私は引退する準備ができていない。 だから私はおそらくスタートアップや他のことをやり直すことを考え始めた、そしてそれはATPCOがやって来た時であった・・・私が覚えていたATPCOではなく、非常に保守的で舞台裏の動きが遅いレガシー組織には本当に驚いた。 彼らはここ数年、私を本当に驚かせた方法で文化と考え方を変えている。 旅が終わったわけではなく、それが始まったばかりだという事実は、組織が新しく興味深い方向に進むのを本当に助けることができると信じさせてくれた。 流通の真ん中にいて、その正直なブローカーであり、新しい方法でイノベーション能力を推進しようとし続けることは、私が非常に興味深いと思う役割であり、ATPCOは業界でそれを実行できるように独自の立場にあると思う。

 

Q: あなたの100日間の計画は何か? また、COVIDで規制された環境で、さもなければ出張で会議していたかもしれなかっただろうが、それできない環境でどのように管理するのか?

   What is your 100-day plan? And how do you manage it in a COVID-restricted environment, when you might otherwise be on the road meeting partners, etc.?

それは挑戦だが、私はまだ旅行中である。 私は旅行することを恐れていない、私は航空会社がとった行動が我々を安全にしたと信じている。 [私の計画では]いくつかの本当に具体的なことがある。 最初のものはおそらく最も重要であり、それは現在のATPCOがまだ一緒に仕事をするのが難しい会社であるということである。 ATPCOの人々が一緒に働くのが難しいからではない。 彼らは最も素晴らしく、最も勤勉な人々だ。 特にコアビジネスで、すべての運賃、スケジュール、ルールのすべての巨大なデータを使用するために、今日、それを使用したい場合は、メインフレームから取得する限り何でもできる。 我々が提供する単一のフォーマットであり、50年以上にわたって提供して来た。 しかし、これは一部の人にとっては問題なく機能するが、他の多くの人にとっては理解できない。 例としては、アンシラリーサービスを実行する場合である。 手荷物の計算方法を知りたい場合は、42ページのドキュメントがある。 たったのその1つの小さなアンシラリーオプションサービスのためだけに。 我々は、過去数十年にわたって開発したすべての機能を使用できるようにするために、信じられないほどの使い辛くしてしまう障壁を作成してしまった。 そして、我々は今日よりもはるかに簡単にビジネスを行えるようにするために多くの作業を行うつもりである。

 

Q: その分野で進展が見られると予想される場合のタイムラインは何か?

   What is your timeline for when you expect to see progress in that area?

遅くなるよりも早くなることを望んでいる。 これが具体的な例だ。 この飛行機にはWi-Fiなどがあるか?などの小売データなどの新しいプロダクトのいくつかを見ると、最新のAPIと呼ばれるものを介してすべての情報の[アクセスを提供]できる・・・たとえば、Google Mapsを使用する場合、Googleはすべての生の地図データを送信するだけで、あとは独自で勝手に解決しろとは言わない。

それらには、特定の問題を解決するために必要な情報を提供するだけの接続可能なAPIが存在する。 またそれらには、リファレンスの実装もあり、おそらくユーザーが使用したい方法で使用する方法の例を示してくれる。 現在、当社のコア製品にはその機能がないため、新しいソフトウェア開発ショップが当社を使用することは非常に困難だ。 だから、我々だけでなくエコシステム全体との連携を大幅に容易にすることに、我々が本当に努力しているのを目にするだろう。 それに当社のデータを単独で使用することはできない。 非常に多くの場合、別の会社からのスケジュールが必要だ。実際にチケットを予約しようとする場合はARCに行かなければならない。 そしてそれは別の会社である。 他の場所からインベントリーを取得する必要がある。 それはどんどんと続いてキリがない。 そして、そのすべてが、イノベーションの観点からの参入障壁や試用への大きな障壁になる。 それで、あなたは我々が旅行のルネッサンスを促進するために、それらのものを次々にノックダウンし始めるのを見るだろう。

 

Q: 旅行が回復し始めた今後1218か月で最も影響が大きいと思われるソリューションについて詳しく教えて欲しい。

   Can you talk more about solutions you think will be most impactful in the next 12 to 18 months as travel begins to recover?

