フォーカスライトJapan

  

Phocuswright Inc.は、旅行とホスピタリティー業界に関する調査研究の権威として知られている米国の旅行の調査会社で、旅行者・サプライヤー・仲介業者が相互にダイナミックに連携する旅行バリューチェーンにおける流通/Distributionに関する世界の最新情報をお届けしています。 

 

Phocuswrightは、(1)調査レポートの発行、(2)イベントの開催、(3)市場調査、の 3つのサービスをお客様に提供しています。 

 

旅行流通の方法は、まさにインターネットによって大きく変わりつつあります。欧米の旅行市場では、オンライン販売が全体のグロス販売額の50%近くに達しています。日本のオンライン旅行市場でも、2017年度で、およそ45%に拡大し現在は50%ないしそれ以上に上昇しているものと推定されます。そして拡大するオンライン旅行市場では、モバイルAppSNSの広がりとともに、カンバセーショナル マーケティングの広がりと共にMCT (Mobile Chat Travel)の新たなモデルが出現し始めています。 

 

Phocuswrightが提供する 刻々と変化し続ける世界の旅行流通に関する情報とデータは、必ずやお客様の競合他社に対するベンチマーキングや流通戦略立案に貢献することでしょう。 

 

 

                                       Phocuswright Director and Senior Analyst Japan 

                                           フォーカスライJapan 代表   牛場 春夫 

 

 

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

Phocuswright PROMOスライド







注目した記事8.7

大韓航空、驚きの黒字転換でも喜べないワケ(JB press8.7)

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61615

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座