マラソン講座:データから読み解く日本と世界の航空事業

 

                                                                                                             2019年4月5日

 

データから読み解く日本と世界の航空事業

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズで解説してまいります。 

 

(内容) JALANALCC・中堅航空会社等日本の航空会社、世界の航空会社 

     国内旅客事業、国際旅客事業、貨物事業、空港事業

               事業構造・財務構造、業績 など 

 

 

(分析の方法等)

              ▶ 国・各社・業界関係機関などの統計や財務等の公開データをもとに分析。

 

      ▶ 同じ項目でもデータ源により微妙な数値の差異がみられますが、分析結果や説明の論拠に                     影響ないと判断される限りは原データ値のまま使用します。(従いまして引用する数値                      が各所で微妙に異なることがあります。)

 

          ▶ 経年推移を示す図表は原則として左(至近)から右(過去)に遡及する形で表示

 

        ▶ データ数値は説明記事や図表中に表示・引用するものを除き表示を割愛。 

           (個別のデータ・出典・分析の方法等についてのご質問には応じかねます。)

 

  

  (その他)

              ▶ この資料は公開されている情報をもとに行った分析です。 

      ▶ 情報提供のみを目的としており、判断は閲覧者自身で行って下さい。 

      ▶ 内容転載には出所を明記下さい。

 

以上

 

第1回 日本の航空会社の系譜

第2回ー第9回 国内旅客の概観

      ■4月6日 第2回:国内航空会社の系譜(概説)

                                

        ■4月8日 第3回:国内旅客の概観(1)旅客数と事業構造                            

 

        ■4月9日 第4回:国内旅客の概観(2)
                              

        ■4月11日 第5回:国内旅客の概観(3)会社別                              

 

        ■4月15日 第6回:国内旅客の概観(4) 

                                                                                        

        ■4月16日 第7回:国内旅客の概観(5)市場別                       

 

       ■4月19日 第8回:国内旅客の概観(6)

 

       ■4月22日 第9回:国内旅客の概観(7)空港別 

第10ー第12回 JAL/ANAの国内事業構造

第13-第14回 JAL国内線事業構造の変化

第15-第21回 国際線旅客概観

第22回 スターフライヤー

第23-第26回 貨物事業

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)