我々が日常の仕事でしなければならないことがいくつかある。 すべてのルールを変更し、すべてのルールを緩和してすべての手数料(fees)を免除したため、多くの人がたくさんのクレジット(旅行バウチャー券)を持って座っている。 私が信じているように、この業界が今年の後半に有意義な回復を見始めるとしたら、多くの人々がそれらのクレジットをたくさん使いたいと思うだろう。 そのため、ATPCOが再びヘルプモードにジャンプして、バリアを下げ、インフラストラクチャを整備し、発生する可能性のあるすべての再予約を容易にするために、GDS、航空会社、その他のパートナーが簡単に行えるようにすべてのルールとスケジュールを整える。

2つ目は、機械学習の前兆を示したくないが、少なくともATPCOからは、我々の業務がさらに自動化され、物事を成し遂げる能力が大幅に向上する。 そして、ATPCOが我々の役割であるとは思わなかったため、おそらく歴史的に避けてきた、あなたが見たことのないことに取り組み始める。 我々は、基準を作成するだけでなく、それを使用する数少ない企業の1つであるため、技術用語では、Eat your own dog food、つまり自分で開発して自分で試験している。 落とし穴を見ることができるので、従来の標準化団体よりも実際に速く物事を行うことができる独自の機能を備えている。 ・・・それは我々にとって今後の重要な役割であり、摩擦がまだ大きい領域、意見の不一致がある領域、物事が標準化されていない領域を見つけ続けることである。 そして最後に、我々はテクノロジー企業であるので大量のデータを提供する。 データベースには25,000万以上の運賃があり、今年も含めて毎年増えている。 1つの会社にそれを行わせることが理にかなっている場所がいくつか存在するという理由で、それが皆にとっても良いことであり、我々がより多くの業界、そしておそらくこれまでよりも多くの業界のテクノロジープロバイダーになることが分かるだろう。

 

Q: NDCの機能と仲介に関して、今後のATPCOの役割は何か。

What will be the role of ATPCO going forward in respect to NDC capabilities and intermediation?  

ATPCOの課題の1つ(これはIATAにとっても課題だったかもしれない)は、現在のATPCOの取締役会を見ると、主に収益管理者で構成されていることである。 これは、ATPCOが行うコアの多くである運賃データに注意し、この収益のすべてとそのようなものを調整できるのは収益管理者であるためである。 しかし、NDCを見て、それらのワーキンググループに誰が参加しているかを見ると、航空会社の流通担当者がもっと沢山居る。 だから、課題の1つであり、私が取り組んでいることの1は、実際にはすでに取締役会と話し合っていることであるが、ATPCOは、収益管理の固有でなく、航空会社のニーズについてよりバランスの取れた見方をする方法を見つけることである。 したがって、新しいワーキンググループについて考え、ATPCOが業界に役立つ方法で流通の促進にどのように参加できるかを考える。 実際、私がこの件に関してIATAとすでに行った会話の中で、彼らはまた、今後のNDCの議論のいくつかで収益管理をより適切に位置付ける方法を見つけると述べている。 したがって、NDCについて話す時、ATPCOの問題は、業界が所有する真ん中の正直なブローカーとして、実際にどこに価値を提供できるかを見つけるということである。 今日、NDCプレイヤーはたくさんいると思うので、我々の目標は単に他のプレイヤーと同じになることだけではない。 しかし、利益の動機がなく、摩擦の障壁を下げ、実行の障壁を下げ、すべての人に良い方法でそれを実行したいという会社のユニークな役割が実際にあると信じている。 ATPCOが持っているすべての公に利用可能な運賃とNDCについて考えると、今日一般的に存在しているものよりもはるかに完全なソリューションが得られるようになる。 問題は、ATPCOがそれを自分で行うのか、それとも他の人にさせるのかということである。 今日はその答えは存在しない。 多くの顧客がすでにそれを行っており、彼らはそれをうまくやっている。 ほとんどのGDSは、ある種のNDCソリューションを発表している。 これは、ATPCOの使用方法をすでに知っているため、これら2つを興味深い方法で組み合わせることができるためである。 それが我々の仕事であるかどうかという質問に完全に答えたかどうかは分からないが、実行の障壁をかなり劇的に下げることができると確信している。

 

Q: 2019年には、NDCでいくつかの重要な進展が見られた。 その後、COVIDヒットし航空会社たちは異なる戦略を表明した。 NDCを優先するのに十分な関心とリソースがまだあると思うか?

  We saw some significant progress on NDC in 2019. Then COVID hit and airlines have expressed differing strategies. Do you believe there is still enough interest – and resources - to prioritize NDC?

