貨物事業(2)~国内貨物(2)~

 

                                                                                                              2019年6月6日

(マラソン講座)データから読み解いた航空事業 

(第23回;2019年6月6日) 

 

貨物事業(2)~国内貨物(2) 

 

1.国内貨物・郵便; 貨物・郵便ともに減少 

 

    総需要; 貨物は一時(2008年度)の100万トン規模から減、
      郵便は小包がなくなって大幅減

 

      貨物; 横ばい~減少傾向にある。 陸送に押されているためか?
     (

郵便; 2007年の郵政民営化で小包が宅配化(郵パック)して貨物に移った。  

 

   収入推移; 貨物はJAL減少、ANA横ばい、郵便は両社減少
        (JAL破綻のため途中データなし)

 

  2006度と比較すると、

 

・ 貨物; JALは物量減 ⇒収入減。
         ANAは物量は小幅増えて、収入はほぼ横ばい。

 

      郵便; 両社、物量、収入ともに大幅減少。 

      重量ではJAL/ANA拮抗、収入ではJALの方がやや多い。

 

      収入単価; 貨物は両社ともに低下。
      郵便の上昇は、客体構成の差が働いていると考えられる。
     (低単価の小包がなくなったこと)
 

 

 以上

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。