NDCのようなものは避けられないと思う。 主な理由は、NDC内には旅行者にとっても航空会社にとっても良いと思うことが沢山あるからだ。 それがWin-Winの関係になる時、NDCは市場への展開の道を見つけるだろう。 そして、NDCの内部のことを見ると、私が実際には意見を持っていないNDCについての議論の余地が多いものもあると思うが、個人向けの厳選されたオファーを作成できるという考えは、一般に誰もが利用できるものを提供すよりも優れたものである、それは悪いことではない。 そして、顧客がそれを見ることができ、特に他に公開されているものと一緒にそれを見ることができれば、より良い意思決定を下せる可能性がある。 これは、より多くのリソースを利用して差別化を図ることができるため、航空会社にとっては良いことである。 手荷物に加えてアップグレード機能に加えてダブルポイントをすでに望んでいる顧客にとっては良いことである。 現在、航空会社はそれを独自のオファーに組み合わせている。 何かユニークなものを提供したいサプライヤーを敬遠する消費者は想像できない。 NDCのこれらの部分はすべて非常に優れており、GDSを含むエコシステムのすべてのプレーヤーに適している。 それとその周りのインフラにはコストがかかる。 それらは別々の質問だが、NDCの概念は良いものだと思う。 そして、他の業界を見ると、他のほとんどの業界はすでにこれを行う能力を持っている。 確かにホテルは、直接のWebサイトとサードパーティの両方で常にそうしている。 したがって、航空業界がそれを行うことができないはずの理由はまったくない。

 

Q: 代替流通会社であるG2Switchworksを設立したことで、AtriisDuffelTP ConnectsなどのサードパーティのNDC代替に将来性があると思うか?

Having founded an alternative distribution company - G2Switchworks - do you believe third-party NDC alternatives, such as Atriis, Duffel or TP Connects, have a future?

業界内には、本当に長期的に解決しなければならない資金の流れの問題がある。 ATPCOとは何の関係もない。 その資金の流れは、今日のエコシステムがどのように機能するかの多くを実際に定義している。もう1つの現実は、GDSが行うことで、NDCが再現しないものが沢山あり、それらは旅行代理店や旅行者、特に企業側でまだ必要としていることである・・・そして、あなたが目にするのは、タビマエの上流に行き旅行販売業者のための本当の解決策を提供する新規参入者たちだ。 彼らは能力をより洗練させなければならない。 現実にはGDSはすでに存在しており、しばらくの間存在しているのだから。彼ら[スタートアップ]がなくなるとは思わない。 彼らがより洗練され、時間とともに良くなるのを見るだけだと思う。 当時、我々が新規参入した時でさえ、流通ソリューションとしては一芸ができても(one-trick pony)しょうがないことを認識していた。 そうしないと旅行販売業者に、これらすべての場所へのこれらすべての接続を処理し、すべての同期を維持することができる洗練されたテクノロジーインフラストラクチャが必要になる。 それは必ずしも現実的なオプションではない。 NDCは接続しやすいので、彼らは一種のスタートを切ったが、彼ら[スタートアップ]が業界をよりよく理解するにつれて、彼らがますます多くのサービス機能を提供し始めることを強く期待している。 GDSで見たように、最初の2年間は、GDSからNDCで何かをしているというアナウンスは見られなかったと思う。 おそらく“存在しないふりをしよう” と言っていたのではないだろうか。 しかし、昨年は・・・特定の航空会社が流通パーティション内のNDC機能を発表しているすべての主要なGDSからの発表があった。 だから、スタートアップが伝統的なものより洗練されると思うのと同じように、あなたは伝統的な人々がNDCでより洗練されているのを見ている。 そして、これらすべてが業界にとって長期的には良いことだと思う。

 

Q: Hyattでの時間から、航空業界に適用できる何か学んだか?

What did you learn from your time at Hyatt that can be applied to the airline industry?

ものすごく沢山ある。 ATPCOの観点から最も重要なことの1つ ― 我々は歴史的に旅行者から非常に遠く離れていた。 しかし、結局のところ、このビジネス全体を推進するのは旅行者である。 出張、レジャー旅行、一時的旅行、法人旅行、一時的ではない、グループなどに関係なく、人々が旅行してくれるので、我々は収入を稼げる。 ATPCOは、エンドトラベラーのニーズを理解する上で、もう少し上手く賢くしようとし始めている。 その観点から、我々が働くエコシステムにより良いサービスを提供できると思うからだ。 バリアーを下げ、旅行者がこれらすべてに価値を見いだせるようにするために、主唱者および仲介者として何ができるかを言う委員会を今年設立したばかりである。 これにはExpediaKayakGDSBooking.comなどが参加している。 これらの洞察は、ATPCOが旅行者と、旅行者が成功するために必要なすべてのものをよりよく理解するのに本当に役立つ。 ホテルビジネスのもう1つの興味深い点は、ATPCOが本当に恐れたり、恥ずかしがったりする必要はないと思うことである。 ホテルビジネスにはATPCOに相当するものは存在しないのだ。 それはすべて、Expediaが実際にHyattに直接接続し、Marriottに直接接続し、予約なども行うNDCのように見える。 また、仲介業者がある場合は、多額の費用がかかる民間の営利企業である。 しかし、それらのプレーヤーは、直接的なつながり(直販)が起こったとしても、依然として役割を果たしている。 したがって、これらの両方がかなりうまく機能する傾向がある場所を見つけることができる。 これは、ATPCOが長期的にどこでどのように機能するかという点で良い兆候だと思う。 そして実際、ATPCOのおかげで業界は有利だと思う。 GDSの統合が見られるかどうかを確認するのは興味深いことだ。 すべてがどれほど悪いかを考えれば、ある時点でそれが起きたとしても私は驚かないだろう。

 

Q: ExpediaTravelocityOrbitz3社の元ライバルがすべて同じ家族の一員になる時代を想像したことがあるか? そして、COVID危機は、さらなる統合に拍車をかけるか?

Did you ever conceive a time when three former competitors – Expedia, Travelocity and Orbitz - would all be part of the same family? And will the COVID crisis spur more consolidation?

はい、はい。 OTA市場が成熟するにつれ、統合することは避けられなかった。 主な理由は、その最も高価な部分が顧客獲得コストであるためだ。 規模の経済を実現できれば、そのビジネスで本当に有利になる。 私にとって皮肉なことに、Googleは現在、顧客獲得の観点から最も効率的である。 なぜなら、少なくともレジャーの面では、ほとんどの人がそこで予約を開始するからだ。 彼ら(Google)が旅行領域に参加することを決定した場合、彼らは既存ビジネスに多くの混乱を引き起こすことになる生来の優位性を持っている。 彼らがそうするかどうかは私には分からない。 彼らが実際に顧客と話をしなければならないビジネスに参入するのを見たことがないので、ExpediaBookingは非常に安全だと思っている。 しかし、BookingExpediaからの大量のトラフィックが有料検索を経由することになり、それは業界全体のコストであり、そのすべてがどのようになるかを見るのは興味深いことである。 そして、統合はサプライヤー側でも起こることは避けられない。 ATPCOでそれを少し見た ― 我々はより少ない航空会社で2021年に入る。 まだ400をはるかに上回っているが、2020年よりも航空会社が少なくなっており、今後もそれが続くと思う。 これは、これまで航空業界に最も残酷で経済的に損害を与える出来事となった。 そして、私はすべてのプレーヤーが今日の形で生き続けるとは想像できない。 したがって、我々はこの分野での統合を期待している。 多くの国のエコシステムと経済の非常に重要な部分であるという理由で、政府の継続的な支援も期待している。

 

Q: 買収に興味があるか?

   Are you interested in pursuing any acquisitions?

ATPCOが)航空会社が所有しているかどうかに関係なく、他のプレーヤーを統合するための規模の経済は絶対に存在する。 そしてもっと統合が発生すると思う。 したがって、簡単な答えは“YES” だ。 そして、ATPCOが、Routehappyが持っていたこれらのサービスと豊富なデータのすべてが業界にとって素晴らしいユーティリティになると信じていたように、業界全体にとっても価値のあるものは他にもあると思う。

Q: 航空会社が所有しているATPCOの所有構造の長所と短所は何か?

What are the pros and cons of ATPCO’s ownership structure - being owned by the airlines? 

私もそれについてはかなり明快である。 私はCEOに就任する前に、ほぼすべての取締役会メンバーと話をした。 私はかなり難しい質問をした。 明らかに、これは私の最初の航空会社への顔見せではない。 Orbitzには全航空会社の委員会があり、G2にもすべての航空会社の運営委員会があったのだ。 利点は、取締役会を通じて共通の分母をかなりすばやく確認できることである。 これにより、回答を得ることができる。 欠点は ― そしてこれは、誰かが航空会社との独占禁止法を主張する時はいつでも、彼らがいつもお互いを好きではないので私がいつも笑うところである ― 彼らは非常に異なる意見を持っている。 我々の取締役会の中でも、NDCを嫌う特定の航空会社が存在する。 彼らはそれが好きではない、彼らは透明な(transparent =直販?)市場が好きだ、彼らはそれをまったく好きではない。 そして、NDCを愛する人もいるが、彼らは皆、まったく異なる理由でNDCを愛している。 財務モデルが異なるために気に入っている人もいれば、独自のサービスを提供できるために気に入っている人もいれば、新規参入者にとって取引が暗くなるために気に入っている人もいる。 そのため、ほとんどの航空会社から同じ回答が2回得られることは決してない。 これは、苛立たしいことだ。 しかし、あなたが目にするのは、結局のところ、彼らはすべて同じビジネスに従事しているということである。 ATPCOのようなエンティティが迅速に合意に達し、それらの共通の領域の中ですべてを助けることができるために必要なことには、絶対にいくつかの共通点が必要となる。

 

Q: ATPCOが直面している最大の課題は何か?

   What is the biggest challenge ATPCO is facing

二つある。 まだ社内に1つあり、私が覚えているATPCOではないので参加したが、それは想像力をいかに働かせても機敏なタイプの会社ではないということだ。 だから、我々が本当に必要だと思うところ、そして業界全体に最大の価値を提供できると思うところに我々を連れて行くために(合意形成するために)、我々はまだかなりの量の仕事を前にしている。 それはかなりの量の作業だ。 もう1つは、業界に多大な被害が出て、そこから同じように抜け出せないのではないかと心配している[COVID]GDSの統合が見られるかどうかを確認するのは興味深いことである。 すべてがどれほど悪いかを考えれば、ある時点で統合が起きても私は驚かないだろう。 そのような統合が起きた場合、我々が何をしたいかは重要ではない。 我々は、お客様のニーズに引き続き関連する方法で適応する必要がある。 したがって、ある意味で、我々が働くエコシステムは、我々が何をしたいかに関係なく、我々が少々何をする必要があるかを決定する。

 

Q: 今日のスタートアップの創設者に何かアドバイスはあるか?

   What advice do you have for startup founders today?

これは古いものだが、私が生きてきたこれまで以上に真実である、それは顧客から目を離さないということである。 そして、私が顧客と言う時、私は旅行者を意味する。 それが本当に最も重要なことである。 企業の旅行代理店に商品を販売している場合でも、その企業の旅行代理店は旅行者のニーズに適応する必要がある。 だから、あなたが最前線にいて、今日の旅行者のニーズと問題を本当に理解していれば、エコシステムのどの部分にいるかはほとんど関係がない。

あなたは本当に良い立場にいるだろう。 私は多くの会社を見て来た、それらは航空会社に焦点を合わせているか、旅行代理店に焦点を合わせている、そしてそれは今のところあなたを得ることができるだけだ・・・私は例としてNDCを使用する。 あなたの成功は、その特定の流通接続(NDC)を競争力のあるものにする航空会社の意欲に本当に依存している。 あなたの成功が他の会社の行動に依存しているような立場になりたくないだろう。 あなたがビジネスで何をしていても、それは決して良い場所ではない。 だから、旅行業界では、我々全員が旅行者の気まぐれや変化にさらされており、それから目を離す人は誰でも危険にさらされていると思う

 

Q: 最後に、あなたが誇り高き大学のドロップアウトだと言っていることに気づいた。 今日の環境で、大学の学位なしで成功するのは多かれ少なかれ難しいと思うか?

Finally, I noticed your bio says you are a proud college dropout I’m curious if you think in today’s environment it is more or less difficult to succeed without a college degree?

私は、本当にそれはあなたが何をするかに依存すると思う。 テクノロジーのようなもの 現実はテクノロジーがとても速く動くということである。 大学時代から技術専攻ではなかった今まで、キープアップした言語の数はすごく膨大だ。 だから私の意見では、成長の考え方と生涯学習者になる意欲が非常に重要であり、それらは大学の学位よりも成功の指標となる可能性が高いのだ。

これが私の母がまだ私に怒っているという深い暗黒の秘密である。 私は実際に高校を中退して最初の会社を始め、大学を中退して2番目の会社を始めた。 しかし、それは私が自分の知識と能力に満足していて、価値を提供すると思った市場に持ち込めると思った自身の秘密を持っていたからである。 誰かが本当にそれを持っているなら、私はそれに向かって頑張れと言うだろう。 私が知っている中で最も成功した人々を考えて見る時、それは彼らが卒業した大学でなかった。 それはすべての人生の歩みから来ているが、最も重要なのはその考え方である。*このインタビューは簡潔にするために編集されている。

(1/7 https://bit.ly/2MFWAEB)

 

 

 

14. 業界混乱時の目的地

COVID-19パンデミックの発生は、旅行業界のあらゆる分野のリーダーに新たな課題をもたらしただけでなく、対処する必要のあるビジネスモデルの既存の亀裂を露呈させた。 目的地レベルでは、リーダーは業界の混乱に対応し、どの市場の混乱が最も危険であり、それらの混乱にどのように対応し、必要な変更を実施するかを理解するというプレッシャーに直面している。 世界中の240人の目的地組織の幹部を調査した旅行および観光広告代理店BVKの新しい調査によると、目的地のリーダーの95%は、破壊的な業界トレンドに対応して変革する必要性を認識していると述べている。 約85%が、既存の資金調達モデルを変更または進化させる必要性を認識していると述べ、82%が、コアプロダクトを変更または進化させる必要があると述べている。 経営幹部の約69%が、目的地の使命や目的を進化または変更する必要があると述べている。 変化の必要性を認識することに加えて、目的地のリーダーの74.3%は、破壊的な傾向に対応する能力に自信を持っていると述べている。 調査対象者の55%は、新しい市場動向によって引き起こされた変化を他の業界よりも早く開始できると考えている。 回答者の約21.2%は、変更をはるかに迅速に開始できると述べ、31.5%はほぼ同じペースで変更を開始できると述べ、13.6%は、他の業界よりもやや遅い変更を開始できると述べている。 デスティネーションリーダーの大多数(61%)は、コアプロダクトを変革し、新しいプロダクトに投資することで、業界の重大な混乱に対応すると述べている。 わずか18%が、回復力を高めるためにコアプロダクトを変革すると回答し、12%は、新しいオーディエンスを引き付けるために新しいプロダクトに投資すると答えている。

 

障害、成長、競争  Obstacles, growth and competition

ただし、目的地のリーダーの76%によると、破壊的な変化に対応してサービスやサービスを変革する組織の能力に対する最大の障害は、リソースをめぐる戦いである。 その他の障害には、公的部門と民間部門からの協力への賛同/意欲(63%)、インフラストラクチャの欠如(62%)、国際的な利害関係者からの賛同(47%)、成長機会に関する説得力のあるアイデアの欠如(46%)が含まれる。 経営幹部の37%は、単にリスクを冒したくないと述べている。 今後25年間でトップラインの収益を伸ばす場合、目的地の幹部の75%が、既存の市場での影響力を拡大して、観光関連の支出を促進することを計画している。

64%は、観光関連の支出を増やすためにより多くのお金を費やす価値の高い訪問者を特定する意向であり、63%は新しい市場への参入を計画していると述べ、49%は他の収入源を探すことを期待している。 新しいコンセプト、プロダクト、アイデアについては、目的地のリーダーの62%が、主要な構成要員が既に行われている方法を好む傾向があるため、“時々 しか注目を集めることがないと述べている。 25%は、これは一般的な出来事であると述べている。 来年、目的地の幹部の69%は、自国の業界内からの競争が激化すると予想し、61%は、隣接する業界との競争が激化すると予想している。リーダーの52%は、まったく新しい業界からの競争が増えることを期待していると述べ、35%は、競争が自分たちのコミュニティ内の他の組織から来ると予測している。 今後5年間で、目的地のリーダーは、プロダクト/体験の開発(74%)、観光マーケティング(71%)、旅行前/市場外の訪問者情報(66%)、目的地のブランディング(66%)と経済発展(62%)などのサービスで競争が激化すると予想している。

(1/7 https://bit.ly/2LvN5Hw )

 

 

15. スタータップステージRebound Travel

COVID-19パンデミックの課題に応えて設立されたRebound Travel(加州サンノゼ)は、顧客に現金以外の代替手段を返金として提供することにより、旅行会社が現金を保持するのを支援する。 PhocusWire2021年のHot25 Startups1つである同社は、元Google [x] CFOAdaraの上級副社長であるTobias Wesselsによって設立された。 我々は、顧客に魅力的な非現金の代替手段を提供することにより、企業が支払いから現金を保持できるようにする。 航空会社、ホテル、またはアトラクションは現金を保持し、旅行者が将来の旅行のためにそれらに戻ることを保証する。 独自のアルゴリズムを導入して、パートナーが旅行バウチャーなどの最適なオファーを旅行者に提供できるようにする。 これにより、旅行者は資格のある現金の払い戻しを放棄できる。 我々のプラットフォームは、機会費用を最小限に抑えながら、企業が希望する現金額を維持することを保証する。

我々は、顧客を本質的に銀行として活用することにより、企業が現金残高を増やすことを可能にする。 旅行中の顧客は、旅行会社から高価値のオファーを受け取り、ロイヤルティを高めることができる。 ほとんどの旅行会社にとってCOVIDの下での悲惨な財政状況は、我々のソリューションの必要性を浮き彫りにした。 我々はすぐに、旅行者と旅行プロバイダーを結び付け、本質的に財政的に協力する共通の基盤と機会があることに気づいた。 COVIDに基づく払い戻しは、我々が取り組んだ500億ドルの機会だが、払い戻しや交換によって世界中で年間6,000億ドルの課題が発生する小売業など、近隣の業種からの関心がすでに高まっている。 セットアップ料金や月額料金はかからない。 代わりに、我々はパートナーにお金を戻し、その金額にコミッションを請求する。 リバウンドでは、この危機の際に企業の共感を呼ぶが、平時でもどの企業にとっても重要な新しいビジネスカテゴリ“キャッシュリテンション” を確立した。

(1/8 https://bit.ly/2Lv9Nzx)

 

 

16. 直言:GDS統合は生き残った後の問題

GDSの統合が見られるかどうかを確認するのは興味深いことである。 すべてがどれほど悪いかを考えれば、ある時点で統合が起きても私は驚かないだろう」 今週のPhocusWireIn The Big Chairインタビューで、ATPCOCEOAlex Coghlanからの引用である。 GDS統合の問題には、特に関係当局がそれを許可するかどうかなど、考慮すべき多くの側面がある。 確かに、統合の噂が立っているのかどうかを確認するのは興味深いことであるが、英国の競争市場局が取引に反対した後、SabreFarelogix20205月に買収契約を中止せざるを得なかったことを忘れないで欲しい。 これは反競争的であると見なされ、規制当局は「サービスの革新性が低下し、機能が少なくなり、それ等のリリースが遅くなる可能性のある」と述べている。 同じことが、現在の形態のGDS企業(AmadeusSabreTravelportTravelsky)にも当てはまるのか? 過去の買収、つまり1997年のGalileoTravelport)によるApolloの買収と2007年のTravelportによるWorldspanの買収は承認されたが、それ以降、買収と事業の焦点(focus)の両方を通じてGDSが変っている。 それは、誰が誰と仲良くなるのかという問題を提起する。 その答えには、個々のGDSのさまざまな長所を詳細に分析する必要がある。 たとえば、AmadeusSabreは、従来のGDSサービスだけでなく、航空会社やホテル向けのテクノロジーソリューションの提供にも強みを誇っている。 Travelportはまた、2018年後半に再び非公開になる前の数年間、非航空事業を構築して来た。 同社はそれまで、Beyond Air事業が着実に増加していると報告していた。 また、航空会社のマーチャンダイジングプラットフォームにも多額の投資を行っていた。 AmadeusSabreの統合を確認するのは困難であり、香港証券取引所に上場しているTravelskyの大部分は国営である。 それで、プライベートエクイティが所有するTravelportが残り、AmadeusSabreのどちらかにオファーを出すのかという疑問が生じる。 マーチャンダイジングプラットフォームは魅力的かもしれないが、どちらもその分野で独自の機能を開発している。 さらに、Farelogixの契約が不成功に終わった現在、Sabreは、Googleとのパートナーシップを通じて何を開発できるかに賭けているようだ。 あるいは、たとえばインドでのTravelportのパートナーシップのいくつかは魅力的かもしれない。 しかしAlex Coghlanのコメントは、統合の根拠として、今年の状況がいかに悪かったかを強調している。 2つの大きなGDS企業であるAmadeusSabreは、流動性を高めるために早期に動き、少なくとも2021年の終わりまでの流動性を確保した。 それらはすべて短中期的にサバイバルモードになる可能性が高いようである。 そして、おそらく、事態がいかに悪かったかを考えると、流通環境にはるかに大きな混乱をもたらすだろう ― パートナーシップがどのように打たれるか、どのコンテンツが流通され、誰によって、そしておそらく最も重要なことに、その流通コストを誰が支払うのだろうか?(1/8 https://bit.ly/38qyw0X )

 

 

17. VIDEO: エクスパートが旅行イノベーションを討議

Phocuswright Conference 2020は、この分野の主要な新興企業と、確立されたブランド内で生み出されているイノベーションの一部を紹介するという伝統を引き継いでいる。 コロナウイルスのパンデミックの結果として昨年11月のイベントがオンラインに移行したにもかかわらず、Phocuswrightは、業界の専門家のパネルにアイデアを提案するよう企業を招待した。

ローンチの段階にある企業(リンクをクリックしてプレゼンテーションを表示):

Cloudbeds

HalalBooking

Mystifly

Vizergy

サミットの舞台に立つ企業-2021年のPhocusWire Hot 25から選択(リンクをクリックしてプレゼンテーションを表示):

Vouch

CheKin

Air Doctor

Volara

BeRightBack

Smooss

Wayaj

Kyte

Tripkicks

Trueface

それぞれの売り込みの後、我々の“ドラゴン(裁定者)” のグループは、最大のトレンド、有望なプレーヤー、そしてオンライン旅行の革新と投資の次のステップについて意見を述べた。

Phocuswrightの創設者Philip Wolfが主催するパネルには、次の識者が参加した。

Technology Crossover VenturesベンチャーパートナーErik Blachford

Clear Sky Associates CEOEllenKeszler

Sabre上級副社長であるTraciMercer

(1/8 https://bit.ly/3s4UJte)

 

 

18. 2020年に起きたことと、2021年への準備

年の変わり目は、振り返り、先を見通す時期でもある。 そして、多くの人が2020年をしっかりと密閉された箱に追放することを熱望し、収納されて再開されることはないが、業界が今後1年間の選択肢をどのように考えるかは、ほぼ独占的に以前に起こったことに基づいている。 セクターの回復は、ワクチンの入手可能性と大規模な投与、顧客とスタッフにとって安全な環境で企業がその間にどのように運営できるか、パンデミックの結果として永遠に変化した可能性があるものなど、多くの要因に依存する。 12月のPhocusWireのテーマ月(2020 And Beyond)は、これらすべての要素に取り組み、2020年の重要な瞬間とトレンドの詳細を収集した。 まず、振り返って・・・

Hot and not in travel startup funding during pandemic-stricken 2020

PhocusWire editorial team's favorite interviews of 2020

PhocusWire's newsmakers of the year 2020

Tech challenges (and coronavirus) were the focus for rental managers in 2020

VIDEOS: PhocusWire's most popular interviews 2020

InPhocus, episode 32 - Ending the year with the best of 2020

The most popular articles on PhocusWire in 2020

Sounding Off: 2020 year in review

 

そして今後の見通しは・・・

Three big ideas that will change hospitality in 2021

Four trends that will shape business travel in 2021

What will dominate 2021 hospitality tech trends? Digitization and data

Autonomous vehicles and natural language processing on travel's 2021 watchlist

Tourism organizations need to rethink their success metrics in 2021

Travel trends in 2021 - prepare for a year of new opportunities

What vacation rentals can learn from hotels about growth

Six tech trends paving the way for transformation in aviation

Why it’s still the Roaring ‘20s for hotel revenue management

Innovation, recovery, renewal: What the travel industry can expect in 2021

What to expect from hotel tech in 2021

Millennials most likely to rent an RV in 2021

What vacation rentals need to do in 2021

(1/8 https://bit.ly/38qLsEb)

 

 

19. 14日の週の資金調達ニュース

Kyte

Kyte900万ドルを調達し、ワシントンD.C.でのレンタカーサービスを拡大した。 資金はDN CapitalAmplo VCから提供され、元Uberの幹部であるライムの共同創設者であるToby SunKayakTravelocityの共同創設者であるTerry Jonesもこのラウンドに参加した。 サンフランシスコを拠点とするKyteは、玄関先まで配車するレンタカーを提供しており、この投資により新しい地域での成長を加速できると述べている。 このスタートアップは現在、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、およびワシントンD.C.でサービスを提供している。 同社はフリートの専門管理会社と提携して車両を供給し、テクノロジーと顧客体験に時間を集中していると述べている。 2019年に設立されたKyteは、3月から400%成長しており、予約の半分以上がリピーターであると述べている。(1/7 https://bit.ly/3osRh9z )

 

 

 

+++++

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応